カテゴリ

カテゴリ:グレンキース

グレンキース 25年 1991-2016 ヴァリンチ&マレット 55.9%

カテゴリ:
IMG_6573
GLEN KEITH
Valinch & Mallet
Lost Drams Collection
Aged 25 years
Distilled 1991
Bottled 2016
Cask type Bourbon Hogshead
700ml 55.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物ボトル・マッスルK氏
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ドライで華やかなウッディネス、ほのかにハーブ、林檎のコンポートを思わせるフルーティーさ。品の良いアロマで、あまり強くは香らない。

味:シャープでドライな口当たり。唾液と混じることで香り同様のフルーティーさとあわせて蜂蜜の甘み、樽由来のえぐみを微かに伴う。奥には麦芽、バタークッキーのような甘みもある。
余韻はドライでハイトーンなスパイシーさ。オーク系のフルーティーさがしっかりと長く、そして戻ってくるように広がる。

やや刺激もあるが、しっかりとフルーティーな樽感があり一口目が特に美味い。少量加水すると香りが開き、すりおろした林檎や熟した洋梨、柔らかい果実味のオーク香。味わいも口当たり柔らかくスウィートでフルーティー。バランスの良い味わい。


イタリアのボトラーズメーカーの作。以前ここのラフロイグが美味いと話題になり、存在は認識していましたが、改めて直近のリリースを見てみると、エイコーンが正規輸入とあって比較的まとまった種類が国内に展開されてる模様。値段はそれなりですが、面白そうなリリースもポツポツと見られます。

近年のグレンキースは繊細でシャープ、癖は少なく軽やかな口当たりから、林檎を思わせる果実香がハウススタイルとも言える銘柄。70年代から80年代は結構ふくよかで複雑さに通じる要素もあったのですが、90年代くらいから他のスペイサイド同様に酒質がライトでシャープな印象が強くなった気がします。
創業当時から現代に至るまで、ペルノリカール社(シーバスリーガル社)のブレンデッドの中核を担うモルト原酒であり、18年以上のグレードのシーバスリーガルに感じられる華やかさは、まさにグレンキースやストラスアイラといった近年のスペイサイドモルトの仕事を感じる要素となっています。

現在オフィシャルリリースが国内流通していませんが、ボトラーズリリースは比較的多く。仕様によっては硬さや刺激を強く感じるものもある反面、今回のように樽が効いたモノには、蜂蜜やコクのある甘さ、フルーティーさをしっかり感じるものあって、愛好家間では安定して美味しい銘柄の一つと認知されていると感じています。
特にこのバーボン樽系のグレンキースは、上記安定感もさることながら蒸留所のキャラクターを知る上でうってつけ。酒質と樽感との相性も良いですね。

ただ、グレンキース蒸留所は2000年に生産を一度休止しており、2014年に再稼働するまで原酒は作られていません。昨年、40%加水でノンエイジ仕様のオフィシャルボトルがリリースされたようですが、構成的には閉鎖前後の原酒を混ぜて使っているのではないかと推測。。。
1990年代のグレンキースは今後貴重な存在になっていくかもしれません。


グレンキース 40年 1968-2009 ゴードンマクファイル 46%

カテゴリ:
GLEN KEITH
Gordon & Macphail
Aged 40 Years
Distilled 1968
Bottled 2009
Cask type Refill hogsheads
700ml 46%

グラス:SK2
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとした香り立ちから青みがかった麦芽香と蜂蜜の甘み。植物感や乾いた木を思わせる香味が強く、ほのかにドライアップルやレモンピールのフルーティーさが続く。あまり香りに厚みは無く、クリーンなタイプ。

味:エッジの立った口当たり。香り同様に青みがかった甘さ、草っぽさを感じるが、奥にはほのかにエステリーで林檎やドライパイナップルを思わせるフルーティーさもある。
余韻はスパイシーでややべたつく印象。麦芽、プレーンオークのウッディネス、長く続く。


グレンキース蒸留所が3回蒸留を採用していた時代の1本。
3回蒸留の結果か、クリーンでエッジの立った口当たりはローズバンクなどのローランドらしさと共通する部分があり、一方で青みがかった植物感も強く、1960年代というスペックで期待されるトロピカルなフルーティーさ・・・とはいかないのが苦しいところ。

また、40年という長期熟成でリフィルホグスなんだから、もっとオーキーでフルーティーなニュアンスがあっていいようなものですが、使われたのが使用回数の多い樽だったのか、その辺も随分淡い感じに仕上がっています。

ただ、言い換えればその時代のグレンキース蒸留所の個性を感じる上では、良い教材になるボトルでもあるのかなという印象。もともとグレンキースはシーバスリーガルへの原酒供給を目的に、オフィシャルボトルが1990年代の10年間程度しか発売されていなかったため、ハウススタイルを知るにはボトラーズの力を頼る他ありません。特にオフィシャルの無い時期であればなおのことです。

この手の系統はあまり好みではありませんが、「こういう時代もあったんだね」と勉強もかねて1杯飲んでおくには良いかもしれません。

グレンキース40年 1970年蒸留 2011年ボトリング ウイスキーフェア

カテゴリ:


THE WHISKY FAIR
GLEN KEITH
Aged 40 years
Distilled 1970
Bottled 2011
Matured in Bourbon hogshead
700ml 51.8%
評価:★★★★★★★★(8) 
(開封直後の評価は★6)

香り:クッキーを思わせるバターと小麦、メープルシロップのしっとりとした甘さに、ドライフルーツの甘酸っぱい香り。アプリコット、パイナップル、熟した洋梨、非常に充実したアロマ。

味:口の中に広がる華やかなオーク香、ナッツ、麦芽、微かにヤクルトのような乳酸感。続いてパイナップルの缶詰やリンゴのコンポートを思わせるしっとりとしたフルーティーさが顔を出す。
余韻はオークの渋みと共に微かにトロピカル系のフレーバーの戻りがある。心地よくドライで、長く華やかな余韻。

グレンキースはシャープでドライと言われるくらい、そもそもボディの強い酒質ではありません。60年代は3回蒸留で尚更シャープな感じ。70年代以降はクセの少ない樽主体になっていき、モノによっては枯れていたり、ギスギスした樽しゃぶり系な味わいであることも珍しくありません。(なので多少こなれたほうが、個人的に好みに振れるのだと思います。)
3回蒸留時代は別物とするなら、2回蒸留となった1970年や71、72年あたりが、麦芽、樽のアドバンテージにより、キースの当たり年の一つと言えるのかもしれません。

1970年蒸留の中でもこのウイスキーフェアのキースは、度数が高いこともあって時間経過でもへたれず、強い樽香を受け止めています。
口開けはチーズのような妙な乳酸感が強く、面白いけどぱっとしない。その時点でのテイスティングなら、高い評価はつかなかったボトルでした。この時ちょうど持ち寄り会をしていて、みんなの反応も「フーン」だったような。
それが開封から約2年半、徐々にフルーツが出始め、そしてここまで開くとは…。 
今がまさにピークという感じ、香りもさることながら、味わいが絶妙な開き具合です。
評価は★7か★8で悩みましたが、伸び代の評価でギリギリ★8とします。

同時期にリリースが集中した1970のキースは、妻が気に入っていたため自宅ストックのみならず色々飲んできました。
フェア、MOS、TWA、SS…その中でも、このキースがランキング急上昇。70キースの中でベストボトルだと思います。
こういうボトルは、改めてみんなの感想を聞いてみたいですね。




グレンキース40年(1970-2011) シルバーシール・セスタンテコレクション 

カテゴリ:
いやー昨日は流石に堪えましたw
最近飛行機が飛んでいる音がすると「ぶーんぶーん」と飛行機の姿を探すわが子の望みをかなえるため、午前中は羽田空港へ。
大量の飛行機と発着、離陸シーンで満足頂いたら、お昼を挟んだ後は、家の近所の公園で滑り台+近場を走る電車ウォッチw
そして夜はナイターで野球の試合。先日ブログでも書いたとおり、宣言どおりの一日を過ごしてきました。
(ちなみに帰宅後は、山と詰まれた食器と衣類の洗浄がお仕事で、やっと本日の自由時間です。)

さて、本日のボトルは少し前にグレンキースの1970年代蒸留、長熟リリースが一気にあったころの1本。
シルバーシール、セスタンテ、信濃屋プライベートカスクリリース50本目記念、BAR STAG16周年記念・・・などなど、ということで、いったい何役のってるんだよという跳満ボトルです。
このボトルのビンテージである1970年は、グレンキースにとって変革の年でもあります。

GLEN KEITH
Silver Seal
"SESTANTE"
Aged 40 Years
Distilled 1970
Bottled 2011
(Specially bottled for Shinanoya & BAR Stag)
評価:★★★★★★☆(7)

"ドライでオーキーな香り立ち、バニラやドライアップルの甘さの中に微かに梅干を思わせる酸味がある。
口当たりのフレーバーは全般的にオーク系のフルーツ感主体、ドライパイナップルやカステラの甘み、後半は原料由来と思われる麦芽系の適度な香味のふくらみがある。微炭酸のように細かい刺激のスパイスも。
フィニッシュにかけては煮たリンゴを思わせるフルーティーな戻り。ドライだがくどさは無く長い余韻。"

グレンキースはシーバスリーガルや100パイパーズの主要原酒。
1957年の操業時は3回蒸留を行っていたものの、1970年に通常の2回蒸留に切り替わっています。
ブレンド用に軽くライトな酒質のものを生産しようとしたんでしょうか。12年そこそこで切り替えということは、ブレンド側の納得がいくものができなかったのかもしれません。
このボトルはどちらの蒸留回数に当たるのか、香味の感じからすれば2回だと思うのですが…。

1970年蒸留のグレンキースは、他のボトラーズからもいくつか同時期にリリースされていました。
それぞれ40年という長期熟成でありながらキャラクターも色々、飲んだ中ではオフィシャルに一番近いベクトルを持っていると感じたのが、このシルバーシールのキース。
ボトル口開け当初はもっとオーク感が強く、フレーバーの輪郭もトゲトゲしていましたが、最近かなり落ち着いてバランスも良くなり、まさに飲み頃という感じになっています。
某BARのマスターが、これは3年くらい寝かせてから飲むとポテンシャルを発揮しそうだと当時話していましたが、まさにその通りだと感じます。

キースに限らず、最近リフィルオーク系の熟成でフルーツが出ているタイプが主流の一つになっています。
ただ、このタイプは味が尖っているものや香味の分離感があるものが多く、数年単位で瓶内熟成させたほうがそれらが落ち着いて楽しめるようになる印象。
ウイスキーはワインほど買ってからのケアはしなくていい、買った段階で完成している酒ですが、あえて寝かせることで変化を狙っていく楽しみもあります。


ちなみに補足の必要もないとは思いますが、STAGさんは北九州を代表する日本でも屈指のBAR。
お通しのコンソメスープからの、オールドハイボールが自分のお決まりの流れ。そして気がつくと散財w
そういえば最近STAGさんに行けてないなあ。最後に伺えたのは1年半くらい前…だったかな。
また伺いたいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×