タグ

タグ:アイランズ

タリスカー ネイストポイント 45.8% 免税向け並行品

カテゴリ:
TALISKER 
NEIST POINT
For Travel retail
700ml 45.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:BAR飲みなど
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:燻したスモーキーさ、キャラメル、杏ジャムや微かに梅干しを思わせる甘みと酸味。サラミ、胡椒を思わせるアロマ、塩素系のツンとしたニュアンスも感じられる。

味:スムーズでコクがある。燻したピーティーさとオレンジママレード、合わせてスパイシーで焦げたようなオークのニュアンス。
余韻はピリピリとスパイシーな刺激に加え、塩気と染み込むようなピートが長く続く。

タリスカーのオフィシャルらしさを、若さ由来の勢いのある個性と熟成した原酒のコクで全体のバランスとして整えている。これはこれで完成度が高いというか、面白さのあるシングルモルト。
ハイボールはすっきりとした飲み口だが、ややパンチというかボディに欠ける印象もある。ストレートで蒸留所の個性を楽しみたい。


免税店向けにリリースされていた、タリスカーのノンエイジ仕様。Neist pointはスカイ島の最西端にある岬の名前で、スカイ島を象徴する名所の一つのようですね。ラベルにはその緯度経度が書かれています。
リリースは約3年前、日本には2年ほど前から並行品が入ってきていました。自分も何度かテイスティングし、オフィシャル18年とは異なるベクトルで面白さのあるリリースと感じたことから、対抗馬として紹介していたところです。

一方、最近はオフィシャル18年が値上がりしただけでなく、熟成感が減ったというかボディの薄さが目立つようになってきたこと。何より、1万円を下回る並行品(最安税込7k台)が今年の夏頃から某酒販に入ったこともあり、2つの理由でオススメと言えるボトルになってきました。

原酒の構成はNA仕様らしく、若い原酒から熟成したものまで、比較的幅広く使われている印象で、樽構成はオフィシャルスタンダードと同系統。
若いタリスカーのスパイシーさや、存在感のあるピートフレーバーが感じられる一方、それらをコーティングするようにマイルドな酸味、熟成した味わいもある。おそらく、10年弱あたりから20年くらいの間でバッティングされている銘柄なのではないかと推察しています。


先日とあるイベントで、2018年ロットの18年とネイストポイントを改めて飲み比べましたが、ベクトルは違えど見劣りするような構成ではありません。
一方、海外のレビューを見ると結構辛口な評価が目立ちます。
こんなんだったら10年で充分だとか、18年が素晴らしいからそっちをお勧めするとか・・・。先に書いたように、熟成したニュアンスだけでなく、10年程度の熟成を思わせる若さ(といってもニューポッティーなものではなく、香味の勢いや刺激的な意味)も感じられるため、熟成して一体感のある味わいか、様々な要素が主張するキャラクターか、人によって好みが分かれるということなのだと思います。

これが例えばマッカランのようにスムーズな飲み口をキャラクターとする銘柄なら、確かに一体感に欠ける点は弱点であると言えます。しかしタリスカーは荒々しさや、黒胡椒を思わせるスパイシーさをキャラクターとする蒸留所であり、その点を感じさせつつ熟成した香味も備わっているネイストポイントは、自分としては楽しめる要素の多いリリースであると改めて感じました。


ハイランドパーク 12年 バイキングオナー 40% ブラインドテイスティング

カテゴリ:
HIGHLAND PARK
12 YEARS OLD
VIKING HONOUR
700ml 40%

【ブラインド解答】
地域:アイランズ
蒸留所:ハイランドパーク
年数:12~15年程度
度数:43%程度
樽:アメリカンホワイトオーク、リフィルシェリーオーク主体。
仕様:加水、複数樽バッティング、近年流通品。

グラス:木村硝子テイスティング
時期:不明
場所:ブラインドサンプル@ぎんが
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:サルファリーさを含む淡いシェリー香。微かにピートと干草、オレンジピールのほろ苦さ。奥には蜂蜜の甘みを伴うエステリーさとオーキーなウッディネスがあり、スワリングすると一時的に開いてくる。

味:ややえぐみのある口当たり、中間に塩水を思わせる潮気、蜂蜜の甘み、やや緩いボディ。フィニッシュは林檎のコンポートを思わせるオーキーで華やかなフレーバーが、土っぽさと植物感のあるピート、スモーキーさのアクセントとなって感じられる。

おそらく現行品のオフィシャルボトル。ミドルエイジ・・・までいかない、比較的若い原酒を加水で整えている印象はあるが、大手の作りらしく上手くまとまっている。乾いた植物感を伴うピートフレーバーと樽由来のニュアンスが程よく混ざり合い、特に余韻のオークフレーバーとスモーキーさが可能性を感じる。


昨日に続きハイランドパークのブラインド記事。昨年大幅リニューアルしたハイランドパーク・オフィシャルラインナップの12年モノ、バイキング・オナー。

その新しいデザインは、近年のハイランドパークの販売戦略であるヴァイキング文化をベースに、世界遺産「ウルネスの木造教会にある壁面装飾」をモチーフとして、従前ののっぺりとしたボトルから大きく異なる。バックバーにあって明らかに目を引くデザインとなっています。


(ウルネスの木造教会の壁面装飾。ヴァイキングが信仰したというドラゴンが、蔦の浮き彫りの中に隠されているという。また教会はヴァイキング船の建造技術が応用され、釘を使わず建てられている。引用元:

今回のリニューアルでは、変わったのは上記パッケージだけで、価格、中身は変わっていないと公式には発信されています。
確かに価格は据え置きなのですが、味について発売当時に比較テイスティングした限りでは、新しいボトルのほうがシェリー感が控えめで、その分ピートが際立っていた印象がありました。

今回は期せずしてそれをブラインドテイスティングで確かめた形。解答がボトル指定出来ている以上、特徴は掴みやすかったと言えますね。
ピートフレーバーがはっきりしているだけでなく、余韻にかけて感じられるアメリカンホワイトオーク由来と思しきオーキーなフルーティーさ。これは先日記事にした、17年ザ・ライトに備わっていたものほど強くはないものの同一の香味です。

一方、ハイランドパークの王道とも言えるシェリー樽熟成の原酒由来と思われる微かな硫黄臭は、オークフルーツ路線でいくなら不要とも・・・。
シェリー系原酒で厚みとバランスをとるのはいいと思うんですが、やはり中途半端にシェリー路線を走るくらいなら、オークフルーツ路線が良い。その傾向がスタンダードボトルから出ているのは、個人的にはポジティブであり、将来的に期待が出来るリニューアルであったとも感じるのです。


さて、今回のブラインドサンプルは、以前ちょっと特殊なブラインドを出題頂いた、ぎんがさんから。
先日、持ち寄り会に呼ばれていたのですが、家庭都合で参加できず。。。すると事前にいくつかのサンプルが送られてきました。ありがたいことに、明らかに煽ってきているブラインドサンプルとともにです。
ここまでやられたらリアルタイムで解答してやるよと、持ち寄り会の時間帯に解答をツイッターで送信。「鋭敏」を期待されていたようですが、期待通りの結果を提供出来て満足であります。

ハイランドパーク 26年 1972-1998 シグナトリー10周年記念 55.7% ブラインド

カテゴリ:
image
HIGHLAND PARK
SIGNATORY VINTAGE
10th Aniversary
Aged 26 years
Distilled 1972
Bottled 1998
Cask No,1632
700ml 55.7%

【ブラインドテイスティング解答】
地域:スペイサイド
蒸留所:ロングモーン
年数:30年程度(1970年代蒸留)
樽:バーボンホグスヘッド
度数:53~55%程度
仕様:ボトラーズ、シングルカスク、ダンカンテイラーorエージェンシー系

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:ブラインド出題@BAR 京都Ram & Whisky
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ハイトーンでドライ、じわじわとエステリーさとややウッディなアロマを感じるが、すぐにおしろい、かりんのシロップ漬け、ハチミツ、蒸した栗、微かにフローラルなニュアンス。ハーブを思わせる甘く華やかな香りが開く。

味:甘酸っぱくオーキーでスパイシーな刺激を伴う口当たり。ドライアップル、アプリコット、バニラ、粉っぽさを感じる。
余韻はスパイシーでウッディ、微かなピート。やや粉っぽさを伴うヒリヒリとしたハイトーンなフィニッシュ。

華やかなホグスヘッド系のオーク香がメイン。ほのかにパフュ系の香りが混じるようでもあるのが気になるが、その点を除くとかつての長期熟成スペイサイド(ロングモーンやグレングラント系)の個性が感じられる。60年代ほど厚みがあるわけではなく、ベースはドライ寄りなので、1970年代のはじめから中頃のあたりか。少量加水しても崩れず、しかし大きくは変わらない。

IMG_8563

やらかしたブラインドの例です(笑)。 解答時に書いたほぼそのままで、掲載しております。

テイスティングで地域や蒸留所を特定する材料はいくつかあるのですが、そのうちハイランドパークの特徴の一つとも言える、植物感を伴う内陸系のピーティーさを拾い損ねた例・・・と申しますか。
熟成で得られたフルーティーさと、涼しい地域で熟成されたであろう樽感で、スコットランド最北部でなければ、山間のスペイサイド。こういう予想にたどり着いてしまうことが、自分の場合度々あります。
また、言い訳するとネガティブな要素ではありませんが、香りに微かにパフュームライクな要素を拾ったのも、ひょっとしてロングモーンあたりのボトリング後経年変化かも・・・とイメージした要因でもありました。 

まあグダグダ言ってますが、このブラインドは"ヘザーピート"を拾えなかった自分の完敗。ちょっと上達したかなと思うとこの落差です。
ボトラーズメーカーもダンカンテイラーでも、ましてエージェンシーでもなく。考えるに樽感に焦点が合いすぎた結果のミスリードでしょうか。
ただいずれにせよ、今改めて振り返っても、フルーティーさと程よい熟成感に、ボディもそれなりに残った適齢期の美味しいモルトであることに、間違いありません。


今回のブラインドは、京都のBAR ラム&ウイスキーのオーナー・定元さんから頂きました。 

BAR RUM & WHISKY KYOTO

今年の7月、京都ウイビアメッセの会場でお会いし、その後で寄らせて頂いた際のこと。
その際、「ウイスキー高騰から、ラムやワインなど異なる酒類にも選択肢を広げて、ウイスキー好きに紹介したい」と自分のプランを話していたところ。その後、ご自身がこれはと思うラムのサンプルをわざわざ送ってくださったのです。 
なんていうか、ブロガー冥利に尽きる話で、思わずこみ上げてくるものがありました。 

頂いたサンプルは8種類、その中に1本だけウイスキーのブラインドが含まれており、それが今回の1本でした。
ラムもウイスキーも、いただいたサンプルは全てブラインドで率直なコメントを共有させていただいたわけですが、やってはいけないウイスキーでやらかしてしまう私(汗)。

ラムのほうも追って記事にさせていただきますが、やはりブラインドで飲むと、当てても外しても得られる経験値が違いますね。
ラムの持つキャラクター、樽感、熟成変化などへの理解が、ぐっと深まったように思います。
大変貴重な機会を頂き、ありがとうございました!

ハイランドパーク 17年 ザ・ライト 52.9% 2018年リリース

カテゴリ:
IMG_8573
HIGHLAND PARK
THE LIGHT
17 Years old
Single malt scotch whisky
700ml 52.9%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:BAR Gosse
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ドライな香り立ち。はじめはあまり香りが立たない。干し草や削った針葉樹、トーストしたパン、じわじわとドライオレンジっぽい甘みや淡いスモーキーさを伴う。

味:軽くドライな口当たりから乾いた麦芽風味、蜂蜜と洋梨のペースト、微かに古樽のしっとりしたウッディネス。後半から余韻にかけてほのかにスモーキーで、合わせてオーキーなフルーティーさが充実。熟したパイナップルと干し草、近年寄りのトロピカルフレーバーを伴ってリッチなフィニッシュが長く続く。

香り立ちが度数に対して広がりを感じないものの、味わいの熟成感、そして余韻にかけて充実するフルーティーさに見るべきところがある1本。 ボディは穏やかで、高い度数を感じさせないオフィシャルらしいまとまりの良さがある。


日本では先月8月20日にリリースされた、ハイランドパーク17年 The Light。(テイスティングは現地流通品。発売は5月、28000本の限定品)
前作の17年 The Darkがヨーロピアンオークシェリー樽での熟成だったのに対し、今回はリフィルアメリカンオーク樽を使った原酒での構成。香味から察するにこれはバーボンホグスヘッドと、複数回使用したオールドシェリー樽のプレーンカスクでしょうか。そこに微かに新緑の色合いを帯びたボトルカラーと合わせて、オークニー島の春から夏の季節をイメージしたリリースとのことです。

この手のアメリカンオーク樽を使ったリリースと言えば、直近では神話シリーズのアイスエディション17年があります。
前回は冬をイメージする"アイス"に使って、今回は"春から夏"とか、180度の方針転換はさておき。。。
そのキャラクターは、エステリーな熟成香にピーティーさがしっかりと感じられたアイスエディションに対し、The Lightはピートフレーバーよりも、余韻にかけての華やかさとトロピカル系のフルーティーさが魅力と言える構成に仕上がっています。

(2017年にリリースされた、ハイランドパーク17年 The Dark。オークニー島の秋から冬にかけてを表現したリリース。

こうしたリリースを飲むたびに思うのが(何度か書いてますが)、近年のハイランドパークは下手にファーストフィルなどの濃厚シェリー系にこだわる必要はないんじゃないかということ。
前作The Darkはそれなりにまとまったシェリー感がありましたが、あれは価格もそれなりですから当然と言える話。
それ以外のハイランドパークのシェリーカスクはエグかったり、硫黄が強かったり、なんだか中途半端だったり・・・少なくとも近年のリリースが流通時期で1990年代から2000年代あたりまでのキャラクターを維持できていないことは明白です。

その点、The Lightはノージングではまだ開ききってないのか「あれ?」と思いましたが、飲んでみると良いですね。
先に触れたアイスエディションしかり、同じく最近リリースされた、GMコニッサーズチョイスのハイランドパークもフルーティーで良い出来でした。半端なシーズニングシェリー樽を限定品に使うなら、それはオフィシャルスタンダードに回しちゃって、バーボン系やプレーンオーク系でリリースした方が安定するんじゃないかなぁと。
そんな簡単な話じゃないんでしょうけどね。

アラン 7年 2011-2018 59.7% カスクサンプル For T.Ishihara ブラインド

カテゴリ:
IMG_8522
ARRAN
DUTY PAID SAMPLE
For TATSUYA ISHIHARA
Aged 7 years
Distilled 2011
Bottled 2018
Cask type Sherry Hogshead 250ℓ
500ml 59.7%

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド
蒸留所:グレンロセス
年数:12年程度
樽:シーズニングシェリーホグス
度数:53〜55%程度
仕様:ボトラーズ、シングルカスク

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅&イベント飲み
暫定評価:★★★★★★(5→6)

香り:香り立ちにハイトーンな強さはあるが、合わせてリッチなシェリー香、ドライプルーン、キャラメリゼやビターチョコレート、シナモンを思わせるスパイスのアクセント。焼き栗やウッディーなニュアンスを伴う。

味:濃厚でパワフル、とろりとしたシーズニングシェリー感。ドライプルーンやイチヂクの甘露煮のような甘み、一呼吸置いてスパイシーでハイトーンなアタックが口内を刺激する。余韻はスパイシーで、樽由来のタンニンを伴い長く続く。

シーズニング系のシェリー感が濃くでており、小さめの樽にシェリーが残った(染み込んだ)状態で原酒を詰めたと感じる構成。シグナトリーのイビスコシェリーマチュアードシリーズを連想した。樽の裏にある若さがピリピリと刺激し、若干酒質と樽の乖離を感じるが、少量加水するとバランスが取れ、ぐっと飲みやすくなる。


当ブログではおなじみ、ウイスキーの写真展開催に向けてクラウドファンディングに挑戦中の、T.Ishiharaさん所有カスクサンプル。
新婚旅行でアラン蒸留所を訪問し、その場でニューメイクの詰まった1樽を購入してしまったというエピソードは中々に豪快ですが、蒸留所から毎年自分の樽の中身を状態確認で取り寄せることができるため、ミニ樽ではない実際の環境でのウイスキーの成長を見ていける点は、愛好家にとってプライスレスな経験だと思います。


ご参考:T.Ishiharaさんのアラン蒸留所 プライベートカスクサンプル飲み比べ
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1067805308.html


自分は昨年、5年熟成と6年熟成のサンプルをテイスティングさせて貰い、1年間の変化に驚かされたところ(上記参照)。そして1年経った7年熟成のサンプルは、思わぬ場所でテイスティングの機会がやってきました。
それは8月下旬、ウイスキーガロア誌のテイスターである倉島さんが企画した、ブラインドテイスティングイベントにて。一連のテイスティングを終えた後の延長戦に、このアランのサンプルが仕込まれていたのです。

当日はまさかこれと思わず、結果は上記の通り。
言い訳すると、アランのようなプレーンな酒質が濃厚シェリーでマスクされると、それだけで蒸留所の判定は困難。香味から連想する構成は近年系ですが、最近シングルカスクでこんな濃厚短熟リリースあったかなぁと、最後の絞り込みで悩んで悩んで・・・。そりゃ思い当たらないわけですよ、リリースされてないんですから(笑)。
悔しいのでIshiharaさんに「サンプル貸して」とお願いし、自宅テイスティングで深掘りすることにしました。

(アラン・カスクサンプル。左側が6年、右側が7年。7年の方が熟成期間の分色に深みが出ているというか、若干赤みがかってきたように見える。香味も7年の方が当然濃厚。)

改めて飲むと、単体ではハイランド系のプレーンな酒質に、濃厚なシーズニングシェリー感が上乗せされているモルトという印象。短熟濃厚シェリーはカヴァランがありますが、カヴァランほど酒質が軽くないので、荒さが若干の分離感として余韻にかけて残ってる感じですね。
とは言え既に一定の完成度はあり、いよいよボトリング時期に入ったとも感じます。

ただ樽感はピークを迎えつつあるのですが、酒質は若さからまだ伸び代があるように感じます。
それこそ10年熟成すれば、酒質部分の荒さはそれなりに落ち着くと思うのですが、ピークを迎えている樽感は益々濃く、余韻のウッディーさは過熟仕様になっていく。このミスマッチをどうするかが、今後ボトリングを決める難しさだと思います。 

比較すると6年よりは明らかに7年のほうが全体の完成度が高く、6年目でボトリングを決断しなかったのは正解だったと言えます。
今後はオーナーの好みの整理でもありますが、飲んだ際にまず最初に感じるのは樽感なので、割り切るなら8年目あたりで樽感ピークの仕上がりを重視するのも一案。あるいは、この感じなら保存期限の10年間熟成してみて、樽感次第でカスクストレングスか、加水で仕上げるという選択肢もあります。

ちなみに今回、加水は43%、46%、50%、55%程度といくつか試しましたが、現時点では50%程度が安定しているようでした。
しかしせっかくのプライベートカスクはカスクストレングスで仕上げたい。。。ギャンブル要素が残るため悩ましいですね。まあ色の濃いほうがインパクトはあるので、預かり期間丸々いってしまっても良いかもしれません。
何れにせよウイスキーの変化を学びながら、その将来の姿を考え、悩み、時間を過ごす。これぞオーナーの特権。なんて贅沢な時間でしょうか。

IMGP9776
(アラン蒸留所外観。ウェアハウスを含むこのアングルの写真は珍しい。。。Photo by T.Ishihara)

なお、冒頭触れたT.Ishiharaさんの写真展に関するクラウドファンディングは、開始即日に目標額を達成しただけでなく、先日は目標額の2倍となる支援も達成しました。 

ご参照:ウイスキー写真作品企画展 "Why dou you like whisk(e)y"

会場は西荻窪のNishiogi Placeに決まり、更なるコラボレーションや日程の延長まで動かれるなど、当初予想したとおり大きな話になりつつあります。 
今回テイスティングしたアランのカスクサンプルも、会場でテイスティングできるウイスキーに予定しているとのこと。原酒とともに企画がどこまで成長するか楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×