タグ

タグ:アイラ

カリラ 1966-1995 GM センテナリーリザーブ 40%

カテゴリ:
CAOLILA
GORDON & MACPHAIL
CENTENARY RESERVE
Distilled 1966
Bottled 1995
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:サンプルテイスティング@マッスルK
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっとりとしたスモーキーさ。黒土とレザー、乾いた魚介のアクセントうピート香に、ベリーシロップや黒砂糖の甘みが漂う濃厚かつ妖艶なシェリーが融合。ヨード系の薬っぽさ、時間経過で徐々に焦げた木材のようなニュアンスも感じられる。

味:まろやかでスウィート、コクのある口当たり。黒蜜、カカオチョコレート、あるいはダークフルーツケーキのしっとりとした甘みとほのかな酸味。そこに香りと同系統のピートフレーバーや古酒感がある。
余韻にかけては序盤の芳醇な甘みを引き継ぎつつ、スモーキーでエッジの立った塩気と舌の上にウッディなタンニンを伴い長く続く。

完成度の高いアイラシェリー。40%という構成を感じさせない香味の存在感とボディの厚み、果実味を備えたGMシェリー感、オールドピートとそれらの加水による一体感。文句のつけようがない構成で、開封後から時間を経てさらに開いてきた。

GM社創業100周年記念としてリリースされたボトル。何種類かリリースされていて、モートラック、ハイランドパーク、ベンリネス、バルブレアあたりがあったでしょうか。中でもハイパは美味かった記憶があるのですが、あまり注目していなかったので全体の詳細は不明。。。

そのカリラは、1972年から1974年に行われた、大規模改修前にしてフロアモルティング採用時代の仕込み。1974年以降の70年代から80年代前半は、比較的多くのテイスティング機会に恵まれましたが、1960年代は流石に少なめ。しかし1974年のカリラが透明感が増してクリアでピーティーな味わいがあるのに対し、1960年代はコクとアイラらしいフレーバーで、異なる酒質を持っている印象も受けます。

今回のボトルは、そこにGMらしいカラメル系の濃厚なオールドシェリーが加わっているわけですが、多少あったであろうピートフレーバーの荒さがシェリー感と加水で整地され、経年と共に整った仕上がりが感じられるのが魅力。で、ただしっとり系かと思わせて余韻にはシャープな塩気も感じられる。いやーいい仕事してますね。
時間経過で奥にあった果実味やピートが開いてきた感もあり、この秋から冬にかけての変化が楽しみです。

なお、今回のテイスティングサンプルはウイスキー仲間のマッスルK氏から頂きました。
同氏に限らず貴重なウイスキーを経験する機会に恵まれており、本当にありがたい限りです。
自分の舌がご期待に添えるかはわかりませんが、グラス、環境、そして体調とも、極力整えてテイスティングに挑みたいと思います。

ラフロイグ 20年 エリクサーディスティラー 53.8% MOS

カテゴリ:
LAPHROAIG
Single Malts of Scotland
Director's Special
Age 20 years
Cask type Oloroso Sherry Butt
700ml 53.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:個人宅持ち寄り会@NTさん
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ダークフルーツケーキ、黒砂糖を思わせる濃い甘みとほのかな香ばしさ、スパイシーで強いアタック。合わせていぶりがっこのような酸味、レザー、微かに焦げたようなニュアンス。スモーキーさがヨードを伴って感じられる。

味:口当たりは強いピートを伴うリッチなシェリー感。とろみがあり、燻した魚介、キャラメリゼ、ドライプルーン、徐々にウッディーなタンニンを感じる濃厚な味わい。
余韻は熟したパイナップルを思わせるトロピカルなフルーティーさが、キャラメルと土っぽいピートを伴って長く続く。

良質なアイラシェリー。樽そのものの良さに加えて、ラフロイグらしいピーティーさとフルーティーさが合わさったしたナイスリリース。度数もあってかややアタックが強い印象を受けるものの、むしろ10年以上瓶熟させることでさらに良くなりそうなイメージもある。


コアなウイスキードリンカーにはお馴染み、MOSことモルトオブスコットランドのハイエンドラインナップとなるディレクターズ・スペシャルからリリースされたラフロイグ20年。MOSをリリースするスペシャリティドリンク社は、今年に入ってエリクサー・ディスティラーと名前を変えたため、このラフロイグは通称エリクサーラフとも呼ばれています。

。。。まあ、この辺は今更前置きの必要もないですね。
このラフロイグは昨年末頃から美味いと愛好者間で話題になっていたボトル。
ラフロイグは80年代のみならず90年代蒸留もレベルが高いですね。モノとしては日本にも入ってきたようですが、例によって即完売しており、現在はプレミア価格のものが市場に残るのみです。5万前後のボトルが飛ぶように売れるこの状況・・・数年前じゃ考えられません。

一方、それだけ評価の高いボトルだけに、どんなもんかときたいしてましたが飲んで納得。樽は近年にしては良質なシェリー樽で、ベリー炸裂というタイプではありませんが硫黄系のニュアンスがないのは勿論、古酒っぽさの混じるコクと深みのある甘み。酒質面では強いピートと、余韻にかけてのトロピカルなフルーティーさが"らしさ"として感じられる、レベルの高い1本だと思います。

このエリクサー・ラフと近いスペックであることなどから、引き合いに出されるであろうリリースが200周年記念のラガヴーリン25年です。
シングルモルトとシングルカスクで、使われている熟成年数も表記以上に差があると思われるため、単純に比較することは出来ませんが、ラガヴーリンには長期熟成とバッティングによる複雑さ、奥行きがもたらす香味の妖艶さ。ラフロイグは上述のようにはっきりとした樽と酒質それぞれの個性、好ましい要素。
ラガヴーリンは開封後即ピークという感じですが、ラフロイグはまだ先がありそうなイメージで、将来的な可能性を秘めた前評判通りの1本でした。

ラガヴーリン 8年 48% 2018年リリース & 200周年記念ボトル飲み比べ

カテゴリ:
LAGAVULIN
Aged 8 years
Release 2018
700ml 48%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア ほか
時期:開封後数日以内
評価:★★★★★(5-6)

香り:シャープな刺激と燻した麦芽、ヨード、乾いた植物と若干根菜のような土っぽいニュアンスを伴うピート香。その奥には若さに通じる乳酸を思わせる酸味も感じるアロマ。

味:柔らかい口当たりだが、エッジの立ったシャープなピートフレーバー、ほのかに焦げた木材、魚粉のようなニュアンスもある。余韻はスモーキーでピーティー、シトラスなどの柑橘香。ウッディな渋みを微かに感じる、やや刺々しいフィニッシュ。 

シャキッとピーティーで若くフレッシュな香味だが、はっきりとした主張がありつつもどこか柔らかさというか香味全体のつながりを感じる。度数がそこそこあるのでハイボールにするとちょうど良い。夏向きの一杯。なおメーカーコメントのトロピカルフルーツは。。。

本国では昨年11月発売で、ラガヴーリンの通常ラインナップに新たに加わった8年仕様。 日本では5月のバーショー会場で正規品が初お目見えだったそうですが、元々は2016年にラガヴーリン蒸留所200周年記念でリリースされたものがベースとなっており、それもまだ店頭で販売されてることからあまり新しい感じがしなかったり。
今後は8年と16年が1年を通じて、そしてダブルマチュアードと12年が年に一度の限定品としてリリースされることになります。

リリースの位置付けは、プレーンオーク系の熟成と若い原酒ならではのピーティーな香味がはっきりとしていて、樽の効いた16年や、適度な熟成感がある12年とは違う魅力を感じる構成。通常より5%高い48%とする設定も、若いアイラモルトらしい香味を楽しみやすい丁度いい設定だと思います。

さて、このような素性のボトルとなると、やはり気になるのが2016年リリースの200周年記念8年と、今回新たにリリースされた8年の香味の違いについて。
価格は2000円ほど200周年の方が高いものの、記憶する限り明確な違いがあるように感じられない。。。
実際に比較してみても、200周年の方が飲み口でコクが感じやすいように思うんですが、それも開封してからの時間差と言われればそこまで。少なくとも、香味のベクトルに大きな違いはないように思います。

当時とのレートの違い。。。にしては大きな差。原酒のロットも違うでしょうけれど、ポジティブに考えれば同じクオリティのものが安価に入手出来るのは良しとするべきでしょうか。

ブルイックラディ 1970 ディスティラリーコレクション 48.5%

カテゴリ:
BRUICHLADDICH
Distillery Collection
Distilled 1970
Bottled 2001
700ml 48.5%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:個人宅持ち寄り会@マッスルK氏
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:リッチなオーク香だがシルキーで引っかかり少なく鼻腔に広がる。甘露栗、蜂蜜や林檎のコンポート。香木、ハーブやニッキのニュアンスもほのかに感じられる。

味:とろりとリッチな口当たりで、合わせてウッディなスパイス、蜜林檎、熟した洋梨、微かにファイバーパイナップル。オーキーで品の良い甘みが合わせて広がる。
余韻は華やかなウッディネスとスパイシーなフィニッシュ。

リッチな樽感とそれを邪魔しない酒質が融合し、フルーティーでスパイシーなウイスキーへと昇華した素晴らしいカスク。使われた樽はバーボンホグスヘッドだろうか。加水はボディが負けやすいので加減が必要だが、小量であればさらにフルーティーな香味と麦芽風味を引き出せる。


ブルイックラディの当たり年とも言われる1970年蒸留の1本。といっても60年代のラディも充分美味しく、この前後5年間のビンテージに大きな違いはないようにも。強いて言えば60年代の方が柔らかく、70年の方がアタック、スパイシーさが強いボトルが多いかなと言う印象。。。なんですが、書いていて自信がなくなってきました。この辺はラディ大好きなウイスキー仲間に意見を聞きたいところ。
ボトルの話に戻ると、ピートをほとんど使わないで仕込まれた酒質よろしく、適度にボディがあってナチュラルな酒質に、樽由来の果実味、ウッディネスが融合している。テイスティングでは、その"融合した味わい"を楽しむものと感じました。

例えば、柔らかく癖のないニューメイクに、短熟で樽感をドバッとつけてリリースしたようなウイスキーであれば、今回のボトルと同じくらいの樽の濃さは実現できますし、フルーティーさも樽次第で同じ方向性にすることも出来ると思います。
しかし、長い熟成によって織り成す一体感だけは、短期熟成ではどうにもならない。そこは加水が橋渡しをするケースもあるのですが、今回のボトルのような、カスクストレングスだからこその突き抜けるような香味の勢いと合わさって、明確な違いとして感じられるのです。

今回のテイスティングでは、この時代のブルイックラディらしい酒質と樽が融合した結果、蜜感のある林檎を思わせる果実味をじっくりと堪能させてもらいました。ここにピートが多少効いても美味いのですが、それは例えば同時期のスペイサイドの蒸留所などにも結構あるスタイル。無いからこそ、スパイスなど他の要素が引き立っているのだと感じています。

アードベッグ グルーヴス 46% & アードベッグデー2018

カテゴリ:
IMG_7579
ARDBEG
GROOVES
"Peat & Love"
Limited Edition 2018
Cask type Bourbon Barrel & ReCharred Red Wine Casks
700ml 46%

グラス:エリート
場所:イベント会場
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ツンとした溶剤っぽい刺激に加え、レザーや強いスモーキーフレーバーを伴う濃厚なアロマ。合わせてバニラやキャラメルの甘みが時間経過で強く感じられ、消毒液、木材や植物が焦げたようなニュアンスを伴う。

味:ねっとりと濃厚な口当たり、塩水のコク、ビターで香ばしいウッディネス、樹液のようなニュアンスも伴う。アーモンド、焦がしたキャラメルや魚介。鼻腔に抜けるヨードと薫香。徐々にスパイシーな刺激が感じられる。
フィニッシュは香り同様に木材や植物が焦げたような苦味がまるで焚き火、強いピートスモーク。樽材由来の粘性のある甘みが舌の上に張り付くように長く残る。

樽由来の濃厚な甘みと合わせ、焦げたような苦味や香ばしさ、そこにピートとヨードのアイラらしいニュアンスが加わって、複雑というか混沌とした味わい。46%加水だが十二分に香味の濃さがある一方、果実味はあまり感じられない。少量加水すると樽香が落ち着き、燻製用ウッドチップ、BBQソースのような甘く香ばしいアロマ。
グルーヴ(高揚感)を感じるかどうかは人それぞれだが、樽のグルーヴ(焦がし跡)の影響は確かに感じる。お祭り的に1杯を楽しみたい。
       

「最もグルーヴィーなアードベッグ」
毎年5月末から6月にかけて開催される、アードベッグファンのためのお祭、アードベッグデーに合わせて発売されるアードベッグの限定品。このリリースの特徴は、通常ラインナップとは異なる樽での熟成、あるいはピートの強弱などで、特別かつ特徴的なアードベッグをリリースすることにあります。
今年のグルーヴスは、通常のアードベッグ同様にバーボン樽で熟成した原酒に、ヘビーリチャーした赤ワイン樽で熟成した原酒を加えることで、過去のオフィシャルリリースには前例のない、型破りなスタイルを特徴としています。

その味わいは、樽由来のエキスが色濃く出ている構成。この感じだとワインカスク側で樽由来の癖も良い悪いも全て混ざって濃厚に仕上がったところを、バーボン樽原酒で引き算したようなイメージです。
熟成年数は体感12年程度。チャーオーク由来の濃厚な甘みと焦げ感、スパイシーな刺激を伴うフレーバーが、ヨードやピートフレーバーと混ざり合う混沌。。。一言でこってり濃厚系の味わい。逆に言えば、細部を抑えつけたようなリリースであると言えます。

近年のアードベッグデーリリースは、ダークコーヴ、ケルピーと樽感マシマシ濃厚系が続いているところ。リリースの総指揮を取られているのはラムズデン博士ですが、この系統がツボなのかもしれません。
この手の構成については、インパクトは強いものの、身も蓋もない言い方をすれば、「オフィシャル通常ラインナップが一番バランスがいいよね」となりかねない。とりあえず昨年のケルピーよりはネガティブ要素が少なく、わかりやすく楽しめる1本だと思います。

GROOVEは、単語そのものの意味では"硬い表面の溝、細長いくぼみ"であるのに対し、俗語(主に音楽用語)としては、音楽などによって得られる"高揚感"を指す言葉としても使われています。       
熟成に使われたワイン樽は、リチャーの際に木材にしっかりと跡がつく程強い焼付けを行っていることが特徴とされています。つまり、形成される樽材の焦げ跡(GROOVE)と、リリースを通じて我々飲み手にもたらされる高揚感(GROOVE)、2つの意味をかけたネーミングなのかなと感じました。

IMG_7545

さて、今回はこのアードベッグ・グルーヴスを、6月1日、2日の2日間新宿で開催されるアードベッグデーに参加して楽しんできました。
毎年何らかの"仕掛け"が用意しているこのイベント。昨年のケルピーは海に潜むモンスターで、会場に色々仕掛けがあったところ。今年のリリースのテーマは"ラブ&ピート"で"グルーヴ"ですから、どんなものが準備されているのか・・・。    
それではイベントスタート!!            


( ゚д゚)・・・
スモークと共に登場した・・・誰ですか、この半世紀ほど時代錯誤なミュージシャンは・・・。

IMG_7571

まあ、ボブなんですけどね(笑)。
開場から車の中でずっとスタンバイしているので、何を準備しているのだろうと思ったら、こういうことだったようです。
リリースの背景にあたる1960年代のアードベッグ蒸留所のグルーヴとかけて、1960年代のオールドファッションを決めて来たディアジオ・シングルモルトアンバサダー。雰囲気出てますねぇ。

グラスが全員に行き渡ったところで、スランジバー!
蒸留所のアイドル、ショーティーくんもオールドファッションを華麗にキメています(笑) 

イベントではアードベッグのスタンダードラインナップである、TEN、アン・オー、コリーヴレッカン、ウーガダールをストレート、ロック、ハイボールで自由にの飲むことが出来、新発売のグルーヴはチケット制。全員が1杯は飲むことが出来る形式でした。
普段ここまでアードベッグ尽くしをすることもないので、良い機会だと一通り復習テイスティング。ストレートではコリーヴレッカンが中々良い仕事をしている一方、ウーガダールには若さというか辛さが目立つように。そして結局最後はTENのハイボールが一番だね、なんて話にもなったり(笑)。

ちなみに、今年もグルーヴスは加水版とは別に、コミッティー向けにカスクストレングス仕様がリリースされていて、いくつかのBARには既に入荷しているようです。
追って、このボトルもテイスティングしてみたいですね。 

このページのトップヘ

見出し画像
×