カテゴリ

カテゴリ:値上げ・終売情報

サントリー 響17年と白州12年を2018年6月以降休売 新商品発売も

カテゴリ:
既に多方面から伝え聞いているだけでなく、酒販店によっては告知されている情報ですが、2018年6月に白州12年が、同9月に響17年が休売となります。

これまでは、サントリーの営業サイドが内々に特約店などへ連絡。そこから伝聞を介して情報が広まっており、当ブログでも新商品に関する情報と共に噂を検証する記事を更新していたところ。本日、日経新聞に休売情報が掲載され、いよいよカウントダウンが始まったなという状況です。

日経新聞:サントリー「響17年」販売休止 ウイスキー原酒不足 白州12年も。
ねとらぼ:サントリー「白州12年」「響17年」販売休止へ ウイスキー人気で熟成した原酒が不足

日経新聞によると、休売扱いとなる2銘柄の再販時期は未定。サントリーとしてはこれまで同様積極的な設備投資と企業努力で原酒を確保し、再販を目指すとの姿勢ですが、12年、17年クラスの原酒は設備投資後すぐできるわけではなく、時間が必要であることは言うまでもありません。

仮に2010年ごろからの増産分があるとしても、ラインナップの復活はこのままの市場推移であれば、2025年から2030年くらいまでかかってしまうのではないかと。
そもそも現在使われている原酒が作られた2000年前後は、日本のウイスキー市場が最も苦しかった時期。当然生産も少なかったでしょうから、その当時の原酒で今のブームを乗り切れるはずもなく、休売の判断は時間の問題であったと考えられます。
むしろ早々にエイジングを撤退してしまったニッカウイスキーやキリンに比べれば、持った方だとも思います。


今後の響、白州、そして今回休売対象になっていない山崎の通常ラインナップはそれぞれ
響:ジャパニーズハーモニー、21年、30年
白州:NA、18年、25年
山崎:NA、12年、18年、25年
となり、定価で手に入るかはさておき希望小売価格1万円前後のミドルエイジクラスが、希薄なラインナップになります。

サントリーは、ここに平均酒齢15年程度とされる「響 ブレンダーズチョイス」(2018年9月発売予定・定価1万円程度)を投入予定。17年の代替としての役割を担わせていくようです。
ひょっとすると、ブームによる需要増で両ブランドの品質維持も供給も間に合わず共倒れになるかもしれない中。リリースを安定させるため、白州と響どっちを取るかの二択で響17年をNA仕様にして白州12年向けの原酒も回し、ジャパニーズハーモニーの上位グレードを開発する、といった苦肉の策だったのかもしれません。

参照:Suntory revamps Yamazaki, Hibiki and Hakushu packaging - The Sprits Business (4/27)

ただし白州12年について、海外や免税店向けリリースは継続するのか、今年発売となるProof表記入りで12年750ml仕様の新ラベルに関する情報も出ています。あくまで噂レベルではありますが、今年の秋頃にさらなる発表があるという話も聞いていました。
これが単に響17年の休売と、ブレンダーズチョイスの話のみなのか、それとも何かしらの動きがあるのか。。。
ねとらぼの記事によると、この他のラインナップで休売は予定されてないとのことですが、今回の件、今年1月頃聞いた話は発信源がいくつかあって、ミニマムは白州12年のみでしたが、最大級でサントリーのラインナップ半分くらい入れ替わるレベルの噂だったんですよね。

響17年は、前身となるNA時代を含めると1989年発売。白州12年は1994年発売。いずれにせよ、実に20年以上に渡り展開されたオフィシャルスタンダードが、姿を消すことになります。
特に響17年はジャパニーズブレンデッドの評価を確たるものにしたと言っても過言ではない、ブランドそのもののルーツです。ウイスキーブームが「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉そのものを招いているこの状況。この販売休止を発端に、2018年が2015年のニッカ・ショックに次ぐ、サントリー・ショックの年にならなければ良いのですが。。。

サントリー 響ブレンダーズチョイスを発表 ラインナップ整理の動きも

カテゴリ:
昨日、サントリーが響ブランドの新商品となる「響 BLENDER'S CHOICE」を発表しました。
また、これに合わせて響や白州などの既存ブランドに休売、再編の動きも伝え聞くところ。
今月末にはエッセンスオブサントリー3種も発売される中で、今年は同社の動きに注目する必要がありそうです。

(※リリースされたブレンダーズチョイスについて、既存ラインナップとの比較を含めたテイスティングを掲載しました。)

(※5/15日追記 販売休止について、メディアを通じた情報公開がありました。)


【響 BLENDER'S CHOICE】
発売予定日:2018年9月4日(火)
希望小売価格:10,000円
仕様:ブレンデッドウイスキー
容量:700ml
度数:43%

<構成>
・様々な樽や様々なエイジングの原酒を厳選し、ブレンダーの匠の技でブレンドした特別な一品。
・平均酒齢15年程度、一部30年を超える高酒齢原酒を使用。
・ワイン樽後熟原酒を使用し、甘くまろやかで深みのある味わい。


響ブレンダーズチョイスの新発売は、昨日サントリーが都内で開催した、酒販関係者向けのセミナーで発表されたようです。今後、プレスリリースなども行われると思われます。
ここ最近、サントリーウイスキー絡みではニューリリース、休売、終売、様々な情報が噂レベルで飛び交っておりましたが、まず一つ動きが明らかになったと言うことになります。

その新商品は、現在リリースされている響ジャパニーズハーモニー(JH)のリニューアル・・・というわけではなく、完全に上位グレードとしてのリリースになる模様。メーカー希望小売価格的には現行品の17年とほぼ横並びになるグレードです。
平均酒齢という表現が引っかかりますが、若い原酒から長期熟成原酒までを幅広く使い、どのような味を作り上げるのかは素直に興味があります。
サントリーのノンエイジといっても、美味いブレンドは本当に美味いですからね。

ただ、これを見て思うのは、原酒不足の中で必要な原酒をどこから持ってくるのかということ。そして2015年に響JHがリリースされた後の流れです。
当時も12年が響JHとほぼ同等くらいのグレードにありましたが、その後のラインナップ整理で12年が終売となり、響JHが残ることとなったのは記憶に新しいところ。
同セミナーで響17年が終売になるという発表がされたわけではありませんが、近年のウイスキーブームによる原酒不足から響ブランドのエイジング表記は山崎、白州同様に出荷調整が行われ、入手困難な状況が続いています。
単純な話、12年以上、17年以上という熟成年数や、◯◯樽などという縛りがない方が広く原酒を確保できるため、メーカーとしては品質確保と大量生産がしやすい状況となります。
暫くは様子を見つつ片方をフェードアウトさせる。。。この流れに既視感を感じるのは、自分だけではないはずです。


またこの他、先述の出荷調整に端を発し、一部酒販店舗やBAR等には一部ブランドの再編に関する情報が伝えられ、それが噂として愛好家間を飛び交っているようです。
しかしサントリー社内でかなりレベルの高い箝口令が敷かれているのか、そんな情報は聞いたことがないという説明があったと思えば、酒販サイドによって異なる情報が聞こえてきたりで、はっきりとしない状況が、様々な噂に繋がっているようにも感じます。

その中で、比較的確度が高そうなのが、今回ニューリリースが発表された響の17年と21年の休売、あるいは終売。そして白州エイジングシリーズの順次休売です。(リニューアルするという話もあります。)
あくまで予想ですが、現在のサントリーのブレンデッドの主軸が白州蒸留所の原酒にあり、ニューリリースのブレンダーズチョイスの原酒を確保するため、響の2銘柄と白州のエイジングシリーズを休売とするのは違和感がなく、自然な流れのようにも感じます。
なんせ原酒が仕込まれたのは2000年代初頭、あるいは1990年代後半。生産量を大きく絞っていたウイスキー冬の時代なのですから。
原酒不足が解消されるのはまだまだ先。。。ということなのでしょう。

いずれにせよこの話は、メーカー、ないし酒販店に問い合わせても確たる情報はまだ得られないものと思われます。
何より物不足感も手伝ってブームが過熱しきっているところ、冷静に対応する必要があります。
ニューリリースの響も気になりますし、引き続き自分もアンテナを張っていきたいと思います。

ウィスク・イーがベンリアック社の3ブランド販売終了を発表

カテゴリ:
グレンドロナック、ベンリアック、グレングラッサ。
ウィスク・イーが、日本国内への正規輸入を行なっていたベンリアック社の3蒸留所のラインナップ各種ですが、2017年12月を持って取り扱いを終了することが通知されました。

上記3蒸留所はベンリアック社傘下のブランドで、ウィスク・イーが代理店契約を締結して日本国内への正規輸入を行なっていました。 聞くところでは、社長同士が仲が良く、だいぶ優遇してもらっていた模様。 
ところが昨年、そのベンリアック社をアメリカのブラウンフォーマンが買収。ウィスク・イーとの契約が白紙化されるのではないか、という噂も出ていました。

実際、今年のウイスキーライブでウィスク・イー社のブースはキルホーマンのみ。そうなんだろうなーと思っていた中で、いよいよくるものが来たか、という感じです。
当然ですが、今回の取り扱い終了に伴う対象は上記3銘柄の正規ラインナップ全て。ウィスク・イーのWEBページには10月5日時点でまだラインナップ情報がありますが、結構な数が該当します。
※ウイスク・イー取り扱い蒸留所一覧

さて、ブラウンフォーマンとはアサヒビールが2012年に代理店契約を結んでいるため、今後はアサヒビールを通じてグレンドロナック、ベンリアック、グレングラッサの正規輸入が継続される可能性はあります。
もっとも正規品以外に並行輸入も一定数あるブランドなので、取り扱い終了=直ちに絶滅、終売という訳ではありません。
他方、現在ウィスク・イー経由で販売されているラインナップが、そのまま丸っとタイムロスなく販売継続されるとは考えにくく、一時的に並行品のみの市場流通となって、品薄、値上げ、あるいは他社の話ですがラフロイグ10年カスクストレングスのように国内終売扱いになる可能性は考えられます。

例えば濃厚シェリー系として人気がある、グレンドロナック18年や21年はその筆頭です。
元々同リリースはグレンドロナック蒸留所の休止期間の関係から原酒的に無理をしたリリースが行われており、いつ終売になってもおかしくない銘柄。実際苦労してロットを確保していたようですが、そのウィスク・イーさんの手を離れると・・・。
アサヒビールさんを信用しない訳じゃないですが、自前の銘柄と輸入品、果たしてどちらがを優先するかはこれまでの流れを見ているといささか不安になってしまいます。

まあ流石にベンリアックの10〜12年クラス、グレンドロナック12年シェリーのような人気のあるスタンダードは輸入再開されると思いますが、双方のリミテッドリリースは今以上に並行品任せになってしまうかも。BARや飲食関係の皆様におかれては、売れ筋は押さえておいてもいいかもしれません。
年末年始にかけての商品展開、市場の状況はアンテナを立てて様子を見ていきたいと思います。

最後に。ウィスク・イーの皆様。
これまで関連する多くのリリースや様々なイベント等でお世話になりました!
特に1960〜70年代のフルーティーベンリアックや、1971〜72のベリー感炸裂グレンドロナック等、多くの名作が日本市場に展開されたのはウィスク・イーの働きが大きかったと思いますし、我々世代の飲み手は、そこからファンとなった方々も多くいます。
今後はスプリングバンクやアランなど、他の蒸留所での展開を楽しみにしております。

ニッカ ピュアモルト赤黒が休売 フロムザバレル出荷遅延などの動き

カテゴリ:
先日、ニッカウイスキーのピュアモルト レッド、ブラック、そして竹鶴ピュアモルトNAとフロムザバレルの4種類が、アサヒショップでの取り扱いを終了。合わせて、この4銘柄が終売、生産終了になるのではないかという噂が立ちました。

これらは2015年9月に起こったラインナップの大幅整理、"ニッカショック"を生き延びた銘柄の1部。特にピュアモルトレッド、ブラック、そしてフロムザバレルは1980年代の発売以来、ブランドが継続しているベテラン選手で、コアなファンの多い銘柄でもあります。
このウワサ、信頼できる酒販関係ルートから真偽を確認してもらったところ、どうやら以下となる模様。現時点ではメーカー発表の公式文章が無いため、ご判断は皆様にお任せいたしますが、確認した限りでは1984年から始まったピュアモルトシリーズ、約30年の歴史に一旦幕が引かれるようです。


【休売】
・ピュアモルト ブラック 500ml 43%
・ピュアモルト レッド 500ml 43%

【出荷遅延の可能性】
・フロムザバレル 500ml 51.4%

【現時点で不明】
・竹鶴ピュアモルトNA 700ml 43%

【数量限定で再販(3/28)】
・ブラックニッカ ブレンダーズ・スピリット 700ml 43%

IMG_2520
(発売当初のピュアモルトブラック、レッド。余市、宮城峡のモルトに加え、輸入原酒を使って仕上げたことで、ジャパニーズらしからぬ個性を楽しむことが出来た。)

しかしなぜ急にラインナップ整理があったのか。
自分の勝手な推察ですが、今回の動きには「世界的なウイスキーブームによる、輸入原酒の高騰」と「ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの再販に伴う原酒の調達」、大きく2つの背景があるものと考えています。

まず、ニッカのピュアモルトシリーズは、発売当時は海外からの輸入原酒(バルクウイスキー)が使われていました。当時のボトルからは黒はカリラ、赤はベンネヴィスかトマーティン、白はボウモアベースのアイラモルトのニュアンスが感じられます。
その後現行に至るにつれ、黒は余市ベース、赤は宮城峡ベースをより強くし、徐々に使用比率は落ちていったようですが、完全にゼロになったわけではないのではと。
そうした中、近年では世界的なウイスキーブームからバルクウイスキーが徐々に価格が上がっており、生産の継続が困難となったことから、価格が落ち着くまで「休売」という処置を取ったのではないでしょうか。
終売ではなく、一時的な休売としたところにニッカ(あるいはアサヒビール)の最後の抵抗が感じられるようです。

また、上記休売とフロムザバレルの生産調整で浮いた原酒は、3月28日に再販されるブレンダーズスピリットの生産に回す。これにより、一時的にアサヒショップでの取り扱いも困難となった・・・という流れは矛盾も無いように感じます。
竹鶴ノンエイジの取り扱いが無くなったのも、こうした背景から生産調整によるところなのかもしれません。
随分と自転車操業感の漂う話であり、そこまで逼迫しているとも思えませんが。。。

そして何より驚きはブレンダーズスピリットです。
再販ということは、発売から3ヶ月足らずで14万本を売り切ったということ。確かにあの価格であの味わいは驚異的ではあったものの、実態を目の当たりにすると驚きを隠せません。
今回の再販は通常ラインナップとして発売されるというわけではなく、あくまでも限定品扱い。現在は酒販業者毎に販売予約を受け付けている状況で、予約多数の場合は抽選になるのだとか。
再販分がどの程度あるのかまではわかりませんでしたが、この再販決定がこれらのラインナップに影響を与えた可能性は否定できないと感じます。

以上、推測混じりですが、今後の動きも引き続きアンテナを広げて情報収集していこうと思います。
また何かわかりましたら記事にしていきます。

ベンリアック 12年 シェリーウッド ついに終売へ

カテゴリ:
シングルモルトウイスキーの入門者向けとして、あるいは愛好者のデイリーユースとして親しまれてきた「ベンリアック12年シェリーウッド」が、メーカー生産終了に伴い、国内在庫限りで終売となるという知らせが先日届きました。

BENRIACH
Aged 12 Years
Matured in Sherry Wood
46% 700ml

【テイスティングノート】
ややドライでウッディーなニュアンスがあるが、スワリングしているとホットケーキシロップのような甘い香りに微かにレーズンを思わせる酸味が混じってくる。口に含むとキャラメルやカステラを思わせる甘み、ドライプルーン。ボディはやや軽めだが、度数があるので安定している。余韻は序盤の甘みに適度にウッディーな渋みを伴いゆっくりと消えていく。


ベンリアック蒸留所を買収したビリー・ウォーカー氏によるブランド一新の流れの中、シェリー樽100%の同銘柄が発売されたのは2009年のこと。
当時オフィシャルの同価格帯でシェリー系と言えばマッカラン、そしてグレンファークラスの12年。味が落ちたと評されて久しい両銘柄の"ポスト"として、時に比較されながら、らしい甘みとウッディーな香味で「コスパの良いシェリー系ウイスキー」の地位を確立していきました。

その後、2014年頃のラベルチェンジで、シェリー樽由来の甘みがドライでスパイシーな傾向に変化こそしましたが、それでも「初めに飲むならこの1本」と、オススメボトルの一つに挙げる愛好家も多かったと認識しています。
そんな人気ブランドが終売となる背景には、昨年の売却で経営母体が変わったことによる方針変更、あるいはシェリー樽の高騰・不足が顕著ということなのでしょうか。。。
まさに惜しまれつつ引退する名選手となってしまうわけですが、事実は受け止めるしかありません。この記事では今後愛好家が求める"ポスト・ベンリアック12年シェリーウッド"の候補となるボトルをいくつか書き出して、結びとします。 

まず同系列のグレンドロナック12年。ペドロヒメネス樽を使っている関係か、甘みが強く少し椎茸っぽいニュアンスが混じるようにも感じますが、紹介するまでも無く鉄板です。
後はシェリー樽100%ではないものの良い仕事をしているダルモア12年、飲みごたえは少し緩いですがシェリー樽の香味が豊富なアベラワー12年、タムデュー10年がその次点に続く。
また、ベンリアックのポストというには多少癖がありますが、クリーミーさが魅力のエドラダワー10年も悪くない。ブレンデッドではネイキッドグラウス12年もオススメです。

もし上記のボトルの経験が無いという方は、ベンリアックの在庫を買い求める以外に新しい発見のきっかけとして、色々試して見る良い機会ではないかと思います。


このページのトップヘ

見出し画像
×