カテゴリ

カテゴリ:ヘイグ(ピンチ・ディンプル)

ヘイグ トレンド 1980年代流通 40% 特級表記

カテゴリ:
John HAIG
Trend
Fine Old Scotch Whisky
(No Aged)
1980's
500ml 40%

グラス:グレンケアン
場所:BAR飲み(Eclipse@神田)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(4-5)

香り:ホットケーキシロップを思わせる甘い香り立ち、コーンフレークのような乾いた穀物香、若干の植物系のアロマもあり、奥行きはあまり感じられない。

 味:グレーンの鼈甲飴など粘性のある甘い口当たり、乾いた植物、サトウキビ、舌を刺激する荒さ、軽いスパイス。ボディは軽く、余韻はドライでカルメ焼きを思わせる駄菓子っぽい甘みが残る。


ブレンデッドウイスキーのビック5、ヘイグから日本向けに発売されたブレンデッドウイスキー。
流通時期は1980年代後期、所謂特級時代の末期頃の一時期で、当時のスタンダードのヘイグと並行して販売されていました。
サントリーが販売したこともあり、結構な量が広く出回った模様。今なおリユース市場はおろか古い酒屋の店頭で見かけますが、あまり長く流通していたボトルではないようです。

その構成は特級時代末期のブレンドにありがちな、コクの少ないタイプ。グレーンと若いモルトが中心の構成を思わせる味わいです。
ヘイグやディンプルのキーモルトは、グレンロッシーとグレンキンチー、そしてヘイグがスコッチ業界にその名を刻むキャメロンブリッジと言われていますが、これはキャメロンブリッジとキンチーがメインか。同時期流通のデラックス品のディンプル等と比べると、その違いは明らかです。

飲み方はハイボールでは使える、というか完全にハイボール要員だと言うのが自分の感想であるとともに、これだったらスタンダードのヘイグを選ぶかなあ。。。という気持ちも(汗)。
流通期間があまり長くなかった経緯が、何処となく味わいから伝わってくるようです。

ヘイグ 1970年代初頭流通 ウイスキー特級 43%

カテゴリ:
HAIG
BLENDED SCOTCH WHISKY
1970's
4/5Quart 86proof 
(43% 760ml) 

グラス:メーカー不明
量:30ml程度
場所:Bar Regalo Akasaka
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしやカラメルソースを思わせる、コクのある甘い香り立ち。微かに乾いた植物、モルトスナックの香ばしさ、オールドらしくしっとりとしたピートフレーバー。

味: まろやかだがサラサラとした硬質感のある口当たり、フレーバーは香り同様の構成で、古酒系のカラメル、みたらし、乾いた麦芽、砂糖をまぶしたオレンジピール。余韻は軽くスパイシーでスモーキー。どっしりと存在感のあるオールドピートがいかにも時代を感じさせる。


個人的にはオールドブレンデッドの基本形の一つと考えている、ヘイグの1970年代初頭流通品。
この時代はキャップ形状が独特なので、見分けがつきやすいですね。
キーモルトはグレンキンチーにグレンロッシーと言われており、ハイランド系のスモーキーさにコクのある味わいがグレンロッシー由来、そこに軽やかなスパイシーさや麦芽風味がキンチー由来か。
個人的に1960年代蒸留のロッシーもキンチーもボトラーズを中心に何度か飲んでいますが、それらはどれも出来が良く、オールドのヘイグやピンチが旨いのも納得です。

様々な種類があるオールドブレンデッドですが、その中でもヘイグはバランス型のスタンダードタイプという位置付け。
こってり系のジョニー、華やかなバラン、スモーキーなホワイトホース、ライトなカティサーク、そして平均的なヘイグ。
オールドボトルのブレンデッドを経験する上で、この辺を飲んでおけばだいたい好みの傾向はフォローできるのではないかと感じています。

ヘイグ1970年代初頭流通の特徴はキャップと書いた通り、樹脂系の丈の長いスクリューキャップが採用されています。
この後1970年台後半あたりからメタルスクリューキャップとなり、1980年代に750mlサイズになり、最後はブラウンダンピーへとボトルが大幅にチェンジして、特級時代を終えます。

なお今回のボトルよりも古い1960年代は、同じキャップ形状ながら5スターの★が直接プリントされており、さながらドラゴンボールのようなボトルデザインで、オールドボトル好きはそそられるものがあると思います。
ただこのキャップ形状のボトルは裏面が金属張りで、金属臭個体はある程度覚悟が必要です。

ヘイグ 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:
涼しくなってきました。ということは、濃いウイスキーが美味しくなる季節。
オススメしたいのは濃厚シェリー系!なんですが、良質な濃厚シェリー系は値上がりも激しく、今年の秋のトレンドは断然オールドブレンデットスコッチです。
スコッチのオールドボトルがなぜ旨いかは、単純に使われている原酒の質が良いということに尽きます。1970~1980年代の洋酒ブームとバブルが大量の在庫を国内に運び、終焉と共に忘れ去られ、遺産となって現代に残ったもの。飽きっぽいクセに物持ちは良い日本人だからこそと言うべきか。流通時期から多くは1960~70年代蒸留ですから、そりゃまずいわけがありません。
安い(大概は)、旨い(外れなければ)、在庫豊富(特定物以外は)とくれば、飲まない理由はありません。
今回はヘイグを飲まずしてウイスキーを語るなかれ、こと、当時サントリー取り扱いで流通量も多い、ヘイグの1980年代初期流通から。
 
HAIG
JOHN HAIG & CO.LTD
1980’s
"ウイスキー特級"
750ml 43%
 
評価:★★★★★★(6)

香り:ひねたカラメル香、麦芽風味、オレンジママレードやドライアプリコットを思わせる果実味、蜂蜜、その奥からスモーキーフレーバーが存在を主張してくる。状態はよくアルコールもしっかり立っていて、香りの段階で状態の良さがわかるレベル。

味:とろりとした口当たりで適度なコクがあり、そこからほろ苦いオレンジピールと麦芽風味、モルティーで現行品とは比べ物にならない厚みがある。
フィニッシュはピートフレーバーがしっかり、ビターで心地よくドライ、鼻抜けはスモーキー。余韻は長く、充実している。

ストレートも大量生産時代とは思えないほど悪くないが、ハイボールにするとこれが旨い。
バランスの良さとピートフレーバーが良い意味で作用している。
原酒はグレンキンチーとグレンロッシーと言われていますが、キンチーらしい心地よくドライでスパイシーな麦芽風味に、ロッシーのコクのあるボディといわれると納得の味わいです。

 
ヘイグはブレンデットではビック5と言われるスコットランド5大メーカーの一画を占めた、ジョンヘイグ社の主要商品のひとつ。
「ヘイグを飲まずして~」のくだりは、ヘイグの生みの親であるジョン・ヘイグ氏が、世界初となる連続式蒸留器を導入したキャメロンブリッジ蒸留所や、後にスコッチウイスキー業界最大勢力となるDCLの設立などに関わっていることが背景にあります。興味がある方は調べてみると面白いと思います。
日本ではサントリーが代理店となっていたため流通量が多く、しかしジョニーやバランに比べて知名度で劣った背景からか、ブーム終焉後に売れ残ったのでしょう。
オークションのみならず古びた酒屋でも在庫を見かけることが多いです。では味は微妙なのかというと決してそんなことは無く、コクがあってバランスが良い、完成度の高い構成です。
 
今回のボトルは1980年代ですが、さらに古い時代のヘイグのコク、ピートの厚みは一飲の価値ありです。
あれは良いモノだ・・・。
しかし1970年代の前半以前のヘイグはキャップがクセモノで、裏側が金属張りのタイプが採用されています。金属張りタイプのキャップを採用したボトルは、ヘイグに限らず1970年代以前に特に多いのですが、金属臭が付きやすく、オフフレーバー発生のリスクが高くなります。
ボトル開封時にデルモンテの香りが立ち込めたときの絶望感といったら・・・。

かつてワインのキャップシールに鉛が使われていた時代がありました。
ところが鉛の危険性が問題視されてキャップシールは鉛フリーに。時期を同じくしてウイスキーのキャップからも金属張りが消え、紙や樹脂タイプが主流となります。
今回紹介させていただいた仕様のボトルは760mlのタイプなら1970年代後期、750mlなら1980年代に流通したモデル。キャップが改善されており金属臭の可能性は低く、コクは多少薄くなっていますが、オールドらしさは充分楽しめます。
オールドブレンデット入門には丁度良いかもしれません。
 

ピンチ(ディンプル) Haig & Haig 1960年代流通品

カテゴリ:
今夜はちょっとブラックニッカディープの確認をした後で、同じく最近確認していなかったブレンデットの様子を見てみます。
開封してオフフレーバーがあったので、放置していた1本。
このボトルは自分も妻も好物で、いくつかストックしてあるのため、ながーく付き合うことになりそうな銘柄です。

PINCH
HAIG & HAIG
86Proof 4/5QUART
(43% 760ml)
1960's

評価:★★★★★★☆(6)
(香りに金属臭がちょっとあるのが・・・無ければ文句なし★7なんですが。)

香り:微かな金属臭があるが、時間で軽減される。その裏にオレンジママレード、モルティーな麦芽風味とバタークッキーを思わせるコクのある甘い香り。ひねたカラメルっぽさも感じられる。

味:口当たりは香り同様にモルティーでコクがある。お菓子のカスタードパイの焼いた生地の香ばしさ、オレンジピールの苦み、そしてとコクのある甘さ。徐々にスパイシー。
フィニッシュはビターな麦芽風味と蜂蜜入り紅茶の甘さ、そしてハイランドタイプのピート香、微かなスモーキーさが余韻に香る。


ヘイグの上位版であるディンプル(ピンチ)のアメリカ・グアム流通品。
ヘイグ家のブレンデットに対する功績、「ヘイグを飲まずしてブレンデットを語るなかれ」については・・・もうコピペになっちゃうんで、ぐぐってください。もしくはツッチーのブレンデット大全を参考のこと。

ディンプルの構成原酒はグレンロッシー、グレンキンチー。どちらがこのコクと余韻のピート香を生み出しているのかはわかりませんが、状態さえよければかなり旨いブレンデットです。たぶんロッシ―だと思いますが、昔のキンチーもめちゃ旨いので一概に判断できません。
当時ディンプルはイギリス方面、ピンチはアメリカ方面の流通としてブランドが分かれており、1980年代ごろにディンプルに統一されました。"くぼみ"という独特なボトル形状を指した意味である一方で、アメリカ方面では"危機"のピンチと語呂が同じだったため不評だったという説は有名な話。まぁだったらなんで発売から10年以上ほっといたんだという疑問もあるわけですが(笑)。

1960年代以前のディンプル(ピンチ)は、通常ティンキャップですが、このボトルのようにスクリューキャップのものも存在します。ティンキャップのボトルは一目でわかる特徴や、マニア心をくすぐる仕様だからかオークション等で高値が付きやすい傾向にありますが、こちらのスクリューキャップ版1960年代流通はその半値以下で取引されることが多いです。
特徴はシルクプリントの文字。キャップは金塗りのプラキャップか、数は少ないですがメタルスクリューキャップの仕様のモノも存在します。これらもまたれっきとした1960年代流通ですので、中身重視の方はこちらの方が断然お得です。

ピンチディンプル3種
"ピンチ及びディンプル。左のピンチはサントリー正規だがJAPANTAX付き。おそらくサントリーに輸入が移った1970年代初頭の頃のモノ。右のDIMPLEは1968年通関の通関印が押されている。真ん中のDIMPLEは通関印がブレて読めないが、キャップ等の形状から、おそらく今回のPINCH及び右側のDIMPLEと同じ時期の流通と推察される。"

 

注意事項として、ディンプル(ピンチ)のボトルは一部例外の仕様を除いてキャップの裏面に鉛と思われるシールが張られています。
以前チェッカーズの記事でも書いたあの悪名高い鉛シールです。
これは1970年代に入ってサントリーが流通させているボトルにも引き継がれてしまっているのですが、テイスティングノートに記載した「金属臭」、付いてしまうことが多いんですよね。まぁ鉛シールはティンキャップのボトルで標準装備ですので、仕方ないと割り切るのも手ではあります。

ただ、状態が良いボトルの味わいは素晴らしいの一言。オールドブレンドの良さを味あわせてくれるボトルのひとつです。
おまえオールド好きだからひいきしてるんじゃないよこの懐古厨め、なんてご意見は甘んじてお受けいたしますが、まぁちょっと飲んでみてくださいよと。
ストレート、ハイボール、そして水割り。何でもござれの素晴らしいクオリティを堪能させてくれます。

安いうちにもうちょっと買っておこうかな(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×