タグ

タグ:アイラフェス

ラガヴーリン 16年 アイラフェス2017 モスカテルウッド 56.1%

カテゴリ:
LAGAVULIN
FEIS ILE 2017
Aged 16 years 
Bottled in 2017
Wood type Double Matured in Moscatel cask wood
700ml 56.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み&持ち寄り会
時期:開封直後&開封後1ヶ月後
評価:★★★★★★★(7)

香り:穏やかな香り立ちから柔らかく広がる。スモーキーで土っぽいピート香、合わせて柑橘、蜂蜜。焦げた木材とヨードのアクセント、時間経過で酸味を伴う。

味:とろりとした口当たり。香りに反してパワフルなアタック。シロップの甘み、柑橘、蜂蜜レモン、中間からピートフレーバー、ダシ系のニュアンス。支配的なスモーキーさ。
余韻はスパイシーでパワフル、スモーキーで焦げたような余韻。

序盤は甘く爽やかな柑橘を思わせるニュアンスから、ピートの広がりや強さが余韻にかけて主張。ハウススタイルとモスカテル樽によるダブルマチュアードは自然な一体感がある。
加水も少量なら悪くない、後半の力強さが落ち着いて適度なコクとスモーキーさが残る。


ラガヴーリンのアイラフェス2017向けリリース。昨年は蒸留所創業200周年記念と掛けた18年が、王道かつ気合の入ったリリースで、愛好家から高い評価を受けたのは記憶に新しいところ。
そうなると今年のリリースはハードルが上がって、実際以上に辛辣な評価を受けることも珍しくありませんが、これがまた中々良く出来たリリース。ラガヴーリン蒸留所のポテンシャルの高さを、改めて感じることが出来ました。

DSC08743
(アイラ島の巨人、ラガヴーリン蒸留所といえば、この外観。というぐらいに有名な1ショット。Photo by K.67)

今年のフェスボトルは、甘口の酒精強化ワインであるモスカテルワイン樽で後熟成感ダブルマチュアード。
正直イロモノ系かもしれないと警戒した部分もありましたが、テイスティングの 通りモスカテル由来の樽感は自然な範囲。過度に甘口やウッディネスに寄らず、フルーティーさや酸味が付与されていて、ラガヴーリンらしさ、原酒そのものの熟成感のほうが方がメインにある構成となっています。

恐らく使われた樽はモスカテルワインの中でもフレッシュなタイプか、あるいはリフィルの樽なのだと推察。モスカテルカスクといえば、ディアジオ系列ではカリラのディスティラリーエディションから毎年リリースされていますので、樽を融通したとすればカリラで使用された後の樽を使ったということかもしれません。
あるいは近年のカリラのモスカテルも、今回のようにあまりモスカテルモスカテルしていないというか、フレッシュな感じに仕上がる傾向が見られますので、そうした樽を入手するようにしているいのか。。。

またこうしたリリースにおいて感じるのは樽もさることながら、ベースの良さですね。
単に力強いだけでなく、厚みのある味わいが樽感を受け止めることで、バランスよく仕上がるのではないかと。ラガヴーリンが今も昔も、高い評価を受ける理由を感じることが出来ます。
話題のボトルということもあって、口開け、時間経過後と複数回飲みましたが何も美味しくテイスティングさせて頂きました。
通常リリースの16年とは樽構成は異なりますが、逆に飲み比べて見るとベースの良さが共通して分かりやすく、面白いと思います。

ボウモア 19年 1998-2017 アイラフェス2017向け 54.3%

カテゴリ:
IMG_4551
BOWMORE
THE FEIS ILE COLLECTION 2017
Aged 19 years
Distilled 1998
Bottled 2017
Cask type 1st fill Sherry punchon
700ml 54.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅(借り物@マッスルKさん)
時期:開封後1ヶ月未満
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:リッチでバタークリームのような濃厚な甘さを感じる香り立ち。スワリングするとレーズンやドライクランベリーの酸味、あわせてほのかにゴムっぽい癖、焦げた木材のような苦味、煙っぽさもある。

味:ややベタつきのある甘く濃厚な口当たり。ピリピリとしたハイプルーフらしい刺激と共に、レーズンバター、魚介系ダシ、たまり醤油、中間から焦げた木材やキャラメリゼのほろ苦さとスモーキーさが開く。
余韻はスモーキーで徐々に口内の水分が奪われドライに。ドライプルーン、アーモンド、ゴムっぽさとダシ系のニュアンスのまま長く続く 。

ねっとりと濃厚で甘いシェリー感の奥にスモーキーフレーバー。圧殺気味だが、近年リリースの中ではシェリー感に特筆すべき点がある。 
一口目は良いが、途中で水か、パンか、何かを間に挟むことで美味しさが継続する。時間経過で果実味が香りに開くようでもあり、開封後の変化も見逃せない。 飲み方はストレート、あるいは極少量の加水で。加水するとシェリー感のバランスが良くなると共に塩気が感じやすくなる。


アイラフェス2017を記念し、ボウモアからボトリングされた1本。熟成庫はお約束のヴォルトNo.1。フェスに参加した現地組関係からの情報で、前評判の高かったボトルでもあります。
その中身は非常に濃厚なシェリー系で、ベリーやレーズンなどの果実味を伴う部分が好印象。香木感はそれ程出ていませんが、この濃厚さはスパニッシュオークのカスクでしょう。
こうしたカスクがボウモアに限らず増えてくるのは、シェリー樽好きにはたまらなく嬉しいことでもあります。

一方でこのシェリー感、なるほどこれは確かに、と納得する部分でありつつも、ボウモアらしさとも言えるフルーティーさは圧殺気味。1998年、99年蒸留のボウモアは樽と合わせてフルーティーさが強くでる傾向にあるのですが、そうした酒質との バランスでは少々アンバランスだと感じました。
この辺は飲み手がボウモアに求める姿、キャラクターや見解の相違もあります。自分の感覚では厚化粧しすぎかなという印象でしたが、基本的には美味しいボトルなので、高く評価される方も多いでしょう。例えばモルトマニアックスでの高評価は待った無しだと思います(笑)。


ボトラーズ含めボウモア全体のリリースを見ていると、80年代に比べ、90年代のボウモアにはシェリーカスクが増えているように思います。
あくまで推測ですが、サントリー山崎など、シェリーカスクでこうした濃厚なタイプが多くありますから、樽の出どころとして同資本だけに共通するところがあったのかもしれません。

ただ、一部に共通するのが硫黄とは違うゴムのような癖を伴うケース。このボトルも例に漏れず、そのキャラクターが若干感じられます。
恐らく、樽の香味としてはそこまでゴム系ではないのでしょうけれど、ボウモアのピートやヨードなどのニュアンスがシェリー樽のウッディさと組み合わさって、そう認識されてしまうのかなと思います。

余談ですが、ボウモアのアイラフェスボトルはハンドフィルでその場で詰めて販売していたそうですが、今年はボトリング後のものが販売されていたとのこと。 
まあハンドフィルと言いつつそうした体制で販売している蒸留所も少なからずありますから、時間が短縮出来るのは良いこととしても、自分の手で詰められないのはちょっと寂しいですね。



ラガヴーリン18年 アイラフェス2016限定 200周年記念 49.5%

カテゴリ:
IMG_0514 
LAGAVULIN
Aged 18 Years
FEIS ILE 2016
Cask type : Refill American Oak Hogsheads & European Oak Ex Bodega Sherry Butts
700ml 49.5%

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅 (持ち寄り会@F氏)
時期:開封後1か月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)(!)

香り:燻したようなスモーキーさと乾燥させた麦芽香、ドライオレンジピール、ほのかに梅っぽい酸味も感じられる。塩気を感じる海のアロマ、厚みと丸みのある完成度の高い香り立ち。 最初は思ったほど香りが立たないが、徐々に存在を主張してくる。

味:パワフルだが上品なコクのある口当たり。若干の青っぽさを伴う麦芽風味。ダシをとったスープ、塩気、存在感はあるが強く主張しないピートフレーバー。徐々に口の中にオーク系のフルーティーさ、アプリコット、蜂蜜やカステラの甘みも感じられる。
鼻抜けにヨード、燻した鰹節。余韻はピーティーで厚みがあり、後半に感じられたオーク系のフレーバーと共に長くしっかりと舌の上に残る。
少量加水するとオイリーなニュアンスが強く感じられるが、全体のバランスはストレートのほうが良い。


今年のアイラフェスティバルでリリースされた、ラガヴーリン18年。
2016年は同蒸留所にとって創業200周年の年でもあり、既に記念ボトルとしては8年がリリースされていましたが、このアイラフェスボトルもまた、実質的には200周年記念の一つとして、かなり力の入った内容のモノがリリースされたように感じます。
それこそ、毎年リリースされているリミテッドエディションの12年モノとは頭一つ以上の差がありますし、前述の8年とでは比べ物になりません。

このラガヴーリンの良さを一言で表現するなら、全体のバランス、完成度でしょう。
らしさはしっかり残しながら、熟成によって適度に丸みを帯びてなお勢いのある酒質に、樽由来のフルーティーさが加わって、ラガヴーリンとして旨いボトルに仕上がっているのです。
バッティングで得られた複雑さ、多層感も杯を進ませてくれる後押しとなっていますね。
長期熟成で酒質は削られ樽の味だけ濃くなった、どこの蒸留所ともわからないようなボトルとは大きく違う、適齢期のウイスキーとはこういうことと言えるのかなと感じました。
(ぶっちゃけもっとハデな構成かと思っていたので、ここまで上品というかバランスよくまとめてくるとは思いませんでした。)

個人的に8年は見るモノが無いわけではなかったものの、どこが200周年なのか、メッセージを感じ取ることが出来なかった中で、この18年は200年後の今のラガヴーリンの本気とも取れるような、飲んで伝わってくるモノがありました。
これで現地に行かれていたりしたらなおのこと強く感じるのだろうなと思います。
今後は200周年ボトルとして25年がリリースされるそうですが、こちらの仕上がりも楽しみです。

ボウモア 6年 1999年蒸留 アイラフェス2006 限定ボトル

カテゴリ:
BOWMORE 
FES ISLE 2006 
Aged 6 years 
Distilled 1999 
Bottled 2006 
Cask type Freash Bourbon
700ml 57.4% 

使用グラス:グレンケアン
テイスティング量:ハーフショット
場所:BAR飲み(エクリプス)
開封時期:抜栓後1年程度経過
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとした刺激からメンソール、シトラス、ハーブ、爽やかでドライな香り立ち。奥には微かな塩素、海のニュアンスと乾いた木、オーク系のフルーティーさ。後述する味に比べて香りはフレッシュで中性的。

味:ねっとりとした口当たりから短熟らしく粗めのテクスチャー。直後に広がる黄色いドライフルーツは、パッションフルーツやパイナップル、そしてグレープフルーツの綿を思わせるほろ苦さと、灰っぽいピーティーさに繋がる。
後半は乾いた木や植物系のえぐみを感じた後、オイリーで長い余韻。


久々に出会った、懐かしいアイラフェス2006ボトル。飲んだのは2~3年ぶりくらいで、確認もかねてテイスティングです。
ボウモアの1999ビンテージは、ダシっぽさやボディの厚みは劣るものの、ことフルーティーさだけでいったら当たり年とされる1993に勝るとも劣らないと感じており、その1年前の1998年蒸留と合わせて期待を裏切らないボトルが多くリリースされています。

そのリリースの中で異色も異色だったのが、今回のアイラフェス限定の6年熟成。(といってもこの当時は1993がアタリなんてのは殆ど広まってなく、1960年代がまだまだ飲めた時代。1999なぞ眼中に無いスペックで、あくまで自分が出会った時点での話に過ぎませんがw)
若いモルトを飲むことは、酒質由来、樽由来、熟成の過程で得られた香味の整理をするのに非常に良い教材であるわけですが、このボウモアからは若さゆえの荒さは少々ありますが、淡い樽感にオイリーで癖のない素直な酒質と熟成年数から想定する以上のしっかりとしたフルーティーさ。熟成を続けることで洗練され、樽由来の香味と合わさってさらに良くなっていくんだろうなと感じる味わいです。
他方で少々植物っぽいえぐみというか、所謂紙っぽさも多少感じる部分があり、自分はあまり気にならないのですが、2000年代蒸留ボウモアのライトなフレーバーに繋がる系譜も感じられます。

なお、このボトルは神田のエクリプスさんのバックバーで見つけて注文しました。同店にはダイナソーシリーズもそろっており、飲み比べをするのも楽しいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×