カテゴリ

カテゴリ:タムデュー

タムデュー 25年 1990-2016 OMC 信濃屋向け 56.9%

カテゴリ:
TAMDHU
OLD MALT CASK
SPEYSIDE REGION
Aged 25 years
Distilled 1990
Bottled 2016
Bottled for SHINANOYA
700ml 56.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:ドライで華やかなアロマ。乾いた麦芽とエステリーな熟成感、ドライアップル、オレンジピール、乾いたウッディネス。時間経過で蜜のような甘い香りも。

味:とろりとした口当たり、エステリーで蜜のような甘み。りんごのコンポート、ナッツや麦芽風味のアクセント、しっかりとした熟成感。
余韻は華やかなオークフレーバーからスモーキーで内陸ピートが染み込むよう。ドライでヒリヒリとしたやや硬いフィニッシュ。

古き良き時代を思わせる、ピートの香るオールドスタイルなスペイサイドモルトだが、現代的なエステリーさも融合している。華やかな樽香と蜜のような熟成感、樽と酒質のバランスは良好で、ここにスモーキーさの合わさる余韻は、個人的にストライクゾーン。開封直後は少し硬い。少量加水すると香りが開き、さらに楽しめる。


信濃屋のプライベートボトルとしてリリースされた、OMCのタムデュー。
タムデューは個人的に好きな蒸留所の一つですが、それはオールドボトルや1960-70年代蒸留のボトラーズの長期熟成が思い浮かんでのこと。
近年のタムデューの酒質は、麦感のある素朴な酒質でボディもほどほど、率直に言えばぱっとしないしみじみ系というイメージでした。

それが今回のボトルは、かつてボトラーズリリースで多く見られた長熟スペイサイドの熟成感と、バーボンホグスヘッド由来の華やかなオークフレーバー。
例えるなら、普段地味な友人が突然バリッと着こなして来たような感じでしょうか。あれ、おまえこんな感じだったっけ!?と。
ややドライですがコクのある酒質から、熟成期間のバランスが感じられるだけでなく。余韻にかけてオフィシャルの通常品では樽感に覆われてしまっている土や木材を思わせるピートフレーバーがじわりと広がり、全体を引き締めていく古典的なスペイサイドのスタイルが良いですね。

近年のボトラーズリリースは、需要の高まりからか、バーボンバレルで短期間に華やかさを付与して強引に仕上げたり、そこに加水をして一見すると飲みやすいものの中間以降ぼやけたような味わいになっているリリースが少なくありません。
今回のリリースはその点、熟成期間を経てしっかりと備わった香味が堪能できる、王道的なスタイルです。
リリース直後の口開けから何度か飲んでいて最近から好みの味わいだったのですが、時間経過で硬さが和らいでさらに良くなって来たなという印象。

ちなみにこのボトルはリリースからあまり話題にならなかった気がします。タムデューというネームバリューか、色が薄いからか、あるいは少し高めの価格も要因としてあったのか。
ただ、それこそこれがロングモーンだったら。。。そんなリリースだと感じるわけです。
ひとつのスペイサイドモルトとして、フラットに楽しみたい1本です。

タムデュー 33年 1969-2003 ハートブラザーズ 40.5%

カテゴリ:
IMG_3659
TAMDHU
HART BROTHERS
Aged 33 Years
Distilled 1969
Bottled 2003
Cask type Hogshead
700ml 40.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキーな軽い香り立ち。乾いた牧草、バニラ、バナナケーキの甘み、ほのかにパイナップルを思わせるフルーティーさ。時間経過で林檎や土っぽい香りも開いてくる。

味:ドライでナッティ、ほろ苦い乾いたウッディネスから軽い刺激を伴う口当たり。すぐにバニラの甘みと麦芽風味、洋梨。ボディはライトで樽感主体の構成。
余韻はスパイシーで華やか、オーキーなフルーティーさと麦芽風味を伴い長く続く。

所謂樽しゃぶり系ウイスキーで、ホグスヘッド系のフレーバーが主体的なボトルだが、中間以降の麦芽風味にタムデューらしさを感じる。少量の加水で香りは麦芽香主体に、味はドライさが和らぐものの、全体的にプラスとは言いがたい。
タムデューは2010年に一時閉鎖され、2013年に再稼働。古くは1972年及び1975年にそれぞれ改修工事がされており、今回のボトルはその前の蒸留。原酒にどんな違いがもたらされたのかは。。。


度数落ちの典型例とも言えるフレーバー構成。当時のハートブラザーズはこの手のリリースが多い印象があります。
ハートブラザーズは1990年代頃は43%や46%の加水ボトルを主体にリリースしていましたが、ラベルが変わってからはカスクストレングスで度数落ちリリースがメイン。元々加水で出すので度数はあまり関係なく樽買いしていたものの、カスクストレングスの需要が増えたのでそのままリリースするようになった(結果、低度数が多かったが、最近は高度数化)、という流れでしょうか。あくまで推測に過ぎませんが、最近見なくなってしまったリリースの傾向です。

このブログでも度々触れていますが、ウイスキーの熟成は足し算と引き算の積み重ねです。
(某メーカーが「何も足さない、何も引かない」というキャッチコピーを使っていましたが、それでは一体何を作っているんだと。)
足し算は樽由来の香味、あるいは熟成させる場所の空気を介したその土地の何か。引き算はウイスキーを構成する成分。熟成が進めば樽由来の香味の足し算と共に、樽の呼吸を解してアルコールや雑味といった要素が引かれていくのですが、実は引き算される要素もまた、ウイスキーの香味の厚みや複雑さ、言い換えれば個性を担っているところもあり、必要以上に引き算が続くとこの度数落ちのボトルのようにボディが軽く、樽の香味だけが残っていくような構成になる。つまり、過熟です。

ピークがどこにくるかは熟成させる原酒の酒質に加え、樽の種類、さらには熟成環境(気温や湿度)が大きく異なり、一概には判りませんが、流石にホグスヘッドで度数が40%ギリギリまで落ちる40年はやりすぎ。
とはいえ、テイスティングにも書いたように、樽感主体の味わいの中に、1960年代のモルトに感じられる土っぽさ、麦の味わいが残っており、最後の輝きを楽しむことは出来ます。
また、度数が低いので開封後足の速いモルトかと思いきや、あまりへたることなく、樽感もまだまだパリッとしている。最近ようやく麦芽系の甘い風味が感じやすくなったのは収穫でした。

IMG_3664

以下雑談。
さる3月25日は私の誕生日。今年で33歳となりました。
せっかくなので生まれ年、1984年蒸留の何かを開けるかとも思いましたが、ちょうど良いモノが無かったので33年熟成のウイスキーを飲むことにしたわけです。
こういうとき、1980年代のロストビンテージ生まれはなかなか苦労しますね。

家族での誕生パーティーメニューは、我が家の最重要事項である息子の一声で"餃子"に。ハンバーグとかステーキじゃなくて、餃子なのか・・・(笑)。これにケーキですから、テーブルの上にちょっとした異世界が広がっています。
土曜の日中外出する妻に代わり、自分で自分の誕生日を祝うメニューを作る妻子持ち会社員(33)。
そんな疲れも吹き飛ぶ息子と妻が歌う誕生日ソング。後片付け含め、昨晩は完璧にやりきりました。

タムデュー 10年 43% オフィシャル

カテゴリ:
IMG_2714
TAMDHU
Speyside Single Malt
Aged 10 years
43% 700ml

グラス:グレンケアン
量:30ml
場所:BAR飲み(Eclipse)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:近年系シェリーの甘み、ドライプルーン、ほのかにチャーオーク系のウッディネス。奥から麦芽系のアロマもあり、ポッキーを連想するようなチョコレート香。

味:柔らかくコクのある口当たりから、香り同様に近年系統のシェリーフレーバー。プルーン、ブラウンシュガー。中間はやや単調であまり変化は無いが、ウッディーなほろ苦さ、ゆるい甘みが続く。余韻はドライで少しスパイシー。


そう言えばラベルチェンジしてからテイスティングしてしていなかった、タムデューのニューボトル。以前リリースされていたトールボトルから比べると、ぱっと見ブランデーにも見える独特なボトルデザイン。確か有名なデザイナーが手がけたとかいう話を聞いた記憶があります。
以前このブログのコメント欄で「シェリー感が程よい」と情報をいただいたこともあり、機会があったのでテイスティングしてみました。

所謂近年系のシーズニングシェリー味ですが、まろやかでスムーズな飲み口から、ふわりと広がるシェリー樽の甘い味わい。現行品のタムデューのバッチリリースに「綺麗な擬似シェリー」というイメージがありましたが、これもまたその系統。 
10年という原酒構成仕様、酒質などからそこまで厚みや複雑さがあるボトルでなく、飲みごたえは決して強くありません。
ただ、逆に飲みやすくわかり易い香味は、ウイスキー飲み始めの人でも気軽に楽しめるのではないかと思います。
位置づけはポストマッカランって感じですね。

IMG_3575
(タムデュー15年、1980年代流通。今回紹介した10年同様にゆるいシェリー感が特徴。)

タムデューはオールドボトルでま振り返ると、1世代前のトールボトルはあまり樽感も強くなくライトな印象ですが、1980年代にリリースされていた写真の15年などは、当時の樽事情からかオールドタイプのシェリーのニュアンスが主体的。
今回ラベルチェンジしたボトルが柔らかいシェリータイプに戻ったあたり、原点回帰の姿を感じられて懐かしい気持ちになれました。

タムデュー バッチストレングス 58.8% Batch No,1

カテゴリ:
TAMDHU 
Batch Strength 
Batch No, 001 
Matured in Sherry Casks 
700ml 58.8% 

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライプルーンやレーズンチョコレートを思わせる、甘くほのかにビターな香り立ち。
スワリングするとツンとしたアルコール感、徐々にシナモンなどのスパイス香や木香、クッキーを思わせる甘みが開いてくる。

味:とろりと濃厚でピリッとした刺激を感じる口当たり。ブラウンシュガーやドライプルーンの甘みと乾いた麦芽の香ばしさ、アプリコットを思わせるほのかな酸味。また、時間経過でクリーミーなニュアンスも感じられる。
余韻はウッディーな苦味と微かな生木っぽさ、ハイプルーフらしいトーンの高い刺激。そして序盤の甘みが最後まで続いていく。

タムデュー(イアンマクロード社)からリリースされた、バッチスタイルのリミテッドリリース。タムデュー・バッチストレングスの第一弾です。
タムデューといえば、蒸留所の休止明けから今回と同じブランデーにありそうなボトルデザインでオフィシャルリリースを行っていますが、聞けば著名なデザイナーによる作品なのだとか。(ラベルや箱はカッコ良いと思います。)
中身はシェリー樽原酒のみで構成された、カスクストレングスのシングルモルト。嫌味な部分があまり無く、綺麗な近年タイプのシェリー系ウイスキーに仕上がっています。

今回のボトルを2016年3月現在の価格帯で考えると、ハイプルーフでシェリー系のウイスキーは
・アベラワー・アブナック
・グレンリベット・ナデューラ
・グレンドロナック・カスクストレングス
・(多少価格は下がりますが)グレンファークラス105

あたりがオフィシャル通常ラインナップにあるわけですが、選択肢として充分考えられるクオリティ。アブナックやナデューラよりシェリーの濃さは劣るモノの、個人的にはこれら4本より、タムデューバッチストレングスのほうが好みです。
タムデューらしさの感じられる、酒質そのものの香味や厚みと、シェリー樽由来のフレーバーのバランスが良く、嫌味の少なさに加えて多層的な広がり方があるのも印象的でした。
今飲んで楽しめるのは勿論、10年後くらいに飲めばアルコールのカドが取れ、さらにまとまりが良くなることが期待できる、面白いリリースだと思います。

タムデューはオールドボトルに加え、以前リリースされていたオフィシャル25年やボトラーズなどで好みなボトルが多かっただけに、こうしてまた期待できるリリースが増えてくることは非常に嬉しいです。

タムデュー19年 (1989-2009) ダグラスレイン オールド&レア

カテゴリ:
近年系のシェリー樽熟成ウイスキーは1970年代以前のそれと大きく味が異なりますが、近年モノであっても、かつての風味と同じ傾向の味わいを出すボトル が稀にリリースされます。
このタムデューもその1本で、リリース当時モルトラヴァーの間では話題になっていたようですが、2009年はまだ1960年代も飲めたので、自分なんかはイマイチありがたみも分かっておらず。
当時のシェリー樽熟成のウイスキーを思わせるフルーツ感があり、嫌味も少ない。こういうリリースが増えてほしいと願わずにはいられない、 オールドスタイルの濃厚シェリー樽熟成ウイスキーです。

Old & Rera
TAMDHU
Aged 19years
Distilled 1989
Bottled 2009
700ml 55.8%

暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:艶のある濃い甘さ、黒蜜にレーズン、プルーン、ドライフルーツの甘酸っぱさが香り、徐々にコーヒーを思わせるビターなアロマへ。

味:濃厚で香り同様に濃い甘さ、嫌味の少ないシェリー感に、レーズンやベリージャム系のフルーティーさ、オールブラン、カカオ多めのチョコの少し粉っぽい舌触りも感じる。
余韻は染み込むようにビターなタンニンとベリー感。長く続く。

らしさはともかく、総合的に良くできたシェリー系ウイスキー。そもそも
どこからこの樽が出てきたのか、何が違うのか実に興味深い。樽違いもあるようで、味の違いも気になります。(樽違いは57.1% 235本ボトリング。)
少し粉っぽさが感じられましたが、昔懐かしい風味があり、こういうのを近年蒸留モノで飲むとジーンときちゃいます。葉巻と合わせても威力を発揮しそうです。

タムデューのハウススタイルと言えば・・・あまり際立ったモノはありませんが、麦芽風味ですね。モルトウイスキーの基本的なスタイルとも言える構成の一つで、味付けしだいでなんにでもなるような、そんな印象を受けます。ブレンデットウイスキー用の原酒として相当量使われているのも納得です。
そのタムデューのオフィシャルシングルモルト(1970から1980年代前後流通)はバランスの良いシェリー樽風味の構成でした。今回のボトルは、オールドスタイルのタムデューを形作った原酒の一つと言えるかもしれません。

スペックだけ見ればタムデューらしい麦芽風味が圧殺されて、そこにゴムや生臭さの感じる近年濃厚シェリー仕上げとか、すいません何の罰ゲームとか思ってしまった自分がいます。大変申し訳ない、見かけで判断してはいけませんね。

このページのトップヘ

見出し画像
×