カテゴリ

カテゴリ:ヘイグ(ピンチ・ディンプル)

ジョンヘイグ スーパーファイン 1980年代 特級表記 43%

カテゴリ:
JOHN HAIG
SUPER FINE
BLENDED SCOTCH WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:古酒感のある甘く濃い香り立ち。色の濃い蜂蜜やカステラ、微かに干草。スワリングしているとポン菓子のような香ばしい穀物感。

味:マイルドでとろりとした口当たり。醤油飴、薄めたカラメルソース。微かな酸味。合わせてピリピリとした刺激が感じられる。
余韻はほのかにピーティーで、カルメ焼きのように甘みと香ばしさを伴うドライなフィニッシュ。

オーソドックスというか、やや単調気味ではあるが、香味ともしっかりとコクと厚みのある構成。ヒネやすいタイプの香味でもある。加水すると意外によく伸びる。ストレートで原酒由来の香味を楽しむのも良いが、水割りなど昭和の味と言えるかもしれない。


1980年代後半、特級時代の末期。ヘイグブランドの上位グレードとしてリリースされたのが、ジョン・ヘイグ・スーパーファインです。
バブルに沸く当時の日本市場をターゲットにした特別仕様品なのでしょう。ほぼ同時期にはヘイグ・トレンドという廉価版のリリースも行われていたり、同じUD系列だとホワイトホース等も日本市場に向けて限定品をリリースしています。

本国で流通していないような銘柄が日本にあるというのは、この時期珍しくありません。
お金が集まるところには、それを求めてさらに多くの人、モノ、金が動くという連鎖反応。ある種の摂理と言える状況があり、その後間も無くの冬の時代という急激な変化が、遺産として多くのボトルが残る結果に繋がり。。。こうして手軽にオールドを楽しめる日本独自の土壌に繋がったのですから、現代を生きる我々愛好家にとって少しだけポジティブな話であると言えます。

さて、ヘイグのスタンダード品はゴールドラベル。上位グレードにはディンプルが当時の通常ラインナップ。
主要構成原酒はグレンロッシーとグレンキンチーと言われており、そこを念頭に飲んでみると、両者と思しき特徴はしっかり感じられると思います。
何方かに割り振るなら、とろりとした甘みやコクはグレンロッシー、ピリピリとした軽やかな刺激はグレンキンチーといったところ。マイルドな味わいの中で、まさにスパイスとして香味に変化を与えています。


(ヘイグ・トレンド。熟成感、モルト感軽く、ハイボールで飲むには良さそうだが。。。)

同じくリリースされたヘイグ・トレンドについては熟成感が足りないというか、好みではないので比較割愛。
一方上位グレードとなるディンプル12年との違いは、自分の感じた限りでは濃厚さでしょうか。ディンプルも1980年代後半流通にしては良く出来ているのですが、スーパーファインの方がとろりとした甘みが強い印象です。
流石のBIG5。多くの銘柄がライト化、コクの希薄化した1980年代後期に、中々気合の入ったリリースだと思います。

それだけに少々残念なのがサントリーさん、もう少し拘りとか、なんか特徴が伝わってくるような裏ラベルは・・・書けなかったんすかねぇ(笑)

ピンチ 1970年代流通 43%

カテゴリ:
PINCH
By Haig & Haig
Blended Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:自宅@サンプル ドーノック
評価:★★★★★★(6)

香り:カステラの茶色い部分、みたらしのような甘くほのかに香ばしい、古酒系の深みを感じるアロマ。

味:まろやかでとろんとした口当たりだが、一呼吸置いてピリッとした刺激。乾いた麦芽風味、甘食、みたらし、じわじわと内陸系のピート。
余韻はほろ苦くスパイシー、序盤の甘みを引き締めてしつこさを感じさせないフィニッシュ。

熟成したモルト原酒のコクのある味わいに、スパイシーな異なるタイプの麦芽風味を持つ原酒が合わさっている。ストレート以外にハイボールも美味しい、流石のビッグ5。

「ヘイグを飲まずして・・・」の言葉で知られる、ブレンデッドウイスキー業界のBIG5、ジョン・ヘイグ社のブレンデッドの上位グレードに当たるのがピンチです。ホワイトホースで言うところのローガンに当たるブランドですね。
現在はディンプル名義で15年熟成のブレンデッドが販売されていますが、1980年代まではアメリカ向けがディンプル、ヨーロッパ向けがピンチとしてリリースされていました。

日本には1970年代前後からサントリーがピンチを輸入していたため、ディンプルよりもピンチのほうが流通していた模様。ただ、一部並行品や個人での購入品でディンプル表記のものも国内に入って来ていたようです。
ブランドとしてはその後1980年代に12年表記となり、最終的にはディンプルに統一されて現在に至っています。

キーモルトはグレンロッシーとグレンキンチー、デラックスグレードに当たるためヘイグに比べて熟成した原酒が用いられており、素朴な味わいのヘイグに対してとろりとしたみたらしやキャラメルのような香味が強く、これはグレンロッシー由来のコクではないかと。
1970年代からは流通量多く比較的安価で手に入るため、オールド入門にも勧めたいボトルなのですが、流通地域の多さからか、キャップの裏側が安定せず、樹脂、鉛と悪さをするものがいくつかあるのが玉に瑕。。。


このサンプルは50mlウイスキーショップのドーノックさんで購入しました。
スペックから状態に難のあるボトルは時に安価でも手を出しづらいものの、こうして確認済みのものを販売頂けるのは、オールドでは逆にありがたいですね。

ヘイグ トレンド 1980年代流通 40% 特級表記

カテゴリ:
John HAIG
Trend
Fine Old Scotch Whisky
(No Aged)
1980's
500ml 40%

グラス:グレンケアン
場所:BAR飲み(Eclipse@神田)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(4-5)

香り:ホットケーキシロップを思わせる甘い香り立ち、コーンフレークのような乾いた穀物香、若干の植物系のアロマもあり、奥行きはあまり感じられない。

 味:グレーンの鼈甲飴など粘性のある甘い口当たり、乾いた植物、サトウキビ、舌を刺激する荒さ、軽いスパイス。ボディは軽く、余韻はドライでカルメ焼きを思わせる駄菓子っぽい甘みが残る。


ブレンデッドウイスキーのビック5、ヘイグから日本向けに発売されたブレンデッドウイスキー。
流通時期は1980年代後期、所謂特級時代の末期頃の一時期で、当時のスタンダードのヘイグと並行して販売されていました。
サントリーが販売したこともあり、結構な量が広く出回った模様。今なおリユース市場はおろか古い酒屋の店頭で見かけますが、あまり長く流通していたボトルではないようです。

その構成は特級時代末期のブレンドにありがちな、コクの少ないタイプ。グレーンと若いモルトが中心の構成を思わせる味わいです。
ヘイグやディンプルのキーモルトは、グレンロッシーとグレンキンチー、そしてヘイグがスコッチ業界にその名を刻むキャメロンブリッジと言われていますが、これはキャメロンブリッジとキンチーがメインか。同時期流通のデラックス品のディンプル等と比べると、その違いは明らかです。

飲み方はハイボールでは使える、というか完全にハイボール要員だと言うのが自分の感想であるとともに、これだったらスタンダードのヘイグを選ぶかなあ。。。という気持ちも(汗)。
流通期間があまり長くなかった経緯が、何処となく味わいから伝わってくるようです。

ヘイグ 1970年代初頭流通 ウイスキー特級 43%

カテゴリ:
HAIG
BLENDED SCOTCH WHISKY
1970's
4/5Quart 86proof 
(43% 760ml) 

グラス:メーカー不明
量:30ml程度
場所:Bar Regalo Akasaka
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしやカラメルソースを思わせる、コクのある甘い香り立ち。微かに乾いた植物、モルトスナックの香ばしさ、オールドらしくしっとりとしたピートフレーバー。

味: まろやかだがサラサラとした硬質感のある口当たり、フレーバーは香り同様の構成で、古酒系のカラメル、みたらし、乾いた麦芽、砂糖をまぶしたオレンジピール。余韻は軽くスパイシーでスモーキー。どっしりと存在感のあるオールドピートがいかにも時代を感じさせる。


個人的にはオールドブレンデッドの基本形の一つと考えている、ヘイグの1970年代初頭流通品。
この時代はキャップ形状が独特なので、見分けがつきやすいですね。
キーモルトはグレンキンチーにグレンロッシーと言われており、ハイランド系のスモーキーさにコクのある味わいがグレンロッシー由来、そこに軽やかなスパイシーさや麦芽風味がキンチー由来か。
個人的に1960年代蒸留のロッシーもキンチーもボトラーズを中心に何度か飲んでいますが、それらはどれも出来が良く、オールドのヘイグやピンチが旨いのも納得です。

様々な種類があるオールドブレンデッドですが、その中でもヘイグはバランス型のスタンダードタイプという位置付け。
こってり系のジョニー、華やかなバラン、スモーキーなホワイトホース、ライトなカティサーク、そして平均的なヘイグ。
オールドボトルのブレンデッドを経験する上で、この辺を飲んでおけばだいたい好みの傾向はフォローできるのではないかと感じています。

ヘイグ1970年代初頭流通の特徴はキャップと書いた通り、樹脂系の丈の長いスクリューキャップが採用されています。
この後1970年台後半あたりからメタルスクリューキャップとなり、1980年代に750mlサイズになり、最後はブラウンダンピーへとボトルが大幅にチェンジして、特級時代を終えます。

なお今回のボトルよりも古い1960年代は、同じキャップ形状ながら5スターの★が直接プリントされており、さながらドラゴンボールのようなボトルデザインで、オールドボトル好きはそそられるものがあると思います。
ただこのキャップ形状のボトルは裏面が金属張りで、金属臭個体はある程度覚悟が必要です。

ヘイグ 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:
涼しくなってきました。ということは、濃いウイスキーが美味しくなる季節。
オススメしたいのは濃厚シェリー系!なんですが、良質な濃厚シェリー系は値上がりも激しく、今年の秋のトレンドは断然オールドブレンデットスコッチです。
スコッチのオールドボトルがなぜ旨いかは、単純に使われている原酒の質が良いということに尽きます。1970~1980年代の洋酒ブームとバブルが大量の在庫を国内に運び、終焉と共に忘れ去られ、遺産となって現代に残ったもの。飽きっぽいクセに物持ちは良い日本人だからこそと言うべきか。流通時期から多くは1960~70年代蒸留ですから、そりゃまずいわけがありません。
安い(大概は)、旨い(外れなければ)、在庫豊富(特定物以外は)とくれば、飲まない理由はありません。
今回はヘイグを飲まずしてウイスキーを語るなかれ、こと、当時サントリー取り扱いで流通量も多い、ヘイグの1980年代初期流通から。
 
HAIG
JOHN HAIG & CO.LTD
1980’s
"ウイスキー特級"
750ml 43%
 
評価:★★★★★★(6)

香り:ひねたカラメル香、麦芽風味、オレンジママレードやドライアプリコットを思わせる果実味、蜂蜜、その奥からスモーキーフレーバーが存在を主張してくる。状態はよくアルコールもしっかり立っていて、香りの段階で状態の良さがわかるレベル。

味:とろりとした口当たりで適度なコクがあり、そこからほろ苦いオレンジピールと麦芽風味、モルティーで現行品とは比べ物にならない厚みがある。
フィニッシュはピートフレーバーがしっかり、ビターで心地よくドライ、鼻抜けはスモーキー。余韻は長く、充実している。

ストレートも大量生産時代とは思えないほど悪くないが、ハイボールにするとこれが旨い。
バランスの良さとピートフレーバーが良い意味で作用している。
原酒はグレンキンチーとグレンロッシーと言われていますが、キンチーらしい心地よくドライでスパイシーな麦芽風味に、ロッシーのコクのあるボディといわれると納得の味わいです。

 
ヘイグはブレンデットではビック5と言われるスコットランド5大メーカーの一画を占めた、ジョンヘイグ社の主要商品のひとつ。
「ヘイグを飲まずして~」のくだりは、ヘイグの生みの親であるジョン・ヘイグ氏が、世界初となる連続式蒸留器を導入したキャメロンブリッジ蒸留所や、後にスコッチウイスキー業界最大勢力となるDCLの設立などに関わっていることが背景にあります。興味がある方は調べてみると面白いと思います。
日本ではサントリーが代理店となっていたため流通量が多く、しかしジョニーやバランに比べて知名度で劣った背景からか、ブーム終焉後に売れ残ったのでしょう。
オークションのみならず古びた酒屋でも在庫を見かけることが多いです。では味は微妙なのかというと決してそんなことは無く、コクがあってバランスが良い、完成度の高い構成です。
 
今回のボトルは1980年代ですが、さらに古い時代のヘイグのコク、ピートの厚みは一飲の価値ありです。
あれは良いモノだ・・・。
しかし1970年代の前半以前のヘイグはキャップがクセモノで、裏側が金属張りのタイプが採用されています。金属張りタイプのキャップを採用したボトルは、ヘイグに限らず1970年代以前に特に多いのですが、金属臭が付きやすく、オフフレーバー発生のリスクが高くなります。
ボトル開封時にデルモンテの香りが立ち込めたときの絶望感といったら・・・。

かつてワインのキャップシールに鉛が使われていた時代がありました。
ところが鉛の危険性が問題視されてキャップシールは鉛フリーに。時期を同じくしてウイスキーのキャップからも金属張りが消え、紙や樹脂タイプが主流となります。
今回紹介させていただいた仕様のボトルは760mlのタイプなら1970年代後期、750mlなら1980年代に流通したモデル。キャップが改善されており金属臭の可能性は低く、コクは多少薄くなっていますが、オールドらしさは充分楽しめます。
オールドブレンデット入門には丁度良いかもしれません。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×