タグ

タグ:アイラ

ブルイックラディ 15年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BRUICHLADDICH
Islay
Aged 15 years
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR LIVET
評価:★★★★★★(6)

香り:軽い苦味を連想させる麦芽香。オレンジピールやアーモンドの殻、干草を思わせるドライな植物感。微かに林檎のフルーティーなアクセント。えぐみを少し伴う。

味:スムーズな口当たり。ほろ苦く香ばしい麦芽風味、薄めた蜂蜜やオレンジジャムの粘性と甘み。微かにハッカを思わせるハーブ香を伴って鼻腔に抜ける。
余韻は微かなえぐみとほろ苦い麦芽風味。塩気を感じるコクを伴って長く続く。

まさにブレンド向けという、プレーンで特徴の乏しいモルトである。ピートフレーバーは明確に感じられず、素朴かつ少々野暮ったい雑味もあって洗練されてはいない麦芽風味主体。しかしそれが良さでもある。加水すると麦系の甘みが儚く、消えゆくような味わい。


1990年代中頃あたりからの流通品。この派手さのないデザインが、まさに名は体を表すようなリリースです。
ブルイックラディ蒸留所は、近年こそノンorライトピート、ヘビーピート、超ヘビーピートと様々な作り分けが行われていますが、かつてはほぼノンピートからライトピート程度の作りがメイン(ボトル、ロットによって多少誤差あり)。
今回のボトルは当時の特徴が現れており、これを飲むと現行品のブルイックラディ表記のボトルが、まさにクラシカルな構成を目指していることが理解できます。

同蒸留所は、1968年にインヴァーゴードン傘下となってから、最終的にホワイト&マッカイの傘下となって1995年に閉鎖されるまで、主にブレンデッドウイスキー用の原酒として位置付けられていました。
代表的な銘柄では、ロングマンディスティラリー社のグレンドロスタンや、フィンドレイター社のフィンドレイター。日本では特級時代のギフト向けにも展開されており、不安定ながら1980年代冬の時代を乗り越えることが出来たのは、輸出向け銘柄の貢献も少なからずあったのではと思われます。


(グレンドロスタンの1960年代流通。内陸系の要素が主体で、味わいはライトでプレーン。日本には阪急デパートが中心となって展開した。)

これらのブレンドにしても、コクやオイリーさはあるものの、あまり強く主張しない酒質が共通事項。
ライトなブレンドの需要が多く、ヘビーピートで癖の強い原酒より、内陸系のモルトがトップドレッシングとしてもブレンド用バルクとしても評価されていた時代ですから、それをアイラ島で作ろうとしたのでしょう。

今回のボトルは、そうした時代背景も伺えるような味わいも感じられます。
しみじみ美味いとは言え、特段華やかでもなく、野暮ったいようなどこか田舎臭いような。。。賛否が分かれる味わい。1980年代〜1990年代流通のオフィシャルスタンダードは得てしてそうした傾向がありますが、それが逆に良さでもあります。
まだこの時代のブルイックラディを試された事がない方は、勉強を兼ねて一度飲むと、経験値としては得られるものが多い1本だと思います。


(1990年代前半流通のブルイックラディ10年。こちらも同系統で、麦感主体の個性の乏しい味わい。熟成感は今回のボトルの方が強いが。。。)

ポートシャーロット 13年 2005-2018 BAR キッチン 55.3%

カテゴリ:
bar-kitchen-port-charlotte
PORT CHARLOTTE
Aged 13 years
Distilled 2005
Bottled 2018
Cask type Bourbon Barrel #1054
For BAR Kitchen & Gorden Promise
700ml 55.3%

グラス:リーデルコニャック
時期:不明
場所:BAR Kitchen
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:度数を感じさせない香り立ち。オレンジピールを含むオーキーな樽香に、スモーキーで牡蠣や磯っぽさ、微かにクレゾールのような薬品香が混じる。

味:しっかりと芯を感じさせるコクのある口当たり。乾いた麦芽、オレンジなどの柑橘、強い出汁感にほのかな酸味。ピートスモークとともにヨードも鼻腔にに抜けてくる。
余韻にかけては焦げた木材を思わせるピーティーさ、ひりつくような刺激を口内に残すフィニッシュ。

若いなりにレベルの高いアイラモルト。ピートは存在感があるが支配的ではなく、樽由来のニュアンスやベースにある麦感も感じ取れ、コクのあるボディがこれらをまとめている。旧世代のアードベッグに通じるような要素がある印象も受けた。


昨年、福岡のBARキッチンが北京のGORDEN PROMISEと共同でボトリング・リリースしたオリジナルボトル。
「以前サンプルを取り寄せて試飲した際、これは良いぞと思える樽だったので、今回のボトリングでは自信を持ってチョイスした。」とは、BARキッチンのマスター岡さんの言葉。どうやら目をつけていた原酒を、今回ボトリングされたようです。

確かに、単にピートフレーバーがっつりというだけの仕上がりではなく、アイラ的な要素に樽香が良い具合に混ざったバランスの良さ。度数ほどに強くないアタックもあって、近年詰ボトラーズとは思えない要素もあります。
一方で、もう少し安価にリリースできると思ったが、為替の関係で想定していた以上の設定になってしまった。という話も。。。2017年後半あたりは150円を超えるところまでポンドが回復していた時期で、これもまた海外からボトリングする難しさと言えます。

(リニューアルしたポートシャーロット10年と、アイラバーレイ2011。ウイスキーフェスティバル2018にて。)

個人的にこれまでポートシャーロットというと、ジムマッキュワンの探究心というか、オクトモアほどではないが現代のピートフリークを狙ったリリースというか、ボトラーズではそれなりのモノがたまにでるものの、大概は若く荒削りであるため、積極的に主張の激しいオラオラ系ウイスキーを飲まなくても良いかと、あまり関心を持っていなかった部分はありました。

ただ、昨年のウイスキーフェスで、リニューアルした上記の現行品10年を飲んで好印象を持ったところから、アードベッグやラガヴーリンの対抗馬としてポートシャーロットの評価は急上昇中だったりします。
今回のボトルも、多少荒削りではあるものの、10年少々熟成のシングルカスクとしては充分すぎる仕上がり。近年の原酒高騰の中でも見劣りしない、良いリリースだと思います。


カリラ 1990-2018 GMコニッサーズチョイス 50.7%

カテゴリ:
CAOLILA
Gordon & Macphaile
Connoisseurs Choice
Aged 28 years
Distilled 1990
Bottled 2018
Cask type Refill Sherry Hogshead
700ml 50.7%

グラス:
時期:開封後2-3ヶ月程度
場所:BAR 水楢佳寿久(ミズナラカスク)
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:華やかなオークと酸味のある綺麗な香り立ち。シトラスやピンクグレープフルーツ、蜂蜜、続いて木材の燃えかす、塩素とヨードが混じるしっとりとしたスモーキーさ。

味:口当たりはスムーズで薄めた蜂蜜や柑橘、グレープフルーツのワタ、コクのある甘酸っぱさを感じた後で、コゲ感伴うピートフレーバーが粘性を伴って広がる。柔らかいが濃厚で長く続くスモーキーな余韻。

熟成感のしっかりあるカリラ。樽感は綺麗にまとまっており、酒質由来の風味を邪魔しない。バランスの良さも魅力である。ストレートで。


昨年大幅リニューアルしたGMのコニッサーズチョイス。同銘柄はこれまでは一部例外を除いて、40〜46%の加水調整済みで複数樽仕様を主としていたところ。シングルカスクかつカスクストレングスでリリースされるグレードが登場し、現代の愛好家の嗜好に合わせてきた印象があります。

そのリリースは価格はそれなりにするものの、レベルの高いボトルが多いと評判で、実際自分がこれまで飲んだアバフェルディ、ハイランドパーク、プルトニー、そして今回のカリラ、どれも一定レベル以上の出来でした。  
また、カリラを始めアイラモルトは長期熟成の原酒枯渇が著しく、ボトラーズではシングルビンテージのリリースがザラという中で、今回のような熟成年数がでてくるのは歴史と規模のあるメーカーだからこそと思います。

(BARミズナラカスクにて、コニッサーズチョイスのアバフェルディ1993、カリラ1990、グレントファース2007。現地GMショップを訪問した際、篠崎オーナーが特に魅力を感じて購入した3本とのこと。)

度数は熟成を通じて程よいところまで下がり、樽感はえぐみやホグスヘッド系の過剰な華やかさのない、カリラのクリアな酒質を活かすには丁度いいバランス。
シェリーカスク由来と思しき要素は香味の甘酸っぱさとして多少感じられる程度で、元々シェリーの熟成が短いシーズニングカスクの2回目か、古樽を長期熟成で出し切ったあとの2回目か。。。品の良い樽感から恐らく後者でしょうか。

いずれにせよ酒質が活きるという点で、シェリーシェリーしない樽であったことがプラスに作用しており、さらに熟成させてもこれ以上にはならないだろうなという、まさに熟成のピークにある原酒だと感じます。
2010年ごろによくリリースされていた70年代〜80年代前半蒸留のカリラと比べると、同じ熟成年数でも個性の強さというか全体的な大きさは一つ劣る印象は致し方ないにしても、ここ数年の市場においては充分レベルの高い1本でした。

(オマケ:ミズナラカスクのフィッシュ&チップスは虎河豚。インスタ映えな写真。。。だが、カリラは合わせるようなボトルでなかったので、この後タリスカーハイボールを注文(笑))

ボウモア 12年 2000年代流通 カモメラベル 40%

カテゴリ:
bowmore-12-2000-tasting
BOWMORE
ISLAY Single Malt
Aged 12 years
2000's
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーで塩気とともに黒砂糖やチョコチップクッキーの甘みを思わせるシェリー感、土っぽさ、薬品香に加え、ほのかにダシ系のニュアンスを感じさせる。

味:マイルドな口当たり。かりんとう、プルーンなどの熟した果実、ベーコンのような塩気と脂っぽさ、そしてピーティーな風味。
ややボディは緩く余韻は湿ったようなウッディさ、鼻腔に抜けるヨードとスモーク、タンニンが蓄積する。

シーズニング系のシェリーのニュアンス、そこにボウモア特有の熟したような果実味が感じられる。加水で少々強引に整えたような酒質部分が緩めの構成ではあるが、これはこれでおいしいモルトである。 


そう言えばこのラベルのボウモアもだいぶご無沙汰だなあと、久々にテイスティング。確かこの時代のラベルは、2006〜7年ごろに現行品に続く肩張りボトルに仕様が変更されたと記憶しています。
香味から察するに、今回のボトルはその間際の流通。原酒は全てサントリー資本が入ってからの1990年代前半の蒸留だったのでしょう。所謂パフュームフレーバーがなく、特有の熟した果実を思わせるフルーティーさが特徴として感じられます。
(サントリーのWEBサイトの記載がなく、www.morrisonbowmore.comのみの表記なのも時代を感じる要素です。)

また、久々に飲んで感じたのが、結構シェリー系のニュアンスが強いということ。原酒はシェリーとバーボン樽の混成だと思いますが、その中でファーストフィルのものがエッセンスとなっているのか、あるいはリフィルシェリーの比率が高いのでしょう。
こってり濃厚シェリーと言うタイプではなくあくまでバランス型ですが、香味の要所要所でシェリー樽原酒由来のアロマ、フレーバーが主張してきます。

(今回のボトルの1世代前にあたる、シルクプリント時代のボウモア12年。この時代のラベルデザインは素晴らしいのだが、フローラルなパフュームフレーバーが好みを大きく左右する問題児であった。)

サントリー傘下でのボウモアのラベルは、
・1990年代のシルクプリント時代
・2000年代中頃までのカモメラベル(丸肩ボトル)
・2000年代後半から2017年のカモメラベル(肩張りボトル)
そして現行品の白壁ラベルへと続いていきますが、スタンダード品のボトルの中で、好ましい要素が揃っていたのは両カモメラベル時代であったと今更ながらに思います。

現行品が必ずしも悪いと言うわけではないですが、紙っぽさや溶剤系の要素が目立っており、ストレートで飲むなら個人的には前時代を推したいところ。
そのカモメラベル(肩張りボトル)は、酒質がやや軽くなった印象こそあるものの、バーボン系の樽感からフルーティーさはわかりやすくなっており、時代時代のリリースで、メーカー側の方針というか、貯蔵していた原酒の方向性がわかるようにも感じます。

リープフロッグ (ラフロイグ) 12年 1987-1999 マーレイマクデヴィッド 46%

カテゴリ:
Leapfrog-1987-tasting
LEAPFROG
(LAPHROAIG)
Aged 12 years
Distilled 1987
Bottled 1999
Cask type Bourbon
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく藁や木材が焦げたようなピーティーさ、乾いた麦芽香にシトラス、尖ったような柑橘感と共に奥にはバニラを思わせる甘いアロマ。

味:しっとりとしたコクのある口当たり。乾いた麦芽、オレンジやグレープフルーツを思わせる柑橘感を伴う強いピーティーさ、鼻腔に抜けるヨードとスモーキーさ。
フィニッシュは薄めた蜂蜜、焦げたようなピートフレーバー、ドライで張り付くようなフィニッシュ。

クリアで少し水っぽさもあるが、経年を経てしっとりとした口当たりであり、バニラと柑橘、ピート主体の香味。少なくともトロピカルフレーバーはない。
ロック、加水等は不要、元々きわどいバランスであり一気に崩れてしまう。


今飲むにはちょうどいいかなと開封した、短熟の1987年蒸留のラフロイグ。確か1999詰めと2000詰めの2種類があり、特段注目されている銘柄というわけでもありませんでしたが(確かウイスキーワールド誌か何かで、ラフの1987が当たり年という説はあったような)、ボトリングから20年経とうかという今見てみると「おっ」と思うスペックですよね。

ここ数年リリースが見られるラフロイグの20〜30年熟成は、オフィシャルを中心に熟成を通じてトロピカル系統の香味が備わっているものが多く、飲み手が求める系統の一つになっていると言えます。
それが何によって得られているのかと言うと、フロアモルティングによるものとする説が一つあります。
ただ、今回のような短熟タイプを飲むと一概にトロピカルな構成とは言い難く。それが備わる下地がフロアモルティングや麦芽由来の香味によって備わっているところに、樽由来の華やかさ、フルーティーさが熟成を通じて混じり合うことで、該当する仕上がりになるのではないかと感じています。

(ここ数年リリースされたオフィシャル長期熟成のラフロイグ・リミテッドの一部。今回のボトルと近いビンテージは1988、1989年蒸留の27年。柑橘のニュアンスに加え、マスカットやトロピカルフルーツに例えられる華やかさが備わっている。)

今回のボトルを上記の整理で見て、現代の長熟のそれと比較すると、フルーティーで華やかなニュアンスに通じる樽感がつく前の原酒を、加水で整えてリリースした形なのだろうという印象も合わせてもちました。
フルーティーさやウッディさがそれほどでもない代わりに、麦芽風味がピートと共に感じられやすく。それでいてただ若いだけではない仕上がり。

ラフロイグが偉大な蒸留所であることに異論はありませんが、こうして当時そこまで注目されていなかったリリースも、今だから見える要素もあり、楽しく美味しくテイスティングさせていただきました。

このページのトップヘ

見出し画像
×