カテゴリ

カテゴリ:グレンギリー

グレンギリー 22年 1993-2016 ディスティラリーコレクション 56.2%

カテゴリ:
IMG_3531
GLENGARIOCH
Distilleries Collection
Aged 22 years
Distilled 1993
Bottled 2016
700ml 56.2%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーでツンとした刺激を伴う香り立ち。パイナップルや林檎のドライフルーツ、ジンジャーシロップのニュアンスに、ほのかに焦がしたようなスモーキーさも感じる。

味:とろりとした粘性のあるスパイシーな口当たりから、近年系トロピカル、オーキーなフルーティーさが強く開く。パイナップルや煮た林檎、香り同様の構成だが想定するより強く感じる。
余韻はややドライ、蜂蜜レモンの甘みとほのかにシナモン、乾いたウッディネスが長く残る。

バーボンオーク由来と思われるフルーティーさが色濃く出ている。ピートはそれほど感じない。開封直後は荒削り気味だが、樽の良さと相まって、いかにも近年のギリーという感じである。


最近リリースが増えた印象のある、1990年代以降のグレンギリー。
この時期のグレンギリーは、酒質の変化が大きい時期でもあり、パフューミーな1980年代から、オイリーで酸味を伴う癖があり、ピーティーな1990年代前半、1995年から1997年の休止後はノンピートで徐々にキレの良い酒質に・・・といった具合に、様々なキャラクターを楽しむことができます。
グレンギリーが最も評価されているビンテージは1970年代前半という印象はありますが、個性を楽しむという点では近年蒸留も捨てたものじゃなく、非常に魅力ある蒸留所です。

(グレンギリー蒸留所の再留器。同蒸留所は初留25000リットルに対し、再留11000リットルと2倍以上の差がある。Photo by T.Ishihara)

なかでも1993年から1995年のグレンギリーは、パフューム時代名残とも言える癖が抜けてきて、樽由来のフレーバーのノリと、スモーキーフレーバーのバランスが取れている。勿論樽さえ良ければですが、1990年代グレンギリーの中で最も美味しい時期だと感じます。 

今回テイスティングしたグレンギリー1993は昨年のウイスキーフェスでテイスティングし、なかなか良いと感じていたボトルの一つ。
改めて飲んでも樽由来のフルーティーさが非常にはっきりとあり、開封直後はもちろん、しばらく時間を置けばややギスギスしたニュアンスもこなれ、さらに美味しくいただけるのではないかと思います。
また、ラベルもいい感じですね。このディスティラリーコレクションは総じてラベルのセンスが良いなと感じており、今回の雄鹿のイラストも、ギリーのエンブレムとマッチして雰囲気が出ています。

グレンギリー 15年 1972-1987? 60% SLIM COWELL'S PERSONAL SELECTION II (再掲)

カテゴリ:
GLEN GARIOCH 
(Morrison Howat Distillers.Ltd)
SLIM COWELL'S
PERSONAL SELECTION II
Highland Single Malt
Aged Over 15 Years
750ml 60%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★★(10)

香り:濃厚かつシルキーでベリー、黒葡萄、ハーブのニュアンス。艶のあるシェリー香の奥には土っぽいニュアンスと、どっしりとしたスモーキーフレーバー。残り香は上質なカラメルソース、徐々に黒蜜を感じる。高貴かつ妖艶なアロマ。

味:コクのある口当たり、濃厚なベリー感にダークフルーツ、キャラメリゼしたナッツ、徐々に濃く入れた紅茶のタンニン、カラメルソースのほろ苦さ。後半から余韻にかけてピート、黒土、レザー、じわじわと広がって内陸系のスモーキーフレーバーとランシオ香が鼻腔に届く。フィニッシュはそれらが混然となり、強い陶酔感を伴う非常に長い余韻。 

※この記事は2016年10月に掲載したものです。本ボトルが提供されるWhisky Lovers Nagoya の開催に合わせ、再掲します。


「神はシェリー樽の中にいると思う。」
そんなことを感じてしまった1杯。
なんてことをFB等に書いたら、一部では"神のギリー"と呼ばれ始めているようです。
大袈裟と思えるかもしれませんが、その素晴らしさは筆舌に尽し難く。飲むほどに高まる感動と、飲んだ後はその香味にただ感嘆の吐息を漏らすしか出来ない。正直、ここまで高まったのは本当に久しぶりでした。

口の中で広がる濃いベリー系の風味。とにかく濃厚でありながら、苦味やタンニンはアクセント程度。ボトリング後約30年間の瓶熟でこなれたアルコール感、フレーバーの一体感。そして中間から後半にかけて広がるレザー、黒土、どっしりとしたピートフレーバー。
これだけ濃厚なシェリータイプだと、それのみで素晴らしいボトルは色々ありますが、熟成年数の短さゆえか原酒由来のフレーバーが死んでおらず、どこかフレッシュで、グレンギリーとして素晴らしいのです。
例えるなら、グレンドロナック1968~1971あたりで感じられる、ベリーやランシオと表現される高貴なシェリー感を濃厚にし、グレンギリーの歴代最高峰の一つともいわれるサマローリ・グレンギリー1971のピート感、酒質の力強さを合わせたような、まるで美女と野獣です。

また、コンディションも素晴らしく、このボトルをテイスティングさせてもらった開封から1ヶ月の時点で、バリバリに開きまくっていました。
今年も既に10ヶ月が過ぎ、ブログに掲載している以外も含め様々なボトルを飲んできましたが、その頂点に君臨する一本だと断言できます。
というか、酒暦を振り返っても、これほどのボトルはそうそうなく。。。ここまで突き抜けた感動を与えられたら、もうスコアは満点を出すしかありません。 

Slim Cowell's
(以前Whisky linkのイベントでテイスティングの機会を頂いた、セレクションNo,8のボトル。)

このシリーズは、Slim Cowell氏という愛好家が個人でオフィシャルから直接樽を引っ張ったボトルの一つとのこと。
シリーズは8まである模様で、全てハイランドモルトやアイラモルトといった地域表記しかされておらず、例えば今回のボトルのようにMorrison Howat Distillers.Ltdなど、蒸留所の所有者と地域、そして味から絞り込むということになります。
最近はラベルで魅せて、そして買わせるムーンインポート的なリリースが増えていますが、この中身を前にしては、過剰な装飾も、素性の説明も、もはやただの蛇足といえます。

このグレンギリーは当ブログでもたびたび掲載している、日本橋は三越前のBAR Y's Land IANさんで頂きました。
是非愛好家の皆様は飲みに行ってみてください、と言いたいところですが、2017年1月22日に名古屋で開催されるウイスキーイベント、Whisky Lovers Nagoya2017においてブース提供するボトルの一つとなっており、現在は店頭での提供を行っていません。
自分は状態を確認するためと、たまたまテイスティングをさせていただきました。 
貴重な機会を与えて頂き、ただ感謝です。


同イベントに参加される方、特にある程度経験を詰まれたドリンカーの皆様、このボトルは飲んでおくべき1本です。 
是非テイスティンググラス持参の上(くれぐれもプラカップで飲むことのないよう)、また、舌も鼻も、そしてグラスもベストな状態で飲まれることを推奨します。
イベント自体かなり濃いもので、多くの経験や情報を得られそうですが、それでもこの1杯を飲むためだけに参加する価値があると思います。


追記(1/22):いよいよイベント当日ですね。このグレンギリー1972も相当話題になっていて、目玉の一つとも聞いています。
が、コレクターブースに出店するIANさんのボトルはこれ以外にもやばいボトル多数。1940年代から50年代蒸留のボトル達に、ポートエレン、ジャパニーズではフィールドバレエ25thや駒ケ岳30年の姿も。。。思わず唾を飲みました。
来場される皆様、是非IANブースにも足を運んでください!

詳細はこちらから:

グレンギリー 13年 1980年代流通 サマローリ フィノシェリー 57%

カテゴリ:
IMG_2269
GLEN GARIOH
Samaroli
Aged 13 years
Cask type Fino Sherry Butt
Bottled by R.W.Duthie 
Select & imported by Samaroli 
1980's
750ml 57%
  
グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(KuMC@Nさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:枝つきレーズンやドライアプリコットを思わせる甘酸っぱいアロマ、麦芽香、そして古酒感の混じる妖艶なスモーキーフレーバーをしっかりと感じる。スワリングで土っぽさと使い古したレザーの香りも。

味:とろりとオイリーな口当たり、フレーバーは強くしっかりとしている。香り同様にアプリコットの酸味と麦芽風味、蜂蜜、ナッツ、どっしりとした"らしい"土っぽいピートが余韻にかけて開いていく。フィニッシュはピリッとスパイシーで刺激があり、落ち着いた甘みを伴うスモーキーフレーバーが長く続く。

IMG_2270

ただならぬ雰囲気を感じる、サマローリのグレンギリー。当時のボトルらしく不明点が多いですが、おそらく1980年代流通、1970年代蒸留と思しき1本です。
ラベルに書かれたBottled by R.W.Duthieの表記も愛好家として見逃せませんね。ダッシー(ケイデンヘッド)が所有していた樽を、 サマローリが買い付けてボトリングしてもらい、イタリアにインポートしたというところでしょうか。
当時のサマローリのみならず、ダッシーはファンの多いボトラーズですから、このダブルネームだけで高まってしまう愛好家も多いと思います。    

その味わいは当時のグレンギリーらしいどっしりとしたピートフレーバーに、強い旨味と樽由来のアプリコットなどのフルーティーさ。酒質由来の香味の存在感は野性味すら感じる、例えるならばジビエのような魅力を感じます。
1杯飲んですっかりやられてしまい、思わずもう1杯。うーん、ギリーいいですねーギリー。

ちなみにこのボトルをの所有者であるNさん曰く、これフィノシェリーのあざとさとギリーの強いピートが喧嘩して拷問かと思ったんだけど・・・一応飲む?と前置きがあった上で飲ませていただいたのですが。
「あれ、これめっちゃ美味しくないですか?」   
「え、あれ、美味しいぞ」
となったことから、経年が良い方向に作用した結果の産物であり、実はボトリング当時は現在のフィニッシュモノや樽感ベタベタのボトルのように、必ずしも高い評価を受ける味わいではなかったのかもしれません。

最近日本市場にボトラーズリリースが入ってくる動きを見せているグレンギリー、ノンピートになって華やかで綺麗な1997年以降のモノも良いですが、最近買えるところでは1990年でピートと樽由来のフルーツ感があるボトルにらしさが感じられて楽しい。
瓶熟次第では、今回のようなボトルに仕上がっていくモノも出てくるのでしょうか・・・。

グレンギリー 23年 1990-2013 マキロップチョイス 53.8%

カテゴリ:
GLEN GARIOCH 
Mackillop's Choice 
Aged 23 Years
Distilled 1990 
Bottled 2013 
Cask type Hogshead 
700ml 53.8%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(GOSSE)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかな香り立ち、梅を思わせる淡い酸味、ピートスモーク、えぐみのあるウッディーなニュアンスから徐々にオーキーなバニラやフルーティーさが開いてくる。

味:スムーズでオイリー、粘性を感じる口当たり。徐々にピート、蜂蜜の甘み、スパイスが舌を刺激する。
味わいは後半にかけて広がるイメージ。
余韻は華やかで、乾いたウッディネスと内陸系ピートの苦味、スモーキーさ。パイナップル、オレンジピールなどのドライフルーツを伴い長く続く。


個人的にグレンギリーはプッシュしたい蒸留所であるものの、1990前後はちょっと躊躇してしまうビンテージ。そんな印象に待ったをかけてくれたのが、このマキロップチョイス1990です。

グレンギリーはピーティーなフレーバーと酒質のバランス、オイリーさが時に素晴らしい味わいにつながるのに対し、何故か1980年代を中心にパフューミーなボトルがあるという地雷持ち。確か1989にもその系統があったような。。。勿論それを地雷と取るかギフトと取るかは人それぞれですが、私はどうにもダメなタイプです。

また同蒸留所のリリースは、1995年あたりからフルーティー、1997年以降はノンピートですが安定した印象で、おっと思わせるリリースに幾つか当たっているものの、変化の途中にあった1990年前後は樽の使い方も違うのか、酒質的にもあまりいい印象がありませんでした。

このマキロップチョイスは、今のギリーにはない内陸系のスモーキーさにナチュラルな酒質。そこにオーキーなフルーティーさが広がると共に、ギリーらしいニュアンスも感じられ、樽次第とは言いつつも中々楽しませてくれる1本に仕上がっています。
某富山の生きがいを与えるプロ酒販が太鼓判を押しているボトルですが、飲んで「なるほど、こういうことね」と納得する構成でした。

グレンギリー 15年 信濃屋銀座店 21周年記念ボトル

カテゴリ:

GLEN GARIOCH 
Shinanoya Ginza 21th Anniv
Aged 15 Years
Distilled 2000
Bottled 2016
Cask type Bourbon barrel #657
700ml 59.6%
暫定評価:★★★★★★(6)(!)
      
いつもお世話になっている、信濃屋銀座店の堤さんが原酒の選定をされたという、グレンギリー15年。
ラベルがミュシャの夢想とあって、否応なしに目を引くボトルですが、個人的に重視したいのはその中身。       
価格と内容のバランスに加え、飲んでおもしろいと感じるリリースを目指したとのことでしたが、その方針通りのボトルだと感じます。
オフィシャルのスモールバッチシリーズ系統の仕上がりで、ともすれば古びた油や獣的なプラスの要素に感じない部分はほどほどに、良い意味でのギリーらしさがちゃんと備わっているのがポイントですね

バーボンオークらしく、甘くとろりとした口当たり。ウッディーさは程よい程度で、熟した洋梨、オレンジジャム、甘みと酸味に加え、ハイプルーフらしくスパイシー、ほのかにシナモン。余韻にかけてヒリヒリとしたアタックと共に、ほろ苦く土っぽさもある乾燥した麦芽風味が広がる。           
飲む気満々で購入したボトルですから、買ったその場で開けて行くスタイル。
店頭に居た堤さんにリアルタイムに感想を伝えます(笑)。
もう終電近くで時間も遅かったので、お客さんもおらずいつもの試飲の流れで。


グレンギリーは常々不遇な蒸留所であること、そしてオフィシャルが現地や免税向けにリリースしているスモールバッチシリーズなどのラインナップのポテンシャルから、サントリーにもっとがんばって日本でも展開して欲しいことを書いて来たわけですが、今回のボトルで少しだけその鬱憤が晴れた気がしました。
このボトルは開封後の変化、加水で引き出せる要素も大きそうですから、近々しっかりとテイスティングしてコメントをまとめたいと思います。

このボトルは即日完売しており今から購入することは困難ですが、入荷したBARも多いようです。現行のオフィシャル12年くらいしかグレンギリーを飲んだことがないという方も、これをきっかけに現在のグレンギリー蒸留所が持つ魅力を感じてみてください。       

このページのトップヘ

見出し画像
×