カテゴリ

カテゴリ:マイ樽熟成

【ご挨拶】今年も大変お世話になりました【1年間振り返り】

カテゴリ:
こんばんは、くりりんです。
いよいよ2016年も後わずか、皆様飲み収めは何を飲まれてますか?
(注意:フィギュアはイメージです。本体はちゃんと髪も鼻もあります。)

帰省する新幹線の中でまとめ記事を書ききって、気分はすっかり年末モードですが、最後に今年一年の「お礼と謝罪」を述べて、2016年最後の更新としたいと思います。

今年も様々な出来事がありました。
ざっくり思い返すだけでも、1ヶ月に1度、何かしら業界の動きや注目のリリースがあったように思います。(本記事最下部参照)
そんな中で、本年の当ブログは更新総数約450本(うちレビュー記事は約360本)という情報発信に対し、1年間の総アクセス数は約300万と、大変多くの訪問を頂きました。

特に当ブログが積極的に発信しているオールドブレンデッドについては、このブログの記事がキッカケで魅力に目覚めた方も少なからずいらっしゃるとの事。嬉しく感じるとともに、時折「なんだよ、このボトルの情報載ってないのかよ」という思念がモニタ越しに感じられることもあったように思います(笑)。
まだまだ掲載していないボトルもありますから、来年はさらに充実させていきたいですね。

また、活動を通じて繋がりが出来た事から、情報交換をしたり、サンプルを交換したり、ブラインドの出題を頂いたりする事も昨年以上に増えてきました。
大外しする事もあり、大正解する事もあり、まあ1番の目的は素の感想を伝える事なのですが、カウントしていた今年の正答率は20/49で、4割ちょっと。来年は5割を目指し、もう少し精度を上げたいところです。


さて、ここで本記事の目的が「感謝」だけでなく、なぜ「謝罪」か、というのもくりりん人形の背景が雑然としている事にご注目ください。
これ、今年交換等で頂いたサンプル達(一部)なんです。

「飲みきれませんでした、大変申し訳ありません!(;´Д`)」

年末にかけてさらに機会が多く、特にブラインドとして頂いたもので来年に持ち越してしまったモノは、深く謝罪申し上げます。
言い訳すると、仕事の関係で平日時間が取れない時も結構あり、ブログの更新だけで手一杯に。。。コメント返信も滞ってる事が多々ありますし。いやホント、時間が欲しい。
もちろん本業第一、趣味としての活動ですから線引きはせざるを得ないのですが、時間の確保は目下最大の課題であります。

こんな体たらくではございますが、2017年も素晴らしいウイスキーライフの一助となる活動が出来ればと思いますので、何卒よろしくお願いします。

最後に2016年の締めとして、貯蔵開始(2014年12月)から2年となった、我が家のマイ樽について、その状況を紹介したいと思います。
使われている原酒は秩父MDCサンプル、ハイランドパーク、マッカラン、クライヌリッシュで最短が秩父の2年10ヶ月のものですから、年が開ければいよいよトータル5年モノというところまできました。

写真左の小瓶が樽詰め時点、グラスが現在、色合いは追加熟成1年経過時点からそれほど濃くはなっていませんが、香りは非常に良くなりました。
まるでキャラメルを思わせるバーボン系のオークフレーバーで、余市や宮城峡の長期熟成に感じる甘い樽香にも通じるものがある。未熟なアロマはほとんどなく、正直今がピークと言えるほど、かなり良くなったと思います。
一方で味は樽材由来のウッディネス、渋みが強く出ていて、余韻もドライに。まあ5リットル樽での熟成ですから当然ですね。
重量は昨年12月の時点で8.5kg(スタート時9.4kg)だったものが7.3kg、今年1年間で1.2kg、約半分に近い計2.1kgが天使に飲まれたことに。。。
ここでボトリングするか、それとも熟成をさらに続けるか、何れにせよ美味しく頂くには来年は何かしらウイスキーをプラスして調整しないといけません。これがミニ樽の難しさですが、やはり実際に熟成の過程を経験出来ることで、飲み手として得られるものが本当に多いですね。


以上、そんなことを実家(妻方)で考えながら、2016年のまとめを終えたいと思います。
あ、これから頂いたコメントに返事もします。遅レスで申し訳ござしません。
それでは月並みではございますが、皆さま酔いお年をお迎えください。
2017年も本ブログを、どうぞよろしくお願いいたします。


【2016年の主な出来事まとめ】
1月:本坊酒造、津貫蒸留所の建設発表。
グレンドロナック15年終売。Saga25周年記念ボトルが信濃屋から発売。
2月:ウイスキーアプリ、ハイドアウトクラブが公開。
スプリングバンク16年ローカルバーレイ発売。山崎シェリーカスク2016発売、転売騒動勃発。
木内酒造、額田蒸留所が蒸留開始。
3月:WWA2016発表、カヴァラン2年連続戴冠。
キリンがウイスキーラインナップを札新、富士山麓樽熟原酒など発売。
笹の川酒造安積蒸留所が試験蒸留を開始。
ガイアフローが静岡蒸留所の建設発表。
ウイスキーショップW閉店。
4月:ベンリアックサントリーが響やマッカランなど33品目を値上げ、黒角などが休売。
ブラウンフォーマー社がベンリアックグループを買収。
ラガヴーリン8年200周年記念ボトル発売。松井酒造が倉吉シリーズを展開開始。
5月:アードベッグダークコーヴ、ラガヴーリン18年200周年記念ボトル、ウルフバーン3年など発売。
6月:イギリス国民投票でEUからの離脱が決定、ポンド及びユーロが暴落。
若鶴酒造から三郎丸55年が発売、同蒸留所リニューアル計画始動。
7月:ウイスキーテイスター吉村氏がM's Tasting Roomをオープン。
ニッカウイスキーがラインナップ整理、蒸留所限定で鶴NAをリリース。
8月:土屋守氏がジャパニーズウイスキーの基準の整備並びに日本ウイスキー協会(JWA)の設立を宣言。
サントリーがグレンギリー12年の正規取り扱いを終了。
9月:キルケラン12年、アードベッグ21年、ラガヴーリン25年など発売。
静岡蒸留所がウイスキー製造免許取得。
10月:ジムマーレイ・ウイスキーバイブル2017でブッカーズ・ライが世界一を獲得。
笹の川酒造、安積蒸留所が本格稼働開始。京都蒸留所がクラフトジン、季の美を発売。
11月:北海道、厚岸蒸留所が本格稼働開始。鹿児島、津貫蒸留所が本格稼働開始。
若鶴酒造がクラウドファンディングで設定していた2500万円を大幅に上回る3500万円以上を集め、目標達成。
ブラックニッカブレンダーズスピリット、ジャックダニエル150周年記念ボトル、響35年など発売。
12月:滋賀県長濱蒸留所が稼働開始。
ウイスキーワールドが12月号をもって休刊。

マイ樽 熟成報告 ~熟成1年5ヶ月~

カテゴリ:

年明けから体調不良が続いたり、仕事も忙しかったりですっかり忘れてしまっていた、我が家のミニ樽。
先日「樽の状況はどうですか?」とコメントいただいて、そういえば最近様子を見てなかったなと思い出し、押入れの奥から引っ張り出してきました。
これから夏になって気温が上がり、エンジェルシェアが多く、樽感も強くなるでしょうから、様子を見るにはちょうど良いタイミングです。

これまでの流れをご存じない方は以下の記事をご覧ください。
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/cat_877767.html

ざっくり書くと、約5年間使い古したアメリカンホワイトオークのウイスキーカスク(5リットル)に、
・秩父モルトドリーム2012(2年) 62% ノンピート
・ハイランドパーク1995(5年) 62% 
・ハイランドパーク1996(10年) 60% 
・マッカラン1995(5年) 60% 
など、熟成感は淡いが適度に荒さが取れたモルトを加え、追加熟成をしているもの。

ウイスキーと樽の関係は切っても切れないもので、樽由来のフレーバーや熟成の進み方などは非常に勉強になることが多いです。
また、ちょうど息子が産まれた年に詰めたので、その成長を見ながら楽しんでいるのもあります。

 

今回の状況ですが、エンジェルズシェアとしては昨年12月の総重量8.5kgから8.1kgで、400ml発生しています。
昨年、1月から6月ぐらいまでは100mlくらいしか変化が無かったのに、今年は大きいですね。天候、雨量などの差か、あるいは今年は暖房をつけていることが多かったので、その差もあるかもしれません。
ちなみに昨年の7~11月は800mlのエンジェルズシェアがあったため、今年もそれだけ発生するとなると・・・いよいよ樽の中のウイスキーは3000mlを下回ることになります。やはり冷温な熟成庫ではない場所で貯蔵しているため、エンジェルズシェアは相当多いですね。

 

色については熟成開始時点の右側から比較してずいぶん濃くなりました、ただ、5ヶ月前との比較ではそこまで変わってないように見えます。去年もそんな感じだったので、またこの夏で濃くなっていくんでしょう。
味のほうは甘酸っぱさが強く、レモンキャンディーのよう。若いなりに面白さがある構成です。
若さを感じるフレーバーは当然ありますが、それ以上にバッテッドモルトらしい複雑さ、多層感があり、ニューポッティーさはだいぶ目立たなくなりました。ボディと度数の強い原酒を選んでいるため、樽感もちゃんと受け止めています。
ただ余韻のドライさが強くなりつつあり、この辺はミニ樽だけに材質の影響が強く出る、いくら使い古しと言っても仕方ないのかなと感じるところ。


そうえいば最近リカマンから「俺のシングルバレル」という1リットル、2リットルのミニ樽が発売され、即完売した模様。My樽熟成こそ男の浪漫、確かにわかりますよ、ロマンです。きっと多くの方が買われた樽で試行錯誤をすることになると思うのですが、その時に自分の書いた記事が役に立てば幸いです。

マイ樽貯蔵モルト 追加熟成1年

カテゴリ:
12月1日で我が家の自宅貯蔵モルトがちょうど1年を迎えました
通常の熟成で1年は若々しくて飲めたものではないですが、使っている原酒は若いもので2年熟成の秩父モルト、あとは5~10年のスコッチモルトがメインに使われています。
つまりこの1年間で、スコッチでいうウイスキーを名乗れるだけの熟成はトータルで行われたわけです。くりりんウイスキー3 years oldです。

これまで2~3か月に1度、ノージングをしたり、ちょっとなめて異常がないかくらいの確認はしてきましたが、まともなテイスティングはしてきませんでした。ガブガブ飲んだらなくなっちゃいますからねw
1年間でどれだけ成長したのか、今日はその変化を見ていきます。

バッテッドモルトウイスキー
(秩父、ハイランドパーク、マッカラン、クライヌリッシュ)
熟成期間:2〜10年+1年
追熟樽:5リットルミニ樽(アメリカンホワイトオーク、製造2010年、ウイスキーカスク)
度数:55〜60%

香り:若いアロマに程よくウッディーな樽香が乗っかっている。
黒蜜やチェリー、ほんの少し梅干し、メンソール。徐々にオーク由来の栗や焼き芋を思わせる品のいい甘さが出てきて、若さを感じさせなくなる。

味:甘酸っぱさが強く、荒い麦芽感と一瞬感じる若いフレーバーからブラウンシュガー、モンブラン、オーキーな広がり。
後半はスパイシーで、テクスチャーは粗め。内陸系のピート香が残る。

まだ随所に若さはありますが、これは非常に面白いモルトウイスキーに仕上がってきました。
最初は強かった若い風味は随分軽減され、当たり前かもしれませんが市販されているバーボン樽熟成のウイスキーにあるオーク香も備わってきている印象を受けます。
1年間でこのレベルの樽感なら、熟成は引き続き行って問題なさそう。
ただし現状使った原酒の個性がぶつかり合ってる印象は否めず、今後は変化を見ながらグレーンやプレーンな味わいのモルトなど、個性の融和を促せるような 他の原酒追加も検討していきます。

マイ樽 熟成報告 〜熟成12ヶ月目と仕上げイメージ〜

カテゴリ:

昨年12月1日に熟成を開始した、我が家のミニ樽5リットル。
ひと夏を押入れの中ですごし、いよいよ追加熟成1年間まで1か月を切りました。
ここの所イベントだなんだと忙しく、中身を見るのをすっかり忘れていたので状況確認をしてみます。

まず樽の重量。
6月の時点では中身入りで9.3㎏でした。
11月現在、8.5㎏。夏の揮発は凄いのですがこれまで測ったことはなく、なんと800ml、約ボトル1本分も我が家の天使様が飲まれてしまったようです。4500mlほど詰めていたので、残りは3700mlになりました。
1月から6月まではほとんどと言っていいほど変動がなかったのに、ひと夏超えただけでこの変化。夏は木材が膨張してエキスの出が良くなるため、原酒の色もだいぶいい感じになってきました。
そういえば夏の間、押入れの中がセラーハウスのごとくウイスキーとオークの甘い香りで満たされてましたっけ。

当然、味もかなり変化がありました。
これまでは未熟香も目立っていたのが、だいぶ丸みを帯びた気がします。
味のほうは甘酸っぱさとオーク風味が強くなってきました。
このままウッディーな渋みが出ないで、濃厚な方向に向かってくれれば最高です。
(以下の写真は上が今年の7月1日時点。下が11月7日時点。小瓶が詰めた直後です。)


これまでも何度か書いていますが、この樽は2010年に新樽チャー済みで購入し、その後ホワイトリカーやバーボン等、いろいろ詰めてリフィルにしたものです。これくらい置かないとサイズの小さい樽での年単位の熟成は難しく、今のところは狙い通り(これでもちょっと出すぎているくらい)の成長速度です。
中身はマッカラン、ハイランドパーク、クライヌリッシュ、秩父のショートエイジのカスクストレングスをバッティング。度数は55%ほどで、自分好みなミディアムからフルボディでハイランド系のスモーキーな味わい。

なお、このまま熟成を続けて樽感が過剰になりすぎた場合、追加で入れるウイスキーも考えています。
商品ならこういうことはできませんが(どうもカスクマネジメントの一環としてやってるような話も聞きますが)、自宅熟成ですから、とにかく目的はおいしく仕上げることのみ。

追加候補はロイヤルブラックラ1979 62%、プライベートボトルで、原酒の出元はキングスバリーでしょうか。
適度な熟成感がありつつ樽感は控えめ、ボディも平均値以上ある。味に変な癖はなく、プレーンでトーンの高い甘さに麦感しっかり。まるで割水のように強い樽感を伸ばしてくれそうなシングルモルトです。
ロイヤルブラックラは、かつてブレンデット用の原酒としてロイヤルの一角を担った蒸留所。確かにこれはブレンドで使いやすい原酒だと感じます。
このため知人に「いらないから飲んでくれよ」と、押し付けていたボトルを再度引き取ってきました。
うーん、なんて蛮行(笑)。

熟成途中に仕上がりをイメージする。そしてその仕上がりを確認できる。これはマイ樽だからこその楽しみであり、非常に良い経験になっています。
追加原酒を投入するかは今後の仕上がり次第ですが、いろいろ試していきたいです。

テイスティング技術向上を目指す人へのマイ樽のススメ ~熟成のイメージ~

カテゴリ:
昨日中に記事をUPしようと思っていましたが、子供があまり昼寝せず・・・夜は夜で7時には寝オチしてしまったので今日の更新となりました。
ここのところサマータイムやら仕事の忙しさやらで夜の自由時間が少なくなり、満足にブログを書く時間を取れていないのが悔しいです。かといってさくっと書いて終わらせるには申し訳ないボトルの数々が順番待ち状態で、あぁ一日が30時間くらいあれば・・・。

今日の記事は、前回の記事の続きになります。
前回の記事ではタイトルのとおり、テイスティング技術の向上を目指す人にはマイ樽がオススメということを書きました。
実際どのようなことが学べるかというと、まずひとつは樽香、そしてもうひとつは熟成のイメージが体感できるということ、大きくはこの2点。
今回は後者の熟成のイメージについてもう少し具体的に書いていきます。


image


まず、ウイスキーの熟成は大きくわけて3つの要素の変化から構成されています。
・樽材の成分がウイスキーに溶け出ること。
・樽材がニューポットに含まれる不純物などを吸着する。
・アルコールが樽の呼吸により低下するだけでなく、まろやかさが産まれる。

かなり乱暴な分類で、実際はこんな数行で書けるほど"熟成のメカニズム"は単純ではないのですが(わかっていないことも多いとされていますし)、マイ樽所有で体感すること出来る変化として、樽香、アルコール感、テクスチャーの変化を上述の3要素としてあげておきます。
(詳しく知りたい方は専門書籍等を開いてください。)

熟成は長ければ良いというものではなく、樽の成分は出すぎると渋みやえぐみが強くなります。アルコールも下がりすぎて、くすんだような味になってしまうこともあります。
かといって熟成が短すぎると、舌触りが粗く香りもトゲトゲしており、さらにアルコールも強い状態になります。
このバランスが適度に保たれた状態が理想的な熟成状態であり、自分がイメージする図は以下となります。

スライド1
色の違いはウイスキーそのものの色と、右の縦軸のアルコール感などの強さをイメージしています。
かなりざっくりしたイメージ図ですが、上から2番目、真ん中に位置する濃い黄色、橙色のところが、飲んでみて「ちょうど良い」と感じるラインだと考えてください。
このライン上に樽成分とアルコール感落ち着くのが、理想的なピークなのかなと思います。
ただこれは樽の種類やウイスキーそのものの酒質、熟成環境の違い、そしてなにより作り手側が「どういう状態をベスト」と考えるかで変わってきますので、あくまで一例として考えてください。 

そして以下がニューポットを数リットルサイズのマイ樽に入れた場合の熟成のイメージ図です。
スライド2
小さい樽はあまりにも短期間で成分が出るため、一気に過熟ゾーンに突入します。特にチャーした新樽のパワーは絶大です。原酒の個性などお構いなしに、バーボン味に仕上げてくれます。アルコール感も下がりきらず、濃いけれど不純物も多いため、未熟な味が抜け切れていないウイスキーが出来上がります。 
また、熟成環境の違いも大きな要素で、一例として暖かい時のほうが樽の成分は多く出ます。日本とスコットランドでは日本の方が温暖であるためた樽の影響が強く出やすく、ピークも早くなる環境にあるのですが、貯蔵庫ではない日常の生活空間に置かれるマイ樽の影響は顕著です。
そのため、マイ樽での熟成は、ある程度使い古した樽に原酒の個性を残しつつ適度な熟成感がある原酒を入れて、1年~2年の期間で熟成計画を立てれるようになると、そこそこ良い仕上がりが期待できるようになるのかなと思います。
スライド3

(例えばこんなイメージで。。。)

機会があれば自分で熟成させてみたいという気持ちは、多くの飲み手が持つところと思います。中には「自分の樽はひょっとしたら奇跡的に素晴らしい旨さになるんじゃないか」とも。すいません、自分もそう考えた一人でした(汗)
正直それはかなりハードルの高い話で、1回目、2回目は確実に「なんだこれ」という仕上がりになることも少なくありません。だってそれで良い味に仕上がるなら、メーカーがやってますよね。冷静に考えて。

失敗しない樽での熟成は、完成のイメージから原酒の選定、熟成の計画を建てる必要があります。それはもちろん、「なんだこれ」という失敗から「どうやったら旨く熟成できるのか」という樽と原酒のマネジメントを学んで初めてイメージできるようになるもの。
すると既存のボトルを飲んだ時も、この樽でこの熟成感ならこういうイメージか、樽はどういう状態だったのかなど、今までとは違った景色が見えてくると思います。

マイ樽所有の魅力はウイスキーを過程で熟成させるだけにあらず、そうした様々な経験を所有者に与えてくれることにあると考えています。最近はそこそこ安い値段で買えるようになってきましたし、テイスティングスキルを向上させていきたいと考える飲み手の皆様には、是非オススメしたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×