タグ

タグ:アベラワー

アベラワー アブナック (アブーナ) 59.8% オフィシャル

カテゴリ:
ABERLOUR
A'BUNADH
(No Aged )
Batch No, 39
700ml 59.8%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み (Bar Ambrosia)
時期:不明
評価:★★★★★★(6) 

香り:濃厚でスパイシーなシェリー香、やや湿った木、レーズンチョコ、若干油絵の具っぽい癖も感じる。
加水や時間経過で絵の具っぽさは強くなる。ストレートで楽しみたい。

味:粘性のあるリッチな甘みとウッディーな口当たり。プルーン、黒蜜、スパニッシュオーク。濃厚なシェリー感。
中間は樽感主体で、酒質はあまり主張しない。
余韻はスパイシーでシェリー由来の濃い甘み。ウッディーでドライ。鼻抜けは甘いチョコレート、ドライジンジャーのアロマ。 

現行品におけるシェリー樽熟成シングルモルトの代表格。
ノンエイジですが初期の頃の情報では20年以上熟成させた樽から原酒を選び、バッティング、調整加水のみでボトリングしているのだとか。

1万円以内の価格帯でシェリー系のボトルといえばまず間違いなく候補に挙がり、ウイスキーの旅を始めたばかりの飲み手は基本の一つとして押さえておきたいボトル。また、オフィシャルリリース以外でボトラーズリリースを見ても、このボトルを越えることができるかどうかが、シェリー系の評価を分けるようにも思います。
アブナックの意味は起源や原初を指すのだそうですが、まさに飲み手にとって現行シェリー系のルーツとなるような1本です。

初期のリリースは2000年頃、そこからバッチを重ね、ラベルチェンジもあって、2016年現在はバッチ50くらいまでリリースされています。
アブナックはここまで一貫して濃厚なシェリー系のリリースを続けていますが、その香味はバッチを経る毎に微妙に、時に大きく変わってきました。
旧ラベルのころは全般的に今よりシェリー感が濃いのですが、自分が苦手としている硫黄が出ているロットがあり、最近のロットは樽の質の問題か、絵の具や生木っぽいニュアンスが出ているロットもあり。
その中でも、このバッチ30番台くらいは安定したシェリー感のカスクが多かった印象で、1年ぶりくらいに飲みなおしましたが、当時の印象通りでした。
ハイプルーフな度数らしく勢いとアタックの強い香り立ち、プルーンやレーズンを思わせる濃厚なシェリー感。樽構成はアメリカンホワイトオークとスパニッシュオークのバッティングか。少々癖もありますが、近年の中でも王道的な香味がしっかり感じられます。

ちなみに、ウイスキーと煙草やシガーの煙は、相性の悪くないものが多いのですが、中でもこのアベラワーアブナックは良い部類に入ると感じます。
オフィシャルボトルでリリースが安定している銘柄だからこそ、そうした愛煙家の皆様の相棒にも、オススメしたいですね。

【BAR訪問記】Bar Ambrosia (アンブロシア) @池袋

カテゴリ:

今回紹介させていただくお店は、先月1周年を迎えたばかりの池袋のBAR、アンブロシアです。
ウイスキーBARというよりはお酒全般を楽しめるBARで、ウイスキー、ワイン、ビール、リキュール…品ぞろえは比較的ライトなところから幅広く、ディープな部分への架け橋もある。
お店の雰囲気も良く、デートの2次会や待ち合わせで利用される方も多い様子です。

マスターの名和さんとは年が近いことや、イベントなどで色々繋がりがあって最近お世話になることが多いですが、ここは初見客のつもりでBARの紹介をさせていただきます。

 
お店は池袋北口方面から徒歩5分少々、ビルの7Fにあるのですが何気に入り口がわかりづらい(笑)
最初来たときは思いっきり通り過ぎて、ビルの前を何往復かしてしまいました。
もちろんエレベーターを降りると「おぉ・・・BARだよ」と、空気が一気に変わるのですが、事前に調べたりしないとふらっと入ることはなさそうです。
 

この日のチャームはザクロとウイスキーのゼリー。 カクテルで言うニューヨーク。
甘酸っぱい風味に樽香が口の中で広がります。飾り付けと容器が憎いですね。
こういうBARであればウイスキーに絞らずいろいろ楽しみたい、ってことでドリンクはカルバドスのソーダ割りから、オレンジピールを絞ってさわやかに。


 
ウイスキーで面白いのは?と聞くと、オールドとかはあまり無いんですが、この辺なんかどうでしょうと出てきたのが、一時期大量に市場に出回った懐かしのマキロップチョイス。
ボトラーズのリリースは蒸留所が樽売りした時期の重複からか、毎年まんべんなくではなく、ある程度リリースの集中するビンテージが存在するのですが、このボトラーズはなぜかそれを微妙に1年前後外してくるものが多く、今にしてみると面白いリリースが多いです。例えば目の前のグレンロッシーは1981が当たり年として言われてリリースも集中しましたが、これはその1年違い。リリースの少ないビンテージで逆に興味をそそられます。
 

ウイスキーのあとはカクテルいってみましょう、今日は幅広くがテーマです。
何か得意なカクテルはないんですか?と聞くと、その人の好みを聞いて作ることが多いんで・・・としばらく悩まれた後で、こういうのはありますね、と出てきたのが、ブランデーベースカクテル"ビトウィーンザシーツ"のベースをカルバドスに変えたもの。
さっぱりと爽やかで、元々の意味である"ベットに入る"というよりは、起き抜けのさわやかな朝のような味わい。レシピとしては正式にあるかもしれませんが、名前は知りませんとのことなので、アンブロシアではさながら"モーニングシーツ"でしょうか(笑)
 
このBARの持ち味は、最初に書いたように良い雰囲気の中でお酒を気軽に楽しめるところ。
肩肘張らないっていうんですかね、初めて来られた方でも、マスターとお店の雰囲気に押されて落ち着かないような感覚は覚えないと思います。
また、ただライトなだけではなく、例えばカウンターにピートが用意してあってピート香の体験ができたり、ポートワイン樽から樽出しを飲める等、一歩踏み込んだ楽しみ方もできるお店です。
年明けからはもう一人スタッフが厨房に入られるということで、フード等でより充実したサービスが受けられそうです。
まだ1周年で発展途上という印象もありますが、これから益々お店を成熟させていくのだと思います。
今後ともよろしくお願いします。


BAR Ambrosia
東京都豊島区池袋2-53-10 第10松本ビル 7F
TEL:03-6914-3922
営業時間:19:00~翌4:00
定休日:日曜日
 

アベラワー25年 1989年蒸留 2015年ボトリング ウイスク・イー スノーフレークシリーズ

カテゴリ:

ABERLOUR 
Whisk-e Snow flakes 
Aged 25 years 
Distilled 1989 
Bottled 2015 
Cask type Hogshead 
700ml 52.8%  
評価:★★★★★☆(5)

香り:乳酸系の酸味を伴う麦芽香、硬さのある青い洋ナシ、樽感はプレーンで多少のえぐみとニューポッティーさ、ドライでスパイスも伴う。ストレートだと熟成感は乏しいが、加水すると華やかでバランスが良くなる。

味:香り同様に25年ほどの熟成感を感じないニューポット系の酸味に、麦芽風味、リンゴ、薄めた蜂蜜、ほのかにオークフレーバー。口当たりはエッジが鋭く余韻はドライで乾いた木のえぐみとメンソールを伴う。
ストレートだと中間はそれほど広がるわけではないが、香り同様加水するとバランスが良くなり、クリーミーな舌触りも感じられる。

ウイスクイーの新シリーズ、2015年の3~4月頃にリリースされていた1本。
雪の結晶はその環境で形を変える、ウイスキーも同様になんたらかんたらというのがラベルコンセプトなボトルで、「ウイスクイーが絶対の自信を持っておくる!」などとぶち上げられていたわけですが、まあモノとしては普通な出来だと思います。

樽はホグスヘッドとのことですが、25年にしてはあまり熟成感が出ていないところを見るとリフィルシェリーホグスヘッドではないかと。この手の傾向が好きな方はそのままでも良いですが、加水の伸びは良かったので、ストレートで少量飲んだ後は残りを加水して飲んでいくと、無理なく最後まで楽しめるように思います。
アベラワーはアブナック等シェリー系の印象が強く、こうしてナチュラルな部分を味わえるボトルは、ボトラーズならではの楽しみとも言えるかもしれません。

このボトルは池袋のBAR Ambrosiaさんでいただきました。
アンブロシアさんの訪問記事も書こうと準備しているのですが、ちょっと時間が経ってしまったので先にボトルだけUPします。

アベラワー12年 シェリーカスクマチュアード

カテゴリ:
シェリー樽熟成のモルト中心にリリース を行う蒸留所にアベラワーがあります。
かつては質の良いシェリー感豊富なリリースが多かった蒸留所ですが、この蒸留所も他に例を見ず疑似シェリー系の味が中心になっています。
知りませんでしたが、日本では正規代理店が無いんですね。
今回その免税向けニューリリースである、シェリーカスクの12年を飲ませて頂きました。

ABERLOUR
12 Years old
SHERRY CASK MATURED
1000ml 40%

暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライオレンジ、レーズンなどのドライフルーツを思わせるシェリーと木材の香り。重さはあまりないが生木っぽさのある香りで、近年のシェリー樽熟成という印象。

味:甘くスムーズな口当たり。レーズン、キャラメル、ホットケーキの甘さ。徐々に木材のニュアンスがあるが、全体としては滑らかで甘口、後半に重さを感じる。フィニッシュはドライ、香り同様に生木っぽさが残る。


良くも悪くも近年スタンダードタイプ、多様なリリースがある最近のアベラワーの中では、アベラワーらしいと言えるバランスタイプのウイスキーなのでしょう。
個人的にはアベラワーは近年ではアブナック、オールドでは角瓶8年、濃厚シェリータイプという印象が強いのですが、1980年代頃からはVOHMや旧12年などシェリーをベースにしたバランス型のボトルが主軸にあったように思います。
まぁシェリー感という意味では別モノですけど。

メーカー側の資料を見ると、マスター・ディスティラーがスペインで買い付けた新鮮なオロロソ・シェリー樽で熟成されたモルトとあります。上述の流れの続きになりますが、スペインのどこで買ったのか、そもそもオロロソっていうか樽仕上げ用のオロロソタイプの疑似シェリーじゃないのかとか、疑問がないわけではないんですが、過去との違いは明かなのですから、メーカー側もそろそろ公開しても良い気がするんですよね。

免税向けのボトルですが、平行品で国内市場にも入ってきており、値段はリッターサイズであることを考慮すると手頃なところ。この手のシェリー樽熟成ウイスキーが好きな方は、アベラワーらしくベースに変なクセは無いので安心して飲める味だと思います。


〜シェリー樽について〜
ウイスキー飲みなら聞いた事があるけれど、 知識としてアバウトである代表例が「シェリー樽」。
「シェリー樽はシェリー酒の熟成に使われ、 ソレラシステムから払い出される樽」
こうしてざっくりとした分類のみが一人歩きしていましたが、 スペインで起こっているシェリー樽を取り巻くビジネス事情に光が 当たり始めたのは、つい最近のことだと思います。

いわゆる疑似シェリー酒を詰めたシーズニングによる、ウイスキー熟 成用のシェリー樽の製造。また、 ヘレス地方では無い他の地域で作られた酒精強化ワインを熟成させ ていた樽も、シェリー樽に分類しているという話など。( 一部の方々は早くから疑似シェリー樽ビジネスについてご存じで、 私も色々教えて貰いました。自分は詳しくない人です。)
これら疑似シェリー樽をシェリー樽分類することについては、現 地で規制の議論が行われているそうです。まぁそうですよね・・・ 疑似シェリーはシーズニング後に捨てるか蒸留するかしてしまうそ うで、 市販のシェリー酒と同格で扱うかは素人目に見ても議論の余地があ ります。
自分はうまけりゃいい派ですが、 例えば本当にソレラから払い出したモノはソレラ・ シェリーカスク。 疑似タイプでシーズニングが浅いものはフレッシュ・ シェリーカスク。シーズニングが長いものはオールド・ シェリーカスク。とか、 分けて貰えると飲み手側の議論が進みそうだなと思ったりもします

ホワイトへザー 1970年代流通 特級表記(参考:同時期流通 8年)

カテゴリ:
オールドボトルというと酒屋巡りで発掘するイメージがあるかもしれませんが、自分のような自由時間の限られた社会人パパが気軽に買うのはネットオークションです。
中でも毎年6月から8月くらいは、オールドブレンデットを中心に、オールドボトルの落札価格が下がる傾向もあります。
湿度高く気温も高いこの時期に、甘さが濃く香味の強いオールドブレンドは気が引けるってことでしょう。ハイボールなら良いんですけどね。
自分のように、ストックして飲んでるヤツはここがチャンスと色々買うわけです。結果、また在庫が増えるワケですが(笑)

今日の更新は、そのオールドブレンデットから2種類のホワイトヘザーです。
ホワイトヘザーはアベラワーをキーモルトとしたブレンド。この流通時期のホワイトヘザーはシェリーの効いたモルティーな味わいで、そっち系が好きな方はストライクゾーンに入ってくるであろう銘柄です
以前ウイスキー仲間のWさんから頂いたブラインドサンプルのコメントに加え、過去にWhisky linkで開催したブラインドテイスティングのコメントも、参考情報として掲載します。


WHITE HEATHER
(Non-Age, Delux)
43% 75cl
1970's

【ブラインドテイスティング:くりりん予想】
蒸留年代:1960年代
流通時期:1970年代後期
熟成年数:10-15 年
度数:43%
蒸留所:オールドブレンド(ホワイトヘザー、カティーサーク12y、ハイランドクイーン)
評価:★★★★★★(6)

香り:ヒネ香、煮たりんご、カラメル、微かにたまり醬油。温めるとほんの少しキャップ臭。

味:スムーズな口当たり、とろりとした黒砂糖、シェリーのような甘さに、サトウキビや穀物系のフレーバーも。中間の広がりはあまりなく、フィニッシュは紅茶を思わせるタンニンや甘さがじわりと染み込む

コメント:良い状態のオールドブレンド。オールドブレンド特有のヒネた香りや、味のサトウキビのような甘みは現行のブレンドより個性がはっきりしていてわかりやすい。
欲を言えば、思ったよりフィニッシュにピートが感じられず、もうひとつ締まりが欲しかったところ。


この時期のホワイトヘザーのボトルはシングルモルトのアベラワーと同じであり、キーモルトというだけあって味わいにも共通点が感じられます。
テイスティングのほうは、同じボトルを飲ませて貰っていたり、ヒントもあったので珍しくダイレクトに予想通りでした。

一方、以下のホワイトヘザー8年。
これは上述のようにWhisky linkのイベント、第5回SBTでタケモトさんからの出題でした。
ノンエイジに比べてピートを強く感じる構成で、オールドブレンド予想ですがタリスカー等の島系をキーとしたブレンドに予想が流れています。また、シェリー感もよりリッチでした。
同じ銘柄の中でありながら、原酒やブレンドの違いなのか、こうして味の構成が異なることも面白いですね。


WHITE HEATHER
8 Years old
43% 75cl
1970's

【ブラインドテイスティング:くりりん予想】
蒸留年:1960年前後
熟成年数:15年前後のバッティング
樽: バッティング、シェリー系中心。
度数:43~46%
蒸溜所: ①ハイランドネクター ②ジョニ黒 ③オールドラリティ

評価:★★★★★★★(7)

香り:軽いヒネを感じるオールド香、焦げたカラメル、時間と共に華やかさのあるモルティーな植物感、スモーキー、微かにコルクキャップ系のオフフレーバー、ややツンとしたアルコール感もある。

味:コクのあるフレーバーが口当たりから感じられる。程よいオールドシェリー、ザラメ、みたらし、その後にスモーキーさ、微かに植物っぽいエグみ、濃厚な甘さがある中で、繊細なフレーバーもちらちらと顔をのぞかせる。度数と経年を考えるとアルコールは強い。余韻は蓄積系で、一口では長くは残らないものの、嫌味のないウッディーさと内陸系ピートが蓄積するように残る。

コメント:非常に悩ましい一本。まずボトルそのものとしてはオールドボトルであることは間違いない。経年によるキャップ由来、特にコルクと思しきオフフレーバーが感じられたことから、おそらく1960~70年代流通のコルクキャップのオールドボトルであると推測。
状態は並からやや良いというところで、オールドボトルらしい濃厚な味わいが堪能できる。

このページのトップヘ

見出し画像
×