カテゴリ

カテゴリ:ロングモーン

ロングモーン 15年 2000-2016 OMC 55.9% 日本市場向け

カテゴリ:
IMG_2742
LONGMORN
Old Malt Cask
Special Cask Selection
Aged 15 Years
Distilled 2000
Bottled 2016
Cask type Refill Hogshead
700ml 55.9%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(Gosse)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)(!)

香り:華やかな香り立ち。オーキーでバニラ、洋梨、ほのかに白桃のニュアンスも漂うフルーティーなアロマ。徐々に干し藁を思わせるウッディネスも。

味:コクのある口当たりからしっかりと濃い麦芽風味と華やかなオークフレーバー。薄めた蜂蜜、りんごのコンポート、余韻にかけてナッティーなフレーバーがアクセントに。
余韻は軽やかなスパイスとウッディネス、ドライパイナップルを思わせるオーキーなフルーティーさが長く続く。


これは中々良い出来のロングモーンです。
香味は1960年代のトロピカルフレーバー・・・なんていうことはなく、あくまで近年系の範囲にある構成ですが、飲み口にしっかりと麦芽風味とボディのある酒質で、後半にかけてフルーティーさが乗ってくる。このフルーティーさが、ただオーキーでドライなだけではなく、ナッツや蜂蜜の甘み、ほのかな酸味を伴っており、使われた樽そのものの良さも感じます。
結果、土台がしっかりしているから、香味も浮つかずに生きてくる、相乗効果で複雑さに繋がっている好印象なボトルです。

1990年代のロングモーンは軽いボディに樽感主体で、外さないけどそこまで高まらない、「またこんな感じね」なんて印象を受けていたのもあって、このボトルには素直に飲む喜びがありました。
それこそ最近だと、NAになったロングモーン・ディスティラリーチョイスなど、華やかだけど味わいは非常に軽いもの。ハイプルーフはどうかというと、味は安定して悪くは無いのですが、突き抜けないというか、軽いボディとピリピリとした刺激からローランドモルトかと思ってしまうボトルもしばしば。 

なお、OMCラベルで近年モノだと敬遠されがちなんでしょうか。日本市場向けのボトルなので本数が多いのもあるかもしれませんが、リリースから日が経ってるにも関わらず、まだ買えるところもあるようです。
価格も12000円前後と決して高くなく、現行品のスペイサイドで、手頃に美味しく飲み応えのあるボトルを選ぶなら、このOMCロングモーン15年は選択肢に入ると思います。

それにしてもこのカスクを選定したJISさん、流石の一言です。 
今後も今回のようなグットリリースをよろしくお願いします!

ロングモーン 39年 1969-2008 GM メゾン向け 50%

カテゴリ:
 
LONGMORN
Gordon & Macphail
Aged 39 Years
Distilled 1969
Bottled 2008
Cask type Sherry #5295
700ml 50%

グラス:木村硝子古酒
量:30ml程度
場所:個人宅(Whisky linkイベント@タケモトさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかなシェリー香とドライフルーツを思わせるオーキーな華やかさ。ナッツ、ライチ、レーズン、徐々に土っぽい香り。時間経過でチョコレートのようなアロマもある。 

味:ねっとりとした口当たり、カラメル、熟したフルーツを思わせる味わい、ライチ、レーズン、黒ぶどう、煮出した紅茶のタンニン。充実したフレーバーにうっとりする。
余韻はドライでタンニンの渋みを口奥に感じつつ、序盤のフルーティーさとカラメルソース、オーク香が非常に長く口内に留まる。
 

先日ヨーロピアン全開なGMロングモーンを紹介したところで、今回はメゾン向けのフルーティーさしっかりなロングモーンの記事もUPします。
メゾン・ド・ウイスキー向けのボトリングで、味の傾向はGMからリリースされることの多かった典型的なシェリー系ロングモーン。おそらく樽材はアメリカンホワイトオークに、GM味の決め手であったカラメル添加でしょう。
テイスティングはWhisky linkのいわき会にて。ロングモーンは麦芽品種の関係か、1970年代に入るとドライでライトな傾向にシフトしていきますが、60年代は多少そういう傾向はあってもモノが良すぎて気になりません。

このボトルもまた、ここ5〜10年前後ガチ飲みしている飲み手が「ロングモーンに求めてるフレーバー」となる所謂「トロピカルなフルーティーさ」がしっかり備わっており、ハイプルーフでありながら加水で整えられたバランスの良さと相まって、充実の1杯として感じられます。

ただ、確かに素晴らしい1杯なのですが、当時のGMはこの系統のロングモーン長熟をガンガンリリースしていたため、我々飲み手の感覚が麻痺してしまったのは、もはや"罪"といっても良いくらいかもしれません。
あまりにリリースされすぎていて、売れ残っていたくらいです。これをリアルタイムで経験出来ていたのは良かったことなのか、それとも・・・。

IMG_0225

ちなみに天下のGM、一応リリースしようと思えばまだ樽もあるようですが、この数年間で値段がとんでもないことになってしまいました。マジで0が一つ多いんじゃないっすかねー(汗)。
写真の1964はそんな最近リリースの50年熟成。
半世紀にわたる熟成により、樽感は強くタンニンもかなり出ているものの、求めているフレーバーはしっかり感じられました。

ロングモーン 41年 1966-2008 GM ケルティック 43.8% JIS向け

カテゴリ:
IMG_0952
LONGMORN
Aged 41 Years
Distilled 1966
Bottled 2008
Cask type 1st Fill Sherry Butt #5061
Exclusive Bottling For JIS
700ml 43.8%

グラス:エリート
量:30ml程度
場所:持ち寄り会(@S兄さん)
時期:開封後2年程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:黒砂糖や煮込んだダークフルーツのような淀みのある甘い香り立ち。かすかに絵の具、黒土っぽいほろ苦さ。徐々に強いウッディネス、香木のニュアンス、ビターでアイスコーヒーにあるような酸味も漂ってくる。

味:ウッディーでリッチな口当たり。まるでエスプレッソに焦がしカラメル、黒飴、湿った木材、微かにシナモン。
余韻はタンニン強くドライだが、序盤から漂う黒砂糖系の甘味とロングモーンらしいトロピカルなフルーティーさがじわりと戻ってくる。


ゴードンマクファイル、ケルティックシリーズの初期の頃のボトル。 工業規格じゃないほうのJIS向けです。
ケルティックシリーズはシェリー系のボトルが多く、かつ30年を超える熟成期間のものがほとんどであるため、基本的に色は濃いのですが、その中でもこれは"めんつゆ"的な黒さのあるロングモーンです。
こうして樽系のフレーバーが強く出たボトルは、得てして本来のポテンシャルを発揮するまでに時間がかかるものですが、開封からすでに2年ほど経過しているものの、未だに香味が開いてこないと持ち主のS兄さんが嘆いています。

飲んでみると明らかにスパニッシュオーク系のウッディーなフレーバー。最近のリリースで言うなら山崎シェリー2016系統です。
ケルティックのロングモーンは、ちょうど集中的なリリース時期と飲み始めが重なったこともあって、それなりに飲んできましたが、大体はアメリカンオークのシェリー系で、ファーストフィルの濃厚でドライなタイプであっても、合わせてトロピカルなニュアンスがしっかり備わっていました。

そう、これほど明らかにスパニッシュオークのフレーバーが満載なボトルはこの時代では珍しく、開く開かないっていう話ではなく、樽材的にこういうモノなんじゃないかなと感じてしまいます。
舌の上で転がし、飲み込んで息を抜いてみると、戻りの中に当時のロングモーンらしいフルーティーさが若干感じられるものの、やはり全体的にウッディーなエグみに、コーヒーチョコレートのような苦味と濃い甘みが残っていきます。

果たしてここから先、後半にあるフレーバーが開いてくるか・・・。
持論ですが、この手のスパニッシュシェリー系のボトルはブレンドに使うと素晴らしい効果を発揮するというイメージがあります。
同じロングモーンのシェリー感が足りないリフィル系のボトルに忍ばせたりすると、良い感じになるんじゃないかなと。 兄さん、いざとなったらそういう楽しみ方も、アリなんじゃないかなーと思う次第です。

ロングモーン 25年 GM 2010年頃流通品

カテゴリ:
LONGMORN
Gordon & Macphail
Aged 25 Years
700ml 40%

グラス:SK2
量:30ml以上(個人所有)
場所:自宅
時期:開封後2年経過
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:甘く華やかな香り立ち。最初は濃く入れた紅茶のようだが、程よいシェリー感と合わせて熟したトロピカルフルーツを思わせるフルーティーさが前に出てきて支配的に。また、オーキーな木香も感じられる。

味:甘くまろやかな口当たり、カラメル系のシェリー感、熟した黄桃、アプリコットジャム、ほのかに檜。後半は樽材由来のタンニンが程よく口の中を引き締めてきて余韻に繋がる。余韻はまったりとした甘みとフルーティーさが喉の奥から戻ってきて長く続く。


ゴードンマクファイルの蒸留所ラベルシリーズ、ロングモーンの25年。2010年頃の流通品です。
このシリーズのロングモーンの長熟は出来の良いモノが多い中で、25年は同時期に流通していた30年と比べて価格差があまり無いこと、口開け直後は硬くフルーティーさよりもウッディーな渋みや、新しい木材を思わせるトゲトゲした刺激が目だったことなどから、若干日陰者的な立ち位置にあったボトルといえます。

しかし1本じっくり飲んでみると、開封後1年経過したあたりから熟したトロピカルフルーツ、フェロモンを思わせるフルーティーさが前に出てきて、求めているロングモーンらしさ開いてくるのです。
度数は40%ですが香味そのものは濃さがあり、バランス良く飲み応えのある味わいです。惜しむらくは開かせた後だと中間で少しボディが弱く感じる部分があるのですが、家でゆるく飲むにはこれくらいのほうが杯が進んでちょうど良いと感じます。

このボトルに使われている原酒の蒸留年は、逆算すると1980年代。1980年代に入ったロングモーンの酒質から、ここまでのフルーティーさが出るのは違和感があるのですが、考えられるとすれば25年の原酒をメインとしつつも、30年や40年クラスの長熟をブレンドして、バランスをとっていたのかなと。
こうしたシングルモルトウイスキーを、ボトラーズでありながらバッティング加水で大量生産してしまうGMの原酒保有量と技術は、ただただ脱帽です。

国内には比較的数が出ていたボトルですし、もし当時価格(1万円前後)で見かけることがあったら購入をオススメします。最近爆発的に高騰してしまった1960年代~70年代初頭のロングモーン、その片鱗を味わうことが出来ると思います。

ロングモーン 31年 1964-1996 キングスバリー 59%

カテゴリ:

LONGMORN GLENLIVET
Kingsbury’s
Aged 31 years
Distilled 1964
Bottled 1996
Cask type Ex Sherry #52
700ml 59%

グラス:木村硝子古酒など
量:30ml以上
場所:個人宅(Whisky link イベント)
時期:開封後8〜9ヶ月程度
評価:★★★★★★★★(8ー9)

香り:熟したパイナップルや黄桃、ややミンティなアロマもあるフルーティーな強い香り立ち。ハイプルーフらしく勢いがあり、乾いた麦芽にオーク香、徐々にフェロモンを思わせる官能的な要素も感じられる。
グラスの残り香はドライフルーツとしっとりしたピートフレーバー、時間経過で土っぽさが強くなる。

味:ねっとりとしてパワフルな口当たり、フルーティーで厚みのあるボディ、黄桃、ドライマンゴー、麦芽、オーク。香り同様の強いフレーバーで後半には土っぽい苦味と淡いフローラルさ。
余韻は熟したトロピカルフルーツと土っぽさが混じった南国感と、オーキーで華やかなフィニッシュ。 

先日のWhisky linkイベントでのテイスティング。
最近煽りがキレキレな、どくずんだことGSさんの持ち込みボトル。
記載の通り非常にうまいロングモーンですが、肩に爆弾ならぬ地雷を抱えたボトルであり、いつどうなるかわからない不安要素も持ち合わせている薄氷のバランスが特徴です。

というのもこのボトル、パフュるんです。
一部ボトラーズリリースのロングモーンが、開封後の変化でパフュームが出ることはこのボトル以外にも経験しているため、ありえることとして認識してはいるものの、ほぼ同時に開封した2本のうち、1本は完全にパフュームで、今回の一本は危ういところでとどまっているという状況。気温変化なのか、加水調整で使用した水の影響か、衝撃や振動等が原因なのか、何れにせよ「逝くときは逝く」という感じでしょうか。

(8ヶ月前のテイスティング。右がパフュームが出ている、左側は今回のボトル。)

過去テイスティングされている中では最高評価のロングモーンの一つであり、パフュームのパの字もテイスティングコメントには出てきません。シェリー樽熟成ですがリフィルシェリーゆえ酒質由来のパイナップルやパパイヤなどの南国感を思わせるフルーティーさに加え、樽由来のニュアンスが底支えで脇役に回るバランスの良さ。
つまりその時点ではそうした要素は出ていなかったわけで、そこからの時間経過で徐々に隠れていたものが前に出てきたというか、化学変化が進んでしまったのだと推察します。

大丈夫だと思ってストックして、そしてパフュームだったら、その手のフレーバーがダメな人は口から泡じゃ済まないですね。
というかスペック的には最強で価格もすごいことになってるこのボトルを、2本も同時に開封して頂いたからこそわかるこの変化。1本目に関しては心中お察ししますが、非常に良い経験をさせて頂きました。

このページのトップヘ

見出し画像
×