カテゴリ

カテゴリ:グレンギリー

グレンギリー 23年 1990-2013 マキロップチョイス 53.8%

カテゴリ:
GLEN GARIOCH 
Mackillop's Choice 
Aged 23 Years
Distilled 1990 
Bottled 2013 
Cask type Hogshead 
700ml 53.8%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(GOSSE)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかな香り立ち、梅を思わせる淡い酸味、ピートスモーク、えぐみのあるウッディーなニュアンスから徐々にオーキーなバニラやフルーティーさが開いてくる。

味:スムーズでオイリー、粘性を感じる口当たり。徐々にピート、蜂蜜の甘み、スパイスが舌を刺激する。
味わいは後半にかけて広がるイメージ。
余韻は華やかで、乾いたウッディネスと内陸系ピートの苦味、スモーキーさ。パイナップル、オレンジピールなどのドライフルーツを伴い長く続く。


個人的にグレンギリーはプッシュしたい蒸留所であるものの、1990前後はちょっと躊躇してしまうビンテージ。そんな印象に待ったをかけてくれたのが、このマキロップチョイス1990です。

グレンギリーはピーティーなフレーバーと酒質のバランス、オイリーさが時に素晴らしい味わいにつながるのに対し、何故か1980年代を中心にパフューミーなボトルがあるという地雷持ち。確か1989にもその系統があったような。。。勿論それを地雷と取るかギフトと取るかは人それぞれですが、私はどうにもダメなタイプです。

また同蒸留所のリリースは、1995年あたりからフルーティー、1997年以降はノンピートですが安定した印象で、おっと思わせるリリースに幾つか当たっているものの、変化の途中にあった1990年前後は樽の使い方も違うのか、酒質的にもあまりいい印象がありませんでした。

このマキロップチョイスは、今のギリーにはない内陸系のスモーキーさにナチュラルな酒質。そこにオーキーなフルーティーさが広がると共に、ギリーらしいニュアンスも感じられ、樽次第とは言いつつも中々楽しませてくれる1本に仕上がっています。
某富山の生きがいを与えるプロ酒販が太鼓判を押しているボトルですが、飲んで「なるほど、こういうことね」と納得する構成でした。

グレンギリー 15年 信濃屋銀座店 21周年記念ボトル

カテゴリ:

GLEN GARIOCH 
Shinanoya Ginza 21th Anniv
Aged 15 Years
Distilled 2000
Bottled 2016
Cask type Bourbon barrel #657
700ml 59.6%
暫定評価:★★★★★★(6)(!)
      
いつもお世話になっている、信濃屋銀座店の堤さんが原酒の選定をされたという、グレンギリー15年。
ラベルがミュシャの夢想とあって、否応なしに目を引くボトルですが、個人的に重視したいのはその中身。       
価格と内容のバランスに加え、飲んでおもしろいと感じるリリースを目指したとのことでしたが、その方針通りのボトルだと感じます。
オフィシャルのスモールバッチシリーズ系統の仕上がりで、ともすれば古びた油や獣的なプラスの要素に感じない部分はほどほどに、良い意味でのギリーらしさがちゃんと備わっているのがポイントですね

バーボンオークらしく、甘くとろりとした口当たり。ウッディーさは程よい程度で、熟した洋梨、オレンジジャム、甘みと酸味に加え、ハイプルーフらしくスパイシー、ほのかにシナモン。余韻にかけてヒリヒリとしたアタックと共に、ほろ苦く土っぽさもある乾燥した麦芽風味が広がる。           
飲む気満々で購入したボトルですから、買ったその場で開けて行くスタイル。
店頭に居た堤さんにリアルタイムに感想を伝えます(笑)。
もう終電近くで時間も遅かったので、お客さんもおらずいつもの試飲の流れで。


グレンギリーは常々不遇な蒸留所であること、そしてオフィシャルが現地や免税向けにリリースしているスモールバッチシリーズなどのラインナップのポテンシャルから、サントリーにもっとがんばって日本でも展開して欲しいことを書いて来たわけですが、今回のボトルで少しだけその鬱憤が晴れた気がしました。
このボトルは開封後の変化、加水で引き出せる要素も大きそうですから、近々しっかりとテイスティングしてコメントをまとめたいと思います。

このボトルは即日完売しており今から購入することは困難ですが、入荷したBARも多いようです。現行のオフィシャル12年くらいしかグレンギリーを飲んだことがないという方も、これをきっかけに現在のグレンギリー蒸留所が持つ魅力を感じてみてください。       

グレンギリー 1971-1997 (26年) サマローリ 43%

カテゴリ:
IMG_0856
GLEN GARIOCH
SAMAROLI
(Aged 26 years)
Distilled 1971
Bottled 1997
Cask type Sherry Wood
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(持ち寄り会@Mさん)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:フローラルでピーティーな香り立ち。脂肪酸、香水、乾いた麦芽の軽やかな香ばしさ。複雑で熟成感があり、古酒らしくこなれた柔らかさ。
加水するとピーティーさと麦芽、アーモンドナッツ、若干の油、際どくソーピー系になりそうなアロマが開いてくる。

味:柔らかくとろりとした口当たり。華やかでフローラル、フルーツ缶詰のシロップのような甘さ、乾いた麦芽、ハイランド系のピートフレーバーが徐々に強く、後半にかけてほろ苦くビターな味わい。
余韻はスモーキーで長い。加水すると麦芽風味とパフューム一歩手前のニュアンス。もう一歩でソーピーなフレーバーが出そうな危うさがある。

お久しぶりのサマローリ・グレンギリー1971の加水仕様。
サマローリでグレンギリーで1971というと、8年59.6%が伝説的なボトルの一つとして君臨しているわけですが、その陰には43%加水で25~26年熟成のグレンギリーもあるのです。
シェリーカスクでの熟成で300本のボトリング。リフィル系の樽かシェリー感は淡く、バットにしては本数が少ないため、リフィルホグスでの熟成か、あるいは他社から小分けに原酒を購入したのかもしれません。

その香味は加水らしく柔らかい香りと口当たり、所謂パフューム香はありませんが、1980年代流通のギリーオフィシャルボトルにあるような「後一歩でパフュる」系のフローラルなフレーバー。動物性の油、油脂のようなニュアンス、そして染みこむようなハイランド系のピートフレーバーが、何とも"らしい"と感じます。

状態としては写真からも伝わるように、Goodコンディションで、変なヒネもなく見るたびに惚れ惚れしてしまいます。
ただボトル個体差かもしれませんが、以前テイスティングした時よりもフローラルさ、後一歩の感覚が強くなったような印象があり、ひょっとすると経年によって刻々とソーピーな方向に変化しているのかもしれません。
GMのブラウンコニッサーズに代表されるように、加水系のボトラーズリリースは、そういうフレーバーのない蒸留所でも経年でソーピーなフレーバーが出る事例があり。何よりグレンギリーは1970年代後半(あるいは1980年代)あたりから病にかかる蒸留所ですから、可能性は十分ありそうです。

このボトルを最初にテイスティングしたのは6年前になります。
テイスティング後、目白の田中屋の上の棚のほうでこのボトルを見かけ、手の届く値段だったのでどうするかなーと思っていたらいつの間にか売り切れていて・・・そして先日の持ち寄り会で、まさにそのボトルが目の前にあり、開封を任せて頂きました。いやほんと、ウイスキー業界は狭いですね(笑)。



余談ですが、サントリーがグレンギリー12年の正規輸入を止め、平行品等で販売されていたノンエイジのファウンダーズリザーブに切り替えるみたいですね。
近年のグレンギリーはスモールバッチ系のリリースが充実しており、そうしたラインナップを正規で拡充して販売して欲しいと常々希望していたのですが・・・。実質的に縮小したような形になってしまいました。
ファウンダーズは海外評価はそこそこですが、熟成感は12年より一段落ちる印象があり、個人的には少々残念です。

グレンギリー 8年 1970年代流通 イタリア向け

カテゴリ:
GLEN GARIOCH
Over 8 Years Old
1970’s
75cl 43GL
 
使用グラス:創吉 テイスティンググラス
テイスティング量:ハーフショット
場所:個人宅イベント(OMC)
開栓時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかいモーキーさ、ほろ苦く芳ばしい香り立ち。グレープフルーツの綿、乾いた麦芽、オレンジピール、艶のあるピートフレーバーに土っぽさも感じる。
若いビンテージゆえか癖は少なく、外連味の無いアロマ。

味:柔らかいが主張のはっきりとした口当たり。ボディはライトからミディアム程度で香り同様オーソドックスな麦芽風味、じわじわと内陸系ピートフレーバー、奥にはオレンジピール、お菓子のレモンケーキ。
経年ゆえか角が取れてこなれた印象を受ける。余韻はスモーキーでほろ苦い。微かに油脂分のような癖も感じる。
 
グレンギリーのオールドボトルで、自分の大好物な1本。
昨年末、久々に個人宅でのウイスキーイベントOMCに参加した際、ラインナップ外のボトルにこれを見つけ、別枠で飲ませていただきました。状態申し分なしのGOODボトルです。
その個性は一言でピーティー。酒質は穏やかな麦芽風味主体、そこに内陸系の土っぽく素直なピートフレーバーで、独特の艶があるというか妖艶な雰囲気が漂っており、たぶんこれが後々のパフュームに繋がっていく要素なんじゃないかと思います。
 
グレンギリーは最近良いリリースが増えてきた印象こそあるものの、やはり自分の中ではこのダンピー時代が強烈に印象に残っていて、グレンギリーに求めるものはこのボトルにあるような個性だなと再認識しました。
 

グレンギリー 15年 ルネッサンス 1stチャプター オフィシャルボトル

カテゴリ:

GLENGARIOCH 
Aged 15 years 
"THE RENAISSANCE" 
1st CHAPTER IN A FOUR PART STORY 
700ml 51.9% 
暫定評価:★★★★★(5) 

香り:酸味を伴うオリーブオイルのような植物感のある香り立ち、ブラウンシュガー、オレンジピール、木の削りかす、乳酸系の若いアロマも感じる。

味:口当たりは度数を感じさせないスムーズさがあり、オイリーでボディも厚みがある。
オールブラン、シロップ、レーズンヨーグルト、植物系のえぐみも感じる。
樽由来の甘味と原酒由来の若い酸味が混在しており、余韻は木材由来の苦み、ナッツ、ほのかなピートフレーバーが染み込むように長く続く。


持ち寄り会でのテイスティング、メインステージ紹介ボトル。
オフィシャルボトル4部作のうちの第一弾、12000本限定品。
グレンギリーは蒸留所そのものはシングルモルトに力を入れて色々リリースを行っているのですが、サントリーがなぜか12年以外を入れてくれないので中々出会う機会が無い。昨年リリースされたこの15年も非常に気になっていたボトルでした。

飲んでみるとギリーらしい酸味のある脂のようなアロマと柔らかいピートフレーバーは感じますが、シェリー樽とバーボン樽のバッティングであるためかバーボン樽系のフルーツ感は控えめで若さが見え隠れする味わい。正直、今のギリーの酒質なら中途半端にシェリー樽を使うよりバーボン樽で15~20年くらいで切り上げるほうが良いような気がします。
一方、このグレンギリー(ルネッサンスシリーズ?)は1年毎に熟成年数を上げて4年間かけてリリースされるシリーズで、今後リリースされる16年、17年、18年と続く布石として、あえて多少の若さを出してきたならば面白いなと感じます。

そういえばこの熟成年数を区切ってリリースしていくシナリオは、どこかで聞いたことがあると思いきやアードベッグですね。
アードベッグは4種類出たリリースのうちベリーヤングの評価が最も高かったわけですが、このグレンギリーの評価はどの段階が高い評価を受けるのでしょうか。次のリリースが楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×