タグ

タグ:アイランズ

アラン 21年 46% 2019年リニューアル

カテゴリ:
IMG_20200220_075855
ARRAN 
Single Malt Scotch Whisky 
Aged 21 years 
Launch from 2019 
700ml 46% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後数日
場所:ジェイズバー
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーで華やかでありながら、シェリー樽由来の色の濃い甘さを感じるアロマ。熟した洋梨、リンゴのカラメル煮、ケーキシロップ。ウッディな要素には、仄かにタルト等の焼き菓子を思わせる軽い苦味と香ばしさが混じる。

味:スムーズな口当たりから、香り同様にマイルドな甘味と林檎を思わせるフルーティーさ。オーキーでじわじわとスパイシー。
余韻はフルーティーでウッディ。紅茶のタンニンや白色系果実の皮の部分を思わせる苦味をアクセントに、ドライなフィニッシュが長く続く。

シェリー樽におけるスパニッシュオークとアメリカンオークホグスヘッド樽、双方のバランスの良い樽感を備えたハイランドタイプのシングルモルト。アランらしいオーキーなフルーティーさの角を丸くする、シェリー樽原酒の甘味ととろみ。突き抜けるレベルの組み合わせではないが、熟成感を伴いつつ安定した仕上がりである。少なくとも、旧ボトルよりも完成度が高いことは間違いない。少量加水すると香りはそのまま、味はさらにマイルドになる。

IMG_20200219_232339

先日、以下のリカルの記事で公開した、アラン蒸留所の新旧比較テイスティング。
その際、記事を書いた時はまだ国内に入っていなかったことから、今後機会を見つけてテイスティングと考えていた新ラベルの21年と18年。まず21年に出会うことができました。

旧ボトルとなるアラン21年は、発売されたのが2018年12月頃。1996年創業のアラン蒸留所にあって、ようやくオフィシャル通常ラインナップに加わった20年オーバー熟成品ですが、わずか10ヶ月でリニューアルされてしまったのは運命の悪戯と言うべきでしょうか。ですが、個人的に旧ボトルとなる21年は良い部分もそうでない部分もある印象で、リニューアルをきっかけに香味が変わる可能性を、逆に期待していました。

a368f789
(旧ボトルとなるアラン21年。樽構成が大きく変わった訳ではないようだが、このラベルのものはビターでウッディなシェリー感が主張しており、熟成したアランの良さであるフルーティーな香味を邪魔してしまっていた。決して悪い仕上がりではなかったが、少々残念。)

新しいアラン21年は、色合いこそあまり変わっていないものの、シェリー樽由来の熟成したまろやかな甘さの中に、ホグスヘッド系のオーキーなフルーティーさを感じやすい構成。開封直後であるためか、味の方で少し樽感が馴染みきってない印象もありましたが、全体的なバランスが良いといいますか、旧ボトルにあったネガティブな部分が改善されて美味しくなっています。
アランに求めているのはこの香味。飲み易さと合わせて、幅広いユーザー層から評価されるのではないかと思います。

IMG_20191118_173536
(アラン10年のリニューアル。新旧比較はこちらも新ボトルに軍配。詳細はLiqul掲載記事を参照。)

リニューアルした10年と21年、変化で共通するのはシェリー樽原酒の使い方だと感じています。
バーボン樽だけだと、華やかさはあってもウッディな渋味、苦味がそこに含まれてくる。旧10年はまさにそうしたニュアンスがあったところですが、それをシェリー樽原酒の比率を増やしてバランスを取ったように感じられ。21年のほうは逆に熟成したシェリー樽由来と思われるウッディさが目立っていたところ、セカンドフィルのホグスヘッドタイプの原酒を増やしてバランスを整えたような香味構成。

同じ系統の香味を積み上げるだけではなく、時に引き算して邪魔になるものを慣らしていったような・・・結果として、どちらもアランの良さであるフルーティーな要素がスムーズに感じられるようになったと思います。
実際、どういう方針の変化だったのかアラン側に確認をとった訳ではありませんが、もし同様の整理であるなら18年も期待できるのではないか?
アランオフィシャルラインナップの中でもイチオシなのが18年でしたから、早くどこかで見つけてテイスティングしたいですね。


5月10日修正:テイスティングノートにバーボン樽との記載がありましたが、誤記であるため修正しました。

ハイランドパーク 15年 2003-2019 BARレモンハートラベル 50.2%

カテゴリ:
IMG_20200219_161833
HIGHLAND PARK
For Bar LEMON HEART 
Aged 15 years 
Distilled 2003 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead 
700ml 50.2% 

グラス:テイスティンググラス
場所:新宿ウイスキーサロン
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかくバニラを思わせるオーク由来の甘さを一瞬感じた後で、干し草や乾いた麦芽、ビターなアロマが開いてくる。同時にスモーキーでもあり、ピート香には若干消毒薬のようなニュアンスも混じる。

味:マイルドな口当たり。とろりとした甘さからオーキーでバニラやパイナップル、合わせて香り同様の乾いた植物や殻付麦芽、土っぽいピートのようなビターなフレーバーが混じり、全体的にほろ苦く柔らかいスモーキーさを伴う構成として感じられる。

シェリー樽ではないが、ベース部分のハイランドパークらしさを感じられる香味構成。樽由来のフルーティーさは現時点では隠し味であるが、今後樽感が馴染むことでもう少し前に出てくるかもしれない。派手さはないが、普通においしい。加水すると柔らかい麦芽風味とピート、オフィシャルに通じる味わいが強く、ハイランドパークであることをさらに認識できる。

IMG_20200218_234439

ファミリー企画プレゼンンツ、漫画レモンハートラベルシリーズの1本。
実はこのハイランドパークは、昨年夏、大泉学園駅前にある同BARを訪れた際に、たまたまカスクサンプルをテイスティングする機会に恵まれていたものでした。

その時の印象は余韻にかけて黄色系のフルーティーさがあり、麦芽風味もピートも程よく。。。バーボン系の樽で熟成したハイランドパークの良さ、求められている要素が前面出ているタイプだなと。これでラベルはBAR レモンハートなわけですから、中身のレベルの高さと共に話題になりそうなボトルだと感じていました。

そしていよいよリリースされた今回のリリースですが、開封直後を飲んで見て印象の違いに驚きました。もちろんオーク樽由来の要素と麦芽風味が結び付いたフルーティーさは感じられるのですが、それよりも樽由来のビターな印象、干し草を思わせるような乾いた植物感を伴うピートフレーバーが前面にあり、これはこれでハイランドパークらしいと言えばらしい美味しさなのですが、思っていたのと違うなと言う気持ちが無いといったら嘘になります。

IMG_20190704_233018
(BARレモンハートにて。この日は夏前の熱さのある夜で、締めはゴードンジンのちょいオールドをロックでさわやかに。オールドから現行品まで幅広く、様々な酒類をストックしている懐の深いBARである。)

これは間違って違う樽がボトリングされてきた・・・なんてことはなく、いわゆるカスクサンプルとボトリングの差でよくある現象のひとつかなと。
樽の中の味は一定じゃないので、払いだして混ざると変わってしまうというヤツ。先日リリースされたグレンマッスルも、ボトリングの数週間前にとってもらったサンプルと、ボトリング後では樽感は後者のほうが強く出ていて、おや?と感じたばかりの話です。

とはいえ、カスクサンプルを飲んでいる人のほうが少数なわけですから、今回のボトルもあくまでこれ単体として見ていくと、先に書いたようにハイランドパークらしい特徴を感じられる、悪くないリリースに仕上がっていると感じます。
特にヘザー系のピート、乾いた麦芽、蜂蜜を思わせる甘さと樽由来のバニラやフルーティーさの混じるほろ苦い味わい。なかなかどうして通好み。また、オフィシャルの一部を構成する要素としてとらえると、馴染みの味わいとしても楽しめる1本ではないでしょうか。

ハイランドパーク 29年 1989-2018 GM 57.0% #18/084

カテゴリ:
IMG_20191207_163922
HIGHLAND PARK 
GORDON& MACPHAIL 
Aged 29 years 
Distilled 1989 
Bottled 2018 
Cask type Refill Sherry Butt #18/084 
700ml 57% 

グラス:木村硝子
時期:不明
場所:自宅@サンプル
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:スウィートでドライ、スパイシーな香り立ち。ブラウンシュガーやカラメルソース、色の濃い甘さを感じた奥からハイトーンな刺激が鼻孔を刺激する。

味:とろりとしてリッチなシェリー感。ドライプルーンやデーツ、カラメルソースで煮詰めたダークフルーツを思わせる甘酸っぱさとほろ苦さ。余韻にかけては序盤の甘味をウッディでビター、スパイシーな刺激が引き締め、タンニンが染み込むようなフィニッシュ。

ハイランドパークっぽさよりも、新旧入り交じったような不思議なシェリー感が主体。それこそ昔のGMシェリーを思わせるカラメル系の甘さやダークフルーツ感の中に、傾向の異なるスパイシーさが混じる。少量加水するとスパイシーさが和らぎスウィートでマイルドな味わいに。総合的には良くできているが、これは近年シェリーなのかオールドなのか、果たして。。。


こんな樽があったのかと感じる、GMコニッサーズチョイスのグッドリリース。
酒質の個性よりも、いかにも昔のGMリリースらしい色濃くしっかりと付与された樽感が特徴的ですが、日本市場には同じ表記で熟成期間が約3ヵ月短いだけの、色の薄いシングルカスク(以下、画像参照)が入っていたようで。。。色合いだけで比較すると、ちょっと違いすぎるというか、ほんとに同じリフィルシェリーバットなのか?ラベル、コピペで作って修正し忘れてない?と思えるほどです。

IMG_20200106_210942
(ご参考:HIGHLAND PARK Aged 29 years 1989-2018 Cask No,19/057 55.3%)

こうした色濃いリフィルシェリー樽のリリースは過去にもあり、特段不思議なものではありません。
要因としてまず一つ考えられるのが、1st fillが灰汁抜き程度の短熟でしか使われなかった樽であり、エキスが充分残っていた可能性。そしてもう一つ考えられるのが、余韻にあるビターでウッディな傾向と新旧入り交じったようなスパイシーさから、スパニッシュオークバットのリチャード仕様、鏡板には新しいものが使われた補修樽であるという可能性です。

過去のGMのリリースで、ハイランドパークの短熟と言えば、1970~1980年代にリリースされていた8年があります。
この熟成に使われていた濃厚な1st fillなら、あるいは次に入れた原酒にもエキスを残すのでは。。。という希望的観測と、何よりオールドハイランドパークの中でも名高いボトルのDNAを継いでいると考えると、このリリースは非常にロマン溢れる1本となります。
他方で、ブレンド向け等を合わせ、年間で膨大な数の樽を払い出すGMが、いちいち同じ銘柄がめぐりあうような樽の管理をしているとは思えず。。。
現実的には、当時のGMから数多リリースされていた同じような短熟リリースの樽が使われたと考えるか。もう一つの可能性として、クーパレッジ経由の補修樽と考える方が、フレーバーの系統的にも自然なように感じます。

実際のところ、色の薄い日本向けの方が、GMの最近のリリースに多く見られる、あの特徴的なGMカスクの払い出しをそのまま使ったと言われても違和感なく。むしろ色合いとしては自然なのです。
飲み比べをしたわけではなく、これ以上は画竜点睛を欠くため控えますが(何より野暮ですし)、ついついあれこれ考えてしまうのは魅力的なウイスキーであるから。普通に味だけ見ても、良質なシェリー樽フレーバーが付与されたグッドリリースだと思います。


余談:このボトルは先日の持ち寄り会にて、どんな樽が使われているのかと話題になった1本でした。その際は「昔のGMシェリー樽の短熟払い出し後」という、本記事で1つ目の可能性寄りの考察をしましたが、会終了後に小瓶交換をしてじっくり飲んでみると、そうとは言い切れないニュアンスがいくつも見られたわけです。
やはり落ち着いて飲み直す機会は重要ですね。美味しいだけでなく、大変考えさせられる1本でした。追試の機会を頂き、ありがとうございます!

IMG_20200106_221837
今日のオマケ:笹の川酒造 初しぼり 純米吟醸 しぼりたて生

正月用の日本酒の一つ。安積蒸留所を操業する老舗笹の川酒造の本職とも言うべき、日本酒の2019年の初しぼり生酒。
昨年の新酒は、準備していた酒米や酒造そのものが台風の浸水被害を受け、震災後最大の被害があった中での仕込みでした。

そのため、新酒は例年より遅い出荷となったようですが、柔らかくクリーミーな米の旨味を感じる口当たりに、くどすぎず品の良い吟醸香、フルーティーさ。バランスの良さにすいすい飲めてしまう、美味しい日本酒に仕上がっていると思います。
昨日の若鶴の生原酒は、和洋どの料理も受け止められるような濃い酒でしたが、今日の日本酒は和食寄りで、刺身や昆布巻き等の脂の強すぎない料理と合わせると相乗効果を期待できると思います。
しかしなんというか、気持ちよく酔える良いお酒ですね。

アラン 20年 トリロジー 1st 1998-2018 52.3%

カテゴリ:
IMG_20191125_234100
The ARRAN Malt 
ARRAN JAPAN 20TH ANNIVERSARY 
"TRILOGY" 
FIRST EDITION 
Aged 20 years 
Distilled 1998 
Boottled 2018 
Cask type Sherry Puncheon #82 
700ml 52.3% 

グラス:グレンケアン
時期:不明
場所:BAR Eclipse 
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでオーキー、紅茶のような甘味と微かにナッツを思わせるウッディさ。ややドライな印象がある香り立ち。

味:香りに反してとろりとした甘味。バニラや熟したバナナ、微かにイチジクのような甘酸っぱさ、アーモンドナッツを思わせる軽い香ばしさとほろ苦いウッディネス。
余韻にかけてトロピカルなオークフレーバーが広がり、ドライ過ぎずフルーティーで好ましい要素が詰まったフィニッシュが長く続く。

シェリー樽表記ながら、シェリー感よりもアメリカンオークの華やかさ、フルーティーさが主体。シェリー2のオーク8くらいのイメージ。安定のアラン味で、特に余韻にかけてウッディさに邪魔されない、熟成のピークを迎えた"らしい"キャラクターがしっかり感じられる。この余韻は秀逸。

IMG_20191125_234121

アランジャパン社が1998年に設立(2000年にウィスク・イーに社名等変更)してから、20周年を記念した3部作リリースの第一弾。
第一弾:シェリーパンチョン
第二弾:ホグスヘッド
第三弾:バーボンバレル
それぞれ1998年蒸留2018年ボトリングで、20年熟成されたシングルカスク・カスクストレングスでリリースされています。

第一弾は、ウィスク・イーのスタッフが満場一致で選んだサンプルとのこと。
シェリーパンチョン樽熟成表記なので、ダークフルーツやブラウンシュガーを思わせるそれ系統な仕上がりかと思いきや。その味わいはシェリー感よりオークフレーバーがメイン。恐らくアメリカンオークのシェリーカスクで、鏡板が新樽。ベースとなった組み直し前のシェリー樽も、オロロソとは違う淡いタイプのものだったのではないでしょうか。(フィノ。。。まではいかないと思いますが、単にシーズニング期間の浅いシェリー樽とも思えません。そうであればもっと生っぽい感じ出るでしょうし。)

バーボンバレルだと同じようなフルーティーさはあっても、サイズの小ささから余韻がウッディーでドライになりがちです。
一方でパンチョン樽は約2倍のサイズであることからか、特殊な樽感とは言え余韻にかけてのウッディさが強く出ておらず、シェリー樽由来のとろりとした質感に、フルーティーさが綺麗に広がるのがポイント。らしい味と言ってしまえばそこまでですが、これは多くの飲み手が好む仕上がりだと思います。


先日レビューしたアラン18年にも、こうした内陸の原酒を適齢期まで熟成させたようなフルーティーさはあり、それを構成する原酒の一部に同じようなカスクが使われているのだと推察。
アランの場合当たり前過ぎて特別感が薄れている気がしますが、その"普通に美味しい"アランを構成する1ピースにして、それが流通する起点となるウィスク・イーの記念ボトル。下手に濃厚こってりシェリーなリミテッドより、この味わいの方が同社の20周年を祝う特別なボトルにふさわしい1本だと感じました。
他の2本も是非飲んでみたいですね。

アラン 21年 ロックランザキャッスル エクスプローラーシリーズ 2nd 47.2%

カテゴリ:
IMG_20191125_224443
THE ARRAN MALT 
LOCHRANZA CATSLE 
THE EXPLORERS SERIES 
VOLUME TWO 
Aged 21 years 
Cask type Sherry hogsheads 
Amontillado Sherry Cask Finish 
700ml 47.2% 

グラス:グレンケアン 
時期:不明 
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで甘酸っぱく、発酵したような酸がトップノートに感じられる。淡くシェリーのニュアンスから干し草とオーク香。ブラウンシュガー、ドライイチジク、微かにハーブ。奥行きのあるアロマが広がる。

味:口当たりはウッディでややタンニンを感じる。合わせて甘酸っぱさのあるイチジクの甘露煮、薄めたカラメルシロップ、カカオ粉末。序盤はシェリー系のフレーバーがメインだが、余韻にかけてオーキーな黄色系のフルーティーさの戻りが複雑さを加えており、広がるように長く続く。

アランらしい素直で癖の少ない、樽由来のフレーバーとの馴染みの良いボトル。
香味のメインは、シェリー系の要素とアメリカンオークのフルーティーさが合わさった構成。香りのトップノートで多少酸が感じられるのが、フィニッシュに使われたアモンティリャード樽由来なのかもしれない。違和感はあまりなく、オフィシャルらしい完成度の高さも伺える。6回3失点以内のモルト。


リフィルシェリーホグスヘッドで熟成された原酒をバッティングし、アモンティリャードシェリーカスクでフィニッシュしたカスクストレングスのリミテッドエディション。9000本の限定生産。
このエクスプローラーシリーズは、スコットランドのミニチュアと呼ばれるアラン島(知らなかった。。。)の美しい風景を、ウイスキーと共に味わってもらうというコンセプトのリリースです。

今回レビューする第2弾はロックランザ城、昨年リリースされた第1弾は20年熟成のブロディック・ベイ。ブロディックはアラン島を代表する集落のひとつであり、港町であることから、まるで島の玄関口から続く旅のようなイメージですね。

ファーストリリースは以前イベントでちょっと飲みましたが、フルーティーで中々纏まりが良く、安定しているなという印象。
というか、アランからリリースが多い20年前後熟成のリミテッドは、大多数がまさに熟成のピークと言える、安心安定のアラン味(アメリカンオーク由来の黄色系フルーティーさと、適度な熟成感が備わった柔らかいボディ)に仕上がっていることが多く、今回の1本にしてもユーザーの好みから大きく外さない点が魅力と言えます。

その安定感と言ったら、最近リリースされた通常ラインナップの21年が、良い原酒をリミテッドに回して、その残りを使っているのかと思えるほどでもあるのです。
また不思議なことに、アランのリミテッドリリースでは、シェリー樽熟成のみの原酒からも、バーボン系の樽の熟成によって得られるオーキーなフルーティーさが感じられることが多く。使われている樽がアメリカンオークのシーズニングシェリー樽なのか、あるいは鏡板部分をアメリカンオークにしてあるのか。(恐らく前者)
何れにせよ、近年のシェリー味一辺倒にならない仕上がりは、好感が持てる構成なのです。


IMG_20191128_163131
今日のオマケ:サッポロ黒ラベル 東北ホップ100% & じゃがりこ 激辛インドカレー味

仕事のみならず帰省も含め、東北に足を運ぶことが比較的多い自分ですが、サッポロから東北地区限定で所謂"とれたてホップ"系のビールがリリースされているとは知りませんでした。2009年から発売されててもう10周年を越えてるんですね。
瑞々しくさっぱりとした味わいは、単に苦味がないとか、味が薄いというわけではなく。ぐいぐい飲めるけど、ビール飲んだっていう満足感があるのが特徴。これは美味しい缶ビールです。

で、問題だったのが隣にある激辛インドカレー味のじゃがりこ。キヨスクに陳列されていたので何も知らずに買ってしまいましたが、とんでもない辛さです。激辛系のお菓子の代表格、暴君ハバネロやカラムーチョなんて比較にならない。刺すような辛さから痺れ、スパイスの香りと駄菓子にありがちなチキン系のうまみ成分で食べ続けることは出来るのですが。。。1パック食べると、専門店で辛口以上のカレーを食べた後のように、胃の中が煮えたぎるスパイス感が持続する。
カルビーさん、これはせめて18才以上限定とか注意書きしないとダメでしょうw

なお余談ですがポテトチップスのジャンルには本当に「18才未満禁止」を宣言している激辛カレー味ポテチが存在します。
それはもうこのじゃがりこをさらに凌ぐ辛さで、屈強な肉体をもつ業界きってのマッスラー達が、たった1枚でひいひい言わされます(笑)。
ウイスキーのアテになるとはお世辞にも思えませんが、興味がある方は是非。

このページのトップヘ

見出し画像
×