カテゴリ

カテゴリ:評価無し

ニッカウイスキー ノースランド 角瓶 1970年代流通 特級表記

カテゴリ:
NORTHLAND
NIKKA WHISKY
SPECIAL GRADE
1970's
720ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:評価無し

香り:埃っぽさを伴う乾いた穀物香、メンソール、ウォッカのようなアルコール感。時間をおいても香りがあまり立たない。

味:ピリピリとしたアルコールの刺激を伴う口当たりから、べったりとしたシロップのような甘み、淡いモルティーさ。
余韻はハッカ飴、ドライであまり強くなくじんわりと染み込むように消えていく。


ニッカウイスキーの、そして竹鶴政孝の理想を形にした記念すべきブレンデッドウイスキーが、ノースランド角瓶(1973年発売)です。
1960年代中頃、カフェ式蒸留機の導入で念願の本格ブレンデッドウイスキー作りが可能となっていたニッカウイスキー。その中で竹鶴政孝は、スコットランドでの経験からウイスキーをより味わい深くするには、異なる地域で蒸留、熟成したモルト原酒が必要であると考え、さらなる理想のために新しい蒸留所の建設に向けて動き出します。

そして紆余曲折の末、1969年に竣工した宮城峡蒸留所で蒸留、貯蔵されたモルト原酒に、余市蒸留所の原酒、さらに当時は大阪の西宮工場で生産されていたカフェグレーンをブレンド。
竹鶴政孝の理想がまさに結実した新商品が、このノースランドだったわけです。
(1970年にはグランドニッカや、リニューアルしたスーパーニッカがリリースされているので、宮城峡の原酒も使われているかもしれませんが、3年未満で理想とは言いがたく。)

ノースランドは今回紹介している特級規格の角瓶と、2級規格の丸瓶がリリースされていました。
背面ラベルやニッカのPRでは「北海道余市のハイランドモルト、宮城峡のローランドモルト、カフェグレーンをブレンドした、まろやかでコクと気品ある味わい、Gentleタイプのウイスキー」と、ハイランド、ローランドはこの時期から使ってたのか。。。とか、Gentleタイプなる聞きなれない単語に時代を感じます。
他方、ノースランド角瓶の1970年代流通は、理想が結実したと言いつつも、日本のウイスキー黎明期といえる原酒20%程度な味わい。経年を差し引くと当時はソフトでクリーン、飲みやすいウイスキーだったのではないかと思います。
1980年代になると比較的モルティーな風味もはっきりしてきて、原酒の熟成、ウイスキーメーカーとしての成長を感じることも出来ます。

時代の区別については、1970年代はラベルに埋め込まれている赤いエンブレムが、1980年代頃からラベルとしてプリントされるようになるので、非常にわかりやすいです。
ちなみに、ノースランドは1980年代に終売となったものの、余市蒸留所のショップ名称として現在まで息づいています。

笹の川酒造 安積蒸留所 ニューポット 2016年蒸留 63%

カテゴリ:
IMG_3211
ASAKA
SASANOKAWA SHUZO
NEW POT
Disitlled 2016.12.26
Bottled 2017.01.13
250ml 63%

香り:酸味が強く、ドライなアルコール感と微かに発酵臭を伴うアロマ。加水すると乾燥させた麦芽、おかき、無糖のシリアルを思わせる香ばしさを感じる。

味:軽くスパイシーな口当たり、最初はニューポットらしい乳酸系で微かに発酵したような酸味、口の中で転がすとオイリーで香ばしい麦芽風味が主体的に。
余韻は麦芽系のフレーバーが後を引きつつあっさりとしている。
ボディはミドル程度、加水するとバランスがとれて口当たりは柔らかくまろやかに。

まごうことなきモルトウイスキーのニューポット。どこか垢抜けていない素朴なニュアンスを伴う、個性のプレーンなハイランド系統の仕上がり。
酸味が多少強いが、発酵臭や温泉卵のような硫黄系の要素は少なく、加水の変化を見ても素性は悪くないと感じる。
中長期熟成向けの原酒であると感じる一方、今後蒸留のノウハウやイメージが蓄積する中で、どのような方向性で蒸留所のキャラクターが洗練されていくかを見て行きたい。

笹の川酒造が昨年操業した安積蒸留所、そのニューポットが福島県を中心に出荷されました。
蒸留は2016年12月26日、ボトリングは2017年1月13日で、年末を挟んだこともあり、この約3週間はタンクの中でボトリング待ちだった模様。
そう言えば昨年告知された福島屋商店の樽オーナー制度の樽詰めは、2017年3月ですから、これと同系統の原酒が使われるのかもしれません。

今年中にはピーテッドモルトの仕込みも行われる予定とのことで、この酒質でピーテッドであれば、アイランズ系統の中々楽しめるモルトができるのではないかと感じています。
地元に蒸留所が稼働を開始しただけでも嬉しい事ですが、活発な動きがあるのはなおの事。今後も引き続き紹介していきたいです。

(安積蒸留所のポットスチル。間接加熱式でストレートヘッド。三宅製作所製。)

日本に限らず各蒸留所のニューポットをテイスティングすると、それぞれに特徴があり、狙っているキャラクターで違いが出ていることがわかります。
ニューポットが熟成していく過程や、熟成を終えて製品化された後、その全行程から作り手はフィードバックを受けて、目指すキャラクターを絶えず調整していきます。

対して、まだ稼働し始めたばかりのクラフトディスティラリーは、一定期間熟成させたマイルストーンとなるリリースがないため、先をイメージしながら原酒を作っていくことになります。
例えるなら連載開始時点の漫画のようなもので、書かれ続けるうちに、画風とキャラクターにも変化があり、徐々に個性が洗練されていくようなもの。
安積蒸留所のニューポットも、このリリースが完成形ではなく、様々な原酒が作られ、ノウハウが蓄積し、目指す個性がはっきりとしていくのだと思います。

今回のリリースだけでなく、津貫、長濱、そして今年中には厚岸、三郎丸、静岡といったその他の蒸留所からもニューポットのリリースがあると思いますが、彼らのスタート地点に立ち会えるというのは、この時代にウイスキーを飲んでいたからこその楽しみでもあります。

ニューポットは決して美味しくはないもので、将来の姿に思いを馳せて楽しむものです。(プラス地元の酒であれば、それだけで感慨深いものも。)
10年後、20年後にリリースされているであろう製品から、2017年の今を振り返った時、どのような個性が育っているのか。
願わくばその時代まで、日本のウイスキー産業が成長を続けていることを祈って、今回の記事の結びとします。

イチローズモルト 清里フィールドバレエ 26th & 27th 記念ボトル

カテゴリ:

KIYOSATO FIELD BALLET
27th Anniversary & 26th Anniversary
Blended Whisky
Ichiro's Malt
2016's & 2015's 
700ml 48%

山梨県の"萌木の村"で開催されている、日本で唯一連続上演され続けているバレエの野外公演、清里フィールドバレエ。
その開催25周年を記念して2014年にボトリングされた第1弾から始まり、第2弾(26周年)、第3弾(27周年)で2016年まで計3種類、記念ウイスキーのリリースが続いています。

昨年末、同施設の村長である舩木さんから、手紙と共にこの記念ボトルのサンプルを頂きました。
本ブログをご覧になってくださっているだけでなく、こうしたお気遣いはただただブロガー冥利に尽きる話です。
折角なので、子育て中で外飲み出来ない妻と一緒に楽しませて頂きました。 

清里フィールドバレエ記念ボトルはそれぞれ生産者が異なり、25周年はサントリー。26周年、27周年はイチローズモルトが所有する原酒を使って限定生産しています。
25周年ボトルについては以前記事にしており、今回改めてテイスティングしたわけですが、やはり素晴らしいピュアモルト。グレーンを使っていない中であれだけの一体感に加え、熟成した原酒が織りなす美しいフレーバーを妻も絶賛していました。

そして今回の記事では、イチローズモルトがブレンド、ボトリングした26周年と27周年記念のブレンデッドウイスキー2本にスポットを当てて、レビューをまとめます。
こちらは双方とも羽生蒸留所の原酒をベースに、川崎蒸留所のグレーンをブレンドしたロストディスティラリーの共演。ブレンダーは勿論、肥土伊知郎氏です。
なんとも贅沢な飲み比べですが、そうする事で見える共通のキャラクターや、ブレンドの違いもありました。

26周年記念ボトルは、1990年蒸留25年熟成の羽生モルト原酒に、1982年蒸留33年熟成の川崎グレーンがベース。
27周年記念ボトルは、同じく1990年蒸留の羽生モルト原酒に、グレーンは約40年熟成の川崎グレーンをブレンド。
樽構成はどちらもバーボンの古樽やシェリー樽が中心のようで、イチローズモルトの原酒保有状況を考えると、同メーカーで考えうる最長熟、気合の入った組み合わせである事が伺えます。
(実際、ブレンドにあたり肥土氏はサントリー響30年を越えるウイスキーを作る事を目標としていたそうです。)

まずどちらにも共通するのが、羽生原酒らしい強めの樽香。熟成環境や樽構成からくる、ウッディーで酸味を伴う香味がいかにもらしさとして感じられます。
そこにグレーンの存在感は26周年ボトルの方が強く出ており、バニラや蒸した穀類を思わせる甘みが強く。対して27周年はモルトが強いのか樽感メイン、シェリー樽原酒由来の甘みと燻したようなアロマ、ハーブのような爽やかなニュアンスも感じられました。

こればかりは原酒の質や選択肢にも限りがあったと思うので一概には比較できませんが、サントリーのそれとはそもそもの育ち、ベースが異なる感じですね。
都会的で洗練された味わいに対し、イチローズモルトのブレンドは田舎の古民家を思わせる、荒削りでありながらどこか懐かしい。。。そんな気持ちにさせてくれるウイスキーでした。
観劇の構成で言う序盤は美しく華やか、中間から後半は様々な動きと伏線が絡まる重々しい内容。今年は起承転結で言うフィニッシュに当たるわけですが、何かしらリリースの動きがあるとは聞いており、今から楽しみです。
舩木さん、貴重な体験をありがとうございました!


【テイスティングノート】
◆イチローズモルト 清里フィールドバレエ 26周年記念 48%
香り:濃い甘さと酸味を伴う木香。一瞬華やかな熟成香を感じるが、すぐに古民家を思わせる香り。徐々に焦げた木のニュアンス、微かにハーブの爽やかさが開いてくる。
少量加水すると蒸した栗のような甘みや、その渋皮を思わせる渋みが前に出てくる

味:ウッディーでえぐみも伴うドライな口当たり。焼き芋、カラメルソースがかかったバニラ、古い梅酒を思わせる落ち着いた酸味と古酒感。余韻は一瞬刺激を感じるがまったりとした甘みとほのかなえぐみが長く続く。
少量加水すると余韻にかけてスパイシーな刺激を強く感じる。

◆イチローズモルト 清里フィールドバレエ 27周年記念 48%
香り:香り立ちは甘い樽香、燻したような焦げたアロマ。梅のような酸味、ツンとハイトーンなエッジとハーブの爽やかさ。加水すると古い樽由来のえぐみを伴う。

味:スパイシーな口当たり、ブルーベリーやサルタナレーズンの甘み、じわじわと古樽由来のえぐみが開いてくる。
余韻はスパイシーでウッディ、梅ジャムの酸味、微かにハーブ、濃く出した紅茶の渋みを伴い長く続く。
加水するとくるみを思わせるナッティさ、モルティーな旨味がある。

ファルネーゼ エディツィオーネ No,15 チンクエ アウトークトニ 14%

カテゴリ:
IMG_3080
FARNESE
EDIZIONE
Cinque Autoctoni
No,15
Lot 2013
750ml 14%

今日はちょっと脱線して、最近ヒットだったワインの紹介です。
そのスジの人なら知らない方が少数であろう、イタリアの超有名ワイナリーであるファルネーゼ。
同社のラインナップの中で特に有名なのが、カサーレ・ヴェッキオ。フルボディな赤が好みなら、フランスの"よくわからないコンテストで金賞取ったワイン"なんかより断然オススメできる1本で、それ以外の銘柄も迷ったらとりあえず、という中に入ってくる、人気と実績のあるワインの生産者です。

今回紹介するエディツィオーネは、ファルネーゼのラインナップでハイエンドに位置する1本。
特徴的なのが、所謂スーパープレミアムワインという上位グレードにありながら、ラベルに醸造年の記載が無く、格付けもイタリアワインの中では最も低い"VdT"となっていること。(そしてボトルが一般的なものより一回り分厚く、やたら重い(笑)。)
その経緯は、縦に長いイタリアの北から南まで、複数の畑で収穫した葡萄5種類を別々に醸造・熟成させ、年毎の状況に応じてブレンドしているため。ビンテージも畑もバラバラとなり、イタリアの規定上ではビンテージを付けられず、格付けも低くなっているのだとか。
ウイスキーで言うところ、複数蒸留所と複数ビンテージを使ったノンエイジ表記のブレンデッドみたいなものですね。

通常、ワインの製造行程は、そのワイナリーが所有する畑で作られた葡萄が用いられるわけですが、村名ワインだったり、桶買いなども多く、畑と葡萄が複数となることも珍しいことではありません。 
特に安価なワインに多く見られ、それらが全て微妙とは言わないものの、まあピンキリですよね。
良く作ろうと思えば様々な品種や畑の良いところを掛け合わせてすばらしいものが作れるし、その逆も叱り。
そしてこのエディツィオーネはどうかと言うと・・・「品質が全て」という同社の方針を体現するかのように、実にはっきりと旨い赤ワインなんです。

IMG_3081

香りは開封直後から甘く華やかで、ブルーベリージャムやダークチェリー、微かに燻したようなスモーキーさ。時間経過でクランベリーを思わせる香りも開いてきます。
口当たりはどっしりとしてフルボディ。陰干し葡萄のアマローネを思わせる濃い甘みと果実味、奥に梅干の酸味。中間から余韻にかけて感じられるタンニンはきめ細かく、濃い赤にありがちなくどさがなくすっきりと消えていくバランスの良さ。
大胆にして繊細というか、人によってはあざといと感じる味わいかもしれませんが、個人的に「イタリアワインは気難しいことなく、わかりやすいのが良い」と思ってるので、"良いイタリアの赤"としてすんなり受け入れられました。
今すぐ飲んでもこの通りポテンシャルを発揮しますが、5年くらい熟成させても面白そうです。

ウイスキー的な視点で考えると、こういう構成はシェリー系が好きな人の琴線に触れるものがあるように感じます。
また、うちの妻はワインは白派で、赤はよほど良いもので無い限りは受け付けないのですが、これは好みに合った様子でおかわりまで。結構万人受けする味なんじゃないかなとも。
料理との相性も中々良く、先日は鴨と合わせましたが鉄板の組み合わせ。先週末は鳥と豚の合びき肉のおろしハンバーグですが、ケンカすることはありませんでした。
それ単体で楽しめる上質な味わいがありながら、食事にも合わせやすい。気軽に楽しめるところが良いですね。

IMG_3069

ちなみにこのワイン、F1レーサーであるミハエルシューマッハのお気に入りで、パレット単位(1パレット600本)で購入して、サーキットから私生活まで、様々なシーンで使っていたそうです。
実は何も知らずに購入して、後から調べて「へー」となったのですが、いやはやこんなワイン毎日飲めたら幸せだろうなぁと。
この他、ワイン雑誌のコンテストで全イタリア銘柄の中でトップだとか、こだわりの製法(詳細)とかは、グーグル先生にお伺いを立ててください。 

市場価格は1本4000円ほど。デイリーとしたら高いですが、スーパープレミアムワインとしてはお買い得な価格設定。味から考えても充分アリです。
ちょっとしたパーティーや、記念日などで贅沢な食事を家でするときのお供に良いかもしれません。

ニッカウイスキー レアオールド 角瓶(新角) 1950年代流通 37%

カテゴリ:
IMG_2951
NIKKA WHISKY
Rare Old
Finest Malt Pot Still
1950's
500ml 37%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★(4)※
※香味は参考程度

スーッとしたアルコール感にザラメを思わせる甘さのあるアロマ。やや甲類焼酎やウォッカにも共通するニュアンス。口当たりは甘みがあまり無く、プレーンで序盤はウォッカのようだが、徐々に干し藁を思わせる軽い香ばしさ、ピートを思わせるほろ苦さがピリピリとした刺激と共に余韻で開いていく。
決してウイスキーとしておいしいと言えるボトルではない。日本のウイスキー史を学ぶ上での教材ボトルであり、香味については参考程度として楽しむ1本。


ニッカウイスキーの歴史を語る上で、避けては通れないレアオールド角瓶。今回のボトルの解説をするためには、話を1940年まで遡る必要があります。
1934年、竹鶴政孝が北海道余市に蒸留所(大日本果汁株式会社)を創業、その後1940年に第一号ウイスキー・レアオールド角瓶を発売、これが今回のボトルにも使われている"ニッカウイスキー・レアオールドラベル"の系譜の始まりとなります。
第一号ウイスキーは発売直後に勃発した太平洋戦争などの影響から一般市場にほとんど出回ることなく歴史の闇に消え・・・1950年、酒税法改正により公定価格が廃止される中、経営基盤を作るために竹鶴政孝が涙を飲んで3級ウイスキーの発売に舵を切ります。

「わしゃこんなもん出さんぞ」
このあたりのストーリーは、ドラマ・マッサンでも語られた話であるため、ご存知の方も多いかと思います。
こうして発売されたのがニッカウイスキー・スペシャルブレンデッドウイスキー(丸瓶、角瓶、ポケット瓶)であり、今回のレアオールド角瓶(新角)です。
前置きしたように、ラベルの表記が「Rare Old NIKKA WHISKY」で統一され、デザインもラベルサイズ程度しか変わらないため、パッと見では蒸留所に展示されている第一号ウイスキーに見えますが、実際は発売から10年後のボトルということになります。

(画像引用:ニッカウイスキーデータベース、読売新聞1951年12月12日紙面よりhttps://www59.atwiki.jp/nikka/sp/pages/403.html)

ニッカの3級ウイスキー発売に当たっては、「原酒は上限の5%まで入れる」「着色用のカラメル色素は自社で製造」という話が有名です。
今回のボトルは1952年の酒税法改正(3級表記→2級表記)と、本社が日本橋に移転した後の1953年以降のボトルではありますが、上限いっぱいまで入れるという企業方針は変わっていないようで、口に含むとザラメのような甘さ、甲類系のブレンド用アルコールの風味が主体的ではあるものの、余韻にかけてはスモーキーでピーティーなほろ苦い味わいが淡く残り、当時のジャパニーズらしい時代を感じさせる風味とあわせて、竹鶴政孝のこだわりを体感することが出来ます。
IMG_2965
(ハイボールについても当時のウイスキーらしく飲みやすさ重視で、黎明期の味わいだが、ストレート同様にほのかなピートフレーバーが余韻にかけて感じられる。)

このボトルは東日本大震災で被災した、とある酒屋に眠っていたという1本。外観はつい先日作られたかのように美しく、発売から半世紀を越えているとは思えない状態を保っています。
我が家にこのボトルが巡ってきた縁に感謝しつつ、ウイスキー仲間とのイベント等で興味関心を持っているファンに飲んでもらえるように使っていきたいと思います。


ご挨拶:新年明けましておめでとうございます。今年の1発目はニッカ第1号。。。とはいきませんでしたが、その系譜からスタートです。
本年もよろしくお願いします!

このページのトップヘ

見出し画像
×