カテゴリ

カテゴリ:カナディアン

クラウンローヤル ノーザン ハーベスト ライ ”ウイスキーバイブル2016 ワールドベストウイスキー”

カテゴリ:

CROWN ROYAL
Northern Harvest RYE
90% Rye Whisky
45% 750ml
"Jim Murray's 2016 World Whisky of the Year"
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ウイスキーで理解されているパフューム香とは異なる香水や芳香剤そのもののような人工的な華やかな香り立ち。レモンシロップ、アップルジュース、切り出した青竹のような清涼な植物感、深く吸い込むとゴム、軽油のようなケミカル、微かなセメダイン臭もある。
ボディは薄く香りは持続しない。時間経過で華やかさは収まっていき、穀物的な甘い香りが主体となる。

味:滑らかだがオイリーで徐々にべったりした口当たり、そこから酸味の少ないアップルジュース、スペアミント、華やかな穀物感。中間から後半にかけては淡い樽感も感じられるが、ボディに厚みはなく、やや単調気味。
フィニッシュは人工的なシロップのような甘み、べったりと長く残る余韻。

違和感を感じるほどの華やかさの中で、意識的に紐付けていけば、カナディアンらしさ、ライ系の風味も感じられるボトル。例えるなら近年見られるアイリッシュのフルーティーさを、グレーンで出そうとしたような。
グラスは液面が近いタイプのほうが香味がわかりやすいようで、グレンケアンでハーフショットなどでは細かい要素が拾いづらい印象。ハイボールはスッキリ系だが少々薬臭い。ロックにするとオイリーさが収まりグレーン系の香味と甘さが引き立つ。爽やかで引っ掛かりがなく、夏場に飲みたいウイスキー。


先日記事にしたジムマーレイ著のウイスキーバイブル2016、その中で全テイスティングアイテム中最高得点となる97.5ポイントを獲得。直近でリリースされたジャパニーズ、バーボン、スコッチらを抑えてワールドウイスキーオブザイヤーに輝いた、全世界注目のアイテムです。 
このウイスキーに関して、飲み手各位が注目する要素は、最高点に相応しい旨さがあるかどうかだと思います。
なので結論から書くと、マズくはないが旨いウイスキーとは言い難く、加点するかも悩みました。はっきり言って、これが世界一とする評価には疑問を感じざるを得ないレベルです。

口開けで感じた露骨な華やかさ、飲みやすさが琴線に触れたのかもしれませんが、そうであっても好みというかウイスキーに対する考え方、世界観の違いを感じます。
例えばパフュームボウモアが世界一のモルトだと評価するようなもの。大多数の飲み手は間違いなく賛同しないでしょう。

カナディアンウイスキーは、連続式蒸留器で穀類を原料としたもろみを蒸留する、ざっくり言ってしまえばグレーンウイスキーです。 
グレーンウイスキーの香味については飲んでいただくのが一番ですが、ライトなバーボンと言えば、流石にこのブログを読まれている方には、ほぼ全員に通じると思います。
ライト&スムーズ、華やかで軽やか、穀物的なバニラ風味、モノによってはフルーツ感もあるが香味の傾向は単調気味。
そうした傾向の風味は、このクラウンローヤル ライにもあるはあるのですが、香味の強いフレーバリングウイスキーに該当する原酒を9割以上使っていることが、今回の独特な香味に繋がっているようです。
注ぎたては特に芳香剤や薬品系の人工的な華やかさが支配的で、奥から感じられるグレーンの風味が逆に「あぁ、ウイスキーだ」と安心させてくれるほど。

これまでライウイスキーは何度か飲んできましたが、そのどれとも傾向が異なる。目をつぶってブラインドで出されたら、ウイスキーではないものを解答してしまうかもしれません。
ちなみに原料比率で全体の90%を締めるライ麦、このライ麦はカナダ産のものが使われており、かつてウイスキーマガジン上で特集された、ライ麦はヨーロッパ産のほうが適しているという特集にカウンターを入れた形にもなっています。

ライ麦を知る【後半/全2回】 ウイスキーマガジン
http://whiskymag.jp/rye_2/


クラウンローヤル ライは現時点で日本では販売されておらず、カナダでも昨年12月から売り切れが続出しているそうです。
そんな中、ウイスキー仲間のIさんが、ブログネタ、ならびにTWDのテイスティングで使ってくださいとボトルを届けてくださいました。
IさんとはFBでの繋がりで、お会いしたのは昨年11月のアラン20周年イベントで1度きり。それがこんな貴重な機会を頂けるとは・・・感謝以外に言葉がありません。
このボトルに開封を躊躇する理由もなく。即日開封、即日テイスティングさせていただきました。 (おかげで今日は寝不足ですw)
Iさん、本当にありがとうございました!

ウイスキーバイブル2016 全アワード一覧

カテゴリ:

先日投稿したジムマーレイ著のウイスキーバイブル2016のアワードですが、全グループにおけるウィナーをまとめたらしいサイトのリンクを追加したところ、リンク先のページが重すぎるのか、スクリプトエラーか、スマホや特定のブラウザで読み込むと落ちて見れないという話を聞いたので、お行儀は悪いですがこちらに引用しておきます。


それにしても改めて見ると、ワールドウイスキーオブザイヤーのカテゴリーでスコッチが1つもなく、トップ2がライウイスキーで、さらにライトでフルーティーな傾向が強いアイリッシュが続く。5位にはちゃっかり山崎ミズナラですよw(でも45ポンドって??)。
飲めていないのでなんとも言えませんが、華やかなタイプに琴線が触れたのでしょうか。あるいはスコッチはスコッチで、ワールドのほうはこれから盛り上げていきたいグループをノミネートしているのか。
WWAでも2014年にタスマニアンモルト、2015年にカヴァランと、何だかマジかよってチョイスが続いてますが、仮にそういうので盛り上げても実力が伴わないと続かないんじゃないかなーと思ってしまうわけです。(カヴァランはともかく、サリバンズコープなんて・・・ねぇ。)
対するスコッチのベストはというと、最高点はグレンファークラス1957。聞くところによるとファークラスは1950年代の樽をいまだに保有しているそうで、ついこの前は2014年ボトリングで1956蒸留もリリースしていました。
最近リリースされた1990も評判良いみたいですね。つくづくすごい蒸留所です。ジムマーレイ氏の本命はコレなんじゃないかなーと邪推しつつ、今回はこの辺で。

引用元:Scots left reeling as Canadian whisky named world's best
http://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/news/scots-left-reeling-as-canadian-whisky-named-worlds-best/


Jim Murray's 2016 World Whiskies of the Year
1.Crown Royal Northern Harvest Rye (Canada) - £47 a bottle
2.Pikesville Straight Rye (USA) - £33 a bottle
3.Midleton Dair Ghaelach (Ireland) - £180 a bottle
4.William Larue Weller Bourbon (Bot.2014) (USA) - £65 a bottle
5.Suntory Yamazaki Mizunara (Bot.2014) (Japan) - £45 a bottle

The winners in full
【SCOTCH】
Scotch Whisky of the Year - Glenfarclas 1957 Family Casks #2110
Single Malt of the Year (Multiple Casks) - Glen Grant 10yo
Single Malt of the Year (Single Cask) - Glenfarclas 1957 Family Casks #2110
Scotch Blend of the Year - The Last Drop 50yo
Scotch Grain of the Year - Clan Deny Cambus 1987 25yo #9320
Scotch Vatted Malt of the Year - Compass Box The Lost Blend

【SINGLE MALT SCOTCH】
No Age Statement (Multiple Casks) - Ardberg Supernova 2009
No Age Statement (Runner Up) - Laphroaig An Cuan Mor
10 Years & Under (Multiple Casks) - Glen Grant 10yo
10 Years & Under (Single Cask) - Saar Gruwehewwel
11-15 Years (Multiple Casks) - Gordon and MacPhail Connoisseurs Choice Strathmill 2002
11-15 Years (Single Cask) - SMWS 4.199 (Highland Park 1999)
16-21 Years (Multiple Casks) - Old Pulteney 21yo
16-21 Years (Single Cask) - Old Malt Cask Highland Park 1998
22-27 Years (Multiple Casks) - Glen Moray Port Cask Finish
22-27 Years (Single Cask) - Wemyss Kirsch Gateau (Bunnahabhain)
28-34 Years (Multiple Casks) - Tomatin 1988 25yo Batch 2
28-34 Years (Single Cask) - Glenfarclas 1985 Family Casks #2593
35-40 Years (Multiple Casks) - Tomatin 36yo Rare Casks Batch 1
35-40 Years (Single Cask) - BenRiach 1977 Batch 11
41 Years & Over (Multiple Casks) - Ledaig 42 Years Old
41 Years & Over (Single Cask) - Glenfarclas 1957 Family Casks #2110

【BLENDED SCOTCH】
No Age Statement (Standard) - Ballantine’s Finest
No Age Statement (Premium) - Ballantine’s Limited
5-12 Years - Johnie Walker Black Label
13-18 Years - Ballantine’s 17
19 – 25 Years - Royal Salute 21
26 – 50 Years - The Last Drop 50 Years Old Sherry Wood

【IRISH WHISKEY】
Irish Whiskey of the Year - Midleton Dair Ghaelach
Irish Pot Still Whiskey of the Year - Midleton Dair Ghaelach
Irish Single Malt of the Year - SMWS 118.3
Irish Blend of the Year - Powers Gold Label

【AMERICAN WHISKEY】
Bourbon of the Year - William Larue Weller 2014
Rye of the Year - Pikesville Rye 110 Proof
US Micro Whisky of the Year - Notch 12
US Micro Whisky of the Year (Runner Up) - McCarthy’s Batch U14-01

【BOURBON】
No Age Statement (Multiple Barrels) - William Larue Weller 2014
No Age Statement (Single Barrel) - Buffalo Trace Single Oak Project Barrel 20
9 Years & Under - Booker’s Bourbon 63.95%
10-17 Years (Multiple Barrels) - Eagle Rare 17yo 2014

【RYE】
No Age Statement - Thomas H Handy
Up to 10 Years - Pikesville Straight Rye 110 Proof
11 Years & Over - Sazerac 18yo 2014

【WHEAT】
Wheat Whiskey of the Year - Parker’s Heritage 13yo / Release 8

【CANADIAN WHISKY】
Canadian Whisky of the Year - Crown Royal Northern Harvest Rye

【JAPANESE WHISKY】
Japanese Whisky of the Year - Yamazaki Mizunara 2014 (Japan only)
Single Malt of the Year (Multiple Barrels) - Yamazaki Mizunara 2014 (Japan only)
Single Malt of the Year (Single Barrel) - SMWS 119.14

【EUROPEAN WHISKY】
European Whisky of the Year (Multiple) - English Whisky Co. Chapter 16 / Peated Sherry Cask
European Whisky of the Year (Single) - Kornog Taouarc’h Chweec’hved 14 BC

【WORLD WHISKIES】
Asian Whisky of the Year - Amrut Greedy Angels 10yo
Southern Hemisphere Whisky of the Year - Heartwood The Good Convict


ウイスキーバイブル2016、ワールドベストウイスキー発表 今年はカナディアンウイスキーに光!?

カテゴリ:

さる11月19日のこと、ウイスキーバイブルにおいて今年のワールドベストウイスキーおよびいくつかのアワードが公式発表されました。
ウイスキーバイブルはライターのジムマーレイ氏が世界中のウイスキーを飲み、テイスティングやスコアをまとめて毎年発行している書籍であり、ウイスキーバイブル2016には4600種類のウイスキー(うち1000種類がニューボトル)が掲載されているそうです。
昨年発行されたウイスキーバイブル2015においては、山崎シェリーカスク2013がワールドベストウイスキーとして掲載され、日本国内が大いに沸いた(というよりブームに乗じてメディアが騒いだ)ため、ご存知の方も多いと思います。
 
あれから1年、そういやぼちぼち発表されてるんじゃないかと思い出して調べてみたところ、つい1週間ほど前にウイスキーバイブル2016の発売と、ベストウイスキー等の各タイトルが決定した旨のプレスリリースが出ていました。
今年のワールドベストウイスキーは、カナディアンウイスキー、クラウンローヤルのライウイスキー、だそうです。
重要なことなのでもう一度言います。
今年のワールドベストウイスキーは、100点満点で97.5点を獲得したカナディアンウイスキー、クラウンローヤル ノーザンハーベスト ライ だそうです。

CROWN ROYAL Northern Harvest RYE 
90% Rye Whisky 45% 750ml 

 
これはもはや事件です。
一切報道しないジャパニーズメディア各社はいつもの通りですが、海外のWEB媒体等は精力的に本件を報道。特にカナダ系メディアは相当テンション上がってる感じです。
カナディアンウイスキーと言えば、ジャパニーズウイスキーブームの中でのキリンウイスキーくらいというか、それ以上に鳴かず飛ばずで、個人的にはコーラで割るモノとかカクテルのベースくらいにしか考えておらず。
ジムマーレイ氏も「ぶっちゃけカナディアンって近年アレだから、カテゴリー無くそうかなって思ってたんだよね。」とリリース中にて語っているほど、その存在感は味同様にライトで希薄だったわけですが、それが受賞したとあれば気にならないわけがありません。
同銘柄は現時点で日本には入っていないので、キリンさん早く輸入してくれないかなー。

とはいえ、前回の受賞がそうであったように、これは影響力のある一個人による評価でしかないものです。ただでさえ海外の飲み手の好みと日本人の好みはずれているなと感じる部分が多い中で、"旨い"と感じるかは未知数です。
実際これまで飲んできた中で、カナディアンウイスキーはアルバータスプリング等オールドボトルには多少見るモノがあると思いますが、古いから良いというわけでもなく、かといって現行品はもっとアレなので、近年のWWAが迷走しているような「壮大なリップサービスじゃないか」という気持ちが無いわけでもありません。
評価される下地としてはアルコール飲料じゃ話になりませんから、認められる何かはあるんだろうなと思います。
 
Jim Murray's 2016 World Whiskies of the Year
1.Crown Royal Northern Harvest Rye (Canada) - £47 a bottle
2.Pikesville Straight Rye (USA) - £33 a bottle
3.Midleton Dair Ghaelach (Ireland) - £180 a bottle
4.William Larue Weller Bourbon (Bot.2014) (USA) - £65 a bottle
5.Suntory Yamazaki Mizunara (Bot.2014) (Japan) - £45 a bottle

以下に全カテゴリーの詳細情報が掲載されています。公式からの引用ではありませんが、ご参考まで。
Scots left reeling as Canadian whisky named world's best 

カナディアンクラブ 1940年代流通

カテゴリ:
昨夜は帰宅後1記事書いて力尽きてしまったので、こういう時は過去記事の移設で貯金を使いますw
カナディアンウイスキーについては店頭在庫があったりやすかったりで、そこそこオールドまで飲んでいます。
現行品についてはお察しくださいレベルで、オールドであっても味の単調さから1本まるっと飲むのはツライんですが・・・この独特な甘い飲み口は、たまに飲みたくなります。

CANADIANCLUB
750ml? 40%?
1940's
評価:★★★★★(5)

"柔らかい甘さと軽やかな香り立ち、バニラ、サトウキビ、小麦やトウモロコシなどの穀類を思わせるアロマ。
口当たりは柔らかくボディはライト、全体的に緩やかで薄めた糖蜜、バニラの甘さ。
フィニッシュはウッディな苦味を感じた後、ゆっくりと後に残らず消えていく。
まさにライド&スムース。"


ラベルにキングジョージ五世の没年(1936年)表記があるので、それ以降の流通と思われるボトル。
カナディアンウイスキーのオールドは、TAXシールに出荷年次が記載されているので流通年がわかりやすいですが、このボトルはさらに古いTAXシールのためか印字がありませんでした。
カナディアンクラブの通称であるCCの表記がなく、1950年代流通以降のものとはラベルやボトルタイプが違うので1940年代流通と見るのが妥当でしょう。
今から70〜80年ほど前のボトルと言うことになります。

(キングジョージ5世の国王在任期間の表記、キングジョージ6世の没年1962年以降は、この下にキングジョージ6世の表記が入る。)

カナディアンクラブといえば、禁酒法時代前後の大躍進無くしては語れません。
特に禁酒法時代まっただ中、アルカポネが密輸するために開発させたというスキットル型のボトル(ゲートボトル)は、オールド好きならず、話を聞いた人なら一度は興味を持つのではないでしょうか。
禁酒法の時代は1920年から1933年、今回のボトルはその後のモノになりますが、時期的にまだまだバーボンは復活しておらず、アメリカ市場を席巻していたころのものです。

穀類を連続蒸留するカナディアンやバーボンは、総じて同様の蒸留方式で作られるグレーンウィスキー系の味になります。
特にカナディアンは樽が新樽縛りではないためか、バーボンに比べて樽香が柔らかいものが多く、穀類由来の香味、バニラのような甘さ、文字通りスムースでライトを地でいく酒質です。
蒸留方法の関係もあって、1980、1970、1960・・・それぞれの年代の流通モノを飲み比べても方向性に大きな違いは感じられません。しいて言えば1980年代は雑味が少し増えたかなあという感じ。
以上からの推測ですが、禁酒法時代のものとその香味において大きな違いは無いと考えられます。

そして、オールドで違いがないなら、現行品でも違いは少ないはず・・・なんです。
ところが現行品と、オールド(1980年代以前)のカナディアンクラブを比較するとまったく味が違います。
現行のカナディアンクラブをディスるつもりはありませんが、効率化による大量のアルコール精製は、こういう形で味に響くんだなぁと感じる、現在のウィスキーを見る上でも、ひとつの指標のようとなるように思えてくるのです。

BAR等で見かけましたら、現行品とオールドとの飲み比べをすると、面白いと思います。


※本記事は昨年2月にWhisky linkに投稿したものを、一部加筆修正したものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×