カテゴリ

カテゴリ:クラガンモア

クラガンモア 2004-2016 ディスティラーズエディション 40%

カテゴリ:
CRAGGANMORE
Distillers Edition 
Double Matured 
Distilled 2004
Bottled 2016
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:干し草のような乾いた植物感、アメリカンオークの癖とシロップの甘いアロマ、徐々に麦芽香もある。

味:スムーズな口当たりからほろ苦い麦芽風味、キャラメリゼ。干し草、やや薄めだがじわじわと土ぽいピートが染み込むようにほろ苦い味わいと共に感じられる。
余韻はスモーキーでビター、えぐみがある。カカオパウダー、アーモンド、を思わせるタンニンがはっきり感じられ、長く続く。

ルビーポートワイン樽で追加熟成されたためか、甘みに加えタンニンやえぐみといったニュアンスもスタンダードリリース以上に付与されている。今年のリリースは後者が少々強いイメージだが、40%加水でそれをまとめている印象。水を加えると甘みがより薄く、水っぽくなってしまう。


クラガンモアと言えば派手さはないが、華やかで柔らかい、麦芽風味主体のモルト。スペイサイドモルトですが、ハイランド的な特性が強く感じられます。
オールドボトルは特にそのニュアンスがわかりやすく、それがらしさとして感じられるところ。このダブルマチュアードはそうした酒質をベースに樽感が付与されているため、時に別物という仕上がりを見せることもあります。

今回の2017年流通品は、テイスティング記載の通りルビーポート樽由来と思しき甘み、それ以上にタンニンや樽のニュアンスが強く、いい部分も悪い部分も含めて、らしさはあまり強くない1本だなと感じます。
では蒸留所のらしさはさておき、全体の完成度はというと、小さくまとまっているイメージで、個人的にはこれもあと一手ほしい、中途半端さが。。。
結局のところ、クラガンモアという蒸留所は特別クオリティの高い樽に当たらない限りは、あまりいじることなく、そのままの特性を伸ばしたほうが良い仕上がりになるのかも。
DSC02365

この一連のダブルマチュアードシリーズは、特に内陸モノは飲み手の好みによらず平均して飲めるだろうというリリースが少なくありません。万人受けというか、特に感動もしない変わりに「美味しいよね」と言ってもらえるクオリティが維持されている。
その中でも今年はダルウィニーに光るモノがある一方、クラガンモアは面白みに欠けると言わざるを得ない出来だと感じました。もっと出来る子だと思うのですが、ここ数年、キラリと光るクラガンモアのニューリリースに出会っていないのは残念です。

クラガンモア12年 1980年代流通 オフィシャルボトル

カテゴリ:

CRAGANMORE 
Years 12 old 
(Speyside) 
1980’s 
43% 750ml 
暫定評価:★★★★★★(6-7) 

香り:甘く麦芽風味主体の香り立ち、パン生地、洋梨、酸味の少ない林檎(王林系)、心地よいエッジの刺激と柔らかいスモーキーさ。香りは膨らんでくるように穏やかに広がる。

味:軽やかなスパイシーさと麦芽風味、乾燥させた麦芽をそのままかじったような白い甘さと香ばしさ。蜂蜜、粥、余韻は序盤の麦芽風味にすりおろし林檎を思わせるフルーティーな甘さが開いて長く続く。


まさに古典的なスコッチモルトのスタイル、 嫌味なく華やかな麦芽風味とすりおろし林檎のようなフルーティーさがしっかりと感じられるボトルで、現行品の穏やかではあるものの特筆して印象の無いモルトに比べると遥かに飲みごたえが感じられます。 
1980年代以前に流通したモルトにはこうした風味の蒸留所が幾つか見られますが、蒸留時期で考えて麦芽品種由来か製造方法の違いか。興味は尽きません。

クラガンモアのオールドボトルは見分け方がいくつかありますが、 以下のように分けられ、そう難しいモノではありません。
1980年代:印字が一部青緑色を帯びている。 左上のCの上にスペイサイド表記。
1990年代:全体的に印字がグレー、黒に統一される。 デザイン一部変更。Cの上にモルト表記。
2005年前後:分割していたラベルの下部分が消滅。
肩ラベルから熟成年数表記消滅。全体的に簡素なデザインに。 
1990年代にはCの上にスペイサイド表記時代とモルト表記時代 があるという話も。ただし自分は確認出来ていない。 スペイサイド表記のほうが古い。

個人的にオススメは1980年代ですが、1990年代のものも「らしさ」の流れを感じることができる仕上がり。 国内オークション市場では流通量が少なく1980年代だと値段もそれなりになってしまうため、 オールドに興味がある方は1990年代から入られるのが良いかな と思います。

クラガンモア ダブルマチュアード 2014年ボトリング 

カテゴリ:
引き続き、2015年春のMHDニューリリーステイスティング。
あ、意外と良いね、というのがこのボトルの素直な感想です。
元々クラガンモアのダブルマチュアードシリーズは異端というか、ちょっといじりすぎ感が個人的にあったので、今回も若干敬遠気味でしたが、飲まず嫌いはイカンですね。
 
CRAGGANMORE
DOUBLE MATURED
Bottled in 2014
(2001-2014)
40% 700ml

IMG_1763
 
暫定評価:★★★★★(5)
 
"乾いたオーク香、カラメル、麦芽の品の良い甘い香り。微かにレーズンを思わせるフルーツ香もある。
口当たりは甘い麦芽風味、シロップ入りの紅茶、ドライアプリコット、徐々にタンニンを感じる。
フィニッシュはビターでドライ、微かにスモーキー。強くはないが長く残る。"
 
 
クラガンモアはしっかりした麦芽感のある蒸留所であり、スペイサイドでありながら、ハイランド的な要素を個人的に感じるウイスキーでもあります。
同蒸留所のPRとしては、"1869年にこの地に設立されて以来、クラガンモア蒸留所は、現在に至るまで当時と同じ設備、ほぼ同じ手法によって製造を続けています。"
ということで、確かにオールドボトルや長期熟成のオフィシャルと現行品12年を比べても、味のベクトルは同じ方向を向いているように思います。
まぁオフィシャル12年に関しては、ラベルが簡素になった分、味も簡素になったかなって感じもありますが(笑)。
 
で、今回のダブルマチュアード。いじりすぎな感もなく、比較的良くまとまっています。
強みはあまり感じませんが、嫌みな点も無いのがポイント。まさに可もなく不可もなく。
ディアジオの技というか、落としどころが見えるようなボトリングです。

個人的にはダルウィニー、オーバン、クラガンモアが、今回のリリース3種の中で"まとまった3兄弟"。
誰が飲んでも美味しいところに落としてきていると思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×