カテゴリ

カテゴリ:グレンモーレンジ

グレンモーレンジ アスター 2017年リリース 52.5%

カテゴリ:
GLENMORANGIE 
ASTAR
2017 Release
700ml 52.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしたドライな刺激と軽やかなオーク香、干し草を思わせるウッディネス。淡くバニラ、あまり熟してない洋梨を思わせる甘い香り。

味:乾いたウッディネスのドライな口当たり。ほのかにオレンジ、薄めた蜂蜜のような軽いコクのある甘み、徐々にスパイシー。全体のバランスが良く、余韻にかけて綺麗に酒質と樽感が繋がる。
フィニッシュはドライでスパイシー、オーキーな華やかさを伴い長く続く。

ハイプルーフらしくスパイシーな刺激はあるが、シャープな方向に全体のバランスが整っており、洗練されている印象を受ける。加水すると乾いた麦芽風味、クリーミーな口当たりが際立つ。


グレンモーレンジの新しい旅(アスター)の始まり。5〜10年前頃から飲んでいた愛好家には非常に馴染み深く、バーボン樽と言えばコレという代表的な銘柄だったアスターが遂に復活しました。
旧ボトルとなるかつてのアスターは、2008年に発売され、2012年に終売。流通量が多かったためその後も姿を見ていたボトルですが、こうして復活するとなると感慨深い想いがあるのは私だけではない筈です。

旧アスターはグレンモーレンジの樽に対するこだわり、研究の成果とも言えるバーボン樽"デザイナーズカスク"を用いて熟成された銘柄。パワフルで華やか、はっきりとしたオークのフレーバーが魅力でした。(デザイナーズカスクの詳細はぐぐってくださいw)
思えば2008年当時、これほど露骨にバーボン樽由来のフレーバーを前面に打ち出したオフィシャルリリースはハイランドモルトにはなく、飲み手に衝撃を与えたのは勿論、その流通量から現在のシングルモルトの代表的なスタイルを広く認知させたのも、この1本だったように思います。

では今回のリリースはというと、その血脈は形を変えつつも受け継がれています。
まず旧ボトルとの違いですが「より洗練されている」と言うのが第一印象。
旧ボトルのアスターは露骨なオークフレーバーというか、バーボン混じってませんか?というくらい樽感が濃く、荒さもあって、「開封後1年した方がフルティーさが開いて美味しい」なんて意見もあったほど。
新しいアスターはその辺りの余剰な樽感が削ぎ落とされ、オーキーな華やかさがありつつも、スレンダーで綺麗なモルトに仕上がっています。

度数が57.1%から52.5%に低くなったことか、あるいは構成原酒の熟成年数が変わったか、スレンダーと評したように全体の線は細くなりましたが、このボトル単体で考えればこれはこれというバランス。あと何よりグレンモーレンジのハイプルーフは、スパイシーで華やかな味わいが麦芽風味と馴染んで美味いんです。
上述のバランスの良さと合わせ、口開けからあまり時間が経ってないにも関わらず、美味しく楽しむ事が出来ました。

国内への正規輸入はまだ始まっていませんが、並行品は入荷が始まっているようですので、そう遠くないうちに正規品も展開されるのではないでしょうか。
今後のメーカー発表が楽しみです。

グレンモーレンジ タグタ TAGHTA カスクマスターズ 46%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
The TAGHTA
Cask Masters Selection 2014
No Aged
700ml 46%

グラス:グレンケアンテイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:シェリーオークの甘いアロマ。バニラシロップ、サルタナレーズンやプルーン、徐々に乾いた草、アメリカンオークのウッディーな香りも感じられる。

味:香り同様粘性のあるとコクのあるシェリーオーク、ビスケットや焼き芋っぽい甘みと香ばしさ、ドライプルーン、舌の上からのしかかってくるよう。
余韻は徐々にウッディでドライ、少し焦げ感と干し草を思わせるニュアンスが感じられる。

とろりとしたシェリーオーク系の甘いニュアンスが主体的でわかりやすい味わい。香味のそれは近年系で、また味の後半にかけては違う樽のキャラクターも感じられ、フィニッシュらしい大味な構成。開封後の時間経過で一体感がさらに出てくれば面白い。


グレンモーレンジが2013年、いつの間にか開催していたファン投票で、ネーミング、ラベル、樽などのスペック、所謂コンセプトが決められたという1本。
TAGHTAはゲール語で「選ばれた者」という意味で、グレンモーレンジのお家芸とも言えるフィニッシュはバーボン樽熟成の後、マンサニージャ・シェリーカスクにて。

選考経緯を調べると、グレンモーレンジオリジナルをベースに3タイプのフィニッシュ(グランクリュ・バーガンディー、グランクリュ・ボルドー、そしてマンサニージャ・シェリー)が作られ、シドニーのSMWSメンバーによるテイスティングの結果選ばれたのが今回のリリース、マンサニージャ・シェリーカスクフィニッシュだったのだとか。
それが2014年の発売から約3年後の今になって、日本正規品の流通が開始されていた訳です。

そう言えば昔「モレンジでこんなコンテストやるみたい」なんて話を聞いた記憶があったような無かったような。。。あれは発売後の話だったか、あまり興味がなかったのでうろ覚えです。 
グレンリベットでも同じようなことしていましたね。ネットの普及でユーザー参加型の企画はやりやすくなりましたから、どんどんやって欲しいなと思います。
もっとも、この手の企画で選ばれるのはシェリーカスクやピーテッドが多そうですが。。。


それにしても日本正規品が本国から数ヶ月から1年程度遅れるのは割と良くあることですが、限定品で3年、これはかなりの遅延です。
ボトラーズリリースでは協会の審査通すのに時間がかかったりで1年以上遅れるのはよくありますが、ひょっとして海外でそこまで人気出なかった?とか勘ぐってしまいます。

なんてどうでもいいこと書きなぐってますが、実際テイスティングした際は、上記背景は把握しておらず、またニューリリース出したのかとか思っていた程度。スペックも含めて完璧に後付けですw
その分、先入観なくテイスティング出来たとも言えるわけですが、ほのかな酸味を伴う近年系シェリー感がしっかりと、そこにオーク由来の甘みとウッディネスが混じる。良く言えばわかりやすい仕上がりで、一定の評価はされるだろう、そこまで悪くはない構成です。

ただ、メーカーPRにあった「塩味」はコクっぽい感じはあったものの、元々感じ取るのが苦手な香味なので、正直よくわかりませんでした。
素性が分かった上でもう一度飲んだら、響くものがあるのかもしれません。

グレンモーレンジ  オリジナル 1974-1999 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE 
ORIGINAL 
Distilled 1974
Bottled 1999
Bottled No,638/2000
500ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Gosse
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ウッディな渋み、カラメルの甘みや葡萄を思わせるフルーティーさ、華やかな熟成香が香る。微かにスモーキー、時間経過で干し草、土っぽいアロマも感じられる。

味:香り同様にウッディな渋み、シェリーオークのとろみのある甘み、フルーティーさ。コクがあるが中間以降はビターでドライ。ほろ苦いカラメルソースの甘み、古酒感、タンニンを伴う長いフィニッシュ。

香りは強い熟成感がありリッチで充実しているが、樽感が強くウッディでテイスティング時点ではアンバランスさを感じたモルト。モノは間違いないが、もう少し甘みが開くことを期待したい。


グレンモーレンジが2000年の到来を記念するセールスの一つとして、2000本限定でリリースした1本。このころはグレンモーレンジに限らず様々なメーカーが記念ボトルをリリースしており、当時の潤沢な原酒状況もあって、高い評価を受けているボトルも少なくありません。
今回の1本は、ボトル形状が100年くらい前のそれをイメージさせるレトロな形状。推測ですが、1900年年代最後の年のボトリングとして、この100年の始まりである1900年頃のボトルをイメージしたのかなと感じました。


その構成はテイスティングの通りシェリー系のニュアンスが強く出た香味。酒質が穏やかなグレンモーレンジで20年を超える熟成というだけあってか、加水でありながらシェリーオークの甘みや果実味の他に結構ウッディで渋みも強くあり、樽由来のキャラクター、熟成感がわかりやすいボトルに仕上がっています。

強いウッディネスは、テイスティング中の時間経過で甘みが強くなってくる変化もありましたので、今後の変化に期待したいボトルでもあります。グレンモーレンジは現行品の関係からバーボンというイメージが強いものの、決してそれだけに合う酒質じゃないのは今回のボトルからも伝わってきますが、もう一方で30年を越えるような長熟向きというわけでもないんですよね。


こちらのボトルは、目黒のBAR Gosseさんの1周年記念で開栓されたうちの1本。
オープン直後に遊びに伺ってから早いもので、1年間あっという間でした。。。これからもウイスキーファンの間口を広げる、気軽にウイスキーを楽しめるお店として活動していって欲しいです。


(BAR GOSSE 1周年記念開栓ボトル4本。)
https://www.facebook.com/gosse.meguro/

グレンモーレンジ 10年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_5250
GLENMORANGIE
10 YEARS OLD
Single highland malt
1980-1990's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:軽やかでドライな香り立ち。干し草やニッキ、微かにハーブを思わせるスパイス香、蜂蜜、ウッディなアロマに少し生っぽいニュアンスが混じる。時間経過でドライオレンジやレモンピール、麦芽香も開いてくる。

味:コクのある口当たり。バニラ、蜂蜜、少し硬さのある洋梨を思わせる甘みから、じわじわとほろ苦い麦芽風味、干し草っぽさ、微かに青みを帯びている。
余韻は心地よい刺激を伴い、ほろ苦くビター。乾いた麦芽、木の削り屑、柑橘のワタ。染み込むように長く続く。

乾いた木の樽香と麦芽風味主体。やや野暮ったさ、言うならば磨ききれていない要素もある印象だが、それがいいと言えるオールドスタイルのモルト。
ストレートはゆるくのんびり楽しめるだけでなく、ハイボールが良好。ソーダがウッディーな香味を引き伸ばし、適度に厚みのある酒質がバランスの良い飲み心地にも繋がっている。宅飲みハイボーラー。

IMG_5253

1960年代から1990年代初頭までリリースされていた、グレンモーレンジの「10年表記」ラベル。
デザインが時代時代で大きく変わるので一目瞭然ではありますが、10年、TEN、そして現行品のオリジナルと系譜が続いているボトルで、今回のボトルは10年表記時代の末期、1980年代後半から1990年ごろにかけてリリースされていた1本です。

この頃のボトルは日本の正規業者である国分が精力的に展開したため、市場流通量の多いボトルでした。今でもグレンフィディック、カーデュー、グレンリベットなどと並んでBARや国内オークションで見かけることの多いオールドボトルです。
絶賛高騰中のウイスキー市場においても時に現行品と大差ないお手ごろな価格で手に入るだけでなく、そのポテンシャルはお値段以上二○リ。宅飲みで使うにはうってつけです。
酒質は程よい厚みのある甘さ、そこに綺麗なオーク香で華やかな・・・というには荒削りで、ニッキやハーブなどスパイスを思わせる香味が主張する。グレンモーレンジの素に近い姿、例えるなら田舎っぽさの残る味わいが、テイスティングの楽しさに繋がり、逆に魅力であるわけです。

グレンモーレンジ10年の香味は、これ以上古いボトルになると麦芽由来のフルーティーさが強くなる傾向がありますが、今回テイスティングしたボトルあたりから現行品に至るまでは同じベクトル上にあると感じます。
その中で、現行品のグレンモーレンジ・オリジナルは「野暮ったさ」あるいは「田舎っぽさ」と感じる要素がが少なく、洗練されて都会的で綺麗で華やか。
飲み比べてみると、メーカーが求める方向性や、酒質の変化がわかりやすく、ただ美味しさの違いだけではない、時代での変化を見る上でいい経験になると思います。


グレンモーレンジ 18年 43% 1990年代流通

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Single Highland Malt
Years 18 old
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子エールホワイトワイン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかで艶のあるシェリー香。サルタナレーズン、リンゴのカラメル煮、果実香がしっかり感じられる濃厚なアロマ。奥には削った木材のような香りも感じられる。

味:とろりとしてコクのある口当たり。甘酸っぱくウッディなシェリー。オレンジママレード、レーズン、バニラ、徐々に麦芽風味。淡いピートがウッディな苦味とともに染み込むように残る。

軽い陶酔感を纏った熟成香が素晴らしい。濃厚な樽香に引きずられがちだが、中間から余韻にかけては酒質由来の味わいもあり、バランスも良好。余韻の苦味が蓄積するように残っていくので、ストレートで時間をかけながらじっくりと楽しみたい。

久しぶりに飲んだグレンモーレンジの2世代前オフィシャル18年。10年と異なり18年が発売されたのは1990年代に入ってからで、こちらはその免税向けの1本です。
グレンモーレンジ18年はどの世代のボトルも美味しく、現行品でも1万円以内で飲んでおくべき1本の代表格と言えますが、ドライでオーキーな現行品に比べ、今回の旧ボトルはそのキャラクターが大きく異なる、一言で美味しいボトルです。

グレンモーレンジと言えばバーボン樽でピート控えめ、ライトで華やかな酒質。。。というのが、こと近年の通常ラインナップのスタイルです。
そこから考えると違和感があるやもしれませんが、70年代蒸留あたりまではシェリー樽もそれなりに使っていましたし、ピートも多少感じられ、厚みのある酒質でした。
その違いは今回の18年を筆頭に、過去のボトルを飲めば一目瞭然。果実が熟したような艶やかな甘さ、バニラ、麦芽系の風味を挟んでスモーキーさがアクセントとして広がる。古典的なハイランドスタイルを地で行きつつ、シェリー樽原酒が魅力的なニュアンスを加えているのです。

もちろん、樽が良かったと言われればそれまでで、近年のシェリー樽の状況で無理やり使っていくよりは、現行品18年に感じられるようなリフィルのホグスヘッドのそれに留めておくのが得策とは思います。(実際、シェリー樽系のグレンモーレンジが現行品でもリリースされていますが、突き抜けて素晴らしいものがあるかというと。。。)
古き良き時代を味わえる1本。この時代のボトルは国内オークションでもモノがないわけではなく、値上がり傾向ながらぶっ飛んだ価格になってないのも魅力。1日の終わり、自宅でゆったりこういうモルトを飲めたら最高です。

このページのトップヘ

見出し画像
×