カテゴリ

カテゴリ:グレンモーレンジ

グレンモーレンジ 15年 43% 2000年代流通

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Aged 15 years
2000's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml
場所:個人宅(@TWD氏)
開封時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでスパイシーな香り立ち。ドライパイナップル、バニラ、やや青みがかった干し草、ナッツ、オーク香が充実しており、少々あざといが華やかなアロマ。

味:香り同様、ドライな飲み口から広がるスパイシーで華やかなオークフレーバー。奥にはおしろいを思わせる麦芽風味、適度なコクも感じられる。
余韻はオーキーで華やかだが、合わせてえぐみを伴うバニラの甘み、粘性、ウッディネスが現れて長く続く。

何ともわかりやすい、あるいはやや過剰とも言える樽香が魅力でもある。酒質は程よい厚みがあり、バランスは悪くない。ストレートで。


2007年に現在のボトルへのラインナップチェンジと合わせて終売となった、グレンモーレンジの15年もの。
昨日投稿したようにグレンモーレンジのスタンダードラインナップは、現行オフィシャルの中でも評価が高い事に異論を挟む余地はあまりないように感じますが、旧ボトルには旧ボトルの良さがあり、この15年もまた根強いファンのいるボトルとなっています。

グレンモーレンジ15年は、バーボン樽で熟成した原酒を、1年間アメリカンホワイトオークの新樽でフィニッシュ。アメリカンからアメリカンという、少し特殊な熟成リレーで作られています。
その狙いは・・・香味に感じられる、強いオークフレーバーでしょうか。合わせてえぐみやスパイシーな刺激もあり、よく言えばわかりやすく、率直に言えば荒削りというか野暮ったさすら感じる。それが、このボトルの魅力であるとも言えます。現行品18年あたりと飲み比べると、その違いがわかりやすいですね。
(副産物として得られた、リフィルバージンオークフレーバー樽の行方についても気になるところです。)

旧ボトル時代、2000年ごろのモーレンジは、現在のそれのように洗練された味わいではなく、その他のラインナップにも共通する田舎っぽさがありました。
この15年もまた、そうしたニュアンスに、お化粧したような樽の香味。これと決めた個性以外は削ぎ落として洗練していくスタイルもいいですが、この時代のボトルには、逆にそれが味わい深さとなり、愛される要素となっているのだと思うのです。

グレンモーレンジ 18年 43% 750ml オフィシャル

カテゴリ:
グレンモーレンジ18年
GLENMORANGIE
EXTREMELY RARE
Aged 18 years
750ml 43%

グラス:木村硝子 テイスティンググラス
場所:個人宅(@TWD氏)
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでドライ、オーキーな香り立ち。干し草、バニラやおしろいを思わせる麦芽香、ドライパイナップル、微かにオレンジのフルーティーさ。

味:オーキーでフルーティー。りんごのコンポート、白桃、微かにミントぽい植物感、ジンジャーシロップ。ボディは軽めでやや樽感主体。
余韻はドライで乾いたウッディネス、華やかで長く続く。 

華やかでバランス良く、グレンモーレンジらしさが詰まった 1本。 まさにラグジュアリー。樽由来の良い部分がメインで作り手の技術も垣間見える。ロックやハイボールも悪く無いが、特段必要性を感じない。ストレートでじっくりと。


現行品の中で、1万円以下でオススメと言われたら、まず名前が出るであろう銘柄の一つ。そう言えばレビューを掲載してませんでした。
モーレンジらしい乾いた麦芽や植物感に、華やかなオークフレーバー。原酒構成としてはバーボン樽で熟成させた後、シェリー樽による再貯蔵をしているそうですが、あまりシェリーシェリーする感じはないですね。
それこそリフィルシェリーホグスヘッドが少し混じってるかな、くらいのバランス感で、上から覆いかぶさるようなフィニッシュ特有の味付けとは異なり、アメリカンホワイトオークのそれがメインであると感じます。

グレンモーレンジ18年が、なぜ評価されるのか。それはひとえにこの華やかな樽香、それに由来するフルーティーさにあると考えられます。
開封直がは硬さがありますが、りんごのコンポート、あるいは白桃。パイナップルを思わせるオークフレーバー由来のフルーティーさ。シェリー樽由来か、少しオレンジを思わせるフルーティーな香味もあります。

酒質は素直で樽由来の香味を邪魔せず、加水も合わさって良い塩梅に。同10年にも同じベクトルのニュアンスはありますが、若いというか樽感が軽く、好ましいニュアンスは18年に多くあるイメージ。スコットランドの気候的に、適齢期とも言える20年に近い熟成期間もプラスに作用しているのでしょう。
こうした香味はハイランドモルトらしさの一つでもあり、麦芽風味、華やかな樽香とはこういうもの、と言う基準も作れるボトル。入門者からコアユーザーまで、幅広く支持される、完成度の高い1本です。


さて、冒頭の話題に関連して、直近リリースのオフィシャルから1万円程度でこれというボトルを地域別に進めるなら、自分の中では以下となります。

アイラ:アードベッグウーガダール
アイランズ:タリスカー18年
ハイランド:グレンモーレンジ18年
スペイサイド:ノッカンドゥ21年
キャンベルタウン:保留
ローランド:選外

MHD系列強し。大手資本が入っていると、生産や原酒管理が安定するのか、オフィシャルの品質も平均して高いように感じます。
キャンベルタウンはスプリングバンクのラベルチェンジ後をまだ飲めていないので保留。そしてローランドは衰退しました。
・・・いや、数年前までリリースされてたオーヘントッシャン21年とか悪くなかったんですけどね。
今のオフィシャルは本当にモノが無く、この価格帯では選外とせざるを得ませんでした。グレンキンチー18年とかこの価格帯でリリースされないかなぁ。
後で記事にまとめようと思ってますので、もしこれというボトルがありましたら教えてください。

グレンモーレンジ 10年 1981-1991 ネイティブロスシャー 59.6% #978

カテゴリ:
IMG_4241
GLENMORANGIE
THE NATIVE ROSS-SHIRE
Years 10 old
Distilled 1981.2.5
Bottled 1991.4.17
Cask No,978
750ml 59.6%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)(!) 
※ストレートでの評価。加水の変化で加点有り

香り:乾いた木や干草の強い香り、ニッキやクローブを思わせるスパイシーなニュアンスと、ハイトーンで鼻腔を刺激するアタック。奥からはパイナップルやオレンジなどのドライフルーツ、バニラの甘み。時間経過でスパイシーさが和らぎ、オーキーで華やかなアロマが前に出てくるが、かなり時間がかかる。

味:ねっとりとした口当たり、大麦のクリーム、蜂蜜を思わせる甘みと砂糖漬けのオレンジピール。あわせて乾いたウッディネス、香り同様ハイトーンな刺激が広がっていく。ボディは強く、しっかりとしている。
余韻はヒリヒリとしてスパイシー、フレッシュで香り同様に木材を思わせるフレーバーと、若干のえぐみが残る。

ストレートでは荒削りだが、加水すると香味のバランスが段違いで良くなる。まろやかさとコクを感じる口当たりから麦芽風味、ほろ苦いウッディネスにオレンジピール。麦芽香と華やかなアロマが心地よく、素晴らしいポテンシャルを秘めている。
      
(ネイティブロスシャーはボトルを一周する独特なラベルが採用され、裏側下部分には、蒸留・瓶詰め年月日、樽番号など原酒のスペックが書かれている。)

グレンモーレンジの意欲作にして、名作の一つとする呼び声もある10年ナチュラルカスクストレングス、ネイティブロスシャー。
何が意欲作かというと、このリリースが行われた1990年代初頭は、スコッチウイスキーの消費量のうち95%以上がブレンデッドウイスキーという時代。40%台に加水した通常リリースのシングルモルトというだけでも少数派である中、シングルカスク、そしてカスクストレングスで樽出しのオフィシャルリリースを展開したことにあります。

同仕様は、ボトラーズリリースであれば珍しくありません。1990年代初頭、ボトラーズメーカーが今ほどない時期でも、シグナトリーやケイデンヘッド、そしてGMなどからのリリースがあります。
また、オフィシャルリリースでは、複数樽をバッティングしたシングルモルトのハイプルーフ(フルストレングス)は、マッカランやボウモア、リンクウッドなど一部メーカーからリリースがありましたが、通常ラインナップとしてのシングルカスクは現代でも数が限られます。
特にグレンモーレンジは、ボトラーズリリースが極めて少ない蒸留所だけに、シングルカスクの存在はより一層貴重と言えます。

上記はネイティブロスシャーに同封されているパンフレット。文章の随所に感じる前時代感はさておき、テイスティングにおける「ノンチルフィルター」「樽出しの微妙なニュアンス」とする香味の多彩さをPRしています。
(今発売されれば大注目のリリースですが、当時はその魅力を伝えるのに相当苦労しただろうと思われます。)

実際飲んでみると約60%のカスクストレングスだけあって、力強いアタックと共にシングルカスクだからこそのアロマ、フレーバーがダイレクトに飛び込んでくる感覚。樽材由来と思われるスパイスや木材の香味一つ一つの存在が、はっきりと感じられます。
10年熟成で、まだまだ荒削りな部分はありますが、この突き抜けた感覚は複数樽をバッティングした43%加水の通常リリースでは得難いもの。媚びない旨さ、と言いますか。このスペックだからこそ味わえる、通好みの味わいがあります。
Ross-shireはグレンモーレンジ蒸留所のある地名、Native は原産、土地由来のものを指す言葉。まさにこれというリリースですね。


余談ですがこのボトル、7年前に自分が本格的にウイスキーを飲み始めた頃に手に入れたものと同じ樽番号でした。
飲んだ印象はほぼ変わらず。ああ、そう言えばこんな感じだったなと。あるいは、いやちょっと丸くなったか?でも相変わらずだな、とも。
おそらく経年変化で完成度を高めるためには、後20年くらいは瓶熟が必要なレベル。しかしこれはこういうボトルとして楽しむものとも言えます。
今回、とある縁から自分の手元に来たこの2本。偶然の出会いに感謝しつつ、大切に飲んでいこうと思います。

グレンモーレンジ バカルタ プライベートエディション 46%

カテゴリ:

GLENMORANGIE
BACALTA
Private Edition No,8
700ml 46%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかく甘い香り立ち。アプリコット、オレンジママレード、おしろい、奥にはオーキーなウッディネス。バニラを思わせる甘みも開いてきて甘いアロマが充実している。

味: とろりとした口当たり。香り同様の甘み豊かな構成だが、麦芽風味の上にハチミツやママレードなどが乗っかっている印象が感じられる。余韻は舌をコーティングする粘性のある甘み、フレーバーティー。軽くタンニンが染み込むように残る。

いかにもモーレンジが作りそうな"あざとい旨さ"のハイランドモルト。嫌味の少ないフィニッシュで、よく出来ている。(前作より確実に良い。)
例えるなら、おとなしめな人がお化粧して美人になったよう。モーレンジ社らしい仕事が光っている。


毎年恒例のグレンモーレンジプライベートエディション第8段。同社は10年や18年、そして終売になってしまったアスターなど近年のハイランドモルトを代表するキャラクターを確立する一方で、「フィニッシュのパイオニア」という位置づけからか、プライベートエディションはフィニッシュモノが多く見られます。(第6弾のトゥサイルや第2弾のフィナルタなど、古典的なキャラクターでリリースされるものも有ります。)

今回のリリースは、マディラカスクでのフィニッシュモノ。海外情報によると、ベースとなるウイスキーはバーボン樽で10年間熟成されたものをベースに、2年間の追加熟成を行っている模様。つまり通常のグレンモーレンジ10年用の原酒の中から、原酒を選んで2年間フィニッシュしたもの・・・と言えなくもないですが、モーレンジ社のこだわりは樽にあります。
フィニッシュに使われたマディラカスクは、「納得のいく樽に出会えなかったから」という理由から、同社お得意のデザイナーズカスクのノウハウで2年間野外乾燥させたアメリカンホワイトオークを使ってオーク樽を組み、ポルトガル・マディラ島の醸造所に貸し出してイチから製造したとのことです。
DSC06049
(グレンモーレンジ蒸留所、敷地内の風景。手前は使い古された古樽だが、奥にはバーボン樽の数々も見える。デザイナーズカスクだろうか。Photo by K67)

メーカー発表によると、カスクの製造に使われたマディラは甘口で色の濃いマルムジー。ならばその味わいはさぞかし甘みが濃く、ウイスキーそのものの色合いも濃いのだろう・・・と思わせておいて、色合いは特段濃いというほどのものではありません。
他方、ドライで華やかなモーレンジ10年のハウススタイルに、マディラカスク由来と思しきオレンジママレードやフィナンシェなどの洋菓子を思わせる甘みが上乗せされていて、良い意味で判りやすく旨い。逆に言えば「露骨」あるいは「あざとい」ようにも感じられます。
こうして樽まで自社で作って、それなりのところに仕上げてくるあたり、フィニッシュに関するノウハウはグレンモーレンジに一日の長がありますね。

ちなみに「バカルタ」は20年ほど前にリリースされた、同グレンモーレンジのマディラウッドフィニッシュを参考にしているのだそうです。
初期の頃の同ボトルは中々見かけませんが、機会があれば飲み比べをしてみても面白いかもしれません。

グレンモーレンジ アルティザンカスク 46%

カテゴリ:

GLENMORANGIE
ArtisanCask
2004's
500ml 46%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで少し粉っぽいオーク香主体の香り立ち。白桃やドライアップルのようなフルーティーさ、ビスケットを思わせる麦芽香、徐々に若い酸味も感じられる。 

味:スムーズでほのかな粘性を伴う口当たり。香り同様にオーキーで華やか、白桃、蜂蜜、後半は厚みのある麦芽風味。余韻はピリッとスパイシーでドライなオーク香が長く続く。


グレンモーレンジがデザイナーカスクを発表する前、その前身として2004年に販売したのがアルティザンカスク(アーティザンカスク)です。
グレンモーレンジらしい癖のない麦芽風味に、柑橘や白桃を思わせるフルーティーなオーク香がマッチ。46%と加水されているため飲み口はスムーズで、バーボン樽にありがちなギスギスした木の香味も控えめ。後のアスターなどの試作品的な位置づけですが、素直に旨いと言えるボトルに仕上がっています。

デザイナーカスクは、日当たりの悪い斜面に生える木目の詰まったホワイトオークを、2年間天日干しで乾燥させ、4年間テネシーウイスキーを詰めて熟成に使用したもの。対するアルティザンカスクは、乾燥期間が18ヶ月と6ヶ月短く、それ以外は同じ仕様となっています。

このシステムを見て思い出すのがマッカランのシェリー樽製造方法。樽を作ってボデガに渡し、シェリーを詰めてもらうアレです。
このシステムはシェリー樽不足を補う目的がありましたが、バーボン樽は製法上手に入りやすく、しかも良質な原酒を払い出した後の良質な樽が多くあったであろう1990年代の時点で、アルティザンカスクのシステムを作ったのは流石の先見の明だと思います。


というのもここ最近、バーボン樽そのものの製法が変わってきており、良質な樽の確保が難しくなってきているそうです。
禁酒法廃止以降、バーボンそのものの需要は増減を繰り返しながら増えてきたわけですが、量産体制が敷かれる中で、樽に使用するオーク材を自然乾燥ではなく機械乾燥させる動きがでてきました。
機械乾燥では早く仕上がる代わりに、オーク材のアクが抜けきらず刺々しい味になるのだとか。
最近、同じ熟成年数でありながら、メロウな木香を感じない代わりにセメダインのような刺激を強く感じるボトルが、特に低価格のバーボンに増えてきています。原因は様々あるのでしょうけれど、大きくは樽の製法に違いがあると考えています。
(この辺もシェリー樽の件と同様にキッチリ深堀したいです。)

同じバーボン樽熟成でありながら、蒸留所がによって目指すべきフルーティーさが出ていなかったりするのは、こういうところの違いが出てるためなんだろうなと、改めてグレンモーレンジの凄さを感じました。

このページのトップヘ

見出し画像
×