タグ

タグ:アイラ

ボウモア 18年 43% Deep & Complex 免税向け 2017年リリース

カテゴリ:
IMG_4361
BOWMORE
Deep & Complex
Aged 18 years
Bottled 2017
Excluxive by the Global Traveller 
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:100ml程度(サンプル@T.Ishiharaさん)
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香り立ちは焦げたようなアロマ。じわじわと赤い果実を思わせる甘いフルーティーさ。ドライクランベリー、プルーン、ミルクチョコレート、あわせてピートスモーク。微かなにフローラルなパフューム香も混じるが、総じて好ましいニュアンスが中心。

味:甘くオイリーでリッチな口当たり。熟したピンクグレープフルーツ、ザクロのキャンディ、フローラルなフレーバーがほのかに感じられる。
余韻はピーティーで焦げたようなスモーキーフレーバー。ヨードの甘みを伴うドライで長いフィニッシュ。

甘くまろやかでスモーキー、シェリー感は悪くなく好ましい複雑さもある、オフィシャル加水らしい構成のボウモア。
加水するとオレンジシロップのような香りに、フローラルなパフューム香が存在感を出してくる。味は引っ掛かりが少なくまろやかだが、いくつかの要素が消えて単調で水っぽさも感じられるようになる。好み次第ではあるが、ストレートで。
ボウモアがこの2017年から空港免税店向けに展開を開始したシリーズの一つ。10年、15年、そしてこの18年と、3種類が現時点でリリースされています。
時を同じくして、通常流通のオフィシャルラインナップもラベルチェンジが発表されており、ぱっと見「あれ?同じもの?」と思うかもしれませんが、この免税品"Deep & Complex"はシェリーカスク(オロロソ&PXシェリー)で熟成された原酒のみで構成されており、通常品とは構成が異なります。

ご参考①:ボウモア免税向けリリースに関するニュース。
ご参考②:ボウモア通常ラインナップのラベルチェンジ、リニューアルについて。

上の記事でも書いてますが、従来のオフィシャル18年は、近年リリースのボウモアでありながらパフュミーな香味を残していました。
本来、2016年マイナス18年は1998年、今年ボトリングされるものは1999年が最も若い原酒となります。魔の1980年代、本来ならパフューミーさのパの字もない時代です。隠し味的に1980年代の原酒を加えているのでしょう。

一方、これまでのリリースの傾向を見るに、この1998年や1999年はボウモアとしてフルーティーさがはっきりと出ている、アタリ年と言われてもおかしくない時期。そこに1995年頃の紙っぽいニュアンスの少ない、2000年代に比べてボディの厚い、いい意味で雑味のあった時代の原酒が加われば。。。これはもう期待せざるを得ないわけです。
そうした背景から、ラベルチェンジすれば変わるだろうと、この新しい18年に期待を込めていたわけですが・・・。期せずしてその前哨戦となった免税向けリリースでは、裏切られたとは言わないものの、テイスティングの通り喜び半分悲しみ半分、複雑な結果と言えます。

シェリー樽由来のリッチな甘み、酒質由来のフルーティーさ、スモーキーフレーバー。ここまではGOOD。量産品でこのクオリティは流石とさえ感じます。
パフュミーさは従来のオフィシャル18年の1/4くらい、香りの段階ではあまり目立たなくなりましたが、依然アクセント的なレベルで依然効いています。
自分は飲めるレベルですが、あるだけで厳しい"鋭敏さん"には苦しいか。
オフィシャル通常ラインナップは、シェリー樽以外にバーボン樽原酒等も使われてフルーティーさがより出てくるでしょうから、そこに向けては今回のリリースで軽減が見られたのが明るい兆しとも。
自分にとって真実のボウモア18年を探す旅は、まだ続きそうです。

アードベッグ ケルピー 46% アードベッグデー2017リリース

カテゴリ:
アードベッグケルピー
ARDBEG
KELPIE
(No Aged)
2017's
700ml 46%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み Y's Land IAN
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:スモーキーでヨード、焦げた木材やタール、ゴムを思わせるニュアンス。スワリングで干し草、ほうじ茶の渋み、ほのかに溶剤っぽさも感じられる。奥から樽材由来のバニラを思わせる甘みも開く。

味:口当たりはオイリーでウッディなえぐみ、濃縮したヨード、溶剤、ピートスモークや焦げた麦芽風味。そこから後半にかけてバニラシロップのような作為的な甘さが魚介のダシっぽさと合わせて顔を出す。余韻は強いピートスモークが鼻腔に抜け、ビターで香ばしく非常に長く残る。

スペシャルメニュー「焦げた木材と焼きたてのクルトン、海草のサラダ、バニラシェイクかけ。タールを添えて。」
らしさもあるが、それ以上に個性的で"おぞましい"アードベッグ。味わいは濃く、強く、〆の一杯で飲んだならば帰路の最中まで余韻が続く。加水すると焦げ感残り、キッパーのような魚介系塩感。味わいはモルトスナックやスモーキーさが主体となり、バランスが良くなる。
毎年6月のアードベッグデーにあわせてリリースされる限定品。2017年はアードベッグを育む海へのオマージュとして、アイラ島の海に生息するという妖精の名前を冠した、アードベッグ・ケルピーです。通常品は46%加水、いつものようにコミッティ向けにカスクストレングス仕様もリリースされています。

アードベッグ・ケルピーは、黒海に面するアディゲ共和国産のオークの新樽で熟成させた原酒に、バーボン樽原酒を組み合わせたシングルモルト。メーカー表記"Virgin oak casks from the  Black sea"とあるように、黒海近くで潮風を受けつつ育ったオークを使っていることを特徴の一つとしています。おそらく樽材の分類的にはヨーロピアンオークだと思いますが、飲んでみるとウッディーなえぐみ、焦げたニュアンスや溶剤っぽさ、ピートフレーバーの奥から広がるバニラシロップのような濃い甘みが"黒海新樽"由来の香味として感じられます。 
ベースとなるアードベッグの酒質はやや若く、加水で地ならししたような荒さ。ヨード、ピートフレーバー、ローストした麦芽などの強いフレーバーの上に濃い樽感・・・ここ数年のアードベッグデーリリースの中で最も個性的で、MHDがイメージするケルピーの姿に例えるなら、実に"おぞましい"味わいを体験できるのです。

いやはや、これぞ限定品。美味しさというより、面白さ、テーマを楽しむ。多少アンバランスでもお祭限りで悪ノリが許されるからこその1本と感じます。
とりあえずBARやイベントで1杯飲んでみてはいかがでしょうか。

アードベッグケルピー
(コミッティー向けの冊子にも印刷されている、ケルピーのイメージの一つ。PR動画の撮影にも使われている。この画像が公開されたのが今年3月、2017年のアードベッグデーは最高にクレイジーかもしれないと期待が高まった。。。)

ちなみに"ケルピー"は水辺(淡水系、スペイ川やネス湖)に住む妖精の名前とされており、見た目は馬。民間伝承だけに毛色は黒、白、灰色、栗色など多数の説がありますが、共通しているのが乗せた人間を水の中に引きずりこむということ。また、美男美女の人間にも化けて言葉巧みに引きずり込むとする話もあります。 

一方で、ケルピーは淡水の妖精です。海水域にも同様の妖精は居るのですが、これは"アハ・イシュケ"とする名前で区別されており、上記写真のように海草を纏わせた人間の姿であるケースもあるとのこと。
今回のリリースのベースはこちらなのかな。
まあアードベッグ・アハ・イシュケより、アードベッグ・ケルピーのほうが語呂は良いですね。

カリラ 2007-2016 ウイスキーラバーズ名古屋記念ボトル 50.3%

カテゴリ:
IMG_3251
CAOLILA
Whisky Lovers Nagoya 2017
Aged 9 years
Distilled 2007
Bottled 2016
700ml 50.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたようなスモーキーフレーバーを伴うクリアな香り立ち。ツンとしたアルコール感や溶剤を思わせる刺激がギスギスとした硬いイメージに繋がる。ほのかに根菜っぽい土っぽさ、時間経過でシトラスやレモングラスの爽やかさも開いてくる。

味:とろりとした粘性に加え、ピリピリとスパイシーな口当たり。麦芽風味と香り同様に焦げたようなスモーキーさが鼻腔に届く。微かに乳酸系の酸味、ヨード、焦げた木材のほろ苦さ。
余韻はほろ苦く、スモーキー、序盤の刺激を伴い長く続く。

口当たりで感じるコクのあるボディは、加水するとよりクリアで爽やかな香味に。硬さに繋がっていた要素が収まり、麦芽由来の香味も開いてくる。


BARよっちさんから頂いた、ウイスキーラバーズ名古屋2017の限定ボトル小瓶第2弾。
実は3種のうち、このカリラだけは別途飲んでいたのでテイスティングは2度目ですが、最初に飲んだ時は持ち寄り会の結構がばがば飲んでいる中だったので、ちゃんとし飲むことが出来て良かったです。

安定のカリラ、という一言に尽きる若いアイラらしいフレーバー。スペックと中身の関係は平均的なレベルで、樽感は淡く、酒質ベースの香味が主体的。特段裏切られるようなことも、期待以上の何かということも無いと感じます。
ただ、これは現時点での評価であって、今高評価を受けているバロックレイド時代のカリラなど、案外ボトリング当時はこういうピッチピチな味わいだったのではないかとも。最近リリースの増えてきた短熟のカリラは、ボディの軽いものも少なくない中で、口当たりのとろみ、麦感などから20年、30年先の可能性のあるボトルだと感じます。

ちなみに、既にイベント会場等において完売となった、このウイスキーラバーズ名古屋2017の記念ボトル3種(グレンギリー、カリラ、ブラックスネーク)ですが、2017年6月18日に福岡で開催される、ウイスキートークにおいて少量追加販売されるとのことです。

参照:ウイスキートーク福岡2017

最近、日本の各地域でこうしたイベントが開催されており、それが観光需要に繋がるなど、地域活性化にも貢献している模様。
ウイスキーラバーズ名古屋は入場規制が発生するほどの盛況ぶりで、改善点は大いにあるとしても、その盛り上がりは説明不要と言えますし。他のイベントでは、秩父ウイスキー祭りなんて約3000人が訪問するというから、ウイスキーの持つ力と現地の魅力のコラボは凄いと言わざるを得ないですね。

イベント開催に関わられている皆様の苦労には頭が下がる想いとともに、引き続き日本のウイスキー業界を盛り上げていってほしいと思います。

ボウモア ヴォルト エディション No,1  ファーストリリース

カテゴリ:
BOWMORE
VAULT EDITION No,1
First Release
700ml 51.5%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(サウスパーク)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:紙や布、色々なものが焦げたようなアロマ。焦げ感は徐々に収まり、ロウソク、グレープフルーツ果汁、塩素、味にも共通する紙っぽさとフルーティーな甘み。じわじわとピートスモークが存在を主張する。

味:オイリーな口当たりからグレープフルーツキャンディ、強い紙っぽさ、ピリピリと舌を刺激するスパイス、にがりのようなえぐみ。香り同様プールの塩素のようなニュアンスも感じられる。
余韻はドライなウッディネス、オブラートのような紙っぽさとグレープフルーツやレモンなどの柑橘、荒いピートを伴うスモーキーなフィニッシュ。

ボウモアらしいグレープフルーツ系のフルーティーさが粘性のある甘みと共にはっきりと感じられるが、これまた近年のボウモアにある紙っぽさが強く、さらにピートと樽由来の焦げ感が相乗して違和感に繋がる。加水すると焦げ感は薄まるが。。。


国内では6月6日に発売されるリニューアルしたボウモアラインナップの一つ、ヴォルト(ボールト) エディションNo.1。今年はテンペストの新バッチが発表されてないのを見ると、ラインナップ的にはその後継という位置付けでしょうか。
モノとしては2016年末頃に発売されており、今回のテイスティングボトルはイギリス国内で流通していたファーストリリースを、海外通販で購入したものになります。

Vaultは熟成庫を意味しており、No.1は第一熟成庫、つまりはボウモア蒸留所の中で最も古く、海抜0メートルに位置するという熟成庫の事。「大潮の満潮時には壁が一部海に沈む」「波しぶきがかかることなど日常茶飯事」というエピソードは、ウイスキー愛好家なら1度は耳にした事があると思います。(この点については諸説あるのですが。。。)
何れにせよ、今回のリリースはその1番熟成庫で熟成された原酒で作られており、海の影響を強く受ける環境が織り成す個性をキーとしているボトルです。
(ボウモア蒸留所外観。今年からリニューアルしたオフィシャルボトルのラベルは、この白い壁をイメージしているという。 奥には今回リリースされた原酒が熟成された第一貯蔵庫も見える。Photo by K67)

飲んだ感想としては、原酒の熟成感は比較的若めの10年前後主体、樽はバーボン樽がメインと思われますが、バリバリのバーボンオークという感じではなく、ファーストフィル以外に幾つか異なるタイプも使われてそうです。

香味の要素では、ピートやフルーティーさは良いのですが、2000年代以降のボウモアに特に見られる「紙っぽさ」が強く。普段この要素にそこまで抵抗のない自分も、これは強いなと感じるほど。
加えて樽由来か、焦げたようなニュアンスの存在も注ぎたてはかなり感じられ、ちぐはぐというか少々まとまりのない構成という印象です。

他方、焦げ感は時間経過で多少軽減されたようにも感じられるので、開封後の変化であるいは。。。
昨年までのテンペストのイメージもあり、あまりコスパが良いとは言えない気がします。

カリラ 2004-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2004
Bottled 2016
Double Matured in Moscatel Cask Wood
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
開封時期:開封1カ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:スモーキーで焚き火の後のような香り立ち。ベースはクリアで塩素系のニュアンス、砂糖漬けレモンピールに乾いた牧草、微かに杏のお菓子を思わせる甘いアロマも。

味:淡く粘性を伴う口当たりから、焦げた木材、クリーンな甘みと塩気を伴う。中間目立った広がりはないが、焦げ感は強く荒さがある。
余韻はピーティーでスモーキー。塩気は長く続く。

甘口のモスカテルシェリーのダブルマチュアードだが、飲み口はクリアでピートや塩味等はっきりとした主張がとろみのある甘さと渾然一体となって・・・とは言い切れず、ややアンバランスな印象。時間を置いて試して見たい。


MHD社、2017年リリースのダブルマチュアードシリーズ、ラガヴーリン、タリスカーと来て、最後の島ものはカリラです。
この島もの3兄弟の中で、カリラについては毎年これという印象が無く、自分の中の評価軸でも1つ落ちてしまうのですが、今回のリリースも同様。悪くはないのですが、現時点ではややまとまりに欠ける味わいというのが拭えませんでした。

それもこれも、カリラはクリアでピーティーという酒質がベースにあるところ。タリスカーやラガヴーリンはオフィシャルスタンダードである程度樽の効いたリリースですが、カリラはオフィシャル12年で完成度が高く、ダブルマチュアードにすると中途半端な樽感がある種の異物感というか、酒質との印象が変わってしまうからか。
(どっと味をつけてくれるような樽ならまた変わるのでしょうが。)

以上は自分の勝手なイメージですが、この樽感とのまとまりが、時間経過でしっかり馴染んでくれるなら、あるいは5年後くらいにこのリリースも面白い仕上がりとなるかもしれません。


話は変わりますが、カリラは現在原酒の9割をスコットランド本土の熟成庫で熟成していると聞いています。(カリラの熟成庫にカリラはほとんどなく、ラガヴーリンの原酒が熟成されているという話も・・・。)
ウイスキーに塩気が混じるのは熟成環境によるとするのが定説ですが、アイラ島で熟成していない原酒から塩気が感じられるのはこれ如何に。それともこのカリラは数限りあるアイラ島の熟成だったのか。
塩気については自分の中で仮説が一つあるのですが、いずれ記事にしたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×