カテゴリ

カテゴリ:評価無し

カリフォルニアのピノ・ノワールに可能性を見たという話

カテゴリ:


最近ウイスキーが高い。ある一定以上のグレードのボトルは兎に角高い。
一部のプレミアを除き、何十年も熟成した原酒から作られるリリース各種が1万円もしなかったような時代など、元々が安過ぎて最近が正当なのだという意見は理解出来ます。
それでも数年前に1〜2万で買えたようなボトルの類似の樽が、今年のリリースは数倍以上という事例を見ると、この指数関数的上昇は一体。。。と、複雑な心境になるのもまた、消費者心理というものです。

そんな中、昨年末の記事でも触れたように、ウイスキーに軸を置きつつも他ジャンルへの橋渡しも出来たら良いなと、ちょっとずつ手を広げて楽しんでいる一つがワインです。
近年良質なシェリーカスクのウイスキーが希少となり、特に華やかで艶やかなベリー香漂う、オールドシェリーの一種を味わおうとするとハードルが高い状況。しかし近い香味を備えているワインもあるなと、ウイスキー好きに進めたいジャンルとして探っていました。

これまで持ち寄り会などで、その筋の方々から写真にあるような神の雫が如きワインをいくつも飲ませて頂き、味でナンジャコリャー、価格を調べてある意味納得しながらナンジャコリャーと、少なくとも2度に渡る驚きを受けていたところ。
フランス、特にブルゴーニュの古酒はたまらんですね。熱狂的ファンが居るのが本当によく理解出来ます。

例えば以下の「ジャンボール ミュジニー ドメーヌ クリブレ1969」は、熟成ワインの妖艶な香り立ち、梅ジャムやベリーを思わせる酸味とダシ感のあるコク。。。
ウイスキーの良質な古酒にも通じるニュアンスに、もうすっかりやられてしまい、「こういうワインを月一くらいで飲めたら最高!」という、達成できる見込みのない指標になっています。


どれも素晴らしいワインで、貴重な経験をさせて貰いました。
そしてこの1年間、自分でもグラスで飲んだりボトルで買ったり、ウイスキーの息抜き的にワインを探求をしていましたが、まあワインも例に漏れず評価されているものは高いのです。

しかし、希望がない訳ではありませんでした。
ウイスキー好きの琴線とも言える、古酒の妖艶さに通じるニュアンスがあって、まだ常識的な価格で手に入り、かつ自分で類似の香味を作り出すことも出来るジャンル。。。そんな可能性を感じているのが、新世界のワインの古酒。
特にカリフォルニアのピノ・ノワールの5〜10年程度のバックビンテージです。


日本では通称カリピノと言われる区分のワインは、単一畑だと1万円越えも普通にありますが、エントリーグレードは3k程度からが標準的な相場です。
写真のカレラ・セントラルコーストはその代表的銘柄の一つ。大抵は熟したベリーや果実の風味に加え、華やかなアロマ。モノによってはパワフルで酸味が強かったり、タンニンもそれなりにある感じ。多くは購入して即飲むようなイメージで、熟成という選択肢は持っていませんでした。

また、ピノ・ノワールと言えばフランスのブルゴーニュが原産にして、代表的品種。「新世界のピノは熟成によって馬脚を現す」なんてコメントもあるとかないとか。
そんな表現があるほど熟成ならブルゴーニュのピノと評価されている訳ですが、何本かカリピノ・エントリーグレードのバックビンテージを飲んで思うのが、あれ、これ普通に美味い。っていうか熟成イケてんじゃん。

(先日、ウイスキー仲間内の定例会にオマケで持ち込んだケンダル・ジャクソンのピノ・ノワール2010。艶のあるベリー香がしっかりあり、普段飲みに是非使いたい。グラスが1脚足りず、自分はウイスキーグラスw)

カレラ、メルヴィル、ケンダルジャクソン、オーボンクリマ。。。まだ有名どころの限られたビンテージしか飲めてませんが、共通するのは以前カレラのレビュー記事で「下町のフランス料理屋」と例えた親しみ易さと、わかりやすい美味さ。
素晴らしいブルゴーニュの古酒に比べて複雑さや奥行きの格は違うと思いますが、ピノ・ノワールの良さと言えるベリー系の果実香が熟成による艶を帯びて、上述の古酒に通じるニュアンスも感じられること。

これが上位グレードのワインではなく、エントリーグレードで、しかもセラーに放り込んでおけば、現行品でも5年程度の熟成から仕上がる可能性があるという点もポイントです。
瓶熟に期待と言っても、リリース後に20年くらい置かなければならないだろう現行品のバッキバキなシェリーカスクのウイスキーでは、原酒の飲み頃が来る頃には自分の肝臓が飲み頃というか耐用年数を超過してしまう心配もあるだけに、ここは大きな可能性なのです。
BARに置いてあるかというと難しいかもしれませんが、機会があればウイスキードリンカーの皆様に是非試して欲しいジャンルですね。


ワインのブルゴーニュがウイスキーのスペイサイドなら、さながらカリフォルニアや新世界はカヴァラン。
今後はカリフォルニア以外に南アフリカやニュージーランド、オーストラリア、そしてチリなどでも類似の系統も探ってみたいなと考えています。勿論メインは引き続きウイスキーですが、他の酒類にも目を向けることで、例えば樽のことなどウイスキーとしても学べることは少なくないと思うのです。
ワインもイケるウイスキードリンカーの皆様、オススメ銘柄ありましたら是非教えてください。

最後に、こうした比較が出来るのも、冒頭述べたような素晴らしいワインの数々を経験させてもらえたからに他なりません。機会を下さった愛好家の皆様、本当にありがとうございます。


以下、雑談。
最近の当ブログ、ニューリリースの中でもボトラーズは息切れというかほぼ発掘出来てません。来年からはさらにその傾向が強くなると感じています。
味がどうこうは申しませんし、ディスるわけでもありません。ニーズに沿ったボトルを安定して仕入れるインポーターやバーマンの皆様の努力は、相当なものと思います。ただしかし純粋に、追いきれないのです。。。

また、オールドブレンドの主要銘柄のレゾネをブログ上に完成させたいという目標を優先しているのもあります。
今年1年まだ終わりじゃありませんが、他のジャンルを選択肢とする一方、総括してこのあたりの情報が手薄になっていること気になりましたので、追記致します。
(※記事公開時は前置き的に記載していた内容ですが、本筋の話ではないので配置換えしました。2018/12/13)

若鶴酒造 三郎丸蒸留所 ニューポット 2018 CF結果追跡その2

カテゴリ:
今から2年前、クラウドファンディングで蒸留所改修計画を打ち出し、新たな設備を導入して再稼働した若鶴酒造、三郎丸蒸留所。
プロジェクトリーダーにして、後に蒸留所のマネージャーとなる稲垣さんの人柄とプランに惹かれ、改修工事前から当ブログでも応援させていただきました。

その後、想定した通りの原酒ができているのか、プロジェクトはちゃんと形になったのか。昨年、そして今年も稼働中の三郎丸蒸留所を見学し、仕込んだばかりの原酒を確認していました。
結論から言うと、素晴らしい可能性を秘めた原酒が産まれており、一部の愛好家が持っていたであろう若鶴酒造への評価を、改める時が来たと言っても過言ではありません。
今回は今年見学した蒸留所の状況と、進化した原酒のテイスティングをまとめます。

SABUROMARU
NEW POT
Heavily Peated
Distilled 2018
200ml 60%

香り:香ばしく乾燥した麦、木材や藁を焦がしたようなピーティーさ、少し粘土質の土っぽさを伴う。時間経過でスモーキーさの奥に微かな乳酸、イーストを思わせるニュアンスも。

味:とろりとした口当たりと柑橘を思わせる酸味、香ばしい麦芽風味。時間差で香りで感じた焦がしたようなスモーキーさが口内に広がる。
余韻はヒリヒリとしたアタックもあるが、合わせて麦の甘みが舌の上に残り、ほろ苦くピーティーで長く続く。

発酵したようなニュアンスや若さ故のネガは目立たず、余計な雑味も少ない。それでいてしっかりと重みのある酒質である。ピートは内陸系が主体か、ヨードなどの海系の要素は見られない。また余韻に酒質由来の甘みが残り、ピートに負けない強さもあることから、短熟から長期熟成までをカバーするであろう優れたニューメイク。 

三郎丸蒸留所の原酒に関する特徴は大きく2点。まず一つは50PPMという、アードベッグやキルホーマンクラスのヘビーピート麦芽が用いられていること。
そして写真の日本に二つとない、独特な形状のポットスチルで蒸留されていることにあります。

このスチルはボディの部分がステンレスで、ネックから先が銅製というもの。また、ラインアームに該当する部分が非常に短く、折れ曲がった先ほんの1m少々で冷却機(写真で水滴が付いている部分)というのも三郎丸独自の構造です。
ステンレスは触媒反応がないため、蒸留の際、原酒にオフフレーバーが残るというのが定説にあります。しかし最も反応が起こるのは気化した後であり、その部分を銅化することで、通常のスチルと殆ど違わない効果が得られている模様。
また、現時点ではポットスチルが1基しかないため、1つのスチルで日を分けて初留と再留を行なっているのも特徴と言えます。

そして設備改修初年度の時点で、他のクラフトに無い重みのある原酒が産まれ、荒削りながら可能性を感じていたところ。
今年はマッシュタンを新調して最適な糖化ができるようになったことと、前年の経験を活かしてミドルカットなどの調整を行った結果、酒質の重みや厚みはそのまま、より麦芽の甘みとピートのしっかり乗ったニューメイクが出来上がったのです。

(2018年から導入した三宅製作所製のマッシュタン。以前は密造時代のようなタンクを使っていたが、このマッシュタンの導入で麦芽の粉砕比率から、糖化の温度などの各種コントロールが可能となり、酒質が格段に向上した。)

(蒸留されたばかりのニューメイクの出来を確認する稲垣マネージャー。蒸留直後は60%後半、60〜63%に加水して樽詰めする。この時点のニューメイクもまた、フレッシュなピーティーさが際立っており、加水するのが勿体無いとも感じる。)

(三郎丸蒸留所の熟成庫。左側の壁の向こうには蒸留器などの設備があり、同じ建物の中で区分けされたスペース。比率はバーボン樽を中心に、シェリーやワイン樽なども。この他空調の入った冷温の貯蔵庫があり、熟成環境の違いとして他のクラフトにはない恩恵をもたらしている。)


これまで日本で操業する蒸留所、全てのニューメイクを飲めているわけではありませんが、少なくとも昨年までに稼働したクラフト蒸留所の原酒で、一番可能性を感じたのは三郎丸蒸留所というのが、今年のそれを飲んでの偽りない感想です。

また、自分以外の飲み手がどのように感じるか、2組の持ち寄り会に試供品のニューメイクを出してみたところ、どちらも評判は上々。
1組には「スコッチのニューポット」と言って出し、帰ってきた答えは「ラガヴーリン」。
もう1組では三郎丸として出しましたが、「こんな綺麗で美味いニューポット、あの若鶴とは思えない」、「1樽欲しい、このグループで買おう」という評価。

かつて若鶴酒造では、地ウイスキーと言えば聞こえはいいものの、決して高いとは言えない質のウイスキーを生産・販売しており、愛好家の評価も相応のものが形成されていました。それこそ上記の「あの若鶴とは思えない」という言葉が、その当時の評価を代弁していると言えます。
しかし一連の改修工事と、稲垣マネージャーを中心に行われたトライ&エラーの結果が結実し、ついに我々もその評価を改める時が来たのです。
蒸留所の見学は勿論、機会があれば是非ニューメイクをテイスティングして欲しいですね。今週末のウィスキーフェス2018でも提供があるそうです。

(ウイスキーの作業場は1F。関連展示、蒸留行程見学は2Fから1Fのウェアハウスを見る流れ。各種導線は洗練されており、クラウドファンディングの成果を受けて、しっかりと設計、改修されたことが伺える。)

(三郎丸蒸留所外観。今年創業100周年を迎えた若鶴酒造の歴史と、改修による新しさも併せ持つ造りである。見学は1日3枠までで、同社WEBから要事前予約。)

今年の6月、若鶴酒造の親会社であるGRNが、洋酒等輸入販売の国内主要企業であるリラックスとウィックの子会社化を発表。次の100年に向けた体制強化として、驚きの一手を打ってきました。

そしてこのニューメイク。若鶴酒造でのウイスキーの仕込みは7月から9月の夏場のみで、今年の仕込みはすでに終了していますが、次のシーズンに向けて新たなアイディアが複数ある模様。どのような形でウイスキーづくりに反映されるのか、興味は尽きません。
少なくとも、初年度に蒸留した原酒の熟成経過から新たなフィードバックもあるでしょうし、今年の驚きを越えて、より洗練されたウイスキーが産まれていくこと期待したいです。

ボジョレー ヴィラージュ セレクト デ ロジェ 2016

カテゴリ:

BEAUJOLAIS VILLAGES
SELECT DES LOGES 2016
750ml 13%

開封直後はしっかりと樽香があり、スパイシーで新樽のウッディさ、タンニンも強い。ガメイらしい加熱調理したベリーっぽさ、果実味のある甘みは奥にある程度。香味は全体的に強いが、ボディにそれほど厚みはなく、余韻にかけて酸味の主張もあってややバランスを欠く印象もある。

ただしバキュバンで1日置くと、樽香がベリー香と混ざって、ザクロやブルーベリーのジャム、微かに木苺、甘酸っぱい香りが開き、らしさに通じる変化が見られる。
開封直後でベストに持っていくには、しばしの忍耐か、デキャンタのスキルが問われる。もっとも、とっ散らかっている初日にあまり無理して飲む必要はなく、煮込んだ後で1日置いたカレーの如く次の日の方が美味しい。無事、2日目で完飲。
アテはビーフジャーキー、あるいは煮込みなど、濃く味付けた肉料理と共に。


11/15はボジョレーヌーヴォー解禁なので、ボジョレーワインを。。。といってもこれはボジョレー地区のワインで、ヌーヴォー(新酒)ではありません。
昨年も同じような記事を書きましたが、日本はボジョレーヌーヴォーの一大消費国でありながら、勿体無いことに、その後生産される普通のボジョレーワインは、多分ほとんど飲まれてないんじゃないでしょうか。

実際、ネットで探そうにもヌーヴォーが引っかかってきちゃうし、専門店の店頭にもほとんど見かけない。
でもボジョレーワインのスタンダードなキャラクターである、ガメイ種の葡萄によるベリー系のジャムを思わせる果実香は、ウイスキークラスタ向けにはシェリー樽熟成のウイスキーに通じる部分があるだけでなく、下手なブルゴーニュ・ピノを買うより価格も安価で全然扱い易いと思います。

何より、毎年ヌーヴォー発売時に出る"当たり年級の予測評価"が実際はどうなのかを確かめるのは、ネタとしても面白い。
であればと、1年に1度くらいはボジョレーワインを飲む日を作るかと、解禁日をその日にしているわけです。

(信濃屋店頭。去年はなかった「ヌーヴォーじゃないボジョレー」のテロップが。)

2016年のヌーヴォー発売時の予測評価は「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」でした。
今世紀最高と言われた2015年に比べ、評価が定量的ではないのでなんとも言い難いですが、このワインも2日目の開いた感じは酸味と果実味のバランスが良くなってくるので、結局は樽の効かせ方というか、作りのバランスだよなーと。
っていうかこれ一本で語れるような世界でもないですがw


ちなみに新酒の方は、このワインを買いに行った店頭で、たんまり飲ませてもらいました(笑)。
信濃屋さん、ルロワやタイユヴァンまで無料試飲開けてる。日本でのボジョレーヌーヴォーの消費量が減ったとはいえ、銀座の夜はまだまだお祭りですね。

中でもルロワのボジョレーヌーヴォーは流石に美味い。ヌーヴォーにありがちなボディが薄くて酸味が強い感じではなく、果実味と渋みがまとまった、普通にちゃんとワインです。
まあ値段も5kするんで、美味しくなきゃ流石に非難轟々っていうか、それでもカリピノでカレラあたり買ったほうがってオチも否定はできないのですが、今日は一応ボジョレーの日なので。。。そんなわけで、なんだかんだ言いつつお祭りを堪能した解禁日の夜でした。

コサートゴードン マデイラ セルシアル ソレラ1860

カテゴリ:
COSSART GORDON
MADEIRA
SERCIAL SOLERA 1860
750ml about 20%

香り:熟したプルーンやデーツ、あるいは黒ぶどう思わせる穏やかな酸味と、ブラウンシュガー、栗の渋皮煮を思わせる甘みと渋み。時間経過でダークフルーツソース、杏子棒、微かに梅酒のようなニュアンスも伴う。

味:マイルドでコクのある口当たりから盛り上がるように酸味が広がる。梅、あるいは杏子、ブラットオレンジ、木苺やザクロなどを連想させる果実味とジャム感。余韻は酸味が穏やかに収斂し、アーモンドを思わせる軽い香ばしさ、ほのかに紹興酒っぽさや、フェロモンに通じる陶酔感を伴い長く続く。

鳥肌が立つような筆舌し難い期待感と高揚感を伴う香り立ち、体に染み込むような柔らかくもしっかりとした酸味、コクのある味わいに思わず溜息が漏れる。
ソレラの構成原酒の影響か、余韻にかけて広がるというよりまとまるという印象だが、マディラワインの魅力と"歴史を飲む"という贅沢を堪能出来る1本。


以前1800年代のマディラを飲んで、その奥深い味わいに感動し、抱えて飲んでみたいと調達した1本。現在はマディラワイン業界最大手、マディラワインカンパニー傘下にあるコサートゴードンのオールドマディラです。

海外レビューサイトの情報によると、素性は1860年にソレラを組み、最も若い原酒は1910年代に継ぎ足されたのが最後。ボトリングは1950年前後で、ウェアハウスでの熟成は40〜90年、瓶内熟成含めて100年オーバーとなる、ほぼ不滅とも言われる長寿なマディラだからこその1本と言えます。

さて、強制的に酸化させる製法との関係上、マディラは劣化に強いとは言っても1世紀を越える経年。逝ってるモノも少なくないという声がある一方、1800年代の長熟マディラは、今が飲み頃とする評価も聞きます。
この場合、親子3代以上に渡って語り継がないと飲み頃が来ないとかどういうことなの。。。と思わず考えてしまうわけですが、この個体は劣化のない熟成を感じる透明感のある濃い琥珀色。酸味の強いぶどう品種セルシアルの特徴からか、口当たりは熟成を経てマイルドでありながら、様々な果実を思わせる奥深い酸味が広がる、絶妙な仕上がり具合でした。


使われた原酒に関する時期的な考察をすると、1910年はポルトガルが共和制に移行し、その前後ではかなり社会情勢が不安定だったとされています。
ソレラへの原酒継ぎ足しが止まったというか、リリースされずに残ったのは、そういう時代背景があったのかなと。
またコサートゴードン社は、1953年に当時マディラ島にある共同組合というか協会的位置付けだった、現マディラワインカンパニーに加盟しており、このあたりの外的要因もリリースに影響してるのではと推察しています。

今ここにあるグラスの中身が最初に仕込まれた時、日本は江戸時代末期、桜田門外の変のあった年。そこから明治維新、世界大戦を含む各戦争、敗戦と復興、激動の時代が熟成と並行して過ぎ去り、2018年の今、何の因果か極東の島国で解き放たれた。その背後に流れた時代を思うだけで酔ってしまいそう。  我々一個人の時間の尺度では 測りきれないものを感じてしまいますね。

ギルビー ロンドン ドライ ジン 1960年代流通 90Proof

カテゴリ:

GILBEY'S
LONDON DRY GIN
1960-1970's
1Quart 90Proof

シトラスを思わせる柑橘感と、タイムやコリアンダーなど針葉樹系の植物を思わせる、ハーブの爽やかなアロマが溶け込んでいる。ただし前面にはスーパー銭湯の脱衣所に置いてある安価なヘアトニックのようなニュアンスがあり、独特な香り立ちを構成している。
口当たりはオールドジンらしくとろりと柔らかく、柑橘の皮や穀物系のほろ苦さに加え、淡いソーピーさ。余韻は程よくドライ。
このソーピーさは、ソーダで割るとより主張してくる。ジントニックではあまり気にならなくなるが・・・香りで感じたヘアトニック感は健在で、まさに好みが分かれる個性的なジン。

(ボトルのオモテ面はフロスト加工がされているが、裏はクリア。ラベルには裏面にも印刷されている、現行品にはないちょっと凝ったデザイン。)

先日紹介したゴードンドライジンの比較用に、同時期流通のジンで購入したもの。
現行品はライトな香味で混ぜやすいというか、良く言えば癖が少なく、厳しく言えば香味が薄くただドライ。居酒屋チェーンなどでは使いやすいのかな?という、大量生産品の代表格であるようなジンですが、そうは言っても有名どころのオールドなら間違いないっしょ!
。。。そう考えていた時期が私にもありました。

ギルビーの誕生は1800年代とか、そういう話はメーカーサイトを参照頂くとして、今回のメインはその味わいです。
いや、衝撃でしたね。香りが"ヘアトニックそのもの"のようであるのも、製品の個性というには強烈で好みが分かれる部分ですが、よもやジンからソーピーなパフューム香が出るとは思いませんでした。
「今も昔も変わらないレシピ」ってのはメーカーの決まり文句ですが、いやいや流石にこれは味が違いすぎです(笑)。

ボタニカル由来なのか、ベースに使うスピリッツ由来なのか、あるいは経年変化によるものなのか。
経年変化というには香味に篭った感じはなく、何よりも鹸化反応に繋がる要素は連続式蒸留じゃ残りづらいだろうということで、おそらくは製造過程の何かが原因なのではと思います。
思えばバーボンも一時期のオールドグランダットでそう言うのがありましたし、連続式には連続式で、単式とは異なる地雷要素があるのかもしれません。
(このボトルは絶対飲みきれないので、興味を持たれていたウイスキー仲間のバーマンに寄贈しました。)


ちなみに、近年のギルビージンは製造場所がロンドンからフィリピン、そして韓国に変わったことで、味が落ちたとする評価を見聞きします。
確かに、味が変わったのは事実なのだと思います。ただ、日本酒やワインのような、気候の影響をダイレクトに受ける醸造酒なら兎も角、熟成させない蒸留酒で産地の影響は微々たるもの。つまり、逆に言えばロンドン(あるいはイギリス)だから必ずしも美味い訳じゃないと思うんですよね。

実際は近年のリキュールやスピリッツ類に多く見られる、混ぜやすいように香味のライト化とドライ化が、ギルビーは工場の移行と合わせて一気の進んだ結果なのではないかなと。
擁護する訳でも、否定する訳でもないですが、日本でもさまざまに美味しいジンが生まれている中で、ロンドン神話的なモノが気になったので補足してみました。

このページのトップヘ

見出し画像
×