カテゴリ

カテゴリ:評価無し

T.Ishiharaさんのアラン蒸留所 プライベートカスク サンプル飲み比べ

カテゴリ:
アランカスクサンプル
ISLE OF ARRAN 
Distilled 2011/7/15
Cask type 1st Fill Sherry Hogshead(250L)
Cask no,11/1327


【Bottled 2016/9/26 Aged 5 years 59.8%】(右)
香り:ドライプルーンやシロップ、キャンディを思わせる濃厚でべたつきのある甘いアロマ。香り立ちは甘さがメインだが、スワリングしていると刺激やウッディネスも感じられる。

味:甘く濃厚な口当たり、フルーツシロップのような粘性のある甘み、徐々にスパイシーな刺激。
余韻はウッディでドライ、濃くいれすぎた紅茶のタンニン、ピリピリとした刺激が盛り上がるように広がってくる。

一言メモ:甘口なシェリー感主体でわかりやすい味わい。奥行きはあまりなく、加水等の変化は薄くなっていくイメージ。

【Bottled 2017/8/30 Aged 6 years 59.8%】(左)
香り:濃厚な香り立ち。ドライプルーンの甘み、焼き芋、少し焦げたようなウッディネス、ツンとした強い刺激。時間経過でスパイス、オークのバニラやキャラメリゼを思わせるアロマも感じる。

味:濃厚な口当たりで擬似シェリーのとろりとした甘み、同時にウッディな渋みとスパイシーさ、舌の上にドライで鋭い刺激。濃厚な中にフレッシュさ、時間経過で甘酸っぱい果実味も広がってくる。
余韻は焼き芋のような焦げた甘みから苦味主体。ウッディなタンニン、ドライで少し粉っぽさを伴い長く続く。

一言メモ:樽感はだいぶ強くドライだが、ただ濃いだけでなく多彩さがあり、時間や加水での変化は見るところがある。


本ブログに素晴らしい写真の数々を提供いただいているT.Ishiharaさんから、アラン蒸留所の個人所有カスクのサンプルをいただきました。
上記写真で右側は5年熟成、左側は今年サンプリングしたばかりの6年熟成。新婚旅行の際に購入した樽なのだとか。
樽買いって浪漫だよなあとか、新婚旅行で樽買いってよく奥さん許したなとか、感じるところは色々ありますが。。。それはさておき(笑)。

このサンプルは、現状把握とボトリング時期を見極めるために取り寄せるものですが、「同じ樽の原酒を1年違いで飲むことなんてなかなか無いですよね、感想も聞かせてください」とIshiharaさん。
バーボン樽ならイチローズモルトのMDCや、自宅の5リットル樽等で近しい経験はあるものの、今回は個人で所有しているケースの少ないシェリー樽ですから、これはめちゃくちゃ貴重な経験です。 
いつも本当にありがとうございます!

(両者仕事の都合で時間が合わず、ワンチャンスでサンプルの受取場所となった都内某所の公園、その場で意見交換。。。(笑))

シェリー樽の仕様は1st fill シェリーカスクのホグスヘッド。シェリーのタイプはオロロソのシーズニングで、バットではなく250リットルと小ぶりな分、樽感がつきやすい仕様であると言えます。
実際、酒質の慣れ具合はどちらも年数相応で、まだまだ荒いところはありますが、樽感は5年もので十二分に「シェリー樽熟成」を名乗れるレベル。
なるほど、このまま単純に濃厚になっていくのか・・・と思いきや、少なくともこれ以上熟成を続けるなら加水を前提とするような、大きな変化が5年と6年を隔てる1年間の間に起こっていました。

というのも、両サンプルは味もさることながら、香りからしてまるで別物な仕上がりなのです。
アランは元々プレーンであまり癖のない酒質であるため、基本的には樽感主体の香味になりがちです。5年熟成がとろんとした甘みが主体的な構成なのに対して、6年熟成はそうした甘みのほかにスパイシーな刺激に苦味、渋み、焦げたような樽香が強く出てきており、熟成が次のステージに移っていることが感じ取れます。
すなわち、「樽材に染みこんだシェリー分が主体的に溶け出す」のが第一段階とすれば、第二段階はそのエキスがある程度出切った後、「樽そのものが溶けて混ざり合う比率が濃くなってきた」という整理。それはこの1年間がターニングポイントだったと言えるほどの違いで、ここまで変わるとは・・・ちょっと予想できないですね。

結果論ですが、5年はわかりやすさという点で、カスクストレングスとしてひとつの詰め時だったのかもしれません。
6年熟成では甘み以外の要素とドライな舌当たりが増して濃縮感があり、時にネガティヴにも感じられますが、時間経過でそれらの要素が混じり合うことで、多彩なキャラクターが感じられるようになりつつあります。
そのため、ぱっと飲んでとっつきやすいのは5年ですが、奥行きの違いというか、1ショット以上飲みきることを前提として様々な変化を許容する伸びしろは、6年の方が多くあるように感じました。


今後について予想すると、まず余韻のドライさ、粉っぽさは樽が溶けた結果出ているキャラクターなので、長く熟成しても収まらず、今と同等、あるいはそれ以上の強さとなると考えられます。
一方でシェリー感については甘酸っぱさやスパイスのフレーバー、バニラなど、樽が溶け出た結果の変化も蓄積するため、楽しみな部分でもあります。

アランのプライベートカスクサービスは最長10年間の保管と加水の有無が決められるとのことで、8〜10年の熟成で酒質の若々しさ、アタックの強さがある程度取れたところを見計らい、樽感の強さを加水で調整して全体的な完成度を高める方向を狙っても面白いかもしれません。
実際6年ものは加水するといい具合に伸びてくれたので、7年、8年とサンプルが続くなら、より精緻に加水して最適な度数を調べるくらいのことをやってみたいですね。

熟成期間の中で起こりうる大きな変化を実際に味わい、樽との向き合い方や経年による変化を推測するための重要な経験を積むことが出来た、素晴らしいサンプルでした。
感謝と共に、将来のボトリングも楽しみにしております!

ニッカ カフェウォッカ 40% サンプルレビュー 6月27日発売

カテゴリ:
IMG_3926
NIKKA WHISKY
COFFEY VODKA
180ml 40%

(常温)
淡いアルコール感、穀物香と柔らかい酸味も混じる。クリアな中に穏やかな原料由来の香味が残っている。
柔らかいコクのある口当たりから、微かに穀物のほろ苦さと乳酸のようなニュアンスを伴う甘み、ジンジンとした刺激も混じる。余韻はほろ苦く淡い酸味を伴いすっきりとしている。

(冷凍)
香り立ちはクリアで澄んでおり、清涼感を感じる。ほんの微かに乳酸、パイナップルのような爽やかなアロマが混じる。
飲むと柔らかいコクを感じる口当たり、クリアな味わい。品の良い穀物風味と果実にも通じるまろやかな酸味がアクセントに。余韻はほろ苦く、嫌なところが少なくすっきりとしている。

下手なウイスキーよりも面白い、驚きのウォッカ。
常温ではカフェスチル由来の柔らかいコク、香味の残った味わいがわかりやすく、冷凍すると清涼感すら感じる香り立ち。
総合的に見ると冷やして飲んだほうが"らしさ"をより楽しめるか。夏場は冷凍庫へ。

カフェウォッカ

昨日紹介したカフェジンとあわせ、アサヒビールが6月27日に発売する、もう一つのカフェシリーズ。カフェスチルを用いて作るピュアなホワイトスピリッツ、カフェウォッカです。

※6月27日発売、カフェジンのサンプルレビューはこちら

「ニッカのカフェスチルは旧式で、アルコール精製度が低い分、香味成分が残った豊かな味わいのグレーンを作り出せる。」
ウイスキーを嗜む人ならば、一度は聞いたことがあるであろうニッカの売り文句の一つです。
確かにカフェグレーンは他社のそれよりも甘みが強く、しっかりとした穀物由来のフレーバーが感じられるのですが、それは蒸留機由来の香味なのか、あるいは使われる原料の比率や種類、樽、熟成環境・・・などの諸要素からくるものなのか。多くの要素が重なっている熟成原酒ゆえに、どこまでがそれか確証が持てずにいました。

そしてその疑問は、このカフェウォッカを飲んで氷解するのです。
製造方法はカフェスチルで蒸留した、大麦とトウモロコシを原料とするスピリッツをブレンド、加水の後、白樺炭で濾過。いたってシンプルなものですが、クリアな味わいを出しつつ香味成分は残したい、白樺炭濾過は強度を極力少なくする代わりに、スピリッツの質にこだわっているそうです。
その結果、透明感のあるウォッカらしい香味に加え、ウォッカらしからぬ柔らかいコクのある口当たり、原料由来の優しい香味が残る味わいへと繋がっているのだと感じます。

自分はもっぱらブラウンスピリッツ派で、ジン以上に、ウォッカはカクテルベース。ストレートで飲むことはまずありません。
「とろっとろに冷やせば美味しいよ!」という意見も少なからず聞くのですが、独特とも言える無臭のアルコール感は慣れる事が出来ず、この感覚は理解できないなと、いくつかのウォッカを飲んで感じていました。
正直今回のカフェシリーズのリリース情報を聞いても、ジンはまだ楽しみな部分があった一方、ウォッカは「ブラックニッカクリアのカラメル色素抜きでしょ」なんて思っていたのです。

それだけに、最初の一口の衝撃は大きかったですね。その後1日冷凍庫に入れ、その清涼感あるアロマに2度驚かされました。
ウォッカらしいアルコール感が完全にない訳ではありませんし、麦を含む穀物由来の香味や、コクのあるボディがウイスキー党の自分にとって馴染みやすかったというのもあると思います。
しかしながら、そうした構成から下手なウイスキーよりも楽しめると感じたのはテイスティングの通りです。
このカフェウォッカ、素性が良いだけに様々な飲み方で使えそうです。
夏場、キンキンに冷やしたものをストレートであおるのも良いですが、ゆるく飲むならロックがこのウォッカのいい部分を長く楽しむ事が出来たと感じます。

カクテルもいくつか試したところ、キリッとドライに仕上げたい場合はさておき、コクのある味わいが土台となってカクテルを構成するフレーバーを包み込む、このボディ感は強みになると感じます。
オーソドックスなウォッカトニックは、ベースとなるカフェウォッカに甘みがあるので、ドライなタイプのトニックウォーターを使うか、あるいはソニックにしても面白い。レモンは控えめで、すっきりとして柔らかい甘みと爽快感を楽しめます。

この夏のお供候補生にして、ウイスキー好きにこそ飲んでもらいたいウォッカ。価格はカフェジンと同じ4000円少々。ウォッカとしてはプレミアムグレードですが、ウイスキーとしてならエントリーグレードで常識的な範囲・・・。
それこそ、黒塗りグラスでブラインドテイスティングなんてやったら、面白いと思いますよ。

ニッカ カフェジン 47% サンプルレビュー 6月27日発売

カテゴリ:
ニッカカフェジン
NIKKA WHISKY
COFFY GIN
180ml 47%

(常温)
柔らかくフルーティーな酸味、林檎、オレンジ、微かに柚子も思わせる爽やかさ。徐々に山椒のスパイシーさ、ベクトルの違う香りが開いてくる。
香り同様柔らかくコクのある口当たり。そこから柑橘、オレンジピールを思わせるほろ苦さ、山椒の爽やかな香気が鼻腔に抜け、スパイシーな刺激がジンジンと染み込むように長く続く。

(冷凍)
ややドライ、クリーンで高い香り立ち。シトラス、柑橘系の爽やかさ主体。微かに山椒とジュニパーのアロマ。 
口に含むと香り立ち同様にドライ、柑橘系の爽やかさから山椒の香気が鼻腔に抜けていく。余韻は常温同様にスパイシーでほろ苦い。

しっかりとした飲み応えと柑橘や山椒の爽やかな香味が特徴のジン。常温か、冷凍か、オススメの飲み方は少々悩ましい。
カフェスチル由来のコク、果実由来の柔らかい酸味は常温のほうがわかりやすいが、このレシピのキモとも言えると山椒のスパイシーで爽やかな香気は、冷やしたほうがダイレクトに鼻に抜けていく印象。とりあえずまずは常温で一口、その上で様々なレシピも検討したい。

アサヒビール、並びにニッカウイスキーが、世界的に広がりを見せつつあるプレミアムジン市場に投入する意欲作。ニッカのウリの一つとも言える、カフェスチルで作る"カフェジン"です。
先月、同カフェシリーズのジンとウォッカのサンプルを入手し、早々に雑感をご紹介したところですが、発売日となる6/27も近づいたところで個別に記事にしていきます。

※6月27日発売、カフェウォッカのサンプルレビューはこちら。

ウイスキーブームにより市場が拡大し、ハイボールなどの文化が定着したことで瞬間最大風速ではなくウイスキーが日本で日常的に飲まれる酒類として定着しつつある昨今。ブラックニッカの限定品でウイスキー入門層にこのジャンルの楽しさをPRするアサヒビールの次なるチャレンジは、ブラウンスピリッツではなく、ホワイトスピリッツ、ジンとウォッカでした。
この発表はウイスキー愛好家に少なからず驚きを与えたところですが、時同じく、サントリーもプレミアムブランドとなるROKUと共にジン市場への参入を発表。
その他、マルスウイスキーや京都蒸留所などクラフトディスティラリーが以前からクラフトジンを展開しており、今年の夏はジン市場における、爽やかでありながらアツい各社の戦いが見られそうです。

今回発売日されるカフェジンは、カフェスチルで作るとうもろこし、大麦を主原料とするグレーンスピリッツに、
①山椒。
②ゆずなどの和柑橘、りんご。
③ジュニパーベリーなど。
のボタニカルの元となる原料をそれぞれ漬け込み、再蒸留しブレンドしたものです。
先日開催された東京バーショーで聞いたところ、この「山椒」についてはかなり拘って、産地から厳選したとのこと。また、その一部にりんごをチョイスしてるところが、ニッカらしいですね。

個人的に、タンカレーに代表されるようなジンの香りは好みなのですが、アルコール感あるドライな口当たりや、ジュニパーがきいてギスギスするようなタイプが多く苦手。カクテルはともかく、ストレートを好んで飲むことは基本ありません。
しかしこのカフェジンは、意外と飲めるのです。
こだわったという山椒の香味は、スパイシーで爽やか。好みを分けるかもしれませんが、果実の柔らかい酸味とほろ苦さ、カフェスチル由来と思しきグレーンスピリッツのコクがそれを包み込んで、アクセントの一つとして楽しませてくれるのです。

それこそ山椒のニュアンスはパンチ、アイラモルトのピート香のように、和の個性の一つという位置付けなのだと推察。もっとフルーティーで柔らかく飲みやすいジンを作ろうと思えば作れたのだと思いますが、カクテルのベースとして使うに当たって、あるいは海外に売り出していく中で、それでは面白くないという方針なのかもしれません。
(林檎ベースのカフェジンとか、飲んでみたくはありますが。。。)
というわけで、ストレートやロックでのテイスティング以外に、ジンソーダ、ジントニックと基本的なカクテルレシピから試してみます。
今回の販促サンプルは、試飲以外にカクテルも試せるようにと、180ml仕様なのです。有難いですね。

まず、ジンソーダは大人の味、かなりドライでシトラスと山椒の香るさっぱり感の強い味わいに仕上がる一方。ジントニックはスピリッツそのものの柔らかさがトニックウォーターの甘みと混ざり、染み渡るような味わい。
ライムの皮のほろ苦さ以外に、微かに残る山椒の香気。いやーこれはゴクゴク系です。
トニックウォーターはフィーバーツリーと、広く流通している万能型のシュウェップネスで試しましたが、どちらも問題なく馴染んでくれます。
強いて言えば甘口が好みな人はシュウェップネスのほうがオススメですが、ジンの香味をより活かせたのはフィーバーツリーだったかな、という印象です。


この新商品、アサヒビールとしては一般市場もさることながら、国内外のBARに広く売り込んで、プロのカクテルから愛好者に良さが広まって欲しいと考えているそうです。
確かにウイスキーならともかく、4000円を超えるプレミアムグレードの価格帯にあるカフェジンが、一般にホイホイ売れるとは考えられません。
1000円台のボンベイ、ギルビー、2000円台から展開されるタンカレーシリーズ、スタンダードブランドには実力も伝統もあるライバル多数であるところ、他メーカーのクラフトジンもあります。

正直、ジンについてはさわり程度しか知識もないので、多くは語れませんが、これまで経験してきた中で、ジンと言えばドライで飲み口の硬いものが多い一方、その逆に位置付けられるカフェジンがどのようなカクテルに使われ、受け入れられていくかは興味深く、まさにチャレンジです。
今回は自前でカクテルを作りましたが、発売後のプロのレシピ、プロの味も楽しみにしています。

エルカンダド ペドロヒメネスシェリー バルデスピノ 17%

カテゴリ:
エルカンダド
EL CANDADO
PEDRO XIMENEZ SHERRY
VALDESPINO
750ml 17%

シェリー系のウイスキー紹介が続いたところで、今日は脱線してシェリー酒。普段飲みスタイルの雑談記事になります。

黄色地の目立つラベル、それ以上に異彩を放つ、黄金色の南京錠付きのコルクキャップ。
洋酒を嗜まれている方々には今更紹介するまでも無い、"黄色いニクいヤツ"。スペイン・ヘレス地方産、ペドロヒメネスシェリー酒(通称:PX)の有名銘柄が、今回の記事の主役、バルデスピノ社のエルカンダドです。


一応さわり程度、概要に触れていきます。
バルデスピノ社といえば、ヘレス地方の大手ボデガに数えられる存在であり、ウイスキー愛好家にはおなじみとも言えるシェリー樽供給元の一つでもあります。
少し前は、キングスバリーがバルデスピノカスクなんていうシェリー樽のシリーズをリリースしてましたし、シェリー酒を意識して飲んだことが無いというウイスキードリンカーでも聞き覚えはあるのではないでしょうか。 

PXシェリーは、収穫した葡萄(ペドロヒメネス種)を天日干しにして、糖分を濃縮したものを原料として作られる、全甘党御用達とも言える極甘口な酒精強化ワイン。
その濃厚な甘さは、甘い物嫌いの人からすれば卒倒できるシロップのような濃縮感。しかし、ただ甘いだけではない、酸味や苦味など、甘みの奥に潜む多彩さが魅力の一つともいえます。

今回のエルカンダド、酒販店等の説明では12年、ラベル説明では10年以上(なぜか微妙に違う)の熟成を経てリリース。この熟成年数は、ソレラで熟成されるシェリーにおいて一概に比較は出来ませんが、決して長期熟成というわけではなく、感覚的にはウイスキーと同じ尺度で見て良いと思います。
また、ウイスキー業界で使われる「シーズニングシェリー樽」の1年、2年というシーズニング期間が、良いか悪いかは兎も角、シェリー本来の熟成としては短いことはわかります。

香りは常温だとツンとしたアルコール感、あわせてレーズンやチョコレートを思わせる、非常に濃厚な甘いアロマ。
味わいはとろりと濃厚、黒蜜、レーズンやカシス、ベリーなどのダークフルーツのシロップ。アーモンドのほろ苦さ。余韻で引っかかりというか、若干喉を刺激するアルコール感と酸味もありますが、深く、濃い甘みが長く残ります。

上位グレードのPXシェリーとの大きな違いは、風味のふくよかさもさることながら、このアルコール感と、滑らかで濃厚でありながらすべるように喉へおちていく飲み心地にあると感じています。
そうした点で、エルカンダドは3000円以上の価格帯で高く評価されているペドロヒメネスには及ばない部分はあるものの、口に含んだ際に広がる芳醇な味わいは、PXシェリーの醍醐味とも言えるそれ。コスパに優れた1本として評価されています。

前述のアルコール感は、冷やしてしまえばあまり気になりません。
さらにPXシェリーは糖度が非常に高いためか、一般家庭用の冷凍庫であれば凍りつくことはありません。
このエルカンダドを冷凍庫でキンキンに冷やし、とろ〜っとしたところを食後のデザート代わりに飲む。これは黒糖かりんとうが好きな人とかホイホイだと思います。また、レモンを絞ってソーダ割りにすると、甘みと酸味のバランスがとれ、疲れた体に染み渡る美味しさです。


どろりと濃厚なPXシェリーは、常温ではとても夏向きとは言いがたいお酒である一方、自分は先述のスタイルで、夏のお供はこれと言わんばかりに飲んでいます。
多分今までの人生で一番飲んでるシェリー酒は、エルカンダドでしょう。 
正直、味わいだけなら「甘いは旨い」という系統の味覚を持つ日本人好みの構成であり、価格も2000円程度と手ごろ。一般的にもっと飲まれても良いお酒だと思っています。
それこそPXシェリー以外に、同じく甘口のモスカテルやクリームなど、少なくともカシスリキュールと同じくらい、広く飲まれていても良いと思うのです。

余談ですが、PXシェリーがこれだけ濃厚に甘いのだから、PXシェリー樽で熟成したウイスキーもまた同様に濃厚な甘さが得られるはず、と思いきや、とろりとした粘性のある飲み口にはなるものの、結構ウッディというか、甘み以上に渋みが出ているリリースに多く当たります(むしろドライなオロロソのほうがウイスキーは甘みのある仕上がりとなったり)。
これはウイスキーのように度数の高いアルコールの熟成の場合は、樽材も一緒に溶けるため、シェリーそのものの味と全てがリンクするわけではないためだと考えられる一方、類似点が感じられないわけでもありません。
ウイスキーに関係があるお酒も飲んでいくと、色々新しい発見があるなと感じています。

ニッカウイスキー ノースランド 角瓶 1970年代流通 特級表記

カテゴリ:
NORTHLAND
NIKKA WHISKY
SPECIAL GRADE
1970's
720ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:評価無し

香り:埃っぽさを伴う乾いた穀物香、メンソール、ウォッカのようなアルコール感。時間をおいても香りがあまり立たない。

味:ピリピリとしたアルコールの刺激を伴う口当たりから、べったりとしたシロップのような甘み、淡いモルティーさ。
余韻はハッカ飴、ドライであまり強くなくじんわりと染み込むように消えていく。


ニッカウイスキーの、そして竹鶴政孝の理想を形にした記念すべきブレンデッドウイスキーが、ノースランド角瓶(1973年発売)です。
1960年代中頃、カフェ式蒸留機の導入で念願の本格ブレンデッドウイスキー作りが可能となっていたニッカウイスキー。その中で竹鶴政孝は、スコットランドでの経験からウイスキーをより味わい深くするには、異なる地域で蒸留、熟成したモルト原酒が必要であると考え、さらなる理想のために新しい蒸留所の建設に向けて動き出します。

そして紆余曲折の末、1969年に竣工した宮城峡蒸留所で蒸留、貯蔵されたモルト原酒に、余市蒸留所の原酒、さらに当時は大阪の西宮工場で生産されていたカフェグレーンをブレンド。
竹鶴政孝の理想がまさに結実した新商品が、このノースランドだったわけです。
(1970年にはグランドニッカや、リニューアルしたスーパーニッカがリリースされているので、宮城峡の原酒も使われているかもしれませんが、3年未満で理想とは言いがたく。)

ノースランドは今回紹介している特級規格の角瓶と、2級規格の丸瓶がリリースされていました。
背面ラベルやニッカのPRでは「北海道余市のハイランドモルト、宮城峡のローランドモルト、カフェグレーンをブレンドした、まろやかでコクと気品ある味わい、Gentleタイプのウイスキー」と、ハイランド、ローランドはこの時期から使ってたのか。。。とか、Gentleタイプなる聞きなれない単語に時代を感じます。
他方、ノースランド角瓶の1970年代流通は、理想が結実したと言いつつも、日本のウイスキー黎明期といえる原酒20%程度な味わい。経年を差し引くと当時はソフトでクリーン、飲みやすいウイスキーだったのではないかと思います。
1980年代になると比較的モルティーな風味もはっきりしてきて、原酒の熟成、ウイスキーメーカーとしての成長を感じることも出来ます。

時代の区別については、1970年代はラベルに埋め込まれている赤いエンブレムが、1980年代頃からラベルとしてプリントされるようになるので、非常にわかりやすいです。
ちなみに、ノースランドは1980年代に終売となったものの、余市蒸留所のショップ名称として現在まで息づいています。

このページのトップヘ

見出し画像
×