カテゴリ

カテゴリ:羽生

イチローズモルト 清里フィールドバレエ 26th & 27th 記念ボトル

カテゴリ:

KIYOSATO FIELD BALLET
27th Anniversary & 26th Anniversary
Blended Whisky
Ichiro's Malt
2016's & 2015's 
700ml 48%

山梨県の"萌木の村"で開催されている、日本で唯一連続上演され続けているバレエの野外公演、清里フィールドバレエ。
その開催25周年を記念して2014年にボトリングされた第1弾から始まり、第2弾(26周年)、第3弾(27周年)で2016年まで計3種類、記念ウイスキーのリリースが続いています。

昨年末、同施設の村長である舩木さんから、手紙と共にこの記念ボトルのサンプルを頂きました。
本ブログをご覧になってくださっているだけでなく、こうしたお気遣いはただただブロガー冥利に尽きる話です。
折角なので、子育て中で外飲み出来ない妻と一緒に楽しませて頂きました。 

清里フィールドバレエ記念ボトルはそれぞれ生産者が異なり、25周年はサントリー。26周年、27周年はイチローズモルトが所有する原酒を使って限定生産しています。
25周年ボトルについては以前記事にしており、今回改めてテイスティングしたわけですが、やはり素晴らしいピュアモルト。グレーンを使っていない中であれだけの一体感に加え、熟成した原酒が織りなす美しいフレーバーを妻も絶賛していました。

そして今回の記事では、イチローズモルトがブレンド、ボトリングした26周年と27周年記念のブレンデッドウイスキー2本にスポットを当てて、レビューをまとめます。
こちらは双方とも羽生蒸留所の原酒をベースに、川崎蒸留所のグレーンをブレンドしたロストディスティラリーの共演。ブレンダーは勿論、肥土伊知郎氏です。
なんとも贅沢な飲み比べですが、そうする事で見える共通のキャラクターや、ブレンドの違いもありました。

26周年記念ボトルは、1990年蒸留25年熟成の羽生モルト原酒に、1982年蒸留33年熟成の川崎グレーンがベース。
27周年記念ボトルは、同じく1990年蒸留の羽生モルト原酒に、グレーンは約40年熟成の川崎グレーンをブレンド。
樽構成はどちらもバーボンの古樽やシェリー樽が中心のようで、イチローズモルトの原酒保有状況を考えると、同メーカーで考えうる最長熟、気合の入った組み合わせである事が伺えます。
(実際、ブレンドにあたり肥土氏はサントリー響30年を越えるウイスキーを作る事を目標としていたそうです。)

まずどちらにも共通するのが、羽生原酒らしい強めの樽香。熟成環境や樽構成からくる、ウッディーで酸味を伴う香味がいかにもらしさとして感じられます。
そこにグレーンの存在感は26周年ボトルの方が強く出ており、バニラや蒸した穀類を思わせる甘みが強く。対して27周年はモルトが強いのか樽感メイン、シェリー樽原酒由来の甘みと燻したようなアロマ、ハーブのような爽やかなニュアンスも感じられました。

こればかりは原酒の質や選択肢にも限りがあったと思うので一概には比較できませんが、サントリーのそれとはそもそもの育ち、ベースが異なる感じですね。
都会的で洗練された味わいに対し、イチローズモルトのブレンドは田舎の古民家を思わせる、荒削りでありながらどこか懐かしい。。。そんな気持ちにさせてくれるウイスキーでした。
観劇の構成で言う序盤は美しく華やか、中間から後半は様々な動きと伏線が絡まる重々しい内容。今年は起承転結で言うフィニッシュに当たるわけですが、何かしらリリースの動きがあるとは聞いており、今から楽しみです。
舩木さん、貴重な体験をありがとうございました!


【テイスティングノート】
◆イチローズモルト 清里フィールドバレエ 26周年記念 48%
香り:濃い甘さと酸味を伴う木香。一瞬華やかな熟成香を感じるが、すぐに古民家を思わせる香り。徐々に焦げた木のニュアンス、微かにハーブの爽やかさが開いてくる。
少量加水すると蒸した栗のような甘みや、その渋皮を思わせる渋みが前に出てくる

味:ウッディーでえぐみも伴うドライな口当たり。焼き芋、カラメルソースがかかったバニラ、古い梅酒を思わせる落ち着いた酸味と古酒感。余韻は一瞬刺激を感じるがまったりとした甘みとほのかなえぐみが長く続く。
少量加水すると余韻にかけてスパイシーな刺激を強く感じる。

◆イチローズモルト 清里フィールドバレエ 27周年記念 48%
香り:香り立ちは甘い樽香、燻したような焦げたアロマ。梅のような酸味、ツンとハイトーンなエッジとハーブの爽やかさ。加水すると古い樽由来のえぐみを伴う。

味:スパイシーな口当たり、ブルーベリーやサルタナレーズンの甘み、じわじわと古樽由来のえぐみが開いてくる。
余韻はスパイシーでウッディ、梅ジャムの酸味、微かにハーブ、濃く出した紅茶の渋みを伴い長く続く。
加水するとくるみを思わせるナッティさ、モルティーな旨味がある。

ゴールデンホース 羽生 14年 東亜酒造製造 キング醸造販売

カテゴリ:

GOLDEN HORSE
HANYU Distillery 
Aged 14 years 
Bottled 2004 (Distilled 1989 or 1990)
700ml 57%
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:エステリーかつウッディー、華やかで艶のある甘さとチャーオーク香。ハイプルーフらしく鼻腔を刺激する香り立ち。メープルシロップ、バニラ、チェリー、焦げた樽材、焼き林檎、時間経過で微かにハーブ。まるでウェアハウスの中にいるよう。
少量加水すると樽香が穏やかになるが、新たなフレーバーが引き出せる変化は無い、

味:パワフルでコクのある甘い口当たりから、樽材由来のチャーオーク系のウッディネスが主体的に。
カラメルソース、レーズンクッキー、濃く入れた紅茶、余韻はウッディーでドライ、タンニンが染み込み甘い樽香が口の中を満たす。

これで2本目の飲み切りとなった、ゴールデンホース14年ハイプルーフ。ラストショットのテイスティング。
開封後ある程度時間が経過していることもあって少々余韻にヘタりが見えましたが、開封直後から少し経った頃のピーク時なら、さらに豊かな樽香と弾けるような力強い味わいが楽しめます。
ありがたいことにウイスキー仲間からの融通で自宅ストックがあるボトルですし、今後新たに開封したときはまたそのボトルで記事を書いてみようと思います。

なお深夜時代にこのボトルを飲んだ時は、濃い樽感をシェリー系と誤認してテイスティング記事を書いてしまいました。
今改めて飲み直すとこれは違うなと。おそらくリチャードバーボンか新樽の57%加水ボトリングでしょう。
シングルモルト表記なのとボトリング本数が約300本程度であることから、仮にリチャードバーボンバレルとすると2樽バッティング位だと考えられます。


ゴールデンホースというと焼酎ボトルやペットボトルの地ウイスキーという印象が強いかもしれませんが、シングルカスクまたはカスクストレングス仕様でリリースされたモノはなかなか面白いものが多いです。
この14年はリリース元が 日の出みりん ことキング醸造株式会社で、イチローズモルトが設立される前に少量リリースされたもの。同じ羽生でありながらカードシリーズのように投機対象になっているわけでもなく、あまり知られていなかったボトルです。

時は2004年、経営悪化から2000年に民事再生法を適用した東亜酒造をキング醸造が買収して傘下に置きます。
キング醸造はみりん系を主力製品とするメーカーですが、2000年にリキュール免許を取得し、みりん以外の事業に手を広げはじめていた時期。みりんに必要なアルコールの確保に加えて、他酒類事業への展開を狙っての動きでもあったようです。
当時はウイスキー冬の時代真っ只中。キング醸造側もすぐ販売可能な清酒や焼酎を主体に東亜酒造を回していく考えで、ウイスキー事業から撤退する決定を下します。
原酒の破棄も決ったため、肥土伊知郎氏が引き取り先を探して奔走したという話は、イチローズモルトの沿革としてあまりにも有名。合わせてキング醸造については、飲み手側から「なんてもったいないことを」と今になって言われているわけです。が、企業側からすれば原酒を買い取るということは、さらにお金と税金が発生することでもありますし、下手に売って不良在庫を抱える状況になっても余計苦しくなるだけです。

その2004年、キング醸造がとりあえずちょっと売ってみるかとリリースしていたのが今回のボトルです。
当時価格で5500円前後。蒸留時期は1989年~1990年ごろで、クセはそこそこ強いですがシングルモルトとしては魅力的なウイスキー。今考えれば破格も破格ですが、結果は芳しくなかったようです。
仮にもし、このボトルが激売れして羽生ブームが起こったりしていたら、キング醸造側も気が変わっていたかもしれませんし、そもそも時代が地ウイスキーブームの待っただ中だったりしたら、今のイチローズモルトは存在しなかったわけです。ifを考えれば考えるほど、数奇な運命の中にあるボトルのひとつと感じます。

これまでの発掘状況から、西のほうの酒屋にはまだ在庫が眠っている可能性があるようです。
もし見かけたら是非購入or一回飲んでみてください。

イチローズモルト 羽生 15年 46.5% ファイナルビンテージ 5thリリース

カテゴリ:
Ichiro's Malt 5th Release
THE FINAL VINTAGE OF HANYU
AGED 15 YEARS
Japanese Single Malt Whisky
Bottled 2015  (195/3710)
700ml 46.5%
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ややドライで華やかなオーク香。ホットケーキシロップの甘さ、白ぶどう、アロエ、微かにミントや草っぽさ。奥から徐々にチャーオークフレーバー。新築の家具、ヒノキを思わせる香りもある。
少量加水するとオークとハーブの爽やかな香りが主体的に。ジャパニーズ的な香味も感じられる。

味:粘性を感じる口当たり、全体的に平坦で盛り上がる印象がない。酸味と湿ったオーク材、地ウイスキーの焼酎的な癖も感じる。梅干し、お菓子のスナック、甘み控えめなシロップ。香ばしさと酸味が混在し、余韻はビターでほのかにウッディー。少量加水するとまろやかで甘みが少し出て来るが、全体的な香味は変わらない。


「イチローズモルト」シリーズの第5弾。このリリースはラベルに天然記念物であるシラコバトがかかれており、シリーズを重ねる毎に1羽ずつ増えていくのが特徴となっています。
原酒は今は無き東亜酒造の羽生蒸留所、今回はその操業最終年にあたる2000年に蒸留された原酒で構成されており、別シリーズ銘柄であるファイナルビンテージオブ羽生の銘も打たれています。
ファイナルビンテージシリーズだと基本的にカスクストレングスでリリースされることが多かったように思いますが、今回はイチローズモルトシリーズなので加水のバッティングです。ボトリング本数も3710本と多く、使われた樽の種類にもよりますが最低7〜8樽、現実的には10樽以上はバッティングしたんじゃないかと思います。

羽生のリリースは半年振りくらいでしょうか、もう原酒無いだろと思ってたら、まだ残ってるんですね。
リリース情報は11月のウイスキーフェスで発表されていたという話ですが、フェスにいけなかった自分は最近酒屋のビラで知りました。イチローズモルトの複数樽バッティング加水は過去のリリースから一抹の不安を覚える部分もあったものの、羽生蒸留所の樽(新樽やリフィルバーボン)が効いたモルトは好みのものが多いので、どういう仕上がりになるのか楽しみでもありました。
 
まず第一印象は「色々混ざってるなあ」というもの。単一樽ではない香味。
香りは良い部類です。主体となる樽由来の華やかで甘みのあるアロマは、多少ドライな部分はあるものの中々良くまとまっていると思います。チャーオーク的な要素が見え隠れするのも、一部そうした原酒を使っているのでしょう。多種類の樽をバッティングした影響か、ちぐはぐな部分も見られますが、口開け直後ですから今後時間経過でまとまってくるとも考えられます。
また、タバコやシガーの煙と合わさるとちぐはぐさが消えてクリーミーで上質なオーク香、グリーンレーズンやアプリコットのような甘酸っぱい香りに変化します。これは飲む店や場所によって評価が分かれる要因となりそうです。

問題は味です。香りで期待できる要素があっただけに、正直味は首を傾げました。
加水の影響か樽由来か、べったりとして平坦で、後半にかけて風味が広がっていきません。
香りほど多様な個性も感じられないし、焼酎的なクセを感じるのも自分の中ではウーンとなってしまいます。
イチローズモルトの複数樽バッティングはたまにこういう「ただ混ぜました」的なモノが出るので、先に述べた一抹の不安があるんですよね。
経験上、これは加水や時間経過でどうにかなる要素ではないので、悩ましい味わいです。香りは★6ですが、味は★5か・・・。 

そういえばかつてリリースされたカードシリーズのジョーカー(カラー)も、色々混ざりすぎててごちゃごちゃでしたがハイボールにすると旨かったですし、案外ロックやハイボールで飲めば美味しくいただけるのかも。
口開け直後であることも考慮し、暫定として評価に幅は残しますが、自分の中では一長一短、厳しい評価をせざるを得なかったボトルでした。


(追記:同シリーズはホグスヘッドなどの1stカスクで熟成の後、2ndカスクでフィニッシュする流れが採用されてきましたが、第5弾はコニャック樽の原酒を含む複数種類の原酒をバッティングしたものだそうです。色々混じってるという印象の通りでした。)

イチローズモルト 羽生蒸留所22年(1991-2014) 高島屋限定ボトル

カテゴリ:

ここ1年少々の間に、遠い遠い存在になってしまった蒸留所がいくつかあります。
ちょっと前まで路上ライブやってて身近だったバンドが、ヒットしてTVでしか姿を見なくなったみたいな。
そのうちのひとつが羽生。当時の他のボトルから見れば少々割高で、もちろん旨いボトルもあったし総じて不味くは無いんだけれど、特に買う理由が見つからなかった羽生蒸留所。 

最近は中国を筆頭にアジアで大ヒットなようで、リリース→即完売→オークション(笑)なんですが、最近リリースがあった1本を運良く頂くことができました。  

ICHIRO'S MALT
JAPANESE SINGLE MALT WHISKY
"HANYU"  22 Years old
Distilled 1991
Bottled 2014
#381 Original quarter cask
700ml 57.1% 

IMG_1945 

評価:★★★★★★★(7)

"木の蜜を思わせる艶とキャラメルのような甘さのあるウッディーなアロマ。ドライでリッチ、くるみのようなナッティーな香りもある。
リッチでパワフルな口当たり、樽由来の木香が主体的な味わいで、香り同様にキャラメルを思わせる甘さと粘性、焦げたオーク、ドライアプリコット、お香のような品の良い香りが鼻に抜ける。
フィニッシュにかけてドライで舌の上に渋み、スパイシーでトーンの高いハイプルーフらしい甘さが長く残る。
少量加水すると香りが開き、味のまろやかさが際立ち熟したイチゴのような甘みも感じられる。是非加水を試してほしい1本。" 


つい先日、確か4月上旬頃に高島屋で限定販売された1本です。
そこそこ良いお値段しましたが、当ブログでは変動要素の大きい価格はテイスティングでは考慮しないこととしていますので原則無視。
長熟バーボンのようであり、余市の長熟原酒にも共通する強い樽香が、なんとも「らしい」味わいです。この樽香主体の味わいは好みが分かれるところで、樽材しゃぶり系が苦手な方は閉口かもしれません。

樽はオリジナルクオーターカスクの表記で、味から推察するに新樽の印象を受けます。
ストレートで飲む分には、まぁ普通の・・・って感じですが、少量加水で良い変化をしてくれました。ストレートで飲む分には★6ですが、加水で加点1。
へたれるわけでもなく、良い具合に香りが開いて複雑さが感じられるのもポイントです。

ちなみに羽生蒸留所のこのタイプのウイスキーは、葉巻にめちゃくちゃ合います。
シガー好きの方々にオススメしたい1本でもありますね。

このページのトップヘ

見出し画像
×