カテゴリ

カテゴリ:ストラスアイラ

ストラスアイラ 40年 1967-2007 GM 蒸留所ラベル 43%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
(Aged 40 Years)
Distilled 1967
Bottled 2007
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでこってりとして甘い香り立ち。お菓子のキャラメル、りんごのカラメル煮、葡萄のキャンディーのような色の濃い甘みと微かな酸味。湿ったようなウッディネス。

味:とろりとしてリッチ、葡萄飴やチョコレートの甘みを感じた後で、すぐにウッディーなタンニンを伴う口当たり。
余韻は染み込むタンニン、ビターで濃く煮出した紅茶のよう。鼻腔には長熟ブランデーを思わせる甘みが届き、ドライなフィニッシュ。

一言でGMシェリー味、時々無性に飲みたくなる。ボディはあまり強くなく、特に後半はウッディで単調気味だが、今はなき懐かしいシェリー感がしみじみ味わえる。


自分と同じくらいの時期(2010年前後)以前に飲み始めた人にとって、ストラスアイラと言えばオフィシャル12年より、このGMの蒸留所ラベルは非常に馴染み深いものであり、そして懐かしいものではないでしょうか。

1万円から2万円のレンジでボトラーズ各社の長期熟成原酒が市場に溢れる中、ストラスアイラやモートラック、グレングラントなどのGM蒸留所ラベルの長期熟成は特に手頃に手に入ったうちの一つ。
中でもストラスアイラは25年、30年、40年に加え、このボトルのように長熟ビンテージリリースもシングルモルトとして定番品だったわけですから、とんでもない時代だったなと思います。
(そう思うと当時は微妙なデザインだなあと思っていたこのラベルも、なんだかかっこよく思えてきてしまったり・・・笑)

このリリースにストラスアイラらしさを問われると、むしろこれはGMのストラスアイラってこんな味だったんだよとしかいえない、カラメルソースのような独特なシェリー感がほぼ全ての同時期リリースに共通する特徴。後はピートがわかりやすかったり、フルーティーさがしっかりあったりとそれぞれキャラクターが異なるという印象です。
この1967に関しては突き抜けた完成度はありませんが、当時のそうしたシェリー感はわかりやすい、まったりと飲める1本です。
最近GMからリリースされることが少なくなったこのタイプのシェリー系ボトル。流通量が多かったので、ストックされているお店も少なからずあるのではと思います。飲まれたことが無い方は、一度経験しておいても良いかもしれませんね。

DSC01919
(ストラスアイラ蒸留所のロビー。飾られた歴代リリースの中には、このGMと同じデザインが採用されたボトルもある。 スペイサイド最古の蒸留所の歴史を感じる空間。Photo by K67)

今更ですが、蒸留所ラベルとはGMがリリースする各蒸留所毎に、特定のデザインのラベルが採用されていたシリーズのこと。現在もリリースが続いている銘柄もあり、ボトラーズでありながらオフィシャルのようなリリースを行なっているストックと生産量はただただ圧巻です。
一部のボトルは、ストラスアイラやマッカランのように、逆にオフィシャルがGMのデザインを逆採用してリリースした事もあるなど、GMの影響力に加え各蒸留所の結びつきの強さが伺えるエピソードとなっています。

ストラスアイラ 25年 蒸留所改修記念 1995年リリース 43%

カテゴリ:
IMG_1318
STRATHISLA
Pure Highland Malt Scotch Whisky
Aged 25 Years
1995's
Special Limited Edition of 600 Bottles
700ml 43%

グラス:グレンケアン
量:30ml程度
場所:BAR飲み(KMC持ち寄り会@Gさん)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バタースコッチやビスケットを思わせる甘くコクのあるアロマ。スワリングしているとバニラ、熟した洋梨、エステリーなフルーティーさが華やかに香り立つ。時間経過で麦芽香、ほのかにスモーキー。

味:とろりとリッチな口当たり、徐々にクリーミーなニュアンス。ボディはしっかりとしており、ナッツ、クラッカー、バタースコッチを思わせる香ばしさと、香り同様にエステリーな甘み、フルーティーさからじわりと土っぽいピートが染み込んでくる。
余韻は華やかで長い。淡くドライな舌触り。古典的なスペイサイドモルト。


ストラスアイラは古典的な蒸留所の外観が美しい、妖精伝説に彩られたスペイサイドを代表する蒸留所。1995年5月、同蒸留所が改修工事を終えた際の記念として600本をリリースした限定ボトルが、今回紹介する1本です。
オフィシャルボトルは12年が1990年代からあるものの、20年オーバーのボトルは通常ラインナップにはありません。
今回のボトルはそのストラスアイラのオフィシャルボトルで25年以上の熟成、オマケに1970年以前の蒸留が確定している、非常に貴重なボトルと言えます。

ストラスアイラのオフィシャル長期熟成・・・といっても、過去の経験は35年のバイセンテナリーボトルくらいしか記憶に無いですが、そのボトルは激ウマ。その他ボトラーズを見ても長期熟成は安定した旨さで、GMには飛びぬけてヤバイボトルもありました。
樽、麦芽、そして1990年代中頃まで続いていたという石炭直火蒸留による伝統的な製造方法などの複合要因があるようです。
(アランビックのストラスアイラ1970、コクと酸味のあるフルーティーなシェリー系モルトだ。)

今回のボトルはシェリー系のこってりとした味わいではなく、同デザインでリリースされていたオフィシャル12年の直系というか完成版とも言える香味の構成。シェリーではなくリフィル系の華やかでコクのある甘い香り立ち、とろりとリッチでフルーティー、そして余韻に香る内陸系の淡いピート。
香味共に厚みのある構成が感じられ、バランスよく旨いボトルに仕上がっています。

以上、リミテッドエディションの名に恥じない良くできたボトルであるのですが、一つだけ「調べれば出てくるだろう」と確認しないままになっていたことが一つ。
このボトルがリリースされたのは1995年であるコトは間違いないようですが、記念されることになった改修工事、何をやったんでしょうね(汗) 
1993年に猫を助けたって、それは違うだろうし。マジで何も出てこない・・・。 
余談:ストラスアイラは、先に述べたように美しい外観にも定評のある蒸留所の一つ。(上写真参考。ストラスアイラ蒸留所外観 Photo by K67)
オフィシャルボトルは1990年代に入ってからのリリースとやや遅い動き出しでしたが、2代目のデザインでボトルに直接刻まれた蒸留所の外観ラベルは秀逸。最近はラベルチェンジで紙ラベルになってしまいましたが、個人的にはこれぞストラスアイラだよなと思うのです。

ストラスアイラ12年 現行品

カテゴリ:
先日ウイスキー仲間からブランドテイスティングのサンプルを頂きました。
仲間間でブラインドサンプルのやり取りを行うことはたまにあるんですが、これもまたウイスキーの楽しみ方のひとつ。
そういえば半年ほど前にもらったサンプルの回答メールが出てきたので、ブログに取り上げようと思います。
自分は現行品も飲んだ上で、ボトラーやオールドもという考え方。この出題は飲めてないボトルでしたしありがたかったですね。
出題内容は、昨年ラベルチェンジを行った、現行品のストラスアイラ12年でした。

Strathisla
12 years old
43% 700ml
strathisla
評価:★★★★★(5)

香り: ホグスヘッド系のさわやかでややドライな甘さのあるオーク香、
ハーブ、蜂蜜、バタークッキー、時間と共に若さも感じられる。
味:スムーズな口当たり、ビター、焦げたカルメ焼き、 少し舌さわりがさらさらしている。
中間からウッディ、えんぴつ、 樽由来と思しきえぐみが感じられる。 微かに焦げたような印象もある。
フィニッシュは単調でのっぺりとしている。ほのかに麦芽香。

(ブラインド回答 ※サンプル容量:50ml)
蒸留所予想:キャパドニック、グレンカダム、アバフェルディ
樽:バーボンホグスヘッド
蒸留年代:1990年代(後半)
熟成年数:15年程度
度数:46%


テイスティング時の感想としては、香りは良かったのですが、樽が強く、その影響からか特に余韻が単調で弱く感じました。
回答が分かった今でも、この樽の強さは意外に感じます。
あれ、ストラスアイラってこんな感じだったっけと。どうもこの蒸留所はマクファイル系リリースのイメージが強く、自分の先入観を是正する意味でもありがたい出題でした。

ブラインドテイスティングは単なる蒸留所当てゲームではなく、そのボトルの味以外の要素に流されない、素の評価が出来る手段だと感じています。
ただ、蒸留所当てゲームも楽しい要素のひとつ。グリコのオマケみたいなもんです。
蒸留所当てでは"これ"という特徴が認識できた場合は一気に蒸留所選定が進むのですが、今回のように中庸で他の蒸留所との共通項が多いと、何か特徴は無いか、絞り込めないかと様々な角度から探ります。
パズルのピースを探す作業に似ていますね。

まずはスペック。
実際は12年で2000年代蒸留中心となりますから、近いところに落とせていますが、12年以上の熟成感を感じたということになります。
度数は40と46では大きな違いがあります。6%もずれてしまっては・・・修行が足りませんねw
いい訳しておくと、これらは樽感の強さから流されてしまったと思います。

そして蒸留所当て。
このサンプルには特筆する特徴がありませんでしたので、地域→酒質の順で入っていきました。
まず地域はスペイサイドだろうと。そして樽が強くそれに対してボディが弱い印象を受けたところから、近年モノの中であまりボディの強くないところでを絞っています。
ただ、なぜかハイランドのカダムが入っているので、その時点で色々迷走しています。
オフィシャルでこんなリリース無いだろうと(笑)
多分ボトラーで何かっていう選択肢を捨て切れなかったんでしょう。

あぁ、こうやって昔解答した内容を時間がたってから考察するのもまた楽しなぁ。
結論、ブラインドって楽しいですね(笑)


このページのトップヘ

見出し画像
×