カテゴリ

カテゴリ:グレンモーレンジ

グレンモーレンジ バカルタ プライベートエディション 46%

カテゴリ:

GLENMORANGIE
BACALTA
Private Edition No,8
700ml 46%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかく甘い香り立ち。アプリコット、オレンジママレード、おしろい、奥にはオーキーなウッディネス。バニラを思わせる甘みも開いてきて甘いアロマが充実している。

味: とろりとした口当たり。香り同様の甘み豊かな構成だが、麦芽風味の上にハチミツやママレードなどが乗っかっている印象が感じられる。余韻は舌をコーティングする粘性のある甘み、フレーバーティー。軽くタンニンが染み込むように残る。

いかにもモーレンジが作りそうな"あざとい旨さ"のハイランドモルト。嫌味の少ないフィニッシュで、よく出来ている。(前作より確実に良い。)
例えるなら、おとなしめな人がお化粧して美人になったよう。モーレンジ社らしい仕事が光っている。


毎年恒例のグレンモーレンジプライベートエディション第8段。同社は10年や18年、そして終売になってしまったアスターなど近年のハイランドモルトを代表するキャラクターを確立する一方で、「フィニッシュのパイオニア」という位置づけからか、プライベートエディションはフィニッシュモノが多く見られます。(第6弾のトゥサイルや第2弾のフィナルタなど、古典的なキャラクターでリリースされるものも有ります。)

今回のリリースは、マディラカスクでのフィニッシュモノ。海外情報によると、ベースとなるウイスキーはバーボン樽で10年間熟成されたものをベースに、2年間の追加熟成を行っている模様。つまり通常のグレンモーレンジ10年用の原酒の中から、原酒を選んで2年間フィニッシュしたもの・・・と言えなくもないですが、モーレンジ社のこだわりは樽にあります。
フィニッシュに使われたマディラカスクは、「納得のいく樽に出会えなかったから」という理由から、同社お得意のデザイナーズカスクのノウハウで2年間野外乾燥させたアメリカンホワイトオークを使ってオーク樽を組み、ポルトガル・マディラ島の醸造所に貸し出してイチから製造したとのことです。
DSC06049
(グレンモーレンジ蒸留所、敷地内の風景。手前は使い古された古樽だが、奥にはバーボン樽の数々も見える。デザイナーズカスクだろうか。Photo by K67)

メーカー発表によると、カスクの製造に使われたマディラは甘口で色の濃いマルムジー。ならばその味わいはさぞかし甘みが濃く、ウイスキーそのものの色合いも濃いのだろう・・・と思わせておいて、色合いは特段濃いというほどのものではありません。
他方、ドライで華やかなモーレンジ10年のハウススタイルに、マディラカスク由来と思しきオレンジママレードやフィナンシェなどの洋菓子を思わせる甘みが上乗せされていて、良い意味で判りやすく旨い。逆に言えば「露骨」あるいは「あざとい」ようにも感じられます。
こうして樽まで自社で作って、それなりのところに仕上げてくるあたり、フィニッシュに関するノウハウはグレンモーレンジに一日の長がありますね。

ちなみに「バカルタ」は20年ほど前にリリースされた、同グレンモーレンジのマディラウッドフィニッシュを参考にしているのだそうです。
初期の頃の同ボトルは中々見かけませんが、機会があれば飲み比べをしてみても面白いかもしれません。

グレンモーレンジ アルティザンカスク 46%

カテゴリ:

GLENMORANGIE
ArtisanCask
2004's
500ml 46%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで少し粉っぽいオーク香主体の香り立ち。白桃やドライアップルのようなフルーティーさ、ビスケットを思わせる麦芽香、徐々に若い酸味も感じられる。 

味:スムーズでほのかな粘性を伴う口当たり。香り同様にオーキーで華やか、白桃、蜂蜜、後半は厚みのある麦芽風味。余韻はピリッとスパイシーでドライなオーク香が長く続く。


グレンモーレンジがデザイナーカスクを発表する前、その前身として2004年に販売したのがアルティザンカスク(アーティザンカスク)です。
グレンモーレンジらしい癖のない麦芽風味に、柑橘や白桃を思わせるフルーティーなオーク香がマッチ。46%と加水されているため飲み口はスムーズで、バーボン樽にありがちなギスギスした木の香味も控えめ。後のアスターなどの試作品的な位置づけですが、素直に旨いと言えるボトルに仕上がっています。

デザイナーカスクは、日当たりの悪い斜面に生える木目の詰まったホワイトオークを、2年間天日干しで乾燥させ、4年間テネシーウイスキーを詰めて熟成に使用したもの。対するアルティザンカスクは、乾燥期間が18ヶ月と6ヶ月短く、それ以外は同じ仕様となっています。

このシステムを見て思い出すのがマッカランのシェリー樽製造方法。樽を作ってボデガに渡し、シェリーを詰めてもらうアレです。
このシステムはシェリー樽不足を補う目的がありましたが、バーボン樽は製法上手に入りやすく、しかも良質な原酒を払い出した後の良質な樽が多くあったであろう1990年代の時点で、アルティザンカスクのシステムを作ったのは流石の先見の明だと思います。


というのもここ最近、バーボン樽そのものの製法が変わってきており、良質な樽の確保が難しくなってきているそうです。
禁酒法廃止以降、バーボンそのものの需要は増減を繰り返しながら増えてきたわけですが、量産体制が敷かれる中で、樽に使用するオーク材を自然乾燥ではなく機械乾燥させる動きがでてきました。
機械乾燥では早く仕上がる代わりに、オーク材のアクが抜けきらず刺々しい味になるのだとか。
最近、同じ熟成年数でありながら、メロウな木香を感じない代わりにセメダインのような刺激を強く感じるボトルが、特に低価格のバーボンに増えてきています。原因は様々あるのでしょうけれど、大きくは樽の製法に違いがあると考えています。
(この辺もシェリー樽の件と同様にキッチリ深堀したいです。)

同じバーボン樽熟成でありながら、蒸留所がによって目指すべきフルーティーさが出ていなかったりするのは、こういうところの違いが出てるためなんだろうなと、改めてグレンモーレンジの凄さを感じました。

グレンモーレンジ TEN 10年 1990年代流通 国分取扱い

カテゴリ:
GLEN MORANGIE
TEN YEARS OLD
1990-2000’s
43% 750ml
 
グラス:創吉テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(OMC)
開封時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ドライで微かにケミカル。多少の癖もあるが素朴なアロマで、蜂蜜、青みがかった麦芽香、乾いたオーク、ほのかなピートフレーバーも感じる。

味:柔らかい口当たり、乾燥した麦芽風味、胡桃、カステラ、微かにドライアップルを思わせるフルーツと植物感。思いのほかバランスが良い。
余韻はドライで軽やかなスパイスが口の中を刺激する。

 
お久しぶりに飲みました、グレンモーレンジの旧ボトル。国分取扱いの正規品です。
現行品からは1つ前の時代にあたるもので、まだディアジオ傘下ではなくラグジュアリースピリッツだ、デザイナーズカスクだのハデなPRは無かったころ。
グレンモーレンジは現行品も安定感のある蒸留所の一つだと思いますが、やはり旧ボトルには旧ボトルの良さがあります。
10年クラスで比較すると現行品は華やかでライト、旧ボトルは落ち着きがあってボディが厚く、古典的なハイランドスタイルと言える風味も備わっていると感じます。
実はこの90年代には80年代ほどの良い印象は持っていなかったのですが、改めて飲むとそこはモーレンジ、バランスの良いまとまった味わいに評価を改めた1杯です。
 
そう、既に10年以上前の話。
グレンモーレンジが現MHDの傘下に入ると発表されたのは2004年のこと。
2005年には今回のグレンモーレンジTENがリニューアルし、現在も販売されているオリジナルとなります。
その後、グレンモーレンジの様々なリリースは我々愛好家を大いに楽しませてくれています。昨年で言えばトゥサイルは将来が楽しみなモルトでしたし、ライトピートのドーノッホも面白い出来でした。
こうして古きも知り、新しきも知ることで、2016年の同社の展開がさらに楽しみです。
 
とりあえず今年のプライベートエディションは以下がリリースされるようです。
ワインフィニッシュは突き抜けたボトルに当たったことが無いのですが、こいつはどうでしょうか。
個人的にはトゥサイル系の正統派をガンガン出して欲しいんですが・・・。
Glenmorangie Milsean

グレンモーレンジ コンパンタ プライベートエディション5th

カテゴリ:
GLENMORANGIE 
COMPANTA 
Private edition 
700ml 46% 
 
【ブラインドテイスティング】 
地域:ハイランド
度数:48%前後
樽:シェリーフィニッシュ?
熟成年数:20年程度
蒸留時期:1990年代前後
蒸留所:グレンドロナック、グレンモーレンジ(コンパンタ?)
暫定評価:★★★★★(5)

香り:硫黄感のあるシェリー香と覆いかぶさるような濃厚な甘さ。プルーン、イグサ、微かにチャーオークのニュアンス、時間とともに甘みが強く感じられる。

味:濃厚な甘さのある口当たり、タンニンの渋みからサルファリー、後半にかけてべったりとした舌触り、微かにベリー系の風味を伴う長い余韻。時間経過で生木や草っぽいニュアンスもある。


神田のBAR、エクリプスさんでのブラインドテイスティング。
何を頼むか悩んだので「先入観なしでテイスティングしたいので、トイレに行っている間に入れておいてください」と、なんでもアリアリで出題をお願いしました。
ノージングで一発、なんかモーレンジでいじったヤツっぽいなと。その後は飲めば飲むほど、モーレンジで色の濃い、PXかコンパンタくらいしか思い浮かばなくなっていました。
それは風味の傾向に加えて、バックバーの一番目に付くところにモーレンジが置いてあったという影響がないとは言い切れないのですが、まてまてマスターがそんな目の前にあるような出題するか?と、やってはならない邪推を始め、最終的には2択予想、グレンドロナックで保身に走る。その
結果、 オフィシャルドロナックでは見られないシェリーフィニッシュとい う珍解答が成立しています。
蒸留所当てではなく、先入観なしにウイスキーを楽しむのが目的だったのに、思いっきり先入観と蒸留所当てに囚われている自分がおりました(笑)。


さて、そんないい加減ことをやってしまった蒸留所予想はさておき、まあ度数やフィニッシュであることなどは、おおよそ感じた通りでした。
コンパンタは2014年にリリースされた、グレンモーレンジのプライベートエディション第5弾。ワイン樽でフィニッシュした原酒と、甘口酒精強化ワイン樽でフィニッシュした原酒をバッティングしたものです(詳しい事はぐぐってください)。
シェリーフィニッシュにしては違和感のある甘さが混じったので( ?)としましたが、回答を聞いて納得です。
リリース直後に口開けを飲んだ時は、赤ワインのニュアンスを強く感じたコメントを書いていたのですが、今回は酒精強化ワインの影響を強く感じました。
当時は自分があまりワイン系になじみが無く、回線がそっち側に集中したのか。あるいは、開封後時間が経ったボトルだったので、その変化もあるのかもしれません。

自分の2014年当時のコメント。
"濃厚な甘さと焦げ感を感じるアロマ。チャーオーク、ナツメヤシ、奥から薬草のような香りも感じられる。口当たりは甘口、香りとは裏腹にそこまで濃厚ではなくスムーズに飲める。酸味は控えめだが甘酸っぱさもある。プルーン、チャーオーク、ブラウンシュガー、フレーバーティー、フィニッシュはドライで漢方のような薬草香の戻り。"

このボトルに限らず、グレンモーレンジのプライベートシリーズ等を飲んでみると、作り手の上手さというか、シングルモルトづくりにおける技術とノウハウを感じます。サントリーにも同じような印象を持つことが多々あり、どこか悔しい気持ちを持ちつつも、いつの時代も安定したリリースが続くんだろうなという、安心に近い気持ちを感じてしまいます。

コンパンタはゲール語で友情という意味。最近いくつか新しいBARを開拓させてもらいましたが、お客とお店の良い関係を築けていければいいなと思います。


キングスバリー カロデン 11年(2004-2015)61.4% ブレンデッドモルトウイスキー

カテゴリ:

中身不明とされているキングスバリーのニューリリースブレンデッドモルト。
カロデンと言えば、スコットランドの地名であり、有名な「カロデンの戦い」。
そのカロデンの近くにあり、かつて「カロデンの戦い」を銘打ってリリースされたボトルがある蒸留所といえば・・・グレンモーレンジです。

グレンモーレンジはボトラーズからリリースされない蒸留所として有名ですが、最近はモーレンジの原酒にほんの少し他社のモルトを混ぜて、味はグレンモーレンジながら名目上はブレンデッドモルトとしてリリースされる機会が多くなっています。
いわゆるティースプーンモルトと呼ばれるものですね。
リリースされたばかりの本品ですが、サンプルを飲ませていただける機会がありました。


【テイスティング】
香り:少しドライな香り立ちだが、蜂蜜、ハーブ、リンゴの白い部分を思わせる品のいいバーボンオーク香。加水すると甘さが引き立つが、溶剤のようなアロマも。

味:香り同様フレッシュで華やかなオークフレーバー主体。バニラ、ドライフルーツ、徐々に樽材由来の渋み、ほろ苦さ。余韻はピートも感じられる。

モーレンジと言われればモーレンジ、それも最近増えてきたライトピーテッドタイプ。
やや単調で、少し若さゆえのクセもありますが、ハイプルーフのカスクストレングスらしく飲みごたえがあり、余韻で感じられるピートフレーバーが、単調になりがちなオーク主体の味わいを引き締めています。
モーレンジって樽いじり系はともかく王道タイプはあまり外さない印象で、このボトルも結構レベル高いですね。
BARで見かけたら、改めて飲んでみようと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×