カテゴリ

カテゴリ:シーバスリーガル

シーバスブラザーズ センチュリーオブモルト 43% 1990年代流通

カテゴリ:
IMG_4448
CHIVAS BROTHERS
THE CENTURY OF MALTS
Scotch malt whisky
750ml 43%

グラス:テイスティンググラスエリート
場所:個人宅(持ち寄り会@J氏)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:洋梨や林檎を思わせるフルーティーさ、華やかでオーキーでナッティーな香り立ち。奥から干しわら、ウッディネス、少し溶剤のような刺激を伴う。

味:まろやかな口当たりから徐々にドライ。香り同様に華やかでナッツ、フルーティー、林檎、牧草、蜂蜜のような甘みも感じる。中間は多彩で複雑だがまったりとしている。余韻はウッディでドライ、ほのかなピート香が現れ長く続く。
   
複雑さ、多彩さはあるが、基本的にはハイランドタイプのモルティーな香味が主体。余韻にかけてはアイラ系のピートフレーバーもある。熟成感は10~20年程度、あまり長期熟成のモルトという印象はない。ゆるくのんびりと楽しめる1杯。


シーバスリーガルを製造するシーバス・ブラザーズ社が1995年に発売したとされるブレンデッドモルトウイスキー。センチュリーと書かれたそれは、100周年などの記念的な要素を感じさせるものの、特段これと言う話はなく。1度限りの限定品ではなく、何年間かリリースは続いていたようで度数違いや容量違いもリリースされています。
シーバスブラザーズ社発足は1801年、シーバスリーガルの発売は1891年、少なくとも100年前の1895年、何か記念すべきことが同社にあったというような話はありません。

ラベルの通り100蒸留所の原酒をブレンドしたウイスキーで、当時J&Bがモルトとグレーンで120を越えるほぼ全蒸留所の原酒をブレンドした、J&Bウルティマをリリースしていたことから推察すると、対抗馬と言える商品だったのかもしれません。
ブレンデッドウイスキーではなく、あえてシーバスブランドの通常ラインナップにないバッテッドモルトウイスキーでリリースしているあたり、販売量でシーバスリーガルの上を行くJ&Bへの対抗意識が滲んでいるようにも感じます。   

比較的オールド市場に多く流通している本銘柄、完品の場合付属する冊子には、使われたとされる100銘柄についての解説もされています。
そのリストにはアイランズ、アイラ、北ハイランドからローランドまで、スコットランド全土から満遍なく原酒が使われていることが書かれていますが、そのバランスはテイスティングの通り、内陸系主体のバッティングに隠し味としてアイラという感じ。シーバス社所有の原酒で考えると、そうしたタイプの原酒が主体になるのは当然のこととも言えます。

ご参考:シーバスブラザーズ社所有のウイスキー関連設備(2009年度版)

他方、使われた原酒には、かつてシーバス社が試験的に仕込んだとされるピーテッドモルト、クレイグダフ、グレンアイラの名前もあり、余韻にかけて感じられるピート香にそれが含まれていると考えると、中々興味深いと感じる味わいでもあります。
ちなみにこのボトル、持ち寄り会ではブラインドテイスティングで出され、そのキャラクターの多彩さというか混ざり具合から悩みに悩んでバランタインのオールドと答えた記憶があります。出てきたボトルを見て、これなんてムリゲーだと(笑)。しっかり楽しませてもらいました。

シーバスリーガル アルティス 40% ブレンデッドモルト

カテゴリ:
CHIVAS REGAL
ULTIS
Blended Malt Whisky
"5 Signature single malts
5 Master blenders"
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(BAR LIVET)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかなで軽やかな香り立ち。乾いた麦芽、微かなスパイスを伴うオーキーなフレーバーは煮たリンゴ、ビスケットを思わせる甘いアロマ。

味:少し水っぽい口当たり。ナッティーでオーキーな華やかさが広がる。薄めた蜂蜜、エステリーな熟成感。ドライオレンジピール、洋梨、中間に盛り上がるコクが、口当たりの軽さを補っている。
余韻は軽くスパイシーでウッディー。序盤に広がったオークフレーバーが鼻腔に届き、染み込むように消えていく。

ややドライだがバランスが良く、華やかな樽香と多彩な香味を備えたラグジュアリーなモルトウイスキー。スペイサイドモルトを中核としているだけあり、良くも悪くも"らしさ"のあるキャラクターが備わっている。
ストレートでじっくり楽しみたい。加水は少量までで。

昨年11月、シーバスリーガルが同ブランド初のブレンデッドモルトとしてリリースしたのが、アルティスです。
「ULTIS」は、ULTIMATE"究極"と、FORTIS"力(ラテン語)"の2つの単語を合わせた造語であり、つまるところ"究極の力"という意味。シーバスリーガルの開発、発展、そして現在の地位の確立に貢献した、5世代のマスターブレンダーへのオマージュとしての位置付けもあるのだとか。
この手のPR文は「ふーん」と右から左レベルの感想程度しか得られないことが多いわけですが、なんだか気合が入っている事だけは伝わってきます。

メーカー発表によると、アルティスを構成する主要な原酒は、ストラスアイラ、ロングモーン、トーモア、アルタベーン、ブレイヴァル。5人のマスターブレンダーとかけて、スペイサイドの5つの蒸留所がチョイスされているようです。
飲んだ印象は、まさに近年のスペイサイドのそれ。万人向け40%加水のブレンドにはどのブランドにも見られることですが、バランス良く多彩であるものの、口当たりの薄さというか香味の広がりは及第点で、突き抜けた香味を求めるコアユーザーには少々物足りない部分もあると言えます。
一方、樽由来のフレーバーはえぐみや草っぽさが少なく、丁寧な印象があり、柑橘や林檎系のフルーティーで華やかな香味。使われた原酒の熟成は平均20年程度か、未熟な要素は無く、エステリーな熟成香も漂ってきます。
おそらく、ウイスキーを飲める人なら、誰が飲んでも美味しいと感じる香味の一つですね。

5種類の主要構成原酒の中では、ロングモーンの軽やかにドライ、麦芽やナッツを思わせるフレーバーが主軸として感じられ、そこをストラスアイラやトーモア由来の柔らかくコクのあるボディが補っている印象。
経験の少ないブレイヴァルはよくわかりませんが、スパイシーで多少柑橘系に振れる要素は、ロングモーンだけでなくアルタベーン蒸留所あたりの個性かもしれません。
ちなみにかつてシーバスリーガルと言えば、キーモルトはストラスアイラとグレンキースだったわけですが、1999年から2014年までの約15年に渡る閉鎖期間の影響か、これまでのスタイルを踏襲したという中で、主要原酒に名前がないのは少し寂しいなーとも感じてしまいました。

シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー 43%

カテゴリ:

CHIVAS REGAL
Aged 18 Years
Gold Signature
43% 700ml

グラス:テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:華やかでフルーティーな香り立ち。リンゴのコンポートー、洋梨、エッジのたったオーク香。好ましい熟成感がある香り立ちだが、持続力がなくすぐにドライなアロマ中心になってしまう。

味:スムーズな口当たり。ライトでオーキーで乾いた木や麦芽風味、そこからドライアップルを思わせる華やかなフルーティーさが広がる。
余韻はビスケットや麦芽風味で穀物様、スパイシーでややドライな余韻。


たまにこうして現行品のブレンデッドを頼んだりするのですが、素性が割れてるお店で注文すると「え?」と怪訝な顔をされることが多いのはどうしたものか(笑)。
いやいや、自分だってスタンダード飲んでるんですよ、ということで今回はそんなスタンダード品からシーバスリーガル18年です。

華やかでオーク系の熟成したモルティーさを感じる香味に軽やかな口当たり。
通常ラインナップハイエンドの25年が、そうしたスペイサイドモルトの華やかな香味が強く感じられるのに対し、18年はそこへのベクトル上にあるものの、弱いというより線が細いという感じで、絶えず発散できずに一度ノージングすると再チャージするまで一呼吸必要なタイプです。
この辺はグレーンの影響なんでしょうね。癖のない味わいで、スイスイ飲めてしまいますが、先述したボディの細さは少し気になりました。

ただ、一般的にはそこまで求められているわけでもなく、完成度は充分。
あとはこの価格帯なら個性を求める人はシングルモルトどうぞ、飲みやすさはブレンデッドどうぞと、そういう感じなんですね。
1年ぶりに飲んでイメージの保管ができました。また1年後くらいにお会いしましょう。

シーバスリーガル12年 ミズナラエディション

カテゴリ:

CHIVAS REGAL
MIZUNARA Special Edition
Aged 12 Years
2015-2016's
40% 700ml (50ml)
構成原酒:ストラスアイラ、グレンキース、アルタナベーン、など

グラス:創吉テイスティング
量:50ml
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★ (5)

香り:穏やかで華やかな香り立ち、林檎やバニラを思わせるオーク香、時間経過で若干のえぐみと微かなスモーキーさ。
少量加水すると甘酸っぱいドライフルーツの香味とワクシーな甘さが開いてくる。全体的におしとやかで控えめ、強いアロマではない。

味:スムーズで品の良い口当たり。香り同様にオーキーなフレーバーを感じるが、口の中で転がしているとグレーン由来の穀類の風味。余韻は栗の渋皮を思わせるウッディーな苦味がほのかに、淡くシロップのような甘みも残る。
加水しても全体的な構成は変わらず楽しめるが、余韻にかけてややグレーンが強くなるように感じる。


はっきりいって、自分はこのウイスキーを結構下に見ていました。
シーバスミズナラが発売された2~3年前の当時。当然自分も飲んだわけですが、ただでさえ表情が乏しい現行品のシーバスリーガルが、より一層のっぺりとした味わいになっており、思わず「ウーン」となってしまったのを覚えています。
例えばこれが「シーバスリーガル・オークリザーブ」などと言う名称だったらまだわかるのですが、明確にミズナラ香と認識できるものはほとんどなく、普及価格帯のブレンデッドやしこんなもんかなと思ってしまっていたのです。

実際シーバスリーガルミズナラエディションは、100%ミズナラ樽熟成のウイスキーではなく、一部の原酒のマリッジにミズナラ樽を使ったもの。さらに製品に至る行程では、ミズナラマリッジの原酒と、他の樽でマリッジさせた原酒を掛け合わせていて、その比率もマリッジ期間も非公開。香味と仕様、どちらの側面から見ても「ミズナラ」という意味では先に述べた印象は変わっていません。
他方で、しばらく飲まないうちにブレンドの比率が変わったのか、あるいは自分の味覚の変化か、ウイスキーそのものとしての印象はずいぶん変わりました。
香りは穏やかでフルーティー、口当たりも柔らかくスムーズで、じわじわとオーキーな華やかさが開いてきます。モルティーな香味がしっかりあり、若いブレンドにありがちなえぐみも少なく、上品でバランスの良い構成だと感じました。
Facebook等の投稿を見ていると何気にファンが多い、その理由がわかった気がします。

今回改めてこのウイスキーを飲むきっかけになったのは、先月の3月24日~25日に銀座グランドホテルで開かれていた「シーバスリーガル ミズナラ ポップアップバー」でのこと。

銀座グランドホテル×シーバスリーガル
シーバスリーガルミズナラ サンプリングイベント
http://www.ginzagrand.com/restaurant/chivas_2016.html

イベントのことなど知らず、たまたま信濃屋で買い物をした帰り道だったのですが、会場前でPRしていたお兄さんにホイホイついていってしまったのです。

イベント会場では、特段個人情報の記入も必要なく、2杯分のチケットがもらえて、1杯目はストレート、2杯目はハイボールで飲んでみると「あれ、意外と悪くないぞ。」と。
特にハイボールはナッツやレーズンとの相性が良く、こりゃちゃんと飲みなおさないといかんな~と思って出口に向かったところ、50mlのミニチュアボトルまで配られていて至れり尽くせり。
なんとも大盤振る舞いなイベントでした。
 
ジャパニーズウイスキーブームに「ミズナラ」をキーワードとしてシェア獲得に動かんとするペルノリカール社の積極的な活動は、他社への刺激になるのも事実です。
グレンリベットなど、他の銘柄でも色々計画されているようですし、今後もディアジオやサントリーに負けじと動いていってほしいなと思います。

シーバスリーガル 12年 1980年代後期流通

カテゴリ:

CHIVAS REGAL
12 Years old
1980's
43% 1000ml
評価:★★★★★(5)
構成原酒: ストラスイラ、グレンキース、ロングモーン、グレンリベット、など

香り:微かな古酒感のある品のいい麦芽香、甘口の白ワインや青肉メロンを思わせる甘み、うっすらとカラメルのニュアンスも感じられる。スワリングすると乾いた樽香、グレーンの穀物風味、厚みはこの時期のブレンドにしては感じられるが、時間経過で弱くなっていく。

味:古酒らしいコクとスムーズで穏やかな口当たりから、ボディは程よい厚みがある麦芽風味と穀物感。バタークッキー、シリアル、ザラメ、微かに乾いた木材、後半にかけてスパイス、華やかでドライな余韻。

キャップの影響から地雷が多いことで定評のあるシーバスリーガル。
その地雷率は自分の経験上10本中7本はくだらないレベルで、こんなキャップを開発したメーカー担当者をこの場に呼んで小一時間説教したいくらいです。あるいはウイスキーは縦置きであることをしっかり広めなかった当時の酒販関係者も。ワイン=横置き=洋酒横置きの方式が、どれだけオールドボトルの価値を奪ったことか・・・。

話がそれてしまいましたが、日本市場に比較的多く入っている1960年代以降~1980年代流通のシーバスは、当たればスコッチのプリンスと呼ばれる華やかでスムーズな味わいを堪能できます。
ピーティーなタイプではなく、原酒としてはストラスアイラやグレンキースなどのスペイサイドモルトらしい風味が豊かなブレンドです。 


今回のボトルは1980年代後期のもので、本来ならスコッチ全般スタンダードクラスは味が落ちているところ、このシーバスも例外ではないですが、ギリギリ全盛期の面影を感じることができます。(状態さえ良ければオススメは1960年代~1970年代初頭。)

シーバスリーガルオールドボトルの見分け方はシンプルなもので、ラベルに書かれたトレードマークのデザインと、ボトルネックの騎士の大きさで比較的簡単に判別できます。
1950年代以前はそもそもラベルデザインが大きく違いますので解説は不要として。
1960年代から1970年代初頭はトレードマークに書かれた黄色の獅子が正面を向いています。(通称:こっちみんなラベル。)そのほかにも、ラベル全体が赤い色をうっすら帯びている等、微妙な違いがあります。
1970年代後半からは今回テイスティングしたボトルと同じトレードマークが採用されているため、ネックの騎士の大きさで判別します。1970年代後半~1980年代初頭のものと、1980年代後半、そしてその後のボトルでは、新しいモノになるにしたがって騎士のイラストの大きさが小さくなっていきます。
1990年代に入るとトレードマークが大きく変わります。

冒頭述べたようにシーバスリーガルは状態が悪いボトルが多く、購入においてはその他のオールドボトル以上のリスクが伴うことを覚悟ください。
今回は久しぶりに状態の良いシーバスに当たって嬉しくなりました。


このページのトップヘ

見出し画像
×