カテゴリ

カテゴリ:評価無し

ドメーヌ ド フォンフォタン フルーリー 12.5% クリュ ボジョレー

カテゴリ:
DOMAINE DE FONFOTIN
2011
FLEURIE 
Cru Beaujolais
750ml 12.5%

香りはイチゴ系のベリー感、果実香豊か。酸味は落ち着いているがフレッシュさもまだ残している。奥から微かに木材やミネラル、ブラウンシュガー。
口当たりは柔らかく、新酒のガチガチとした硬さはない。香り同様のベリー感に染み込むタンニン、フィニッシュは葡萄の皮を思わせる苦味と適度な酸味が残る。


今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。昨晩日付変わると同時に、またフライングで昨日のうちに飲まれた方も多いのではないでしょうか。
ここで「高い金払ってあんな不味いもの・・・」なんてアンチな主張をするつもりはありません。
これはお祭り、お祭りは楽しんだもの勝ちですからね。

ただ、ボジョレー・ヌーヴォーは、ボジョレー地区においてブドウの収穫を祝い、そしてその出来を確認することを目的に作られる、試作品とも言える新酒です。 
おそらく日本では、ボジョレーヌーヴォーだけ飲んで終わってしまう人が大半ではないでしょうか。
毎年「ブドウの出来」だけは確認して、その後通常の製法で作られるワインの出来は確認していない。これはちょっと勿体無いなと感じてしまいます。

また毎年この時期は、誰が付けたかわからないボジョレー・ヌーヴォーの評価(キャッチコピー)も話題になります。
なぜか毎年出る"10年に1度クラス"という、ドラフト会議も真っ青なあの指標。
今年の評価は「今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる。一層溌剌としていて、優美さという点でもレベルが高い」のだそうです。
なんというこの既視感。。。はさておき、せっかく毎年評価が出ているのですから、評価されたワイン(ブドウ)の行く末を確認しないというのも、勿体無いと思うわけです。

そんなわけで、今年の解禁日はヌーヴォーではなくボジョレー地区のワインを飲もう、という企画を一人考え、Google先生にまずはお伺いすると・・・ヌーヴォーしか出てこない。
Googleの日本語検索アルゴリズムは、すっかりボジョレー=ヌーヴォーに染まっています。
まあ世界への出荷量のうち、半分が日本で消費されているという統計もありますから、検索結果がこうなるのも自然なことなのか。
ならばと会社帰りに信濃屋さんで「ヌーヴォーじゃないボジョレーワインあります?」と聞いて出てきたのが、今回のドメーヌ・ド・フォンフォタン フルーリー2011です。


フルーリーはボジョレー地区の中にあるクリュ・ボジョレー(ボジョレー地区の中でも特に優れたワインを作っていると認定されている10地区)の一つ。
ちなみに、2011年のボジョレー・ヌーヴォーの評価は「過去最高と言われた2009年に匹敵する」「21世紀最高の出来栄え」とする、総じていつもの高評価を受けたグッドビンテージです。

元々ボジョレー地区のワインはガメイ種を使って、その特徴からフレッシュな果実香に比較的軽いワインが多いとのことですが、だからこそ5年ほどの熟成はちょうど良い塩梅と言えそうです。
今回のワインもスイスイ飲めてしまう飲み口に、好ましい要素としてイチゴ系の果実感。余韻のタンニンがしっかり蓄積するタイプですが、普段ウイスキーを飲まれている方ならそこまで気にならないと思います。
むしろベリー系のニュアンスは、ウイスキーにおけるグッドシェリーカスクに通じる要素としても感じられるので、抵抗なく楽しめるのではないでしょうか。
21世紀最高の出来栄えかはわかりませんが、普通に美味しいワインだと思います。

このワインが2000円しない中、新酒は3000円前後が珍しくないのは、エアーでの輸送コストなどの上乗せがあるにしても、市場効果だなぁと感じてしまいます。
いよいよ今日が本番のボジョレー・ヌーヴォー解禁。これから飲まれる方、あるいはもう飲まれたという方。次はボジョレーワインを試されてみてはいかがでしょう。

笹の川酒造 安積蒸留所ニューポット ピーテッドモルト初蒸留記念 63.4%

カテゴリ:
IMG_5550
SASANOKAWA
ASAKA Peated Malt
No Aged (New Pot)
Mashing 2017.7.11
Distilled 2017.7.16
Bottled 2017.7.28
Phenol 50ppm
250ml 63.4%

【テイスティング】
柔らかい酸味と穀物を思わせる軽い香ばしさ、ほのかな甘み。奥から重みのあるピート香と、時間経過でニューポッティーな乳酸系と発酵香も漂う。
口当たりはシャープな刺激があり、そこから程よくコクのある甘み。香りではスモーキーな主張はあまり強くないが、味ではピートフレーバーが余韻にかけて焦げたようなニュアンスも伴って広がる。


安積蒸留所がリリースした、初仕込みのピーテッドモルトです。
操業から1年と少々、ついにピーテッド原酒の仕込みが本格的にスタートしました。
元々安積蒸留所の計画段階では、ピーテッドスタイルを中心に蒸留するという案も聞いていましたが、ご存知の通り、まずはピーテッドではない原酒作りからスタートしていました。 

この背景には、ノンピート(あるいは数PPM程度の超ライトピート)のほうが、原酒のベース部分の出来を確認しやすいという品質管理の面がひとつ。そしてもう一つが、普段ノンピート原酒を作り、1年のうちのメンテナンス期間前にピーテッドを作るというスタイルはありえても、ピーテッド原酒を作っていてノンピートに切り替えることは、蒸留設備への影響を考えると困難であるという、製造面の要素があるようです。

大手メーカーなら設備を切り替えるなど、同時平行で原酒を作ることも出来るのでしょうが、設備を一式しか持たないことが多いクラフトディスティラリーはそうはいきません。
実際、厚岸蒸留所など、2種類の原酒を作るクラフトは、このスタイルで操業されているようですね。

IMG_5552

さて、今回の初仕込みピーテッド原酒。安積蒸留所はノンピート原酒では素直で素朴なキャラクターのニューポットを作ることが出来ていましたが、ピーテッドモルトはまた違う難しさがあると聞きます。
そんなわけで「お手並み拝見といきますか」なんて若干尊大な気持ちでテイスティングしてみると、これが中々悪くない。ベースとしてはノンピート原酒同様酸味が強めながら、口当たりはシャープな刺激、嫌味の少ないプレーンなニューポッティーさに、ピートフレーバーが馴染んでいて、後はここからの成長次第というスタートラインに立っている原酒だと感じます。

スコッチに例えるなら、カリラ7:ラガヴーリン3くらいの比率で混ぜたようなキャラクター。
シャープな刺激もある香味はカリラのようであり、余韻にかけてしっかりと広がるピートフレーバーはラガヴーリンを思わせる要素に通じる。後は後述する植物的なニュアンスで、レダイグ的な要素も少し混じっている感じもあります。
近年、入手する麦芽の種類からか、ラフロイグを思わせる味わいのピーテッドモルトが一部クラフトからリリースされていますが、それらとは異なる仕上がりが期待できます。

ネガティヴ要素をしいて言うなら、酸味の奥に植物感、発酵した漬物というか、野菜のようなニュアンスが混じっているので、これが強くなりすぎると嫌味になるのですが、気になったのはその点くらい。 
そもそもニューポットは、産まれたばかりの今この瞬間より、その後の影響の方が将来の製品化においてウェートが大きく、一定のレベルがあって、"スタートラインに立てているかどうか"がポイントだと考えます。
そして我々消費者としては、今もさることながら、今後どう育つかという先も見据えて楽しむものかなと。

その先については、安積蒸留所が所有する樽で考えると、リフィルのシェリーバットやウイスキーカスクで10年熟成を目指すか、ファーストフィルバーボンなら3年くらいの短熟で出しても、ベースが素直なので短熟ピーテッドとして面白いかなという印象。逆に5年以上の熟成では、安積蒸留所の環境だと樽感が強くでるので、ピーティーさとチャーオーク系のフレーバーがこってりでた、濃厚なタイプに仕上がりそうです。
いずれにせよ、ここから数年先のリリースが楽しみです。



話は少し変わりますが、先日発売された雑誌Pen(11月15日号)に"ウイスキー最新案内"という特集が組まれています。
主要なクラフトディスティラリーの動向から、大手メーカーの最新リリース傾向、オールドボトルの特集など、非常に充実した内容で、自分の周囲のウイスキー愛好家からの反応は上々。
通常この手の特集は、どうしても大手メーカーの関与を邪推されがちですが、それよりも書き手の愛というか、現場の空気感がしっかり伝わる特集だったことが、評価される要素にあったようです。

この特集の中には安積蒸留所の取材記事もあり、今回のニューポットのテイスティングとしてもジャストタイミングでした。
まだお会いしたことはないのですが、安積蒸留所のクラフトマンは私と同世代。記事中から、日々悩み、考え、工夫しながらウイスキーづくりにあたられている姿と、今回のニューポットを重ね、その真摯な努力が実を結びつつあるのだなと、合わせて楽しむことが出来ました。
今後も引き続き地元に愛され、世界に評価されるようなウイスキーを目指し、頑張って欲しいです。

サン トーバン プルミエクリュ シャルモア ルージュ 13.5% ミッシェル・ピカール

カテゴリ:
IMG_5537
SAINT-AUBIN 1er CRU
"LE CHARMOIS"
2001
DOMAINE MICHEL PICARD
GRAND VIN BOURGOGNE
750ml 13.5%

ふわっと立ち上る艶やかな甘いアロマ。口当たりはまろやかで、カシスシロップ、ベリー系の果実味、蜜っぽい甘さから穏やかなタンニンへ。経年変化かほのかにマディラ系のニュアンスも混じる。

全体的に優しく穏やかで、バランスの良い飲み疲れない味わい。ピノ・ノワール主体であることや、サン・トーバンが高地にあることから軽めで華やかなワインに仕上がる、とは知人バーマンの言。
それ故欲を言えば、このビンテージは5年くらい前に飲めばもっと果実味がはっきりしてたんじゃないかと思う内容ですが、今が悪いというレベルではありません。
香り豊かでスイスイ飲めて、穏やかなタンニンがバランス良く全体を引き締める、気持ちよく酔えるワインでした。ブルゴーニュって良いもんですね。

IMG_5533

先週末のお家ディナーの相棒は、いつもよりマイナーなワインです。
事の発端はウイスキー仲間主催の持ち寄り会KMCでの事。このイベントではオープニングや会の途中の食事で、ワインを楽しむのが通例となりつつあるのですが、前回そこで振る舞われたのが、ブルゴーニュを代表する銘柄とも言えるシャンベルタンの極上品。

シャンベルタンは以前も素晴らしいものを何度か飲んでいて、これが残り火としてブルゴーニュ&ピノ・ノワールでちょっと良いやつを飲みたい欲求がフツフツと湧き上がり、行き当たったのがミッシェル・ピカール社のサントーバンです。
シャンベルタンで探せばええやんという声が聞こえてきそうですが、同じ地域だとどうしても比較してしまいそうだったり、有名だけにいいヤツは相応に価格高騰しているので、違う地域で果実味あって華やかなタイプはないかなーと。

(持ち寄り会にて振る舞われたうちの1つ。ドメーヌ・ポンソ シャペル・シャンベルタン1999 。
まろやかでやさしい口当たり、ブルーベリージャムやプルーンなどの艶やかなアロマ。熟成を感じる落ち着きから、徐々に豊かな香味が解き放たれていく素晴らしい1本。)

同社のワインはコスパの良さがウリであり、調べてみると評判も良い模様。
2001年はブルゴーニュ全体であまりいいビンテージではないですが、逆に今がちょうど良いんじゃないかと今回のボトルに手を出してみたわけです。
用意した料理には合わせづらかったものの、テイスティングの通りなかなか楽しませてもらいました。
サントーバンは地域としては白ワインの方が有名らしいですが、赤も良いですね。
こういう柔らかく華やかな香味のブルゴーニュワインは、スペイサイドの長熟モルト好きに通じる要素を持ってる気もします。

カ デル コンソーレ 2015 アパッシメント プーリア 14.5%

カテゴリ:
IMG_5372
CA DEL CONSOLE 2015
ROSSO APPASSIMENTO
PUGLIA
INDICAZIONE GEOGRAFICA TIPICA
750ml 14.5%

ローソンが扱っているアパッシメント製法のワイン。品種はメルロー、プリミティーヴォ、ネグロアマーロ。産地は南イタリアのプーリア州。
アパッシメントは葡萄を乾燥させて作るため生産量が落ちてしまい、一般に価格も高価になりがちなのだそうですが、このワインはなんと1080円です。(以前紹介したカーサも1500円前後なんで、あまり関係ないかも知れませんが。)

プーリアはブレンド用のワインを大量生産している地域でもあるようで、そういう扱いの一つなのかも知れませんが、アパッシメント製法を採用しているワインの中では、最安値なんじゃないでしょうか。
店頭で見かけてどんなもんじゃと、週末の家ご飯用に購入してみました。これで甘口濃厚で美味しければ、近場で調達出来て価格も安い、良いことづくめです。


香りは果実香主体、樽感は控えめ。カシスシロップやブルーベリージャム、所謂黒系果実香にほのかにベリーっぽさ。甘みと酸味のバランスが良く、また地域やメルロー主体な構成もあってか、濃さ、若さのわりにギスギスした感じは少なく感じられます。
口当たりはアパッシメントらしくとろりと濃厚。香り同様にあまり若さは主張しませんが、アパッシメントにしては甘みが薄いというか、酸味もそれなりにあって通常のフルボディな赤に近い印象も。余韻はブドウの皮を噛み締めたような苦味、タンニンが序盤の甘酸っぱさを引き締めてバランスよく残ります。

料理との組み合わせでは、個人的にはトマト系の煮込み肉料理など、濃い味のものと相性がいいようです。イタリアだからトマトってのは安易な話ですが、これが合うんだから仕方ない。
一方赤ワインらしい赤なので肉料理全般は間違いなさそうであるものの、ネットではスイーツやチョコレートとの組み合わせを推奨されている方も見かけましたが、自分の場合は酸味がくどく感じられて・・・。

総評としてはコスパの良いタイプですね。ちょっと濃い赤飲みたいって時にローソン行けばこのワインが買えてしまうのですから、コンビニワインだからと馬鹿に出来ないなと思ってしまいます。しかもデイリーワインに文句なしという価格なのも魅力。
勿論値段相応を思わせる、濃さで誤魔化したような弱点は無いわけではないのですが、ワインの良さって「1000円のワインでもちゃんとワインの味がする」というところかなと。当たり前の話かもしれませんが、ウイスキーだとこうはいかないんですよね。。。
ぱっと見かけて衝動買いでしたが、中々良い出会いでした。

シャトー カントナック ブラウン 14% メドック格付第3級

カテゴリ:

CHATEAU CANTENAC BROWN 1980

CRU CLASSE EN 1855

MARGAUX

750ml 14%


セット買いしたリキュールについてきたワイン。カントナックは神の雫効果か、日本市場で扱いの多い銘柄で、自分も名前だけは知っていました。


この銘柄は、近年こそ品質の向上が目覚ましいが、古いものに見るところは少なく、特に1960〜70年代はバッドビンテージであるとパーカーさんあたりが言ってるとか。

1980年代も特筆して評価された記録はなく、あるのはこの1980年から所有者がレミーマルタンに変わったということくらいです。(ここからワインの作りが軽くなったという話も。)

品種はカベルネ主体、飲み頃は2000年ごろまで。今回の1本は既に10年以上オーバーしている古酒であるだけでなく、入手がオークションの抱き合わせ品ですから、状態含めまったく期待していませんでした(笑)

ま、レストランのグラスワインレベルで楽しませてくれれば良いよーってくらいに考えていた訳です。


 

届いてから1週間程度縦置きして、オリを沈めて抜栓。グズグズかと思えば意外とコルクがしっかりしていて、色合いもオレンジ系の中に赤みや透明感があって見た感じは期待出来そうです。


注ぎたては長期熟成らしく落ち着きのあるきめ細やかなタンニンや焙煎香、アーモンド、胡桃の皮、少し埃っぽいような古い家具、果実香はあまり開いていない。

30分~1時間くらい経つと蜜っぽい甘みと酸味、プラム、カシスソース、徐々に赤い果実を連想させるアロマ。

口当たりはまろやかで濃厚、余韻は柔らかいタンニンが重なるように残る。


最初はちょっと逝ってるかな?と思い警戒しましたが、全然飲めるレベル。思ったほど過熟という感じもしないですね。

ただ特段華やかというわけでも、果実味がしっかりあるわけでもなく、たぶん元からそういう系統でガッチガチだった赤が、時間経過でまろやかになったという感じ。ピークはもっと甘みが立ってきたのだろうと思うのですが、逆に拒絶されるような要素はなく、生ハム、煮込みハンバーグなど「塩気や酸味」を伴う肉料理との相性が抜群でした。



あれ、これってテーブルワイン以上に楽しませてもらったんじゃないか?w

ラベルは日焼けしてる感じはなく、一部水分で退色したような汚れ具合。飲んでるうちに見えてきたラベル裏は、酒石酸?の蓄積した後もあり、恐らく地下倉庫かセラーかで保管されていたワインが、何かのきっかけで最後の1~2年流れてしまった感じかなと推察。

ちゃんと飲んで介錯できてよかったです。


最近ウイスキー愛好家だけでなく、ウイスキーに興味を持たれたワイン愛好家の方々が、当方のブログを読んでウイスキーテイスティングや購入の参考にされているという話を聞き。また、先日紹介したカーサのアパッシメントなど、ウイスキー愛好家の方からデイリーワインで愛飲するようになったなんて話も伺いました。

どちらの意味でも門戸を広げることに貢献出来ているのは嬉しいことですね。

そんなわけで、今日は逆に自分がワインの投稿です。

ワインのジャンルはわからないことだらけですが、周囲にその筋の方々も多いので、いろいろ教えて貰えたらいいなと思っています。


このページのトップヘ

見出し画像
×