カテゴリ

カテゴリ:アードベック

アードベッグ スーパーノヴァ 2019 53.8%

カテゴリ:
IMG_20191101_230248
ARDBEG 
SUPERNOVA 
LIMITED EDITION 2019 
For Ardbeg Committee 
Cask type Bourbon 
700ml 53.8% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月未満
場所:BAR Eclipse 
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでグレープフルーツやシトラスの淡い柑橘を感じさせる香り立ち。スモーキーではあるが鼻が麻痺してしまうのか、最初は不思議とそこまで強く感じない。徐々に焦げた木材やタール、塩素などじわじわピート由来の要素が存在を主張していく。

味:口に含むとバニラや麦芽糖の甘味から強いピートフレーバーが開き、一気にスモーキーに。燻した麦芽や焦げた木材、岩塩をふったアーモンドナッツ、じわじわとヨードや薬剤。オークのニュアンスもあるが基本的にはピートが支配的。ただそれ以上にフレーバーのメリハリに欠けるというか、どこかもっさりとした印象を受ける。
余韻はピーティーで強くスモーキー、燻した香りが長く続く。

ピーティーで、特にスモーキーな要素が強い。熟成年数は15年前後か、未熟感はなく加水すると口当たりの柔らかさと柑橘系の要素が開くが、少し溶剤っぽさも感じられる。
全体的にパリッとした感じはなく、少々くたびれたような。。。立ち込める煙のなか、マスクをしてフレーバーを手探りで探しているような。。。ピートが限界値を越えているからか、なんとも不思議な感じだ。

IMG_20191101_230137

先日久々にリリースされた、アードベッグスーパーノヴァの新商品。スーパーノヴァは通常50PPMのアードベッグのフェノール値を、さらに引き上げたスーパーヘビーピーテッド仕様が特徴であり、熱狂的ファンの多い銘柄。前作の発売は2015年でしたから、まさに待望の1本と言えます。
加えて、先日リリースされたトリー・バンが良い出来でしたので、このスーパーノヴァへの期待が高まっていたところ・・・。
飲んでみるとなにかこう、想像していたものと違うというか、率直に言ってコレジャナイ感もあったのは自分だけではないと思います。

その最大の要因は、ピートフレーバーの輪郭がはっきりしないことでしょうか。
間違いなく強いは強いのですが、フレッシュでパワフルに主張するような形ではなく、グラスや口のなかでピートや木材に火がついて燃え広がるように、焦げたニュアンスやスモーキーな要素が支配的になる。それは良く言えば若いアイラにありがちなオレオレ感のない、存在感のある大人なピートであり。。。一方でやりすぎて香味のディテールが拾えないもどかしさにも繋がっているように感じます。

スーパーノヴァのフェノール値は100PPM以上とされ、細かい数字は公開されていませんが、2015年のリリース以上に焚き付けたか、あるいは熟成が長いのか。人間が感知出来るピートレベルを越えた焚き付けは、ともするとウイスキーとしての骨格やメリハリを奪いかねないのかもしれません。
こういう系統は、同様にスーパーヘビーピーテッド仕様のオクトモアにはないため(共通するところもいくつかありますが)、若い原酒の方がバランスがとれるのか。。。いずれにせよ比較的はっきりと主張のあった前作とは異なるスモーキーさのある1本で、評価は別れると思います。

メーカーコメントでは「ピーティーさの限界に関する概念を覆す」、「今までで味わったことがないスモーキーな刺激」、「宇宙空間への誘い」とあるのですが、それは良い悪いは別として言葉の通りでした。(宇宙はさておき)
なんというか、なるほどねと。それを狙ってこの味なら得心がいく仕上がりと言えそう。この真意は、後日イベント等でボブか関係者に会う機会があれば伺ってみたいです。

IMG_20191104_191122_1

今日のオマケ:キリン一番搾り とれたてホップ 2019年収穫
今年も来ました、とれたてホップ。数少ない大手メーカービールのなかで楽しみな秋の風物詩。去年同様スッキリと、ラガービールとして美味しい一杯という感じですね。
どの辺がとれたてホップやねんと言われると、既存品よりホップが強く主張するのではなく、しっかりとした麦の風味と爽やかな含み香で、ビールとして鮮度が高いような瑞々しい?味わいなのかなと。(この手の限定品は出荷から日数が経過してないので、鮮度が高いのはそうなのですがw)
モツ鍋、餃子、あとは肉類だと唐揚げとか、ジューシーなアテとマッチしそうな1本。さて、1ケース買っておくかな(笑)。

アードベッグ 25年 1975-2001 ジョン・ミルロイ 58%

カテゴリ:
IMG_20191003_020104
ARDBEG 
John Milroy Selection 
Aged 25 years 
Distilled 1975 
Bottled 2001 
Cask type Sherry Butt 
700ml 58% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:ややドライでハイトーン、鼻腔を刺激する強いアタック。ピーティーで燻したようなスモーキーさに混じる塩素や薬品香、その奥にはコシのある麦芽香と粘土を思わせる土系のアロマも混じる。

味:口に含むと香りほどのアタックはなく、オイリーで焦げ感を伴いながらヨードや魚介系のニュアンス、潮気を思わせるピートフレーバーがどっしりと広がる。合わせてバタークッキーやグレープフルーツ、ほのかにアプリコット。麦と樽由来の要素もあり、ボディは厚い。
余韻はほろ苦く強いスモーキーさと柑橘香、微かにゴムのようなニュアンスを伴いつつ長く続く。

アイラの要素が濃縮したような重厚なアードベッグ。香りに少々固さというかシャープな刺激があるが、味わいは樽が酒質を邪魔せず角を取る程度に効いて、口内で存分に個性を発揮するような仕上がりとなっている。
こういうのを飲んでしまうと、90年代のアードベッグが穏やかであるという意見も納得。素晴らしい1杯にただただ感謝。

IMG_20191003_020201

このボトルをテイスティングするのは本当に久しぶり(7~8年ぶりくらいか)、文句なく旨いアードベッグです。
シェリー樽表記ですが2nd fillのアメリカンオークといった系統で、酒質ベースの仕上がり。アードベッグの当時は麦感が厚く、そして何よりアイラ的なピート要素が非常に濃いものが多く、それが90年代以降との違いとなっています。

時代が時代だけに、1970年代蒸留のオフィシャルでは濃厚なシェリー樽仕上げのものもしばしばあり、それはそれで美味で、昔の自分はそっちの方が好みだったりもしたのですが。。。こうしてプレーン系統の樽で熟成されたものを飲むと、より一層個性が強調されて良いですね。
酒質の厚さがピートフレーバーを受け止め、奥行きもさることながらスケールの大きな味わいに繋がっているようです。

このヘビーピート仕様の背景には、1960~1970年代に同系統の原酒の需要が増え、蒸留所を所有するDCLとして対応を求められていたということがあります。(当時のアードベッグは、DCLとハイラムウォーカー社がそれぞれ株式を保持していた。筆頭はDCL。)
DCLは、グレンギリーでの仕込みの失敗やカリラのリニューアルに伴う一時閉鎖などから、ブローラを再稼働させたりとピーテッド原酒の仕込みに苦心していた時期。アードベッグも同様の役割を担ったのでしょう。
1974年にはアードベッグでのモルティングだけでなく、ポートエレンで精麦されたモルトを使うようになるなど、仕込みの量が増えていたようです。

そして1979年、カリラの操業が軌道に乗り、ピート麦芽需要も一段落ついたためか、DCLはアードベッグをハイラムウォーカー(後にアライド社)に完全売却します。
アードベッグは後に、回り回って関連会社の傘下として戻ってくることになりますが、1979年から1980年代の閉鎖間際のポートエレンは、シャープなピーティーさと麦系のニュアンスも比較的ある、アードベッグに感じられたものと同じようにアイラ要素の強い原酒が仕込まれています。個人的な考察ですが、アードベッグが担っていた役割を一時的に肩代わりしたのかなとも予想しています。

現代は再びピーテッドモルト需要が高まり、通常リリースも主張の強いピーティーさを身につけるだけでなく、スーパーノヴァなど更に強くピートを焚き付けたリリースもあります。ただ、酒質が昔より軽いのと、それ以上に使われているピートの産地や種類が違うのか、フレーバーの仕上がりが異なっている。
1970年代のアードベッグ。まさに時代が産んだ銘酒と言える1本なのです。

IMG_20190908_210306
この日のワイン:シャトー・コス・デストゥルネル AOCサンテステフ 1982
ラフィットに隣接し、格付け1級にも肉薄するという評価のワイン。
フルボディで甘味は控えめの黒系果実香、鰹節や鞣し革、リコリス、黒土。熟成によって角のとれたタンニンとビターで柔らかい酸を伴う余韻。。。
普段分かりやすい新世界のワイン主体なので、楽しく酔って終わりですが。いやはやこういうレイヤーの多い上質なワインは、深く没入していくような感覚があります。

格付けによる違いとか、熟成のポジ・ネガな部分の違い等、まだまだ勉強している身ではありますが、個人的にこの1本はネガ要素が少なく、こういうのが良い熟成なのかなと感じられる構成でした。

アードベッグ トリー・バン 19年 2000-2019 46.2%

カテゴリ:
IMG_20190904_092806
ARDBEG 
TRAIGH BHAN 
Batch No,1
GUARANTEED 19 YEARS OLD 
Distilled 2000 
Bottled 2019 
Cask type American Oak & Oloroso Sherry 
700ml 46.2% 

グラス:グレンケアン
場所:BAR Eclipse first 
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:グラスに注いだ瞬間から立ち上るヨードや潮気を含むピート香。香り立ちは柔らかく、灰っぽさや乾いた土、奥には柑橘や蜂蜜、オークのニュアンスをアクセントに、しっかりとスモーキーなアロマ。

味:マイルドな口当たり、角のとれたピートフレーバーと塩気がはっきり感じられる。乾燥させた麦芽、木屑、香り同様柑橘類の甘味と仄かな酸、含み香に松脂を思わせる要素も混じる。
余韻は塩気がそのまま残り、スモーキーでピーティー、ウッディな渋みを伴って、ほろ苦く蓄積するように長く続く。

なんとも正統派なアードベッグ。樽感は香味ともリフィル系のプレーンなタイプで、酒質を邪魔しない構成が、逆に多彩な香味と熟成感を際立たせている。この樽使いはいかにもディアジオらしい。飲み進めていくと、強い塩気と蓄積するようなウッディさが若干引っ掛かる部分もあるが、全体的には完成度の高いオフィシャルリリースである。

IMG_20190903_225417
IMG_20190903_232830

9月3日、昨日発売されたばかりのアードベッグの新商品、トリー・バン。特に狙って飲みに行った訳ではないのですが、入荷しているなら1杯いっときますかと。
同シリーズはスモールバッチで毎年様々なスペックのシングルモルトをリリースしていく構想のようで、ファーストリリースは2000年蒸留で19年熟成。アイラモルトでは近年数少なくなってきた中熟仕様かつ、単一蒸留年の仕様でリリースされています。

トリー・バンはゲール語で歌う砂を意味する・・・ボトリングの日は嵐だった・・・という背面ラベルや外箱記載のエピソードはさておき。
近年ラフロイグが18年を終売にしたり、あるいはラガヴーリンがショートエイジの8年をラインナップに加えるなど、アイラ全体で15年熟成以上のリリースの話をほとんど聞かない中。アードベッグは昨年も20年熟成以上のミドルエイジリリースを限定で実施していた実績があるだけでなく、20年近いシングルモルトを2万円ちょっと、納得感のある価格設定でリリースしてきたのは素直に驚きです。

樽構成はアメリカンオーク樽とオロロソシェリー樽。味わいから察するに、アメリカンオーク樽は複数回使用したサードフィルあたりのウイスキーカスクがメイン。合わせて使われているオロロソシェリー樽はヨーロピアンオークと思われますが、これも大半がリフィルと思われます。
シェリー樽の比率はそこまで多くない印象で、酒質の個性を潰さない熟成をさせつつ、口当たりの甘味やコク、バランスを整えるために少量使っているのではと推察。
他のリリースだと、ラガヴーリンのジャズフェスボトルとかで近い作りがあったなと。あとは毎年恒例のスペシャルリリース系統ですね。いかにもディアジオらしい樽使いです。

プレスリリース等の事前情報から、シェリー樽多めかと思っていたので(色合いが"暖かみのある茶色"ってなってたし)、あまり期待してなかったというか、少なくともこの系統とは予想していませんでした。
香り立ち、味わい、オフィシャルリリースとして10年等の延長線上にある仕上がりで、価格だけでなく内容にも納得。先日のアードベッグデーでリリースされた”ドラム”も、あれはあれで若いなりに良さはありましたし、こういうので良いんですよ。
また、ボトラーズ等でもリリースが増えているヤングエイジのアイラモルトは個性の強さなどで普通に楽しめるものもありますが、今回のようなリリースを飲むと、熟成した原酒の存在は尊いものと認識させられます。

トリー・バンのファーストリリースはアードベッグ好きに是非とオススメ出来る1本。ただし余韻にかけて多少引っ掛かる酸やウッディさが気になった部分もあるので、開封後の変化も見てみたいと思います。
特にあの塩気。。。海辺で樽の乾燥でもさせていたのか、蓄積するように残る特徴的なフレーバー。アイラらしいっちゃらしいですが、この辺が馴染むとどうか。
ただそれ以外では、現時点でも総じて好印象なモルトでした。

アードベッグ ベリーヤング 1998-2004 58.3%

カテゴリ:
IMG_20190816_110506
ARDBEG 
Very young 
Distilled 1998 
Bottled 2004 
700ml 58.3% 

グラス:グレンケアン 
時期:不明 
場所:Bar Eclipse 
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:強くシャープ、ややクリアなピーティーさが全面にあり、ヨードと合わさって鼻孔を刺激する。土っぽいアロマ、微かにシトラス、ハーブ、金属っぽさを伴う塩気も感じられる。

味:勢いがあってパワフルな口当たり。ピーティーでビター、飲み口から鼻孔までピートスモークが広がる含み香。徐々に魚介出汁のスープのようなコクが感じられ、微かに焦げたようなニュアンスも伴う。フィニッシュは序盤同様ピーティーでスモーキー、レモンピールの柑橘系のほろ苦さを伴いつつスパイシーで長く続く。

若いアイラ特有のシャープで強いピーティーさと、ヨード香がもたらす甘さが樽材の要素にマスクされずダイレクトに感じられる。一方で若さ由来の未熟感、ニューポッティーさは香味ともほぼない。突出して素晴らしい訳ではないが、若いなりのアードベッグの良さを嫌みなく味わえるのが、このボトルの飲みどころと言えるのかもしれない。

IMG_20190609_011810

アードベッグ蒸留所の紆余曲折についてはこれまでも度々触れているので省略。話は1997年、グレンモーレンジに買収され、再び本格的に操業を開始した地点から。
この新生アードベッグから、将来的なオフィシャルリリースの切り替えにあたり、原酒の切り替え、新しいアードベッグのハウススタイルの体現、ブランド確立等を目的として2004年にリリースされたのが、ベリーヤング、スティルヤング、オールモストゼアー、ルネッサンスの4種類です。(以下、画像参照)

ベリーヤングが約6年熟成に始まり、それから8年、9年、10年。蒸留は1998年で同じですが、リリース毎に熟成年数を増す形式がとられており、10年のリリースを完成と考えれば他はワークインプログレスという仕様となります。
正直どれも悪くないというか、それぞれ良さはあるのですが、ベリーヤングはファーストリリースであることと、あえて約6年という短期熟成の原酒がオフィシャルからリリースされたというインパクトもあってか、実際の完成度はさておき一連のシリーズのなかで特に高い評価を受けていたように記憶しています。

IMG_20190816_110534
(アードベッグ10年熟成への旅、4種。良い意味で熟成と樽に邪魔されておらず、インパクトがあってわかりやすい味わいはベリーヤングであるが、逆に良い意味で熟成を通じて個性も整っているルネッサンスが個人的には好みで、完成度も高いと感じている。この辺は嗜好品故の個人個々の好みの差でもあるだろう。なおスティルヤングやオールモストゼアーは中間にあってか半端な印象があるかもしれないが、それぞれヤングアイラの特徴は捉えやすく、決して悪い出来ではない。)

自分が本格的に飲み始めた頃には、ルネッサンスに加え、スタンダードの10年がリニューアルされた後だったわけですが、アードベッグは10年より若い方がいいね、なんて評価をイベントのブース等で聞いたこともあったくらいです。
当時は長期熟成のこなれたモルトがオフィシャル、ボトラーズ問わず多くリリースされていた時期でしたので、若い原酒で樽感に邪魔されない、パンチのある味わいが逆に重宝されたというのもあるのでしょう。ピートの強さで言えば間違いなく強かったのはベリーヤングです。

今のウイスキー市場から見ればなんとも贅沢な話だったようにも思います。
一方で、この当時1990年代のアードベッグをはじめとしたアイラモルトは、若くても今ほど粗さが目立たないというか、オイリーなコクと麦感があって、それはそれで良さが感じられるモノが多いようにも感じています。
例えば、ラガ12年のスペシャルリリースも初期の頃と今とでは大きな差があります
アードベッグについても、今回久々にベリーヤングを飲みましたが、近年のボトラーズからリリースされる6~7年程度の熟成の若い原酒等のように、ただピートが刺々しく、浮わついたようにならないのが、経年での変化を差し引いても印象的でした。

アードベッグ ドラム アードベッグデー2019 46%

カテゴリ:
IMG_20190603_230257
ARDBEG 
DRUM 
Rum Cask Finish 
LIMITED EDITION 2019
700ml 46%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:新宿ウイスキーサロン
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーでスモーキー、焦げた木材、魚介の塩漬けや磯っぽさなどの島系の要素をしっかりと含んだアロマだが、全体的に丸みがあり、奥には杏やパイナップルジャムのような甘みも感じられる。

味:香り同様の構成。序盤はややエステリーでドライな口当たりだが、ピートの焦げたようなほろ苦さと塩気、磯っぽさが口内から鼻腔に届く。そこから徐々に黄色フルーツのジャムのような粘性を伴う甘味が余韻にかけて広がっていき、スモーキーでカカオのような苦味と共に長いフィニッシュへと繋がる。

10~12年前後の熟成と思われるスタンダードなアードベッグを、黄色い果実のジャムのような粘性のある甘味が、作為的にならない程度にコーティングしている。作り手のノウハウが活かされたような後熟具合。
ハイボールにしても香味がそのまま延びるようで崩れない。このバランスの良さは限定品としてではなく、通常品として日常的にも楽しみたいアードベッグ。

IMG_20190603_190958

毎年恒例、アードベッグデー向けにリリースされる限定品。2019年はラムカスクフィニッシュのアードベッグです。
「そうそう、こういうので良いんだよ」
飲んで一番最初に思い浮かんだ感想が、この一言でした。

2015年の蒸留所創業200周年記念を除くと、これまでの3年間のリリースは、
2016年:ダークコーヴ(ダークシェリーカスク原酒)
2017年:ケルピー(ヴァージンオークカスク原酒)
2018年:グルーヴス(ヘビーリチャー・ワインカスク原酒)
と、通常のオフィシャル10年と同様のバーボン樽熟成原酒をベースとしつつ、そこに何らかの樽由来の強烈な個性を持った原酒をブレンドする方向で仕上げられていました。

2016年のダークコーヴは、バーボン樽とシェリー樽(恐らくPXに類するもの)の組み合わせという元々実績のあるもので、まだなんとか・・・でしたが、ケルピー、グルーヴスはお祭り気分で悪ノリしてしまったのか、新樽、ワインのヘビーチャー、樽由来のネガな部分が出やすいチャレンジングなものが使われたこともあり、元々の味わいともあまりマッチしていない。限定品として1回楽しむなら良いけれど、定番品として飲みたいかと言われたら答えはノーでした。

一方、今回のアードベッグ ドラムですが、ベースとなる原酒とフィニッシュで使われたラム樽由来の風味のバランスが、ここ数年で一番と言えるレベルにまとまっています。
強くピーティーで島要素もたっぷり含んだ現行アードベッグのハウススタイルは、完成度こそ高いものの主張の強さから飲み疲れることもしばしば。そうした個性をラム樽由来のジャムような粘性と濃度のある甘酸っぱさがコーティング。イメージは、男性的なスタイルのアードベッグと、南国衣装に身を包んだ女性的なラムが手を取り合って踊るような・・・なんとも楽しい気分で飲み進めることが出来ました。

天国を知るためには、地獄を知っておかなければならない。
例えが些か過剰とは思いますが、アードベッグ・ドラムの向こうに南国が見えたのは、きっとこれまでのリリースの影響も少なからずあったのでしょう。


IMG_20190605_182929
(今年のテーマはカーニバル。確かに楽しくなる味わいだった。上記経緯から期待していなかったものの、良い意味で裏切られた愛好家は少なくなかった模様。)

これまでの3作は強烈な個性を持った原酒を新たに作って、バーボン樽熟成の原酒にブレンドする方法をとっていましたが、今年からフィニッシュに手法を切り替えたのも、仕上がりの違い、全体的な熟成感の向上に繋がっているのかもしれません。

フィニッシュに使われたラム樽は、アメリカで作られるラムの空き樽とのことですが、ディアジオ繋がりだとキャプテンモルガン(アメリカ・ヴァージン諸島)でしょうか。
仮にそうだとすると、主たるところはアメリカンオークです。ベースのバーボン樽原酒とは樽材が共通であり、ラムの風味も甘味とフルーティーさですから、それぞれ共通項が架け橋になって最終的な香味のまとまりの良さ、ハイボールにした時の伸びの良さに繋がったのではと考えています。

アードベッグドラムは、過去のリリース同様アードベッグ・コミッティ向けにカスクストレングスもリリースされています。
加水仕様が予想外に良かっただけに、これはコミッティ向けも是非飲んでおきたいですね。






このページのトップヘ

見出し画像
×