カテゴリ

カテゴリ:アラン

アラン 7年 2011-2018 59.7% カスクサンプル For T.Ishihara ブラインド

カテゴリ:
IMG_8522
ARRAN
DUTY PAID SAMPLE
For TATSUYA ISHIHARA
Aged 7 years
Distilled 2011
Bottled 2018
Cask type Sherry Hogshead 250ℓ
500ml 59.7%

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド
蒸留所:グレンロセス
年数:12年程度
樽:シーズニングシェリーホグス
度数:53〜55%程度
仕様:ボトラーズ、シングルカスク

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅&イベント飲み
暫定評価:★★★★★★(5→6)

香り:香り立ちにハイトーンな強さはあるが、合わせてリッチなシェリー香、ドライプルーン、キャラメリゼやビターチョコレート、シナモンを思わせるスパイスのアクセント。焼き栗やウッディーなニュアンスを伴う。

味:濃厚でパワフル、とろりとしたシーズニングシェリー感。ドライプルーンやイチヂクの甘露煮のような甘み、一呼吸置いてスパイシーでハイトーンなアタックが口内を刺激する。余韻はスパイシーで、樽由来のタンニンを伴い長く続く。

シーズニング系のシェリー感が濃くでており、小さめの樽にシェリーが残った(染み込んだ)状態で原酒を詰めたと感じる構成。シグナトリーのイビスコシェリーマチュアードシリーズを連想した。樽の裏にある若さがピリピリと刺激し、若干酒質と樽の乖離を感じるが、少量加水するとバランスが取れ、ぐっと飲みやすくなる。


当ブログではおなじみ、ウイスキーの写真展開催に向けてクラウドファンディングに挑戦中の、T.Ishiharaさん所有カスクサンプル。
新婚旅行でアラン蒸留所を訪問し、その場でニューメイクの詰まった1樽を購入してしまったというエピソードは中々に豪快ですが、蒸留所から毎年自分の樽の中身を状態確認で取り寄せることができるため、ミニ樽ではない実際の環境でのウイスキーの成長を見ていける点は、愛好家にとってプライスレスな経験だと思います。


ご参考:T.Ishiharaさんのアラン蒸留所 プライベートカスクサンプル飲み比べ
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1067805308.html


自分は昨年、5年熟成と6年熟成のサンプルをテイスティングさせて貰い、1年間の変化に驚かされたところ(上記参照)。そして1年経った7年熟成のサンプルは、思わぬ場所でテイスティングの機会がやってきました。
それは8月下旬、ウイスキーガロア誌のテイスターである倉島さんが企画した、ブラインドテイスティングイベントにて。一連のテイスティングを終えた後の延長戦に、このアランのサンプルが仕込まれていたのです。

当日はまさかこれと思わず、結果は上記の通り。
言い訳すると、アランのようなプレーンな酒質が濃厚シェリーでマスクされると、それだけで蒸留所の判定は困難。香味から連想する構成は近年系ですが、最近シングルカスクでこんな濃厚短熟リリースあったかなぁと、最後の絞り込みで悩んで悩んで・・・。そりゃ思い当たらないわけですよ、リリースされてないんですから(笑)。
悔しいのでIshiharaさんに「サンプル貸して」とお願いし、自宅テイスティングで深掘りすることにしました。

(アラン・カスクサンプル。左側が6年、右側が7年。7年の方が熟成期間の分色に深みが出ているというか、若干赤みがかってきたように見える。香味も7年の方が当然濃厚。)

改めて飲むと、単体ではハイランド系のプレーンな酒質に、濃厚なシーズニングシェリー感が上乗せされているモルトという印象。短熟濃厚シェリーはカヴァランがありますが、カヴァランほど酒質が軽くないので、荒さが若干の分離感として余韻にかけて残ってる感じですね。
とは言え既に一定の完成度はあり、いよいよボトリング時期に入ったとも感じます。

ただ樽感はピークを迎えつつあるのですが、酒質は若さからまだ伸び代があるように感じます。
それこそ10年熟成すれば、酒質部分の荒さはそれなりに落ち着くと思うのですが、ピークを迎えている樽感は益々濃く、余韻のウッディーさは過熟仕様になっていく。このミスマッチをどうするかが、今後ボトリングを決める難しさだと思います。 

比較すると6年よりは明らかに7年のほうが全体の完成度が高く、6年目でボトリングを決断しなかったのは正解だったと言えます。
今後はオーナーの好みの整理でもありますが、飲んだ際にまず最初に感じるのは樽感なので、割り切るなら8年目あたりで樽感ピークの仕上がりを重視するのも一案。あるいは、この感じなら保存期限の10年間熟成してみて、樽感次第でカスクストレングスか、加水で仕上げるという選択肢もあります。

ちなみに今回、加水は43%、46%、50%、55%程度といくつか試しましたが、現時点では50%程度が安定しているようでした。
しかしせっかくのプライベートカスクはカスクストレングスで仕上げたい。。。ギャンブル要素が残るため悩ましいですね。まあ色の濃いほうがインパクトはあるので、預かり期間丸々いってしまっても良いかもしれません。
何れにせよウイスキーの変化を学びながら、その将来の姿を考え、悩み、時間を過ごす。これぞオーナーの特権。なんて贅沢な時間でしょうか。

IMGP9776
(アラン蒸留所外観。ウェアハウスを含むこのアングルの写真は珍しい。。。Photo by T.Ishihara)

なお、冒頭触れたT.Ishiharaさんの写真展に関するクラウドファンディングは、開始即日に目標額を達成しただけでなく、先日は目標額の2倍となる支援も達成しました。 

ご参照:ウイスキー写真作品企画展 "Why dou you like whisk(e)y"

会場は西荻窪のNishiogi Placeに決まり、更なるコラボレーションや日程の延長まで動かれるなど、当初予想したとおり大きな話になりつつあります。 
今回テイスティングしたアランのカスクサンプルも、会場でテイスティングできるウイスキーに予定しているとのこと。原酒とともに企画がどこまで成長するか楽しみです。

アラン 15年 2001-2017 ウイスキーフープ 52.3%

カテゴリ:
ARRAN
PRIVATE CASK
THE WHISKY HOOP
Aged 15 years
Distilled 2001
Bottled 2017
70ml 52.3%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
時期:開封後数ヶ月程度
場所:BAR Main Malt
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライな香り立ち、ココナッツ、ドライアップルやファイバーパイナップルのオーキーなアロマ。乾いた木材、若干の溶剤的な刺激も伴う。

味:とろりとした口当たり、バニラや蜂蜜、乾いた麦芽を思わせる甘みとほろ苦さ、舌の上にねっとりとバーボンオークの黄色系果実。
余韻はドライで微かな干し草を思わせるウッディさ、オーキーなフルーティーさを伴い長く続く。

素直なアランの酒質にどバーボン樽という樽感主体ながら間違いないのない構成。若干ギスギスした部分もあるが、好ましいオーキーな甘みとフルーティーさが豊富で、少量加水のするとバニラ系の甘み。価格的にも使いやすい1本。


Whisky Hoop がリリースしたアランのプライベートカスク。美味しいとの評判を耳にしていたので、機会があったら飲んでみるかと思っていました。
このアランはバーボン樽由来のバニラ、ココナッツ、そしてドライパイナップルあたりを連想させるオークフレーバーが余韻にかけてしっかりと、そしてねっとりとした粘性を伴って舌に乗っかるように感じられ、非常にわかりやすく美味しい味わいに仕上がっていました。
フープさん、ハイパといいラフといい、カスクチョイスの意図がわかりやすく、評価の高いリリースが続いてますね。

ボトラーズリリースでは、こうした美味しいボトルが突発的にリリースされる場合と、この蒸留所ならこうだよねというキャラクターの範囲の2パターンがあるわけですが、アランの酒質で考えれば後者。バーボン樽ベースで近いベクトルのボトルがないわけではないですし、条件さえ揃えば今後もリリースされると考えられます。

その意味で、アランは安定感が売りとも言えます。創業直後は芳しくなかった評価も、近年は安定して美味しい蒸留所の一つと言えるようになりましたし、オフィシャル10年から同じベクトルにあるのは流石だと思います。
強いていえば、スペイサイドだとグレングラントやらグレンアラヒーやらとキャラが被りやすく、個性を捉えづらいということ。。。でしょうか。

脱線しますが、ブラインドでアランを当てられる人が居たら、そのコツを伺いたいくらいです。 

T.Ishiharaさんのアラン蒸留所 プライベートカスク サンプル飲み比べ

カテゴリ:
アランカスクサンプル
ISLE OF ARRAN 
Distilled 2011/7/15
Cask type 1st Fill Sherry Hogshead(250L)
Cask no,11/1327


【Bottled 2016/9/26 Aged 5 years 59.8%】(右)
香り:ドライプルーンやシロップ、キャンディを思わせる濃厚でべたつきのある甘いアロマ。香り立ちは甘さがメインだが、スワリングしていると刺激やウッディネスも感じられる。

味:甘く濃厚な口当たり、フルーツシロップのような粘性のある甘み、徐々にスパイシーな刺激。
余韻はウッディでドライ、濃くいれすぎた紅茶のタンニン、ピリピリとした刺激が盛り上がるように広がってくる。

一言メモ:甘口なシェリー感主体でわかりやすい味わい。奥行きはあまりなく、加水等の変化は薄くなっていくイメージ。

【Bottled 2017/8/30 Aged 6 years 59.8%】(左)
香り:濃厚な香り立ち。ドライプルーンの甘み、焼き芋、少し焦げたようなウッディネス、ツンとした強い刺激。時間経過でスパイス、オークのバニラやキャラメリゼを思わせるアロマも感じる。

味:濃厚な口当たりで擬似シェリーのとろりとした甘み、同時にウッディな渋みとスパイシーさ、舌の上にドライで鋭い刺激。濃厚な中にフレッシュさ、時間経過で甘酸っぱい果実味も広がってくる。
余韻は焼き芋のような焦げた甘みから苦味主体。ウッディなタンニン、ドライで少し粉っぽさを伴い長く続く。

一言メモ:樽感はだいぶ強くドライだが、ただ濃いだけでなく多彩さがあり、時間や加水での変化は見るところがある。


本ブログに素晴らしい写真の数々を提供いただいているT.Ishiharaさんから、アラン蒸留所の個人所有カスクのサンプルをいただきました。
上記写真で右側は5年熟成、左側は今年サンプリングしたばかりの6年熟成。新婚旅行の際に購入した樽なのだとか。
樽買いって浪漫だよなあとか、新婚旅行で樽買いってよく奥さん許したなとか、感じるところは色々ありますが。。。それはさておき(笑)。

このサンプルは、現状把握とボトリング時期を見極めるために取り寄せるものですが、「同じ樽の原酒を1年違いで飲むことなんてなかなか無いですよね、感想も聞かせてください」とIshiharaさん。
バーボン樽ならイチローズモルトのMDCや、自宅の5リットル樽等で近しい経験はあるものの、今回は個人で所有しているケースの少ないシェリー樽ですから、これはめちゃくちゃ貴重な経験です。 
いつも本当にありがとうございます!

(両者仕事の都合で時間が合わず、ワンチャンスでサンプルの受取場所となった都内某所の公園、その場で意見交換。。。(笑))

シェリー樽の仕様は1st fill シェリーカスクのホグスヘッド。シェリーのタイプはオロロソのシーズニングで、バットではなく250リットルと小ぶりな分、樽感がつきやすい仕様であると言えます。
実際、酒質の慣れ具合はどちらも年数相応で、まだまだ荒いところはありますが、樽感は5年もので十二分に「シェリー樽熟成」を名乗れるレベル。
なるほど、このまま単純に濃厚になっていくのか・・・と思いきや、少なくともこれ以上熟成を続けるなら加水を前提とするような、大きな変化が5年と6年を隔てる1年間の間に起こっていました。

というのも、両サンプルは味もさることながら、香りからしてまるで別物な仕上がりなのです。
アランは元々プレーンであまり癖のない酒質であるため、基本的には樽感主体の香味になりがちです。5年熟成がとろんとした甘みが主体的な構成なのに対して、6年熟成はそうした甘みのほかにスパイシーな刺激に苦味、渋み、焦げたような樽香が強く出てきており、熟成が次のステージに移っていることが感じ取れます。
すなわち、「樽材に染みこんだシェリー分が主体的に溶け出す」のが第一段階とすれば、第二段階はそのエキスがある程度出切った後、「樽そのものが溶けて混ざり合う比率が濃くなってきた」という整理。それはこの1年間がターニングポイントだったと言えるほどの違いで、ここまで変わるとは・・・ちょっと予想できないですね。

結果論ですが、5年はわかりやすさという点で、カスクストレングスとしてひとつの詰め時だったのかもしれません。
6年熟成では甘み以外の要素とドライな舌当たりが増して濃縮感があり、時にネガティヴにも感じられますが、時間経過でそれらの要素が混じり合うことで、多彩なキャラクターが感じられるようになりつつあります。
そのため、ぱっと飲んでとっつきやすいのは5年ですが、奥行きの違いというか、1ショット以上飲みきることを前提として様々な変化を許容する伸びしろは、6年の方が多くあるように感じました。


今後について予想すると、まず余韻のドライさ、粉っぽさは樽が溶けた結果出ているキャラクターなので、長く熟成しても収まらず、今と同等、あるいはそれ以上の強さとなると考えられます。
一方でシェリー感については甘酸っぱさやスパイスのフレーバー、バニラなど、樽が溶け出た結果の変化も蓄積するため、楽しみな部分でもあります。

アランのプライベートカスクサービスは最長10年間の保管と加水の有無が決められるとのことで、8〜10年の熟成で酒質の若々しさ、アタックの強さがある程度取れたところを見計らい、樽感の強さを加水で調整して全体的な完成度を高める方向を狙っても面白いかもしれません。
実際6年ものは加水するといい具合に伸びてくれたので、7年、8年とサンプルが続くなら、より精緻に加水して最適な度数を調べるくらいのことをやってみたいですね。

熟成期間の中で起こりうる大きな変化を実際に味わい、樽との向き合い方や経年による変化を推測するための重要な経験を積むことが出来た、素晴らしいサンプルでした。
感謝と共に、将来のボトリングも楽しみにしております!

アラン 21周年記念ボトル 52.6% ブラインド

カテゴリ:
アラン21年
ARRAN
21th Anniversary
Limited Edition of 5988 Bottles
Cask type Oloroso Sherry Hogsheads
700ml 53.2%

【ブラインドテイスティング】
蒸留:ベンリアック
年数:20年程度
度数:50%程度
樽:リフィルシェリー系複数樽

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml(サンプル@Sさん)
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:チョコレートを思わせる甘いアロマ、ハッカのようなスーッとするアルコール感、奥からほうじ茶、焦げたような木材のニュアンス、スワリングするとアプリコットのようなフルーティーさ、モルティな甘みも混じるが、基本的にはチョコレートと木材。

味:とろりとした口当たりからチョコカステラ、シーズニングシェリー系のプルーン、焼き芋のような香ばしさ、ウッディーでスパイシーな刺激へと繋がっていく。フィニッシュはドライでビターな香味が広がり、長く続く。
加水すると香り以上に味で好意的な変化が見られる。スムーズな甘みが広がり、バランスが非常に良くなる。

酒質はニュートラルで、香り、味共に樽由来の香味を邪魔しない、麦芽系のニュアンスのみがある。加えてツンとしたアタックの感じは、近年のベンリアックに近い印象を受ける。香味にブレというか幅があり、いくつかの樽をバッティングしたリリースだろうか。樽感は近年の擬似シェリー系だが、ファーストフィルホグスにしてはシェリー樽の要素が薄く、アルコール感もそこそこ残っているので、リフィルシェリーバット主体で複数樽ではないかと推測。


先日宮城のSさんとのサンプルトレードで出題頂いた、ブラインドテイスティング4連戦。
こちらの遅レスゆえ変則的になってしまいましたが、1問目は先日偶然にも投稿したマクダフ30年。タイミング的にはSさんのブラインドのほうが先でしたが、ミンティーなフルーティーさからマクダフ指定。そして2問目は飲みたいと思って飲めていなかった、アラン21周年記念ボトルでした。
(このブラインドのために4本プラスαで新規抜栓頂いたとのこと。。。ありがとうございます!)

同ボトルは、蒸留所創業年となる1995年から、1997年までの3年間に蒸留、オロロソシェリーホグスヘッドで熟成された原酒から厳選してバッティングしたという1本で、約6000本というリリースから、結構な量の樽が使われているようです。。。なんて月並みな説明は今更言うまでもないですね。
シェリー樽熟成のボトルであるコトは明らかなフレーバー構成ですが、20年熟成以上のホグスヘッドにしてはシェリー感はバランス寄りの仕上がり。テイスティングで感じた通り、ファーストフィルの濃い樽にリフィル系の樽も含まれているのかなと思います。

DSC08279
(アラン蒸留所のポットスチル。新しい蒸留所だけあって配置はどこか近代的。この細長く伸びたネックが、雑味の少なく、かつ麦芽風味を残したプレーンな酒質に繋がる。Photo by K67)

アラン蒸留所は、一昨年に創業20周年を記念するボトルを発売したところです。
1995年蒸留の原酒オンリーで作られたこのリリースは、サルファリーな要素が気になって、悪くは無いのですが惜しいなという気持ちが拭えませんでした。
そして今回発売された21周年は、今年はもう周年は出ないだろうと思っていた中で、こんなの出すのかというレベルの不意打ち。飲んでみると20周年にあった硫黄系の要素が無く、ウッディなシーズニングタイプですが、良い意味で驚かされました。

個人的にはストレートより少量加水したほうが、味にまろやかさが感じられて良かったです。
ブラインドの反省点は。。。どうもこのアランのプレーンなキャラクターが取りにくいんですよねえ(汗)。
それ以外の要素はほぼ感じた通りなので、テイスティングとしては悪くないのですが、やはり悔しい。。。

アラン エンジェルズリザーヴ 19年 1997年蒸留 及び ボシー batch2

カテゴリ:
先日、某氏経由で招待券を頂き、MMWM2016(モダンモルトウイスキーマーケット)に参加してきました。
平日開催でしたので、有給休暇を取得しての参加です。
まぁ30〜40日くらい余ってるのでたまには良いよね。

今年のモダンモルトは酒販関係者オンリーのイベントということで、自分は参加出来ないかなと思っていたのですが、一応WEBメディアへの寄稿などの実績もあったことから、受付では「ライターということでプレス扱い」になり、プレスタグを下げて入場することになりました。(実際のところ、こちらから確認しなければ、どこの関係者かは問われなかったそうですが。)

そんなわけで、せっかくライターとして入場したわけですから、当日試飲した中で、ニューリリースや面白いと感じたボトルを記事にさせて貰おうと思います。


まずは、あいうえお順でアランから。
ピックアップするのは今年のニューリリース。セカンドバッチが発表された、エンジェルズリザーブ19年と、ノンエイジのボシーです。


ARRAN Limited Edition Angels Reserve 
Aged 19 years 1997 Vintage 
昨年からはそれぞれ1年増しの1997年蒸留19年熟成。っていうかコレ、単発リリースじゃなかったんですね。
これから毎年ビンテージを繰り上げながら、天使の分け前の残りをバッティングしていく感じなんでしょうか。
前作18年はシェリー系でほのかに硫黄、フルーティーさはシェリーの後ろ側にという系統のモルトでしたが、今年はその力関係が逆転し、オーク系の甘みやフルーティーさがメインに感じられます。

これ、中々イケてますね。
バランスも良く、時間経過で開きそう。何より自分の苦手な硫黄要素がなかったのはポイント。
多少サルファリーでもシェリーの濃いボトルのほうが好みという方は物足りないかもしれませんが、オフィシャル通常ラインナップの系統からすれば、アランらしいボトルはこっちかなという感じです。


ARRAN THE BOTHY Quarter Cask Batch2 55.2%
次は昨年リリースされたアラン・ボシーの2016年ロット、セカンドバッチ。 
このボトルは密造時代のオマージュで、小型の樽での貯蔵としてクオーターカスクのアメリカンオーク樽でフィニッシュをかけた樽感増しのアランですが、昨年バージョンは割とあっさりめで、どちらかと言えばカスクストレングスのパワフル感が目立っていたところ。
今年もパワフルではあるのですが、樽感はよりはっきりと感じられるようになっていました。
同じくカスクストレングスの12年に比べてちと値段はしますが、キャラクターは分けられているように思います。 

余談:会場の各ブースには試飲用プラカップが用意されていましたが、自分はいつも使っている木村硝子のテイスティンググラスを持参し、グラス拭きで拭きながら試飲しています。

プラカップは手軽で良いですが、香りの印象が大きく変わるので、連動して味の印象も変わることに。
試飲は量が少ないので、通常のグラスより小振りなものを使うなど、工夫も必要ですが、普段の感覚に近い情報をキャッチできるので、ぜひ推奨したいですね。


このページのトップヘ

見出し画像
×