カテゴリ

カテゴリ:トマーティン

トマーティン 35年 1978-2014 ケイデンヘッド 44.4%

カテゴリ:
IMG_0862
TOMATIN
Cadenhead Small Batch
Aged 35 Years
Distilled 1978
Bottled 2014
Cask type Bourbon Hogshead
44.4% 700ml

グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅 (持ち寄り会@Yさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキー、そしてケミカル系のフルーティーな香り立ち。ドライアップル、洋梨、ほのかにイチゴキャンディのような人工的な甘い香りもある。

味:さらりとした口当たりから香り同様にケミカルなフルーティーさは、林檎のコンポート、微かに杏、ファイバーパイナップル。バニラのような甘みも広がってくる。度数相応にボディは中程度かやや軽く、後半にかけては干した藁や麦芽の軽やかなえぐみとほろ苦さ。
余韻は華やかで序盤に感じたケミカル系のニュアンスを残しつつ、麦芽風味と乾いたウッディネスが長く残る。


ケイデンヘッドからリリースされた、所謂新しいほうの黒ケイデン、スモールバッチシリーズのトマーティン。 
長期熟成の原酒が枯渇し始めた2014年頃の市場流通で、近年あれだけ乱発した1976ビンテージもついに在庫の底が見えてしまったんだなと、時代の移り変わりを感じたリリースでもありました。

当時あまり意識していなかったのですが、このスペックのトマーティンは2種類リリースされているようです。
1つは2013年に594本ボトリングで44.1%。そしてもう一つが今回テイスティングした2014年に216本のボトリングで44.4%の仕様。どちらもバーボンホグスヘッドでの熟成ですが、容量的に594本はどうがんばっても取れないので、複数樽バッティングなのでしょう。
海外サイトを回って以下のカードをUPしているサイトを見つけましたが、594本のほうは樽の表記がBourbon hogsheadsで"s"付きの複数形になっていました。

IMG_0864 
このボトルをテイスティングするにあたり、着目点は2つ。1つはトマーティンの1976年、77年の蒸留に見られた、ある種"らしさ"とも言えるケミカルなフルーティーさが1978年蒸留にも備わっているかということ。そしてもう1つは、黒ケイデンのボトリングは作為的なフルーティーさが備わっているものが度々あり、このボトルのスタイルではどう出てくるのかというもの。

まず前者は1976各種ほど強くはありませんが、それでもはっきりと感じるケミカルフレーバーが「ああ、トマーティンだわ」と感じさせてくれます。 この76年前後でピークがあり、80年代にかけて薄くなっていく傾向にある、灯油系というかケミカルなニュアンスは何で出るんでしょうね。
そしてもう一つの黒ケイデン的な何かですが、バーボンホグスで度数落ちであるためかさらさらとした口当たりに、フルーティーさは少々リキュール的な要素も感じられ、これもまたらしいといえばらしい。
これもまた露骨に効いているという感じではなく、あくまで補正の範囲かなという感じでは有ります。

突き抜けないですが、らしさもあり、そしてバランスよくフルーティーで美味しくまとまったモルトでした。
そんなに昔の話でもないですが、こういうボトルを飲むと我々世代の飲み手は「懐かしいな」って思ってしまいますね。

トマーティン 38年 1965年蒸留 2004年ボトリング ダンカンテイラーピアレスコレクション

カテゴリ:

TOMATIN
Duncan Taylor
Aged 38 Years
Distilled 1965
Bottled 2004
Cask No, 20944
51.5% 700ml
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライな香り立ち。乾いた木のようにトゲトゲしており、アプリコットやパイナップルなどのドライフルーツ香、微かにシトラスやアロエのような青っぽさとケミカルなニュアンス。少量加水するとさらにフルーティーさ、甘栗の香ばしい甘み、バタークッキー、香りが開いてバランスが改善するが、ドライな要素は残る。

味:口に含んだあと一呼吸おいでスパイシーな刺激とドライなオークフレーバーが口の中に広がる。
ボディはミドル程度、香り同様の構成で、乾いた木材、シリアル、バニラ、洋梨、徐々に桃の缶詰。
フィニッシュはほのかにケミカルなニュアンスを伴い、華やかだが樽材由来の渋みを強く感じる。
少量加水すると桃感、ドライアップル、 麦芽、香りに対して味は少々ボディが加水に負ける印象。

ストレートと少量加水でしか飲んでいませんが、写真のように飲み口がすぼまっているタイプのグラスよりも、外に向けて広がっているチューリップグラスや、ワイングラスのように口径の大きなグラスで飲んだほうがフレーバーの広がりが良いと感じます。


先日のイベントの際に、ウイスキー仲間の一人が持ち込んだもの。
中途半端に残ったから持ってくか?と言われてありがたくいただきました。いつもありがとうございます!
まさにダンカンテイラーピアレスシリーズ、そのキャラクターを象徴するような味わいで、最近はこうした長期熟成のリリースがなくなりました。長期熟成由来とも言える樽感、鼻腔や口の中の水分を強烈に持っていくような渋み、ドライさ。美味しいのですが蒸留所の個性を味わってるというより樽材をしゃぶってる感覚が、あー長熟のカスクだなぁと感じる構成です。

トマーティン蒸留所といえば1976ビンテージがフルーティーで旨いと有名で、多くのリリースがあったことは今更解説する必要も無いところ。1970年代であの味なのだから、さぞかし1960年代は旨いだろうと飲んでみると、これが意外にフツーというかピンとこない。今回のボトルのように、確かに当時の原料由来か1960年代らしい複雑さはあるのですが、惹かれるような個性を感じません。 
一説では1974年にトマーティン蒸留所で行われた大規模改装(蒸留器を11基から23基に増設)で、稼動が安定し始めた1975~1977あたりで本領発揮となったのでは・・・とのこと。

スペック的には非常に興味をそそられるボトルで、多分飲み始めの頃の自分だったら歓喜していたに違いないのですが、今改めてこのボトルと向き合ってみると、様々な予測が頭の中で出来てしまい、結果ほぼ予想通りの味で経験の積み重ねを感じる。まさに「知る悲しみ」を感じる味わいでもありました。 

トマーティン 22年 1989年蒸留 2011年ボトリング ゴードンマクファイル

カテゴリ:
TOMATIN 
Gordon & Macphail 
Aged 22 years 
Distilled 1989 
Bottled 2011 
Cask type Refill American hogsheads 
700ml 43%  

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド(グレンキース)
熟成年数:40年
樽:リフィルバーボンホグスヘッド
度数:43%前後
評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな香り立ち、林檎系や洋梨、白い花などの華やかなオーク香。徐々に麦感、バニラの甘さ、奥には土っぽい香りとスペアミントを思わせる爽やかさが感じられる。香りは序盤の樽香以降は平坦なイメージだが、バランスよくまとまっている。

味:口当たりも香り同様に穏やかで、序盤は甘さ中心、中間の主張は強くない。
蜂蜜の甘さからフルーティーなオーク香。ドライパイナップル、林檎、桃、フルーツ感は後半にかけて紅茶を思わせる渋みもある。余韻はジンジャー、スパイシー。麦芽風味とフルーツの皮のほろ苦さを伴いあっさりしている。


TWDでのテイスティング。このお題はリーダーのTさんから。
ここ最近ブラインドはそこまでやらかして無かったのですが、これは完全にミスリードして大外し。早々に長熟度数落ちのDTロナックやHB系をイメージして、後は全部そっちに引っ張られた印象です。まぁ冷静に考えて度数落ちだったらもっとオーキーだしドライだし、余韻もこんなにあっさりしてないよと。
以前にもカヴァランのテイスティングで加水による整地された滑らかさを長熟によるものと勘違いしかけたこともあり、フルーティーで加水なウイスキーという条件は、自分が誤認しやすい要素のようです。今後の課題として意識して飲んでいきたいです。

と、自分の反省はさておき今回のボトルに話を戻すと、43%加水の影響もあって香りはそこまで強くなく、ボディはやや細め。しかし甘さと複雑さは標準またはそれ以上で、じっくり腰をすえて飲めるであろうボトルだと感じられます。
まさに繊細で華やかなモルトという構成でした。


GMCCというと最近はコスパ方面での評価が多いシリーズ。そのためオレンジラベル以前の旧ボトルならともかく、現行品にあまり食指をそそられないのですが・・・これは綺麗にまとまっているスペイサイド的な味わいで、後半にかけて開いていくオーク系のフルーティーさやスパイシーな余韻が心地よい。
先日はカスクストレングスでがっかりさせられたばかりでしたので、 その分驚かされました。
そういえ1990前後のトマーティンがボトラーズを中心にリリースされており、これらも中々良いと聞いています。Tさんのコメントでは、味の傾向は近いものがあるとのこと、他のリリースも期待できそうです。

GMの相場を考えれば、リリースされた2011年当時はさぞかしお手頃なお値段だったろうと思います。
しかし調べてみるとGM値上げの影響で、無慈悲にもそれなりなお値段と なっていました。
昔の値段で売ってるところ、ないのかなぁ・・・。

トマーティン カスクストレングス 2015年リリース オフィシャルボトル

カテゴリ:


TOMATIN 
Cask strength edition 
1st& 2nd fill oloroso sherry cask 
1st& 2nd fill bouron cask 
700ml 57.5% 
暫定評価:★★★★(4) 

香り:若さを感じる乳酸系の酸味に、生焼けのホットケーキ、シロップの甘さ。生木のえぐみ、硫黄も漂っている。加水すると生焼け感が強調され、淀んだ甘さに。

味:口当たりはハイプルーフらしく味わいのトーンが高く、黒砂糖を思わせる甘さに木のえぐみ、麦芽、ニューポッティーな酸味、サルファリーなニュアンスもある。
余韻はスパイシーで金平糖と焦げた木材の苦みを感じる。


トマーティンがニューリリースした限定品のカスクストレングスエディション。
テイスティングは大阪のローズバンクにて。まぁ参考までに・・・として飲んだモノ。
シェリー樽とバーボン樽原酒のバッティングで、スペックやメーカーコメントだけ見れば大変期待出来そうなボトルなのですが・・・。
このウイスキーに関しては、良い部分を見つけるのが難しい。温度やグラスを変えれば多少変わるとは思いますが、ウイスキーを仕上げるうえで悪い部分が強く出てしまっているボトルだと感じます。

悪い部分というのは、熟成において通常ある一定以上得られることを目指していないフレーバーと定義します。シェリー樽熟成でいえば、濃厚で甘い風味は狙っていきたいですが、生木っぽいえぐみは好んで欲しがるものではありません。それがこのボトルはシェリーの風味は少ないのにえぐみは出ていて、硫黄香まである。そもそも熟成感が出ていないというのも悲しい。
別に近年のトマーティンそのものが悪いわけではなく、うまくまとまっているボトルもあるのですが。味わい面だけでなく価格を考慮してもなんというか、強みの見えない酒だなぁと。オフィシャルモルトの味がよくなってきたと思う昨今においては残念なボトルでした。

トマーティン 1976-2012 (35年) インプレッシヴカスク

カテゴリ:

時々無性に飲みたくなる、トマーティンの1976年蒸留。

ケンタッキーか、って感じですが、飲んだら分かる独特な個性、ケミカルフレーバー。
一時期まとまってリリースがあった中で、価格お手ごろなこのボトルを大人買いして現在に至ります。

Impressive Cask
TOMATIN
1976-2012
Aged 35 years

評価:★★★★★★(6)

"コニャックを思わせる濃い甘み、杏やリンゴのカラメル煮、黄桃の缶詰、

フルーティーな甘酸っぱさに薬のシロップ、かすかにエスニックなスパイスも感じる。 

フィニッシュは程よいウッディネスとケミカルなトロピカルフルーツ。フルーティーでビター。長く続く。"


インプレッシブのトマーティンは樽が強いのですが、こいつは開封2年弱で樽感は程よいレベルに。フルーツ感は口開けほど感じられなくなりましたが、まとまりは良くなった印象で、そろそろ飲みきってやらにゃなりなりません。

トマーティンは、たとえばOMCの70や、どこからか出ていた65を飲むとフルーツ感の質が年代で異なっており、1976から数年間現れているフルーツ感の特徴は、少し浮ついた、オイルを含んだような豊富なフルーツ感。シェリー樽との組み合わせは、濃厚な甘さでコニャックを思わせる飲み口でもあります。
その由来は、蒸留所の改装工事と時期的にリンクしており、そこで新設、交換されたモノが一時的に出していたのかなと。

メカニズムが解明されているならば、ぜひ今後もこういったボトルを出していってほしいと期待しましたが、近年のトマーティンからはすっぱり消えて、個性という意味ではだいぶ乏しくなりました。
ブレンドには使いやすいのかな。

このページのトップヘ

見出し画像
×