カテゴリ

カテゴリ:グレンキンチー

グレンキンチー 2004-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
IMG_3854
GLENKINCHIE
Distillers Edition 
Double Matured in Amontillado Cask Wood 
Distilled 2004
Bottled 2016
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land Ian)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:甘くリッチな香り立ち。シーズニングシェリーのウッディーさ、アーモンド、プルーン、少し草っぽさと粘土を思わせる癖のあるアロマ。

味:軽くスパイシーな口当たり。乾いた麦芽、牧草、キンチーらしい軽快な刺激と麦芽風味の上に、椎茸等の出汁ツユっぽいとろりとしたニュアンスがある。
余韻は若干のべたつきを伴い、長く残る。

シェリー樽の甘みとウッディさより、シェリーそのもののニュアンスが混じった主張が感じられた。そう言う意味でらしさはわかりやすいが、グレンキンチーの酒質にこれが合うかというと。。。加水は少量まで、ベースが崩れて水っぽくなる。


1年に1バッチ、少量しか作られないグレンキンチーのダブルマチュアード。
個人的にディアジオのダブルマチュアードシリーズの中で、まず最初にテイスティングするのがグレンキンチーで、そこからスペイサイド、ハイランド、島系に流れていきます。
ローランドから入って、スコットランドを巡るウイスキーの旅といったところでしょうか。

使用されている樽は、アモンティリャードシェリーを熟成(シーズニング)させた樽です。
同シェリーは一般的にオロロソほど濃くはない繊細な風味、柔らかい酸味を持った辛口タイプのシェリーとされています。
ここのところ、グレンキンチーのダブルマチュアードは、アモンティリャードシェリーの特性からか、不思議な酸味というか、樽から滲み出た要素がうまくマッチしていた印象があったものの。今年はテイスティングの通り、2度目の熟成で付与されたシェリー感が強く感じられ、テイスティング時点では少々アンバランスに感じられました。

グレンキンチー蒸留所のキャラクターは、軽快な麦芽風味にあると言っても過言ではなく。シェリーとしてもフィノ系の樽(それもシーズニングでない)を使ったダブルマチュアードとか飲んでみたいなーと思うのですが、フィノ樽は貴重なので難しいか。。。

グレンキンチー ダブルマチュアード 2014年ボトリング

カテゴリ:
タイマー設定していた記事公開、 日時を間違えていたため昨日の分から更新されていませんでした・ ・・orz。
しまったなぁ、ちゃんと確認しておけば良かった。
まぁ更新が途切れているワケでも無いんで、気を取り治して公開していきます。

ディアジオのニューリリース、ディスティラリーエディションの一つ、地味系の一角(笑)。
グレンキンチーです。


GLENKINCHIE
Distillers Edition
"AMONTILLADO CASK WOOD"
Distilled in 2000
Bottled in 2014
700ml 43%

暫定評価:★★★★★★(6)

"湿った木や酸味を感じるシェリー香、徐々に湿った香りは和らぎ、レーズンや麦芽香を伴う甘酸っぱい香り。
口当たりはスパイシーで甘い。ボディはライトからミディアムの間で、炒った麦芽の香ばしさ、ブラウンシュガー、微かな樽香。フィニッシュはドライで心地よいビターさが残る。"


先日のテイスティング会、1杯目で飲んでなかなか良い印象だったボトルです。
グレンキンチーは甘くドライな麦芽香に微かなスパイシーさがあるローランドというよりはややスペイサイドよりの特徴を感じる蒸留所。
このボトルもグレンキンチーの特徴を持ちながら、アモンティリチャード(辛口よりなシェリー)樽とのダブルマチュアードにより、適度なコクと甘酸っぱいレーズンのような香味がプラスされた、まさにオフィシャルの進化形として評価出来る内容に仕上がっています。

口開けは少々クセというか、湿った木のようなモワっとした香りがありましたが、時間経過ですぐにこなれます。
嫌み少なく、個性もあってその他のフレーバーも感じられる、こういう出来のボトルは好感が持てますね。
キンチーだけでなく、今回リリースされたダブルマチュアードシリーズは、総じて蒸留所の個性+αという点で完成度は高く、オフィシャル回帰の印象をさらに持ちました。

ただ、嫌みな味は無いけれど高まる味でもないため、コアな飲み手が飲む場合は、次への繋ぎ的な1杯になりそうです。

このページのトップヘ

見出し画像
×