カテゴリ

カテゴリ:その他のお酒

カストラ ルブラ ヴィア ディアゴ ナリス セレクテッドレッド 14.5%

カテゴリ:

VIA DIAGONALIS
SELECTED RED
CASTRA RUBRA 2009
750ml 14.5%

熟成されたワインに漂う落ち着いた酸味、スワリングすると微かにハーブを思わせるアロマ。どっしりとして重みのある香り立ち。蜜っぽさのあるカシスやブルーベリーの甘酸っぱさ、濃厚でふくよかな口当たり。ほのかな土気から、徐々に樽香、タンニンが程よい酸味と共に口の中をキュっと引き締めていく。

温度は18〜20度程度に戻して。2009年ビンテージだけあり、既に熟成された要素も感じられ、濃厚でありながらまろやか、そして余韻の酸味とタンニンまで全体の繋がりが良く、余韻も長い。バキュバン保存で2日目は少し酸味が強いものの、少し時間をかけると甘みが戻り、充分楽しめる。




カルディコーヒーファームで扱っている(2018年2月現在)、ブルガリアの赤"カストラ ルブラ ヴィア ディアゴ ナリス セレクテッドレッド2009"。先日、コメント欄でオススメ頂いたので買ってみたんですが、確かにこれは安うまです。(ヨシダーさん、ありがとうございました!)

ぶどう品種はメルロー、カベルネソーヴィニョン、ルビン、マヴルッド。後半2種類はよくわかりませんが、メルロー、カベルネと言われると納得の濃厚さがあります。
そして瓶詰め直後はもっとタンニンや酸味がバキバキだったと思うのですが、熟成を経て全体のバランスが整ったのか、開けてすぐ飲めてしまう手軽さも魅力。「赤ワインは酸味が強くてどうも・・・」というウイスキードリンカーにもオススメ出来るまとまり具合です。

作り手は「ハイクオリティなワインをリーズナブルな価格で」という方針で作っているそうで、価格は嬉しい1500円〜1700円のデイリー枠。FBのタイムラインに投稿したところ、ウイスキー仲間が宅飲みワインに常備しているという話や、知らない人に飲ませると大抵驚くという話ももあり、知る人ぞ知るコスパ良好ワインなんだなと実感しました。 

なお、どれくらいかを同じような濃厚コスパ系有名どころと比較すると、モンペラやカサーレベッキオより、自分は好みでした。これは良い銘柄教えて貰いました。まさに今が飲み頃と言える味わいですし、もう何本か買っておこうかな。。。



先日、ウイスキー仲間と集まってウイスキー&ワイン会(シメはシェリー酒とバニラアイス)を開催。4人で5本持ち寄って、「醸造酒こんなに飲めねーよ!死ぬ気か!」なんて言いつつ結局ほぼ全部空けてしまい・・・サイコーに楽しめました。 

同じ赤でも地域や国が違うと全然風味も違うので、普通に飲めてしまいますね。
最近、同じような話が別グループで立ち上がり始めたり、今回のようにオススメ銘柄を勧めていただいたり。ウイスキーの繋がりから、新しい世界の広がりを感じています。

サン マルツァーノ コレッツィオーネ チンクアンタ+2 14.5%

カテゴリ:
SANMARZANO
Certainly a Collezione
Cinquanta +2
750ml 14.5%

今回のワインは前回に引き続きイタリア・プーリア州から、1962年に創業したワイン製造者の協同組合カンティーネ・サン・マルツァーノが、創業50周年を記念してリリースしたブランド。価格は2000円台ですが、同社の中ではハイグレードのトップ・キュヴェに位置づけられています。
葡萄品種はプリミティーヴォとネグロアマーロ。樹齢は50年越えの古木に加え、イタリア南部で太陽をたっぷり浴びて作られるワインだけあって、しっかりと濃厚な味わいがウリ。
ファーストリリースの後は+1、+2と年数を加算する表記でリリースが行われており、2012年と2013年に醸造され、異なる熟成方法を経たワインがブレンドされているそうです。
と、WEBからの引用はこれくらいにして。。。

香りはハーブ香の混じるベリーやカシスの濃厚なアロマ、ツンとして乾いたような樽香、酸味にはまだ硬さがある。
口当たりは甘酸っぱく濃厚、フルボディ。ブルーベリー、ダークフルーツソース、どっしりとした葡萄エキス。奥には安寧芋のペーストのような蜜っぽい甘さ、そこから樽香、タンニンが尖った酸味と共に主張してくる。

濃厚は濃厚ですが、酸味を甘さと濃さで上塗りしたような味わい、樽香も浮ついていてフレーバーにバラツキがあるというか、統一感があまり感じられない。。。というのが開封直後のこのワインに対する印象。正直、買って失敗したとすら思いましたね(笑)。

   
例えば果実味に限定すると、序盤はジャムやソースのような、加工した果実の甘酸っぱさがあってこれはこれで良いのですが、後半にはまだ硬さが残る果実を食べた時のような主張の強い酸味に変わってしまう。2つ時系列の違うものがそれぞれ主張しあっていて、お互いいいものはあるのに交わっていない、そんな違和感からあまり杯が進みません。

このワインを開封したのは日曜日の夜で、半分ちょっと残してバキュバンから冷蔵庫へ。ま、平日飲めば良いか~と。しかしこういう時に限って平日の帰りが遅くなり。。。金曜深夜まで5日間丸々放置プレー。
いい加減飲まないと調理酒行きになってしまうので、18度くらいまで温度を戻して飲んでみると、「なにこれめっちゃ旨いじゃん!」というほど印象が変わっていました。


ふくよかで深い甘みと微かにハーブの漂うアロマ。硬さのないまろやかな舌触り、熟したぶどうやベリーを思わせる蜜っぽい甘酸っぱさ。余韻のタンニンもカドが取れ、濃厚な味わいにあって実にバランスがいい。
それぞれ主張しあっていたものが融和し、香りは熟した果実のように開いている。

ワインは2〜3日で飲みきるものという認識があり、2日目にカドが取れて美味しくなってることは何度かありましたが、大概は酸化が進んだり香味がぼやけたりする傾向がある中、5日経ってこうも美味しくなるとは衝撃的です。
そしてアテに買っていたパストラミビーフとの相性が激ヤバ。とろんとした甘みに黒胡椒のスパイシーさとビーフの旨味がマッチして、飲む食うの永久運動、一気に飲みきってしまいました。
(そして締めのコニャックを飲みながら、ソファーで寝落ち(笑))

この味で2500円程度なら、素晴らしいコストパフォーマンスです。
つまりそれだけポテンシャルがあるワインであり、現時点で美味しくするには今回のように時間をかけるか、あるいはデキャンタか、一手間必要と言えますが、単純に飲み頃はまだ先ということなのかもしれません。
今回はたまたまこういう形になりましたが、次は狙って開かせたものを飲んでみたいです。 

パッソ デル スッドゥ アパッシメント エディツィオーネ 15%

カテゴリ:
PASSO DEL SUD
APPASSIMENTO
EDIZIONE 2015
750ml 15%

香り:カシスやレーズンの濃厚な甘酸っぱさ、ほのかに醤油。スモーキーで甘みには天津甘栗の焦げ感、栗の渋皮を思わせる樽香とタンニン。

味:口当たりも香りで感じた同様に濃厚な甘酸っぱさ、非常にリッチ。中間はあまり変化がないが、ウェルチ、ザクロジュース、カシスリキュールを飲んでいるよう。徐々に焦げた木材。
余韻はビターで焦げ感のある樽香を伴い収束するタンニン、たっぷりとしてリッチな甘さがある。

アパッシメントらしい実に濃厚なワイン。色合いも赤みを帯びて非常に濃い。開封後、バキュバンで2日程度の保存であれば、多少丸みが出る程度で酸味も強くならずにいただける。


最近ウイスキーが続いたので、久々にワインでいきましょう。
今回は先日記事にしたカーサのアパッシメントと同じプーリア州から、全く同じ千円台中頃の価格帯でコスパの良いタイプ。ですがそのキャラクターは、樽を効かせた焦がしたようなウッディさとタンニンが豊富に感じられる、単にフルボディで甘酸っぱいだけじゃない個性が付与されている1本です。

自分周辺のウイスキー愛好家には、アパッシメントやアマローネのワインは総じて評判がいいわけですが、かく言う私も好みの部類。
葡萄を乾燥させて糖度を高めた濃厚な味わいは、時に単調気味ながら酸味以上に感じられる濃さと甘さで、ウイスキーにも通じる要素があるところ。加えて「オラ!どうだ!」と盛りよく出てくる、さながらB級グルメ的な旨さは、この価格帯のアパッシメントの親しみやすさとも思います。


ただ今回のパッソ デル スッドゥは、甘さと酸味、そして焦げと苦味の樽感とで、単品では濃厚民族な方々でも少々呑み疲れるのではという懸念も。。。
ここに合わせるオススメというか定番は、同じくこってりとした煮込み料。今回は鶏肉で合わせましたが、トリッパとかイタリアらしい料理と合わせても良いと思います。

食中酒としてワインを合わせ、食後はハイボールでこってり感をリセット。そこからウイスキーに入るなんて休日の夜の過ごし方は、家飲みで気兼ねなく使えるワインだからこそできる楽しみ方ではないでしょうか。
この満足感は、ウイスキー単体では中々出せませんね。

ジュヴレ シャンベルタン VV セニョーリ ダルセロ 13%

カテゴリ:
IMG_5857
SEIGNEURIE DARCELOT
GEVREY CHAMBERTIN
VIEILLES VIGNES
2012
De Aureo Spirito Collection
750ml 13%

フレッシュで少々硬さがあり、ドライクランベリーなどのダークフルーツ、赤と黒色を思わせるベリー系の果実、スパイシーな香り立ち。徐々に蜜っぽい甘さ。
口当たりは重みのある濃さ、ブルーベリー、あるいは黒スグリ、葡萄の皮。余韻は程よいタンニンとピリッとしたスパイスのアクセント。
時間経過で少し鉄っぽいニュアンスも感じられる。

やや硬さが残っているが、時間を置くと果実味が開いてくる。VVゆえか適度な深みと濃縮感もあり、まだ熟成させる事が出来たと感じるボトル。


昨年レビューしたコートドボーヌ・ヴィラージュ2014、伊勢丹ギフトセットの片割れ。
年数について明確な基準はないものの、数十年以上の古木から採れる葡萄で作られているVV(ヴィエイユ・ヴィーニュ)表記のシャンベルタン。
自分の経験の浅さから、通常のそれとの違いはわかりませんが、古木の方が根が深い一方、収穫量が落ちるので、濃い味わいの葡萄が取れるようです。例えるならスープの出汁をとる老鶏みたいなものでしょうか。

セットだった2本のうち、格的にはこのシャンベルタンの方が上と思われる構成。
ワインに明るい知人曰く「(シャンベルタンのほうは)そこそこだね」とのこと。まあこれが1本2000円台の価格帯で手に入るなら文句はないのですが、2本で10800円は、幾らブルゴーニュを代表する2地区のそれとは言え強気すぎじゃないの伊勢丹さん?という、ギフト故の見えない何かが付与されているワインでもあります。


濃くありながらくすみのない色合い。硬さはありますが、香味とも比較的整っていて、単体でもなんだかんだと飲めてしまう。
合わせるなら、生ハムなどの肉類より、ブリーやカマンベールといったチーズとの相性が良いように感じました。

さて、ブルゴーニュで最も有名と言われるシャンベルタンのワイン。ぐぐって頂ければそれを紹介するサイトはいっぱいでてきますので、その特徴については専門のサイトを参照して頂くとして。。。その感想は、一言で沼ですね。
様々なこだわりのある作り手と、異なる土壌の特性が、フレッシュなベリー感のあるものからどっしりと男性的な長熟向きのワインまで、素晴らしいワインを多く生み出してきた歴史があり。ウイスキー好きでベリー系の風味が琴線にある方は、まさにこの地方で良いものを飲むと沼にハマって しまうだろうなと感じます。

ただ、既に高い評価とブランド価値のある地域でもあり、良いものは手を出せないほど高騰している状況。「無名のものでもそれなりな作り手もいますよ」なんて話も聞きましたが、踏み込むには相応の覚悟と軍資金が必要で、さながらそれは、この地方のワインを愛したナポレオン のごとく。。。

勿論自分にはそんな覚悟はないので、今年はイタリアやカリフォルニアあたりのワインを適度に楽しんで、ウイスキー好きの寄り道的な選択肢に紹介できればと思っています。

セニョーリ ダルセロ コートドボーヌ ヴィラージュ 12.5%

カテゴリ:

SEIGNEURIE D'ARCELOT
COTE DE BEAUNE-VILLAGES
De Aureo Sprito Collection 
2014
750ml 12.5%

透明感のある色合い。ベリー系の酸味や加水柘榴ジュース、軽いタンニン、赤い花を思わせる繊細な香り立ち。
口当たりは軽め、中間は少々平坦で単調気味、ほのかに蜜っぽさ。序盤に感じたドライクランベリーなどの果実味が、余韻で葡萄の皮を思わせるタンニン、苦味へと繋がって重さが残る。

まるで皮ごと絞った葡萄ジュース。30分ほどの時間経過で酸味が強くなり、アンバランスに。
ベーコンや甘辛く味付けた肉類との相性が良く、むしろその手の食事と合わせることを前提としたようなワインで、単品では飲みやすいが少々飽きがくる味わい。


伊勢丹がギフト向けに展開している、ブルゴーニュワイン飲み比べセットのうちの1本。主要品種はおそらくピノ・ノワールで、ひょっとしてガメイも使ってませんか?というニュアンスも。

中身はアウレオ・スピリットという古典的な製法普及グループの一員であるダルセロ氏が選定しているワインの一つ。。。らしいのですが、私のようにウイスキー側の人間にして見れば聞いたこともなく、一般の方ならなおのこと。まあウイスキーでもこういう誰?(もしくは何?)ってブランドありますし、そういうものだと思って話を進めます。

赤ワインにおいて、ウイスキー好きの好みにヒットする要素にベリー系の香味があり、ベリー系と言えばブルゴーニュでピノ・ノワール種は避けられません。
今回のヴィラージュ表記のコートドボーヌは、ブルゴーニュ地方の同地区において2つ以上の村のワインをブレンドしているもので、格付けとしては単一ワイナリー→コートドボーヌ表記→ヴィラージュ表記で一番下なのですが、まあ単一だろうが混ぜてようが、問題は味です、味。

(伊勢丹のワインギフトセット。もう片方は村名ジュヴレ・シャンベルタン。重口のワインで異なる飲み口のワインを楽しむセットとのこと。)

それにソコソコのお値段がつけられている飲み比べセットなので、そう悪いものは混ぜてないだろうと、期待しないまでも警戒もしていない予想だったわけですが。 
他方で「近年のブルゴーニュは屍の広がる荒野、打率の悪さに殺意を覚える。特にセール品のボトルに安ウマなんて期待するな。」というのがワインにも明るいウイスキー仲間達の言葉にあり。
その点、今回のボトルは決定的に悪いわけではないものの、全体的にフレーバーの質が軽く単調気味で、それでいて飲み終わった後で妙な重さが口の中に残るので単品では飲み飽きてくる。ウイスキー好きに勧めるワインとも、想定される値段通りのレベルがあるとも言い難いボトルでした。

それにしても伊勢丹の担当者はなぜこのワインを選んだのか。万人向けの味といえばそこまでですが、単にシャンベルタンの方に予算を取られたのか、異なる飲み口という飲み比べに比重が置かれただけなのか。
テイスティングの通り食事と合わせると足りない中間部分の厚み、複雑さが補足されてそこそこ楽しめるので、これはそういうワインなのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×