カテゴリ

カテゴリ:スプリングバンク

スプリングバンク 1965-1999 マーレイマクデビッド 46%

カテゴリ:

SPRING BANK
MURRAY McDAVID
Aged 34 years
Distilled 1965
Bottled 1999
Cask type Fresh Sherry
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかで瑞々しいシェリー香、長熟赤ワインのような落ち着きと高貴なアロマ、皮付きの黒葡萄、レーズンチョコレート、ほのかに土っぽい香りもある。

味:スムーズで香り同様瑞々しい口当たり。皮付き葡萄、ほのかにベリー感、果実味に続いてタンニンが強く広がる。
余韻は果実の皮のような渋み、酸味を伴うウッディネスが甘みに置き換わり長く続く。

ワインのようなウイスキーで、樽の役割を考えさせられる。加水の影響かボディは然程厚くなく、バンクに期待するらしさはあまり感じられなかった。ただ見方を変えれば面白さのあるウイスキー、ストレートで楽しみたい。


マーレイマクデビッドからいくつかリリースされていた、スプリングバンク1960年代蒸留のうちの1本。
1990年代、経営が軌道にのる前のスプリングバンクは、オフィシャルボトルにすらカスクオファーの用紙を付けて一般販売していたくらいですから、当然ボトラーズによる樽の購入も多かったのでしょう。今では考えられないような価格で60年代、70年代の樽が売られており、2000年代前半にかけてリリースが集中した時期でもありました。
自分もひと樽欲しかった。。。と、そう考える今の飲み手は自分だけではないと思います(笑)。

さて、1960年代のスプリングバンクと言えば、泣く子も黙るウエストハイランド、そしてローカルバーレイを生み出した伝説的な時代。
グラスに注いだそれは赤みがかった美しい色合いで、期待を膨らませながらテイスティングすると、香りはともかく味はちょっと不思議なワイン系の香味。
加水調整か、あるいは「フレッシュシェリーカスク」ゆえシェリー成分が多めに混じったか、スムーズで甘みもある口当たりから特に後半はタンニン、ウッディーなフレーバーが支配的になる、例えるなら赤ワインのような構成なのです。

樽感主体とはいえ美味しいは美味しいのですが、この時代のバンクに期待したいレザー感や複雑さ、独特の厚みを伴う麦芽風味など、求める要素があまり感じられなかったのが少し残念な部分でした。
この当時のバンクは今以上に酒質がバラつく印象もあり、これもそのうちの一つということなんでしょうか。

余談ですが、当時のモルトマニアックスアワードでの評価は93ptと上々だったそうで、シェリー系統の濃いフレーバーが好まれるのは変わらない。
ブレないという意味で自分の記事もそうありたいものです。


スプリングバンク 20年 1995-2016 東京バーショー2016限定 52.1%

カテゴリ:

SPRINGBANK
SINGLE CASK
Aged 20 Years
Distilled 1995
Bottled 2016
Cask type Fresh Sherry
700ml 52.1%

グラス:SK2
量:ブラインド30ml、オープン20ml、その他ハイボール等。
場所:自宅(TWD@Nさん出題)
時期:開封後1ヶ月程度

【ブラインドテイスティング@TWDルール※】
地域:キャンベルタウン(スプリングバンク)
年数:20年程度
度数:50%程度
樽:リフィルシェリーバット
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ツンとした塩気とゴムや金属っぽさの混じる強く乾燥した麦芽香。徐々に淡くカラメルソース、甘みと焦げた香ばしさと、ほのかに椎茸っぽいヒネ香。 グラスの残り香はザラメ、ドライベリーを思わせる酸味も混じる。 

味:口当たりは濃さがあるものの柔らかい、香り同様に塩気を感じる個性的な麦芽風味、若い白葡萄の酸味。椎茸系のダシっぽいコクとブラウンシュガーを思わせる甘み、徐々にドライな舌触りに。
余韻にかけては複雑な戻り、ドライでザラメを思わせるさらさらとした甘みと舌触り、鼻抜けに土っぽいピートフレーバー、微かな硫黄を伴って長く続く。


先日開催された東京バーショー2016向け、記念ボトルとなるスプリングバンク20年。
昨年のバーショー向けスプリングバンク19年が、リッチなフルーティーさで非常に旨かったのが記憶に新しいところ。
今年もシェリー樽熟成で同じような価格帯だけに、昨年の再来(むしろ進化版)を期待していたのですが。。。今年は現行オフィシャル10年の通常進化系とも言うべき、素の部分が強い王道的な近年系スプリングバンクでした。

バーショー会場では飲まなかったので、今回が初の機会。スペックはもうほぼ正解と言えるところに落とせただけでなく、感じた要素も矛盾のないところで、精度の高いテイスティングが出来たなと思います。
一口飲んで感じたのが塩気、そして強い麦感。なんというか地酒的で、地域を予想するよりも先に、こりゃ〜スプリングバンクだわと感じてしまう内容。コクと厚みのあるボディに香りも強く、好みと感じるかは別として様々なフレーバーの主張と存在感のあるモルトウイスキーです。
TWDではテイスティングの際に香りの強さ、塩気、甘みなども数値化して記録するのですが、フォーマットとして定めている項目が全体的に高いスコアとなっていました。

樽はシェリーですが、かなり淡い感じで最初はなんの樽だかわかりませんでした。
余韻でほんの少し硫黄を感じたり、いくつかシェリー樽由来と思しき要素を拾えたものの、リフィルシェリーか、あるいは相当シーズニングの短い樽かな?と思うような内容。
そうでなくてもこのフレッシュシェリーカスクというのは、元の樽材がシェリーを吸っていて乾いていないまま組み上げられた、実質的にはシェリー酒が残っている状態の樽を指すものですが、それにしてはシェリー感が淡い印象があります。

その他の飲み方は、ロックが標準的、ハイボールにもしてみましたが、酒質は負けないもののいまいちピンとくる味わいではなく、ストレートか少量加水までだなという感じ。
個性的であり、バンク好きは評価するボトルだと思いますが、いかんせん値段は強気ですね(汗)。

 

※TWDルール:出題は直近5年以内に発売されたボトルであれば、オフィシャルからボトラーズ、ブレンデッド、シングルモルトまで何でも自由。蒸留所当てよりもテイスティングの内容を重視するため、無理に蒸留所まで指定する必要はない。ただし出題者、回答者共に自分の意図を定めておくこと。

テイスティング勉強会 第8回TWD スプリングバンク20年 キルケランなど

カテゴリ:
昨日、TWDことThe Whisky diversの第八回を自宅セミナールームで開催しました。
今回は海外赴任されていたIさんが帰国され、初めての参加。
また、会の運営も慣れてきたので、メンバーを3名追加して7名(MAXは9名)での開催となりました。

TWDはこれまでの記事にもあるように、基本的にはテイスティングスキルの向上、表現の共通化を目的に、ブラインドテイスティングでのコメント共有をグループ内で行っています。
今回はそうした通常のテイスティングに加え、メンバーの一人が開発したテイスティングツールを使っての評価の見える化や、同一ボトルの流通先違いの飲み比べ、スコットランド旅行をされたメンバーKさんの土産話、ニューリリースのテイスティングなど、盛りだくさんな会になりました。
ボトルについては個別に記事化していきますが、活動報告でダイジェストを掲載します。


まずはブラインドテイスティングです。
今回は事前に後述するテーマ2つが決まっていたためか、自分が出題した以外の2出題が偶然キャンベルタウンモルトで、この地域(というか蒸留所)の特徴をどう捉えたか、各テイスターの評価が分かれておもしろかったです。
IMG_1384 IMG_1394

出題されたのは
・キルケラン テイスティングルーム(蒸留所限定ボトル)
・スプリングバンク 20年 ウイスキーライブ東京2016限定ボトル

麦芽の仕込みは同じ(スプリングバンクでフロアモルティング)で、蒸留設備からが違うという銘柄2つなわけですが、1問目のキルケランを飲んでるときは「バンクっぽいなー」と感じ、2問目のスプリングバンクを飲んでいる時は「酒質由来の部分が1問目と似てるなあ」と。
スプリングバンクのあの独特の風味は、やはり麦由来の部分が大きいのかと感じる、偶然ですが非常に良いテイスティング順序となりました。
ちなみに自分のテイスティングは両ボトルともしっかり特徴を捉えていたので、ここ最近の「スプリングバンクの特徴を学ぶ」集中テイスティングが実を結んだなと、この結果にも満足です。

今回からは、リーダーのTさんが開発したテイスティングツールに入力する形でデータの集計を行いました。
これまでは付箋で貼っていくイメージでしたが、アプリから評価を入力し、WEB上で集計する形。
最後はモニタ前に集まって、このフレーバーはどう感じた、どこと同じだとか表現のすり合わせを行います。
このツール、様々なスコアごとの分布、統計を見たりできるなどかなりハイスペックで、よくこんなの作ったなと脱帽です。

スコア2
スコア


続いては比較テイスティング。
仲間内で話題になっていた、スプリングバンクのロット差を検証すべく、ニューリリースのバーガンディーカスクをUK向けと日本向けでそれぞれ持ち寄り、同時に開栓してテイスティングします。

IMG_1380

スプリングバンクはボトリング能力の関係か、ロットによって味の違いがある事が愛好者間でウワサされており、蒸留所見学をしてきたKさんからもそれを裏付けるような話もあったところ。
どうやらスプリングバンクのボトリング設備は
Vat1(少量タンク、特別なボトリングに使用)
Vat2(大容量タンク、ブレンデッドに使用)
Vat3(大容量タンク、オフィシャルモルトに使用)
があり、()内が使用イメージ。どれが使われたかでロット差が生まれやすくなるようです。
このバーガンディーカスクにどれが使われたかは判りませんが、比較テイスティングの結果は・・・UK向けのほうが、注ぎたてからの甘い香りが強いという意見がありました。
もちろんこれは輸送時の影響なども否定できませんので、後は開封後の変化も見てみようと、我が家の押し入れの中で数ヶ月、全く同条件で保管し、後の変化も見てみます。


ここまでほぼキャンベルタウンモルト尽くしで、Kさんのスコットランド旅行お土産話も「スプリングバンク及びグレンガイル蒸留所」という、もう完璧キャンベルタウンデーとなった今回のTWD。モニタに蒸留所の美しい写真を映し、裏話等を聞きつつ飲む同蒸留所のモルトは、またひと味違うモノがあります。

ここで現地の話を聞きつつ、まだ日本に入荷していないグレンガイル蒸留所のキルケラン12年をテイスティングします。 今回のためにIさんが海外から持ってきてくださいました!
ワークインプログレス(準備期間)表記を終えた、キルケランの記念すべき12年ファーストリリースは、いうなれば「大人になったな~」という味。
これもやはりスプリングバンク仕込みの麦芽であるゆえか、共通する麦芽風味に内陸系のほろ苦いピートフレーバー、個性が有りつつまとまりの良いウイスキーに仕上がっていました。
IMG_1390

このほか、ニューリリースのテイスティングとして
・サントリーウイスキー 季 TOKI(北米限定ボトル)
・ジョニーウォーカー グリーンラベル15年(日本正規)
・ボウモア 蒸留所限定ハンドフィルボトル
・ディスティラリーコレクション セレクトアイラ

等もありました。
この辺りはオープンテイスティングで楽しみます。
サントリーウイスキー「季」は先日、しれっと海外市場向けにリリースされたニューリリースで、国内流通は現在無し。
偶然サンプルを頂き、会の中でストレート、ハイボールと飲んでみました。
ストレートは香りに若さがありクリーン、飲み口は軽いものの後半にかけて白州っぽさ、モルティーな甘みがはっきり感じられ、そこまで悪くないよねという意見。
これは後ほど個別に記事にまとめさせていただきたいと思います。


ジョニーグリーンはブレンデッドモルトゆえリッチな飲み口で、ハイボールも飲みやすく、中々売りやすいボトルだと思います。
TWDは飲み手オンリーの集まりでは無く、酒販店スタッフやバー経営者も参加しているため、お客に勧めやすいか、売りやすいボトルであるかなどの試飲会的な視点の意見があるのも特徴。
これは必ずしも我々飲み手側の意見とは同じで無い事もあり、こういう意見のキャッチボールが出来るのも良い機会になっています。

14時にスタートした会は18時半に中締め、その後21時近くまで7時間近く熱く語り合い。
残ったメンバーで締めの中華まで・・・(笑)。
いやーやりきりましたね。この日は朝から子供とプールに行っていた疲れもあり、帰宅後はボトルの片付けも出来ないままベットにバタンキューでした。


TWDも気がつけば第8回。
記事の通り、個人主催の勉強会でこれだけの環境が整ってしまうという、メンバー全員の力の凄さを感じます。

大変ありがたい事に、TWDだけでなく最近様々なイベント、集まりが目白押し。 酒量が増えて仕方がありません。
ただ自覚があるだけに始末が悪いのが、自分は癖というか自己主張が強いので、こういう時こそ謙虚に行きたいのだけれど、気がつくと・・・となってしまうのは反省点。
皆様、今後ともよろしくお願いします!

スプリングバンク 12年 2003-2016 バーガンディーカスク 53.5%

カテゴリ:
IMG_1139
SPRINGBANK
BURGUNDY
Aged 12 Years
Distilled 2003
Bottled 2016
Cask type 1st fill Burgundy
700ml 53.5%

グラス:シュピゲラウ グランドテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅(持ち寄り@Tさん)
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★(5)

香り:蝋っぽやゴムっぽさの混じる強い麦芽風味と、人工的なベリーシロップを思わせる甘い香り立ち。プラスチックや樹脂を思わせる癖、若干の草っぽさにえぐみも少々。
シロップの甘みは果汁の入っていないお菓子や薬に使われていそうなそれ。わざとらしくも感じる。

味:口当たりはべったりとしており、濃く入れた紅茶を思わせる渋みと苦味、そこに安い苺ジャムを入れたよう。微かに溶剤っぽさ、乾燥した植物、硫黄のニュアンスも僅かながら感じられる。
ハイプルーフらしくアタックは強く、ボディも厚みが感じられるが香り同様人工的なベリー系の甘さに違和感が残る。
余韻は蝋っぽさのある麦芽風味と焦げたピートのスモーキーさ。徐々にドライでビターなフィニッシュ。


イギリスでは7月3初頭、日本では8月中旬に正規品が発売された、スプリングバンクのニューリリース。
昨年は15年シェリーカスクが似たようなラベルでリリースされたところ。今年のリリースはシェリー樽ではなく、熟成に使われたというバーガンディーカスクは、そのままの意味でとればフランス、ブルゴーニュ地方でワイン樽ということになります。
サイズや仕様の詳しいことは公式発表にも記載されておらず、香味や色から考えると赤ワイン樽だとは思いますが、どこの生産者であるかは不明。ただワイン側から調べて見ると、ブルゴーニュで一般的に使われる樽のサイズは228リットル程度であるようで、カスクストレングスでアウトターン10260本は、少なくとも30樽以上が使われている計算となります。

WEB上の情報では、先行してリリースされた本国では好評だったとのことですが、口開けは樽感と酒質の部分に分離感というか荒い要素があり、これらが慣れてくる時間が必要であるように感じます。
特に樽由来と思しき苺系の風味にまとわり付く人工的なニュアンス、溶剤や樹脂系の癖、そうした香味があるコトで、バンクらしい個性的な麦芽系のフレーバーと馴染めていない印象を受けるのです。

まあわかりやすいといえばわかりやすい香味なので、どっかん系が好みな海外の方だと案外高評価になるのかも・・・。
なお、先日のローカルバーレイ16年のように、スプリングバンク蒸留所のブレンド、ボトリング能力では大量に生産した際の撹拌誤差が生じることもしばしばあるようです。
このボトルもまた本国向けと違いが出ているのか否か、そこは気になるところです。

今回のボトルは、ウイスキー仲間が開催したホームパーティーにご招待頂いた際、いつもお世話になっているTさんが持参されました。
Tさん自身違和感を感じられていたようで、ばっさりお願いしますと、そんな前置きと共に頂いたわけです。
確かにこれまで記載の通り、判り易さの反面違和感を感じるところもあります。
スプリングバンクは近年ワイン樽などの異文化交流をスモールバッチなどで展開してきましたが、今回のボトルは気難しいヤツでしたね。
後の変化に期待したいと思います。

追記:先日自宅セミナールームにてイギリス向けのボトルと、国内正規品を同時開封の上、飲み比べてみました。
何度か確認しましたが、そもそも濃い香りなので違いがわかりにくいものの、UK向けの方が甘い香りが強い気がします。
このボトルは我が家の押入れの中で同環境で数ヶ月保管した上で、開いた後の違いを再度比較してみます。

スプリングバンク10年 2000年代初頭流通 46% オフィシャルボトル

カテゴリ:
IMG_1118
SPRINGBANK
Campbeltown Single Malt
Aged 10 Years
2000's
46% 750ml

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月少々
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかで香ばしい麦芽香。柔らかいが存在感のあるスモーキーさ。初めは軽く乾いた木や植物系のアロマが主体であるも、徐々に麦芽、熟した洋梨、蝋、バタークッキーにハーブの爽やかさなど、その他の要素が開いて主張を強めていく。加水するとレモンピールと植物系のえぐみが感じられる。

味:ピーティーでほろ苦く、コクのある麦芽風味主体の口当たり。中間から後半にかけてはリンゴのコンポートやアプリコットジャムを思わせるコクのある甘いフルーティーさに、明確な塩味が広がっていく。
余韻は柔らかいスパイシーさ、淡いウッディネスと土っぽいピートフレーバー。喉を熱くするトーンの高さと共に長く続く。加水するとまろやかな口当たりになるが、新しい何かが開くタイプではない。


スプリングバンクのオフィシャルをしっかり勉強する企画、今回は現行品から2世代前のボトルで、1990年代のトールボトルから現在流通しているボトル形状へとチェンジした、2000年代初頭の流通品です。
これまで現行品、1世代前と飲んできましたが、現行品は麦の強さはあれど若さが強い、1世代前は蝋やゴムのような癖が強く感じたところ。この3世代の中では今回のボトルが一番香味の中でフレーバーのバランスが取れており、グラスから立ち上る華やかな香り立ちに、厚みのある麦感とピートフレーバー、そしてブリニーと表現される"らしい"味わいが感じられます。
また、香り立ちは最初はそれほどでもなく、ドライでオーキーな傾向だったため国際規格形状で行くかとグラスをチョイスしましたが、途中からどんどん強くなってきて、2杯目以降はSK2にチェンジしたほどでした。
モルトの香水と呼ばれた片鱗は、まだこの時代でもありますね。現行品のような若さもなく、個性的かつ美味しいモルトです。

個人的な繋がりの関係上、スプリングバンクは伝説的なボトルを含め1980年代以前の流通品を経験する機会は相当多く恵まれているのですが、近年流通品のオフィシャルボトルについては積極的に飲んできませんでした。
ただ様々なボトルの良さを知る為にも、勉強を兼ねて最近のボトルも積極的に飲んでいこうと・・・こうしてウイスキー仲間のHPさんが我が家に置いていったボトルから、家主の分け前(悪魔のぼったくり)をするわけです(笑)。
美味しさを追求するなら1960年代蒸留のバンクは一つの指標ですが、家飲みでゆるーく楽しむなら、この2000年代初頭バンク10年は味もさることながら価格、物量的にも良いチョイスだと感じます。

IMG_1119 IMG_1120

スプリングバンクは長らく不遇な時期が続いていたため、1990年代の流通品にはカスクオファーの用紙が箱の中に入っています。
当時はなんでも良いから買ってくれだったのですが、2000年代になると多少改善が見られたのか、ボトルオファーになり、スペックを指定する余裕が出てきたようです。
また、クレジットカードの普及でVISAやMASTERなどの表示があるのも時代を垣間見れる要素で、見ていて面白いですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×