カテゴリ

カテゴリ:値上げ・終売情報

ウィスク・イーがベンリアック社の3ブランド販売終了を発表

カテゴリ:
グレンドロナック、ベンリアック、グレングラッサ。
ウィスク・イーが、日本国内への正規輸入を行なっていたベンリアック社の3蒸留所のラインナップ各種ですが、2017年12月を持って取り扱いを終了することが通知されました。

上記3蒸留所はベンリアック社傘下のブランドで、ウィスク・イーが代理店契約を締結して日本国内への正規輸入を行なっていました。 聞くところでは、社長同士が仲が良く、だいぶ優遇してもらっていた模様。 
ところが昨年、そのベンリアック社をアメリカのブラウンフォーマンが買収。ウィスク・イーとの契約が白紙化されるのではないか、という噂も出ていました。

実際、今年のウイスキーライブでウィスク・イー社のブースはキルホーマンのみ。そうなんだろうなーと思っていた中で、いよいよくるものが来たか、という感じです。
当然ですが、今回の取り扱い終了に伴う対象は上記3銘柄の正規ラインナップ全て。ウィスク・イーのWEBページには10月5日時点でまだラインナップ情報がありますが、結構な数が該当します。
※ウイスク・イー取り扱い蒸留所一覧

さて、ブラウンフォーマンとはアサヒビールが2012年に代理店契約を結んでいるため、今後はアサヒビールを通じてグレンドロナック、ベンリアック、グレングラッサの正規輸入が継続される可能性はあります。
もっとも正規品以外に並行輸入も一定数あるブランドなので、取り扱い終了=直ちに絶滅、終売という訳ではありません。
他方、現在ウィスク・イー経由で販売されているラインナップが、そのまま丸っとタイムロスなく販売継続されるとは考えにくく、一時的に並行品のみの市場流通となって、品薄、値上げ、あるいは他社の話ですがラフロイグ10年カスクストレングスのように国内終売扱いになる可能性は考えられます。

例えば濃厚シェリー系として人気がある、グレンドロナック18年や21年はその筆頭です。
元々同リリースはグレンドロナック蒸留所の休止期間の関係から原酒的に無理をしたリリースが行われており、いつ終売になってもおかしくない銘柄。実際苦労してロットを確保していたようですが、そのウィスク・イーさんの手を離れると・・・。
アサヒビールさんを信用しない訳じゃないですが、自前の銘柄と輸入品、果たしてどちらがを優先するかはこれまでの流れを見ているといささか不安になってしまいます。

まあ流石にベンリアックの10〜12年クラス、グレンドロナック12年シェリーのような人気のあるスタンダードは輸入再開されると思いますが、双方のリミテッドリリースは今以上に並行品任せになってしまうかも。BARや飲食関係の皆様におかれては、売れ筋は押さえておいてもいいかもしれません。
年末年始にかけての商品展開、市場の状況はアンテナを立てて様子を見ていきたいと思います。

最後に。ウィスク・イーの皆様。
これまで関連する多くのリリースや様々なイベント等でお世話になりました!
特に1960〜70年代のフルーティーベンリアックや、1971〜72のベリー感炸裂グレンドロナック等、多くの名作が日本市場に展開されたのはウィスク・イーの働きが大きかったと思いますし、我々世代の飲み手は、そこからファンとなった方々も多くいます。
今後はスプリングバンクやアランなど、他の蒸留所での展開を楽しみにしております。

ニッカ ピュアモルト赤黒が休売 フロムザバレル出荷遅延などの動き

カテゴリ:
先日、ニッカウイスキーのピュアモルト レッド、ブラック、そして竹鶴ピュアモルトNAとフロムザバレルの4種類が、アサヒショップでの取り扱いを終了。合わせて、この4銘柄が終売、生産終了になるのではないかという噂が立ちました。

これらは2015年9月に起こったラインナップの大幅整理、"ニッカショック"を生き延びた銘柄の1部。特にピュアモルトレッド、ブラック、そしてフロムザバレルは1980年代の発売以来、ブランドが継続しているベテラン選手で、コアなファンの多い銘柄でもあります。
このウワサ、信頼できる酒販関係ルートから真偽を確認してもらったところ、どうやら以下となる模様。現時点ではメーカー発表の公式文章が無いため、ご判断は皆様にお任せいたしますが、確認した限りでは1984年から始まったピュアモルトシリーズ、約30年の歴史に一旦幕が引かれるようです。


【休売】
・ピュアモルト ブラック 500ml 43%
・ピュアモルト レッド 500ml 43%

【出荷遅延の可能性】
・フロムザバレル 500ml 51.4%

【現時点で不明】
・竹鶴ピュアモルトNA 700ml 43%

【数量限定で再販(3/28)】
・ブラックニッカ ブレンダーズ・スピリット 700ml 43%

IMG_2520
(発売当初のピュアモルトブラック、レッド。余市、宮城峡のモルトに加え、輸入原酒を使って仕上げたことで、ジャパニーズらしからぬ個性を楽しむことが出来た。)

しかしなぜ急にラインナップ整理があったのか。
自分の勝手な推察ですが、今回の動きには「世界的なウイスキーブームによる、輸入原酒の高騰」と「ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの再販に伴う原酒の調達」、大きく2つの背景があるものと考えています。

まず、ニッカのピュアモルトシリーズは、発売当時は海外からの輸入原酒(バルクウイスキー)が使われていました。当時のボトルからは黒はカリラ、赤はベンネヴィスかトマーティン、白はボウモアベースのアイラモルトのニュアンスが感じられます。
その後現行に至るにつれ、黒は余市ベース、赤は宮城峡ベースをより強くし、徐々に使用比率は落ちていったようですが、完全にゼロになったわけではないのではと。
そうした中、近年では世界的なウイスキーブームからバルクウイスキーが徐々に価格が上がっており、生産の継続が困難となったことから、価格が落ち着くまで「休売」という処置を取ったのではないでしょうか。
終売ではなく、一時的な休売としたところにニッカ(あるいはアサヒビール)の最後の抵抗が感じられるようです。

また、上記休売とフロムザバレルの生産調整で浮いた原酒は、3月28日に再販されるブレンダーズスピリットの生産に回す。これにより、一時的にアサヒショップでの取り扱いも困難となった・・・という流れは矛盾も無いように感じます。
竹鶴ノンエイジの取り扱いが無くなったのも、こうした背景から生産調整によるところなのかもしれません。
随分と自転車操業感の漂う話であり、そこまで逼迫しているとも思えませんが。。。

そして何より驚きはブレンダーズスピリットです。
再販ということは、発売から3ヶ月足らずで14万本を売り切ったということ。確かにあの価格であの味わいは驚異的ではあったものの、実態を目の当たりにすると驚きを隠せません。
今回の再販は通常ラインナップとして発売されるというわけではなく、あくまでも限定品扱い。現在は酒販業者毎に販売予約を受け付けている状況で、予約多数の場合は抽選になるのだとか。
再販分がどの程度あるのかまではわかりませんでしたが、この再販決定がこれらのラインナップに影響を与えた可能性は否定できないと感じます。

以上、推測混じりですが、今後の動きも引き続きアンテナを広げて情報収集していこうと思います。
また何かわかりましたら記事にしていきます。

ベンリアック 12年 シェリーウッド ついに終売へ

カテゴリ:
シングルモルトウイスキーの入門者向けとして、あるいは愛好者のデイリーユースとして親しまれてきた「ベンリアック12年シェリーウッド」が、メーカー生産終了に伴い、国内在庫限りで終売となるという知らせが先日届きました。

BENRIACH
Aged 12 Years
Matured in Sherry Wood
46% 700ml

【テイスティングノート】
ややドライでウッディーなニュアンスがあるが、スワリングしているとホットケーキシロップのような甘い香りに微かにレーズンを思わせる酸味が混じってくる。口に含むとキャラメルやカステラを思わせる甘み、ドライプルーン。ボディはやや軽めだが、度数があるので安定している。余韻は序盤の甘みに適度にウッディーな渋みを伴いゆっくりと消えていく。


ベンリアック蒸留所を買収したビリー・ウォーカー氏によるブランド一新の流れの中、シェリー樽100%の同銘柄が発売されたのは2009年のこと。
当時オフィシャルの同価格帯でシェリー系と言えばマッカラン、そしてグレンファークラスの12年。味が落ちたと評されて久しい両銘柄の"ポスト"として、時に比較されながら、らしい甘みとウッディーな香味で「コスパの良いシェリー系ウイスキー」の地位を確立していきました。

その後、2014年頃のラベルチェンジで、シェリー樽由来の甘みがドライでスパイシーな傾向に変化こそしましたが、それでも「初めに飲むならこの1本」と、オススメボトルの一つに挙げる愛好家も多かったと認識しています。
そんな人気ブランドが終売となる背景には、昨年の売却で経営母体が変わったことによる方針変更、あるいはシェリー樽の高騰・不足が顕著ということなのでしょうか。。。
まさに惜しまれつつ引退する名選手となってしまうわけですが、事実は受け止めるしかありません。この記事では今後愛好家が求める"ポスト・ベンリアック12年シェリーウッド"の候補となるボトルをいくつか書き出して、結びとします。 

まず同系列のグレンドロナック12年。ペドロヒメネス樽を使っている関係か、甘みが強く少し椎茸っぽいニュアンスが混じるようにも感じますが、紹介するまでも無く鉄板です。
後はシェリー樽100%ではないものの良い仕事をしているダルモア12年、飲みごたえは少し緩いですがシェリー樽の香味が豊富なアベラワー12年、タムデュー10年がその次点に続く。
また、ベンリアックのポストというには多少癖がありますが、クリーミーさが魅力のエドラダワー10年も悪くない。ブレンデッドではネイキッドグラウス12年もオススメです。

もし上記のボトルの経験が無いという方は、ベンリアックの在庫を買い求める以外に新しい発見のきっかけとして、色々試して見る良い機会ではないかと思います。


ニッカウイスキー 余市 宮城峡にラインナップ整理の動き

カテゴリ:
昨年8月末、愛好家の阿鼻叫喚の中で余市と宮城峡のラインナップリニューアルが行われ、現在の熟成年数表記なしのNA仕様に切り替わってから1年。 この余市と宮城峡に再びラインナップ整理の動きがあるようです。

img01
画像引用:http://beer.asahishop.net/whisky/ym_minibottle/index.php

現在、余市、宮城峡はそれぞれ700ml、500ml、180ml、50mlが販売されていますが、 2016年8月末をもって500ml、180ml、50mlが終売。
700mlのみのラインナップになるという情報が、信頼できるウイスキー仲間経由で入ってきました。 

ミニサイズは売れなかったのか、それとも原酒をを700mlに集約するためか・・・。
あるいは昨年のリニューアルは、実質的には値上げに近いラインナップ整理だったので、お試し用に500ml、180mlなどを用意していたものの、1年経過してもう役目を終えたと判断したのか。
同じ原酒量を捌くにしても、作る種類は少ないほうがコストは減りますから、いろいろ合理的な判断あっての整理なのかなと感じます。 


ちなみに竹鶴の17年と21年は出荷調整中で、年2回しか生産していないという状況なワケですが、今回のラインナップ整理で原酒がまわせるかーなんて一瞬でも考えてしまった自分は愚か者。
今の余市と宮城峡のNAに17年OVERがまとまった量使われている。。。わけがないですよね。

ニューリリースの話も聞かないし、限定品リリースの話もない。
昨年の余市ヘビーピーテッドのような限定品を1年に1本は出して欲しいかったのですが、今年のジャパニーズはクラフト業界が盛り上げているものの、大手2社は値上げ以外の話題のない、寂しい1年になりそうです。
せめて今回の話が、ニューリリースに向けた布石なら良いのですが・・・。

サントリーがウイスキーラインナップを整理 プレ角など生産終了

カテゴリ:
角瓶プレミアム、角瓶(黒43%)、トリスブラック、それぞれ終売(黒角は休売)。
後は銘柄こそなくならないものの、ハーフボトルの商品がいくつかなくなる。
そんな情報が某酒販経由で入ってきました。
 
黒角については既に4月1日の値上げ詳細リストにも記載されていたため、今更感のある話ですが、噂のあったプレミアム角瓶もいよいよ終売。
これで4種類あった角瓶ラインナップが2種類に半減。サントリーで最も売れているラインナップだけに、原酒の選択と集中が進んでいる印象を強く受けます。
まぁ発売された当初は「あれ、以外とモルティーで、確かにプレミアムだね」なんて話をしていたプレ角も、先日久々に飲んでみたところ随分ドライでモルティーさも薄くなったように感じました。
サントリーもマッサン以降は角瓶(黄)推しで復刻版出したり色々やってましたから、黄角と白角のリニューアルに合わせ、フェードアウトするには頃合いなのかもしれません。
 
合わせてトリスブラックも終売になるようです。
これは先日販売されたトリスクラシックへのバーターでしょうね。元々業務用の製品しか残ってなかったようですし、ここらで完全に切り替えと。
個人的に「トリスを知った、ウイスキーを知った」っていうキャッチコピーに、こんな薄っぺらいウイスキーで知ったと言うのはいかがなものか、なんて感情を抱いちゃってるんですが、今後も気軽に飲める晩酌ウイスキーとして幅広いニーズを満たしてほしいと思います。
 
ハーフボトルについてはフルボトルだと購入しづらい消費者に、容量と価格を下げて選択肢を広げる、いわば少しでも消費者を獲得しようとする架け橋的な意味のあった商品。国産商品で幾つか、スコッチではフィディック、ラフロイグ、マッカラン等がありました。
しかしこれだけブームになって消費量も増えたし、モノによっては残しておく理由もないという判断なのだと思います。
数年前のウイスキー市場が嘘のよう、すごい時代になったものです。
 
緊急性をそこまで感じる情報ではないため、現時点ではこれ以上追いかけることはしませんが、愛飲されている方は購入されても良いかもしれませんね。

このページのトップヘ

見出し画像
×