カテゴリ

カテゴリ:アベラワー

アベラワー ハンドフィル 13年 2017年詰め バーボンバレル 58.1%

カテゴリ:
ABERLOUR
HAND FILLED 
Aged 13 years
Distilled 2004
Bottled 2017
Cask type Bourbon
700ml 58.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
開封時期:開封後1-2ヶ月
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ツンと鋭くスパイシーな刺激を伴う香り立ち。焼き芋のような甘いアロマ、べっこう飴、バニラ、乾いたウッディネスのハーブや華やかなアロマもある。

味:スパイシーでハイトーン、乾いた木材のニュアンスを感じる。刺激に舌が慣れるとバニラ、砂糖漬けレモンピール、微かにニッキ。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、乾いたウッディネス、ドライなフィニッシュ。

度数以上に強いアタック。ウッディでドライ。加水するとオーキーな華やかさとスパイス、ミントのアロマ に加えてバニラを思わせる甘みが引き立つ。
ストレートより、少量加水しながら変化も楽しみたい。


アベラワー蒸留所で購入することができるハンドフィルボトル。バリンチとも言われるこの手のボトルは、蒸留所で買う瞬間に樽から詰めるタイプもあれば、すでに瓶詰めされた状態で置いてあり、ラベルだけ手書きするタイプなど、蒸留所によって様々な形式で販売されています。

アベラワーは前者側、樽に専用の装置が取り付けられていて、ボトルをセットすると700ml程度決まった量がボトリングできるタイプだったと記憶していたのですが、最近は後者側の形態に変わったという話も。
シェリー樽とバーボン樽があり、どちらがあるかはその時次第。出来れば自分でボトリングしたいという思いが消費者意識ですが、限定品が無いよりはマシというものです。

(古典的であり美しい外観のアベラワー蒸留所。Photo by T.Ishihara)

前置きが長くなってしまいましたが、アベラワーはボディこそミディアム程度で、ドロナックのような厚みがあるタイプではありませんが、ハイプルーフのものにはアタックや刺激が強めにあり、シェリーのような濃いめの樽感か、加水でバランスが取れるタイプの酒質と言えます。

今回のボトルは、まさにその普段は隠されているアベラワーの素の部分が強く出ており、樽感もそれを後押ししています。
完成度として考えるなら、あと5〜10年の熟成を経て、蜜っぽい味わいが出るような変化があれば、このカスクもかなり出来が良いと思うものの、今はやんちゃでフレッシュで、若者という表現がぴったり当てはまる気がします。
美味しいボトルが第一であるものの、こういう蒸留所の個性を楽しめるリリースも限定品としてあると面白いですね。

アベラワー 12年 ノンチルフィルタード 48% ダブルカスク ブラインド

カテゴリ:
ABERLOUR
Aged 12 Years
Non Chill-Filtred
Double Cask
48% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅(宿題@TWD)
時期:開封後1ヶ月程度

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド
蒸留所:マッカラン
熟成年数:12年〜15年
樽構成:シェリー樽主体のバッティング
度数:43%
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:甘い近年系のシェリー香、シロップ、ドライオレンジ、ツンとしたアルコール感。フレーバーティーのようなとってつけたアロマがあり、徐々にマシュマロ、ドライプルーン。乾いた植物感も感じられる。

味:とろりとした甘い口当たり、徐々にスパイシー。ドライプルーンと湿った木のニュアンスを伴う近年系シェリーフレーバー。
余韻はウッディーでドライ。軽くスパイシーで、オレンジママレードやバニラ、かすかにチョコレートの甘みを伴いゆっくりと消えていく。

スムーズでクセの少ない酒質に対し、近年系シェリー樽の影響がメインに出ているボトル。口当たりはまろやか、ボディはミディアムからやや軽め。加水の影響に加え別な樽のニュアンス、柑橘っぽさやバニラの甘みなども感じられる。シェリー樽メインの複数樽か、ダブルカスクだろうか。
蒸留所の予想は有名どころのオフィシャル。マッカランか、アベラワー、ベンリアックなどもありそう。


2017年1発目のブラインドテイスティングは、アベラワー12年ダブルカスクの海外市場向けボトル、ノンチルフィルタード仕様でした。
出題範囲は発売から5年以内のボトル全てで、TWDメンバーのNAさんから。いつも宿題ボトルを提供頂き、ありがとうございます。

まずブラインドの回答を総括すると、スペック的にはかなり近いところまで絞れましたし、蒸留所もアベラワーが候補には入っていたので、まずまずの結果だったと思います。(最終的にはマッカランにしちゃいましたが。)
熟成感、樽構成なども感じた通りである一方、感じ損ねたのがアルコール度数。同時にブラインドした友人達も、大多数が40〜43%という低い度数を回答していました。
それだけ滑らかさ、ボディの柔らかい味わいだったとも言えるのかもしれません。

それにしても、この「あと一歩」という流れは昨年何度もあったので、今年の目標はもう一歩深く個性を掴めるようになって、テイスティングの確度を上げて行きたいです。
ブラインドは蒸留所当てではなく、あくまで素の評価と能力向上のためですが、そうとわかってもついつい欲が。。。だいたい最後の絞り込みで「当ててやろう」と色々邪推してしまい、それが凶と出るんですよねえ(笑)。
 
DSC00052
(アベラワー蒸留所の蒸留器。しっかりとしたボディの原酒が取れそうなストレートヘッドのポットスチルが、アブーナなどの樽の個性と調和したウイスキーを生み出す。 Photo by K67)

アベラワーは2016年10月からペルノリカールが正規代理店となって、日本国内への輸入が再開。もっとも正規代理店が無くとも並行品が多数入っていたので今更感はありますが、アブーナ等ファンの多い銘柄もあり、これはペルノさんグッジョブです。

12年ダブルカスクは、正規ラインナップでは43%加水のチルフィルター済みのボトルが販売されており、ノンチルフィルタード48%は海外市場向け仕様ですが、並行品として日本にも入ってきています。
両者を飲み比べることで、ノンチルフィルタードによる香味差が感じられる。。。のでしょうか。
勿論原酒構成は異なると思いますが、BARで見かけたら試してみたいです。

アベラワー アブナック (アブーナ) 59.8% オフィシャル

カテゴリ:
ABERLOUR
A'BUNADH
(No Aged )
Batch No, 39
700ml 59.8%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み (Bar Ambrosia)
時期:不明
評価:★★★★★★(6) 

香り:濃厚でスパイシーなシェリー香、やや湿った木、レーズンチョコ、若干油絵の具っぽい癖も感じる。
加水や時間経過で絵の具っぽさは強くなる。ストレートで楽しみたい。

味:粘性のあるリッチな甘みとウッディーな口当たり。プルーン、黒蜜、スパニッシュオーク。濃厚なシェリー感。
中間は樽感主体で、酒質はあまり主張しない。
余韻はスパイシーでシェリー由来の濃い甘み。ウッディーでドライ。鼻抜けは甘いチョコレート、ドライジンジャーのアロマ。 

現行品におけるシェリー樽熟成シングルモルトの代表格。
ノンエイジですが初期の頃の情報では20年以上熟成させた樽から原酒を選び、バッティング、調整加水のみでボトリングしているのだとか。

1万円以内の価格帯でシェリー系のボトルといえばまず間違いなく候補に挙がり、ウイスキーの旅を始めたばかりの飲み手は基本の一つとして押さえておきたいボトル。また、オフィシャルリリース以外でボトラーズリリースを見ても、このボトルを越えることができるかどうかが、シェリー系の評価を分けるようにも思います。
アブナックの意味は起源や原初を指すのだそうですが、まさに飲み手にとって現行シェリー系のルーツとなるような1本です。

初期のリリースは2000年頃、そこからバッチを重ね、ラベルチェンジもあって、2016年現在はバッチ50くらいまでリリースされています。
アブナックはここまで一貫して濃厚なシェリー系のリリースを続けていますが、その香味はバッチを経る毎に微妙に、時に大きく変わってきました。
旧ラベルのころは全般的に今よりシェリー感が濃いのですが、自分が苦手としている硫黄が出ているロットがあり、最近のロットは樽の質の問題か、絵の具や生木っぽいニュアンスが出ているロットもあり。
その中でも、このバッチ30番台くらいは安定したシェリー感のカスクが多かった印象で、1年ぶりくらいに飲みなおしましたが、当時の印象通りでした。
ハイプルーフな度数らしく勢いとアタックの強い香り立ち、プルーンやレーズンを思わせる濃厚なシェリー感。樽構成はアメリカンホワイトオークとスパニッシュオークのバッティングか。少々癖もありますが、近年の中でも王道的な香味がしっかり感じられます。

ちなみに、ウイスキーと煙草やシガーの煙は、相性の悪くないものが多いのですが、中でもこのアベラワーアブナックは良い部類に入ると感じます。
オフィシャルボトルでリリースが安定している銘柄だからこそ、そうした愛煙家の皆様の相棒にも、オススメしたいですね。

アベラワー25年 1989年蒸留 2015年ボトリング ウイスク・イー スノーフレークシリーズ

カテゴリ:

ABERLOUR 
Whisk-e Snow flakes 
Aged 25 years 
Distilled 1989 
Bottled 2015 
Cask type Hogshead 
700ml 52.8%  
評価:★★★★★☆(5)

香り:乳酸系の酸味を伴う麦芽香、硬さのある青い洋ナシ、樽感はプレーンで多少のえぐみとニューポッティーさ、ドライでスパイスも伴う。ストレートだと熟成感は乏しいが、加水すると華やかでバランスが良くなる。

味:香り同様に25年ほどの熟成感を感じないニューポット系の酸味に、麦芽風味、リンゴ、薄めた蜂蜜、ほのかにオークフレーバー。口当たりはエッジが鋭く余韻はドライで乾いた木のえぐみとメンソールを伴う。
ストレートだと中間はそれほど広がるわけではないが、香り同様加水するとバランスが良くなり、クリーミーな舌触りも感じられる。

ウイスクイーの新シリーズ、2015年の3~4月頃にリリースされていた1本。
雪の結晶はその環境で形を変える、ウイスキーも同様になんたらかんたらというのがラベルコンセプトなボトルで、「ウイスクイーが絶対の自信を持っておくる!」などとぶち上げられていたわけですが、まあモノとしては普通な出来だと思います。

樽はホグスヘッドとのことですが、25年にしてはあまり熟成感が出ていないところを見るとリフィルシェリーホグスヘッドではないかと。この手の傾向が好きな方はそのままでも良いですが、加水の伸びは良かったので、ストレートで少量飲んだ後は残りを加水して飲んでいくと、無理なく最後まで楽しめるように思います。
アベラワーはアブナック等シェリー系の印象が強く、こうしてナチュラルな部分を味わえるボトルは、ボトラーズならではの楽しみとも言えるかもしれません。

このボトルは池袋のBAR Ambrosiaさんでいただきました。
アンブロシアさんの訪問記事も書こうと準備しているのですが、ちょっと時間が経ってしまったので先にボトルだけUPします。

アベラワー12年 シェリーカスクマチュアード

カテゴリ:
シェリー樽熟成のモルト中心にリリース を行う蒸留所にアベラワーがあります。
かつては質の良いシェリー感豊富なリリースが多かった蒸留所ですが、この蒸留所も他に例を見ず疑似シェリー系の味が中心になっています。
知りませんでしたが、日本では正規代理店が無いんですね。
今回その免税向けニューリリースである、シェリーカスクの12年を飲ませて頂きました。

ABERLOUR
12 Years old
SHERRY CASK MATURED
1000ml 40%

暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライオレンジ、レーズンなどのドライフルーツを思わせるシェリーと木材の香り。重さはあまりないが生木っぽさのある香りで、近年のシェリー樽熟成という印象。

味:甘くスムーズな口当たり。レーズン、キャラメル、ホットケーキの甘さ。徐々に木材のニュアンスがあるが、全体としては滑らかで甘口、後半に重さを感じる。フィニッシュはドライ、香り同様に生木っぽさが残る。


良くも悪くも近年スタンダードタイプ、多様なリリースがある最近のアベラワーの中では、アベラワーらしいと言えるバランスタイプのウイスキーなのでしょう。
個人的にはアベラワーは近年ではアブナック、オールドでは角瓶8年、濃厚シェリータイプという印象が強いのですが、1980年代頃からはVOHMや旧12年などシェリーをベースにしたバランス型のボトルが主軸にあったように思います。
まぁシェリー感という意味では別モノですけど。

メーカー側の資料を見ると、マスター・ディスティラーがスペインで買い付けた新鮮なオロロソ・シェリー樽で熟成されたモルトとあります。上述の流れの続きになりますが、スペインのどこで買ったのか、そもそもオロロソっていうか樽仕上げ用のオロロソタイプの疑似シェリーじゃないのかとか、疑問がないわけではないんですが、過去との違いは明かなのですから、メーカー側もそろそろ公開しても良い気がするんですよね。

免税向けのボトルですが、平行品で国内市場にも入ってきており、値段はリッターサイズであることを考慮すると手頃なところ。この手のシェリー樽熟成ウイスキーが好きな方は、アベラワーらしくベースに変なクセは無いので安心して飲める味だと思います。


〜シェリー樽について〜
ウイスキー飲みなら聞いた事があるけれど、 知識としてアバウトである代表例が「シェリー樽」。
「シェリー樽はシェリー酒の熟成に使われ、 ソレラシステムから払い出される樽」
こうしてざっくりとした分類のみが一人歩きしていましたが、 スペインで起こっているシェリー樽を取り巻くビジネス事情に光が 当たり始めたのは、つい最近のことだと思います。

いわゆる疑似シェリー酒を詰めたシーズニングによる、ウイスキー熟 成用のシェリー樽の製造。また、 ヘレス地方では無い他の地域で作られた酒精強化ワインを熟成させ ていた樽も、シェリー樽に分類しているという話など。( 一部の方々は早くから疑似シェリー樽ビジネスについてご存じで、 私も色々教えて貰いました。自分は詳しくない人です。)
これら疑似シェリー樽をシェリー樽分類することについては、現 地で規制の議論が行われているそうです。まぁそうですよね・・・ 疑似シェリーはシーズニング後に捨てるか蒸留するかしてしまうそ うで、 市販のシェリー酒と同格で扱うかは素人目に見ても議論の余地があ ります。
自分はうまけりゃいい派ですが、 例えば本当にソレラから払い出したモノはソレラ・ シェリーカスク。 疑似タイプでシーズニングが浅いものはフレッシュ・ シェリーカスク。シーズニングが長いものはオールド・ シェリーカスク。とか、 分けて貰えると飲み手側の議論が進みそうだなと思ったりもします

このページのトップヘ

見出し画像
×