カテゴリ

カテゴリ:アラン

アラン 21周年記念ボトル 52.6% ブラインド

カテゴリ:
アラン21年
ARRAN
21th Anniversary
Limited Edition of 5988 Bottles
Cask type Oloroso Sherry Hogsheads
700ml 53.2%

【ブラインドテイスティング】
蒸留:ベンリアック
年数:20年程度
度数:50%程度
樽:リフィルシェリー系複数樽

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml(サンプル@Sさん)
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:チョコレートを思わせる甘いアロマ、ハッカのようなスーッとするアルコール感、奥からほうじ茶、焦げたような木材のニュアンス、スワリングするとアプリコットのようなフルーティーさ、モルティな甘みも混じるが、基本的にはチョコレートと木材。

味:とろりとした口当たりからチョコカステラ、シーズニングシェリー系のプルーン、焼き芋のような香ばしさ、ウッディーでスパイシーな刺激へと繋がっていく。フィニッシュはドライでビターな香味が広がり、長く続く。
加水すると香り以上に味で好意的な変化が見られる。スムーズな甘みが広がり、バランスが非常に良くなる。

酒質はニュートラルで、香り、味共に樽由来の香味を邪魔しない、麦芽系のニュアンスのみがある。加えてツンとしたアタックの感じは、近年のベンリアックに近い印象を受ける。香味にブレというか幅があり、いくつかの樽をバッティングしたリリースだろうか。樽感は近年の擬似シェリー系だが、ファーストフィルホグスにしてはシェリー樽の要素が薄く、アルコール感もそこそこ残っているので、リフィルシェリーバット主体で複数樽ではないかと推測。


先日宮城のSさんとのサンプルトレードで出題頂いた、ブラインドテイスティング4連戦。
こちらの遅レスゆえ変則的になってしまいましたが、1問目は先日偶然にも投稿したマクダフ30年。タイミング的にはSさんのブラインドのほうが先でしたが、ミンティーなフルーティーさからマクダフ指定。そして2問目は飲みたいと思って飲めていなかった、アラン21周年記念ボトルでした。
(このブラインドのために4本プラスαで新規抜栓頂いたとのこと。。。ありがとうございます!)

同ボトルは、蒸留所創業年となる1995年から、1997年までの3年間に蒸留、オロロソシェリーホグスヘッドで熟成された原酒から厳選してバッティングしたという1本で、約6000本というリリースから、結構な量の樽が使われているようです。。。なんて月並みな説明は今更言うまでもないですね。
シェリー樽熟成のボトルであるコトは明らかなフレーバー構成ですが、20年熟成以上のホグスヘッドにしてはシェリー感はバランス寄りの仕上がり。テイスティングで感じた通り、ファーストフィルの濃い樽にリフィル系の樽も含まれているのかなと思います。

DSC08279
(アラン蒸留所のポットスチル。新しい蒸留所だけあって配置はどこか近代的。この細長く伸びたネックが、雑味の少なく、かつ麦芽風味を残したプレーンな酒質に繋がる。Photo by K67)

アラン蒸留所は、一昨年に創業20周年を記念するボトルを発売したところです。
1995年蒸留の原酒オンリーで作られたこのリリースは、サルファリーな要素が気になって、悪くは無いのですが惜しいなという気持ちが拭えませんでした。
そして今回発売された21周年は、今年はもう周年は出ないだろうと思っていた中で、こんなの出すのかというレベルの不意打ち。飲んでみると20周年にあった硫黄系の要素が無く、ウッディなシーズニングタイプですが、良い意味で驚かされました。

個人的にはストレートより少量加水したほうが、味にまろやかさが感じられて良かったです。
ブラインドの反省点は。。。どうもこのアランのプレーンなキャラクターが取りにくいんですよねえ(汗)。
それ以外の要素はほぼ感じた通りなので、テイスティングとしては悪くないのですが、やはり悔しい。。。

アラン エンジェルズリザーヴ 19年 1997年蒸留 及び ボシー batch2

カテゴリ:
先日、某氏経由で招待券を頂き、MMWM2016(モダンモルトウイスキーマーケット)に参加してきました。
平日開催でしたので、有給休暇を取得しての参加です。
まぁ30〜40日くらい余ってるのでたまには良いよね。

今年のモダンモルトは酒販関係者オンリーのイベントということで、自分は参加出来ないかなと思っていたのですが、一応WEBメディアへの寄稿などの実績もあったことから、受付では「ライターということでプレス扱い」になり、プレスタグを下げて入場することになりました。(実際のところ、こちらから確認しなければ、どこの関係者かは問われなかったそうですが。)

そんなわけで、せっかくライターとして入場したわけですから、当日試飲した中で、ニューリリースや面白いと感じたボトルを記事にさせて貰おうと思います。


まずは、あいうえお順でアランから。
ピックアップするのは今年のニューリリース。セカンドバッチが発表された、エンジェルズリザーブ19年と、ノンエイジのボシーです。


ARRAN Limited Edition Angels Reserve 
Aged 19 years 1997 Vintage 
昨年からはそれぞれ1年増しの1997年蒸留19年熟成。っていうかコレ、単発リリースじゃなかったんですね。
これから毎年ビンテージを繰り上げながら、天使の分け前の残りをバッティングしていく感じなんでしょうか。
前作18年はシェリー系でほのかに硫黄、フルーティーさはシェリーの後ろ側にという系統のモルトでしたが、今年はその力関係が逆転し、オーク系の甘みやフルーティーさがメインに感じられます。

これ、中々イケてますね。
バランスも良く、時間経過で開きそう。何より自分の苦手な硫黄要素がなかったのはポイント。
多少サルファリーでもシェリーの濃いボトルのほうが好みという方は物足りないかもしれませんが、オフィシャル通常ラインナップの系統からすれば、アランらしいボトルはこっちかなという感じです。


ARRAN THE BOTHY Quarter Cask Batch2 55.2%
次は昨年リリースされたアラン・ボシーの2016年ロット、セカンドバッチ。 
このボトルは密造時代のオマージュで、小型の樽での貯蔵としてクオーターカスクのアメリカンオーク樽でフィニッシュをかけた樽感増しのアランですが、昨年バージョンは割とあっさりめで、どちらかと言えばカスクストレングスのパワフル感が目立っていたところ。
今年もパワフルではあるのですが、樽感はよりはっきりと感じられるようになっていました。
同じくカスクストレングスの12年に比べてちと値段はしますが、キャラクターは分けられているように思います。 

余談:会場の各ブースには試飲用プラカップが用意されていましたが、自分はいつも使っている木村硝子のテイスティンググラスを持参し、グラス拭きで拭きながら試飲しています。

プラカップは手軽で良いですが、香りの印象が大きく変わるので、連動して味の印象も変わることに。
試飲は量が少ないので、通常のグラスより小振りなものを使うなど、工夫も必要ですが、普段の感覚に近い情報をキャッチできるので、ぜひ推奨したいですね。


アラン プライベートカスク 16年 2000-2015 東京バーショー2016向け 57.9%

カテゴリ:
IMG_0912
ARRAN PRIVATE CASK
Aged 16 Years
Distilled 2000
Bottled 2016
Cask type Sherry Hogshead #134
Exclusive Bottling for Tokyo Bar Show 2016
700ml 57.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:マシュマロのような甘さを感じる香り立ち、干し藁、ツンとした乾いた木のアロマ、アジアンスパイス。バニラクッキーから徐々にドライパイナップルを思わせる華やかなフルーティーさ、若干のケミカル香。

味:ねっとりとした甘さを感じる口当たりから、乾いた麦芽、木材のエッジ、ソルティークラッカー。中間から後半はスパイシーでオーキーなフルーティーさ、余韻はドライで木材のエグミ、トーン高く、淡い乳酸系の酸味を感じる。


今年のバーショーでリリースされた限定ボトルのうちの一つ。
イベントそのものは6月でしたが、ボトルの発送は少し時間がかかったみたいですね。以前記事を書いたようにイベントそのものは招待券で参加させてもらいましたが、当日試飲しなかったので、これら限定ボトルの出来栄えが気になっていました。

アランのシェリーホグスヘッド系は、これまでのリリースからアタリなボトルが多い印象があります。
同じバーショー(Whisky Live)向けだと一昨年リリースのボトルもシェリーホグスヘッドで、嫌味の少ないシェリー感にフルーティーな香味もあって中々美味しかったです。
ただ、その後流通したエクスチェンジ向けや、ベイジャフロー向けなどもさらに良かったため、愛好家の間ではちょっと冷遇されてしまった感もありますが。

そうした背景から、今回のシェリーホグスヘッド熟成もフルーティー&シェリーな仕上がりを期待していましたが・・・思いの外シェリー感が薄く、序盤は淡麗。後半にオーキーなフルーティーさが感じられるものの、全体的に乾いた木を思わせる出がらし的な仕上がりでした。
もちろん今回はほぼ口開けに近いところでしたので、これから開いてくるのかもしれませんが、酒質は素直で親しみやすいアランにしては意外と"やんちゃ"な感じですね。

アラン ピーテッド 10年 2005-2016 バーボンバレル 59.3%

カテゴリ:
ARRAN Peated
Private Cask for Japan
Aged 10 Years
Distilled 2005
Bottled 2016
Cask tyep Bourbon Barrel #101
700ml 59.3%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーでスモーキーな香り立ち。濃い目の樽香と麦芽香が、バタークッキーの甘い香りやおしろいの白っぽさ、ドライフルーツの華やかな酸味に通じる。

味:ねっとりとした口当たり、香り同様バーボンオークのフレーバーが主体で、奥には白っぽい麦芽の甘みが味に厚みを出している。蜂蜜、バニラ、ドライオレンジ。
余韻はスモーキーでピーティー、ピリッとしたスパイスを舌先に感じ、オークとグレープフルーツの華やかで長い余韻。

2005年から仕込みが始まったアランのピーテッドモルト。今回のボトルは熟成期間満10年を迎えた初めての日本向けのカスクという事ですが、思いもかけぬ良い出来栄えにびっくりしました。
まずここ最近の傾向として、あまりピート麦芽を使ってこなかった蒸留所が仕込むピーテッドは、それが際立って強くアンバランスな傾向があったように思います。しかし今回のアラン10年は、それほど自己主張していないというか、バランスの良いタイプなのです。

10年でカスクストレングスというだけあって、まだ荒い部分は残っており、★7にはもう一歩という感じですが、アランの素直な酒質を考えると、これが第一の飲み頃と感じます。
麦感は厚めでおしろいのような麦の芯を感じる白っぽい甘み、そこにバーボン樽特有の華やかでフルーティーなオークフレーバーが強めに乗っかっており、パワフルでリッチな飲み心地です。
ここまでは純粋にアランそのものというか、普段ならここで終わって、後は余韻が華やかでオーキーでドライで・・・となるところ、今回はピーテッドです。スモーキーで程よいピートフレーバーが余韻にかけて仕事をして、ただ華やかで終わらないのもポイントです。

アランでピーテッドというとマクリムーアが加水もハイプルーフもリリースされていましたが、その完成度は頭一つ以上今回のボトルのほうが抜け出ています。
今すぐ開けて飲んでも楽しめますし、開かせても樽感が馴染んでバランスが良くなるでしょう。10年くらい置いて一体感が出てから飲んでも良い方向に作用すると思います。

アラン 10年 オークニーベア カスクストレングス 2014年ボトリング

カテゴリ:

ARRAN
Orkney Bere Barley
(Aged 10 Years)
Distilled 2004
Bottled 2014

グラス:テイスティンググラス(ブランド不明)
量:30ml
場所:BAR飲み(Jam Lounge)
時期:開封後半年〜1年程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:厚みのある麦芽香と程よいオークフレーバー、ドライパイナップル、ほのかな土っぽさ、徐々に白粉の甘み、微かに青みがかったアロマ。やや単調だが香味に幅があって味への期待が膨らむ。

味:リッチな麦芽の旨みを感じるややドライな口当たり。乾いた麦芽、ドライパイナップル、洋梨、木のえぐみも少々感じる。オーク系のフルーツフレーバーが幅のある麦芽風味に上手くマッチしている。
余韻は長くしっかりと残る、軽いスパイスと蜂蜜の甘み、近年寄りのトロピカルフレーバー。 


アラン蒸留所が2004年に二週間だけ試験的に仕込んだ、大麦の古代品種であるベレ(ベア)種によるモルトウイスキー。
近年リリースされたアランモルトの中では、ハデさはないもののむしろレベルの高い出来で、なぜ売れ残っているのか謎なボトルです。

ウイスキー製造現場における麦芽品種は、スコットランドの厳しい気候でも安定した収穫が得られるよう、またアルコールを抽出しやすいよう、品種改良が繰り返されてきました。
その結果、特にアルコール量については非常に安定して抽出ができるようになったようですが、同時に出来上がったモルトウイスキーからは味の深みや、複雑さが失われ、特に1970年代後半から1980年代以降、ライトで単調なウイスキーが増えていきました。 

酒質が軽くなった原因は、樽の違い、フロアモルティングに代表される製法や設備の違い、そして麦の違いといくつかの要因が重なり合った複合的なものだと考えられています。おそらくそれは間違いではないのでしょう。
そして近年ではフロアモルティングを復活させたり、樽にこだわったりと多くの試みがあるわけですが、中でも個人的に1番影響が大きいと感じているのは、麦芽品種に古代種を用いたウイスキーです。

今回のアランオークニーベアは、でんぷん質が近年の麦芽に比べて少ないためか糖化がうまくいかず、濾過工程でも目詰まりを起こす等、蒸留工程に至るまで非常に苦労があり、蒸留もミドルカットをかなり厚くとったそうです。
しかしその甲斐あって、1980年代流通のハイランドモルトを思わせる分厚い麦芽風味とフルーティーさが備わって、今すぐ飲んでも、10年後に飲んでも間違いなく楽しめるボトルのに仕上がっているように感じます。
なかなか大量生産できないボトルだとは思いますが、温故知新、原点回帰の精神で、ぜひこうしたリリースが増えていってほしいなと思うばかりです。

このページのトップヘ

見出し画像
×