タグ

タグ:アイラ

ボウモア 12年 1980年代流通 ダンピーボトル 43%

カテゴリ:
BOWMORE
Aged 12 years
Islay single malt
1980-1990's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:個人宅持ち寄り会
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:トップノートは華やかな熟成香、蜂蜜や熟したリンゴ、合わせて淡いヨードや塩素、じわじわと土っぽいピーティーさが開き、アイラ要素を強く感じる。

味:マイルドで柔らかい口当たりから熟した洋梨を思わせるエステリーさ、軽く香ばしさのある麦芽風味、染み込むようなピーティーさ。余韻は淡くトロピカルフレーバー、スモーキーで染み込むように長い。

フルーティー&スモーキー。アイラ要素に加えて、熟成したスペイサイドモルトのようなフルーティーさ。加水するとマイルドというか水っぽさが強く、微かに鹸化したようなニュアンスが舌に残るため、ストレートでじっくり楽しみたい。


先日モリソン時代のグレンギリーを記事にしましたので、その流れで今日はほぼ同時期流通のボウモア、ダンピーボトル。ボウモアのオールドと言えば、まず連想されるのがこのボトルというくらい、有名なリリースの一つですね。一度は飲んだことがあるという方も、多いのではないかと思います。

この形状のボウモアは、デラックス表記のものと、12年表記、そしてあまり知られていない8年ものの3パターンがあり、全体では1970年代から1990年ごろ、モリソン社傘下時にリリースされたもの。
オールド系の情報では1980年代とざっくり表記されることが多いですが、12年表記の方が近年寄りのロットで、今回のボトルは1980年代後半、最後期の免税向けと見るのが妥当と思われます。

今回のロットはマイルドな口当たりから、フルーティーさは洋梨系のキャラクターを主体に淡くトロピカル。染み込むようなピーティーさで、60年代前半の南国感全開!というキャラクターではなく、1960年代後期から70年ごろの蒸留を思わせる構成です。
過去の経験と照らし合わせると、モノによってはトロピカル系のニュアンスがはっきり出てるボトルもあるため、おそらく同じ12年でも時期が微妙に違うのでしょう。

ここで残る謎が流通時期と熟成年数、そして蒸留時期のキャラクターが合致しないことにあります。
というのも、ボウモアのパフューム香は1973年蒸留の辺りから姿を見せ始め、1970年代後期から1988年蒸留ごろまでは完全にパフューム系のキャラクターが出ていた時期に該当します。
今回のボトルの流通が1980年代前半とかであれば、マイナス12年しても違和感はなく。他方で、先に推測した通り1980年代後半とすると、キャラクター的にはパフューム時代に該当するはずで、5〜10年間のギャップがあるわけです。

ボウモア・ダンピーボトルの1970年代から1980年代中頃流通となるデラックス表記は、キャップが金属張りで、違う意味で悪夢を見た愛好家も少なくないですが。
味を変えないために同じような原酒を選んで、例えば12年と言いつつ18年前後の熟成年数の長い原酒をメインに使っていたとかかなあとも予想しています。

キルホーマン マキヤーベイ 46% 2018年ロット

カテゴリ:
IMG_8914
KILCHOMAN
MACHIR BAY
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間以内
場所:自宅
評価:★★★★★ (5-6)

香り:フレッシュな香り立ち。レモンやオレンジピールなどの柑橘、塩素と薬品臭、焦げたようなピート香。少し根菜のような土っぽさの混じる植物感も伴う。

味:若干水っぽさのある口当たりから、蜂蜜レモン、土っぽいピート、乾いた麦芽風味。飲んでいる最中から鼻腔に抜けていくフレッシュなピート香。余韻はほろ苦くスモーキー、焦げたようなピートフレーバーが長く続く。

若いウイスキーらしくピート要素のエッジが立っており、今この瞬間燻したような新鮮さ。合わせてオーク由来の柑橘感がアクセントになって、加水と合わせて上手くまとまっている。まさにピートを味わう酒。ただ酒質は素直ながら少し軽いのか、加水やハイボールではボディが負けてぼやけてしまう。冷凍してハイボールにするとGOOD。
  

2005年に創業したキルホーマン蒸留所のエントリーグレード。昔飲んだ時は若さが結構強かった気がするのですが、今飲むとむしろ良い面も感じます。
パッケージにあるようにバーボン樽を主体に、3~5年熟成の原酒をバッティングして加水調整した若いウイスキーですが、ニューポッティーな雑味的要素はほぼなく、酒質の素直さとピートのフレッシュさがメイン。オーク由来の柑橘系の香味がアクセントになっている、若いなりの良さが感じられる構成です。

ここ最近、キルホーマンのオフィシャルスタンダードを飲む機会が結構ありました。これまでは"まだまだ発展途上"という印象が拭えなかったのですが、リリースされたばかりのバーボンバレル熟成の10年はフルーティーさのはっきり出た美味しいアイラモルトですし、今年の初めに話題になったシェリーカスクも同様。
このエントリーグレードのマキヤーベイにしても、テイスティングの通りフレッシュなピートと柑橘感で、若いなりに良さを感じる味わい。いよいよ蒸留所としてキャラクターが確立してきたなと感じるのです。

DSC08708
(キルホーマン蒸留所所有の麦畑。アイラ島にある自社農場で生産した麦芽を原料の一部としており、アイラ島産のピートで50ppmのヘビーピート仕様に仕上げられる。 Photo by K67)

であれば、そろそろちゃんと飲んでおかねばならないと、家飲み用のヤングアイラ枠に採用してみました。いつ何時キルホーマンをブラインドでぶっこんで来る輩が出てくるか判らないですしね(笑)。
いくつか飲み方を試してみて思うのは、フレッシュなピーティーさを除けば素直な酒質である反面、少々ボディが弱いというか軽い点。10年くらいの熟成までなら樽感を受けとめられるだけの余力は残ると思うのですが、15年、20年と育ったときにどうか・・・はちょっと気になるところ。近年流行りの早熟傾向な酒質ってヤツでしょうか。

まあ神のみぞ知る先の話を心配しても仕方ないのと、そもそも短熟でリリースすることをメインにしていくならこれはこれでアリ。むしろこれがキルホーマンのキャラクターとも評価できます。
同価格帯の他のオフィシャルアイラモルトに比べて突き抜けて旨いというワケではありませんが、今の完成度なら後はユーザーの好みで選べる選択肢の一つであることは、蒸留所としての大きな成長だと思うのです。


アードベッグ ルネッサンス 1998-2008 55.9%

カテゴリ:
ARDBEG
RENAISSANCE
Distilled 1998
Bottled 2008
700ml 55.9%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:Y's Land BAR IAN
評価:★★★★★★(6) (!)

香り:角の取れたスモーキーさ、塩素、乾燥した麦芽香は土っぽさを伴って素朴な印象。奥にはヨード、カシューナッツ、蜂蜜レモンのような穏やかな酸味も感じる。

味:コクのある口当たり。塩気のある魚介ダシ、貝殻のようなミネラル、燻したように香ばしさとスモーキーさのある乾燥した麦芽風味。合わせて強いピーティーさと微かな柑橘。余韻はスモーキーで焦げた干し草、パワフルで長く続く。

麦感と黄色い柑橘、そしてアイラ的な要素を伴うピーティーさ。オーソドックスなアードベッグの美味しさをストレートに楽しめる1本。経年でこなれた印象が口当たりにあり、一体感も生まれつつある。オールドボトルとしての伸び代は充分で、さらに10年後が楽しみ。


アードベッグ、"10年熟成への道"の終着点にして、現体制下で蒸留された原酒のうち、最初?の10年熟成が今回の一本。なんだかんだリリースからもう10年経つんですね。 

時は1997年、グレンモーレンジに買収される形で現在の体制に行き着いたアードベッグ蒸留所は、アライド傘下で1989年から1996年まで一定の生産は行われていたものの、それ以前の1980年代の大半は休止状態にあったところ。将来的に10〜15年熟成の原酒が不足することも予想され、如何にオフィシャルスタンダードの原酒を切り替えていくかが現体制が直面した課題の一つでした。

そこで1998年に蒸留された原酒を使い、「新生アードベッグ10年への道」として、熟成年数を段階的にリリースしながら、アードベッグのスタンダードグレードがリリース可能となるまでを辿る企画がスタート。6年ベリーヤング、8年スティルヤング、9年オールモストゼア、そして第4弾にして最終形としてリリースされたのが、10年熟成のルネッサンスです。 

(新生アードベッグのマスコットキャラクター、ショーティー。その美味さに思わず樽に顔を突っ込むほど? それにしても、まさかこれほどアードベッグが受け入れらるとは、当時アライド社は思いもしなかっただろう。Photo by K.67)

ラベルにはDISTILLED 1998 - FINAL RELASE BOTTED 2008として、ルネッサンスがシリーズのラストリリースになることが明記されています。
リリース当時の評判は悪くはなかったようですが、2008年はボトラーズを中心に長熟スコッチが安価にリリースされていた時期。逆にレアリティもあってベリーヤングの方が高評価だったりして、最近のアードベッグデーリリースのように、スポットライトが当たっていたとは言い難い状況だったようです。
(なおあくまで個人的な観点ですが、時同じくブレイクしていた某芸人のネタが、逆にルネッサンスという響きにネガティブな要素を与えた可能性も微レ存・・・。)

そんなリリースを今改めて飲むと、これがしみじみと美味い。変に飾らない樽感、麦感と淡い柑橘、そして角が取れつつあるピーティーさ。決してオールドアイラという感じではないのですが、テイスティングの通りなんともオーソドックスな味わいが琴線に響く。
少なくとも、ここ数年のアードベッグデーの妙な樽感を押し付けられた限定リリースが、総じて悪趣味に感じられるほどには、アードベッグ本来の良さを堪能できるのです。

リリースの多かった一本ですし、例えばちょっと下町のBARとかだと残っているところも多そう。今改めてオススメしたい1本です。

ブルイックラディ 10年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BRUICHLADDICH
ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY
AGED 10 YEARS
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:個人主催テイスティング会
評価:★★★★★★(6)

香り:やや青みがかった麦芽香、エステリーさと微かに蜂蜜、徐々に干し草、トーストを思わせる軽い香ばしさを伴う。

味:若干の水っぽさを感じる口当たり。香り同様の構成で、干し草、乾いた麦芽、ほのかにすりおろした林檎のような甘み。余韻は程よくドライでスパイシー、あっさりとしている。

ハイランド寄りのキャラクターで、起伏の乏しいボディが少々没個性的。ただし余韻にかけてのまとまりはよく、1杯目のモルトとして向いている。ストレートで。


1990年代、クリアなデザインの15年に変わる前のブルイックラディ10年。1970年代流通品から続くラベルをルーツに感じるデザインですが、背面ラベルにイギリスバーコードは、古くても1990年ごろのものということになります。

香味の構成は、エステリーでフルーティーさが主体というより、ピート香のないプレーンなブレンド向けハイランドモルトという感じ。実際当時のラディはインヴァーゴードン系列の中核を為す銘柄の一つでしたし、1980年代流通の若いグレンドロスタンとかこういうモルティーさあるよなーと。
さらに古い時代のボトルや長期熟成のもの、あるいはフルストレングスなボトルは林檎系のフルーティーさがしっかり感じられて、それがオールドスタイルのラディらしさとも言えるのですが。。。まあ正直、ブラインドで出されたら自分の経験値では特定できないと思います。

1990年代より前のブルイックラディは基本的にノンピートからライトピートな構成。1993年にインバーゴードングループからホワイト&マッカイへと傘下を移すと、ピートレベルを強めた原酒の仕込みも始めるものの1995年に閉鎖。再稼働後はオクトモアやカスクフィニッシュなど奇抜なリリースが増えて、徐々にオールドスタイルのラディが薄れていく印象すらありますが、ちょっと前にリリースされていたラディ16年は、この時代にある古典的なキャラクターを維持していたように思います。

なお再稼働後に仕込まれた原酒となる最近の若いラディシリーズは、原料由来と思しき酸味、軽いボディが目立ってまた違うスタイルになりつつあるようです。
ベア種を含む地元アイラ島産の麦芽を使った仕込みなど、レミー傘下に移っても色々やってるようですが、近年のこの仕上がりは看板商品とも言えるピートフレーバーの乗りの良さを意識してるのでしょうか。。。


ポートエレン 30年 1979-2010 Old & Rare 52.6%

カテゴリ:
PORT ELLEN
OLD & RARE
Aged 30 years
Distilled 1979 Dec
Bottled 2010 Jun
Caske type Refill Hogshead
700ml 52.6%

グラス:テイスティンググラス
場所:KuMC @BAR サンドリエ O氏
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:スモーキーでシャープな香り立ち。塩気と乾燥した貝類、ピートの土っぽさ、蜂蜜レモンやグレープフルーツのワタ、ジンジャー、干し草のような樽由来の要素がアクセントとして一体になっている。

味:とろりとしたマイルドな口当たり、だが合わせてスパイシーな刺激もある。麦芽風味とバニラクリーム、ソルティクラッカー。ボディはミディアム程度でピーティーなフレーバーがじわじわと。余韻はドライでほろ苦く、柑橘のニュアンスと乾いたウッディネス。焦げたピーティーさを伴い長く続く。

香りのシャープさに対し、味はスパイシーな刺激こそあれど、マイルドな角の取れた口当たりが熟成を感じさせる。また、樽感は程よく、酒質との一体感がある。少量加水すると口当たりの柔らかさが引き立つ。


長熟カリラをスペイサイド寄りにしたような個性が、いかにも長期熟成のポートエレンらしさとして感じられる1本。リフィルのアメリカンオークと思しき樽構成は、レアモルトやオフィシャルのリミテッドリリースの樽をそのまま育てたシングルカスクというキャラクターでもあります。

ポートエレンの70年代後半の香味はシャープでスパイシー、80年代に比べてピーティーさは穏やかで、バランスのとれたものが多いように感じます。
今回のボトルにある柔らかさや、アクセントになっている樽感は熟成年数や樽の違いによるもので、なかでもレモンやグレープフルーツの黄色系の柑橘のニュアンスが樽由来の要素として多様さと、香味のバランスに繋がっています。
いやーいい樽、選ばれてますね。これは美味しいポートエレンだと思います。


そういえば話は変わりますが、ポートエレン再稼働のニュースは既に皆様ご存知とは思います。
しかしその熟成庫にはラガヴーリンの熟成に使われているそうで、蒸留を再開してもどこで熟成させるつもりなのか疑問に感じていたところ。(ディアジオなので本土の集中熟成庫がありますが。)
これは伝聞ベースの話ですが、そもそもポートエレンの内部は原酒の熟成スペースのみならず、倉庫や何らかの業務スペースで間貸しをしており、まずは今敷地を利用している事業者と調整を始める必要がある模様。そしてうまくまとまったら、蒸留所を改修して再稼働ということなのだそうです。

少なくとも2018年再稼働はないでしょうし、新生ポートエレンのニューポットが産まれるのは、まだまだ先になりそうですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×