カテゴリ

カテゴリ:カリラ

カリラ 1966-1995 GM センテナリーリザーブ 40%

カテゴリ:
CAOLILA
GORDON & MACPHAIL
CENTENARY RESERVE
Distilled 1966
Bottled 1995
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:サンプルテイスティング@マッスルK
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっとりとしたスモーキーさ。黒土とレザー、乾いた魚介のアクセントうピート香に、ベリーシロップや黒砂糖の甘みが漂う濃厚かつ妖艶なシェリーが融合。ヨード系の薬っぽさ、時間経過で徐々に焦げた木材のようなニュアンスも感じられる。

味:まろやかでスウィート、コクのある口当たり。黒蜜、カカオチョコレート、あるいはダークフルーツケーキのしっとりとした甘みとほのかな酸味。そこに香りと同系統のピートフレーバーや古酒感がある。
余韻にかけては序盤の芳醇な甘みを引き継ぎつつ、スモーキーでエッジの立った塩気と舌の上にウッディなタンニンを伴い長く続く。

完成度の高いアイラシェリー。40%という構成を感じさせない香味の存在感とボディの厚み、果実味を備えたGMシェリー感、オールドピートとそれらの加水による一体感。文句のつけようがない構成で、開封後から時間を経てさらに開いてきた。

GM社創業100周年記念としてリリースされたボトル。何種類かリリースされていて、モートラック、ハイランドパーク、ベンリネス、バルブレアあたりがあったでしょうか。中でもハイパは美味かった記憶があるのですが、あまり注目していなかったので全体の詳細は不明。。。

そのカリラは、1972年から1974年に行われた、大規模改修前にしてフロアモルティング採用時代の仕込み。1974年以降の70年代から80年代前半は、比較的多くのテイスティング機会に恵まれましたが、1960年代は流石に少なめ。しかし1974年のカリラが透明感が増してクリアでピーティーな味わいがあるのに対し、1960年代はコクとアイラらしいフレーバーで、異なる酒質を持っている印象も受けます。

今回のボトルは、そこにGMらしいカラメル系の濃厚なオールドシェリーが加わっているわけですが、多少あったであろうピートフレーバーの荒さがシェリー感と加水で整地され、経年と共に整った仕上がりが感じられるのが魅力。で、ただしっとり系かと思わせて余韻にはシャープな塩気も感じられる。いやーいい仕事してますね。
時間経過で奥にあった果実味やピートが開いてきた感もあり、この秋から冬にかけての変化が楽しみです。

なお、今回のテイスティングサンプルはウイスキー仲間のマッスルK氏から頂きました。
同氏に限らず貴重なウイスキーを経験する機会に恵まれており、本当にありがたい限りです。
自分の舌がご期待に添えるかはわかりませんが、グラス、環境、そして体調とも、極力整えてテイスティングに挑みたいと思います。

カリラ 2006-2017 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2006
Bottled 2017
Moscatel Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーでドライな香り立ち、焦げたようにほろ苦く、乾いた麦芽、微かな塩素を思わせるアクセントとほのかにレモンのような柑橘香。

味:マイルドな口当たりから淡いヨード、燻した麦芽や牧草、ほろ苦い風味とコクが染み込むよう。ほのかにレモンキャンディを思わせる酸味もある。
余韻はクリアでピーティー、燃えかすの灰のようなスモーキーさを伴い、長く続く。

シェリーシェリーした樽感はないが、カリラらしいクリアさが余韻にありつつ、後熟による程よい樽感がボディのコクに繋がって、バランス良く楽しめる1本。


ここまで1ヶ月間細々とレビューしてきたMHDのニューリリース、ディスティラーズエディション(DE)2017ラインナップ。そのトリを飾る1本は、個人的に今年のDEを象徴するような樽使いと感じた、甘口のシェリー酒であるモスカテルシェリーのシーズニングカスクでカリラを後熟させた1本です。

カリラはオフィシャル12年が一昨年くらいから出来がいいと話題になり、実際5000円程度という価格帯の中では、優良なリリースであると言えます。
それこそスペシャルリリースのアンピーテッドが非常にわかりやすいわけですが、クリアな酒質を活かすリフィル系の樽構成にピートフレーバーが溶け込む。オールドのそれと比べると麦感や塩気は軽くなりましたが、現行のスタイルとしては方向がはっきりとしているリリースと言えます。


他方、DEはブレ幅が強いというか、カリラのクリアでスモーキーなキャラクターに対し、モスカテルが強すぎるとなんだかわからなくなる、実はバランスが難しい組み合わせなのではないかと感じているところ。
ただ今年のDEは、全般的にシーズニングで用いられたワインの影響がライト寄りになったというか、その香味がアクセント寄りとなったものが多く、物足りなさを感じつつもそれが逆にまとまりの良さに繋がった印象もあります。

中にはタリスカーのように使われたワインではなく、樽材そのものの香味が強く出たものもありましたが、カリラは上記のようにアクセント程度に留まったワイン感がバランスの良さにつながっている。適度な熟成感と合わせてオフィシャル12年と違いはありながら、しかし破綻せず枠の中にある。そんなリリースだと思います。

カリラ アンピーテッド 18年 1998-2017 スペシャルリリース 59.8%

カテゴリ:
CAOLILA
Aged 18 years
Unpeated Style
Natural Cask Strength
Distilled 1998
Bottled 2017
Cask type Refill American Hogsheads 
700ml 59.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ハイトーンでドライな香り立ち。乾いた麦芽香とウッディネス。淡くドライパイナップルやレモンなどの柑橘系のフルーティーさを伴うクリアなアロマ。

味:香り同様にクリアな口当たり、蜂蜜を思わせる粘性と甘み、麦芽風味、オーキーなトロピカルフレーバーが淡く広がる。
余韻はハイトーンでヒリヒリとした刺激。スパイシーでドライ、長く続く。

これまでのカリラのアンピーテッド同様に、クリアで強くハイトーンな酒質が特徴。加水していくとコクが出て、まろやかな甘みと麦芽風味が開いてくる。
樽感はリフィルらしくあまり強くない。嫌味なところも少なく、淡いオークフレーバーが良いアクセントになっている。

DSC08713
(アイラ島にて、K67氏撮影の1枚。カリラアンピーテッドを飲んで思い浮かんだイメージに一番近かったもの。広がる青空と吹き抜ける風のように爽やかでクリアな味わい。)

今作で12作目になるという、カリラのアンピーテッド。前作に比べ、酒質の部分は同じながら今回は淡く効いたオークフレーバーが印象的です。
このリリースは、元々ブレンデッドウイスキー向けに作られるカリラのノンピート、ライトピートといった、ハウススタイルと異なる原酒を味わうためのもので、2006年のファーストリリースから版を重ねてきました。

同じ蒸留所でピートの有無がある原酒を味わえるのは、その蒸留所の個性や、ある種癖のようなものを理解する手段として非常に有効です。
近年日本国内で続々と稼働するクラフトディスティラリーも、1年の蒸留サイクルにおいてピーテッドを仕込む前にノンピートを仕込み、酒質を確認した上でピーテッドの仕込みに移るというルーチンを採用しているところが多くあります。
ピートフレーバーは強いので、良くも悪くも酒質のネガを消してしまうのです。
また、元々ハウススタイルがピーテッドなら、多少のネガなんて気にしなくていいじゃんと思うかもしれませんが、このピートフレーバーは熟成によって減少するだけでなく、加水調整やブレンドにおいても同様です。
ピーテッドを目指すにしても、ピートの乗りが良い酒質であるべきというか、やはり素の部分が良いに越したことはありません。

こうしてピートにマスクされないカリラの素の味わいを飲んでみると、クリアでクセの少ないハイランドタイプの酒質であることがはっきりと感じられます。ピートフレーバーが通常どれだけ支配的かも認識出来る味わい。加水した上で、オフィシャル18年との飲み比べをしても面白いですね。
また、シングルカスクではないため一概には言い切れませんが、この仕様での熟成の伸び代は残っている印象も受けました。以前2014年にリリースされた15年のアンピーテッドはファーストフィルバーボンで、粘性を伴うオークフレーバーでリッチな味わい。アンピーテッドは20年未満がちょうど良いかなと思いましたが、まだ伸び代がある印象も。

ディアジオの樽使いのうまさを感じるとともに、将来は25年くらいのノンピート・リフィルアメリカンオーク熟成のスペックを飲んでみたいとも感じる内容でした。

カリラ 15年 1974-1989 GM 40%

カテゴリ:
IMG_6202
CAOLILA
Gordon & Macphail
Aged 15 years
Distilled 1974
Bottled 1989
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@KuMC
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかい香り立ち。強い磯っぽさやヨード、塩素、乾いた麦芽とほのかな柑橘感がアクセントに。アイラ的な要素が強い存在感を保っているが、加水が効いてバランスがいい。

味:香り同様に柔らかい麦芽風味からピリッとした塩気、適度なコクと透明感。
徐々に魚介出汁、灰っぽさも。
余韻はグレープフルーツピールのアクセント、ほろ苦くスモーキーな麦芽風味を伴い染み込むように長く続く。

40%加水でありながら、しっかりとしたアイラモルトらしいフレーバーが備わっている。樽感はリフィル系であまり強くなく、柔らかさと個性の主張を両立したしみじみと旨いボトル。まるで穏やかな日の海辺に居るよう。

IMGP9406

アイラ島とジュラ島の間、サウンドオブアイラことアイラ海峡に面した立地を持つカリラ蒸留所。上記写真にもあるように、スチルハウスの目の前に広がるそれが、蒸留所の特色の一つともなっています。

この近年のカリラ蒸留所の姿が作られることとなったのが、1972年から1974年の間に行われた、ポットスチル増設などの大規模拡張工事です。
導入されたポットスチルの形状などは、それまでのものと同じものという話でしたが、使い込まれたそれと異なり新しいものでは癖的な香味が出にくいのか、あるいは生産量が増えた事での影響か。1974年蒸留のカリラはクリアで雑味の少ないキャラクターのものが多く、樽次第でははっきりとした美味しさを得る一方、60年代に比べボディは軽い印象を受けます。
今回のボトルも、アイラ的な個性の存在感はしっかりあるものの、飲み口は柔らかく同様のベクトルと感じます。

そのため、人によってはいい意味での雑味やフルーティーさが強い1970年代後半から80年代前半のキャラクターを評価する声もあります。
ただ、カリラ蒸留所にとって、のちに起こる閉鎖の危機を生き抜くこととなった一つのターニングポイントがこの拡張工事であり、1974年蒸留のボトルは時代背景としても蒸留所のキャラクターとしても、飲んでおく価値のあるビンテージだと思います。

カリラ 35年 1982-2017 ケイデンヘッド175周年記念 55.1%

カテゴリ:
CAOLILA
CADENHEAD'S
175th Anniversary 
Aged 35 years 
Distilled 1982
Bottled 2017
Cask type Bourbon Hogshead
700ml 55.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライマンゴーやオレンジの綺麗な酸味、乾いた麦芽、魚介系の出汁感を伴うピートスモーク。はじめはツンとした刺激を伴ってドライだが、スワリングしていると蜂蜜のような甘みも開いてくる

味:口当たりは柔らかく薄めたハチミツ、オレンジやアプリコットを思わせる甘みと酸味、香り同様にダシっぽいニュアンス。合わせて灰のようなピートフレーバーが広がり、存在感を増していく。
余韻は心地よくドライで、華やかなウッディネスとスモーキーさが混ざり合う。

樽感と酒質、アイラらしいピートやダシ感とフルーティーさのバランスが良く、実に整っている1本。しっかりと磨き上げられている。
少量加水すると甘みが引き立ち飲みやすくはなるが、失う要素の方が多く感じる。飲み口は度数を感じさせない柔らかさであり、ストレートで楽しみたい。


懐かしいだけでなく確実に進化している、一言でそんなカリラです。
自分がウイスキーに本格的にハマり始めた頃、1980年代前半で25〜30年熟成のカリラのリリースは特段珍しくなく、かなりの本数がリリースされていました。
70年代のクリアな味わいに比べ、80年代前半のカリラはいい意味で雑味があり、ピートフレーバーと酸味を伴うモルティーな香味が特徴。これがカリラのキャラクターか、という認識があったのですが、気がつけば周囲は80年代、90年代をすっ飛ばして2000年代の短熟ばかり。それらは幻の如く消え去ってしまいました。

あの頃もっと買っておけば。。。なんて先に立たない後悔を心に持つ飲み手は自分だけではないはずです。
他方で、当時のカリラはリリースが多かったこともあって、BARを巡れば出会えないわけではないですし、飲もうと思えばまだ飲めるボトルでもあります。
しかしはたしてそれらが30年以上の熟成を経ていたらどんなカリラに仕上がっていたか、知る術はありません。
そんな中、ボトラーズのケイデンヘッドから創業175周年を記念したラインナップの一つとして、久々に1980年代前半蒸留のカリラがリリースされました。

ケイデンヘッド社のリリースは、酒質を楽しませるような樽使いと言いますか、他のボトラーズ(GMやDTなど)と比べてあまり樽感の主張しないボトルが中心だった印象があります。
だからこそか、今回のカリラも樽感が過度に主張せず、程よい果実味が付与されてバランスが取れている。熟成によって失ったものは確かにありますが、失ったというより過剰なものを削ぎ落とし、時間をかけて磨き上げたという感じで、双方のらしさを備えつつ端正で美しい仕上がりなのです。

冒頭触れたように、自分にとっては懐かしさを覚えつつも、その仕上がり具合にさらなる進化と魅力を感じる1杯。これは今の時代にあって気合いを感じるリリースですね。度数も55%と保たれており、さらなる変化も期待できます。
今回のテイスティングは開封直後でしたので、1ヶ月後、2ヶ月後と様子を見たいボトルでもありました。
マッスルKさん、男気溢れる抜栓、感謝です!

このページのトップヘ

見出し画像
×