カテゴリ

カテゴリ:その他のお酒

ゴンザレスビアス ノエ 30年 ペドロヒメネス 15.5%

カテゴリ:
GONZALES BYASS
NOE
Pedro Ximenez Muy Viejo Sherry
Over 30 years old
2010's
750ml 15.5%

リッチで濃厚な甘い香り立ち。ややウッディなニュアンス。とろりと濃厚な口当たりは、黒蜜や生チョコ、そしてレーズンや無花果の甘露煮を思わせる甘酸っぱさがアルコールの刺激少なくとろけるように豊かに広がる。
余韻は長く、しかし序盤の濃厚さがある甘みがしつこく残らず心地よい満足感を伴う。素晴らしいPXシェリー。


ウイスキーでもお馴染み、ゴンザレスビアス社のPXシェリーブランドの最高峰"ノエ"。20年間樽熟成し、その後10年間はソレラシステムに組み込む事で、30年を最低熟成年数とする長期熟成極甘口シェリーです。
今回のテイスティングアイテムは2010年ごろに流通していたロットで、現行品の方が少しコクが軽い印象もありますが香味の傾向は同じだと感じています。

PXシェリーは原料となるペドロヒメネス種のブドウを、収穫を遅らせたり天日干しにするなどして糖分を高めたのちに仕込むため、非常に濃厚な甘みが各ブランドに共通する特徴としてあります。
グレードの低いものだと甘いだけで余韻がベタついたり、アルコール感が強かったりするので、ソーダで割ってレモンを絞るような飲み方を推奨したいところですが、このノエはストレートで飲んでも濃厚な甘みに対して程よい酸味と余韻のベタつきのなさが特徴。軽く冷やして食後酒として文句なしの1杯です。


ノエのようにちょっといいPXシェリーでおすすめしたい楽しみ方が、ソフトクリームやミルク系のアイスにかけるスタイル。ただでさえ甘いのに、さらに甘いものにかけて大丈夫なのかと思うかもしれませんが、そこは温度差が解決してくれます。
甘みを含む香味のいくつかは、温度が低いと感じにくくなる傾向があり、アイスクリームで冷やされることでシェリーの甘みが感じにくくなるだけでなく、もともと香味全体が濃厚である故それが適度な引き算となって・・・ドライフルーツを思わせる酸味と熟成によるコク、アーモンドのようなほのかな樽香だけが残り、素晴らしいアクセントとなるのです。(糖分とカロリーは勿論その分オンされてますがw)

こうした食べ方はウイスキーやブランデーを使った事例もあります。しかし個人的な好みで言えば、度数の高いものとの組み合わせは、よほど香味のしっかりしたものや長期熟成品をごく少量に留めない限り、アルコールが悪目立ちするだけでなく、粘度が低いためしゃばしゃばになって、見た目のワクワク感ほど美味しくないというのが率直な感想です。
やはりアイスクリームにかけるならPXシェリー、このデザートを是非オススメしたいです。

ちなみにBAR飲みでは、自分で頼むだけでなく、お店によって甘口シェリーを締めのサービスで出してくれるところがあり、これは自分のような甘党ウイスキードリンカーには最高のサービスだと考えています。
っていうか下手にスナック菓子とかのチャームが一品出てくるより、締めにちょっといいPXが出た方が嬉しいのが本音。上記のようにアイスクリームにかかって出てきたら最強かよって感じですね(笑)。

(ノエの新旧ボトル。左が現行寄りのデザイン。右が1990年頃の流通品。5〜10年単位で細々ラベルデザインが変わっており、1990年代以降でもこれ以外に複数種類のラベルが存在する。なお、オールドになればなるほど相当の澱が出ているので、取り扱いは注意。)

セイズファーム カベルネソーヴィニョン 12.5%

カテゴリ:
SAYS FARM
CABERNET SAUVIGNON 2016
HIMI TOYAMA JAPAN
750ml 12.5%

香り:スパイシーでやや硬さを感じるクリアな香り立ち。木苺やカシスの果実香、ほのかな樽香やハーブを思わせるアロマもある。

味:フレッシュで雑味の少ない口当たり。酵母発酵を思わせるプチプチとした刺激、程よい酸味の後で熟したカシス、ジャムのような果実味も感じる。
余韻のタンニンは控えめで、甘みもベタつかずさっぱりとしている。

カベルネソーヴィニョンのニュアンスはあるが、気候によるのかフランスのようにしっかり濃厚なタンニンがあるわけでもなく、新大陸のようにたっぷりとしたタイプでもない。控えめな甘みとフレッシュな酸味で、例えるなら熟していない果実のよう。数日経過すると熟れた甘みが開きポテンシャルを発揮してくる。


久しぶりのワイン記事。友人夫妻からのお土産なのですが。。。
「日本のワインってなんか手が伸びないんだよね。」
ワインの経験が浅い自分の、偏見とも言える先入観を打ち砕いてくれたのが今回の1本です。

セイズファームは2007年、富山県氷見市に創業、2009年にファーストリリースを行なったばかりのまだ新しいワイナリーです。
その特徴は、ワインづくりに用いる葡萄は全て自社で開墾した農園で生産した各葡萄品種のみを用いていることと、富山の食材の合うワインづくりを目指していること。それもほぼ有機栽培に近い、地の環境を活かした生産を行っているのだそうです。

自分が日本のワインに手を出さなかった理由は、一部銘柄がブドウジュースやレーズンなどを使ってワインを作っているという話を聞き、日本はまだその程度なのかなという先入観を持ってしまっていたため。
勿論そうした銘柄が一部あるのも事実と思いますが、ボトル片手に調べてみて、本格的にワインを作ろうとしている醸造家もいらっしゃるんだなと。香味から細かいところまでわかるほどの経験値はありませんが、その景観と味わいに、是非訪問してみたいなと感じるようなワインづくりが富山の地で行われていたのです。

(セイズファームのカベルネソーヴィニョン。以下の記事は現地の雰囲気がわかりやすく、俄然興味が湧いてきました。
ご参考:

ラベルはシンプルで、それが逆にセンス良く。味は少しライト気味ですが、カベルネらしいニュアンスと、雑味の少ない丁寧な作りが感じられる構成で、時間経過での変化も合わせて充分本格派なワインだと思います。
日本の環境では赤よりも白の方が良いと聞きますので、次は同社がメインとしているシャルドネを試してみたいですね。
ちょうど暑い時期ですし、軽く冷やして飲んだら美味しいだろうなー。

なお話は少し変わりますが、富山と言えば若鶴酒造の三郎丸蒸留所も改修工事を経て昨年再稼働したばかりです。
そして富山には一定以上の品質の赤ワインがあるのですから、三郎丸からすればワイン樽も地元で調達出来る可能性があるということでもあります。
セイズファームと三郎丸のピーテッドモルトの組み合わせも、将来的に期待したくなる国産ワインとの出会いでした。

ブランディーズ ヴェルデーリョ 5年 マディラワイン

カテゴリ:
BLANDY'S
VERDELHO
MADEIRA
ANDS 5 YEARS
750ml 19%

香り:オロロソや紹興酒的な落ち着いた酸味を伴う、淡いウッディネス、皮付き葡萄の渋みがほのかに。スワリングしているとオレンジなどのドライフルーツを思わせる濃縮した甘みが広がってくる。

味:干し葡萄、オレンジジャムや杏を思わせるしっかりとした甘酸っぱさが、アルコーリックな刺激、スパイスとともに広がる。
あーこれは良い、この甘酸っぱさはウイスキーにも通じる美味しさだ、なんて思いながら飲み込むと、余韻は序盤の濃厚さに反してベタつきが少なく、オレンジを思わせる果実感をほのかに残し、意外にもスッキリとしている。



先日、信濃屋銀座店でイケメン副店長からオススメされた若いマディラ。
妙に推すのでどんなもんかと買って見たのですが、これが確かに美味しいのです。

多分マディラ派、あるいはワインなどの醸造酒を愛飲している方からすると口に含んだ時のアルコール感が強いと感じるかもしれませんが、自分はこの程度なら許容出来るイメージ。(自分の妻はあまり気に入らなかったようです。)
むしろこの若さゆえ、熟成によって減っていくであろう果実感が、それに反して増加していくであろう樽感、紹興酒的な古酒感に邪魔されないのもポイントだと思います。

そしてこのマディラ、カマンベールチーズと合わせると最高なんです。
チーズを一口食べた後でマディラを一口飲み込むと、若さゆえの刺激がコーティングされるだけでなく、熟した果実や蜜のような甘みが広がり、双方の味わいが高まり融合する。マリアージュ独特の幸福感が口の中に広がって長く残るのです。これはハイボールで唐揚げの油を流すようなさっぱり感とは、別次元のものです。


自分はマディラワインは全く明るくないので、このボトルがどの程度のものか相対的な評価は出来ませんが、シェリー同様に興味を持つには充分なクオリティでした。
知人のバーマン曰く、若いマディラだからこその良さを楽しめる銘柄は思いの外少ないのだそうです。特にコスパがいいものに当たるのはなおのことと。
確かに、若さゆえ素性や作りの部分がモロに出るんでしょうね。
最近シェリーやマディラの酒精強化ワインに興味が出ていたので、これをきっかに色々飲んで見たいと思います。

アプルヴァル キュヴェ ヴィクトール 30年以上熟成 41%

カテゴリ:
APREVAL
QUVEE VICTOR
Aged 30 years over
Calvados Payd'Auge
700ml 41%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプス
時期:開封直後
(参考評価:★★★★★★(6-7)(!))

香り:豊かに香るりんごの蜜を思わせる甘酸っぱい果実香。スパイシーでハーブを思わせる爽やかさ、エステリー、バニラと樽香、ほのかに発酵したような独特の酸味も伴う。

味:マイルドな口当たり、熟したリンゴ、コンポート、色の濃い蜂蜜、紅茶、徐々にホワイトペッパー。ふくらみのある豊かな味わいが広がる。
余韻はオーク由来の心地よいウッディネス。果実味と共にビターでほろ苦い余韻が長く続く。

過度な樽感なく非常にいい熟成感、熟成のピークを感じる味わい。バッティングによるボディの厚みと丸みのある味わいと、ウイスキーでいうリフィルホグスのスペイサイド長期熟成に通じる熟成感がある。
ストレートを大ぶりのグラスで、じっくりと時間をかけて楽しみたい。


日本のウイスキー愛好家の間でも、無農薬栽培のりんごから作られるカルヴァドスやシードルとして知られるアプルヴァル。
同社のコスパに優れたラインナップの中で、長期熟成原酒独特の角の取れた丸みのある味わいと奥行き、所謂熟成感と言われる感覚が味わえるのが、30年以上熟成した原酒で構成さたキュヴェ・ヴィクトールです。

1200リットルという大きな新樽で長期間熟成させた後、400リットルサイズの樽に移して後熟を行う製法が特徴。
近年のウイスキーでは、バーボンバレルやそれよりもさらに小さい樽を使い、強い樽感の原酒を短期間で仕上げるスタイルが見られます。しかし短期間で付与した樽感と、時間をかけてじっくり熟成させた樽感は、同じ濃さでもベースにある酒質部分の仕上がりが異なるため、トータルでの完成度が段違いです。

長期熟成原酒の枯渇から、そうしたニュアンスを感じられる原酒のリリースが減ってきているのは言うまでもなく。これが手の届く範囲の価格帯で楽しめるという点で、このカルヴァドスはウイスキー好きにもオススメしたい1本と言えます。

(エクリプスにて、30年以上熟成のヴィクトールと40年以上熟成のグスターヴの飲み比べ。どちらも同じ樽構成で熟成が行われている。グスターヴはヴィクトールに比べやや過熟気味でボディも枯れ始めているが、熟成による豊かな香味が魅力。)

(アプルヴァル・カルヴァドスの名をウイスキー好きに広めるきかっけとなったXO。18-24年熟成。見た目の色合い通り、濃い樽感と豊かだがしつこすぎない甘みが楽しめる、コスパに優れた1本。当ブログのレビューはこちら。)

先に述べたように、ヴィクトールは自然な樽感と熟成感が魅力であると言えます。
一方、同社ラインナップでその対極にあるのが、上記写真のアプルヴァルXO。このXOも1200リットルから400リットルという同じ樽構成なのですが、逆に濃く豊かな樽香があり、原酒を移す時期や樽の使用回数をコントロールすることで、成長に違いをつけていると考えられます。

以前の自分のレビューでは、この熟成傾向を例えるなら、2000年代に見られたGMの濃厚なシェリー感に通じると書いています。今回のヴィクトールも同様に例えるなら、かつてのケイデンヘッドを思わせるナチュラルな樽感と仕上がり。。。なんてこじつけ気味でもありますが、先にも書いたようにこの価格帯でこれだけの熟成感があるウイスキーリリースって、ほとんどないんですよね。
カルヴァドスの独特の香味は好みを分ける部分でもありますが、それを差し引いても優良なリリースだと思います。


さて、アプルヴァルのカルバドスやシードルが美味しい理由は、リンゴの種類にもあるようです。
実は今まさに、現地を京都の名店カルヴァドールのマスターである高山氏が訪問されていて、その解説をFB上でされておりましたので、こちらにも引用させていただきます。

上の動画は先日ポワレの紹介記事でもリンクを貼らせてもらった製造風景動画ですが、同社の農園を見ると、整った農地に間隔を置いて1本1本リンゴの木が植えられているのが見えます。
この品種は、Haute tigesという土着品種。幹が太く背が高く枝を広げるため、風通しを良くする必要があるので密集して植えられず、しかも大量生産可能な品種に比べて実の数も少ないのだそうですが、その分すばらしい味わいの林檎を実らせるのだそうです。
また、無農薬農法ゆえ、牛が放牧されており、土に栄養分が還っていく仕組みも作られています。

「いい生産者は、昔からの土着品種の林檎を大切にしている」こうした話を聞いた上で同社の製品を飲むと、また一つ豊かな味わいに感じるのは、それらが作り出す品質への信頼によるものなのかもしれません。

ブルームスベリー リッジヴュー ワインエステート 12% イングリッシュスパークリング

カテゴリ:
BLOOMSBURY
RIDGEVIEW 2013
English Quality Sparkring Wine
750ml 12%

先日、アプルヴァルの試飲会に参加した際。偶然知り合ったワインインポーターのワインスタイルズさんにて買い求めた、イギリス(イングランド)の辛口スパークリングワイン。
2013年はイングリッシュワインとしては優良年なのだそうですが、自分もちょっとした記念の年であって、記念日ディナーに使わせてもらいました。
シャンパングラスが何処かにいってしまい、ワイングラスで代用・・・(笑)

率直にいうと、ワイン初心者の自分は"イギリスワイン"と言われて、「え?イギリスでワイン作ってるんですか?」というテンプレ的な予備知識の無さからスタート。
聞けば石灰質の土壌にシャルドネ中心のぶどう品種構成(2013年のセパージュはシャルドネ59%、ピノ・ノワール27%、ピノ・ムニエ14%)。そしてシャンパーニュ製法を採用した作りで、飲んでみるとブラインドではシャンパンと区別がつかないだろうクオリティ。

辛口とは言いますが、トゲトゲしさのない心地よい酸味を伴うスッキリとした飲み口。白系果実、炭酸の刺激と華麗なキレの良さ。口の中で温度が上がってくると、黄色系の柑橘や若い林檎のような果実味が膨らんでくる。
酸味のバランスが良いですね。やることをしっかりやったような王道系の味わいです。


「こういうのもあるのか。」なんてどっかで聞いたようなセリフが思わず口をつく。自分の知ってる下手なシャンパンなら喰ってしまうような1本で、素直に驚かされました。
それこそイギリスみたいな寒冷地でワインなんて・・・という印象だったのですが、地球温暖化の影響で葡萄づくりに適した地域がどんどん広がっている結果なのだとか。
また、イギリスの気候は1年を通して寒暖差が少ない特徴もあり、これもプラスに働いて、熟成にも耐えるしっかりとしたスパークリングが出来るのだそうです。

後は価格が一般的なシャンパンより安価であれば、素晴らしい競争力を発揮できそうなところなのですが、そのクラスのシャンパンと変わらないのが少々痛いところではあります(汗)。 
ただ、味は間違いないわけですから、我々のようなスコッチウイスキー好きは、例えばそうしたBARの周年記念に差し入れるとか、特別な日の1杯目に準備してみるとか、イギリス繫がりの用途はあると思います。


さて、今回ワインを購入したワインスタイルズさんは、仲御徒町に店舗を構え"生産者のこだわり"が見えるワインを主体的に扱うインポーター。4月末で開業9周年を迎えられていて、今後はシードルやサイダーブランデーなど、ワイン以外の扱いも始めようと色々動かれているようです。

店内は常時温度管理がされており、ワインの保管状況は棚置きであっても良好。安心して買い物が出来るだけでなく、店頭試飲が可能な設備も備えていて、上野、御徒町、あるいは浅草界隈で買い物をした後でふらっと情報収集に寄れるのも魅力です。
今回訪問した際は、9周年イベントで開封したという、ダイヤモンドジュビリーを記念してリリースされたリッジヴュー・ロゼのマグナムをウェルカムドリンクに、オーストラリア・ピラミマのシラーズ、アメリカ・ナインハットのカベルネなど、ウイスキー好きに琴線がありそうな濃厚系をいくつか飲ませてもらいました。


リッジヴューはこのロゼが初体験。「え、イギリスさん結構良いじゃないですか」という第一印象を持って、同社社長の田中さんによる即興イングリッシュワイン講座を受講(笑)。特別な記念だけに気合の入ったリリースで、このクオリティも納得です。

これが新しい発見で今回の買い物に繋がったわけですが、他にシラーズ・ピラミマの熟した苺を思わせるような甘酸っぱい果実香にもぐっとくるものがありましたし、ナインハットは完熟カベルネ"らしい"包容力のある、濃厚でふくよかな味わいが魅力。熟成ボルドーのしなやかなタンニンと奥ゆかしい酸味も素晴らしいですが、新大陸系のわかりやすい味わいもそれはそれで楽しいものです。

お酒を買うとき、便利さからついついネットショップやオークションを使ってしまいがちですが、ショップで直接探す楽しみはこういうところにあるんですよね。
この日は田中さんから、同ジャンルに関する知見のみならず、業界動向や個人的なワインへの想い入れなど、色々お話を伺うことが出来ました。
結果、気がつけば閉店時間まで長居してしまいましたが、近々新商品も入るようなのでまた伺いたいと思います。
ありがとうございました!

株式会社ワインスタイルズ
営業日時:12時〜20時 (木・日曜休み)
住所:〒110-0016 東京都台東区台東3-4-10 大畑ビル
TEL:03-3837-1813

このページのトップヘ

見出し画像
×