カテゴリ

カテゴリ:ニュース

ジムマーレイ ウイスキーバイブル 2018 ワールドベストはテイラー フォー グレーン12年

カテゴリ:
今年もウイスキー評論家であるジム・マーレイ氏のウイスキーバイブル2018発売と合わせ、同氏の選ぶベストウイスキーが発表されました。

ジム・マーレイ氏についての長々とした前置きは不要でしょう。いわばウイスキー業界のロバートパーカー・・・と言うにはちょっと近年の評価軸が異次元な気がしますが、毎年1000種類弱のウイスキーをテイスティングし、それを独自の視点で評価、発表している色々と突き抜けた方。その評価をまとめたウイスキー・バイブル誌は、発刊から26年目のロングセラーで業界における指標の一つとして確立しています。

ウイスキーバイブルではスコッチウイスキーのみならず、ジャパニーズ、アメリカン、そしてその他の国々と世界中のウイスキーが最高100pt評価の中でポイント付されており、どの銘柄が高評価を受けたかが話題になることも。
その今年の最高得点は、97.5ptでアメリカンウイスキー・バーボン区分から、コロネルEHテイラー フォー グレーン 12年でした。
Colonel E.H. Taylor Four Grain 750ml  50%

「お、おう」という感想が、コメント欄になくともモニタ越しに伝わってきそうですが、すいません私もそう感じた一人です(笑)。
ただまあテイラーのバーボンは美味しいものが多いので、納得できないわけじゃなく。それでも違和感を感じてしまうのはスコッチタイプウイスキーを普段の軸にしている故か、あるいは近年の評価の動向の変化によるところかもしれません。

近年のワールドベストは、2016のカナディアンウイスキー「クラウンローヤル・ノーザンハーベスト・ライ」に始まり、2017年は「ブッカーズ・ライ」と、大陸側の酒(ライや小麦を使った軽快な甘み、あるいは華やかなタイプ) が選出される傾向が続いていて、ジムマーレイ氏の個人的な好みとして、そうしたジャンル、感銘に近い何かを受けているのかもしれません。

ワールドベストに続いて、2ndベストにはアイリッシュからレッドブレスト21年が、3rdベストにはスコッチモルトからグレングラント18年がランクイン。
レッドブレスト21年は飲んでいませんが、12年や25年などの傾向から樽感の中にアイリッシュ系のケミカルなフルーティーさ、ある種の華やかさがあるボトルかなと推察。グレングラント18年は昨年もトップ3に入っており、オーキーで華やかな香味は愛好家からの評価も高いボトルですね。



この他、今回のベストウイスキーだけでなく、ジャパニーズ部門のWinnerがカフェグレーン、カフェモルトであるあたり等から、やはりにジムマーレイ氏にとってのホットジャンルが、こういうバーボン、グレーンの穀物タイプなのかなと感じます。

以下は各カテゴリー別に選出されたベストウイスキーとなります。 
あくまで一個人の評価ですのでこれをもって何とするものでもないと思いますが、こういうリリースもあるのかと見てみるのも面白いですよ。


A world of Whisky Bible winners
【Scotch Whisky】
Scotch Whisky of the Year: Glen Grant Aged 18 Years Rare Edition
Single Malt of the Year (Multiple Casks): Glen Grant Aged 18 years Rare Edition
Single Malt of the Year (Single Cask): Cadenhead’s Glendullan 20 Year Old
Scotch Blend of the Year: Compass Box The Double Single
Scotch Grain of the Year: Cambus Aged 40 Years
Scotch Vatted Malt of the Year: Compass Box 3 Year Old Deluxe
Single Malt Scotch No Age Statement (Multiple Casks): Ardbeg Corryvreckan
10 Years & Under (Multiple Casks): Glen Grant Aged 10 Years
10 Years & Under (Single Cask): Scotch Malt Whisky Society Tomatin Cask 11.32 8 Year Old
11-15 Years (Multiple Casks): Gordon & MacPhail Ardmore 2002
11-15 Years (Single Cask): That Boutique-y Whisky Co. Clynelish 15 year Old
16-21 Years (Multiple Casks): Glen Grant Aged 18 years Rare Edition
16-21 Years (Single Cask): The First Edition Ardmore
Aged 20 Years 22-27 years (Multiple Casks) Sansibar Whisky Glen Moray 25 years Old
22-27 Years (Single Cask): Hunter Laing’s Old & Rare Auchentoshan 24 Year Old
28-34 Years (Multiple Casks): Glen Castle Aged 28 years
28-34 Years (Single Cask): Old Particular Glenturret 28 Year Old
35-40 Years (Multiple Casks): Brora Aged 38 years
35-40 Years (Single Cask): Xtra Old Particular Caol Ila 36 Year Old
41 Years & Over (Multiple Casks): Gordon & MacPhail Glen Grant 1957

【Blended Scotch】
No Age Statement (Standard): Ballantine’s Finest
No Age Statement (Premium): Compass Box The Double Single
5-12 Years: Grant’s Aged 12 Years
13-18 Years: Ballantine’s Aged 17 Years
19-25 Years: Royal Salute 21 Years Old
26-50 Years: The Antiquary Aged 35 Years

【Irish Whiskey】
Irish Whiskey of the Year: Redbreast Aged 21 Years
Irish Pot Still Whiskey of the Year: Redbreast Aged 21 Years
Irish Single Malt of the Year: Bushmills 16 Year Old
Irish Blend of the Year: Bushmills Black Bush
Irish Single Cask of the Year: Dunville’s VR First Edition Aged 15 Years

【American Whiskey】
Bourbon of the Year: Colonel E.H. Taylor Four Grain
Rye of the Year: Thomas H. Handy Sazerac 126.2 Proof
US Micro Whisky of the Year: Balcones Texas Blue Corn Batch BCB 16-1
US Micro Whisky of the Year: (Runner Up) 291 E Colorado Aged 333 Days

【Bourbon】
No Age Statement (Multiple Barrels): George T. Stagg 144.1 Proof
9 Years & Under: Buffalo Trace Experimental Collection Organic 6 Grain Whisky
10 Years & Over: (Multiple Barrels) Colonel E.H. Taylor Four Grain

【Rye】
No Age Statement: Thomas H. Handy Sazerac 126.2 Proof
Up to 10 Years: Pikesville 110 Proof
11 Years & Over: Sazerac 18 Years Old

【Wheat】
Wheat Whiskey of the Year: Bernheim Original

【Canadian Whisky】
Canadian Whisky of the Year: Crown Royal Northern Harvest Rye

【Japanese Whisky】
Japanese Whisky of the Year: Nikka Coffey Malt Whisky
Single Malt of the Year (Multiple Barrels): Nikka Coffey Malt Whisky 

【European Whisky】
European Whisky of the Year (Multiple Barrels): Penderyn Bryn Terfel (Wales)
European Whisky of the year (Single Barrel): The Norfolk Parched (England)

【World Whiskies】
Asian Whisky of the Year: Paul John Kanya (India)
Southern Hemisphere Whisky of the Year: Limeburner’s Dark Winter (Australia)

本ページにおける画像引用元:

笹の川酒造 安積蒸留所が第2回共同カスクオーナーの募集を開始

カテゴリ:
昨年、笹の川酒造と福島屋商店さんのコラボで実施された安積蒸留所の共同カスクオーナー制度。
募集が行われた当時、まだ安積蒸留所からはニューポットの販売もされておらず、すべてが未知数だった状況。にも関わらず最大150口の予定を大きく上回る254名317口の応募があり、急遽樽数を増やして対応したというのですから、やはり自分の樽を持つという特別感、未知のものへの期待感は愛好家の背中を押すのに充分すぎる効果があるということだと思います。


さて、その共同カスクオーナー制度ですが、つい先週末から第二回の募集が開始されました。
今年の募集は100〜150口、2018年の蒸留から5年間の熟成で、価格は1口1万6000円から。
樽は今年もバーボン樽でしょうか。
ボトリング時の仕様は700ml43%の加水シングルカスクで1口あたり2本を予定。オリジナルラベルは別料金で対応と、告知されている内容は、基本的に前回第一回と同じ仕様となっています。 

笹の川酒造×福島屋商店 共同カスクオーナー制度「琥珀色の浪漫」
※参加登録ページは以下からとなります。



樽詰めされる安積蒸留所のニューポットは、少し田舎っぽさのあるオーソドックスなタイプ。酸味と程よい雑味を感じるアロマ。口当たりに柔らかいコクのあるモルティーな甘み、香ばしさがあって「いいんじゃない?」と言いたいところですが。。。
日常的に行われる試行錯誤や、今年からノンピートに加えてピーテッドモルトの仕込みも始められており、2018年にはこれまでとは違った仕上がりのニューポットが作られる可能性は高いと感じます。
(2016年12月と2017年1月に仕込まれたニューポット。後者の方が嫌味な部分が少なく感じられる。)

それはピーテッド、ノンピートという仕様の根本的な違いというよりも、酒質そのものの変化があるのではないかということ。
現時点で蒸留時期の異なる複数種類の安積蒸留所のニューポットを飲んでいますが、雑味がクリアになっていたり、コクがあったりと、ウイスキー作りの経験が詰まれる中で酒質のブレを繰り返しながら、徐々に洗練されてきている印象も受けます。
それはイチローズモルトの秩父しろ、厚岸にしろ、津貫にしろ・・・全てのクラフトにあることで、ポットスチルや設備の癖的な理解をはじめ、ウイスキーの作り手が常に良いモノを求めて工夫を続けているからに他なりません。
こうした変化を味わう意味で、第一回目に参加されている方が引き続き参加されるのも面白いかもしれませんね。

ちなみに自分も今回の募集に一口応募していて、手続き待ちです。
ボトリングされるのは2023年。ウイスキー業界はどのようになっているのか、そして我々はどのように年を重ねているのでしょうか。


【以下、ご参考】
笹の川酒造、安積蒸留所の紹介については以前記事化していますので、そのリンクも貼らせて頂きます。

第一回募集記事と蒸留所(熟成環境)等の紹介記事。
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1062846773.html
   
安積蒸留所 ニューポットのテイスティング記事
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1064108877.html

また、他のサイトとなりますが、第一回の共同オーナー制度に参加され、その後同蒸留所を見学、個別に取材をされた方の記事が大変良くまとまっておりますので紹介させていただきます。
笹の川酒造では、共同オーナーを対象とした交流会、現地見学会を今年の3月に開催しており、その模様もまとめられているのでオーナーになる楽しみの一つもイメージしやすいかなと思います。

クラウドファンディングの現場から ~福島・ウイスキー共同樽オーナープロジェクト~
http://www.actzero.jp/social/report-21210.html


前回のオーナー募集の際は、当ブログの記事がきっかけとなって参加された方が結構いらっしゃったそうです。元郡山市民として、地域活性化にも繋がる活動を応援出来て嬉しいですね。
自分は日本全体のウイスキー文化の発展もさることながら、縁のある土地にウイスキー文化が根付いて、そこで作られたウイスキーを飲むのも楽しみの一つ。
笹の川酒造さんの活動は、引き続き応援を兼ねて紹介していきたいです。

ウィスク・イーがベンリアック社の3ブランド販売終了を発表

カテゴリ:
グレンドロナック、ベンリアック、グレングラッサ。
ウィスク・イーが、日本国内への正規輸入を行なっていたベンリアック社の3蒸留所のラインナップ各種ですが、2017年12月を持って取り扱いを終了することが通知されました。

上記3蒸留所はベンリアック社傘下のブランドで、ウィスク・イーが代理店契約を締結して日本国内への正規輸入を行なっていました。 聞くところでは、社長同士が仲が良く、だいぶ優遇してもらっていた模様。 
ところが昨年、そのベンリアック社をアメリカのブラウンフォーマンが買収。ウィスク・イーとの契約が白紙化されるのではないか、という噂も出ていました。

実際、今年のウイスキーライブでウィスク・イー社のブースはキルホーマンのみ。そうなんだろうなーと思っていた中で、いよいよくるものが来たか、という感じです。
当然ですが、今回の取り扱い終了に伴う対象は上記3銘柄の正規ラインナップ全て。ウィスク・イーのWEBページには10月5日時点でまだラインナップ情報がありますが、結構な数が該当します。
※ウイスク・イー取り扱い蒸留所一覧

さて、ブラウンフォーマンとはアサヒビールが2012年に代理店契約を結んでいるため、今後はアサヒビールを通じてグレンドロナック、ベンリアック、グレングラッサの正規輸入が継続される可能性はあります。
もっとも正規品以外に並行輸入も一定数あるブランドなので、取り扱い終了=直ちに絶滅、終売という訳ではありません。
他方、現在ウィスク・イー経由で販売されているラインナップが、そのまま丸っとタイムロスなく販売継続されるとは考えにくく、一時的に並行品のみの市場流通となって、品薄、値上げ、あるいは他社の話ですがラフロイグ10年カスクストレングスのように国内終売扱いになる可能性は考えられます。

例えば濃厚シェリー系として人気がある、グレンドロナック18年や21年はその筆頭です。
元々同リリースはグレンドロナック蒸留所の休止期間の関係から原酒的に無理をしたリリースが行われており、いつ終売になってもおかしくない銘柄。実際苦労してロットを確保していたようですが、そのウィスク・イーさんの手を離れると・・・。
アサヒビールさんを信用しない訳じゃないですが、自前の銘柄と輸入品、果たしてどちらがを優先するかはこれまでの流れを見ているといささか不安になってしまいます。

まあ流石にベンリアックの10〜12年クラス、グレンドロナック12年シェリーのような人気のあるスタンダードは輸入再開されると思いますが、双方のリミテッドリリースは今以上に並行品任せになってしまうかも。BARや飲食関係の皆様におかれては、売れ筋は押さえておいてもいいかもしれません。
年末年始にかけての商品展開、市場の状況はアンテナを立てて様子を見ていきたいと思います。

最後に。ウィスク・イーの皆様。
これまで関連する多くのリリースや様々なイベント等でお世話になりました!
特に1960〜70年代のフルーティーベンリアックや、1971〜72のベリー感炸裂グレンドロナック等、多くの名作が日本市場に展開されたのはウィスク・イーの働きが大きかったと思いますし、我々世代の飲み手は、そこからファンとなった方々も多くいます。
今後はスプリングバンクやアランなど、他の蒸留所での展開を楽しみにしております。

ソサイエティ・ジャパンのボトルリストがヤバすぎる件

カテゴリ:
「〜〜がヤバすぎる」なんてタイトル、中身の薄いWEBマガジンみたいで使いたくはなかったのですが、正直この記事についてはこれ以上に適切な表現が見当たらず、あえてこの表現を使うことにします。

このブログを読まれている方々に「ソサイエティとは」なんて話はもはや説明不要かと存じますが、念のため一言で言えば、ソサイエティことThe Scotch Malt Whisky Societyは世界規模の会員制のボトラーズメーカー。会員になることで、定期的にリリースされるオリジナルボトルの購入や関連サービスを受ける事ができるものとして、ざっくり理解してもらえればと思います。 

これまで、ソサイエティの日本支部は、ウィスク・イーが運営していましたが、昨年ソサイエティ本体の経営母体が変わったことを受け、日本支部もまた新たに設立されるザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサイエティ・ジャパン(以下、ソサイエティ・ジャパン)へと移行することが、本年2月に発表されていました。
そしてつい先日、ソサイエティ・ジャパンから、新体制での記念すべき第一弾となるボトルリストが届いたわけですが・・・この内容が一言で「ヤバイ」と、愛好家の間で話題になっているわけです。

元々、ソサイエティのボトルは蒸留所名が独自のナンバリングで表記されていたり、テイスティングコメントも「ポエム」的な表現が多用されているなど、オリジナリティ溢れるところが魅力の一つでした。

上の画像は、昨年末に配布されたボトルリストの一部です。
ソサイエティのNo.3はボウモアで、「マハルでのロマンチックなピクニック」「マハルの野草や花々をさざ波のようにふるわせる優しい潮風」などのコメントに、色合いが「結婚指輪のゴールド」とか、人前で話すと赤面してしまう程度にはポエミーです。
でもまあ感じるところがあるというか、ある種のネタというか、その他のコメントやスペックから想定できる部分も多く、それも含めてソサイエティボトルの魅力と言えます。

では、これが体制変更によりどう変わったか。前置きが長くなりましたが、先日届いた新体制後の初会報、ボトルリストの「完璧なテイスティングコメント」をご覧ください。


No,29.206 ラフロイグ
投光照明石油掘削装置ムーンプール。
ポパイ、トラガルファーにて。
未知のハーブ。
トラガルファーで敵の船を燃やす。
シャクルトン小屋の乾燥ペンギン。
秋のアダムとイヴより汚い楽しみ。
確実に、目玉が転がり。。。
我々の想像を超える何かであり、様々な意味で今回のリストにおけるベストボトルであることは間違いない。

No,53.240 カリラ
No,66.91 アードモア
ストレートでパーティーディナー、加水でデザート、仲の良い友人で集まった楽しい時間まで内包するカリラのコメントを締めくくる「16年間エックスバーボン樽」。
アードモアの「自転車修理店の救急箱のような様々な香り」、「かなりイライラさせるピート」、「減少した味わいに現れる情熱」、「油の中にある甘み(小さな宝石)」。。。
もはやポエムの域を超えている何か。

社会的地位によって何かが変わるアベラワー。工場にトリップして大工と交流することが出来るグレーンウイスキー。

人生は快適さの終わりから始まる。
メキシカンな朝食から始まる。
13年間オロローソ。

ラベルとボトルに関する説明、この辺も中々読み応えがある。
通常シングルカスクしかリリースしないソサイエティの伝統的なブレンド。
味覚審査官がカスクを選び抜き、秘密の検査官が書き記した完璧なテイスティングコメント。
きれいな樽強いウイスキーという何か。

しょっぱなから飛ばし過ぎじゃないですか、ソサイエティさん(笑)。
まあ、ポエムなコメントは以前から大なり小なり名作(迷作)がありましたし、新しい組織における翻訳の手違い等もあるものとしてさておき。
真面目な話、ボトルスペックにカラーチャートや使用樽、さらには度数すら書かれてないのは、選ぶ側からすれば致命的。それでいてソサイエティなのに蒸留所名が書かれており、親切心かもしれませんが会員が求めているのはそこじゃないのでは。。。


どうしてこうなった。現状はこの心境。

新しい組織への移行は混乱がつきもの。ウィスク・イーとの間でもいくつかのトラブルもあったようですが、ユーザーケアは別問題です。
さすがにこれはないと思いたいですが、ソサイエティジャパンの新しい担当者さんは、実はウイスキーに明るくないのか?
今回の一件を通じて逆に興味が湧きました。

5月に開催されるバーショーへにソサイエティジャパンとして出展されるようですが、まず間違いなく注目のブースになると思います。
愛好家の間では様々な意見、想いはあるところですが、ソサイエティ新体制での今後にも、注目していきたいです。

【ご参考:4/25日発売の全ボトルリスト】

ブラックニッカ新商品 クロスオーバー が5月発売 今秋更なる限定品も

カテゴリ:
先日、ブレンダーズスピリット再販を発表したばかりのニッカウイスキーから、新たなブラックニッカ「クロスオーバー」と、さらなる限定リリースの計画が明らかとなりました。

※クロスオーバーの感想、テイスティングレビューはこちら


商品名:ブラックニッカ クロスオーバー
アルコール分:43%
容量:700ml
参考小売価格(税抜):2,000円 
発売:2017年5月23日
※数量限定商品 (11000ケース、132000本限定。)


同銘柄から何かしらリリースが出るかも、という話は噂レベルで聞いていましたが、ブレンダーズスピリット再販があったので、てっきりそのことだろうと思っていました。
それが某酒販店が先行予約の受付ページを開設したことで情報が拡散。報道向け情報でもリリースに関する説明がされ、いよいよ確定路線。
そこまでブラックニッカ一本槍でなくても。。。という気持ちはさておき、ブレンダーズスピリットの出来が良かったので、このリリースも気になるところ。中身の詳細や流通本数など、いつものルートで酒販店向け情報を確認させてもらいました。


ブラックニッカ クロスオーバーは余市蒸留所のヘビーピート原酒に、シェリー樽熟成の原酒をキーモルトとしたブレンデッドウイスキー。後述するもう一つの限定品が宮城峡ベースのようなので、クロスオーバーは余市ベースということなのかもしれません。
以下に引用するメーカーコメントを見ても、ピートフレーバーを強調したリリースであることがわかります。

ハードでありながら芳醇で豊かなコクが楽しめるウイスキーです。
バニラを思わせる甘い香り、モルトの豊かなコクがゆっくりと広がります。複雑で力強いピートの余韻が続きます。

<香り>
バニラを思わせる甘く、軽快なウッディさ。モルティさとピート香が全体を引き締める。
<味わい>
ドライでスモーキーなピートの味わいと熟した果実を連想させる華やかで芳醇な味わい。
モルトの豊かなコクがゆっくりと広がる。
<余韻>
複雑で力強いピートの余韻が続く。

熟した果実のような華やかで芳醇な味わいが感じられたあと、ヘビーピートならではのドライでスモーキーな味わいが感じられることを、「ふたつあるものが交差すること」を意味する"CROSSOVER"という言葉で象徴的に表現しました。


余市ベースのモルティーでスモーキーなウイスキーについては歓迎ですが、気になるのはハードでドライという表現。価格帯から推察するに、長期熟成で樽由来のタンニンが染み込むようなドライさではなく、キレの良い淡麗な意味で使われるドライさと考えるのが妥当か。若い原酒もそれなりに使われているのだと思います。
ちなみに、数量限定販売の本数については酒販向け情報では「数量限定」以上のことは確認できませんでした。このグレードで1000本、2000本の生産とは思えませんので、これまでのブラックニッカ同様結構な量が販売されるのではないでしょうか。


なお、関係者から確認したという情報では、この秋、10月から11月頃に宮城峡原酒をベースとした、フルーティーなブラックニッカのリミテッドリリースも予定されているとのこと。
報道ベースでも今年はブラックニッカから2種類の限定品がリリースされると発表されていますから、1本目はクロスオーバー、2本目が宮城峡ベースのブラックニッカということでしょう。(安易な予想ですが、ボトルの色は赤地のフロストなのではw)

ニッカウイスキーは多くの消費者が手に取りやすい価格帯にブラックニッカブランドを打ち込み、売り上げを大きく伸ばしてきました。
今後は同社のウリである余市蒸留所と宮城峡蒸留所、それぞれのキャラクターを際立てた商品で、個性を楽しんで貰ってファン増やしていく計画か。
こうしてみると、先般噂になったニッカウイスキー関連商品の終売は、これらの生産を優先していくため、ラインの割り当てを変えたことから一部問屋に商品が回りづらくなったということなのかもしれません。
限定品発売に加えて販促キャンペーンも行われるようで、今年のニッカは「ぶらーっく!(某墓場風)」な1年になりそうです。


このページのトップヘ

見出し画像
×