タグ

タグ:アパッシメント

パッソ デル スッドゥ アパッシメント エディツィオーネ 15%

カテゴリ:
PASSO DEL SUD
APPASSIMENTO
EDIZIONE 2015
750ml 15%

香り:カシスやレーズンの濃厚な甘酸っぱさ、ほのかに醤油。スモーキーで甘みには天津甘栗の焦げ感、栗の渋皮を思わせる樽香とタンニン。

味:口当たりも香りで感じた同様に濃厚な甘酸っぱさ、非常にリッチ。中間はあまり変化がないが、ウェルチ、ザクロジュース、カシスリキュールを飲んでいるよう。徐々に焦げた木材。
余韻はビターで焦げ感のある樽香を伴い収束するタンニン、たっぷりとしてリッチな甘さがある。

アパッシメントらしい実に濃厚なワイン。色合いも赤みを帯びて非常に濃い。開封後、バキュバンで2日程度の保存であれば、多少丸みが出る程度で酸味も強くならずにいただける。


最近ウイスキーが続いたので、久々にワインでいきましょう。
今回は先日記事にしたカーサのアパッシメントと同じプーリア州から、全く同じ千円台中頃の価格帯でコスパの良いタイプ。ですがそのキャラクターは、樽を効かせた焦がしたようなウッディさとタンニンが豊富に感じられる、単にフルボディで甘酸っぱいだけじゃない個性が付与されている1本です。

自分周辺のウイスキー愛好家には、アパッシメントやアマローネのワインは総じて評判がいいわけですが、かく言う私も好みの部類。
葡萄を乾燥させて糖度を高めた濃厚な味わいは、時に単調気味ながら酸味以上に感じられる濃さと甘さで、ウイスキーにも通じる要素があるところ。加えて「オラ!どうだ!」と盛りよく出てくる、さながらB級グルメ的な旨さは、この価格帯のアパッシメントの親しみやすさとも思います。


ただ今回のパッソ デル スッドゥは、甘さと酸味、そして焦げと苦味の樽感とで、単品では濃厚民族な方々でも少々呑み疲れるのではという懸念も。。。
ここに合わせるオススメというか定番は、同じくこってりとした煮込み料。今回は鶏肉で合わせましたが、トリッパとかイタリアらしい料理と合わせても良いと思います。

食中酒としてワインを合わせ、食後はハイボールでこってり感をリセット。そこからウイスキーに入るなんて休日の夜の過ごし方は、家飲みで気兼ねなく使えるワインだからこそできる楽しみ方ではないでしょうか。
この満足感は、ウイスキー単体では中々出せませんね。

カ デル コンソーレ 2015 アパッシメント プーリア 14.5%

カテゴリ:
IMG_5372
CA DEL CONSOLE 2015
ROSSO APPASSIMENTO
PUGLIA
INDICAZIONE GEOGRAFICA TIPICA
750ml 14.5%

ローソンが扱っているアパッシメント製法のワイン。品種はメルロー、プリミティーヴォ、ネグロアマーロ。産地は南イタリアのプーリア州。
アパッシメントは葡萄を乾燥させて作るため生産量が落ちてしまい、一般に価格も高価になりがちなのだそうですが、このワインはなんと1080円です。(以前紹介したカーサも1500円前後なんで、あまり関係ないかも知れませんが。)

プーリアはブレンド用のワインを大量生産している地域でもあるようで、そういう扱いの一つなのかも知れませんが、アパッシメント製法を採用しているワインの中では、最安値なんじゃないでしょうか。
店頭で見かけてどんなもんじゃと、週末の家ご飯用に購入してみました。これで甘口濃厚で美味しければ、近場で調達出来て価格も安い、良いことづくめです。


香りは果実香主体、樽感は控えめ。カシスシロップやブルーベリージャム、所謂黒系果実香にほのかにベリーっぽさ。甘みと酸味のバランスが良く、また地域やメルロー主体な構成もあってか、濃さ、若さのわりにギスギスした感じは少なく感じられます。
口当たりはアパッシメントらしくとろりと濃厚。香り同様にあまり若さは主張しませんが、アパッシメントにしては甘みが薄いというか、酸味もそれなりにあって通常のフルボディな赤に近い印象も。余韻はブドウの皮を噛み締めたような苦味、タンニンが序盤の甘酸っぱさを引き締めてバランスよく残ります。

料理との組み合わせでは、個人的にはトマト系の煮込み肉料理など、濃い味のものと相性がいいようです。イタリアだからトマトってのは安易な話ですが、これが合うんだから仕方ない。
一方赤ワインらしい赤なので肉料理全般は間違いなさそうであるものの、ネットではスイーツやチョコレートとの組み合わせを推奨されている方も見かけましたが、自分の場合は酸味がくどく感じられて・・・。

総評としてはコスパの良いタイプですね。ちょっと濃い赤飲みたいって時にローソン行けばこのワインが買えてしまうのですから、コンビニワインだからと馬鹿に出来ないなと思ってしまいます。しかもデイリーワインに文句なしという価格なのも魅力。
勿論値段相応を思わせる、濃さで誤魔化したような弱点は無いわけではないのですが、ワインの良さって「1000円のワインでもちゃんとワインの味がする」というところかなと。当たり前の話かもしれませんが、ウイスキーだとこうはいかないんですよね。。。
ぱっと見かけて衝動買いでしたが、中々良い出会いでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×