カテゴリ

カテゴリ:その他のお酒

パハレテ(パジャレテ) ソレラ1851 デ・ムリェール 21%

カテゴリ:
IMG_20200202_194301
PAJARETE 
SOLERA 1851 
A.DE MULLER 
Release in 2013 
750ml 21% 

香り:黒蜜やチョコブラウニーを思わせる濃厚かつ柔らかい甘さ。そこにレーズンやベリー系のドライフルーツ、無花果の甘露煮、杏子ジャム、あるいは黒糖梅酒等の果実を思わせる酸と、胡桃のようなほろ苦さが混ざり合う多層的なアロマ。

味:濃厚でとろりとした口当たり。ダークフルーツをカラメルソースで煮詰めたような、濃縮した甘酸っぱさ。一方でべたつき、しつこさはそこまでなく。その甘酸っぱさの奥からカカオのような苦味、角のとれたウッディさが感じられ、余韻としては必要以上に残らず穏やかに消えていく。

香味の系統としては熟成クリームシェリータイプだが、モスカテルを思わせる酸味も感じられる。角のとれた濃厚な甘酸っぱさを構成する多層的なアロマ。長期熟成マディラワインのようなゾクゾクとさせる高揚感、あるいは陶酔感を伴う仕上がりは、時間の産み出した贈り物。疑いなく素晴らしいデザートワイン。

solera_1851_pajarete

パハレテ(あるいはパクサレット)というと、使い古したシェリー樽をリフレッシュする手法に使われた、安価で質の落ちる甘口シェリータイプの酒精強化ワインシェリーサイドはわかりませんが、ウイスキー愛好家の間では特にその認識が強く、名前くらいは聞いたことがある、という人は多いと思います。

ただ、パハレテを用いたシーズニング(浸けておくだけでなく、蒸気圧で樽材に無理矢理注入する手法)は、1988年にウイスキー業界で禁止され。またシェリー側でも消費傾向として甘口ワインの需要が減ったことや、1999年の法改正でパハレテそのものが独立した区分とはならず、マラガワインなどの一部に組み込まれたことなどからブランドとしても衰退。少なくとも、近年の日本市場ではほとんど見られません。

一方で古くは19世紀、甘口のデザートワインが流行した中でパハレテも純粋に飲み物としてシェアを獲得しており、特にこの時代のものは、熟成を前提とする高品質なデザートワインだったという説があります。
もちろん、様々なグレードがあったと思われ、特に20世紀に入ると、我々が聞くような安価なバルクワインや、果ては輸入したブドウを乾燥させて仕込んだワインに工業用アルコールで酒精強化したような、どうにもクオリティの低いものが登場してくるようです。
安価で濃厚で・・・使い勝手が良かったのでしょう。ウイスキー業界で活用されるようになると、シェリー樽のシーズニングだけでなく、ウイスキーにも直接添加されるようになります。

参考①:Whisky science "Pajarete and Wine treatment"

参考②:シェリー樽の長い旅

ではパハレテはどういう味だったのか。モノとしては、オロロソやPXにシェリーベースの葡萄シロップ、あるいはカラメルを混ぜた、甘口タイプの酒精強化ワインとされ・・・レシピの上では、クリームシェリーに近いものと考えられます。
ウイスキーのオールドボトルの風味に少なからず影響を与えたワイン。。。勉強を兼ねて、可能であれば当時のものになるべく近いものを飲んでみたい。そう考えていたところ、思わぬ出物を見つけて買い付けたという訳です。


今回の1本は、1851年創業のワイナリー「A.DE MULLER(デ ムリエール)」が、創業年に組んだソレラから払い出した長期熟成品。同ワイナリーの酒精強化ワインは、過去に信濃屋がプライベートリリースを行ったこともあるため、記憶にある方がいらっしゃるかもしれません。
平均熟成年数等は不明ですが、現地情報を調べると継続してリリースされているモノではなく、2010年頃の限定品だった模様。
先に述べたように1800年代は甘口デザートワインが人気だった時期です。そこでソレラを組んでリリースを始め、その後消費低迷や法改正等を受けて大量に払いだされることはなく。残された原酒の熟成がひっそりと続いていた。。。とすれば、平均熟成年数はかなり長熟になるのではないかと思います。

また1851年というと、含まれている原酒の最長は約160年にもなり、マディラも顔負けな熟成期間。加えて、1878年から始まるフィロキセラ災禍の前の仕込みともなります。メーカー情報では、主な品種はモスカテルとグルナッシュとのことですが、1世紀以上前の情報がどれだけ正確に残ってるかは、良い意味でも悪い意味でもいい加減な国スペイン故に不明。フィロキセラによって絶滅してしまったブドウ品種も、少量ながら含まれているかもしれないというロマンがあります。

a12b667d
(今回のワインにも感じられた、ノージングで思わず鳥肌がたってしまうような陶酔感を含む熟成香は、長期熟成のマディラ等にも共通する要素。この感覚をどう伝えたら良いか表現が悩ましくあるとともに、いったいなにがこの香味を作り上げているのか・・・、まさに熟成の神秘。)

飲んだ印象としては、濃厚な甘さはあるものの、単にベタ甘いだけでなく長期熟成を感じさせる角のとれた酸味やオーク由来のウッディさ、香味を構成するレイヤーが多彩。質の悪いシェリーとは思えないクオリティが感じられます。何より、上記でも触れた熟成由来と思われる、陶酔感を感じさせるアロマが素晴らしい。先に書いた、19世紀のパハレテが高品質なデザートワインだったという話も、今回のボトルを飲む限り違和感はありません。
現行品のメーカーハイエンドな長熟甘口シェリーと比較しても、遜色ない出来に驚かされました。

開封直後は少し篭ったような感じもありましたが、1週間程度でもう全開。癒しと幸せを感じるナイトキャップです。
パーカーポイント96点、海外レビュアーの評価には「笑顔で死ぬことを可能にする酒」という最高級にぶっとんだ評価。貴重なボトルとの巡り合わせに感謝しつつ、次は葉巻と合わせてゆったりと楽しみたいと思います。

クエルボ リゼルヴァ デ ラ ファミリア 40%

カテゴリ:
IMG_20190829_115857
Jose Cuervo 
Reserva 
DE LA FAMILLIA 
EXTRA ANEJO 
Release 2011
700ml 40% 

グラス:テイスティンググラス名称不明
場所:BAR Fingal
時期:不明
参考評価:★★★★★★★(7)

柔らかい香り立ち。テキーラ独特の植物感と柔らかい酸、メープルシロップを思わせる甘さ、オレンジママレードのような柑橘を思わせる要素も潜んでいる。
口当たりは実にマイルドで、アルコール感を感じさせない。バニラやキャラメルナッツの甘味、柔らかいウッディネスと溶け込むような焦げ感が、長期熟成を思わせる奥行きと多彩さを構成している。また、香りで感じられたテキーラの個性、角のとれた酸味と若干の植物感も含み香として鼻孔に抜けていく。

ウイスキー好きに飲んでもらいたいテキーラ。度数やテキーラの特性上パンチはそれほどでもないが、長期熟成のグレーンやカナディアンと比べて遜色なく、むしろ奥行きなどでは本ボトルに分がある。また、ブランドエピソードがもたらす特別感も無視できない。

IMG_20190828_011143
IMG_20190828_011312

先日、テキーラの代表的銘柄であるクエルボ1800のオールドボトルを紹介しましたが、このクエルボの現行品で、気になっていた銘柄が同社の最上位グレード「リゼルヴァ・デ・ラ・ファミリア」。どこかで飲めればと思っていたところに、Fingalのバックバーで見かけたので注文してみました。

元々同銘柄は生産者の一族、クエルボ家が内々に楽しむために作っていたプライベート仕様。それが創業200周年を記念して1995年以降通常ラインナップに加わったものです。
外箱のデザインはメキシカンアーティストが毎年手掛け、ボトリングのコルク封も手作業で行うなどハンドメイド仕様と様々なこだわりがあるようですが・・・重要なのはやはり味です。

樹齢10年以上のアガヴェを原料とし(麦と違って、テキーラの原料となる竜舌蘭は成熟するまで最低でも6~8年かかる)、使用する樽はアメリカンオークとフレンチオーク。
原酒の熟成期間は最低3年以上のエクストラアネホに、最長で30年以上熟成させた原酒も含めて幅広いレンジをブレンドしているとのこと。2~3年でも十分な熟成期間となるテキーラにあっては、30年ともなると相当長期熟成な部類に入ります。
それがどれくらい使われているかはわかりませんが、長期熟成100%だから旨いわけではないのはウイスキーも同じ。飲みやすくあるもののやや単調ぎみになりがちな熟成テキーラにあって、原料の品質だけでなく熟成と原酒の幅が、ブレンドにおける重要な役割を担っているのだと感じます。

IMG_20190901_123503
(同レゼルバ・ファミリアの現行品(右)は、2017から蝋封が緑系の色に変化している。左はシルバーテキーラの最高峰プラティノ。未熟成であるためテキーラの風味が強く感じられるが、飲み口は柔らかくスムーズ。)

また何より、熟成に使われている樽や長期熟成によって得られる香味にウイスキーとの共通点も感じられることから、これはウイスキー好きに飲んでほしい一本。
類似はやはりグレーンやカナディアン系統ですが、長熟のブレンデッドらしさもどことなく。。。香味と個性のバランス、そして熟成感は双方に共通する魅力も備えており、新しいジャンルへの繋ぎになってくれるのではないかと思います。

IMG_20190911_061918
後日談:同じクエルボ・リゼルヴァ・デ・ラ・ファミリアの2003年流通品をテイスティング。
少し抜けた印象がありましたが、上述の複雑さに加えてスパイシーさが強く面白い味わいでした。この頃は特にロット差が大きかったとのことで、いかにも向こうの作りだなぁという感じです(笑)。




クエルボ 1800 アネホ 1980年代流通 38%

カテゴリ:
IMG_20190617_010031
CUERVO 1800 
Anejo 
1980's
750ml 38% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
参考評価:★★★★★★(6)

テキーラの代表的ブランドとも言えるクエルボの1800のオールドボトル。ブランドヒストリーはメーカーサイト参照で省略させていただくとして。。。クエルボは今でこそ様々な種類がリリースされていますが、当時はこの1800アネホが最上位ブランドだったとのこと。きっと良い原酒を優先的に使っているんだろうとポチって見ましたが、これはその予想の通りアタリでした。

テキーラの特徴とも言える独特の植物感に、マイルドな酸味を伴う引っ掛かりのない口当たり。グレーンウイスキーにも似たバニラを思わせる甘味のあるまろやかな味わいは、ドライさとギスギスした要素の出ている現在の同銘柄とは別物です。
現行品の仕様だと、アネホは8~12年かけて育ったブルーアガベを原料にした原酒を14ヶ月以上オーク樽で熟成しているとのことですが、このボトルのほうが風味も熟成感も自然で、えぐみやウッディな渋みもありません。原酒だけでなく樽そのものの良さも感じられるように思います。

加えて特筆すべきは、アルコール感の無さと口当たりのやわらかさですね。危険なほどするすると飲めてしまいます。我が家で2本、BAR2店舗、計4本状態を確認する機会がありましたが、単にアルコールが抜けているというわけではなく、すべて同様の味わいでした。
ストレートで飲んでも良いですが、これをカクテルベースに使うとさらに度数を感じさせないまま風味だけ加わるような味わいとなる、まさにレディーキラー。我が家ではパイナップルジュースで割ったマタドール崩れが定番です。

IMG_20190710_210225
(以前高岡のBARハリーズで即興でお願いしたオリジナルカクテル。テキーラとシャルトリューズ、あとはローズシロップなどの組み合わせだが、飲みやすさとテキーラベースの特徴はそのままに、香草のフレーバーが爽やかに効いて実に美味。)

この熟成テキーラはウイスキー好きにもオススメ出来る味わい。モルトタイプではなく、どちらかというとグレーンタイプの系統なので、バーボンやカナディアンウイスキーが好みの人には是非オススメしたいですね。
ウイスキーからブランデー、ラムは繋がることが増えてきましたが、テキーラはまだメジャーではありません。ですが、きっと新しい世界へのきっかけをつくってくれるのではないかと思うのです。

IMG_20190818_191342
以下、雑談。
最近ウイスキー以外の投稿をしていませんが、むしろ家飲みはウイスキー以外が多かったりします。
特に記事にするようなネタでもないのですが、ちょっとオマケとして記事の末尾で簡単に紹介しても良いかなと。今日は宮城県の「萩の鶴 純米吟醸 別仕込み 15%」です。

キッチリ冷やして楽しむ酒ですね。柔らかく甘い口当たりに、フルーティーで華やかな吟醸香。温度が上がると甘さがベタついてくるので、冷やすことで良さが増すように感じます。東北らしい酒というか、これは美味しい。
変にクドさがなく、整った味わいなので料理に合わせやすく、冷やした野菜に味噌、そんなシンプルな食べ合わせでも充分楽しめました。

ジンを和食と楽しむ ~季の美 京都ドライジン~

カテゴリ:
最近、ジンの売り上げが急増し、日本でもブームの兆しがあると聞きます。
実際、ジンフェスティバルなどのイベントも開催されるなど、これまでは一般にメインではなかったスピリッツが注目を集めています。

しかしそうは言っても、ジンはカクテルベースのイメージが強く、クラフトジンとか興味はあるけどどう飲んでいいかわからない。
オーソドックスな飲み方であるジントニックも、ライムやトニックウォーターを準備しておくのが手間。っていうかめんどくさい。そう考えてなかなか食指が延びない人も少なくないのではないでしょうか。(実際、私がそうでしたw)
そんなウイスキー愛好家各位に是非おすすめしたいのが、ジンをロックで、食中酒として楽しむ飲み方です。

IMG_20190624_231816

今からちょうど1年前、とあるメーカーの方と「ジンを一般家庭に普及させるにはどうすればいいか」というディスカッションをする機会がありました。
カクテル前提では手間がかかる。1STEPで済ませたい。柑橘感が和食に合いそう。焼酎をロックで飲むイメージで晩酌に使えるんじゃないか。。。
と話が繋がり、その場でじゃあやってみようと近所のスーパーに駆け込んで、天ぷら、唐揚げ、炒め物、そしてまず初見では合わせないだろう和食の代表格"お刺身"などの惣菜を買い込み・・・ジンも複数種類用意して、実際にトライしてみたわけです。

結果、揚げ物などは問題なく普通に合わせられるのですが、意外だったのが刺身。白身系はもちろん、赤味、あるいは〆鯖などの青魚も問題なかったこと。
むしろ爽やかなジンの香気と、ロックで飲むことで高めの酒精が、口内に残る魚介のネガティブな部分を打ち消す感じもあり、これは探求のしがいがある組み合わせだぞと思わせてくれました。

ただ、いざ売り場を見てみると多くのジン銘柄がリリースされており、なかには原料が違ったり、特定のフレーバーに特化されているものもあるなど、どれを選んだら良いか・・・という声も聞こえてきそう。
これに関して、上記ディスカッションをきっかけにスタンダード品からオールドまで色々試すなかでは、オーソドックスなドライジンタイプの方が間違いはないということ。
そして、現行品のなかでオススメは日本のクラフトジン、ならびにプレミアムジンの先駆けとも言える、季の美。今回のレビューアイテムです。

IMG_20190409_204419
(ジンの種類の例。スウェーデン、ヘルノジンのイベントでの1枚。値段は少々高いが丁寧な作りを感じる実に旨い銘柄。一口にジンといってもドライジン、ハイプルーフ、オールドトム、スロージン、ジュネバー。。。そして独自のフレーバー配合などで多くの種類がある。)

季の美は米を原料としたライススピリッツをベースにしていることもあり、口当たりに柔らかさがあるだけでなく、フレーバーも日本人好みの味付けがされているように感じます。
各種ボタニカルが織り成す華やかで爽やかなアロマは、柑橘系のニュアンスのなかに微かに青みがかった甘みと針葉樹やハーブのニュアンス、スパイシーさ。。。ですがクドさのない仕上がりで、ジントニックはもちろん、ロックやソーダで割っても口当たり柔らかくほのかな甘味が残るので、使いやすい印象なのです。

IMG_20190629_105532

食事に合わせる場合、生食系の時はロックやキンキンに冷やしてストレートで。揚げ物がメインなら、ロック、あるいは油をさっぱりと流す目的で、ソーダで割ってジンソーダあたりがオススメ。(季の美については水割りも美味しいのですが、スポーツドリンク的な味わいで、単体で飲むようなイメージ。)
今回レビューに当たって調べてみると、サントリーさんが「和食とRokuのジンソーダ」の記事が公開されていて、さすがかつて二本箸作戦で寿司屋にオールドを売り込んだ元祖。やはり展開されていました。
ですが、サントリーさんがやられているなら、もうこれは太鼓判な組み合わせということですね(笑)

東京ミッドタウン「ロク ミッド パークラウンジ 緑に囲まれた小川で夕涼み クラフトジンや和食を提供(2019/6/20)
https://www.fashion-press.net/news/51082

ジャパニーズクラフトジンROKUに合う創作料理を提案(2018/9/21)
https://mobile.suntory.co.jp/area/kinki/d/9188/?transfer=pc_to_mobile


なお、関連するイベントに参加していると、ウイスキー好きのハートを射止めているものに、スロージンがあります。
要するにすももをジンに浸した果実酒みたいなものなのですが、爽やかでありながら甘酸っぱく、杏子酒や梅酒のようなニュアンスもある。まさに食後酒。
ストレートで適度にドライ、爽やかな味わいは食前酒から食中酒、そしてスロージンでデザートまで・・・実はジンって万能な酒なんです。

自分にとって、ジンは経験が少なかったのと、食中酒としてハイボールを使うのが若干飽きてきていたこともあって、食事との組み合わせは本当に新鮮でした。
梅雨でじめじめした日々が続いていますが、それをジンの爽やかさで打ち消して、おいしいご飯を食べてみてはいかがでしょう!

ハーベイ ブリストルクリーム 1970年代流通 & シェリー樽の考察

カテゴリ:
IMG_20190316_125427
HARVEYS 
BRISTOL CREAM 
CHOICEST OLD FULL PALE SHERRY 
1960-1970's 
750ml About 20% 

かつてイギリスにおいて、スウィートシェリーのスタンダードと言われるほど、高いシェアを誇ったハーベイ社のクリームシェリーが「ブリストル・クリーム」です。

需要に対応するため、1980年代までイギリスのブリストル(またはその郊外)に製造工場があったほど。当時の物流では、生産地に瓶詰工場があるより消費地に生産拠点があった方が効率的だったのでしょう。結果、スペインの提携ボデガから多くのシェリー酒がイギリスに送られることとなり、輸送用、一時保管用のシェリー樽も必然的にイギリス国内に増えることとなります。

IMG_20190316_125543

1960年代はイギリスでのシェリー酒の消費が増加、その後1980年代の衰退とECによる原産地呼称制度の制定に伴うスペインへの工場移転。このハーベイ社がイギリスでシェリー酒を製造していた時期は、スコッチウイスキーのなかでも特にGM社などボトラーズにおける色濃いシェリー樽熟成ウイスキーの仕込みが多かった時期とリンクしています。

シェリー樽についてほぼ同じ時期にパハレテ説があり、これも行われていたと思いますが、ベースとなる樽がなければパハレテは成立しません。果たしてこれは単なる偶然でしょうか。同社がGMないし各蒸留所と樽の供給に関する契約を締結していたかは定かではないものの、少なくとも製造課程でイギリスに置いていた"シェリー樽"が、スコッチウイスキー業界に貢献していたことは間違いないと考えられます。
ちなみにこの樽材がスパニッシュオークか、アメリカンオークかはさらに議論が別れますが、自分は後述するようにボデガが「どうせなら廃棄前の古樽使え」で、わざわざ新しい樽を作らず、アメリカンオークの古樽を使ったと考えている派です。(スパニッシュもあったのだと思いますが、後年良質なシェリー樽と認識されたのは、アメリカンオークの古樽という認識。)

IMG_20190308_021951
(通称GMシェリーとして知られる、カラメルソースを混ぜたような甘みをもった特徴的なリリースは、60年代頃から多く、1980年代後半蒸留頃から姿を消す。かつてはストラスアイラ、モートラック、グレングラント、ロングモーン、マクファイルズ。。。多くのGM蒸留所ラベルや独自リリースがこの味わいを持っていた。)

今回のテイスティングアイテムは、スペインで作られた各原酒がイギリスでブレンドされていた、まさにその当時の流通品です。ラベル下部に書かれた「12 DENMARK STREET BRISTOL ENGLAND」は、かつて拠点を置いていたオフィスの名残であり、時代を象徴する記述と言えます。

クリームシェリーはオロロソシェリーとPXシェリーをブレンドして作られるのが一般的です。しかしその品質はピンキリ。当時は「品質の定かではない原酒をイギリスが大量に輸入していた」なんて説もある時代でもあり、特にスタンダード品は、明らかに色が薄く熟成した原酒が使われていないように感じるものも少なくありません。
一方、このブリストル・クリームの色合いは熟成を感じさせる濃さがあります。経年により若干濁りはあるものの、当時は淀みのない赤みを帯びた美しい褐色だったことでしょう。香味は甘酸っぱくダークフルーツの香味が豊かで、アーモンドクリームのような軽い香ばしさと甘み、若干のシイタケっぽさ。樽由来のタンニン、コクのある甘みはしっかりと熟成したオロロソとPXをブレンドしていることが伺えます。

ここ最近、有名どころのクリームシェリーのオールドをぼちぼち飲んできましたが、スタンダードでこのレベルは頭一つ抜けています。(もちろん、30年オーバー等の長期熟成クリームシェリーと比べると多少粗はありますが。)
1960年代に色濃いシェリー樽熟成のウイスキーが多い背景は、第二次世界大戦とその後の消費量低迷のなかで溜め込んでいたソレラの古酒を、輸送用に使う古樽とともに各ボデガが払いだしたからではないかというのが自分の考察の一つです。
シェリー樽の謎に明確な正解を紐解くことは恐らく出来ず、仮説に状況証拠を結び付け、どれだけ納得できる説が出来るかだと思います。今回のボトルのようにスタンダードでありながらクオリティの高いものを飲んでしまうと、長熟原酒の払い出しとともに一部メーカーが良い樽を確保していたという範囲で、その予想を裏付けているように感じてしまいます。


何の気なしに購入してみたボトルでしたが、思った以上に美味しく、そして背景情報の多いものでした。
このボトルは先日とあるテイスティング意見交換会の際、新宿ウイスキーサロンに寄贈しました。興味がある方は、同店でくりりんが置いて行ったシェリーを注文すると・・・何本かあるうちの1本が出てくるかもしれません。興味がある方はどうぞ!

このページのトップヘ

見出し画像
×