タグ

タグ:アイラ

カリラ 35年 1982-2017 ケイデンヘッド175周年記念 55.1%

カテゴリ:
CAOLILA
CADENHEAD'S
175th Anniversary 
Aged 35 years 
Distilled 1982
Bottled 2017
Cask type Bourbon Hogshead
700ml 55.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライマンゴーやオレンジの綺麗な酸味、乾いた麦芽、魚介系の出汁感を伴うピートスモーク。はじめはツンとした刺激を伴ってドライだが、スワリングしていると蜂蜜のような甘みも開いてくる

味:口当たりは柔らかく薄めたハチミツ、オレンジやアプリコットを思わせる甘みと酸味、香り同様にダシっぽいニュアンス。合わせて灰のようなピートフレーバーが広がり、存在感を増していく。
余韻は心地よくドライで、華やかなウッディネスとスモーキーさが混ざり合う。

樽感と酒質、アイラらしいピートやダシ感とフルーティーさのバランスが良く、実に整っている1本。しっかりと磨き上げられている。
少量加水すると甘みが引き立ち飲みやすくはなるが、失う要素の方が多く感じる。飲み口は度数を感じさせない柔らかさであり、ストレートで楽しみたい。


懐かしいだけでなく確実に進化している、一言でそんなカリラです。
自分がウイスキーに本格的にハマり始めた頃、1980年代前半で25〜30年熟成のカリラのリリースは特段珍しくなく、かなりの本数がリリースされていました。
70年代のクリアな味わいに比べ、80年代前半のカリラはいい意味で雑味があり、ピートフレーバーと酸味を伴うモルティーな香味が特徴。これがカリラのキャラクターか、という認識があったのですが、気がつけば周囲は80年代、90年代をすっ飛ばして2000年代の短熟ばかり。それらは幻の如く消え去ってしまいました。

あの頃もっと買っておけば。。。なんて先に立たない後悔を心に持つ飲み手は自分だけではないはずです。
他方で、当時のカリラはリリースが多かったこともあって、BARを巡れば出会えないわけではないですし、飲もうと思えばまだ飲めるボトルでもあります。
しかしはたしてそれらが30年以上の熟成を経ていたらどんなカリラに仕上がっていたか、知る術はありません。
そんな中、ボトラーズのケイデンヘッドから創業175周年を記念したラインナップの一つとして、久々に1980年代前半蒸留のカリラがリリースされました。

ケイデンヘッド社のリリースは、酒質を楽しませるような樽使いと言いますか、他のボトラーズ(GMやDTなど)と比べてあまり樽感の主張しないボトルが中心だった印象があります。
だからこそか、今回のカリラも樽感が過度に主張せず、程よい果実味が付与されてバランスが取れている。熟成によって失ったものは確かにありますが、失ったというより過剰なものを削ぎ落とし、時間をかけて磨き上げたという感じで、双方のらしさを備えつつ端正で美しい仕上がりなのです。

冒頭触れたように、自分にとっては懐かしさを覚えつつも、その仕上がり具合にさらなる進化と魅力を感じる1杯。これは今の時代にあって気合いを感じるリリースですね。度数も55%と保たれており、さらなる変化も期待できます。
今回のテイスティングは開封直後でしたので、1ヶ月後、2ヶ月後と様子を見たいボトルでもありました。
マッスルKさん、男気溢れる抜栓、感謝です!

ウイスキーラバーズ名古屋2018 コミュニケーションボトル アイラ 2007-2017 53.1%

カテゴリ:
Whisky Lovers Nagoya 2018
Distilled at ISLAY
(Lagavulin)
Distilled 2007
Bottled 2017
Cask type Bourbon Hogshead #7067
700ml 53.1%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:キュッと絞った柑橘系の皮、シトラスなどの爽やかさ、微かに若さに通じるような酵母香、燻したようにスモーキーな香り立ち。

味:やや硬さのあるドライでスモーキーな口当たり。砂糖をまぶしたレモンピール、焦げた木材、後半にかけてダシっぽいコクも感じられる。
余韻はドライなウッディネス、柑橘系を思わせる酸味、徐々にピートフレーバーが支配的で長く続く。

バーボンホグスヘッド由来の爽やかな柑橘感がマッチした、フレッシュな味わいが楽しめるアイラモルト。加水すると樽感が薄まり若いモルティーさが前に出てニュートラルな香味へと変化する。
ハイボールにしてもスッキリと楽しめそう。

画像引用:ウイスキーラバーズ名古屋 Facebook

今年1月に開催され、一時入場規制が出るほど大盛況のうちに終了した、ウイスキーラバーズ名古屋。その2018年の開催に向けた前売りチケットと合わせ、イベントPRを目的に発売されたのがこのコミュニケーションボトルです。
チケットと同じ絵柄(復元された名古屋城本丸御殿)がラベルに使われており、このウイスキーを飲みなら、開催までの期間を楽しみに待って欲しい。そしてBAR等に置かれるこのウイスキーを通じて、イベントを知って欲しい。主催者側の想いが込められたリリースと言えます。

中身はフレッシュな柑橘感、爽やかさを伴うアイラモルト。ピートに加えて適度なコクのあるボディで若さを嫌味に感じない、短熟ながらバランスよく仕上がっている1本です。
蒸留所名はアイラとしか書かれていませんが、この香味が出せるアイラの蒸留所と言えば1つか2つか、ほぼ絞れてしまいます。
(飲んでる最中は気がつかなかったのですが、ラベルをよく見ると答えに繋がる情報があるようです。右下あたりが怪しい。。。)

ウイスキーラバーズ名古屋2018では、このPRボトル以外に3種の記念ボトルがリリースされる模様。前回のリリースは将来性、あるいは普段使いという点で好評だったと聞いていますが、今回はイベントとしての規模も拡大する中、さらなる気合が感じられます。


ウイスキーラバーズ名古屋2018 記念ボトル
【竹林豹虎図】
グレンマレイ 9年 2007-2017 54.3%
マクダフ 15年 2002-2017 57.1%
【アスタモリス】
ベンネヴィス 16年 2001-2017 51.6%
リリース詳細はこちら:

ウイスキーラバーズ名古屋2018の開催は来年の1月21日。今回は出展数も規模も増え、さらに愛好家視点で楽しめるイベントとなるようです。
コミュニケーションボトル(PRボトル)にしても、フレッシュでバランスがいいとは言え、クセのあるアイラをPRボトルに選ばれたのは、このイベントがマガジンライブのようなライトなものでは終わらないという、マニア要素の高さ故でしょうか。

前回のイベントでは、前日夜から全国の愛好家が名古屋の各BARに集まり、さながら前夜祭的に盛り上がっての当日大盛況だったのだとか。
そんな前日入りする気合の入ったコアドリンカー向けとも言えるコレクターブースの規模は、9区画から27区画と3倍増。来年はどんな話題があるか。乞うご期待ですね。

アードベッグ アンオー 45.6% 2017年リリース

カテゴリ:
ARDBEG
AN OA
Islay Single Malt Scotch Whisky
2017 Release
700ml 45.6%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかいスモーキーさを感じる香り立ち。薪の燃えかすを思わせる灰っぽさ、カカオ、ほのかにオレンジピールやドライフルーツの果実香。

味:柔らかいコク、丸みのある口当たり。ホットケーキシロップのような甘みとドライフルーツ、奥からスパイシーなウッディネス。焦げたゴム、樹脂っぽさを思わせるアロマが鼻腔に抜ける。
余韻は焦げた木材に土っぽさの混じるウッディネス、スモーキーで長く続く。

ストレートは柔らかく複雑でバランスのいい飲み口。オフィシャルらしい完成度の高さが光る。
ハイボールはスッキリした味わい、クセのないスモーキーさがあってこれはこれとして楽しめるが、元が柔らかい味わいなので飲みごたえという点では少々物足りない。


約10年ぶりとなる、アードベッグ 通常ラインナップのニューリリース。10月4日の発売から1ヶ月少々、仕事の忙しさにかまけて外飲みの機会を作れず、モノを買おうにも最寄りの酒屋で見つからず。。。聞けば国内入荷量が少なくメーカー在庫が来年まで補充されないのだとか。
外飲みも家飲みもできない中、先日、日本橋のIANさんでやっとテイスティングする事が出来ました。

アンオーは、アイラ島でアードベッグ蒸留所がある地域のほぼ反対側にある岬の名前を由来としています。(上記裏ラベル参照)
長い年月をかけ、風雨、波、自然の力で形成されたという丸みを帯びた地形をモチーフに、アンオーもまた柔らかさ、丸みのある味わいを特徴としています。
この手の紐付けは、時に少々強引で首をかしげることもありますが、今回のリリースは「角の取れた丸みのある味わい」と言う整理でなるほどと思える構成です。

使われたとされる原酒はファーストフィルバーボン樽、チャー済みの新樽、PXシェリー樽の3種で、飲んだ印象での熟成感は10〜15年、構成比率は7:2:1といったところ。あまりシェリーシェリーしておらずアクセント程度ですが、この少量のPXシェリー樽と後述する"魔法"が、味の丸み、柔らかさを出すキーポイントになっていると感じます。

Ardbeg "Gathering Vat" 画像引用:

アードベッグ・アンオーは、これらの原酒を製造責任者が"魔法"をかけたと言う「ギャザリングルーム」でバッティングしています。
魔法の正体は、おそらくフレンチオークで作られたバッティング用の大型タンク"Gathering Vat"のこと。全体に一体感を与えるクリーミーさ、少し樹液のような香味が"魔法"によるものと思われます。(あるいはチャー済みの新樽のフレーバーを馴染ませているか。)

自分はこの樹液っぽさやゴムのような香味があまり好きではないのですが、アンオーはそれらと全体の香味のバランスが良く、複雑さに一役買っています。
流石大手、というかディアジオ、冒険しても綺麗にまとめてきますね。


今から約10年前の通常ラインナップ向けニューリリースと言えば、コリーヴレッカンを指しているのと思われます。(コリーヴレッカンの一般市場向けリリースは2009年末なのですが、その前進となるコミッティ向け限定品は2008年リリース。)
丁度就職してウイスキーを飲む幅が広がった頃で、近所のBARで飲んだ記憶があります。あれからもうそんなに経ちますか。。。

当時のアードベッグと今のアードベックでは、原酒のキャラクターが洗練されてきた印象がある一方、リリースの方向性としては、ピートブームに乗るようなコリーヴレッカンにルネッサンスと、パワフルでスモーキーなタイプを押し出すスタイルから、複雑で多層感のある傾向に変わってきています。
今回のニューリリースはその中にあって、今までにないタイプのアードベッグ。柔らかくバランスのいい飲み口は、1本を通して無理なく長く付き合っていける、いいオフィシャルリリースだと思います。

ラフロイグ カーディス 2017 クオーターカスク 57.2%

カテゴリ:
LAPHROAIG
CAIRDEAS 2017
Cask strength quarter cask
For the Friends of Laphroaig
700ml 57.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ナッティーでスモーキー、軽く香ばしさのあるピート香とシトラスを思わせる爽やかさ、ツンとしたアルコール感、ほのかに焦げたウッディネス。スワリングしているとゴムや樹脂のようなアロマも感じる。

味:スパイシーでスモーキー、ちくちくと荒さの残る口当たり。シトラス、グレープフルーツピール、香り同様に爽やかな柑橘感、徐々にウッディで荒さのあるピートフレーバーが主張。
余韻はピーティーでスパイシー、微かにに青みを帯びたドライなオーク香。ハイプルーフらしくヒリヒリとしたフィニッシュ。

クオーターカスク由来か、爽やかな樽香に加えて荒さのあるウッディネスとパンチのある香味が主体。若く強引さはあるがそれなりに仕上がっているラフロイグ。熟成感は飲んだ印象で10年程度。加水するとゴムのような香りが強くなり、味は薄く水っぽい、アンバランスさが目立つ。



ラフロイグが2008年から毎年リリースしているリミテッドエディション。友情の証、カーディス。バーボンバレルの王道的な構成から、フィニッシュ、加水、毎年様々なスタイルでリリースされているカーディスですが、今年はクォーターカスクのカスクストレングスでリリースされています。

クォーターカスクといえば、ラフロイグのオフィシャルリリースで長らく10年と2枚看板だったエントリーグレードです。
使われているのは約130リットル容量のアメリカンホワイトオーク樽。シェリーバットの1/4サイズであることからクォーターと名づけられていますが、ベースとなるのはシェリー樽ではなくバーボン樽の組みなおしで、樽とウイスキーの接触面積が増えることでオークの強い影響を引き出し、熟成のスピードを上げることを狙いの一つとしています。
まあ熟成のスピードが上がるといっても、クォーターカスクに限らずスモールサイズでの樽熟成は、全ての熟成の要素が加速するわけではなく、特にアルコール感や味わいのとげとげしさは時間を掛けないことにはどうにもなりません。そのため、樽感が強くなりつつも、早熟ゆえに酒質に荒さが残りやすく、ラフロイグ・クォーターカスクに限らず今回のカーディスもまた同様の傾向が見られます。

今回の1本はベースの樽がリフィルだったのか、あるいは短期間の熟成ゆえか、あまりバーボンオークバリバリという樽感には仕上がっていないように感じます。
柑橘のニュアンスは程よく爽やかに、そこにピリピリと荒さのある樽感。またポジティブではありませんが、ゴムっぽい樹脂感のあるウッディネスが特徴的で、なんとも仕上がりの荒さを感じる要素。ならばと、かといって加水してそれらを押さえようとすると、ある一点を越えてしまうと樽感と酒質が一気に乖離してしまうあたり、通常のクォーターカスクが48%でボトリングされていた理由がわかるようにも思います。
「これが若さか・・・。」

最近、オフィシャルスタンダードのクォーターカスクは国内終売となったようで、いよいよ店頭から姿を見かけなくなってきました。そのタイミングでのカーディス・クォーターカスクのリリースは、ファンにとっては思うところありつつも堪らないリリースだったのではないでしょうか。
個人的には、へたにワインカスクなどでフィニッシュされるよりもスタンダードの特別版的なリリースのほうが限定リリースとして受け入れやすく、しっかり楽しませてもらいました。

ラガヴーリン 16年 アイラフェス2017 モスカテルウッド 56.1%

カテゴリ:
LAGAVULIN
FEIS ILE 2017
Aged 16 years 
Bottled in 2017
Wood type Double Matured in Moscatel cask wood
700ml 56.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み&持ち寄り会
時期:開封直後&開封後1ヶ月後
評価:★★★★★★★(7)

香り:穏やかな香り立ちから柔らかく広がる。スモーキーで土っぽいピート香、合わせて柑橘、蜂蜜。焦げた木材とヨードのアクセント、時間経過で酸味を伴う。

味:とろりとした口当たり。香りに反してパワフルなアタック。シロップの甘み、柑橘、蜂蜜レモン、中間からピートフレーバー、ダシ系のニュアンス。支配的なスモーキーさ。
余韻はスパイシーでパワフル、スモーキーで焦げたような余韻。

序盤は甘く爽やかな柑橘を思わせるニュアンスから、ピートの広がりや強さが余韻にかけて主張。ハウススタイルとモスカテル樽によるダブルマチュアードは自然な一体感がある。
加水も少量なら悪くない、後半の力強さが落ち着いて適度なコクとスモーキーさが残る。


ラガヴーリンのアイラフェス2017向けリリース。昨年は蒸留所創業200周年記念と掛けた18年が、王道かつ気合の入ったリリースで、愛好家から高い評価を受けたのは記憶に新しいところ。
そうなると今年のリリースはハードルが上がって、実際以上に辛辣な評価を受けることも珍しくありませんが、これがまた中々良く出来たリリース。ラガヴーリン蒸留所のポテンシャルの高さを、改めて感じることが出来ました。

DSC08743
(アイラ島の巨人、ラガヴーリン蒸留所といえば、この外観。というぐらいに有名な1ショット。Photo by K.67)

今年のフェスボトルは、甘口の酒精強化ワインであるモスカテルワイン樽で後熟成感ダブルマチュアード。
正直イロモノ系かもしれないと警戒した部分もありましたが、テイスティングの 通りモスカテル由来の樽感は自然な範囲。過度に甘口やウッディネスに寄らず、フルーティーさや酸味が付与されていて、ラガヴーリンらしさ、原酒そのものの熟成感のほうが方がメインにある構成となっています。

恐らく使われた樽はモスカテルワインの中でもフレッシュなタイプか、あるいはリフィルの樽なのだと推察。モスカテルカスクといえば、ディアジオ系列ではカリラのディスティラリーエディションから毎年リリースされていますので、樽を融通したとすればカリラで使用された後の樽を使ったということかもしれません。
あるいは近年のカリラのモスカテルも、今回のようにあまりモスカテルモスカテルしていないというか、フレッシュな感じに仕上がる傾向が見られますので、そうした樽を入手するようにしているいのか。。。

またこうしたリリースにおいて感じるのは樽もさることながら、ベースの良さですね。
単に力強いだけでなく、厚みのある味わいが樽感を受け止めることで、バランスよく仕上がるのではないかと。ラガヴーリンが今も昔も、高い評価を受ける理由を感じることが出来ます。
話題のボトルということもあって、口開け、時間経過後と複数回飲みましたが何も美味しくテイスティングさせて頂きました。
通常リリースの16年とは樽構成は異なりますが、逆に飲み比べて見るとベースの良さが共通して分かりやすく、面白いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×