カテゴリ

カテゴリ:アードベック

アードベッグ 10年 1970年代流通 40%

カテゴリ:
ARDBEG
Years 10 Old
OLD ISLAY MALT SCOTCH WHISKY
1970's "White Label"
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人所有スペース@NS氏持ち寄りボトル
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8-9)

香り:スモーキーで強いヨード香、燻した麦芽と土っぽさ、地磯の海藻が混じる海の香り。レザーを思わせるニュアンスやほのかな柑橘感もあり、実に充実している。

味:マイルドだが存在感のある口当たり。麦芽風味はコクと厚みあり、ピーティーでヨードと魚介のニュアンス、ほのかにきび糖のような甘み、ナッツの香ばしさやグレープフルーツのワタに通じるほろ苦さを伴う。
余韻はしっかりとスモーキーだが、角の取れた麦芽風味主体。じんわりと広がって長く続く。 

加水と経年でバランス良く整った香り立ちとマイルドな口当たりでありながら、当時のモルトらしい厚みとはっきりとした個性が感じられる、秀逸なシングルモルトウイスキー。是非ストレートで。


アードベッグの1970年代流通オフィシャルボトル。当時のアードベッグはハイラムウォーカー傘下で、ピーテッドモルトの需要増に伴う増産が行われ始めた時期に該当しており、加水でありながら強い個性を感じる仕上がり。今年のアードベッグデーでリリースされたグルーヴスのPRでも、その繁栄ぶりが紹介されています。 

他方、その後訪れる1980年代冬の時代についてはここで解説するまでもなく・・・。一時閉鎖を経て大改修工事が行われ、その間の原料の変化と製法も変わったためか、少なくとも当時のような存在感の強い魚介、レザー、土、あるいは消毒液的な要素が合わさったような個性は鳴りを潜めてしまいます。
蒸留所はグレンモーレンジないしディアジオ傘下で安定し、そのブランドを確立して現代に至るわけですが、少なくともそのキャラクターは酒質がクリーンでピートが悪目立ちするオレオレ系。ハイボールにするには美味いものの、当時とはずいぶん異なるように思います。

IMG_7793
(ウイスキー仲間との持ち寄り会にて。アードベッグ1980年代流通(左)と、1970年代流通(右)。80年代流通にはグリーントール時代もあり、流通時期で分かれると推測。その他熟成年数のオフィシャルリリース等を見るに、グリーントールのほうが後期だろうか。)

また、近年との比較のみならず、この10年間でもスタイルは異なっているようです。
今回、持ち主のご好意で貴重な飲み比べを経験させていただいたわけですが、80年代流通はスモーキーでありながら麦感伴うどこか素朴なニュアンスを伴うアイラモルトである一方、1970年代流通は香味の厚み、個性の強さ、ピートの存在感共にワンランク上。特に加水でありながら海系のニュアンスの存在感の違いをはっきりと感じます。

日本のウイスキーが樽の香味を重ね合わせるものとすれば。スコットランドのウイスキーでイメージするのは、アイラに限らず樽は酒質を育てるもので、本質的なところは麦とピートというどこか田舎くさい土着のものにあると思うのです。近年はノンピートやライトピートスタイルが増えているだけでなく、麦系のニュアンスも弱く、どちらかと言うと樽主体の構成が増えていますが、今回のようなオフィシャルボトルを飲むと、その性質の違いによる独自の魅力を改めて感じさせられます。貴重なテイスティングの機会をいただき、感謝です。


以下雑談。
今回のアードベッグのラベルを見て思い出す構図が、以前記事の挿入画像として使わせていただいたK67氏提供の1枚。
おそらくほぼ同じ地点と思しき構図(ラベルのほうがやや陸寄り)なのですが、建物が微妙に異なるなどしているのは、イラストが忠実とすれば大改修前後の変化ということなのかもしれません。また、海側も、船着場として利用できたであろう桟橋が2箇所沖まで伸びており、当時の物流で機能していたであろうことが伺えます。

DSC08972

アードベッグ グルーヴス 46% & アードベッグデー2018

カテゴリ:
IMG_7579
ARDBEG
GROOVES
"Peat & Love"
Limited Edition 2018
Cask type Bourbon Barrel & ReCharred Red Wine Casks
700ml 46%

グラス:エリート
場所:イベント会場
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ツンとした溶剤っぽい刺激に加え、レザーや強いスモーキーフレーバーを伴う濃厚なアロマ。合わせてバニラやキャラメルの甘みが時間経過で強く感じられ、消毒液、木材や植物が焦げたようなニュアンスを伴う。

味:ねっとりと濃厚な口当たり、塩水のコク、ビターで香ばしいウッディネス、樹液のようなニュアンスも伴う。アーモンド、焦がしたキャラメルや魚介。鼻腔に抜けるヨードと薫香。徐々にスパイシーな刺激が感じられる。
フィニッシュは香り同様に木材や植物が焦げたような苦味がまるで焚き火、強いピートスモーク。樽材由来の粘性のある甘みが舌の上に張り付くように長く残る。

樽由来の濃厚な甘みと合わせ、焦げたような苦味や香ばしさ、そこにピートとヨードのアイラらしいニュアンスが加わって、複雑というか混沌とした味わい。46%加水だが十二分に香味の濃さがある一方、果実味はあまり感じられない。少量加水すると樽香が落ち着き、燻製用ウッドチップ、BBQソースのような甘く香ばしいアロマ。
グルーヴ(高揚感)を感じるかどうかは人それぞれだが、樽のグルーヴ(焦がし跡)の影響は確かに感じる。お祭り的に1杯を楽しみたい。
       

「最もグルーヴィーなアードベッグ」
毎年5月末から6月にかけて開催される、アードベッグファンのためのお祭、アードベッグデーに合わせて発売されるアードベッグの限定品。このリリースの特徴は、通常ラインナップとは異なる樽での熟成、あるいはピートの強弱などで、特別かつ特徴的なアードベッグをリリースすることにあります。
今年のグルーヴスは、通常のアードベッグ同様にバーボン樽で熟成した原酒に、ヘビーリチャーした赤ワイン樽で熟成した原酒を加えることで、過去のオフィシャルリリースには前例のない、型破りなスタイルを特徴としています。

その味わいは、樽由来のエキスが色濃く出ている構成。この感じだとワインカスク側で樽由来の癖も良い悪いも全て混ざって濃厚に仕上がったところを、バーボン樽原酒で引き算したようなイメージです。
熟成年数は体感12年程度。チャーオーク由来の濃厚な甘みと焦げ感、スパイシーな刺激を伴うフレーバーが、ヨードやピートフレーバーと混ざり合う混沌。。。一言でこってり濃厚系の味わい。逆に言えば、細部を抑えつけたようなリリースであると言えます。

近年のアードベッグデーリリースは、ダークコーヴ、ケルピーと樽感マシマシ濃厚系が続いているところ。リリースの総指揮を取られているのはラムズデン博士ですが、この系統がツボなのかもしれません。
この手の構成については、インパクトは強いものの、身も蓋もない言い方をすれば、「オフィシャル通常ラインナップが一番バランスがいいよね」となりかねない。とりあえず昨年のケルピーよりはネガティブ要素が少なく、わかりやすく楽しめる1本だと思います。

GROOVEは、単語そのものの意味では"硬い表面の溝、細長いくぼみ"であるのに対し、俗語(主に音楽用語)としては、音楽などによって得られる"高揚感"を指す言葉としても使われています。       
熟成に使われたワイン樽は、リチャーの際に木材にしっかりと跡がつく程強い焼付けを行っていることが特徴とされています。つまり、形成される樽材の焦げ跡(GROOVE)と、リリースを通じて我々飲み手にもたらされる高揚感(GROOVE)、2つの意味をかけたネーミングなのかなと感じました。

IMG_7545

さて、今回はこのアードベッグ・グルーヴスを、6月1日、2日の2日間新宿で開催されるアードベッグデーに参加して楽しんできました。
毎年何らかの"仕掛け"が用意しているこのイベント。昨年のケルピーは海に潜むモンスターで、会場に色々仕掛けがあったところ。今年のリリースのテーマは"ラブ&ピート"で"グルーヴ"ですから、どんなものが準備されているのか・・・。    
それではイベントスタート!!            


( ゚д゚)・・・
スモークと共に登場した・・・誰ですか、この半世紀ほど時代錯誤なミュージシャンは・・・。

IMG_7571

まあ、ボブなんですけどね(笑)。
開場から車の中でずっとスタンバイしているので、何を準備しているのだろうと思ったら、こういうことだったようです。
リリースの背景にあたる1960年代のアードベッグ蒸留所のグルーヴとかけて、1960年代のオールドファッションを決めて来たディアジオ・シングルモルトアンバサダー。雰囲気出てますねぇ。

グラスが全員に行き渡ったところで、スランジバー!
蒸留所のアイドル、ショーティーくんもオールドファッションを華麗にキメています(笑) 

イベントではアードベッグのスタンダードラインナップである、TEN、アン・オー、コリーヴレッカン、ウーガダールをストレート、ロック、ハイボールで自由にの飲むことが出来、新発売のグルーヴはチケット制。全員が1杯は飲むことが出来る形式でした。
普段ここまでアードベッグ尽くしをすることもないので、良い機会だと一通り復習テイスティング。ストレートではコリーヴレッカンが中々良い仕事をしている一方、ウーガダールには若さというか辛さが目立つように。そして結局最後はTENのハイボールが一番だね、なんて話にもなったり(笑)。

ちなみに、今年もグルーヴスは加水版とは別に、コミッティー向けにカスクストレングス仕様がリリースされていて、いくつかのBARには既に入荷しているようです。
追って、このボトルもテイスティングしてみたいですね。 

アードベッグ アンオー 45.6% 2017年リリース

カテゴリ:
ARDBEG
AN OA
Islay Single Malt Scotch Whisky
2017 Release
700ml 45.6%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかいスモーキーさを感じる香り立ち。薪の燃えかすを思わせる灰っぽさ、カカオ、ほのかにオレンジピールやドライフルーツの果実香。

味:柔らかいコク、丸みのある口当たり。ホットケーキシロップのような甘みとドライフルーツ、奥からスパイシーなウッディネス。焦げたゴム、樹脂っぽさを思わせるアロマが鼻腔に抜ける。
余韻は焦げた木材に土っぽさの混じるウッディネス、スモーキーで長く続く。

ストレートは柔らかく複雑でバランスのいい飲み口。オフィシャルらしい完成度の高さが光る。
ハイボールはスッキリした味わい、クセのないスモーキーさがあってこれはこれとして楽しめるが、元が柔らかい味わいなので飲みごたえという点では少々物足りない。


約10年ぶりとなる、アードベッグ 通常ラインナップのニューリリース。10月4日の発売から1ヶ月少々、仕事の忙しさにかまけて外飲みの機会を作れず、モノを買おうにも最寄りの酒屋で見つからず。。。聞けば国内入荷量が少なくメーカー在庫が来年まで補充されないのだとか。
外飲みも家飲みもできない中、先日、日本橋のIANさんでやっとテイスティングする事が出来ました。

アンオーは、アイラ島でアードベッグ蒸留所がある地域のほぼ反対側にある岬の名前を由来としています。(上記裏ラベル参照)
長い年月をかけ、風雨、波、自然の力で形成されたという丸みを帯びた地形をモチーフに、アンオーもまた柔らかさ、丸みのある味わいを特徴としています。
この手の紐付けは、時に少々強引で首をかしげることもありますが、今回のリリースは「角の取れた丸みのある味わい」と言う整理でなるほどと思える構成です。

使われたとされる原酒はファーストフィルバーボン樽、チャー済みの新樽、PXシェリー樽の3種で、飲んだ印象での熟成感は10〜15年、構成比率は7:2:1といったところ。あまりシェリーシェリーしておらずアクセント程度ですが、この少量のPXシェリー樽と後述する"魔法"が、味の丸み、柔らかさを出すキーポイントになっていると感じます。

Ardbeg "Gathering Vat" 画像引用:

アードベッグ・アンオーは、これらの原酒を製造責任者が"魔法"をかけたと言う「ギャザリングルーム」でバッティングしています。
魔法の正体は、おそらくフレンチオークで作られたバッティング用の大型タンク"Gathering Vat"のこと。全体に一体感を与えるクリーミーさ、少し樹液のような香味が"魔法"によるものと思われます。(あるいはチャー済みの新樽のフレーバーを馴染ませているか。)

自分はこの樹液っぽさやゴムのような香味があまり好きではないのですが、アンオーはそれらと全体の香味のバランスが良く、複雑さに一役買っています。
流石大手、というかディアジオ、冒険しても綺麗にまとめてきますね。


今から約10年前の通常ラインナップ向けニューリリースと言えば、コリーヴレッカンを指しているのと思われます。(コリーヴレッカンの一般市場向けリリースは2009年末なのですが、その前進となるコミッティ向け限定品は2008年リリース。)
丁度就職してウイスキーを飲む幅が広がった頃で、近所のBARで飲んだ記憶があります。あれからもうそんなに経ちますか。。。

当時のアードベッグと今のアードベックでは、原酒のキャラクターが洗練されてきた印象がある一方、リリースの方向性としては、ピートブームに乗るようなコリーヴレッカンにルネッサンスと、パワフルでスモーキーなタイプを押し出すスタイルから、複雑で多層感のある傾向に変わってきています。
今回のニューリリースはその中にあって、今までにないタイプのアードベッグ。柔らかくバランスのいい飲み口は、1本を通して無理なく長く付き合っていける、いいオフィシャルリリースだと思います。

アードベッグ ケルピー 46% アードベッグデー2017リリース

カテゴリ:
アードベッグケルピー
ARDBEG
KELPIE
(No Aged)
2017's
700ml 46%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み Y's Land IAN
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:スモーキーでヨード、焦げた木材やタール、ゴムを思わせるニュアンス。スワリングで干し草、ほうじ茶の渋み、ほのかに溶剤っぽさも感じられる。奥から樽材由来のバニラを思わせる甘みも開く。

味:口当たりはオイリーでウッディなえぐみ、濃縮したヨード、溶剤、ピートスモークや焦げた麦芽風味。そこから後半にかけてバニラシロップのような作為的な甘さが魚介のダシっぽさと合わせて顔を出す。余韻は強いピートスモークが鼻腔に抜け、ビターで香ばしく非常に長く残る。

スペシャルメニュー「焦げた木材と焼きたてのクルトン、海草のサラダ、バニラシェイクかけ。タールを添えて。」
らしさもあるが、それ以上に個性的で"おぞましい"アードベッグ。味わいは濃く、強く、〆の一杯で飲んだならば帰路の最中まで余韻が続く。加水すると焦げ感残り、キッパーのような魚介系塩感。味わいはモルトスナックやスモーキーさが主体となり、バランスが良くなる。
毎年6月のアードベッグデーにあわせてリリースされる限定品。2017年はアードベッグを育む海へのオマージュとして、アイラ島の海に生息するという妖精の名前を冠した、アードベッグ・ケルピーです。通常品は46%加水、いつものようにコミッティ向けにカスクストレングス仕様もリリースされています。

アードベッグ・ケルピーは、黒海に面するアディゲ共和国産のオークの新樽で熟成させた原酒に、バーボン樽原酒を組み合わせたシングルモルト。メーカー表記"Virgin oak casks from the  Black sea"とあるように、黒海近くで潮風を受けつつ育ったオークを使っていることを特徴の一つとしています。おそらく樽材の分類的にはヨーロピアンオークだと思いますが、飲んでみるとウッディーなえぐみ、焦げたニュアンスや溶剤っぽさ、ピートフレーバーの奥から広がるバニラシロップのような濃い甘みが"黒海新樽"由来の香味として感じられます。 
ベースとなるアードベッグの酒質はやや若く、加水で地ならししたような荒さ。ヨード、ピートフレーバー、ローストした麦芽などの強いフレーバーの上に濃い樽感・・・ここ数年のアードベッグデーリリースの中で最も個性的で、MHDがイメージするケルピーの姿に例えるなら、実に"おぞましい"味わいを体験できるのです。

いやはや、これぞ限定品。美味しさというより、面白さ、テーマを楽しむ。多少アンバランスでもお祭限りで悪ノリが許されるからこその1本と感じます。
とりあえずBARやイベントで1杯飲んでみてはいかがでしょうか。

アードベッグケルピー
(コミッティー向けの冊子にも印刷されている、ケルピーのイメージの一つ。PR動画の撮影にも使われている。この画像が公開されたのが今年3月、2017年のアードベッグデーは最高にクレイジーかもしれないと期待が高まった。。。)

ちなみに"ケルピー"は水辺(淡水系、スペイ川やネス湖)に住む妖精の名前とされており、見た目は馬。民間伝承だけに毛色は黒、白、灰色、栗色など多数の説がありますが、共通しているのが乗せた人間を水の中に引きずりこむということ。また、美男美女の人間にも化けて言葉巧みに引きずり込むとする話もあります。 

一方で、ケルピーは淡水の妖精です。海水域にも同様の妖精は居るのですが、これは"アハ・イシュケ"とする名前で区別されており、上記写真のように海草を纏わせた人間の姿であるケースもあるとのこと。
今回のリリースのベースはこちらなのかな。
まあアードベッグ・アハ・イシュケより、アードベッグ・ケルピーのほうが語呂は良いですね。

アードベッグ 10年 1980年代流通 オフィシャル

カテゴリ:
ARDBEG
Guaranteed 10 years old
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(KuMC)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:淡い薬品香と合わせて魚介系のダシっぽさを感じるアロマ、じわじわと広がるピートスモークや牧草のニュアンス、麦芽香。時間経過でカステラのような甘みも感じられる。

味:スムーズでややとろみのある口当たり。香ばしい麦芽風味と焦げた木材、黒土系統のピートに加え舌の上には塩気とコクが感じられる。
余韻は柔らかいスモーキーフレーバーが広がり、染み込むように長く続く。

全体的に香味の角に丸みがあり、麦系のフレーバーにアイラ要素というしみじみうまいモルトウイスキー。これぞ地の酒という味わいを堪能できる。


1980年代、ハイラムウォーカー系列だった時代のアードベッグ。この時期は蒸留所が操業を休止するなど厳しい時期でしたが、その仕込みに当たる1970年代は、増産のためにフロアモルティングからポートエレンに麦芽の仕込みを切り替えるなど、いくつか動きがあった時期でもあります。

同銘柄と言えば濃い緑色のグリーントールボトルが一般的ですが、クリアボトルで外箱には麦の穂というデザインは、味わいのみならず見た目の雰囲気もずいぶん異なっています。
今のアードベッグはエステリーでクリア、ヨード系のニュアンスがより強調されたスタイルですが、この当時のアードベッグは麦系のフレーバーがしっかりとあり、ピートフレーバーもどこか優しく染み込むような系統。俺が俺がと主張しない、しみじみとした旨さがあります。

このアードベッグを飲んで感じるのが、当然な話とも言えますが同時期のバランタインにあるピートフレーバーです。
バランタインと言えばアードベッグを含む魔法の7柱が有名ですが、現在のバランタインはオーナー企業の違いなどから、当時とは構成原酒が異なり、キーモルトはグレントファース、スキャパ、ミルトンダフ、グレンバーギーとなっています。(そこに隠し味的に様々な原酒を使っているとのこと。)
比較的手に入るところでは1970年代あたりに流通したクリアボトルのファイネストなど、余韻に広がる要素との共通点が感じられるように思います。

かつてバランタインを大きく支援した、ハイラムウォーカー社が提供した原酒の一角。今の煙とヨードにまみれるスタイルも嫌いじゃないですが、ブレンドされて生きるようなこのしみじみ感は知っておいて損なく。
今回持ち寄り会の中でテイスティングさせて頂きましたが、非常にいい体験をすることが出来ました。

追記:当方の勘違いにより、流通時期の記載に誤りがありました。訂正致します。

このページのトップヘ

見出し画像
×