カテゴリ

カテゴリ:評価無し

クエルボ 1800 アネホ 1980年代流通 38%

カテゴリ:
IMG_20190617_010031
CUERVO 1800 
Anejo 
1980's
750ml 38% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
参考評価:★★★★★★(6)

テキーラの代表的ブランドとも言えるクエルボの1800のオールドボトル。ブランドヒストリーはメーカーサイト参照で省略させていただくとして。。。クエルボは今でこそ様々な種類がリリースされていますが、当時はこの1800アネホが最上位ブランドだったとのこと。きっと良い原酒を優先的に使っているんだろうとポチって見ましたが、これはその予想の通りアタリでした。

テキーラの特徴とも言える独特の植物感に、マイルドな酸味を伴う引っ掛かりのない口当たり。グレーンウイスキーにも似たバニラを思わせる甘味のあるまろやかな味わいは、ドライさとギスギスした要素の出ている現在の同銘柄とは別物です。
現行品の仕様だと、アネホは8~12年かけて育ったブルーアガベを原料にした原酒を14ヶ月以上オーク樽で熟成しているとのことですが、このボトルのほうが風味も熟成感も自然で、えぐみやウッディな渋みもありません。原酒だけでなく樽そのものの良さも感じられるように思います。

加えて特筆すべきは、アルコール感の無さと口当たりのやわらかさですね。危険なほどするすると飲めてしまいます。我が家で2本、BAR2店舗、計4本状態を確認する機会がありましたが、単にアルコール抜けているというわけではなく、すべて共通してこういう味わいでした。
ストレートで飲んでも良いですが、これをカクテルベースに使うと変わらず度数を感じさせない味わいとなる、まさにレディーキラー。我が家ではパイナップルジュースで割ったマタドール崩れが定番です。

IMG_20190710_210225
(以前高岡のBARハリーズで即興でお願いしたオリジナルカクテル。テキーラとシャルトリューズ、あとはローズシロップなどの組み合わせだが、飲みやすさとテキーラベースの特徴はそのままに、香草のフレーバーが爽やかに効いて実に美味。)

この熟成テキーラはウイスキー好きにもオススメ出来る味わい。モルトタイプではなく、どちらかというとグレーンタイプの系統なので、バーボンやカナディアンウイスキーが好みの人には是非オススメしたいですね。
ウイスキーからブランデー、ラムは繋がることが増えてきましたが、テキーラはまだメジャーではありません。ですが、きっと新しい世界へのきっかけをつくってくれるのではないかと思うのです。

IMG_20190818_191342
以下、雑談。
最近ウイスキー以外の投稿をしていませんが、むしろ家飲みはウイスキー以外が多かったりします。
特に記事にするようなネタでもないのですが、ちょっとオマケとして記事の末尾で簡単に紹介しても良いかなと。今日は宮城県の「萩の鶴 純米吟醸 別仕込み 15%」です。

キッチリ冷やして楽しむ酒ですね。柔らかく甘い口当たりに、フルーティーで華やかな吟醸香。温度が上がると甘さがベタついてくるので、冷やすことで良さが増すように感じます。東北らしい酒というか、これは美味しい。
変にクドさがなく、整った味わいなので料理に合わせやすく、冷やした野菜に味噌、そんなシンプルな食べ合わせでも充分楽しめました。

ジンを和食と楽しむ ~季の美 京都ドライジン~

カテゴリ:
最近、ジンの売り上げが急増し、日本でもブームの兆しがあると聞きます。
実際、ジンフェスティバルなどのイベントも開催されるなど、これまでは一般にメインではなかったスピリッツが注目を集めています。

しかしそうは言っても、ジンはカクテルベースのイメージが強く、クラフトジンとか興味はあるけどどう飲んでいいかわからない。
オーソドックスな飲み方であるジントニックも、ライムやトニックウォーターを準備しておくのが手間。っていうかめんどくさい。そう考えてなかなか食指が延びない人も少なくないのではないでしょうか。(実際、私がそうでしたw)
そんなウイスキー愛好家各位に是非おすすめしたいのが、ジンをロックで、食中酒として楽しむ飲み方です。

IMG_20190624_231816

今からちょうど1年前、とあるメーカーの方と「ジンを一般家庭に普及させるにはどうすればいいか」というディスカッションをする機会がありました。
カクテル前提では手間がかかる。1STEPで済ませたい。柑橘感が和食に合いそう。焼酎をロックで飲むイメージで晩酌に使えるんじゃないか。。。
と話が繋がり、その場でじゃあやってみようと近所のスーパーに駆け込んで、天ぷら、唐揚げ、炒め物、そしてまず初見では合わせないだろう和食の代表格"お刺身"などの惣菜を買い込み・・・ジンも複数種類用意して、実際にトライしてみたわけです。

結果、揚げ物などは問題なく普通に合わせられるのですが、意外だったのが刺身。白身系はもちろん、赤味、あるいは〆鯖などの青魚も問題なかったこと。
むしろ爽やかなジンの香気と、ロックで飲むことで高めの酒精が、口内に残る魚介のネガティブな部分を打ち消す感じもあり、これは探求のしがいがある組み合わせだぞと思わせてくれました。

ただ、いざ売り場を見てみると多くのジン銘柄がリリースされており、なかには原料が違ったり、特定のフレーバーに特化されているものもあるなど、どれを選んだら良いか・・・という声も聞こえてきそう。
これに関して、上記ディスカッションをきっかけにスタンダード品からオールドまで色々試すなかでは、オーソドックスなドライジンタイプの方が間違いはないということ。
そして、現行品のなかでオススメは日本のクラフトジン、ならびにプレミアムジンの先駆けとも言える、季の美。今回のレビューアイテムです。

IMG_20190409_204419
(ジンの種類の例。スウェーデン、ヘルノジンのイベントでの1枚。値段は少々高いが丁寧な作りを感じる実に旨い銘柄。一口にジンといってもドライジン、ハイプルーフ、オールドトム、スロージン、ジュネバー。。。そして独自のフレーバー配合などで多くの種類がある。)

季の美は米を原料としたライススピリッツをベースにしていることもあり、口当たりに柔らかさがあるだけでなく、フレーバーも日本人好みの味付けがされているように感じます。
各種ボタニカルが織り成す華やかで爽やかなアロマは、柑橘系のニュアンスのなかに微かに青みがかった甘みと針葉樹やハーブのニュアンス、スパイシーさ。。。ですがクドさのない仕上がりで、ジントニックはもちろん、ロックやソーダで割っても口当たり柔らかくほのかな甘味が残るので、使いやすい印象なのです。

IMG_20190629_105532

食事に合わせる場合、生食系の時はロックやキンキンに冷やしてストレートで。揚げ物がメインなら、ロック、あるいは油をさっぱりと流す目的で、ソーダで割ってジンソーダあたりがオススメ。(季の美については水割りも美味しいのですが、スポーツドリンク的な味わいで、単体で飲むようなイメージ。)
今回レビューに当たって調べてみると、サントリーさんが「和食とRokuのジンソーダ」の記事が公開されていて、さすがかつて二本箸作戦で寿司屋にオールドを売り込んだ元祖。やはり展開されていました。
ですが、サントリーさんがやられているなら、もうこれは太鼓判な組み合わせということですね(笑)

東京ミッドタウン「ロク ミッド パークラウンジ 緑に囲まれた小川で夕涼み クラフトジンや和食を提供(2019/6/20)
https://www.fashion-press.net/news/51082

ジャパニーズクラフトジンROKUに合う創作料理を提案(2018/9/21)
https://mobile.suntory.co.jp/area/kinki/d/9188/?transfer=pc_to_mobile


なお、関連するイベントに参加していると、ウイスキー好きのハートを射止めているものに、スロージンがあります。
要するにすももをジンに浸した果実酒みたいなものなのですが、爽やかでありながら甘酸っぱく、杏子酒や梅酒のようなニュアンスもある。まさに食後酒。
ストレートで適度にドライ、爽やかな味わいは食前酒から食中酒、そしてスロージンでデザートまで・・・実はジンって万能な酒なんです。

自分にとって、ジンは経験が少なかったのと、食中酒としてハイボールを使うのが若干飽きてきていたこともあって、食事との組み合わせは本当に新鮮でした。
梅雨でじめじめした日々が続いていますが、それをジンの爽やかさで打ち消して、おいしいご飯を食べてみてはいかがでしょう!

ハーベイ ブリストルクリーム 1970年代流通 & シェリー樽の考察

カテゴリ:
IMG_20190316_125427
HARVEYS 
BRISTOL CREAM 
CHOICEST OLD FULL PALE SHERRY 
1960-1970's 
750ml About 20% 

かつてイギリスにおいて、スウィートシェリーのスタンダードと言われるほど、高いシェアを誇ったハーベイ社のクリームシェリーが「ブリストル・クリーム」です。

需要に対応するため、1980年代までイギリスのブリストル(またはその郊外)に製造工場があったほど。当時の物流では、生産地に瓶詰工場があるより消費地に生産拠点があった方が効率的だったのでしょう。結果、スペインの提携ボデガから多くのシェリー酒がイギリスに送られることとなり、輸送用、一時保管用のシェリー樽も必然的にイギリス国内に増えることとなります。

IMG_20190316_125543

1960年代はイギリスでのシェリー酒の消費が増加、その後1980年代の衰退とECによる原産地呼称制度の制定に伴うスペインへの工場移転。このハーベイ社がイギリスでシェリー酒を製造していた時期は、スコッチウイスキーのなかでも特にGM社などボトラーズにおける色濃いシェリー樽熟成ウイスキーの仕込みが多かった時期とリンクしています。

シェリー樽についてほぼ同じ時期にパハレテ説があり、これも行われていたと思いますが、ベースとなる樽がなければパハレテは成立しません。果たしてこれは単なる偶然でしょうか。同社がGMないし各蒸留所と樽の供給に関する契約を締結していたかは定かではないものの、少なくとも製造課程でイギリスに置いていた"シェリー樽"が、スコッチウイスキー業界に貢献していたことは間違いないと考えられます。
ちなみにこの樽材がスパニッシュオークか、アメリカンオークかはさらに議論が別れますが、自分は後述するようにボデガが「どうせなら廃棄前の古樽使え」で、わざわざ新しい樽を作らず、アメリカンオークの古樽を使ったと考えている派です。(スパニッシュもあったのだと思いますが、後年良質なシェリー樽と認識されたのは、アメリカンオークの古樽という認識。)

IMG_20190308_021951
(通称GMシェリーとして知られる、カラメルソースを混ぜたような甘みをもった特徴的なリリースは、60年代頃から多く、1980年代後半蒸留頃から姿を消す。かつてはストラスアイラ、モートラック、グレングラント、ロングモーン、マクファイルズ。。。多くのGM蒸留所ラベルや独自リリースがこの味わいを持っていた。)

今回のテイスティングアイテムは、スペインで作られた各原酒がイギリスでブレンドされていた、まさにその当時の流通品です。ラベル下部に書かれた「12 DENMARK STREET BRISTOL ENGLAND」は、かつて拠点を置いていたオフィスの名残であり、時代を象徴する記述と言えます。

クリームシェリーはオロロソシェリーとPXシェリーをブレンドして作られるのが一般的です。しかしその品質はピンキリ。当時は「品質の定かではない原酒をイギリスが大量に輸入していた」なんて説もある時代でもあり、特にスタンダード品は、明らかに色が薄く熟成した原酒が使われていないように感じるものも少なくありません。
一方、このブリストル・クリームの色合いは熟成を感じさせる濃さがあります。経年により若干濁りはあるものの、当時は淀みのない赤みを帯びた美しい褐色だったことでしょう。香味は甘酸っぱくダークフルーツの香味が豊かで、アーモンドクリームのような軽い香ばしさと甘み、若干のシイタケっぽさ。樽由来のタンニン、コクのある甘みはしっかりと熟成したオロロソとPXをブレンドしていることが伺えます。

ここ最近、有名どころのクリームシェリーのオールドをぼちぼち飲んできましたが、スタンダードでこのレベルは頭一つ抜けています。(もちろん、30年オーバー等の長期熟成クリームシェリーと比べると多少粗はありますが。)
1960年代に色濃いシェリー樽熟成のウイスキーが多い背景は、第二次世界大戦とその後の消費量低迷のなかで溜め込んでいたソレラの古酒を、輸送用に使う古樽とともに各ボデガが払いだしたからではないかというのが自分の考察の一つです。
シェリー樽の謎に明確な正解を紐解くことは恐らく出来ず、仮説に状況証拠を結び付け、どれだけ納得できる説が出来るかだと思います。今回のボトルのようにスタンダードでありながらクオリティの高いものを飲んでしまうと、長熟原酒の払い出しとともに一部メーカーが良い樽を確保していたという範囲で、その予想を裏付けているように感じてしまいます。


何の気なしに購入してみたボトルでしたが、思った以上に美味しく、そして背景情報の多いものでした。
このボトルは先日とあるテイスティング意見交換会の際、新宿ウイスキーサロンに寄贈しました。興味がある方は、同店でくりりんが置いて行ったシェリーを注文すると・・・何本かあるうちの1本が出てくるかもしれません。興味がある方はどうぞ!

ゴンザレスビアス ノエ 1990年代流通 20%

カテゴリ:
IMG_20190404_221921
GONZALEZ BYASS 
NOE 
PEDRO XIMENEZ 
1990's 
750ml 20% 

香り:深みを感じさせる濃厚な甘酸っぱいアロマ。レーズン、無花果の甘露煮、黒蜜、微かにカカオチョコレート。微かに貴醸酒のような古酒っぽさ。熟成によって角がとれ、アルコール感はほとんど感じられない香り立ち。

味:非常に濃厚でマイルド、とろけるような口当たり。生チョコレートにレーズンを主体にダークフルーツを濃縮したような甘酸っぱさ、余韻にかけてはウッディーな苦味が多少感じられ、これが序盤の濃厚さに反してしつこすぎないフィニッシュへと繋がっている。

IMG_20190404_222001

シェリーメーカーの大手、ゴンザレス・ビアス社がリリースする、ペドロヒメネス(PX)シェリー酒、通常ラインナップの最高峰。以前記事で紹介した現行品や近年流通のノエは30年表記(ソレラに加えられている原酒の最低年数)がありますが、今回のオールドボトルには特段表記がありません。
ただ、飲んだ印象で同等程度の熟成は感じられるため、最低でも30年前後の熟成原酒を使って作られていることは間違いないと感じます。

PXシェリーの製法や品種については、もはや説明は不要かと思いますので省略。まあテイスティングの通り、まさにデザートワインという、めちゃくちゃ甘くて濃厚な酒精強化ワインなのです。
しかしただ甘いだけではなく、熟成による違いは当然あり、10年熟成程度の若いタイプのものは、甘味の濃厚さに対してアルコールも相応に感じられるだけでなく、全体的に大味な傾向があります。

一方で、長期熟成品はアルコール感が穏やかになり、とろけるような濃厚なフレーバーを楽しめるだけでなく、複雑さや落ち着き具合もポイント。オールドボトルの場合は、特にその特徴が出ているように感じられます。
今回のボトルの場合、現行品に比べて度数が5%高いことでボディの厚みはあるものの、酒精を感じさせないまろやかさは経年由来の特徴でしょう。風味が厚くただ甘いだけじゃない複雑さを伴う、とろけるような奥深い味わいなのです。

ccc57d23
(ノエ30年新旧ボトル。同系統の風味であるが、新しい方が甘味が強く、旧ラベルの方が奥行きを感じさせる複雑な味わい。近年流通品のコメントはこちら)

さて、PXシェリーと言えば、食後にちょっと舐めたり、シガーに合わせるのも良いですが。。。これまでのPXシェリーのレビューでも書いたようにアイスクリームへの”ぶっかけ”が最高にオススメ。特に、ノエのようなちょっと良いPXはアルコール感が目立たないので、このために存在しているのでは、と思えるほどです。

IMG_20190404_222706

今回のボトルも勿論、ぶっかけで頂きます。
ただ、毎回単にぶっかけてばかりのレビューでは芸がないのでちょっと変化をつけて、コンビニ等で売っている冷凍イチゴを電子レンジで熱々に解凍し、PXシェリーをぶっかけたアイスにトッピング。

冷たいアイスのクリーミーな甘味、PXシェリーの濃厚なコクとダークフルーツを思わせる甘酸っぱさ、合わせて熱々のイチゴの酸味と香りが口内で渾然となって広がる・・・。
あかん、これはあかんヤツですよ。
市販の冷凍イチゴはそこまで甘味が強くないのでシェリーのそれと喧嘩せず、香りと酸味、あとは温度差が加わることでの素晴らしいマッチング。
あー幸せ、アイスもイチゴも手軽に手にはいるものですから、シェリー酒一本でまだまだたっぷり至福のデザートが楽しめるってわけです。

嘉之助蒸留所 ニューポット 2018年リリース  59%

カテゴリ:
IMG_20190404_202808
KANOSUKE NEWPOT 
Batch No,18001 
Distilled 2018.Jan.15 
200ml 59% 

香り:モルティング後の麦芽、柑橘の皮を絞ったようなほろ苦さと酸、軽い香ばしさ。奥には微かに乳酸や林檎の果肉を思わせる甘味も感じられる。ドライなアロマ。

味:柔らかいコクと粘性を感じさせる口当たり。ほろ苦い麦芽風味に加え、林檎や柑橘が混じったような甘酸っぱさ、ピリピリとした刺激を口内に感じさせる。余韻は果実系の風味を仄かに残し、ヒリつくようなトーンの高い刺激とビターなフィニッシュが長く続く。

嫌なところの少ない、素性の良さと丁寧な作りを感じさせるレベルの高いニューメイク。麦芽由来の風味だけでなく、酵母由来なのか林檎等果実を思わせる要素が香味に混じる点がポイント。また、ボディもそれなりにあって、熟成させる環境と合わせて5年程度の熟成で仕上がりそう。

IMG_20190404_202904

焼酎メーカーとしてはメローコヅルで知られる小正醸造が、2018年に鹿児島・吹上浜沿いの地に操業した、嘉之助蒸留所のファーストリリースであるニューポット。形状やサイズの異なる3基のポットスチルを使い分けて原酒を生産。このリリースは、2種類の原酒をバッティングし、少量加水して仕上げたものです。
先日発表されたWWAでは、ニューメイク部門で世界一は逃したものの、ベストジャパニーズの評価を得ています。

同蒸留所のニューメイクは、昨年7月の京都ウイビアメッセで初めて飲む機会を頂きました。
この時は各ポットスチルそれぞれで生産したニューメイクを試飲したのですが、嫌みが少なく、柑橘などの要素が感じられる一方で、香味の質が繊細でジンのようだなと。それはそれで良い味だと思いましたが、その場にあった焼酎樽熟成の試作ニューボーンでは該当する個性が潰れていたように感じられ、スイートスポットの狭い、熟成で苦労しそうな原酒だなという印象を持っていました。

image
(2018年7月に京都で開催された、リカマン・ウィビアメッセの嘉之助蒸留所ブースにて。各種ニューメイクと、焼酎樽のニューボーンが試飲できた。)

ところが、その後リリースされた嘉之助ニューボーンを飲んだところ、アメリカンオークの樽香が酒質と上手く馴染んでおり、そんなに悪くないのかも・・・と。加えて、ファーストリリースのニューポットがWWAで受賞。WWAの評価は参考程度にしか考えていませんが、評価されるには理由があるわけで、ちゃんと飲んでおいた方が良いなと、自宅テイスティングすることにしたわけです。

前置きが長くなりましたが、複数タイプのポットスチルで作り分けた原酒をバッティングしたこのリリース、非常に良いニューメイクだと思います。
飲み口に柔らかさ、オイリーというか粘性を感じさせる舌当たりがあって、ボディも決して軽いわけではない。さすがにニューメイクなので、徐々に荒さというかドライな刺激が口内に広がっていきますが、これは熟成で十分軽減されるであろう程度です。
加えて未熟香が少ない点も、九州・鹿児島という暖かい場所で熟成させるに当たって短熟でのリリースになるでしょうから、地域の特性とマッチしていると感じられました。
これは5年後あたりの仕上がりが楽しみな原酒です。

IMG_20190404_221237
(嘉之助蒸留所のポットスチル。サイズ、形状共に全て異なっている。写真はウイスキーマガジンの特集記事から引用。http://whiskymag.jp/kanosuke_01/)

嘉之助蒸留所は、10億円以上とも聞く総工費をかけてイチから作られた蒸留所であり、その設計はウイスキーの生産のみならず、見学の導線にも配慮し、ウイスキー作りの現場を体感できるような洗練されたものであると伺っています。見学したウイスキー仲間の評判も総じて良く、鹿児島まで中々行くことは出来ませんが、いつか機会をつくって訪問してみたいと思います。

Screenshot_20190330_100907

このページのトップヘ

見出し画像
×