タグ

タグ:アイランズ

ハイランドパーク ヴァルキリー 2017年リリース 45.9%

カテゴリ:
IMG_5779
HIGHLAND PARK
"VALKYRIE"
Viking Legend Series
2017's
700ml 45.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月以内
評価:★★★★★(5)

香り:生っぽいウッディさの漂う淡いシーズニングシェリー香、ほのかにサルファリーさも漂う。時間経過で黒砂糖、奥には若さと熟成感の混じったような酸味、華やかなモルティーさが穏やかなスモーキーさと共にスワリングで交互に感じられる。

味:クリーミーでシロップのような甘みを感じる口当たり。ローストした麦芽の香ばしさと苦味、乾燥した植物感、ジンジャー、シェリーのコクとほのかな硫黄。後半には土っぽいピートも感じる。
余韻はドライで焦げたホットケーキのようなほろ苦さ、口の中に張り付くシーズニングシェリーの甘みを伴い長く続く。

オフィシャルらしく複雑さとそれなりのバランスを備え、なんとなく飲めてしまうボトル。万人向けと言えばそれまでだが。。。個人的に求めているハイランドパークはコレジャナイ。少量加水で硫黄が浮つく傾向はあるが、一定以上加水すると樽感と麦芽風味がメインで広がり、ピートも残る。加水、またはロックで。


日本では先月11月下旬に発売されたばかり、ハイランドパーク・バイキングレジェンドシリーズの第一弾。戦乙女として知られるヴァルキリーの名を冠したニューリリースです。

「死の、先を行く者達よ!」と言えば、自分世代の男性陣には結構通じるだろう、北欧神話におけるヴァルキリーの基本設定(ちょっと違う?w)。
ただ、最近のハイランドパークの限定リリースは、中身とネーミングとの関連がほぼ無いといっても過言ではなく。それこそ、流行りの漫画ラベルのようなイベントボトルと違いがない世界でもあります。
まあそれを否定する訳ではありませんが、初期のヴァルハラシリーズは、コンセプトと中身のリンクが多少なりにあったんと思うんですけど、流石にネタ切れ。。。でしょうか。


(ヴァルキリーは戦場で優れた武功を挙げた戦士を天上界、ヴァルハラへ迎え入れるという。個人的に天上界のイメージに近いのがこの写真。オークニー島、ストーンサークルにてK67氏撮影。) 

そんなわけで中身の話。ハイランドパーク・ヴァルキリーの樽構成は、シェリー樽原酒とバーボン樽原酒のバッティングである旨が公開されているところ。
飲んだ印象では、シェリー樽といってもファーストフィル以外にリフィルも使われている印象で、比率は1st fill シェリー2、2nd fillシェリー4にバーボン4くらい。熟成感は10〜15年程度で極端に短熟や長熟が使われているという感じでもなく、ピートも穏やか。淡いシーズニングシェリーのフレーバーがメインに感じられる、バランス型の仕上がりです。

コアな愛好家からすれば半端な感じは否めませんが、価格的にはエントリー寄りのミドルグレードで、そもそもブランドの位置付けが半神のヴァルキリーの序列をイメージしているのかもしれません。(または、エントリーグレードのウイスキーで経験を積んだ飲み手を、ヴァルハラという名のさらなる沼に引きずり込むというグレード設計か。)

新しくボトルデザインに関わったJIM氏のそれは、バックバーにあって目を引く高級感。中身も突き抜けないながら上手くバッティングして万人向けと言える味わいに仕上げているため、BAR等での使い勝手は良さそうです。

トバモリー(レダイグ) 8年 2008-2016 アーカイブス フィッシュオブサモア 60.9%

カテゴリ:
ARCHIVES
THE FISH OF SAMOA
LEDAIG (TOBERMORY)
Aged 8 years
Distilled 2008
Bottled 2016
Cask type Sherry Butt
700ml 60.9%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:酸味を伴うスモーキーさ、プレーンな麦芽風味、若さに通じる微かな酵母香。奥からドライオレンジのような柑橘系のアロマも感じられる。

味:スパイシーな刺激のある口当たり。程よいコクのある麦芽風味、乳酸系の酸味、貝殻のようなミネラル感、徐々にピーティーなフレーバーが広がってくる。
余韻はクリアでほのかに柑橘の爽やかさ。ピリピリとした刺激を伴う。ピーティーでドライ、長く続く。

加水すると香ばしい麦芽風味と、塩素を思わせるアロマが開く。熟成して未熟感が取れ、樽香が付いてくるというウイスキーの分岐点。若さを楽しめる絶妙なバランス。

"フィッシュオブサモア"は、日本でもヘビーな愛好家を中心に利用者の多いウイスキーデータベースサイト「Whiskybase」がリリースするシリーズボトル。中身との関連づけは特にないですが、オセアニア、エーゲ海に生息していた魚類をラベルにしたシリーズです。
今回の中身はトバモリーのピーテッドモルトであるレダイグ。リフィルシェリー樽で熟成されたと思しきあまり樽感の出ていないニュートラルな構成で、未熟感が程よく消えた、若さを楽しめる味わいに仕上がっています。

レダイグは、アイラモルトの高騰を受け、近年ボウモアやカリラの代替品的な位置づけとしてチョイスされる事が多くなってきたように思います。
どこのキャラクターに似ているとか、ピート感はどうかとか、まず代替品ありきのような感覚と言いますか。同じ島モノという共通点はあれど、タリスカーやハイランドパーク、ジュラなど他のアイランズモルトとは違う位置づけがレダイグにはあります。
勿論、レダイグはレダイグであると考えている愛好家もいると思います。ただピーテッドというキャラクターが確立していることこそ、新しい世代のレダイグが広く認知された結果であり、トバモリー蒸留所のモルトが新時代に突入した証でもあります。

トバモリー(レダイグ)は操業の安定しない蒸留所で、1798年創業と歴史は長いものの、休止期間の方が長いのではないかという状況。近年でも1970年代に閉鎖と再稼働を繰り返し、1980年代は丸々休止。時代の良さからそれなりのモルトが生まれることもあったようですが、安定して高品質なリリースがあるとは言い難い状況でした。
また、かつてはブレンデッドウイスキー全盛の時代であるゆえ、酒質や環境を無視し、市場で求められたライトでスモーキーさの少ないスペイサイドタイプのモルトを作ろうとしていたのだとか。(ウイスキーマガジン特集記事参照)
そのため当時は今とは異なり、レダイグ表記であってもほぼピートが焚かれておらず、かといって個性の穏やかな原酒が出来たかといえば荒さのある酒質で、文字通り迷走していたわけです。

参照:トバモリー蒸留所休止とリニューアル工事を伝える記事。

1993年、バーンスチュワート社が新しいオーナーとなり、トバモリー(ノンピート)、レダイグ(ピーテッド)という役割が分担され、今の姿に落ち着くわけですが、1990年代は1970年代の原酒ストックから20年熟成のレダイグ表記のモルトがリリースされるなど、まだ区分が明確化されていたわけではなかったようです。
それが近年、1990年代から2000年代に仕込まれた原酒では、ピーティーでエッジの鋭いアタック、強めの薬品香、ミネラル、樽との組み合わせでは燻りがっこにも通じる香味で、キャラクターは確実に安定してきています。

需要増加から生産が追いつかず、2017年3月から2年間休止して製造工程のリニューアルまで行われるというニュースも飛び出し、過去の迷走時代からは想像も出来ない状況となっているトバモリー蒸留所。
個人的になぜか気になる蒸留所であるのも事実で、200年以上に渡る苦労の末に大きく羽ばたこうとしているこの状況を歓迎したいです。

T.Ishiharaさんのアラン蒸留所 プライベートカスク サンプル飲み比べ

カテゴリ:
アランカスクサンプル
ISLE OF ARRAN 
Distilled 2011/7/15
Cask type 1st Fill Sherry Hogshead(250L)
Cask no,11/1327


【Bottled 2016/9/26 Aged 5 years 59.8%】(右)
香り:ドライプルーンやシロップ、キャンディを思わせる濃厚でべたつきのある甘いアロマ。香り立ちは甘さがメインだが、スワリングしていると刺激やウッディネスも感じられる。

味:甘く濃厚な口当たり、フルーツシロップのような粘性のある甘み、徐々にスパイシーな刺激。
余韻はウッディでドライ、濃くいれすぎた紅茶のタンニン、ピリピリとした刺激が盛り上がるように広がってくる。

一言メモ:甘口なシェリー感主体でわかりやすい味わい。奥行きはあまりなく、加水等の変化は薄くなっていくイメージ。

【Bottled 2017/8/30 Aged 6 years 59.8%】(左)
香り:濃厚な香り立ち。ドライプルーンの甘み、焼き芋、少し焦げたようなウッディネス、ツンとした強い刺激。時間経過でスパイス、オークのバニラやキャラメリゼを思わせるアロマも感じる。

味:濃厚な口当たりで擬似シェリーのとろりとした甘み、同時にウッディな渋みとスパイシーさ、舌の上にドライで鋭い刺激。濃厚な中にフレッシュさ、時間経過で甘酸っぱい果実味も広がってくる。
余韻は焼き芋のような焦げた甘みから苦味主体。ウッディなタンニン、ドライで少し粉っぽさを伴い長く続く。

一言メモ:樽感はだいぶ強くドライだが、ただ濃いだけでなく多彩さがあり、時間や加水での変化は見るところがある。


本ブログに素晴らしい写真の数々を提供いただいているT.Ishiharaさんから、アラン蒸留所の個人所有カスクのサンプルをいただきました。
上記写真で右側は5年熟成、左側は今年サンプリングしたばかりの6年熟成。新婚旅行の際に購入した樽なのだとか。
樽買いって浪漫だよなあとか、新婚旅行で樽買いってよく奥さん許したなとか、感じるところは色々ありますが。。。それはさておき(笑)。

このサンプルは、現状把握とボトリング時期を見極めるために取り寄せるものですが、「同じ樽の原酒を1年違いで飲むことなんてなかなか無いですよね、感想も聞かせてください」とIshiharaさん。
バーボン樽ならイチローズモルトのMDCや、自宅の5リットル樽等で近しい経験はあるものの、今回は個人で所有しているケースの少ないシェリー樽ですから、これはめちゃくちゃ貴重な経験です。 
いつも本当にありがとうございます!

(両者仕事の都合で時間が合わず、ワンチャンスでサンプルの受取場所となった都内某所の公園、その場で意見交換。。。(笑))

シェリー樽の仕様は1st fill シェリーカスクのホグスヘッド。シェリーのタイプはオロロソのシーズニングで、バットではなく250リットルと小ぶりな分、樽感がつきやすい仕様であると言えます。
実際、酒質の慣れ具合はどちらも年数相応で、まだまだ荒いところはありますが、樽感は5年もので十二分に「シェリー樽熟成」を名乗れるレベル。
なるほど、このまま単純に濃厚になっていくのか・・・と思いきや、少なくともこれ以上熟成を続けるなら加水を前提とするような、大きな変化が5年と6年を隔てる1年間の間に起こっていました。

というのも、両サンプルは味もさることながら、香りからしてまるで別物な仕上がりなのです。
アランは元々プレーンであまり癖のない酒質であるため、基本的には樽感主体の香味になりがちです。5年熟成がとろんとした甘みが主体的な構成なのに対して、6年熟成はそうした甘みのほかにスパイシーな刺激に苦味、渋み、焦げたような樽香が強く出てきており、熟成が次のステージに移っていることが感じ取れます。
すなわち、「樽材に染みこんだシェリー分が主体的に溶け出す」のが第一段階とすれば、第二段階はそのエキスがある程度出切った後、「樽そのものが溶けて混ざり合う比率が濃くなってきた」という整理。それはこの1年間がターニングポイントだったと言えるほどの違いで、ここまで変わるとは・・・ちょっと予想できないですね。

結果論ですが、5年はわかりやすさという点で、カスクストレングスとしてひとつの詰め時だったのかもしれません。
6年熟成では甘み以外の要素とドライな舌当たりが増して濃縮感があり、時にネガティヴにも感じられますが、時間経過でそれらの要素が混じり合うことで、多彩なキャラクターが感じられるようになりつつあります。
そのため、ぱっと飲んでとっつきやすいのは5年ですが、奥行きの違いというか、1ショット以上飲みきることを前提として様々な変化を許容する伸びしろは、6年の方が多くあるように感じました。


今後について予想すると、まず余韻のドライさ、粉っぽさは樽が溶けた結果出ているキャラクターなので、長く熟成しても収まらず、今と同等、あるいはそれ以上の強さとなると考えられます。
一方でシェリー感については甘酸っぱさやスパイスのフレーバー、バニラなど、樽が溶け出た結果の変化も蓄積するため、楽しみな部分でもあります。

アランのプライベートカスクサービスは最長10年間の保管と加水の有無が決められるとのことで、8〜10年の熟成で酒質の若々しさ、アタックの強さがある程度取れたところを見計らい、樽感の強さを加水で調整して全体的な完成度を高める方向を狙っても面白いかもしれません。
実際6年ものは加水するといい具合に伸びてくれたので、7年、8年とサンプルが続くなら、より精緻に加水して最適な度数を調べるくらいのことをやってみたいですね。

熟成期間の中で起こりうる大きな変化を実際に味わい、樽との向き合い方や経年による変化を推測するための重要な経験を積むことが出来た、素晴らしいサンプルでした。
感謝と共に、将来のボトリングも楽しみにしております!

タリスカー ストーム 45.8% シビハイにもオススメ

カテゴリ:
IMG_4552
TALISKER
STORM
700ml 45.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★(5ー6)

香り:焦げたような香ばしさ、スパイシーでちくちくと鼻腔を刺激する。ドライオレンジ、じわじわと塩素、奥から甘いヨードのようなアロマも感じられる。

味:とろりとしたコクが感じられた後ですぐにスパイシーな刺激、酸味を伴うオレンジ、黒コショウ、荒さのある構成。余韻は焦げた麦芽や木材のようなニュアンス、舌の上に残る塩気、ほろ苦くピーティーでスモーキー。

酒質由来の香味がメイン、安心して飲めるデイリーモルト。加水すると麦芽香が開いてくる反面、味わいは水っぽさがすぐに出てしまう。半端に加水するくらいなら思い切ってハイボール。 
ペッパーハイボールも良いが、最近当ブログイチオシの「四川山椒のシビハイ」とも当然相性は良い。 

※シビハイについてはこちら
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1066753705.html

IMG_4479

タリスカー蒸留所のあるスカイ島。不毛の地、荒れやすい気候、波打つ海の飛沫が舞う。
"ストーム"はそうした風土によって得られるとされる潮の香りと、原酒由来の個性である黒コショウを思わせる味わいをさらに濃く、強調するように仕上げた1本。
メーカーPRでは「タリスカーの理想の味わい」とされており、確かに飲んでみるとそうしたキャラクターが感じられます。

樽構成は3rdフィルくらいの比較的プレーンなモノを中心に、チャー済みの焦げ感と甘みを出すように仕上げたリフィル樽での短熟がアクセントしょうか。
香り、味共に淡い酸味を伴うピーティーさ、そうした酒質由来のキャラクターを出しやすいようにプレーンな樽を中心に熟成した原酒をチョイスしていると思われます。
この辺は10年にも共通する要素であると共に、タリスカーに限らずディアジオの最近のリリースによく見られる構成です。

また、スパイシーで荒々しさが甘みや焦げ感と共に感じられるのは、タリスカーのキャラクターもさる事ながら、比較的若い原酒にチャーオークで樽感を付与し、その原酒をブレンドすることで狙った味わいを作り上げているためと考えられます。
作り手のタリスカーのハウススタイルに関するイメージ、解釈が、こうした原酒構成にあらわれているんでしょうね。 



ちなみに、タリスカー蒸留所の原酒のうち、スカイ島の貯蔵庫で熟成されるのはごく一部。それ以外のほとんどがスコットランド本土にある大規模な集中熟成庫に送られ、その他ディアジオ傘下の蒸留所の原酒と共に熟成されています。
集中熟成庫の場所は公開されていなかったと記憶していますが、Google先生のお力で空から覗いて見ると。。。エジンバラの近く、フォース川のほとり、緑豊かな景色の中に明らかに異質な倉庫群が(笑)

かつて効率化から、各蒸留所のフロアモルティングを廃止し、モルトスターでの精麦に切り替えたのはディアジオの前身たるDCL社でした。
そして現在は熟成場所による個性の違いは大きく無いという結論に行き着いたのか、集中熟成庫による原酒管理が行われています。
ただ、今回のボトルは塩気やスパイシーさなど、蒸留所のキャラクターをPRしている中で、果たしてどちらで熟成された原酒なのか・・・ そして内地で熟成されているならば、この塩気はどこからくるのか。熟成環境に関する疑問は尽きません。

タリスカー 2006-2016 ディスティラーズエディション 45.8%

カテゴリ:
TALISKER
The Distillers Edition
Distilled 2006
Bottled 2016
Double Matured in Amoroso Cask Wood
700ml 45.8%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでヨードのニュアンスを伴う甘く焦げたような樽香、アーモンドやくるみのナッツ、微かにドライイチジクの酸。奥から塩素を思わせるスーッとするニュアンスも感じる。

味:とろりとした口当たり、ピーティーでローストした麦芽のほろ苦い味わい、黒糖飴、酸味を伴う樽感から、鋭角な塩気も感じられる。
余韻は焦げた木材を思わせるスモーキーさ、ピリピリとスパイシーでドライ。

固形の塩を口に入れたような塩気が特徴的。樽感がやや浮つき気味でまとまりに欠ける印象もあるが、未熟感があるわけではなく致命的な程ではない。余韻にかけてはらしさもあるボトル。


MHDディスティラリーエディションの中でも、毎年安定している印象のあるタリスカー・ダブルマチュアード・アモロソカスク。
アモロソシェリーはあまり馴染みのないシェリーの種類ですが、オロロソにペドロヒメネスを加えて甘口に仕上げて熟成させた、主に調理用などに用いられるシェリーのことだそうです。
シェリー酒の格としてはオロロソやPXに劣るようですが、それはあくまでシェリー酒側の分類であって、樽の効果は別問題。というか、シーズニングで作ってることを考えるとそもそも中身は格とか言ってる場合ではないワケで。結局は、何の樽にしてもウイスキーが美味くなるかが第一だと思います。

このアモロソシェリー樽を使ったタリスカー・ダブルマチュアードは、過去のリリースを振り返るとしっかり甘みやコクのあるものがリリースされてきた印象があります。
一方数年前にラベルチェンジし、今のデザインになってからは、樽の甘みが控えめになってきてバランス寄りの傾向。
その変化の過程か、例えば2014年ボトリング(2015年流通)は香味のバランスが良くストレートにハイボール、何でもござれでしたが、今年のリリースは塩気や焦げ感が強く感じられ、荒々しい印象も感じる味わいに仕上がっています。
なんというか、らしいと言えばらしいですね。

今回のテイスティングは開封後1ヶ月程度でしたが、この手の香味は時間経過でこなれてくるので、時間を置いて飲んでみたい。また、その変化を狙って10年くらい瓶熟させてみても面白いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×