カテゴリ

カテゴリ:余市

ニッカウイスキー 余市 10年 2001-2011 マイウイスキー作り払い出しボトル

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
YOICHI
Aged 10 Years
Distilled 2001
Bottled 2011
750ml 56% 

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット強
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:焦げた麦とグラッシーな香味のあるエステリーな香り立ち。ハイトーンでな甘み、ハーブのニュアンスもある。

味:スパイシーでエステリーな口当たり、香ばしい麦芽風味、淡いピートフレーバー、蜂蜜シロップのような甘みも感じる。ボディは厚くフレーバーに濃さがあるがやや単調。余韻はドライでエステリー、ドライアップルの華やかさ、香ばしい風味が長く残る。

ニッカが1年間のうちに複数回実施しているマイウイスキー作り、その10年目を迎えて払い出されたボトルの1本。2001年のイベントで詰められ、2011年にボトリングされています。

当時はまだ業界関係者などを中心にイベントが展開されており、確か本格的に一般募集が始まったのは2002年ごろだったと記憶しています。
また、2000年頃まではリフィルバーボンホグス樽が使われていたものの、2001年にベストオブベストで新樽の余市が世界一を取ったためか、あるいは新樽のほうが品質が安定しやすかったためか、2002年頃から新樽貯蔵にシフト。そう考えるとこの2000年から2002年ごろはマイウイスキーに大きな変化があった年といえます。
今回のボトルはというと、樽感や度数などから新樽系ではなくリチャーを控えめに仕上げたリフィルバーボンホグスでは無いかなと。また、スモーキーさ、ピーティーさも控えめで樽材由来のエステリーなフレーバーをメインに感じます。

自分は2009年にマイウイスキーに参加しており、ボトリングまであと3年半となりました。あの当時からウイスキーは好きで6年間ひたすら飲んできたわけですが、その気持ちは今も変わっていません。
マイウイスキーのボトルは一人決められた本数まで8000円程度で購入することが可能とされており、勿論上限いっぱいまで購入する予定。余市好きな自分としては、ボトリングが今から楽しみです。

シングルモルト余市 NA ピーティー&ソルティ 蒸留所限定2015年リリース

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
YOICHI
Distillery Limited
Peaty & Salty
(No Aged)
180ml 55%

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:ツンとしてドライ、若さを連想する酸味のある荒いピーティーな香り立ち。 ハーブ、薄めた蜂蜜、徐々にメープルシロップのような甘い樽香と、クラッカーやトースティーな香ばしいアロマが開いてきてバランスが取れてくる。さらに飲み薦めると淡くヨード香、余市モルトのキャラクターがしっかりと感じられる。

味:エッジの立った力強く荒い口当たり。ヨーグルトの酸味、ニューポッティーな若い麦芽風味と焦げた樽香。
中間からピーティーなフレーバーと樽感が主体、余韻にかけて広がっていく。
余韻はエッジの鋭い塩気とスパイスが舌を刺激し、香ばしい麦芽風味と石炭や土っぽいピーティーさが長く残る。


余市蒸留所で限定販売しているシングルモルトウイスキーの一つ。
ピーティー&ソルティ、ウッディー&バニリック、シェリー&スウィートと、使用する樽や麦芽の系統によって、余市のオフィシャルボトルが持つキャラクターを際立たせたシリーズになっています。
同シリーズはこれまで12年表記のものがリリースされておりましたが、ジャパニーズウイスキーブームからくる原酒不足で終売となり、昨年11月頃にノンエイジバージョンとして再びリリースされました。
やっぱり蒸留所限定が無いのは寂しいですから、ノンエイジでもあると嬉しいですね。

ニューリリースがどういう仕上がりなのか非常に気になっていましたが、中々飲む機会に恵まれず。。。すると先日、同蒸留所を訪問したウイスキー仲間のマッスラーKさんが買ってきてくださった&自宅まで送って下さいました!
いや、これは感動しました。酒の縁というか人の縁というか、自分はつくづく恵まれています。ピーティー&ソルティーの塩味が際立って感じられたのは、きっと気のせいじゃないんでしょう。

感謝したところで、中身に関しては冷静に、ドライに飲んでいきます。
NA化したのである程度覚悟はしていましたが、やはり旧ボトルの12年に比べると若さを感じます。また、樽感が薄くなっており、特に口開け時は樽香が開いていないこともあって、かなりドライでニュートラルなタイプに感じられました。(この時点ではかなりガッカリしました。)
しかし徐々に樽香が開き、余市らしい甘くトースティーな香りが前に出てきました。要所要所で若いフレーバーは見えるものの、逆に塩気は前のボトルより感じやすくなったくらいで、このレベルなら悪くはないよねと。
評価は悩みましたが、時間経過で良くなっていく変化をポジティブに評価して5-6固定で。苦しい原酒事情の中で頑張ってるなと感じる1本です。

ニッカウヰスキー 余市 15年 1976年蒸留 1991年ボトリング 58%

カテゴリ:
YOICHI 
NIKKA WHISKY 
Years 15 Old 
Distilled 1976 
Bottled 1991 
Cask type Sherry #126121 
750ml 58% 
 
グラス:サントリーテイスティング
量:30ml以上
場所:個人宅
時期:開栓1か月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:甘く香ばしい香り立ち。うっすらと硫黄、焙煎した麦芽、メープルシロップ、微かにプルーンの酸味、ピーティーなニュアンスもある。時間経過で鞣し皮や少し発酵したような癖、魚の煮付け、漁港を思わせる匂いが漂う。

味:かりんとうのような香ばしい甘さ、微かにサルファリー。薄めた黒蜜、土っぽいピートフレーバー、松の樹皮、ねっとりと粘性がある。酒質は余韻はドライでスパイシー、ほろ苦く淡いウッディーさを伴う長い余韻。

 
スコッチに限らずジャパニーズも相当量飲んできましたし、実質的な蒸留年ではこのボトルより古いものもありました。しかし今回のボトル、ニッカのシングルカスクとしてはおそらく最古のビンテージになるのではないかと思います。
とある卸業者が独自にボトリングしたもので、1976年蒸留で58%、驚異的なスペックです。
いやーこういうボトルもあるんですねえ、存在すら知りませんでした。

飲んでみると重めの酒質、パワフルで香ばしい麦芽風味、ベースの部分は余市らしく、それは1990年代も1980年代も、そしてこの1970年代もあまり変わってないように感じます。
ただ一番の違いは樽なんでしょう。要所で面白い風味を感じる仕上がりに、その場にいる全員が唸っていました。
 
別途頂いた資料から、熟成に使われた樽はスパニッシュオークシェリーカスクであることはわかっています。シェリー樽由来と思しきフレーバーが適度にあり、通常テイスティングする分には悪くないウイスキーです。
ただスワリングすると香るんですよね、漁港の香りというかナンプラーというか、少し発酵したような独特の癖が。
補足すると決して状態が悪いわけではなく、ボトリング後のオフフレーバーに類するものは感じられません。なので、元々使った樽にそうしたシェリーが少量入っていたか、あるいは樽の保存状態によるもので、このようなフレーバーが混じってしまったのではないかと思います。

何れにせよ大変貴重なボトル。70年代余市のシングルカスクというだけでも、ウイスキーファン垂涎の1本であることは間違いありません。
今回のボトルはウイスキー仲間の集まりで、自転車仲間でもあるKさんが持ち込まれました。
本当に貴重なボトル、ありがたい限りです。Kさんとはオフィシャルボトル探求の旅もしようと話をしており、引き続きお世話になります!

ニッカウイスキー 余市 2000's 蒸留所限定 シングルモルト

カテゴリ:
RIMG0131
NIKKA WHISKY
YOICHI 2000's
500ml 57%
 
【ブラインドテイスティング】
地域: ジャパニーズ
蒸留所:余市
熟成年数:5〜10年程度
蒸留時期:2000年代
樽:リフィルバーボン
度数:60%程度
評価:★★★★★(5)

香り:乳酸系の若い香り、ヨーグルト、焦げたピート、ニューポット。ヨードのニュアンスはあまり感じない。

味:パワフルな口当たり、ピーティー、香り同様コゲ感あり、松の木、ドライアップル、微かにワクシー。
ボディは厚く後半に蜂蜜を思わせる甘みの盛り上がり、余韻はピーティー、アルコール感強くヒリヒリする。

総評:若くピーティーでハイプルーフ。ボディのある酒質で、これが熟成すればどんどん良くなっていきそう。


Wemmyさんからのブラインドテイスティング2問目。1問目はこちらから。
ルールも変更なし、ノーヒント、縛りなしのブラインドです。
今回はイメージ通りの結果で一安心。余市の若いボトル、たぶん蒸留所限定の5年か2000’sのどちらかだろうなと思っていたので、余市の最近の姿と自分のイメージにズレが無いことが確認出来て良かったです。また、興味がありながらも飲んだことが無いボトルでしたので、その経験も収穫でした。

このボトルが販売されたのは2015年の4月頃、同じく発売された1990’sと1980’sは、それまで販売していた5年刻みの限定品用原酒の在庫から対象原酒をブレンドしただけだったのか、あっという間に姿を消してしまいました。
2000’sは2000年から2009年頃にかけて蒸留された原酒が使われており、熟成期間としては5~15年のバッティング。樽構成はリフィル系が多いのか、ニュートラルな樽感で最低限角が取れた程度の風味、すなわち若さが強く感じられます。これは自分が飲んだ中では、現行品の余市NAで感じられた風味と共通する要素でもありました。
酒質そのものの味としては、メーカーのコメントそのままに、ヘビーで重さがあり、焦げたようなニュアンスもある。これだけ読むとまさに余市のハウススタイルです。
このボトルを単独で飲んで美味しいとは言い難いですが、蒸留所の個性、酒質のニュートラルな部分を味わう教材としては、蒸留所限定品の務めを果たしていると思います。

なお、余市の蒸留所限定品は昨年12月頃からリニューアルし、2000’sに加えて55%でNA仕様のシェリー&スウィートとピーティー&ソルティ、そしてウッディー&バニリックが販売されています。
これらは一度爆買い対象となって売り切れたようですが、2~3月頃から再度供給が開始されるという情報もあります。新しい蒸留所限定も飲んでみたいですね。

ニッカウイスキー 余市10年 蒸留所限定シングルカスク 新樽熟成 樽番号419536

カテゴリ:
余市蒸留所限定、2014年に終売となる直前まで販売されていた、 新樽熟成の10年モノです。
色が濃いので一見するとシェリー樽とも間違えそうですが、この樽番号はウイスキー仲間複数名が蒸留所で確認しておりますので、新樽で間違いは無いかと。 実際、バーボンかと見紛うほどのチャーオークフレーバーは、通常のシェリー樽とは異なるものです。 

YOICHI 
SINGLE CASK 
10 years old 
Cask No 419536 
500ml 57% 

評価:★★★★★★(6)

香り:チャーしたオーク材のアロマが強く香る。豊富な木材感は、松の木を連想させるクセや微かなセメダイン臭を伴う支配的なアロマだが、他にはカステラの茶色い部分、メープルシロップ、アーモンドの香ばしさ。少量加水すると艶のある熟成香とトースティーな麦芽風味、ピートもある。

味:粘性のある口当たり。ウッディーで香り同様にチャーオークのフレーバーが主体的。ボディーは厚く、熟したバナナ、カラメルソース、中間以降はスパイシーで黒土を思わせるピート香、焦げた木材、フィニッシュはタンニンが舌にしみこんで水分が揮発していく、ドライで長い。加水するとバランスが良くなる。


新樽といってもいくつかパターンがあり、それは内側の焼き(チャー)具合の違いが大きく、今回のボトルのように色が濃いタイプは内側をしっかり焼いており 、大量のエキスが原酒に溶け出て短期間で原酒が仕上がる代わりに、長期熟成には向かず、 また繊細な味わいも失われやすいというデメリットもあります。
このタイプの樽で得られる香味はまさに「バーボン」です。 受け皿がグレーンなのか、モルトなのかの違いで、乗っかっている香味は同じモノ。 線の細い原酒だと腰砕けになって樽の味しかしなくなってしまうのですが、 トースティーで骨格のしっかりした余市原酒がこれを 支えて、余市らしさを形作っているように感じます。

先日テイスティングしたピーティー&ソルティーに感じたチャーオーク系のフレーバーもまた、この風味でした。
終売となった余市20年にもシェリー等のその他の原酒に混じって、この傾向の濃い樽の風味を感じるので、ある程度しっかりチャーした樽が使われているように感じます。もちろん新樽のみならず、リメードバーボン樽 (2回目のバーボン樽をリチャーしたもの)も使われているのでしょう。

ただ、蒸留所限定のシングルカスク20年(新樽熟成)や、先日発売された余市ヘビリーピーテッドはオフィシャルの資料に「新樽熟成したヘビーピート原酒」とありながら、こうした「チャーオーク香」はほとんど感じなかったため、今回テイスティングした10年とは、使われている樽に違いがあるのだと感じます。

樽の個性がわかりやすく、その中に蒸留所の個性もある。万人向けのラインナップとは一味違う尖った風味、加水での開き方も良い。
蒸留所のワクワク感がそのまま自宅で味わえる、良いボトルでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×