カテゴリ

カテゴリ:その他のお酒

エルカンダド ペドロヒメネスシェリー バルデスピノ 17%

カテゴリ:
エルカンダド
EL CANDADO
PEDRO XIMENEZ SHERRY
VALDESPINO
750ml 17%

シェリー系のウイスキー紹介が続いたところで、今日は脱線してシェリー酒。普段飲みスタイルの雑談記事になります。

黄色地の目立つラベル、それ以上に異彩を放つ、黄金色の南京錠付きのコルクキャップ。
洋酒を嗜まれている方々には今更紹介するまでも無い、"黄色いニクいヤツ"。スペイン・ヘレス地方産、ペドロヒメネスシェリー酒(通称:PX)の有名銘柄が、今回の記事の主役、バルデスピノ社のエルカンダドです。


一応さわり程度、概要に触れていきます。
バルデスピノ社といえば、ヘレス地方の大手ボデガに数えられる存在であり、ウイスキー愛好家にはおなじみとも言えるシェリー樽供給元の一つでもあります。
少し前は、キングスバリーがバルデスピノカスクなんていうシェリー樽のシリーズをリリースしてましたし、シェリー酒を意識して飲んだことが無いというウイスキードリンカーでも聞き覚えはあるのではないでしょうか。 

PXシェリーは、収穫した葡萄(ペドロヒメネス種)を天日干しにして、糖分を濃縮したものを原料として作られる、全甘党御用達とも言える極甘口な酒精強化ワイン。
その濃厚な甘さは、甘い物嫌いの人からすれば卒倒できるシロップのような濃縮感。しかし、ただ甘いだけではない、酸味や苦味など、甘みの奥に潜む多彩さが魅力の一つともいえます。

今回のエルカンダド、酒販店等の説明では12年、ラベル説明では10年以上(なぜか微妙に違う)の熟成を経てリリース。この熟成年数は、ソレラで熟成されるシェリーにおいて一概に比較は出来ませんが、決して長期熟成というわけではなく、感覚的にはウイスキーと同じ尺度で見て良いと思います。
また、ウイスキー業界で使われる「シーズニングシェリー樽」の1年、2年というシーズニング期間が、良いか悪いかは兎も角、シェリー本来の熟成としては短いことはわかります。

香りは常温だとツンとしたアルコール感、あわせてレーズンやチョコレートを思わせる、非常に濃厚な甘いアロマ。
味わいはとろりと濃厚、黒蜜、レーズンやカシス、ベリーなどのダークフルーツのシロップ。アーモンドのほろ苦さ。余韻で引っかかりというか、若干喉を刺激するアルコール感と酸味もありますが、深く、濃い甘みが長く残ります。

上位グレードのPXシェリーとの大きな違いは、風味のふくよかさもさることながら、このアルコール感と、滑らかで濃厚でありながらすべるように喉へおちていく飲み心地にあると感じています。
そうした点で、エルカンダドは3000円以上の価格帯で高く評価されているペドロヒメネスには及ばない部分はあるものの、口に含んだ際に広がる芳醇な味わいは、PXシェリーの醍醐味とも言えるそれ。コスパに優れた1本として評価されています。

前述のアルコール感は、冷やしてしまえばあまり気になりません。
さらにPXシェリーは糖度が非常に高いためか、一般家庭用の冷凍庫であれば凍りつくことはありません。
このエルカンダドを冷凍庫でキンキンに冷やし、とろ〜っとしたところを食後のデザート代わりに飲む。これは黒糖かりんとうが好きな人とかホイホイだと思います。また、レモンを絞ってソーダ割りにすると、甘みと酸味のバランスがとれ、疲れた体に染み渡る美味しさです。


どろりと濃厚なPXシェリーは、常温ではとても夏向きとは言いがたいお酒である一方、自分は先述のスタイルで、夏のお供はこれと言わんばかりに飲んでいます。
多分今までの人生で一番飲んでるシェリー酒は、エルカンダドでしょう。 
正直、味わいだけなら「甘いは旨い」という系統の味覚を持つ日本人好みの構成であり、価格も2000円程度と手ごろ。一般的にもっと飲まれても良いお酒だと思っています。
それこそPXシェリー以外に、同じく甘口のモスカテルやクリームなど、少なくともカシスリキュールと同じくらい、広く飲まれていても良いと思うのです。

余談ですが、PXシェリーがこれだけ濃厚に甘いのだから、PXシェリー樽で熟成したウイスキーもまた同様に濃厚な甘さが得られるはず、と思いきや、とろりとした粘性のある飲み口にはなるものの、結構ウッディというか、甘み以上に渋みが出ているリリースに多く当たります(むしろドライなオロロソのほうがウイスキーは甘みのある仕上がりとなったり)。
これはウイスキーのように度数の高いアルコールの熟成の場合は、樽材も一緒に溶けるため、シェリーそのものの味と全てがリンクするわけではないためだと考えられる一方、類似点が感じられないわけでもありません。
ウイスキーに関係があるお酒も飲んでいくと、色々新しい発見があるなと感じています。

レジェンド オブ キューバンラム Pre1962 2016年リリース 45%

カテゴリ:
IMG_4233
LEGEND OF CUBAN RUM 
Pre 1962 Solera "Valdespino" 
Lot 2016 
700ml 45% 

グラス:リーデルコニャックテイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:サルファリーさを伴う黒糖系の甘いアロマ。焦げたトースト、ハッカのキャンディ、植物感、オールドカナディアンのような古酒のニュアンスも感じる。時間経過でスパイスを伴うウッディネス。

味:とろりと甘く濃厚な口当たり。あわせて軽いゴムっぽさ、硫黄香が鼻腔に抜ける。焦げたカラメルソース、アロエやサトウキビの植物感、微かにレーズン。余韻はトフィーを思わせるベタつきのある濃厚な甘み。サルファリーなニュアンスが苦味となって非常に長く続く。

長期熟成原酒がベースにあるため、香り立ち、口当たりはまろやかでリッチな香味があるが、シェリー樽由来の濃厚な甘さ、グレーンウイスキーに共通する穀物や植物っぽいニュアンス、そして硫黄。判りやすくはっきりとした味わいはB級グルメというか、なんともくどさを感じる味付け。確実に好みが分かれる。

IMG_4227

キューバ革命よりも前の時代、1940年から1950年代にキューバで蒸留されたラムの古酒をベースに作られているのが、このレジェンドオブキューバンラムです。
1950年以前の原酒とされながら、ラベル表記は1962年よりも前を示すPre 1962。キューバ革命とするなら1959年あたりが一般的ですが・・・同年はキューバ危機として海上封鎖も行われた年ですから、「この時期よりも前」とするのにちょうど良かったのでしょうか。
国内のリリース時期は毎年年末頃で、ファンにとっては毎年の楽しみでもあるようです。

原酒の所有者は、シェリー酒の超名門ボデガであるバルデスピノ社。前オーナーであるミゲル社長は、門外不出の逸品として製品化に後ろ向きであり、ゲストへの振る舞い酒として使っていたようです。
その後、1999年のボデガの売却でオーナーが変わり、ついに日の目を見ることとなったのは、今から10年ほど前のこと。同社が所有していたのは、半世紀を越える熟成を経た超古酒となるキューバ産ラム2樽。そんな貴重な原酒がなぜ毎年リリースされるのかというと、所謂ソレラシステムで作られているため、抜いた分だけ新しい原酒を継ぎ足しているから。純粋に1962年以前の原酒だけで構成されているわけではないと考えられます。 

実際、レジェンドオブキューバンラムは、ロット毎に味が変わるようです。
自分はこの銘柄をこれまで飲んだことが無かったのでロット毎の違いは体験していませんが、以前はフルーティーさとラム系の植物感、熟成原酒の舌触りで絶妙なバランスだったとのこと。ここ数年はかなり甘口に振れてきたと言う声もあります。
甘みや硫黄を含むシェリー感が濃くなっているという点については、新たに買い付けてきたラムを同社のシェリー樽で熟成させてからレジェンドオブキューバンラムのソレラに加えているのではないかと推察。
それこそ、今回テイスティングした2016年ロットは、濃厚な甘さに加えてサルファリーな香味も備わっており、好みが分かれる分岐点をいくつも持っているという印象。ラム独特のフレーバーはある種の個性でもあるため、合う合わないはさておき、例えば硫黄耐性があり、グレーンウイスキーを好んで飲める人ならストライクゾーンになりそうです。(自分は苦手とする部類でした。。。) 

さて、キューバといえば葉巻です。レジェンドオブキューバンラム2016年ロットの濃厚な甘みは、葉巻とあわせるには好都合。キューバ革命前の原酒が一部でも使われているだけに、出来ればキューバンダビドフなんて吸ってみたいですが流石に手元に無いのでパルタガスかボリバーあたりフルボディタイプで。今度ボトルを片手に行きつけのBARに吸いにいってみようかな。

ニッカウイスキー カフェシリーズの新商品を6月発売(レビュー有り)

カテゴリ:

クロスオーバーを発表したニッカウイスキーから新たなリリース。同社の売りとも言えるカフェスチルで作る、カフェジン、カフェウォッカを6月にも発売するとの情報が入りました。
新商品の2銘柄は、既存ラインナップであるカフェモルト、グレーンに次ぐ、カフェシリーズの一角に位置付けられています。
   
NIKKA COFFEY GIN
700ml 47%
NIKKA COFFEY VODKA
700ml 40%
※6月27日発売予定
※希望小売価格:4500円

元々ジンやウォッカは、蒸留機によって精製したアルコール。つまりウイスキー蒸留設備があるどの蒸留所でも作る事が可能であり、イギリス、アメリカ等では新興蒸留所を中心にオリジナルブランドが製造されている模様。
イギリスでは今、ちょっとしたジンブームにもなっているようですね。

日本はと言うと、愛好者は一定数居る中で、同じ蒸留酒でも少々マイナー領域と言わざるを得ません。
直近だと京都蒸留所がリリースするクラフトジン"季の美"が話題になりましたが、それも一部コアユーザー間であり、ましてウォッカなど。。。カクテルで飲まれることは多くあるも、そのまま、あるいはロックなどの飲み方は、ウイスキー以上に少数派と言っても過言ではない状況です。
かく言う私もBARでカクテルを注文したり、新商品が出ればテイスティングはしますが、ホワイトスピリッツを普段飲みにするかというと中々馴染めません。
(ジンやウォッカを愛飲されている方を否定する訳ではありません。)

そんな日本市場に、ジンとウォッカを投入するその心。ウイスキー愛好者の間では、熟成しないで販売できるホワイトスピリッツは、クラフトディスティラリーが「原酒が熟成するまでの間、繋ぎとして販売するもの」とする認識があり、商品がユーザーに受け入れられるか以上に「ニッカはそこまで原酒がヤバいのか・・・」と勘ぐってしまいました。
ただ、それは両リリースを一口飲めば、新規の市場獲得を狙っている、実に野心的なリリースであることが伝わってきます。

今回、クロスオーバーの販促サンプルと同時に、カフェジンとウォッカのサンプルも入手。様々な飲み方にトライしているところです。
なお、これらのサンプルはメーカーから直接貰っている訳でも、依頼されてるわけでもありません。知人繋がりで入手しているもので、以下は両リリースについての自分の本音ベースの話です。

後日個別に記事化しますが、まずは全体概要から。
カフェジンは、レシピに通常使われるジュニパーベリー以外、オレンジ、柚子などの和柑橘、そして林檎を使用し、一般に販売されているジンのギスギスとしてドライな飲み口とは異なる、柔らかく、どこか奥ゆかしい爽やかさが特徴的。更に山椒を効かせることで、余韻にかけてフレッシュな香気が立ち上ります。
カフェウォッカは、穀物の甘みとほのかな酸味、そしてコクのある口当たり。ここまで飲みやすいウォッカは記憶にありません。
どちらにも共通してアルコール臭さは少なく、一般的に流通している同ジャンルの既製品を飲み進まない自分が、冷やさず常温ストレートで抵抗無く飲めてしまうほどの飲みやすさがあります。

両リリースのコンセプトは、カフェスチルによって香味成分を多く残す、香り高く味わい深いスピリッツ。
ジンもさることながら、ウォッカは特に効果を感じやすく、カフェグレーンやカフェモルトより普段飲みに使える飲み飽きないバランス。その味わいは、下手なウイスキーなら代用品にもなり得るのでは。。。という印象です。

まさに日本人をターゲットとしたようなスピリッツ。舌の慣れているコアなユーザーからすれば、癖や刺激の物足りない味わいかもしれませんが、このリリースから入ってさらに様々な銘柄の魅力を経験出来れば、新しいブームに繋がる可能性もあります。

しかし物は良くても、厳しいことを言えば、その売り方でしょうか。
例えばハイボールブームの仕込みのように、CMや缶飲料などの手を出しやすいところから入るのではなく、いきなり本命をドカンと出して本丸を狙ってくるこの感じは、不器用だな〜という気がしてなりません。
値段も希望小売価格4500円、実売4000円前後となると、同ジャンルではプレミアムな価格帯。コアユーザーから注目されているレンジではありますが、果たして一般的な家飲みに馴染むか。。。という疑問もあります。

ただ、中身は自分の知る限り唯一無二とも言える魅力があり、これが一般市場に広く出回る面白さ。長寿となるか、短命で終わるか。
聞くところでは、5月13日、14日開催のバーショーでPRも行われるとのこと。反響を見ていきたいですね。(自分は今年の夏の家飲み用に、どちらも買うと思います。)
長々書いてしまいましたが、本日はこの辺で。後は個別レビューに続きます。

ファルネーゼ エディツィオーネ No,15 チンクエ アウトークトニ 14%

カテゴリ:
IMG_3080
FARNESE
EDIZIONE
Cinque Autoctoni
No,15
Lot 2013
750ml 14%

今日はちょっと脱線して、最近ヒットだったワインの紹介です。
そのスジの人なら知らない方が少数であろう、イタリアの超有名ワイナリーであるファルネーゼ。
同社のラインナップの中で特に有名なのが、カサーレ・ヴェッキオ。フルボディな赤が好みなら、フランスの"よくわからないコンテストで金賞取ったワイン"なんかより断然オススメできる1本で、それ以外の銘柄も迷ったらとりあえず、という中に入ってくる、人気と実績のあるワインの生産者です。

今回紹介するエディツィオーネは、ファルネーゼのラインナップでハイエンドに位置する1本。
特徴的なのが、所謂スーパープレミアムワインという上位グレードにありながら、ラベルに醸造年の記載が無く、格付けもイタリアワインの中では最も低い"VdT"となっていること。(そしてボトルが一般的なものより一回り分厚く、やたら重い(笑)。)
その経緯は、縦に長いイタリアの北から南まで、複数の畑で収穫した葡萄5種類を別々に醸造・熟成させ、年毎の状況に応じてブレンドしているため。ビンテージも畑もバラバラとなり、イタリアの規定上ではビンテージを付けられず、格付けも低くなっているのだとか。
ウイスキーで言うところ、複数蒸留所と複数ビンテージを使ったノンエイジ表記のブレンデッドみたいなものですね。

通常、ワインの製造行程は、そのワイナリーが所有する畑で作られた葡萄が用いられるわけですが、村名ワインだったり、桶買いなども多く、畑と葡萄が複数となることも珍しいことではありません。 
特に安価なワインに多く見られ、それらが全て微妙とは言わないものの、まあピンキリですよね。
良く作ろうと思えば様々な品種や畑の良いところを掛け合わせてすばらしいものが作れるし、その逆も叱り。
そしてこのエディツィオーネはどうかと言うと・・・「品質が全て」という同社の方針を体現するかのように、実にはっきりと旨い赤ワインなんです。

IMG_3081

香りは開封直後から甘く華やかで、ブルーベリージャムやダークチェリー、微かに燻したようなスモーキーさ。時間経過でクランベリーを思わせる香りも開いてきます。
口当たりはどっしりとしてフルボディ。陰干し葡萄のアマローネを思わせる濃い甘みと果実味、奥に梅干の酸味。中間から余韻にかけて感じられるタンニンはきめ細かく、濃い赤にありがちなくどさがなくすっきりと消えていくバランスの良さ。
大胆にして繊細というか、人によってはあざといと感じる味わいかもしれませんが、個人的に「イタリアワインは気難しいことなく、わかりやすいのが良い」と思ってるので、"良いイタリアの赤"としてすんなり受け入れられました。
今すぐ飲んでもこの通りポテンシャルを発揮しますが、5年くらい熟成させても面白そうです。

ウイスキー的な視点で考えると、こういう構成はシェリー系が好きな人の琴線に触れるものがあるように感じます。
また、うちの妻はワインは白派で、赤はよほど良いもので無い限りは受け付けないのですが、これは好みに合った様子でおかわりまで。結構万人受けする味なんじゃないかなとも。
料理との相性も中々良く、先日は鴨と合わせましたが鉄板の組み合わせ。先週末は鳥と豚の合びき肉のおろしハンバーグですが、ケンカすることはありませんでした。
それ単体で楽しめる上質な味わいがありながら、食事にも合わせやすい。気軽に楽しめるところが良いですね。

IMG_3069

ちなみにこのワイン、F1レーサーであるミハエルシューマッハのお気に入りで、パレット単位(1パレット600本)で購入して、サーキットから私生活まで、様々なシーンで使っていたそうです。
実は何も知らずに購入して、後から調べて「へー」となったのですが、いやはやこんなワイン毎日飲めたら幸せだろうなぁと。
この他、ワイン雑誌のコンテストで全イタリア銘柄の中でトップだとか、こだわりの製法(詳細)とかは、グーグル先生にお伺いを立ててください。 

市場価格は1本4000円ほど。デイリーとしたら高いですが、スーパープレミアムワインとしてはお買い得な価格設定。味から考えても充分アリです。
ちょっとしたパーティーや、記念日などで贅沢な食事を家でするときのお供に良いかもしれません。

マディラ ヴェルデーリョ ヴィンテージ 1850 ペレイラ・ドリヴェイラ

カテゴリ:

MADEIRA WINE
Verdelho vintage 1850 
Pereira D'Oliveiras(Vinhos)
Matured over 150 years in old oak casks
Finest & Oldest
750ml 20%

約160年前に醸造されたビンテージマディラワイン。
ある日のBAR ウォッカトニック。この日はこの日で素晴らしいお酒を散々飲んでいたのですが、しれっととんでもないものが出てきて、感動と話題をかっさらっていきました。

今まで飲んだことがあるウイスキーで最も古かったのは、1910年代のデュワーズかグレングラント。
ワインだと、出産祝いで1杯頂いた1900年代のポートが最古だったと思います。
全ての酒類において、1800年代なんて未知の領域。その熟成がどのような境地に辿り着くのか、いつか飲んで見たいと思ってはいましたが。。。出会いというものはいつだって唐突です。
まして目の前でそのボトルが抜栓される瞬間に立ち会えたわけですから、これ以上ないライブ感に味への期待が高まりまくりです。

"開栓したマディラをサーブするマスター。サーブ前の状態確認テイスティングで満面の笑みが溢れ、それを微妙に引きずっている1シーン。"

ペレイラ・ドリヴェイラは1850年に創業した歴史ある製造元。つまり今回のボトルはその創業年に仕込まれたワインということになります。
1850年は立派な江戸時代、黒船が来る3年前で、あまりに古すぎて目の前にあるボトルとの時間軸がピンときません(汗)
しかし、さすがに160年以上も熟成させたワインは終わってるんじゃ無いかと身構えてしまいますが、マディラワインにおいてその品質は「ほとんど不滅」であり、1900年以前の逸品の味わいは「生涯忘れ得ぬ至福」とまで言われているそうです。

香りは150年以上の時を経ているとは思えないほどフレッシュさがあり、同時に奥深いコク、黒蜜を思わせる甘みと凝縮感。熟成を経ることで逆に洗練されている印象すらあります。
一呼吸置いて立ち上がってくるブルーベリージャム、葡萄、ほのかに黒酢のようなアクセント。スワリングすると土っぽいウッディネスとローストアーモンドを思わせるスモーキーな燻香、時間経過でさらに酸味と甘みが開く。 
口に含むとコクのある甘みを下支えに、しっかりと酸味、梅干し、木苺、黒蜜。余韻にかけて金属味が舌先に残り、柔らかい渋みとタンニンが甘酸っぱい風味と合わせて長く感じられます。

いやぁ、とんでもないですね。
ボトリングは比較的近年で、流石に全期間樽熟成ではなく、味に感じる金属味などからタンクでの貯蔵(あるいは、昔の樽には釘が使われていたという話もあるので、それ由来か)もあったと思いますが、中辛口のマディラであることもあって、時間経過でぐんぐん果実味あふれる酸味が開いてきて、その奥にある深みのある甘みと合わさって世界を作り出しています。
これが生涯忘れ得ぬ至福の一つ・・・思わず終電を逃すほどにトリップしてしまいました。

ちなみに、このマディラワインの前にサーブ頂いたのが、写真のシャトー・ディケム1981です。
ウットリするような深い甘み、上品な果実香に溢れており、その余韻がしみじみと身体に染み渡ったところで、満を辞してビンテージマディラで締める。極上の甘みから酸味へ、一つのコースのようなこの組み合わせが、後に続く味わいをより高めてくれていたように思います。

ウォッカで飲むとこういう経験が普通にあるのが、これこそ家飲みでは味わえないBARで飲む楽しさ、喜びの一つと感じます。
素晴らしい体験をありがとうございます!

このページのトップヘ

見出し画像
×