タグ

タグ:アイラ

ポートシャーロット 10年 オフィシャル 50% 2018~

カテゴリ:
IMG_20191225_214445
PORT CHARLOTTE 
HEAVILY PEATED 
AGED 10 YEARS 
Release 2018~
700ml 50% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR LADDICH
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでややシャープなピーティーさ。乾いた麦芽、金柑のようなそこまで強くない柑橘香。焚き火のあとの植物が焦げたようなニュアンス、微かに塩素系の要素を伴う。

味:とろりとオイリー、コクのある口当たり。バニラと土っぽさ、焦がした麦芽のほろ苦さ、バーベキューや燃えさしを思わせる含み香。序盤の粘性のあとからスパイシーな刺激がピートフレーバーと共に広がる。余韻ははっきりとスモーキーで長く続く。

適度な熟成感があるピートと麦の酒。イメージは野焼き。麦とピートフレーバーの間に若干解離があるが、これは熟成を経てさらに改善していくだろう。加水すると麦系の香味、甘味が開いてくる。比較的早く失われるが、柑橘系の要素もある。少量加水して46%程度に整えて飲むのがオススメ。


最近良くなったと感じる現行ボトルの一つ、ポートシャーロットの10年。これまでのオフィシャルスタンダードに比べて、バランスが良くなり、麦の甘さとピート由来の焚き火の後のようなスモーキーさをしっかり味わえるようになりました。
同じラインナップには、アイラ島で生産された麦芽のみで仕込まれたアイラバーレイもリリースされていますが、こちらは麦感が強い一方でピートとの馴染みにまだ若さがあるというか、樽感も少し独特なところが・・・将来に期待しつつも現時点では10年の方が好みです。

ブルイックラディは1995年に閉鎖され、2001年に再稼働。閉鎖前はノンピートからライトピートのプレーンな麦の酒で、10年程度ではそうでもなくとも、20年、30年と熟成を経て、林檎系のフルーティーさなどのエレガントなフレーバーを備えていくのが魅力でした。
一方で再稼働後は麦芽に加えて、ピートの強さなど、ウイスキーを構成する要素のそれぞれにこだわったブランド戦略を展開しており、従来のブルイックラディのノンピートスタイルは残しつつも(微妙に洗練されていないというか、熟成を経てフルーティーになるかは定かではないが)、様々なスタイルのリリースを展開している点に詳細な説明は不要かと思います。


今回紹介するポートシャーロット10年の、原酒のメインはバーボン樽熟成。(樽の構成比率比率:1st fill bourbon 65%、2nd fill bourbon 10%、2nd fill French Wine Cask 25%)
これまで、PC○等でリリースを重ねてきたものが、いよいよ区切りを迎えたリリースです。
バーボン樽というと華やかでフルーティーな印象もありますが、樽感はそこまで強くフルーティーというタイプではなく、むしろメインはピートと麦。また、一部ワイン樽が使われていることから、口当たりで感じるコクや甘味を後押ししているのは該当する樽の成分なのかもしれません。

ポートシャーロットのコンセプトは、先に述べたブルイックラディのエレガントな酒質にピートフレーバーをマッチングさせるというものですが、現時点のブルイックラディは麦系の味わいであり、エレガントか。。。というには違和感が。
しかし、麦芽風味については、再稼働後のブルイックラディはアイラバーレイシリーズを展開するなど、”テロワール”を表現することをテーマとしているだけに、はっきりとした主張のある構成となっており。ピートもアイラ島産のものでないため、焦げ感やタールのようなニュアンスはありつつ、薬品香は控えめですが、逆にそれが独自の味わい、魅力に繋がっているように思います。

ラガヴーリン 12年 スペシャルリリース 2019 56.5%

カテゴリ:
IMG_20200226_222008
LAGAVULIN 
ISLAY SINGLE MALT 
AGED 12 YEARS 
SPECIAL RELEASE 2019 
700ml 56.5% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:ジェイズバー
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:フレッシュなスモーキーさ、そこに混じる仄かな柑橘や焦げた木材、磯っぽいアロマやヨードの混じるピート香。奥にはオーク由来のバニラやファイバーパイナップルを思わせるアロマも潜んでいる。

味:ピーティーで出汁っぽさも感じる、塩気やコク、厚みのある口当たり。香り同様に微かに柑橘系のニュアンス、じわじわとスパイシーな刺激や、焙煎した麦芽のほろ苦さとスモーキーな含み香が広がる。余韻はピーティーでビター、ほのかに焦げたようなニュアンスを伴い、長く続く。

いかにもラガヴーリンと言えるキャラクター。ハイプルーフ仕様であるが、しっかりとした骨格に、若さを感じさせない熟成感を形成するコクと適度なアメリカンオーク由来のフレーバー。酒質ベースの味わいだが、それ以外の要素がアクセントになり、香味は良い意味での雑味を持っている。2000年代に流通していたリミテッドリリースへの回帰を感じる仕上がり。

IMG_20200305_121754

毎年リリースされている、ラガヴーリンのリミテッドエディション。スペシャルエディションは今回の2019ロットからラベルデザインが大きく代わり、それだけでも話題になるボトルですが、味もなかなか良い感じです。

最近のスペシャルリリースは、2000年代のものに比べて作りがプレーンというか、樽感がクリアになり、味わいの幅が減ってやや一本調子な印象がありました。
これも時代のトレンドで仕方ないかと感じていたところ。。。2019年リリースでは、それが大幅に改善されているのが特徴です。
使用樽はリフィルアメリカンオークとのことで、2018や2017がリフィルホグスヘッドでしたから、実は同じだけれどブレンドの傾向が違うだけか、あるいはバレルが一部混ざっているのでしょうか。熟成感がありつつオーク系の要素が程よく香味の幅、全体に厚みを与えています。

酒質のほうは、さすがディアジオ。今回もラガヴーリンらしい塩気、ヨードを含むピート香に、荒々しさの残る麦芽風味と出汁のようなコク、オイリーさのある味わい。それらを例えるなら、樽感と合わせて200周年の18年に通じるベクトルにあり、蒸留所のハウススタイルもしっかり感じられます。
なにより、旧世代への回帰と言える仕上がりは「そうそう、こういうので良いんだよ」と、思わず頷いてしまう。なぜこうなったのか・・・という理由はわかりませんが、昨年のジャズフェスやアイラフェス等の評価も依然高く、アイラの巨人は未だ健在。これから国内に流通するボトルだけに話題になりそうです。

IMG_20200305_021001
今日のオマケ:榮川創業150周年記念 純米吟醸原酒

2019年に創業150周年を迎えた福島の榮川酒造が限定リリースした1本。老舗かつ地元では有名な酒造のひとつですが、ウイスキーで150周年!となると、瞬殺してしまいかねないスペックが、まだ普通に買えるあたりが良い意味での緩さ。記念ボトルでありながら720ml1500円切というのも日本酒らしいなとw

一方で、味は決して安酒のそれではありません。
品の良い吟醸香はパイナップルや林檎を思わせるフルーティーさで、柔らかくクドさもない香り立ち。原酒なのでどっしりくるかと思いきや飲み口はスムーズ。ですがほどよい米の甘味やコクが広がり、終盤じわじわとビターな感じが出てくるのが原酒らしさでしょうか。
スッキリとした酒なので、食事にも合わせやすく、何よりこの価格でこの味ってのは中々良いぞと、1本丸っと楽しませてもらいました。


キルホーマン 100%アイラ 6年 2013-2019 秩父ウイスキー祭り向け 58%

カテゴリ:
IMG_20200219_230723
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
For CHICHIBU WHISKY MATSURI 2020 
Aged 6 years 
Distilled 2013 
Bottled 2019 
Cask type Bourbon Barrel #423/2013 
700ml 58% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:ジェイズバー
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでピーティー、ドライな香り立ちで、乾いた麦芽と塩素、ツンとした刺激がアルコールを連想させ、グレープフルーツを思わせる柑橘の綿っぽさの混じる爽やかなフルーティーさが、オーク由来の要素として感じられる。

味:ドライでスパイシー、香り同様にグレープフルーツ感のあるピーティーさ。ボディは硬質で鋭い、乾燥して固くなった麦芽を噛み砕いているようだ。余韻はその鋭さが更に強く感じられ、スパイシーでハイトーン。ピーティーなほろ苦さとオークの華やかさを戻りに伴うフィニッシュ。

グレープルーツ系のフルーティーさがあり、どことなくバーボン樽熟成の90年代後半ボウモアに近い要素を伴っている。ただし麦芽風味に硬質で鋭い質感があり、度数以上に口当たりの強さが目立つ点は、我々が認識する100%アイラへのイメージと異なるところである。若さ由来もあるのだろうか。
加水するとボディは多少水っぽくなるが、バニラやオーク系のフルーティーさが含み香で開いてくる。

IMG_20200219_230840

秩父ウイスキー祭り2020の記念ボトルとしてリリースされた、100%アイラシリーズでのシングルカスク。ここ2~3年見かけていなかった系統のリリースですね。
100%アイラは基本的には複数樽バッティングのシングルモルト、かつ50%加水でリリースされるため、若い原酒ですが日本のファンにとっては待望の1本ではないかと思います。

以前聞いた話では、キルホーマン側は100%アイラのカスク売りを積極的にやってくれないのだとか。まあ確かにローカルバーレイで手間暇かかる蒸留所でのモルティング、生産も少量ですから、人気も出てきた昨今自社で今後のためにとっておきたい原酒ですよね。
特に昨年の通常リリースにブレンドされていたような、人気のフルーティーさがあるバーボンバレルであればなおのことです。それ故に、秩父ウイスキー祭りの記念ボトルとして、その樽を引いてこれるあたり、イベントの規模と主催者のパワーを感じます。

ce0d53d3
(キルホーマン100%アイラと言えば、昨年話題になった9th EDITIONで開眼した愛好家は少なくないと推察。その魅力はなんといっても厚みのある麦芽風味と、80~90年代のラフロイグを思わせるようなトロピカル系統のフルーティーさにある。この味が7~9年熟成で出るのだから素晴らしい。)

さて、この100%アイラの原酒は、比較的カスク差が大きい印象があります。
つい先日、同じバーボンバレル、同じ蒸留年で熟成年数のカスクサンプルを飲み比べる機会があったのですが、今回にように固くスパイシーなタイプがあれば、ねっとりと麦芽風味が張り付くようなタイプ、あるいは焦げたゴムっぽいニュアンスが出ているタイプなど。。。樽感ではなくベースの酒質のキャラクターが異なっていて驚かされるとともに、これらをバッティングすることで、複雑で多彩な100%アイラ・シングルモルトに繋がるのだと納得させられました。

恐らく麦芽の違いから来る差が、マイクロディスティラリー故に蒸留時の微妙な違いの影響を受けて、更に大きな差になる。(麦芽の誤差×蒸留時の誤差、どちらのパラメーターも大きいという話)
スプリングバンクなんかでも固体差が大きいと感じる話がありますが、背景にはフロアモルティングによって仕込まれる麦芽がもつ、モルトスターでドラムで仕込まれるものに比べての不均一さがあると考えられるのです。

今回のキルホーマンもそのベクトルの一つ。特に6thや7thあたりに共通するニュアンスが、強調されて感じられるのが魅力である一方、硬さというか強さもシングルカスク故にはっきりと出ているあたり、構成原酒の一つにして、原酒の幅のなかで良くも悪くも突き抜けたタイプなのだなと思えます。
例えば、フロアモルティングで乾燥させるにあたり、しっかり熱が入ってしまったカリカリの麦芽で。。。じっくりミディアムレアに仕上げたようなタイプとフレーバーが異なるなら、イメージに違和感はありません。

美味しいアイラモルトであることは間違いありませんが、イメージというか、評価の別れるカスクだなと思いました。
時間をおいてまた飲んで変化を見てみたいですね。

ブナハーブン 5年 2013-2019 ケイデンヘッド 58.3% ゴールドラベル

カテゴリ:
IMG_20200115_192805
BUNNAHABHAIN 
CADENHEAD'S 
Aged 5 years 
Distilled 2013 
Bottled 2019 
Cask type Bourbon Barrel 
700ml 58.3% 

グラス:リーデル
場所:BAR Regalo AKASAKA 
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:クリアでシャープなピート香。乾いた土や焦げた干し草等のスモーキーさに、レモングラスとほのかにハーブ、塩素のニュアンスが混じる。

味:ややドライな麦芽風味とピートスモーク、そしてバニラやグレープフルーツを思わせるオークフレーバーが中間からほどよく広がるが、メインはあくまで燻した麦芽の風味にある。余韻は焦げたようなピーティーさ、スパイシー、微かに薬品香。あっさりとしているが、若さ故の粗さが口内にひっかかりとして残る。

クリアで癖の少ないヤングピーテッドアイラ。樽とのバランスも悪くなく、味わいのなかでじわりと広がるオークフレーバーは、ピートと麦のほろ苦く香ばしい味わいを邪魔しない。粗さはあるが、若いなりの仕上がりとして感じられる。一方加水するとピートと麦の繋がりが切れて浮わついたような変化がある。ストレートで。

IMG_20200115_192741

ケイデンヘッドのカスクストレングスシリーズ、ゴールドラベルから"まさか"のピーテッド・ブナハーブン5年。
というのも、これまで同ブランドにおけるゴールドラベルのリリースは、ケイデンヘッドにとって最高峰というか、マネージャーが選ぶ特別な樽というか認識があり・・・。熟成期間も相応に長いものが選ばれていましたから、このスペックで?と驚かされたわけです。

時はちょうど昨年のウイスキーフェス。試飲してみると、5年モノとしては悪くはないけど特筆してすごくもない、普通のピーテッドアイラという印象。
ブースで話を聞くと、このブナハーブンがどちらの位置付けかはわからないものの、ノーマルなシングルカスクのリリース含めて、ケイデンヘッドにおけるゴールドラベルの適用範囲が広がったとのこと。最近も若いトマーティンがリリースされてました。
そういえば、同社でマネージャー勤めていたマーク・ワット氏が2019年に退社されており、その影響があるのかもしれません。


さて、ご存じのとおりブナハーブンはピートレベルがほとんど0に等しい原酒をハウススタイルとしており、アイラモルトのなかでは異色なキャラクターで知られています。

一方、1990年代からピート需要が徐々に高まるなかで、ブナハーブンでもグループ会社のブレンドに用いる目的で少量ながらピート原酒の仕込みを開始。2003年、蒸留所がバーンスチュワート傘下となるとブランドが定着(バーン社はディーンストン、トバモリー、ブナハーブンの顔ぶれ故に、ブラックボトル用の原酒としてピーテッドモルトが必要だったと考えられる)。そして2010年頃にはカリラが改修工事による極短期間の休止に入ったことをチャンスと受け、35PPMのモルトを用いた蒸留が本格化したという流れです。
したがって、現在リリースされているピーテッドブナハーブンは今回のボトルのように若い原酒が多いですが、一部ボトラーズで1990年代後半蒸留のものも見られます。

通常リリースでもボトラーズリリースでもそうなのですが、ブナハーブンはあまり酒質の強いタイプではありません。
近年のスペイサイドモルトのように軽やかで、ライトボディな酒質は、ピーテッドモルトの仕込みであっても変わらず。熟成を経ていくと、ピートは強く残っているにもかかわらず、酒質部分が細すぎて腰砕けになる(そして樽香は強い)。カリラ、ラガヴーリン等と比べ、なんともアンバランスな仕上がりになる傾向があります。

一方、若いうちは酒質への熟成の影響がそこまで出ないため、ピートフレーバーとのバランスがとれる早熟タイプのウイスキーという印象があり、今回のボトルはまさにそれ。そう考えると、このブナハーブンがこれでピークという判断も納得出来るように感じられます。

スモークヘッド シェリーボム アイラシングルモルト 48%

カテゴリ:
IMG_20191218_222927
SMOKEHEAD 
SHERRY BOMB 
ISLAY SINGLE MALT 
IAN MACLEOD 
700ml 48% 

グラス:リーデル
場所:BAR ROYAL MILE 
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:アイラ要素のあるスモーキーさと同時にダークフルーツ、ドライプルーンの色濃い甘さ。そこに焦げた木材やタール、シャープな金属感がアクセントになって若さを主張する。

味:オイリーでとろりとした口当たり。シェリー樽由来のニュアンスはバランス良く、そこから香り同様に若く強いピーティーなフレーバー。余韻はスモーキーでウッディ、やや粗い刺激。デーツを練り込んだチョコレート、焦げた木材の苦味に微かな薬品香を伴って甘くビターなフィニッシュが長く続く。

若く主張のはっきりしたシェリー系アイラモルト。本来はギスギスした口当たりになりそうなところを、シェリー樽由来のとろりとした甘味がオブラートのように包み込んでいる。また、加水もの効き具合もほどよく、酒質由来のフレーバーを潰さない。突出しているわけではないが、作り手の経験値を感じさせる仕上がりの1本。

IMG_20191218_222952

今日のレビューアイテムは、大阪のロイヤルマイルにて最近のリリースでオススメ、面白いと感じたボトルをリクエストした際の1本。
スモークヘッドは2006年からリリースされている蒸留所不明のアイラモルトブランド。通常のものはリフィルバーボン等、あまり樽香が主張しない構成ですが、このシェリーボムは原酒の50%がオロロソシェリー樽の熟成という複数樽バッティング。平均熟成年数は5~6年というスペックのシングルモルトです。

蒸留所はアードベッグ説が強いブランドでしたが、テイスティングした感じでは香味のオイリーさやシャープなピーティーさから、ラガヴーリンかな?と感じたところ。
何より、程よいシェリー樽由来のフレーバーと、若いピートフレーバーのバランスが思いの外良いのです。
ヤングアイラと近年シェリー、個人的にあまり好みでないジャンルなのですが、これは普通に楽しめました。

作り手であるイアン・マクロード社は、アイルオブスカイ等のブレンデッドや、ダンベーガンなどのボトラーズブランドをリリースする一方で、2003年にはグレンゴインを、2009年にはタムデューを傘下とし、オフィシャルメーカーとしても活動するメーカー。
そうしたなかでの在庫、設備、あるいはウイスキー作りの経験値を活かしたリリースということなのでしょうか。
このスモークヘッドはリリース全般評判が良く、上記のバランスの良い仕上がりも納得の経歴と言えます。

IMG_20191218_223231

マスターとの会話は、このボトルに関するところから派生し、今の愛好家(特にスタンダード系のボトルを飲み始めたような)にオススメしたいボトルはなにか、という話題になりました。
同店のストックは大阪のウイスキーBARのなかでもかなりのレベルであるわけで、メジャーなオールドとか、ちょっと前の長期熟成ボトラーズとか、どんなものが出てくるかと思いきや・・・意外にもチョイスは上の写真にあるショートエイジの渋いところでした。

マスター「この辺がちょうど良いね、味も良いし」
くり「樽に邪魔されない、酒質を味わうってやつですか」
マスター「そうやね、ブレアソールとかトーモアとかなんて素朴でええやんか」
くり「確かに、素朴で麦系なボトルでしたね。」

という具合。このブログでも度々書いているように、最近のボトルは麦芽風味やボディがライトになる一方で、樽味主体になっているものが少なくありません。
例えばグレングラントやグレンモーレンジとか、決して悪くないし美味しいのですが、酒質部分の味はかなり軽くなりました。そういう傾向が全体的にあるんですよね。
だからこそ、ウイスキーの原点とも言える麦感を味わっておいて欲しい。その視点で今回のボトルを見直すと、若い原酒を整えているため、樽味だけではないベース部分のフレーバーがある事にも気づく。
マスターの視点がほんの少し見えたような。。。そんな気がした1杯でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×