タグ

タグ:アベラワー

アベラワー グレンリベット 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191021_200455
ABERLOUR - GLENLIVET 
SINGLE MALT 
12 YEARS OLD 
1980's
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:スウィートで若干ドライな香り立ち。ダークフルーツのレーズンを思わせる甘さ、カカオチョコレートやカラメリゼの甘味とほろ苦さの奥には、微かにエステリーなニュアンスも感じさせる。

味:スムーズでスウィート、粘性のある口当たり。口の中で盛り上がるような厚みと広がりがあり、洋菓子やオランジェット、カラメリゼ、ほのかにレーズン。シェリー樽由来の甘味が広がる。余韻はウッディでほろ苦く長く続く。

バランスの良いシェリー系のシングルモルト。ファーストフィルとセカンドフィルの古き良き時代のシェリー樽原酒を主体に構成されていると思わせる香味構成は、適度なシェリー感と熟成感、深みのある甘みでスタンダードボトルとして申し分のない完成度である。是非ストレートで。

IMG_20191022_120334
IMG_20191021_200549

バーボンでBottled in bond表記に特別感があるように、スコッチでも古い世代の表記に同様の印象を感じるものがある。UnBlendedやPure Highland Maltなど数ある中で代表的なものが、◯◯-GLEN LIVET表記です。

もはや解説の必要もありませんが、19世紀のスコッチウイスキー市場では、GLEN LIVET蒸留所の人気にあやかろうと蒸留所の名前の後に、GLEN LIVET表記をつけるという広告戦略が多くの蒸留所で見られました。
その文化は20世紀になっても一部の蒸留所で残っており(ケイデンヘッドなどのボトラーズでは継続的に使い続けているケースもあり)、代表的なスペイサイド銘柄はマッカラン、グレンファークラス、ダフタウン・・・そしてこのアベラワーは、1970年代後半から1980年代前半に流通したブランデーに似たデザインのボトルの時代を除き、1990年代前半あたりまでGLEN LIVET表記を使っていたようです。

IMG_20190421_184220
(1970年代前半流通のアベラワー・グレンリベット。特徴的な角瓶で、43%以外に50%仕様のものや、単一蒸留年表記のものもあるなど、当時のオフィシャルとしては珍しいスタイルだった。その香味はパワフルで濃厚なシェリー感が特徴であり、現在リリースされているアブナックのはしりとも言える。)

このGLEN LIVET 表記があるからスペックが異なるかというと、そうではないのが前述のBIBと異なる点ですが、スコッチウイスキー好きにとってなんとなく期待させられる特別感があるのが、この表記の持つ特徴と言えるかもしれません。

さて、今回のボトルの流通時期は1980年代中頃(おそらくラベルの期間は1985~1990年あたり)というところ。
蒸留時期は1970年代前半から中頃となる訳ですが、1973年に同蒸留所は拡張工事を行いスチルを2基から4基に増やしているだけでなく、設備全体も近代化を実施。資本としてはその翌年にペルノリカール傘下に移っており(近代化されたのはペルノリカール傘下に移った後とも言われる)、何れにせよ丁度蒸留所に変革があった時期に仕込まれたウイスキーということになります。

アベラワーはホワイトヘザーなどの構成原酒として主に使われてきましたが、古い時代のそれにはよりリッチなシェリー感が備わっているものの、今回のものはシェリー感はそれなり。しかし上記70年代のシングルモルトしかり、オールドのそれらに備わったシェリー香の共通点は今回の時代のアベラワーにも備わっていて、酒質のモルティーさとに由来する厚みと合わせてバランスの良い味わいを楽しめる、オフィシャルスタンダードとしてレベルの高いボトルだと思います。

IMG_20191020_173341
今日のオマケ:メアンダー・モスカート
南アフリカの甘口スパークリング。
日本ではマスカットで知られるアレクサンドリア(ミュスカ・ダレキサンドリー)を使っており、香りは熟した洋梨、ライチ、あるいは王林などの酸味の少ない爽やかな甘味を感じさせる。一方で口に含むと炭酸の刺激のなかにジューシーで蜜のような甘味、糖分しっかり。もはやこれは炭酸白葡萄ジュース。
めちゃくちゃスイスイ飲めるが度数はビールより高い7.5%なので、お酒に不馴れな方には危険なワインだと思う。

先日のラグビー南アフリカ戦、南アフリカの酒でも飲みながら見ようかと思うも手持ちがなく、子守りの合間に近所のカクヤスにいったところ唯一あったのがコレ。
15年前の自分だったら感動したんだろうなあ、という味。今は1杯でお腹一杯な甘さ。赤を買っておけば良かった。。。

ちなみに試合は残念ながら日本が敗退してしまいましたが、南アフリカの圧倒的パワーの前にも諦めず、必死に立ち向かう姿に、強くなるために重ねた努力の日々を重ねてただただ感動。サッカー、野球、テニス、スポーツ観戦はよくしますが、負けた試合に感動して泣いたのは初めてでした。
ありがとうジャパン!これからも応援します!

ホワイトヘザー 8年 1980年頃流通 特級表記 43%

カテゴリ:
WHITE HEATHER
Deluxe Blended Scotch Whisky
Years 8 old
1970-1980's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:バニラウェハースやポン菓子、穀物系の乾いたアロマ、ハーブやアロエのようなやや青みがかった甘いニュアンスも感じられる。

味:マイルドでモルティーな甘さから、薄めた蜂蜜、コーンフレーク、軽やかな甘みと香ばしさを感じさせる構成。
余韻はスウィートでドライ、少しのピートフレーバーを伴いほろ苦く長い。

樽感は軽めでプレーンなタイプ。グレーンもそれなりに使われているように感じられるが、モルティーさもあって少量加水で程よく伸びる。


ボトル形状でキーモルトはなんとなくピンときてしまう、ホワイトヘザー。ブランド誕生時作り手であったキャンベル社は、アベラワー蒸留所を所有していたことから、同蒸留所の影響が強くでているブレンドと言われています。
1974年、キャンベル社はアベラワーと共にペルノリカールに買収され、ここから海外市場に積極的に展開されるようになり。特にフランスでの認知度は高かったそうで、日本流通品もこの頃から多く見られるようになります。

当時のラインナップはデラックス表記のNASと、5年、8年の3種類。1980年代に入ると、デラックス品を10年以上の熟成年数表記とするトレンドをとってか、12年、15年がリリースされたようですが、80年代からのスコッチウイスキー冬の時代の影響を大きく受けたのか、1990年代に入ったあたりで終売になったようです。(2000年代流通があるようで、フランス等欧州で限定的には販売継続していた可能性もアリ。)

(ホワイトヘザー1980年代流通の2本。左が760ml、右が750mlの整理で日本市場に流通している。微妙にボトルが異なるが、このロットでは味に大きな違いは見られない。)

(1970年代流通のホワイトヘザー。さらに古いものはキャップがプラスチックヘッドのコルクキャップやショートスクリューに変化する。)

つまるところ現在は国内流通していない銘柄ですが、キーモルトの知名度を受けてか、愛好家の間ではそれなりに知られたブレンデッドです。
今回のボトルは760ml表記。ラベル遍歴や香味の変化を追うところでは、1980年前後、760mlから750mlに容量の整理が変わる末期の流通品と推察します。

香味の変化という点では、1970年代及びそれ以前に流通したホワイトヘザーは、シェリー樽原酒由来と思われるキャラクターが強くでており、リッチで色濃い仕上がりが特徴です。同時期のアベラワーは同様にシェリー樽の効いた構成でしたので、やはり同じ原酒を軸にしているのでしょう。
一方、1980年代にになると上位グレードとの原酒の使い分け、あるいはペルノリカールから他のブレンド向け原酒供給を受けてか、スタンダードクラスからその濃さは消えていくこととなります。

ホワイトヘザー=オールド・アベラワーが軸、という図式からすれば、1980年代流通品は少し寂しい気持ちになる味わいでもあります。しかしそれでも大手メーカーの作。樽感は強くないものの、モルティーなコクが感じられると共に、淡い内陸系のピートフレーバーがホワイトヘザーの名に相応しい。加水しても伸びのある、良質な原酒の一端も感じさせてくれるのです。

アベラワー ハンドフィル 13年 2017年詰め バーボンバレル 58.1%

カテゴリ:
ABERLOUR
HAND FILLED 
Aged 13 years
Distilled 2004
Bottled 2017
Cask type Bourbon
700ml 58.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
開封時期:開封後1-2ヶ月
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ツンと鋭くスパイシーな刺激を伴う香り立ち。焼き芋のような甘いアロマ、べっこう飴、バニラ、乾いたウッディネスのハーブや華やかなアロマもある。

味:スパイシーでハイトーン、乾いた木材のニュアンスを感じる。刺激に舌が慣れるとバニラ、砂糖漬けレモンピール、微かにニッキ。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、乾いたウッディネス、ドライなフィニッシュ。

度数以上に強いアタック。ウッディでドライ。加水するとオーキーな華やかさとスパイス、ミントのアロマ に加えてバニラを思わせる甘みが引き立つ。
ストレートより、少量加水しながら変化も楽しみたい。


アベラワー蒸留所で購入することができるハンドフィルボトル。バリンチとも言われるこの手のボトルは、蒸留所で買う瞬間に樽から詰めるタイプもあれば、すでに瓶詰めされた状態で置いてあり、ラベルだけ手書きするタイプなど、蒸留所によって様々な形式で販売されています。

アベラワーは前者側、樽に専用の装置が取り付けられていて、ボトルをセットすると700ml程度決まった量がボトリングできるタイプだったと記憶していたのですが、最近は後者側の形態に変わったという話も。
シェリー樽とバーボン樽があり、どちらがあるかはその時次第。出来れば自分でボトリングしたいという思いが消費者意識ですが、限定品が無いよりはマシというものです。

(古典的であり美しい外観のアベラワー蒸留所。Photo by T.Ishihara)

前置きが長くなってしまいましたが、アベラワーはボディこそミディアム程度で、ドロナックのような厚みがあるタイプではありませんが、ハイプルーフのものにはアタックや刺激が強めにあり、シェリーのような濃いめの樽感か、加水でバランスが取れるタイプの酒質と言えます。

今回のボトルは、まさにその普段は隠されているアベラワーの素の部分が強く出ており、樽感もそれを後押ししています。
完成度として考えるなら、あと5〜10年の熟成を経て、蜜っぽい味わいが出るような変化があれば、このカスクもかなり出来が良いと思うものの、今はやんちゃでフレッシュで、若者という表現がぴったり当てはまる気がします。
美味しいボトルが第一であるものの、こういう蒸留所の個性を楽しめるリリースも限定品としてあると面白いですね。

アベラワー 12年 ノンチルフィルタード 48% ダブルカスク ブラインド

カテゴリ:
ABERLOUR
Aged 12 Years
Non Chill-Filtred
Double Cask
48% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅(宿題@TWD)
時期:開封後1ヶ月程度

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド
蒸留所:マッカラン
熟成年数:12年〜15年
樽構成:シェリー樽主体のバッティング
度数:43%
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:甘い近年系のシェリー香、シロップ、ドライオレンジ、ツンとしたアルコール感。フレーバーティーのようなとってつけたアロマがあり、徐々にマシュマロ、ドライプルーン。乾いた植物感も感じられる。

味:とろりとした甘い口当たり、徐々にスパイシー。ドライプルーンと湿った木のニュアンスを伴う近年系シェリーフレーバー。
余韻はウッディーでドライ。軽くスパイシーで、オレンジママレードやバニラ、かすかにチョコレートの甘みを伴いゆっくりと消えていく。

スムーズでクセの少ない酒質に対し、近年系シェリー樽の影響がメインに出ているボトル。口当たりはまろやか、ボディはミディアムからやや軽め。加水の影響に加え別な樽のニュアンス、柑橘っぽさやバニラの甘みなども感じられる。シェリー樽メインの複数樽か、ダブルカスクだろうか。
蒸留所の予想は有名どころのオフィシャル。マッカランか、アベラワー、ベンリアックなどもありそう。


2017年1発目のブラインドテイスティングは、アベラワー12年ダブルカスクの海外市場向けボトル、ノンチルフィルタード仕様でした。
出題範囲は発売から5年以内のボトル全てで、TWDメンバーのNAさんから。いつも宿題ボトルを提供頂き、ありがとうございます。

まずブラインドの回答を総括すると、スペック的にはかなり近いところまで絞れましたし、蒸留所もアベラワーが候補には入っていたので、まずまずの結果だったと思います。(最終的にはマッカランにしちゃいましたが。)
熟成感、樽構成なども感じた通りである一方、感じ損ねたのがアルコール度数。同時にブラインドした友人達も、大多数が40〜43%という低い度数を回答していました。
それだけ滑らかさ、ボディの柔らかい味わいだったとも言えるのかもしれません。

それにしても、この「あと一歩」という流れは昨年何度もあったので、今年の目標はもう一歩深く個性を掴めるようになって、テイスティングの確度を上げて行きたいです。
ブラインドは蒸留所当てではなく、あくまで素の評価と能力向上のためですが、そうとわかってもついつい欲が。。。だいたい最後の絞り込みで「当ててやろう」と色々邪推してしまい、それが凶と出るんですよねえ(笑)。
 
DSC00052
(アベラワー蒸留所の蒸留器。しっかりとしたボディの原酒が取れそうなストレートヘッドのポットスチルが、アブーナなどの樽の個性と調和したウイスキーを生み出す。 Photo by K67)

アベラワーは2016年10月からペルノリカールが正規代理店となって、日本国内への輸入が再開。もっとも正規代理店が無くとも並行品が多数入っていたので今更感はありますが、アブーナ等ファンの多い銘柄もあり、これはペルノさんグッジョブです。

12年ダブルカスクは、正規ラインナップでは43%加水のチルフィルター済みのボトルが販売されており、ノンチルフィルタード48%は海外市場向け仕様ですが、並行品として日本にも入ってきています。
両者を飲み比べることで、ノンチルフィルタードによる香味差が感じられる。。。のでしょうか。
勿論原酒構成は異なると思いますが、BARで見かけたら試してみたいです。

アベラワー アブナック (アブーナ) 59.8% オフィシャル

カテゴリ:
ABERLOUR
A'BUNADH
(No Aged )
Batch No, 39
700ml 59.8%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み (Bar Ambrosia)
時期:不明
評価:★★★★★★(6) 

香り:濃厚でスパイシーなシェリー香、やや湿った木、レーズンチョコ、若干油絵の具っぽい癖も感じる。
加水や時間経過で絵の具っぽさは強くなる。ストレートで楽しみたい。

味:粘性のあるリッチな甘みとウッディーな口当たり。プルーン、黒蜜、スパニッシュオーク。濃厚なシェリー感。
中間は樽感主体で、酒質はあまり主張しない。
余韻はスパイシーでシェリー由来の濃い甘み。ウッディーでドライ。鼻抜けは甘いチョコレート、ドライジンジャーのアロマ。 

現行品におけるシェリー樽熟成シングルモルトの代表格。
ノンエイジですが初期の頃の情報では20年以上熟成させた樽から原酒を選び、バッティング、調整加水のみでボトリングしているのだとか。

1万円以内の価格帯でシェリー系のボトルといえばまず間違いなく候補に挙がり、ウイスキーの旅を始めたばかりの飲み手は基本の一つとして押さえておきたいボトル。また、オフィシャルリリース以外でボトラーズリリースを見ても、このボトルを越えることができるかどうかが、シェリー系の評価を分けるようにも思います。
アブナックの意味は起源や原初を指すのだそうですが、まさに飲み手にとって現行シェリー系のルーツとなるような1本です。

初期のリリースは2000年頃、そこからバッチを重ね、ラベルチェンジもあって、2016年現在はバッチ50くらいまでリリースされています。
アブナックはここまで一貫して濃厚なシェリー系のリリースを続けていますが、その香味はバッチを経る毎に微妙に、時に大きく変わってきました。
旧ラベルのころは全般的に今よりシェリー感が濃いのですが、自分が苦手としている硫黄が出ているロットがあり、最近のロットは樽の質の問題か、絵の具や生木っぽいニュアンスが出ているロットもあり。
その中でも、このバッチ30番台くらいは安定したシェリー感のカスクが多かった印象で、1年ぶりくらいに飲みなおしましたが、当時の印象通りでした。
ハイプルーフな度数らしく勢いとアタックの強い香り立ち、プルーンやレーズンを思わせる濃厚なシェリー感。樽構成はアメリカンホワイトオークとスパニッシュオークのバッティングか。少々癖もありますが、近年の中でも王道的な香味がしっかり感じられます。

ちなみに、ウイスキーと煙草やシガーの煙は、相性の悪くないものが多いのですが、中でもこのアベラワーアブナックは良い部類に入ると感じます。
オフィシャルボトルでリリースが安定している銘柄だからこそ、そうした愛煙家の皆様の相棒にも、オススメしたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×