カテゴリ

カテゴリ:グレンオード

グレンオード 26年 1962-1988 水橋(ミズハシ) 56.5%

カテゴリ:

ORD
Cadenhead
Aged 26 Years
Distilled 1962
Bottled 1988
For MIZUHASHI
750ml 56.5%

グラス:木村硝子古酒 リーデルソムリエ・ブルゴーニュグランクリュ
量:30ml以上
場所:個人宅(Whisky Linkイベント)
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★★★(8)
※リーデルソムリエ・ブルゴーニュグラスの場合★9

香り:酸味のある麦芽香、最初は乾いた木の香りが鼻を突くが、徐々に蜂蜜レモンや煮た林檎、クリーミーな甘みが開いていくる。口当たりはフレッシュでアルコール感に勢いはあるが、同時にこなれた印象もあり、経年を感じる。

味:粘性のあるパワフルな口当たり、麦感、バニラの甘みと林檎ジャム、こなれたアルコール感と乾いた木のエッジ。ボディは厚みがあり、強い旨みがストレートに広がる。
余韻は香りにもある蜂蜜レモンのようなオーク香、そして麦感、最後までリッチで長く続く。


コアなウイスキードリンカーにとっては伝説的な1本、六本木の株式会社水橋が関わったボトリング。
樽の出元はケイデンヘッド、近年ボトラーズのようにオーキーなフレーバー主体ではなく、淡い樽感にオードらしい麦芽風味と柑橘や梅を思わせる酸味を纏った酒質主体の香味が、いかにもという印象です。 

同じ1962年蒸留では、ケイデンヘッドのダッシークリストファーカナン(1989年ボトリング)、サマローリのブーケ(1984年ボトリング)を飲んでいますが、水橋のオードが一番ストレートに酒質そのものの旨味を感じられる味わいだなと感じました。
グラスチョイスは写真のような小ぶりなグラスだと平均的、大口径グラスであるリーデルソムリエ・ブルゴーニュグランクリュでは圧倒的な香り立ちで、まさに卒倒です。

こうしたウイスキーを飲んで度々思うことは、樽詰め直後はもっとギスギスした強い味わいで、ボトリング直後に飲んでいたら、また違った評価になったんだろうなということ。ボトリング後約25年、さらには開封後約3年という時間経過によって変化した。このボトルもまた口開けから段階的に飲ませていただいているわけですが、飲み終わりに来てまた違った魅力を纏ったように思います。

ウイスキーは「ボトリング後は熟成しない」という定説から、ワインのように熟成させるものではないという考えが広まっていました。実際ウイスキーの定義で考えれば、ボトリング後は樽材を通じた呼吸がないので"熟成はしない"のでしょう。しかし、不変であるということはありえません。
このオードは狙って瓶熟されたわけではなく、当時の日本がウイスキーブームの下降時期にあったことと、ブームでありながらウイスキーに関する知識が乏しかったこと、さらには景気の良さなど、様々な要素が重なって奇跡的に今現在の日本にあるわけです。

今と昔では原料も製法も違いますから、必ずしもこのように育つとは言い切れませんが、中には「これは」と思うボトルもあります。今の世代には、奇跡を待つのではなく自分たちで作っていく姿勢が求められるのかもしれません。

オード26年 (1962-1989) ロバート・W・ダッシー

カテゴリ:
土曜日はウイスキー仲間主催の持ち寄り会にお呼ばれ、参加してきました。
これまで持ち寄り会は度々参加していますし、それらは全て楽しい会なのですが、久々に内容が濃いと感じた持ち寄り会だったと思います。
参加者のレベルが一定値以上にあったことは勿論、会場も良かった。なんせ麻布のウォッカですから。1杯1杯順番に出て来てじっくり深堀りできましたし、定期的に参加させて頂いているモルトナイトを連想させるものがありました。プロのサーブが付いていたというのもポイントだったと思います。

色々飲ませて頂き、ラスボス級のボトルも多々ありましたが、目玉は主催者持ち込みのこのオードでしょう。
今日は余計な前置きなんて不要。この中身が全てです。口開けからじっくり時間をかけて飲む事で、花開く香味の数々、オードという蒸留所の素晴らしいポテンシャルに圧倒されました。

R.W.DUTHIE
ORD Distillery
26 years old
Distilled 1962
Bottled 1989
750ml 56.2%

暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:最初はくすんだ香り立ちだが、スワリングして時間を置くと輝きを取り戻していく。
和三盆を思わせる品の良い甘さから、麦芽、ドライパイナップル、白葡萄、お菓子のラムネ、徐々にオーク香や梅を思わせる酸味もある。華やかな香り立ちで多層的、長い眠りから覚めて沸き出てくるアロマは筆舌に尽くしがたい。

味:バランスが良く、しっかりとした厚みと旨みが感じられる口当たり。
リッチな麦芽感、蜂蜜、微かに乾いた木材やアーモンド。中盤、微かな酸味が全体を引き締めている。加水でホワイトチョコレートやカスタードのよう。
フィニッシュはビターでスパイシー、ほのかなオールドピートと麦芽感が染みこむように残る。

味に関しては旨みの濃さとフレーバーのテクスチャーが素晴らしいと言える構成。
加水してもあまり変化は見られなかった・・・というより香りの多層的な要素が鈍った印象すらある。


泣く子も黙るダッシー社のクリストファー・カナンシリーズ。諸々の事情で当時国内にあまり流通しなかったボトルと言われており、まさか飲む機会に恵まれるとは思っていませんでした。
ダッシーとしては昨年9月と11月に飲ませていただいた北米向け3種(ボウモア、ロングモーン、クライヌリッシュ)が素晴らしく、このボトルも期待が高まりまくり。系統としては、樽でいじった感じは無く、正統派にオードなボトルで、麦芽感に華やかさがあり、しっかりとした厚みも感じられます。
特に香りが素晴らしく、ここまで開くかというくらいの香り立ちは飲み手の本能を鷲掴みにするに十分すぎるレベル。
同じ1962でケイデンヘッドというとミズハシがありますが、ミズハシのほうがパワフルで力強く、また微かな酸味を伴う麦感は、最強のオードと言われるブーケ・オード1962とも共通するところがあります。

しかし誤解を恐れず言えば、これは私レベルの舌で1杯で語るには「おこがましい」、その領域にあるボトルだと思います。
だからこそ同じテーブルで、同じ瞬間にこのボトルの意見を共有できたことは、深堀する上で大きな助けとなりました。
(これはWhisky linkでタケモトさんが提唱されてるスタイルですね。)

今回はおかわり含め、1ショット以上は確実に飲ませて頂きましたが、"底"は見えませんでした。
飲み手の力量は、1杯、あるいは1本という限られた量の中で、そのボトルの深みにどれだけ潜れるかという事だと考えています。そして良いボトルとはどれだけ深さがあるか、それが基準の一つだと思うのですが、このダッシー・オードは思わず姿勢を正して飲んでしまったほど。
恐らくこのボトルで感動できるようになるには、それなりの場数と経験を踏んでいなければならず、そういう点で、なんともケイデンヘッドの系譜ダッシーらしい、飲み手側の力量が試されるボトルでもありました。

今回感じ取れた要素は全てでは無いでしょう。1ヶ月後、半年後、あるいは1年後に飲めばまた違う姿を見せてくれるはずです。今の自分の力量では、このボトルを計りきることは出来ませんでしたが、同時に久々にワクワクさせて貰いました。
またさらに成長して、会いに行きたいです。

Tさん、素晴らしいボトルと素晴らしい会のセッティング、ありがとうございました!!

グレンオード 10年(1985-1995) ケイデンヘッド

カテゴリ:
一昨日はブラックニッカディープ漬け。
まずストレートで飲み、時間を置くため2杯目をグラスに注いだまま、今度はハイボールを作り、ハイボールをぐいっとやったら置いておいたグラスでストレートを確認・・・と、かなり飲みましたw
まぁあとこれで日を置いて飲んだりグラスを変えたりすると、また違う発見があったりするんですが、とりあえず一旦ココまでで。

今日は我が家の開封済みボトル達のご機嫌を聞いて回ろうと思います。
この辺はマニアックなところが多く、果たしてUPして需要があるのかと思うものもあり、軽く躊躇してしまいますが、先日開封済みボトルの寿命的なコメントを頂きましたので、我が家の開封ボトルで最古参だろうと思われるものの一つを投稿します。

GLEN ORD
CADENHEAD
Authentic Collection
AGED 10 YEARS
Distilled 1985 March
Bottled 1995 July
56.9% 700ml

評価:★★★★★★(6)

"サトウキビのような植物質な甘さを伴うトーンの高いアロマ。アルコール感、乾燥した麦芽香や白木。微かにひねた香りもある。
口当たりは麦感豊富。典型的なオードタイプ。ねっとりとしたコクがあり、徐々にスパイスも。
フィニッシュは序盤の香味そのまま、微かに植物質を伴う苦味と、べっこう飴の甘さが残る。"

あぁ、ケイデンヘッドのグリーントール時代のボトルは味があるというか、格好いいわ・・・。
なんて中身そっちのけで惹かれてしまう独特なデザイン。なんで今のボトルはこういうデザインのモノが無いのか。このボトルこそ復刻版を出してほしいと切に感じています。
中身については、典型的なオード味であり、先日公開したレアモルトとも共通する要素があります。
オフィシャルのリミテッドのカスクストレングスしかり、ボトラーズリリースしかり、樽感薄く麦芽系豊富で、べたつかないトーンの高い香味が主体。

ただ、冒頭で開封からの時間経過について触れましたが、今回のボトルは開封時期が10年ほど前と思われるモノ。流石に余韻が弱ってきてて、昔はもっとツンツンして、アルコール系の刺激も強かった記憶があります。
このボトルを初めて飲んだのは5年前、行きつけだったBARにて。その後そのお店が閉店するというので、いくつか開封済みストックを譲ってもらった、その一部。BARそのものは10年近い歴史のあったBARで、逆算して多分そんなもんかなと。

開けたボトルはこうして、日々香味に変化があり、最終的には劣化していくワケですが、その変化をまるっと楽しめるのも、ボトル所有の楽しみだと思います。
ただ劣化レベルまで変化させる必要は無い訳で、このボトルもそろそろ飲みきってやらないといけません。
気に入ったボトルはどうも別れが恋しくなってしまう気持ちもありますが…。

グレンオード 23年 1974年蒸留 レアモルトセレクション

カテゴリ:

昨日は台風の影響でムシムシした帰り道。
帰宅後はビールで体の中の汗を流してさっぱりしたら、次は夏場に強いトーンの高い系を。

自分のテイスティングで使っている"トーンの高い甘さ"という表現。これはレアモルトやグリーンケイデンなどに多い、クリアでべたつかないハイプルーフな香味のこと。
特にレアモルトは熟成方法の関係かバリバリのハイプルーフが多く、湿度が高い暑い日は、この手の香味を重宝します。
このオードも例に漏れず期待通りの味わいでした。

GLEN ORD
RARE MALTS
23 years old
Distilled 1974
60.8% 700ml
評価:★★★★★★☆(7)

"クリーンでハイプルーフらしいトーンの高い甘さ、鼻の中がピリピリする。微かにバニラとワクシー。
口当たりはオイリーで酸味のある麦芽香、パワフル。香り同様にクリアでナチュラルな構成。
フィニッシュは程よくビターで、アルコールが喉の奥を刺激する。
少量加水すると麦芽感が増し、蜂蜜の甘さや柑橘系の爽やかさも。厚みがあってナチュラルな香味は1飲の価値あり。"


1970年代前半流通でありながら、23年というピチピチ、適度な熟成期間。
さらにリリースが少ないオードのオールドビンテージに、レアモルトシリーズ。
ウイスキー好きとしてはラベルだけで「ウホっ、イイモルト」となるのは仕方ない話。

その中身は一言でレアモルト味、と言えばそれなりに飲んでいる方には伝わるであろう香味です。
ただ度数が強く全体的にパワーがあるため、飲み進めるとコクというか複雑さを加えている要素がちらほらと見えてきますが、後一歩踏み込めない。
そこで少量加水。すると見事にオードらしい厚みのある麦芽感や柑橘系を思わせる爽やかな味わいが前に出て来ます。このポジティブな変化は加点対象ですね。

ウイスキーを本格的飲み始めた時はカスク至上主義に走り、加水調整を軽視していた時期もありました。
なんでこのボトルは43%にしたのか・・・とか、そのボトルの香味を一番感じるためには加水やトワイスアップは不要、とか。
しかしこういうボトルに出会うと、そのボトルが持つ香味を引き出す手段として、あるいはより旨く飲むための手段として、加水の重要性を認識しますね。
自分のオススメはハーフ15mlに対して3mlくらい。適度なアルコール感を残しつつ薄くなった印象も無く香味が開きます。


このオード、実は自分のボトルではなく愛知方面のモルト仲間から強奪したモノ。
いつもお世話になっております(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×