タグ

タグ:アイラ

キルホーマン 100%アイラ 9thリリース 50%

カテゴリ:
IMG_20191115_194024
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
THE 9th EDTION 
Release in 2019 
Cask type Bourbon 
700ml 50%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:ジェイズバー
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)(!)

香り:オーキーなフルーティーさと塩素やヨードの混じるしっかりとスモーキーなアロマ。バニラ、リンゴや洋梨を加熱調理したようなエステリーな果実感、熟したパイナップル。そこにタイムを思わせるハーブ、ピート香には土っぽさと焦げたような要素もある。

味:パインやレモンの黄色いシロップのようなとろりとしたオーク由来の甘味。合わせて燻した麦芽のスモーキーさが、ほろ苦いピートフレーバーと共に口の中に開く。ボディはそこまで厚くなく、塩気も伴うが角が取れて柔らかい。
余韻はピーティーでややドライ、若干の根菜っぽさや植物感。近年寄りのトロピカルフレーバーも続いて開き長く続く。

アメリカンオーク由来の華やかさとフルーティーさにアイラピートの組み合わせ、そして麦芽由来のニュアンス。若さは目立たずむしろ熟成感があり、バッティング加水で適度に角がとれつつ複雑さもある。個人的にキルホーマンに求める味わいはこれ。ややフルーティー要素がが強いというか、それに見合うようもう少し酒質が厚いとなお良いが、充分すぎる完成度である。

IMG_20191115_193936

キルホーマンのローカルバーレイ。
2007年蒸留と2009年蒸留の原酒をバーボン樽で熟成させ、計43樽バッティングしたもので12000本の限定品。
前作8thリリースは、バッティングされたシェリー樽原酒がボディの厚さに繋がっているものの、同時に悪い部分にも繋がっていて、大器の片鱗は感じられるが惜しい作り。次はバーボン樽100%で作ってほしいなと思っていたところに、求めていた構成のキルホーマンがリリースがされました。

創業初期のキルホーマンの酒質は、そこまで厚みがあるものではない一方で、雑味も少ないことから10年熟成でそこそこ仕上がる早熟な傾向があり。また、バーボン樽との相性が良く、10年程度の熟成を経たものからは、好ましいフルーティーさを感じられるリリースが複数確認されています。
今回のボトルは、まさにその熟成期間である9~12年熟成の原酒バッティング。若さはあまり感じず、むしろ樽由来のフルーティーさがしっかりと備わっていることから、加水調整と合わさって熟成したモルトの風格すら感じられるのです。

それはさがなら、バッティングによって作られたオールドスタイルのラフロイグのフルーティーさ。
先日レビューしたシングルカスクのキルホーマンでは、仕上がりの荒さが経年によって穏やかになることを期待しているとを書きましたが、そのイメージがまさにこれ。"作られた"と表現した通り些か作為的ではありますが、確実に黄色系統のフルーティーさが備わっているアイラモルトが1万円以内で買えるのは、なんと精神的にもお財布にも優しいことでしょう。

少なくとも、過去リリースされてきたキルホーマンのなかでも、トップクラスの味わいであることは間違いなく。今後は同様の原酒を使ったスタンダードの10年クラスがリリースされていくでしょうし、最近良くなったと評価のある現行品マキヤーベイらに使われている、若い原酒の成長も控えているわけですから。。。キルホーマンの飛躍と、可能性を感じますね。今後益々注目すべき蒸留所です。
そんなわけでその場で1本購入。評価については家でじっくり飲んだあと改めてまとめたいと思いますが、ファーストインプレッションは★7。ウイスキー愛好家は是非飲んで、キルホーマンの進化を感じてほしいですね。

IMG_20191120_010948

後日談:先週末、飲んだその場で注文したボトルを受け取り、着・即・開!!(言いたいだけ)
グラスの違いからか、ちょっとタールというか焦げたような要素は強めに感じられたものの、全体的にはフルーティーでスモーキーにまとまっていて今後の開き具合にも期待が持てる。何より口に含むほどに美味しさが持続する、原料由来の旨味のあるウイスキーの特徴を備えている点は、やはり好感が持てる作りです。(11/19追記)

ボウモア 23年 1995-2018 ウィームス 57.4%

カテゴリ:
IMG_20191115_212127
BOWMORE 
WEMYSS MALTS 
"Nostalgic 70's Flavor" 
Aged 23 years 
Disilled 1995 
Bottled 2018 
Cask type Hogshead 
700ml 57.4%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封直後?
場所:ジェイズバー(ALLEN氏持参物)
暫定評価:★★★★★★★★(7ー8)

香り:エキゾチックなニュアンスを含む、トロピカルなフルーティーさ。熟した果実の発散するフェロモン。アップルマンゴー、グレープフルーツ、土っぽいピートと燃えさしのような柔らかいスモーキーさ。微かに地磯を思わせる要素もある。官能的なアロマ。

味:とろりとした口当たりから、香り同様に南国果実に混じる柑橘のニュアンス。ピートのほろ苦さと、ダシっぽいコクのある塩気、熟したマンゴーの甘さと薬品を思わせる含み香が、余韻のウッディネスと混ざりあって鼻孔に抜けていく、長く続くフィニッシュ。

90年代中頃のボウモアらしいダシっぽさと適度な雑味、厚みのある酒質に60年代に通じるトロピカルなフルーティーさが備わった素晴らしい1本。1995年にもこんなカスクがあったのかと衝撃を受ける。サブタイトルはノスタルジック70'sではなく60’sにするべき。

IMG_20191115_212530
IMG_20191115_213125

先日、台湾のボトラーズである”AQUAVITAE”の代表アレン氏が開催した、招待制のテイスティング会。そこでスペシャルアイテムとして振る舞われた1本。
アレン氏は兼ねてから日本の愛好家のなかでも、ウイスキーに造形が深いブロガーを招いたテイスティング会を開催してみたかったとのことで、信濃屋さんの協力を経て企画の実現に至りました。

その際のテイスティングアイテムについては、追って個別に記事化させていただくとして、イベントの最後に提供されたのが、アレン氏ら台湾のグループでジョイントボトリングしたこのボウモア。
会のラインナップのボトルはどれも面白く、かつアレン氏が好んでいるフレーバーの傾向が、我々日本の飲み手の好みと近いことが理解できるなど、1本1本選び手のイメージを確認しながらテイスティングできる貴重な機会であったわけですが。。。ボウモアのあまりの美味しさに、最後に全部持っていかれてしまった感すらあります。

スペシャルアイテムの提供はブラインド。ですがノージングで即90年代のボウモアとわかる、官能的なフルーティーさとピート香のハーモニー。
フルーティーさについては
アレン「昔のボウモアを思わせるフレーバーがあるから、Nostalgic 70's flavorと書いているんだ(英語)」
くり「70年代というより60年代なんじゃ?(日本語で呟く)」
アレン「(通訳もなしに)自分も60年代だと思うんだけど、実は78年に似ているという人が居たから、配慮して70sにしたんだ」
という、通訳なしで想いが通じあってしまったやりとりも(笑)。
さすがにパフューム時代のボウもアとは違うと思いますが、このくだりからも我々とアレン氏は感じ方が近いんだな、と感じたエピソードでした。

しかし1995年のボウモアはフルーティーさよりもアイラ要素の強いものがメインという印象でしたから、1990~1993年あたりを思わせるフルーティー系統とボディ感の両立した味わいには驚かされました。まさしく現代に甦った60年代のボウモアです。
そして会を通じて、アレン氏だけでなく日本のブロガー、情報発信者との交流ができたことも大きな収穫であり、今回の機会を作っていただいた、アレン氏と信濃屋さんには感謝しかありません。(また、金曜日の20時30分からというゴールデンタイムに会場を提供してくださった、ジェイズバー・蓮村さんの男気にも。)
お声がけいただき、ありがとうございました!!

IMG_20191115_200512


キルホーマン 11年 2007-2019 キャンベルタウンロッホ20周年記念 55.7%

カテゴリ:
kilchoman_bar_campbelltown_loch_20th
KILCHOMAN 
For BAR CAMPBELLTOWN LOCH 20th ANNIVERSARY 
Aged 11 years old 
Distilled 2007
Bottled 2019 
Cask type Bourbon #380/2017 
700ml 55.7% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ピーティーで焦げた木材、炒めたカシューナッツのような香ばしさ。シトラスを含むバニラとオーキーな華やかさ。しっかりヨードやクレゾールの薬品香も感じられる。香味のまとまりに若干の粗さはあるが、レベルの高いアイラモルト。

味:スムーズでピーティー、香り同様に柑橘を思わせる要素から若干焦げた木材、タールのようなニュアンス。そこからオークの甘味とフルーティーさ。ピートフレーバーには根菜っぽさも混じる。
余韻はピーティーでほろ苦くスモーキー、ほのかに柑橘やパイナップルを思わせる果実味を伴って長く続く。

ピーティーなアイラ要素に加え、フルーティーさもある好ましい仕上がりのキルホーマン。やや荒削りな感じもあるが、加水調整が樽由来の要素と酒質由来の要素を活かしつつバランス良く仕上がっている。加水するとボディが薄くなりやすく、しても少量まで。また、荒削りな部分については経年変化でこなれていくことも期待できるため、将来性のあるボトルでもある。

IMG_20191101_222719

有楽町にあるウイスキー愛好家の聖地、もはやそれ以上の前置きは不要とも言える、BAR キャンベルタウンロッホの20周年記念ボトルの1本。
通常の周年ではなく、10年刻みの大きな節目とあって多くの記念ボトルがリリースされていますが、ここでキルホーマンを選んでくるというのは、近年のキルホーマンの成長を見れば逆に納得させられてしまうチョイスです。

キルホーマンの創業は2005年で、先に触れたように近年めきめきと酒質を向上させてきた、今注目の蒸留所のひとつです。
一例として最近のロットのマキヤーベイや、キルホーマン・100%アイラなどのバーボン樽を主体としたリリースが、若いアイラモルトそのものの完成度だけでなく、将来性も十分感じさせてくれる仕上がり。下積みを重ねてきた若手選手が、いよいよブレイクの時を迎えようとしている、といった印象を受けています。

一方、今回のリリースのように、創業から数年間以内の原酒がどうかというと、一時はあまり評価されていなかったように思いますが、これも悪くないのです。
10年程度熟成を経たものを既存のモルトに例えるなら、ラフロイグとラガヴーリンの二つのモルトの特徴を持っているように感じられ、後は固体差ですが、この樽はバーボン樽熟成のラフ要素強めといった感じ。
今は樽感と酒質由来の部分が多少乖離しているというか、少し荒削りで距離があるような感じもしますが、そこが経年でまとまる余地である伸び代。将来性は充分にあると感じます。

なお、今回のテイスティング評価は★6寄りながら、その将来性を加味して幅を持たせています。
他の類似スペックのキルホーマンと比べ、特別クオリティが抜きん出ているという訳ではないのですが、こういう系統を選んでくるのはやはりマスター・中村さんの経験値故でしょうか。
中村さんは、オールドだけでなく、新しい可能性についても現地を巡って自分の目と舌で確認しており、それをラインナップやこうしたリリースで形にしていることが、同店が愛好家を惹き付ける大きな要素のひとつ。信頼性が段違いなんですよね。

日本の洋酒文化を支え、そしてリードする存在のBARキャンベルタウンロッホ、その更なる発展を祈念して記事の結びとします。

ブナハーブン 19年 1979-1998 OMC 50%

カテゴリ:
IMG_20191029_212520
BUNNAHABHAIN 
Aged 19 years 
Distilled 1979 April 
Bottled 1998 December 
Cask type Sherry 
700ml 50% 

グラス:リーデル
時期:開封後数ヶ月
場所:BAR Kitchen 
暫定評価:★★★★★★(6ー7)(!)

香り:ドライだが艶のある甘味とフルーティーさを感じる香り立ち。キャラメルアーモンドやレーズン、微かにベリーを思わせる心地よい酸のあるフルーティーさがアクセントになっている。残り香が充実していて更なるポテンシャルを感じる。

味:スウィートで軽い香ばしさのある口当たり。とろりとした粘性があり、黒蜜、ドライベリーとローストアーモンド。余韻にかけてややビターだがフルーティーでもあり、赤系の果実感が淡いサルファリーさを伴って長く続く。

もともとあったサルファリーなフレーバーがほどよく消えて果実味のサポートに回ったような、多層感を備えたシェリー系モルト。
まだ完全ではないが、変化のマイルストーンとしては非常に分かりやすいサンプルと言える。ストレートで。

IMG_20191029_212701

1970年代のブナハーブンは、特に蒸留所エピソードで触れることはありませんが、一時閉鎖を挟んで80年代も例に漏れずシェリー樽熟成原酒のリリースが多いのが特徴。それが上質なモノなら良いのですが、どうにも野暮ったくサルファリーなタイプのモノも多い。。。今回はそのブナハーブンのテイスティングを通じて、経年がもたらすシェリー感の変化について触れていきます。

というのも、今回のボトルはリリース直後はサルファリーさ(硫黄)がムンムンだっただろうもの。今でもその片鱗は感じられるのですが、20年の時間を経てネガティブな部分が抜けはじめ、むしろシェリー樽のニュアンスの良い部分を底支えするような、香味の一部として融合しつつあるのがこのボトルの現在地です。

自分はシェリー樽における硫黄フレーバーを、苦手な要素のひとつにあげています。
一方で様々なウイスキーを飲んできて、このフレーバーには2つの特徴があることがわかってきました。
まずひとつは、硫黄フレーバーは時間経過でこなれて、ある程度抜けるというもの。そしてもうひとつは、そのフレーバーが全面的にネガティブなものではなく、プラスに転じるものもあるということです。

硫黄由来の要素が抜けていくと、残るのは適度な香ばしさや苦味、あるいは土っぽさに通じるようなニュアンス。シェリー樽熟成原酒のなかでも赤い果実味を感じさせるようなタイプのものにこれが加わると、多彩で厚みのある熟したベリーのようなフレーバーへと変貌するように感じています。
最近多いシーズニングシェリーの代表格とも言えるクリーミーで甘いタイプは、椎茸っぽさが増すようなものもあるようですが、なかにはローストアーモンドとチョコレートを思わせるフレーバーだったり、かりんとう系の香ばしさに変化するものも。
料理には、癖のあるものとの組み合わせが美味しさに繋がっているケースが珍しくなく、硫黄も言わばその1つであるのだと言う訳です。

IMG_20191101_093815
今回の記事と関連して、以前紹介したグレンギリー(アデルフィー・グレンギリー 1998-2016 55.7%)を例示します。
香味構成は上述の赤い果実味のあるシェリー感と、シェリーそのものが混じったような若干の椎茸っぽさ、そして強めのサルファリーさ。。。
開封直後は良い部分もそうでない部分もあるのですが、硫黄が抜ければベリー感の出た旨いシェリー系になると様子を見ているボトルです。

加えてグレンギリーの酒質はアタックが強めなので、こちらも経年でこなれてちょうどよくなるだろうと予想して購入。開封3年弱経過し、ボディを維持しつつも硫黄はそれなりに抜け始めて来ています。
まだしばらく時間はかかりそうですが、先日久々に飲んで好みの方向に振れていることも確認出来て一安心。最も開封済みでの変化なので、未開封ボトルでは上記ブナハーブンのように10年単位で時間が必要だと思いますが。。。

余談ですがこの手のボトル、硫黄が収まってきたとしても油断は禁物で、振ると何故か復活してしまいます。
開封時にコルクを湿らせるため、ボトルを逆さにする場合があっても勢いよく傾けることはせず、グラスに注ぐ際もフチを滑らせるようにして、空気と混ぜないのがポイントです。
濃厚な癖に繊細なヤツ。じっくり瓶熟を待つことといい、なんかワインみたいですねえ(笑)。

アードベッグ スーパーノヴァ 2019 53.8%

カテゴリ:
IMG_20191101_230248
ARDBEG 
SUPERNOVA 
LIMITED EDITION 2019 
For Ardbeg Committee 
Cask type Bourbon 
700ml 53.8% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月未満
場所:BAR Eclipse 
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでグレープフルーツやシトラスの淡い柑橘を感じさせる香り立ち。スモーキーではあるが鼻が麻痺してしまうのか、最初は不思議とそこまで強く感じない。徐々に焦げた木材やタール、塩素などじわじわピート由来の要素が存在を主張していく。

味:口に含むとバニラや麦芽糖の甘味から強いピートフレーバーが開き、一気にスモーキーに。燻した麦芽や焦げた木材、岩塩をふったアーモンドナッツ、じわじわとヨードや薬剤。オークのニュアンスもあるが基本的にはピートが支配的。ただそれ以上にフレーバーのメリハリに欠けるというか、どこかもっさりとした印象を受ける。
余韻はピーティーで強くスモーキー、燻した香りが長く続く。

ピーティーで、特にスモーキーな要素が強い。熟成年数は15年前後か、未熟感はなく加水すると口当たりの柔らかさと柑橘系の要素が開くが、少し溶剤っぽさも感じられる。
全体的にパリッとした感じはなく、少々くたびれたような。。。立ち込める煙のなか、マスクをしてフレーバーを手探りで探しているような。。。ピートが限界値を越えているからか、なんとも不思議な感じだ。

IMG_20191101_230137

先日久々にリリースされた、アードベッグスーパーノヴァの新商品。スーパーノヴァは通常50PPMのアードベッグのフェノール値を、さらに引き上げたスーパーヘビーピーテッド仕様が特徴であり、熱狂的ファンの多い銘柄。前作の発売は2015年でしたから、まさに待望の1本と言えます。
加えて、先日リリースされたトリー・バンが良い出来でしたので、このスーパーノヴァへの期待が高まっていたところ・・・。
飲んでみるとなにかこう、想像していたものと違うというか、率直に言ってコレジャナイ感もあったのは自分だけではないと思います。

その最大の要因は、ピートフレーバーの輪郭がはっきりしないことでしょうか。
間違いなく強いは強いのですが、フレッシュでパワフルに主張するような形ではなく、グラスや口のなかでピートや木材に火がついて燃え広がるように、焦げたニュアンスやスモーキーな要素が支配的になる。それは良く言えば若いアイラにありがちなオレオレ感のない、存在感のある大人なピートであり。。。一方でやりすぎて香味のディテールが拾えないもどかしさにも繋がっているように感じます。

スーパーノヴァのフェノール値は100PPM以上とされ、細かい数字は公開されていませんが、2015年のリリース以上に焚き付けたか、あるいは熟成が長いのか。人間が感知出来るピートレベルを越えた焚き付けは、ともするとウイスキーとしての骨格やメリハリを奪いかねないのかもしれません。
こういう系統は、同様にスーパーヘビーピーテッド仕様のオクトモアにはないため(共通するところもいくつかありますが)、若い原酒の方がバランスがとれるのか。。。いずれにせよ比較的はっきりと主張のあった前作とは異なるスモーキーさのある1本で、評価は別れると思います。

メーカーコメントでは「ピーティーさの限界に関する概念を覆す」、「今までで味わったことがないスモーキーな刺激」、「宇宙空間への誘い」とあるのですが、それは良い悪いは別として言葉の通りでした。(宇宙はさておき)
なんというか、なるほどねと。それを狙ってこの味なら得心がいく仕上がりと言えそう。この真意は、後日イベント等でボブか関係者に会う機会があれば伺ってみたいです。

IMG_20191104_191122_1

今日のオマケ:キリン一番搾り とれたてホップ 2019年収穫
今年も来ました、とれたてホップ。数少ない大手メーカービールのなかで楽しみな秋の風物詩。去年同様スッキリと、ラガービールとして美味しい一杯という感じですね。
どの辺がとれたてホップやねんと言われると、既存品よりホップが強く主張するのではなく、しっかりとした麦の風味と爽やかな含み香で、ビールとして鮮度が高いような瑞々しい?味わいなのかなと。(この手の限定品は出荷から日数が経過してないので、鮮度が高いのはそうなのですがw)
モツ鍋、餃子、あとは肉類だと唐揚げとか、ジューシーなアテとマッチしそうな1本。さて、1ケース買っておくかな(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×