カテゴリ

カテゴリ:評価無し

カンパリ ビター 1980年代後期流通ラベル 24%

カテゴリ:
IMG_8553
CAMPARI
BITTER
1980-1990's
1000ml 24%

最近ハマっているビター系リキュール、カンパリ・ビターのオールドボトル。
ビターオレンジにキャラウェイ、コリアンダー・・・原料は色々使われているそうですが、香味の主軸は皮ごと絞ったオレンジを思わせる香味と根菜系の苦味。香りにはハーブや漢方、あるはスパイス的な要素も混じって、とろりとした口当たりの甘みがちょっとした薬用シロップのようにも感じられます。

元々オレンジ系のリキュールが好みで、グランマニエの上位グレードオールドとか大好物なわけですが、合わせて好みなのが、じんわりと染み込むような薬草系リキュール特有の"苦味"。オレンジ系に甘み、そして強い苦味という要素が主軸であるカンパリ・ビターに惹かれるのは、極めて自然な流れだったわけです。

IMG_8562

現行品のリキュールの多くは、カクテルとの相性を考えてかドライ気味に造られているものが目立ちますが、オールドボトルはレシピや抽出方法が現在と違うため、現行品より香味要素が強く、甘みとコクもしっかりあるものが多い印象。
今回飲んでいるカンパリも、2007年に着色方法が切り替わっているだけでなく、やはり時代時代での違いがあります。
今回のロットは1980年代以前に比べちょっと苦味や薬っぽさが主張しすぎる部分はあるのですが、好きな人はストレートで飲んでもたしかな満足。そのまま飲むならロックにも耐えるコクと強い香味。思わず葉巻と合わせたくなってしまいます。

あるいはカンパリオレンジを作ってソーダアップすると、もはやこれはお酒ではなくジュースとして美味い領域に突入します。スプモーニにしても、爽やかな飲み口から苦味が強調されてたまらんです。
香味が現行品より強いので、比率は既存レシピに比べ多少調整が必要とは思いますが、昔のバーマンはこれでカクテル作ってたと考えると、これがクラシックな味わいなのかもしれません。

IMG_6547

オールドリキュールではベルモットなどの大半は20度以下と度数が低く、状態があまり良くないものもしばしば見られます。
その点、カンパリは度数が24%、モノによっては28%と高い度数に加えて糖度も高く、比較的安心して手を出せるのもポイントです。
流通量が多かったためか、1980年代くらいまでならそこそこ残っていて、しかもキナ系リキュールに比べて安価なのが嬉しい。このあたりまでならカクテルにガンガン使っても罪悪感が湧きません(笑)。

余談ですが、ビターオレンジリキュールという選択肢に目覚めるきっかけになったのが、写真のチンザノ・ビター。1960年代流通のオールドボトル。チンザノブランドは現在カンパリ傘下にあるわけですが、このボトルは甘みと苦味の一体感が段違いで既存のカンパリとは別格。
どうにか1本欲しいんですが、この手のボトルはスコッチモルトのエントリーグレード同様に、その時代その時代で消費される傾向があるため、国内ではまず見かけないのが難しいところです。

ベルサーノ バローロ ニルヴァスコ 2010 14%

カテゴリ:
IMG_8254
BERSANO
BAROLO
Nirvasco 2010
750ml 14%

スパイシーで徐々にカシスやザクロ、熟した果実の甘み、リコリスなどのアクセント。熟成したワインの落ち着きのあるたおやかな香り立ち。
口当たりはスムーズだが、香り同様のスパイシーさ、角の取れた蜂蜜梅のような酸味と干草、鉛筆、ウッディーさを伴いしっかりとタンニンを感じる。

単品で飲むと序盤の果実味に対しタンニンが強い印象があるものの、スパイシーな肉料理との相性が素晴らしい。
初日はハーブとスパイスのチキンソテー、バキュバン2日目でエスニック系の味付けと合わせたところ、これが思った以上の一体感で一気に空けてしまった。。。 

IMG_8253
IMG_8255 

イタリアの代表的なワインの一つ、バローロ。バローロはワインの王様なんて言われてる・・・という関連の薀蓄はぐぐっていただくとして、このベルサーノのバローロは、かつてメルシャン、現在はキリンが正規輸入を行なっているため、最低限の情報は公開されており、生産者に関する情報も調べればある程度見つけることができます。この辺は、ワイン初心者の自分としては安心して手を伸ばせる指標だったりしますね。

ベルサーノは家族経営としては地域で最大級の規模を持つワイナリーで、そのバローロは伝統的な造りを踏襲しているとのこと。(バローロは熟成向きの伝統的な造りから、すぐ飲める近年寄りの造り、そしてその中間という様々な造りがあり、一概にコテコテ濃厚な赤ではないようです。)
その特徴はしっかりとしたタンニン、酸味とコク。最低3年間、うち2年間は樽で熟成させることが定められていることもあり、余韻のウッディネスはウイスキークラスタの自分としては馴染みの深い香味と言えます。

今回のボトルはボトリング後、さらに4〜5年間の瓶熟を経ており、香り立ちは時間をかけてじっくりと。タンニンや酸味も落ち着きがあり、蜜のような甘みも開いてきます。他方で、このリコリスを思わせる苦味や、余韻にかけて甘みが収束していくようなタンニンの染み込むような味わいは、ビーフジャーキーなどの水気の少ないアテよりも、加熱調理した肉などのジューシーなものと合わせた方が良いように思います。


たまたまこのベルサーノ・ニルヴァスコを2009、2010と並びのビンテージで購入していたのですが、2009を開封したところかなり熟成したような色合い、果実味も後退したような印象で開いてくる印象もあまりなく。
ビンテージチャートではどちらもいい年ということだったので、熟成したものも期待していたのですが・・・。こりゃー2010もさっさと飲まないとダメかなぁと、休日のお家ご飯で使ってみたところ、こっちは1年違いとは思えない程よい熟成感なのです。

保存状態か、あるいは2009のベルサーノは熟成向きの品質ではなかったのか、この辺は醸造酒を熟成させる面白さであり、難しさでもありますね。いずれにせよ思いがけず違いも含めて楽しませて頂きました。

厚岸蒸留所 ニューボーン2018 ピーテッド 58% FOUNDATIONS2

カテゴリ:
IMG_8380
AKKESHI NEW BORN 2018
"PEATED"
FOUNDATIONS 2
Single Malt Spirit
Bourbon Barrel
200ml 58%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:-

香り:フレッシュな香り立ち。シトラスやレモングラスを思わせる柑橘のアクセント、淡い潮気、酵母香と焼き上げたパイ生地のような香ばしい麦芽香。土っぽいピート香に穏やかなスモーキーさを伴う。

味:香り同様にフレッシュな口当たり、ヒリヒリとした刺激から薄めた蜂蜜の甘み、レモンバウム、香ばしい麦芽風味。中間以降はピートフレーバーが存在感を出してきてほろ苦くスモーキー、塩水のコク、荒い刺激と微かなえぐみを伴うフィニッシュ。

要所要所でバーボン樽由来の淡くオーキーな香味がアクセントになり、甘みや柑橘感など、若いなりに飲めるまとまりのある香味に仕上がっている。加水すると一瞬香り立ちが荒くなるも口当たりのコクと塩気が感じやすく、ハイボールにするとピートフレーバーが引き立つ。スモーキーでソルティー、さっぱりとした味わいを楽しめる。


北海道、厚岸蒸留所のニューボーン第二弾。創業年である2016年と2017年に仕込まれたピーテッド原酒をバッティングしたもので、熟成期間はバーボンオークで7ヶ月から16ヶ月となっています。
発売は8月27日でつい2日前ですが、イベントなどで先行試飲もありましたし、既に飲まれている方は多いかなとも思います。

創業者である堅展実業の樋田社長は、かつてアードベッグ17年に衝撃を受け、アイラモルトのようなウイスキーを日本でも作りたいと、ウイスキーづくりに厚岸の地を選んだ経緯があります。
また、現在は自身が作ったウイスキーを牡蠣にかけて食べるという夢も持たれており、厚岸蒸留所が目指すハウススタイルはこれ以上解説するまでもなく「ピーティーなアイラモルト」なのです。

一方、先日リリースされたニューボーンの第一弾がノンピートだったことは記憶に新しいところ。
これはピートフレーバーは良い意味でも悪い意味でも、酒質のネガティブな部分をマスクするため、まずはノンピートで蒸留所として作り出せる酒質を確立することが重要であるとの考えから。厚岸蒸留所では1年間のスケジュールの中で、まずノンピートを仕込み、得られる酒質の状態を確認・調整した後で、ピーテッドの仕込みに入る流れを採用しています。

つまり我々飲み手側も、ノンピート原酒で素の酒質に触れて、第二弾としていよいよハウススタイルに掲げるピーテッド原酒をテイスティングする準備が整ったというわけです。
どちらもバーボン樽で熟成された原酒が使われており、同じ環境でほぼ同じ熟成期間、ピートの有無による影響の違いを感じやすいリリース順とも言えます。

(厚岸蒸留所のポットスチル(上)は、コントロールしやすさを狙ってラガヴーリン蒸留所(下)と同型のスチルが導入されている。ただラインアームの角度はフォーサイス社曰く水平から少し角度を下げれば皆同じとのことで、ラガヴーリンほどの角度はつけられていない。)

先日更新したニューボーン第一弾の記事では、初年度の試験的なニューメイクの仕込みで熟成に耐えるボディを出すために苦労をしたというエピソードを紹介しました。
そうした試行錯誤を経て仕込まれた2016年のピーテッド原酒は、厚みのあるボディとは行かずとも、クリアで綺麗な酒質にしっかりとしたピートフレーバーが感じられ、イメージとしてはラガヴーリンとキルホーマンを足したような印象。
以前ニューメイク単体をテイスティングし、初年度から洗練された味わいにびっくりしたのを覚えています。

このニューボーンもそうした特性を引き継ぎ、若いながらも樽香をアクセントにして5〜6年熟成くらいのアイラモルトを思わせるような仕上がりを感じます。
ピート由来か熟成場所の関係か、微かな塩気を伴うのも益々アイラらしく、コクがあってハウススタイルとして求める原酒が育っているようです。
いくつか加水のパターンを試したところ、45%くらいまで加水すると、その真価を感じやすいですね。他方、原酒の若さか、樽の処理の関係か、余韻に蓄積するようなえぐみが微かに感じられ、その点が今後熟成が進むことでどうなってくるかは気になる要素でもあります。

現時点ではトライ&エラーで調整する点も多く、仕込む原酒はノンピートの比率が高いそうですが、最終的には1年の仕込みの中で8割以上をピーテッド原酒に切り替えていくだけでなく、麦、ピート、樽、全てが現地産の原酒を仕込む目標も。
今作のニューボーンは、まさに厚岸蒸留所が目指すハウススタイルの産声。可能性を秘めた味わいを、先の姿を思い浮かべながら是非楽しんで欲しいですね。

わしが國 大吟醸 雫搾り 斗瓶取り 2018 山和酒造店

カテゴリ:

山和酒造 わしが國 
大吟醸 雫搾り 斗瓶取り
使用米:山田錦100%(精米歩合40%)
製造年月:H30.6
720ml 16%

綺麗で繊細な香り立ち。和梨やメロンを思わせる吟醸香には嫌味が無く、口当たりも柔らかくマイルド。程よい酸があり、すっきりとした余韻へと繋がる。
何も無いがあるというか、日本酒という特徴はありながら実に自然に飲めてしまう嫌味のなさで、杯を重ねても負担に感じない。
ウイスキーに例えるなら、まるでバランタイン30年のような・・・。


ウイスキー仲間主催、日本酒会のお土産品。宮城県は山和酒造店の地元向け銘柄「わしが國」、そのコンクール向け本気仕込みの1本なのだとか。

例によって記事にする上で調べてみると、確かに世界最大の日本酒品評会SAKE COMPETITION 2018で金賞を受賞されたとか、吟醸部門で8位だったとか、全体の出品数が1700本以上だった中でそれだけ上位に選ばれるお酒というのですから、このバランスの良さと丁寧な仕上がりが蔵元の目指す方向性にして、本気ということなのだと思います。

実際、販売店などで山和酒造の酒は何口でも飲めることや、食中酒としてもPRが散見されます。
またこの暑い真夏日、熱帯夜であっても冷酒でスイスイ飲めてしまう口当たりの良さ。それでいて、単に酒の味がしない水のようなアルコールってワケでもないのもポイントで、上品な吟醸香と適度な米の旨味が日本酒であることを感じさせてくれます。
こういう透明感というか、整った味わいはウイスキーで例えるならバランタイン。それも現行品の30年のイメージが頭に浮かびました。勿論味が似ているというわけではなく、あれも上品な華やかさで透明感があって・・・そして負担の無い味わいが同じ方向性であり、プロの仕事を感じさせてくれるのです。


そんなわけで、今回は勿論食中酒として楽しませて貰います。オードブルと刺身、どれとも合うまさに万能系の日本酒ですね!

カレラ ピノノワール セントラルコースト 14.5%

カテゴリ:
CALERA
PINOT NOIR 2012
CENTRAL COAST
750ml 14.5%

熟した木苺やブルーベリーを纏う果実香、蜜のような甘みが奥にあり、時間経過で強く。ぶどうの皮、鉛筆、ほうじ茶のような渋みを伴いつつ透明感もあるアロマ。
引っかかりのないスムーズな口当たり、厚みはミディアムからフルボディの間程度で相応に濃さはあるが、杯を重ねても負担は少ない。
カシスの熟した果実の甘みと酸味、徐々にタンニンが積み重なり、歯茎を引き締めるように心地よくビターで長く続く。

バキュバン保管1日後。
カシスシロップのような甘みが出てくるが、香りやボディの輪郭は崩れない。
料理は鶏胸肉にクレイジーソルトで軽く味付けし、ミニトマトとグリルしたお手軽料理。公式で推奨の料理に近いのもあり、ワインがさらに美味しく。


カリフォルニアのロマネコンティこと、カレラワインカンパニーのスタンダード銘柄。
同社が所有する6つの畑の葡萄をブレンドしたもので、価格は他の単一畑に比べて抑えられつつ、そのクオリティを味わうことが出来る事を売りにしています。

カレラ社のワインはスタッフ、葡萄の木ともDRCに繋がりがあり、そして葡萄を育てる環境もそれを意識して選定しているため、ロマネコンティと呼ばれるには理由があります。
ワインそのものも高い評価を受けているわけですが、ただ正直、ロマネ村は兎も角、DRCのワインなんて飲んだことない身として、標高がどうだ、葡萄がどうだと生兵法をカマすのはおこがましいので。。。(その辺は輸入元サイトをご参照頂ければと。)

しかし確かに、下手なブルゴーニュのピノを買うならカリフォルニアのほうが良いよという意見には賛成。このカレラのワインは開けてすぐ美味く、下町大衆食堂のフレンチのような、品種からくる本質的な要素がありつつも気取らない親しみやすさが魅力。この果実味と程よいタンニンは、ウイスキー好きにも琴線があるように思います。

IMG_8245

先週はひたすらウイスキー尽くしだったんで、休肝日を挟んでワインです。
今回のボトルはバックビンテージ。以前ネット上でカレラのワインは10年くらい熟成させても面白いという評価を見たことがあり、ちょっと期待していたのですが、確かにこれは良いですね。
直近のボトルとでしか比較は出来ませんが、口当たりのスムーズさが増し、余韻のタンニンが洗練されたというか、その評価も頷ける構成でした。

勿論、ブルゴーニュの王道的古酒の味わいに比べ、近年感というか、模倣という印象を感じてしまうのは自分が情報を飲んでいるからかもしれないのですが、週末のおうちディナーで飲むなら充分すぎるクオリティです。
ああ、こーいうワインを家飲み用にストックしておきたい。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×