カテゴリ

カテゴリ:その他

サントリー ローヤル 15年 ゴールドラベル 43%

カテゴリ:
SUNTORY WHISKY
ROYAL
Age 15 years
2000’s
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたては少しぼんやりとしているが、紅茶のような柔らかい甘さ、徐々にマスカットや林檎を思わせる、華やかでややドライな樽香。ウッディでしっかりとした熟成感を感じるアロマ。

味:とろりとしてリッチな口当たり。合わせてウッディなほろ苦さ、複雑な樽感に軽い穀物感のあるグレーンの甘味、バニラウェハース、キャラメリゼ、微かにドライアプリコット。バランス良く、多層的。
余韻はねっとりとした甘味、コクを感じたあとで程よくドライ、長く続く。

ストレートではシェリー樽原酒の重厚なニュアンスも感じられるが、少量加水するとより華やかな樽香が解けるように広がってくる。ロックの味の持ちも良く、ハーフロックにするとスイスイ飲めてしまう香味のまろやかさ。その日の気分で様々な飲み方を楽しめる。

サントリー渾身の逸品として1960年代に開発されたブレンデッドウイスキー、ローヤル。
詳しい話は公式サイトを確認いただくとして、1997年、そのローヤルが12年にリニューアルする過程で、上位グレードとして発売されたのが、今回紹介するローヤル15年です。

当時発売されていたローヤル15年は、ギフト向けのゴールドラベルと、通常品の青地のラベルがありますが、流通時期によるロット差程度なのか味にあまり差はない(友人談)とのこと。自分が縁があったのはゴールドラベルばかりで、まだ飲み比べが出来ていませんが、機会があればこちらも購入したいです。
ちなみに2007年には再度リニューアルがあり、ラベルが微妙に変わったものの、2008年にはローヤル12年と共に終売となっています。(現行品はノンエイジ表記です。)

聞き齧っただけの話を垂れ流してしまいましたが、肝心の中身はというと、複雑で熟成感あり、山崎モルトの香味も感じられる、良くできたブレンデッドウイスキーです。
発売時期からしてウイスキー氷河期真っ只中、原酒も余っていたのでしょう。自分の中では当時がフラグシップである響含めサントリーブレンデッド全体がうまい時期という印象。
ローヤル15年はややもっさりした重さというか、言い換えれば重厚さというか、響とはブレンドの方向性に多少の違いはありますが、その系譜を受け継ぐ原酒のニュアンスも感じられます。

流通量多く、現時点ではそこまで古くないのでオールドボトルにありがちなリスクが少ないのもありがたい。ただボトル形状は大口径コルク採用かつ横置きされやすい形状のため、今後劣化ボトルが増えていく可能性も。。。
そう考えるとローヤル15年はまさに今が飲み頃。我が家の家飲みボトルの一つとしても重宝しています。

サントリー リザーブ 10年 シェリー樽仕上げ 40%

カテゴリ:
IMG_4001
SUNTORY WHISKY
SPECIAL RESERVE
Matured in Sherry Cask
Aged 10 Years
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★(5-6) (!)

香り:黒糖パン、チョコレートや微かにレーズンを思わせる甘い香り立ち。奥には乾いた穀物、経年からくる淡い古酒感と合わせ、ツンとしたアルコール感が鼻腔を刺激する。 時間経過で華やかさも。

味:香り同様の構成で、とろりとした口当たりから黒砂糖やココアを思わせるシェリー感、じわじわと若い原酒の甘みと刺激、干草のようなウッディネスが甘みとあわせて鼻に抜ける。
余韻はスパイシーでピリピリとした舌への刺激と、下顎、舌の付け根にねっとりと残るシェリーの甘みが長く続く。

ベースにあるのは中庸な若いブレンデッドだが、フィニッシュに使ったとされる樽の効果か、黒糖感のある旧ラベルマッカランにも似たシェリー感が付与されている。サントリーのブレンドらしくロックでも崩れず、若さが整えられて甘くスムーズな香味を楽しめる。この価格帯にして素晴らしい仕事だが、ハイボールは微妙。。。
発売当時はノンエイジ品として製造されていた、サントリーリザーブ。1996年に10年表記にリニューアルした後、1998年に姉妹品として発売されたのが、今回紹介するリザーブ10年シェリー樽仕上げです。
確かキムタクがCMをやっていたので、こっちの方はご存知の方も多いと思います。

10年熟成のモルトとグレーンで作ったブレンデッドウイスキーを、シェリー樽で再熟成。どの程度の期間かはわかりませんが、結構しっかりとシェリー系の香味が感じられるので、例えばファーストフィルで半年から1年くらいは詰めてある感じでしょうか。
全体的な印象としては、仕上げが荒いとか、ブレンドが若いとか、突っ込みどころは少なからずあるウイスキーですが、それは些細なことと言えるシェリー樽の香味。オークション価格ではなく、実売価格2000円前後(定価2100円)のブレンデッドウイスキーで、これほどのシェリー感があるものは、まず記憶にありません。 
シングルモルトの需要が今ほど高くなく、さらに国内市場で数があまり出なかったウイスキー冬の時代が重なったからこそ出来たリリースと言えそうです。

ちなみに近年の流通品で言うと、少し価格を上げればネイキッドグラウスがシェリー感あるブレンデッドとして有力候補です。
ただ、ネイキッドグラウスは最近のシーズニングシェリー味。対してこのリザーブ10年シェリー樽仕上げは、マッカラン混ざってないか?と思えるほど、2000年代当時の同蒸留所スタンダードリリースの味わいが上面に乗っかっているのです。 

邪推すると、万本(何万リットル)単位で出荷される普及品ブレンデッドに、1樽500リットル、当時既に入手困難とされつつあったスペイン直輸入のシェリー樽を何千樽も割り当てただろうか?(例え本命を詰める前のアク抜きでも・・・)などの疑問がないわけではありません。
ただそれらを今更考えるのは、あまり意味はないというか、野暮ですかね。だって美味しいんですから。
冬の時代が生み出した今は亡き一品。もし酒屋やスーパーなどで見かけたら、是非普段飲みに試してみてください。

サントリー 清里フィールドバレエ 25周年記念 ピュアモルトウイスキー 48%

カテゴリ:
IMG_2240
KIYOSATO FIELD BALLET
25th Anniversary
Pure Malt Whisky
Suntory
2014's
700ml 48%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ウッディで華やか、バニラの甘みにアプリコット、梅、オレンジなどを思わせる酸味を伴う熟成香。リッチなアロマ。
グラスの残り香はクリーミーで甘酸っぱい。

味:スムーズで華やか、とろりと複雑で厚みのあるバッテッド。アプリコットジャム、乾いた麦芽、おしろい、砂糖をまぶしたオレンジピール、鼻に抜ける香木のアロマ。
余韻は徐々にウッディ、オーキーで華やかで微かにスモーキー。ドライでジンと痺れを伴うがしっかりと残り長く続く。


山梨県北杜市の"萌木の村"で、毎年8月の2週間だけ開催されているバレエの野外公演、"清里フィールドバレエ"の25周年を記念し、サントリーの輿水精一氏に依頼して作られたオリジナルブレンデッドモルトウイスキーです。
中身は1990年代蒸留の白州を中心とした構成で、体感的には20年前後の熟成となるバーボンバレル、ホグスヘッド系の原酒がメインに使われているように思います。ジャパニーズらしくというかサントリーらしいオーキーでリッチ、多彩な原酒が織り成す複雑さと甘酸っぱく熟成感のある味わい。そこに加水が加わって、バランスの良い香味が楽しめます。

このブレンドを作成するにあたっては、同氏が"清里フィールドバレエ"のイメージを膨らませて作られたとのことで、ラベルはプリントではなく表面を削る加工で、夏夜の月灯りの下、風に揺れる木々と舞うバレリーナの姿が描かれています。
あまり比較する意味は無いですが、清里フィールドバレエシリーズは、このボトルを皮切りに3種類リリースされていますが、初版のこのボトルが一番美しいデザインだと感じます。

このフィールドバレエ25周年記念リリースは、対外的に販売された26周年、27周年と異なり、懇意の関係者に販売された以外は、萌木の村でしか飲めないボトルでした。それがこのたび、諸事情により三越前のBAR IANにて開封、置かれることとなりました。
おそらく、このブレンデッドモルトを都内で飲むことが出来るのは、IANさんだけでしょう。

気になっていたボトルだったので、テイスティング出来て良かったです。
今回は口開け近くで様子見のハーフショットテイスティングでしたが、時間をおいてもう一度飲んでみたいと思います。

サントリーウイスキー 季 TOKI (とき) 43% 北米市場限定品

カテゴリ:
SUNTORY WHISKY
TOKI
Japanese Blended Whisky
750ml 86proof (43%)

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅(@サンプルテイスティング)
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ツンとした刺激、軽やかで華やか、乾いた木材を思わせるオーク香、蒸かしたサツマイモや薄めた蜂蜜の甘いアロマ、微かにハーブの爽やかさもある。奥には幾つか異なるニュアンスがあり、少量の加水で前に出て複雑さが増してくる。麦芽香、焦がした木材、徐々にバター飴のような甘い香りも感じられるが、あまり長くは持続しない。

味:スパイシーな口当たり、香り同様にオーキーでドライな口当たり、中間から後半にかけては粘性のあるモルティーなコク、干し藁を思わせる香ばしさ、総じてバランスは良い。
余韻は軽くスパイシーであっさりしており、微かなピートフレーバーと麦芽のほろ苦さを感じる。
少量加水すると口当たりは滑らかで、オーク系の華やかさにドライアップルを思わせる酸味も感じられる一方、若い原酒のえぐみやべったり感が後半にかけて強調され、全体を通してはストレートよりやや単調な味わいになってしまう。


サントリーがアメリカ、カナダ市場向けの限定ボトルとして、今年6月に発売したブレンデッドウイスキー「季」(TOKI)。 
日本市場にニューリリースが無いと思ったら、買収したビーム社のお膝元、アメリカ市場に出してやがりましたか。
構成原酒は山崎、白州、知多のサントリー御三家。その中でもホワイトオーク系の樽で熟成された白州原酒に、知多のヘビータイプグレーンをキーモルトとしているようです。
この感じだと山崎もパンチョン系の原酒だと思いますが、味わいから他にも色々使ってそう。ソース不確定ながら、白州は12年程度熟成した原酒をベースにしているという話もあります。

そんな情報の通り、香味共にアメリカンホワイトオークの乾いた木材のようなオーキーなフレーバーが主体。シングモルトでは珍しくもない香味ですが、ブレンドでここまではっきりとあるのはスコッチではあまりないタイプです。
またヘビータイプグレーンを使っていることもあってか、ブレンデッドウイスキーながらスペイサイドの平均的な12年モノくらいの飲み応え、味の広がりは感じられ、単にオーキーなだけでなくいくつか潜んでいるフレーバーに複雑さも感じます。

バランス良く嫌味も少ないブレンデッドですが、若い原酒も使われているためか、香味の持続力が弱い気もします。特に加水は総合的に見るとそうした要素が出てしまい、あまり良い変化とは言えませんでした。
飲むならストレートかロック、そしてハイボール。特にハイボールは加水で感じられた酸味が心地よく、すっきりと飲める爽やかな味わい。
まさに夏向きで、柑橘系のピールなどを追加しても良さそうです。

価格は40ドル程度。日本で言うところ響JHと同グレードかちょっと下くらいのイメージ。
日本に入る場合は同価格というか、同じ原酒構成にはならないと思いますが、現状はまあ値段なりの味わいだと思います。
現時点では海外市場オンリーでテイスティング出来なかった銘柄。しかし先日ツイッター繋がりで「飲みますか?」と声をかけて頂き、サンプルを送って頂きました。
飲み終わりましたらキッチリお礼を詰めてお返しいたします。
フォロワーのIさん、ありがとうございました!!

ペニンシュラ東京 2014 サントリーブレンデッドウイスキー 43%

カテゴリ:
IMG_0867
THE PENINSULA TOKYO 2014
Suntory Blended Whisky
43% 700ml

グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅(持ち寄り会@Rさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:リッチなシェリー香、若干の絵の具、プルーン、クランベリー、ダークフルーツケーキ、スパニッシュオーク系のウッディーなシェリー感がしっかりある。
加水すると最初はバランスが崩れるが、徐々に甘みが追いついてくる。

味:まろやかでリッチな口当たり、黒蜜やレーズン、ウッディーなえぐみが中間から広がる。味わいはリッチだがボディは少し軽くバランス型。余韻はほろ苦く、プルーンのような粘性のあるドライフルーツ感、強くドライでえぐみもある。加水は後半にかけてのドライさが軽減され、甘みがしっかりと伸びる。


Rさん宅の持寄り会にて、泣く子も黙る高級ホテル、ペニンシュラ東京のオリジナルブレンデッドウイスキー。
このボトルの素性は良くわかっていないんですが、ボトルデザインを見るにホテル併設BARであるピーターあたりでの提供か。 時期的には、ビックカメラや信濃屋などの限定ボトルとほぼ同時にサントリーに発注されたものと推測されます。

ブレンドの中身は山崎、白州、知多と、構成する原酒すべてがスパニッシュオークでの熟成とのことで、シェリー感たっぷりのリッチな香味が特徴。少し絵具のようなクセが感じられるのは、白州のシェリー樽原酒由来の香味でしょう。自分は許容範囲のレベルですが、この香味は好みを分けるかもしれません。
また、しっかりとモルティーな味わいながら、グレーン由来か香味に対してボディが少し軽く、逆にそれがバランスの良さに繋がっている。原酒の良さに加えてブレンド技術の高さも感じる、レベルの高いブレンデッドウイスキーだと思います。

ホテル・ペニンシュラは過去にもサントリー経由でオリジナルボトルをリリースしており、その時は1984年蒸留の山崎シングルカスクでした。
この山崎はブラインドで飲んで一発でわかるほどのシェリー系山崎で、今となっては大変素晴らしいクオリティのボトル。そんなペニンシュラが再びサントリー経由で同じように濃いボトリングをしたとなれば、気にならないわけがありません。
その中身はコメントから読み取れる通り、当時ほどのシェリー感ではないものの、色合い通りの濃厚さとブレンデッドらしいバランスの良さでじっくり楽しめるボトルでした。

こういうボトルが1年に一度でもリリースされれば良いんですが・・・、高騰しちゃいますかね(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×