カテゴリ

カテゴリ:スプリングバンク

スプリングバンク 31年 1965-1996 ケイデンヘッド シェリーウッド 50.5%

カテゴリ:
IMG_5435
SPRINGBANK
CADENHEAD'S
Aged 31 years
Distilled 1965
Bottled 1996
Sherry wood Matured
700ml 50.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@個人所有ボトル
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:華やかでフレッシュなベリー香、葡萄、ほのかに黒土、ドライでパワフルな香り立ち。微かにニッキのようなスパイス香もある。最初は角の立った硬さがフレッシュさとして感じられるが、時間経過で艶やかで奥深い甘みへと変化する。

味:少し硬さを感じるが、コクがあって甘酸っぱくパワフルな広がり。ベリージャム、枝付きレーズン、ブラウンシュガーをまぶしたお菓子、レザーのアクセント。ボディは厚みがあり、しっかりと広がる。
余韻はドライでウッディ、華やかなベリー系のシェリー感をほろ苦いピートとウッディネスが引き締め長く続く。素晴らしい。

開封からそこまで時間が経っていないためやや硬さはあるものの、果実味豊富なシェリー感を厚みとコクのある酒質がしっかりと樽感を受け止めている。序盤はフレッシュ、徐々にコクのあるジャム感。うっとりするような陶酔感。スプリングバンクで数あるリリースの中でも名作と呼べる1本。 


素晴らしいシェリーオークで熟成された原酒は、銘柄問わずある程度のレベルに到達することは間違いはありません。しかしさらにそれ以上のレベルに行くとなると、酒質そのものの個性、ベースの良さ、樽との相性がモノを言います。
これらが合わさって伝説的な1本を生み出した蒸留所が、「偉大な蒸留所」として評価されるようになるわけですが、ことスプリングバンクに関してその評価に異論の余地はないと思います。

もっとも、良いものが常に評価されるとは限らず、スプリングバンクにも冬の時代はありました。時期によっては酒質の弱い迷走気味のボトルが見られることもあります。
しかし冬の時代があったからこそ様々なボトラーズ等に樽売りが行われ、長期熟成原酒もストックされ、こうして素晴らしいリリースの数々が生み出されたというわけですから、長い目で見れば冬の時代は必要なものなのかもしれません。
まあその期間製造側はたまったものじゃないワケですが(汗)

DSC00298

今回のテイスティングアイテムは、1990年代のケイデンヘッド、グリーントールボトルのオーセンティックコレクションシリーズから。ケイデンヘッドと言えば1980年代以前のブラックダンピーボトル時代の評価が高く、その後継であるグリーントール時代は樽感の淡いリフィル系のリリースが多い印象。
そのため美味しさよりもカスクストレングスゆえのキャラクターの違いや、酒質ベースの味わいで楽しむ、テイスティングの面白さに通じるところがあるワケですが、時折素晴らしいカスクで 突き抜けたリリースに当たるため侮れません。

ケイデンヘッドは、1972年にJ&Aミッチェル社の傘下に入ったボトラーズブランドで、このJ&Aミッチェル社はスプリングバンクを所有していたことから、以来同門の関係にあるのは周知の話。現地のケイデンヘッドショップではスプリングバンク系列の限定品やDuty paid sample などのカスクサンプルが販売されるなど、強い結びが感じられます。

今回のリリースもまた数ある1960年代蒸留のスプリングバンク・ボトラーズリリースにあって、オフィシャルとは異なる突き抜けたベリー系の香味とバンクらしいコクのある酒質との一体感が素晴らしく、経年を経たことでさらに完成度は増しているようです。

流石、系列企業は良い樽ストックしてるなと・・・まあ、なんとかなるさ方針の企業柄なので、当時そこまで考えてリリースされていたかはわかりませんが(笑)
近年はローカルバーレイのリリースなど、スプリングバンク側はかつての姿を取り戻そうとする"狙った"仕込みを続けているようですし、シェリー樽のノウハウ蓄積と合わせて今後素晴らしいリリースが増えていくことも期待したいです。



スプリングバンク 16年 ファウンダーズリザーブ ブラック 46%

カテゴリ:
SPRINGBANK
Founder's Reserve Black
Aged 16 years
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライアプリコットやチェリーの果実味を伴う品のいいシェリー香。時間経過で乾いたような麦芽香、スモーキーさも微かに感じられる。

味:軽やかなスパイスを伴う口当たり。蜜っぽい甘さ、アプリコットジャム、フルーティーで品のいいウッディネス、徐々に微かな内陸系のピートフレーバーが広がる。
余韻は淡いスモーキーさ、乾いた麦芽、染み込むようなタンニンを伴い長く続く。

ややドライ気味だが、シェリー感と原酒由来の香味のバランスに品の良さを感じる1本。あまりピートは強くない。余韻にかけての広がりにらしさを感じる部分がある。ストレートで。


ロッホデール社のファウンダーズリザーブ4部作、2008年、その3番目にリリースされたのが今回のブラックファウンダーズです。
原酒はシェリー樽とバーボン樽のバッティング。系統としてはアメリカンホワイトオークのリフィルホグスヘッド樽あたりを思わせる、淡いシェリー感とオークフレーバーが酒質と合わさって、好ましいフルーティーさが余韻にかけて麦感と混ざり合って長く残る。
4作の中で一番わかりやすく美味しいボトルではないかと感じます。

実際、周囲の評価でもバンクらしい味わいはともかく、このブラックファウンダーズを推す人は多いですね。
樽由来のウッディネスは適度に整って、加水の妙を感じる仕上がりである一方、しいて言えば、このフルーティーさ、蜜っぽい甘みがもう一つ強ければ。。。というところでしょうか。
ロッホデール社のファウンダーズシリーズは、使っている原酒の種類がオフィシャルに比べて少ないためか、加水調整で良くなってる部分と効き過ぎている部分とが混在して感じられる傾向があるのもポイントです。
例えば赤ラベルとか、バンクらしい味わいで美味しいんですが、ちょっと水っぽさが。。。

というわけで、今更ながらファウンダーズリザーブ4部作紹介。今回のブラックでラストです。(ボトルを提供頂いたマッスルKさん、感謝です!)
60年代、黄金時代のバンクの再現を掲げたコンセプトには少なからずワクワクしましたし、正直あまり美味しい時代だったと思えない密造時代とか再現(?)されるより、その気になれば比較も出来て、それでいて普通に美味しさもあるボトルは面白みも実用性も充分。
今の時代おいそれと出来ないでしょうが、こういうチャレンジは今後もあってほしいです。


スプリングバンク 17年 ファウンダーズリザーブリザーブ ゴールド 46%

カテゴリ:
SPRINGBANK
Founder's Reserve "GOLD"
Aged 17 years
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅(借り物@マッスルK氏)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでややエッジの立ったツンとした香り。グレープフルーツやレモンピールの黄色い柑橘、シトラスの爽やかさ。蜂蜜、少し灰っぽさを伴うピート香、奥から蝋っぽい麦芽香も出てくる。

味:オイリーでコクのある口当たり。蜂蜜レモン、柑橘と洋梨の甘み、麦芽風味、おしろい。香り同様の構成だが、余韻にかけては塩気と共にツンとドライ、ほろ苦く土っぽさ、ヒリヒリとした刺激を伴う。

バーボン樽由来と思しきフルーティーな香味が強く、ピート香やその他のニュアンスが押されて淡いイメージがあるが、じっくり向き合ってみるとバンクらしさに熟成感があって美味しいボトル。加水すると麦芽風味が引き立つ一方、バランスは崩れがちに。

今更ながら、スプリングバンクファウンダーズリザーブを巡る旅。Presented by Muscle K.
今回は現時点でシリーズ4作のうちのラストとなる、2009年発売の通称ゴールドファウンダーズです。

このボトル、リリース当時あたりに飲んだ記憶では柑橘系のフレーバーが強く、余韻もドライであまりバンクっぽくないと感じていたのですが、今改めてじっくり飲み直してみると、当たり前ですがピート、麦、共にちゃんとバンクしてるじゃないですかという個性的な要素がいくつも感じられます。
自分のテイスティング能力のレベルアップか、あるいはボトリング後の経年で樽感がこなれてきているのかもしれません。

全体の構成の中では特にポイントだと感じたのが熟成感。乳酸系の酸味などの若いニュアンスがなく、飲み口も柔らかい仕上がりで樽由来の要素が豊富。当時のPRでは「今がまさに熟成のピーク」として発売されていましたが、なるほどなと感じる味わいです。
まあこれが同シリーズが復刻を掲げる1960年代のバンクかと言われると、強いて言えば1980年代流通あたりのそれに近いキャラクターという感じですが。。。普通に美味しいバンクと言われればそこまでという感じでも(笑)。

ただ、こういう加水で整った適度なコクのあるボトルは、普段使いに丁度良く、家に一本あるとありがたいです。
ゆるゆるのんびり飲めて良いですね。

オマケ:持ち主をリスペクトして1ショットはこれくらいか(笑)

スプリングバンク ファウンダーズリザーブ 1st レッド 46%

カテゴリ:
IMG_4573
SPRINGBANK
FOUNDER'S RESERVE
"RED FOUNDER'S"
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス 
量:1ショットらしいです(笑)
時期:不明
場所:自宅&個人宅
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしい麦芽香に加え、金属を思わせるシャープなアタック。ドライオレンジピール、土っぽさ、ブラウンシュガーや硫黄も微かに感じるがバランス良くプラスの要素に繋がっている。

味:緩い口当たりから、香ばしさのある麦芽の甘み、微かに干し草、蜂蜜レモン、少し蝋っぽいニュアンスを伴うコクのある旨味。じわじわと塩気も感じられる。
余韻はほろ苦く、塩気を思わせる辛味に通じる刺激とコクが柔らかく収束する。軽やかな香ばしさも漂う。

独特なニュアンス漂う麦芽風味、コク、そして塩気・・・バンクのキャラクターとして王道的な要素を備えている1本。
熟成感は15年程度で、樽はバーボン樽以外にシェリー樽も若干使われているような特徴が感じられる。
元々緩さはあったが、ボトリング後10年を経て飲み口はだいぶ柔らかい。加水はらしさが薄まるのでストレートで。


1960年代のスプリングバンクのキャラクターを再現したとされる、ロッホデール社のファウンダーズリザーブ。10年以上ウイスキーを飲まれている方々からは、懐かしいと感じるボトルだと思います。
オフィシャルではなくボトラーズ区分ですが、作り手がスプリングバンク創業者の子孫であり、半オフィシャルと言えるボトルでもあります。

以下の写真にあるように、赤、青、黒、金と2000年代前半から1種類ずつ、計4種類がリリースされ、確か赤、青とリリースされた後、黒が発売されるまでは少し時間が空いていました。
2009年にゴールドラベルがリリースされてからは、同シリーズに動きはありません。
(ファウンダーズリザーブ全種。友人であるマッスルK氏宅にて。飲みたいって言ったよな、と注がれた1ショットは。。。)

今では見かけなくなったシリーズですが、自分がウイスキーを本格的に飲み始めた頃はどれも普通に飲むことが出来ましたし、探せば買えました。
そしてこれらの評判はというと、特筆した何かという事でもなく、芳しくない声もあったと記憶しています。

今改めてこれらを飲んでみると決して悪い出来というわけではなく、それは1960年代のスプリングバンクを再現したという自ら上げたハードルの高さも少なからず影響していたと感じられます。
実際、同時期のバンクというと、ローカルバーレイやウエストハイランドなどの伝説的ないくつかのリリースがあり、過去が偉大であるがゆえ、どうしても復刻品にもその片鱗を期待してしまう消費者心理があります。

冷静に考えると、全てのスプリングバンクが伝説的だったわけではなく、70年代〜80年代にかけてのリリースにはロット差もかなりありました。
同じ蒸留所ですから、当たり前と言えば当たり前ですが、一般的なそれらに共通するところは確かにあると感じます。
というか、普通においしいボトルです。
最近オフィシャルが美味しいと言われるバンクですが、合わせてこの辺りのボトルに注目してみても面白いかもしれません。


【以下、雑談】
1週間ほど間があいてしまいました。読者の皆さま、ご無沙汰しております。
この4月頃から大きな仕事を任されていて、ここが勝負の1週間だったこともあり私生活もほぼ仕事に向けていました。
ブログページを開いたのも本当に久しぶりです。
そんな1週間になることがわかっていながら、休日に記事ストックを作ってなかったのも問題ではあるんですけどね
(笑)。

まあその甲斐あってか、なんとか最初の山を越えることは出来ました。自分一人の力ではなく、表で、裏で、部署関係なしに多くの協力があったことに涙が出そうになります(実際トイレで泣きましたが)。
今後どうなるかというと、ブログは自分の趣味であり、ライフスタイルの一部のようなモノですので、勿論書き続けていくわけですが、今の仕事が終わったわけではなく、先には2つほど大きな山が控えているので、また今回のように更新が止まるかもしれません。

仕事と趣味、どちらも大事ですが、やはり仕事あっての趣味ですので。まして自分は一家の大黒柱でもあります。
その時は、「ああ、あいつも頑張ってるんだな」なんて思いながら、皆さまの生活の基盤となる"仕事"のやる気につなげて頂けますと幸いです。

スプリングバンク 1965-1999 マーレイマクデビッド 46%

カテゴリ:

SPRING BANK
MURRAY McDAVID
Aged 34 years
Distilled 1965
Bottled 1999
Cask type Fresh Sherry
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかで瑞々しいシェリー香、長熟赤ワインのような落ち着きと高貴なアロマ、皮付きの黒葡萄、レーズンチョコレート、ほのかに土っぽい香りもある。

味:スムーズで香り同様瑞々しい口当たり。皮付き葡萄、ほのかにベリー感、果実味に続いてタンニンが強く広がる。
余韻は果実の皮のような渋み、酸味を伴うウッディネスが甘みに置き換わり長く続く。

ワインのようなウイスキーで、樽の役割を考えさせられる。加水の影響かボディは然程厚くなく、バンクに期待するらしさはあまり感じられなかった。ただ見方を変えれば面白さのあるウイスキー、ストレートで楽しみたい。


マーレイマクデビッドからいくつかリリースされていた、スプリングバンク1960年代蒸留のうちの1本。
1990年代、経営が軌道にのる前のスプリングバンクは、オフィシャルボトルにすらカスクオファーの用紙を付けて一般販売していたくらいですから、当然ボトラーズによる樽の購入も多かったのでしょう。今では考えられないような価格で60年代、70年代の樽が売られており、2000年代前半にかけてリリースが集中した時期でもありました。
自分もひと樽欲しかった。。。と、そう考える今の飲み手は自分だけではないと思います(笑)。

さて、1960年代のスプリングバンクと言えば、泣く子も黙るウエストハイランド、そしてローカルバーレイを生み出した伝説的な時代。
グラスに注いだそれは赤みがかった美しい色合いで、期待を膨らませながらテイスティングすると、香りはともかく味はちょっと不思議なワイン系の香味。
加水調整か、あるいは「フレッシュシェリーカスク」ゆえシェリー成分が多めに混じったか、スムーズで甘みもある口当たりから特に後半はタンニン、ウッディーなフレーバーが支配的になる、例えるなら赤ワインのような構成なのです。

樽感主体とはいえ美味しいは美味しいのですが、この時代のバンクに期待したいレザー感や複雑さ、独特の厚みを伴う麦芽風味など、求める要素があまり感じられなかったのが少し残念な部分でした。
この当時のバンクは今以上に酒質がバラつく印象もあり、これもそのうちの一つということなんでしょうか。

余談ですが、当時のモルトマニアックスアワードでの評価は93ptと上々だったそうで、シェリー系統の濃いフレーバーが好まれるのは変わらない。
ブレないという意味で自分の記事もそうありたいものです。


このページのトップヘ

見出し画像
×