カテゴリ

カテゴリ:アメリカンウイスキー(バーボンなど)

IWハーパー ゴールドメダル 1980年代前半流通 特級表記 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's
750ml 86Proof

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR AIKA
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースのような濃厚でメローな香り立ち。甘く香ばしい穀物感、カステラの茶色い部分、チェリーのシロップ漬け。微かにスパイシーで奥には溶剤っぽい刺激もある。

味:香り同様にカラメル感強く、角の取れたやわらかい口当たり。穀物とチャーオーク由来のしっかりとした甘みに、加熱したコーンの香ばしさ、微かに赤みを帯びたベリーも感じられる。
余韻はマイルドでビター、染み込むようなウッディネス、ほのかにスパイシー。

メローでマイルドなウッディネスと穀物感が主体のバーボン。ストレートで充分に飲みやすく、濃厚な甘みが楽しめる。ロックにすると飲みやすくはあるが、やや渋みが強く、水っぽくなりやすい。ハイボールなど冷やす系統の飲み方も同様で、ストレートで楽しみたい。


IWハーパー・ゴールドラベルはソフトで洗練された香味が特徴とされている、ライトタイプバーボンの代表銘柄。その素性や生い立ちは過去記事でほぼまとめてますので、該当記事またはWEB等を参照頂くとして・・・。今回フォーカスするのは年代毎の香味の違いです。

以前レビューした1970年代流通のそれは、ライトタイプのお手本とも言えるような品のいい甘みとコクが両立した味わいが魅力な1本。1990年代以降はドライで溶剤的なニュアンスが強くなるものの、色合いにそう大きな違いがないように、樽感の軽さは同様に感じられます。
一方、今回レビューする1980年代流通のボトルはマイルドで角の取れた口当たりこそ70年代と変わらないものの、ライトと言うにはリッチでメロー、濃厚な樽感が大きな違いとして感じられます。



(1990年代(左)と1970年代(右)流通のIWハーパー・ゴールドメダル。樽感の濃さは同じくらいだが、コクと甘みの品の良さは1970年代が遥かに上。1970年代流通品のレビューはこちら。)

(1980年代前半流通の日本正規品。こちらはお酒の美術館にて。各年代でネック部分のデザインに大きな違いがある。写真が多少暗いが、中身は明らかに色合いが異なる。)

現行品で近い系統のものを挙げるなら、IWハーパーの12年。
ロット差かなと思い、2店舗でそれぞれ同じ流通時期のものを飲んでみましたが、2本とも同じ濃さでした。
普通は年を追うごとに軽くなるのがウイスキーにありがちな変化なのですが。
こうしたイレギュラーは、例えば輸出する市場によって原酒の比率を変えていた結果、起こる可能性はあります。

本国向け1980年代流通を調べて見ると、WEBにあるボトルを見るとどうやらそこまで色は濃くないようです。現地はライトなブレンデッドタイプのものが求められていたのは実際ありましたし、日本や海外には色濃い原酒を回していたのでしょうか。

オールドフォレスター ボンデッド 1980年代流通 50%

カテゴリ:
IMG_8825
OLD FORESTER
BONDED
Kentucky Straight Bourbon Whisky
Aged 4 years
1980's
1000ml 50%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR BRACK HEART
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香り立ちは軽いセメダイン感や柑橘類の酸味から、メープルシロップやバニラ、メローなウッディネス。合わせてポップコーンなどの軽い穀物感、干草、香ばしさも伴う。

味:口当たりはややドライでパンチがあり、そこにメローで芯のある甘み。チェリーのシロップ漬けと薄めたカラメルソース、ウッディでビターなフィニッシュ。香りで感じられた穀物由来の香ばしさと華やかさが混じり合って鼻腔に抜ける。

15年オーバーの長熟のようなねっとりした味わいではないが、樽感は比較的しっかりついてメローでウッディな要素が主体的。そこにハイプルーフらしく酒質部分にはまだ力強さ、刺激が残っており、甘さの中にしっかりとパンチのある味わいでもある。ロックや少量加水で。

IMG_8826

ウイスキー関連企業の中でも、世界的に大きな勢力の一つであるブラウンフォーマン社が、1860年の創業当時にリリースしたバーボン銘柄がオールドフォレスターです。名前の由来はいくつか説があるようですが、有力なのは医者の名前説でしょうか。まあその辺はぐぐって頂くとして・・・。

当時同社は自前の蒸留所を持っておらず、他社から買い付けた原酒で製品を作っていたようです(他社に先駆けて瓶詰めでウイスキーを販売した、というブランドエピソードに該当する時代)。
その後紆余曲折を経て、禁酒法後に自社蒸留所としてブラウンフォーマン蒸留所をルイヴィルに建設。1980年代まで生産を継続した後、今度はアーリータイムズ蒸留所を買収・改築して原酒の生産をシフト。現在は2018年に新設・稼動したオールドフォレスター蒸留所で、将来に向けて蒸留を行っています。

このブラウンウォーマン蒸留所時代と、アーリータイムズ蒸留所時代の見分け方は、日本向け正規品の場合は特級時代であること。並行品や今回ようなボンデッドの場合は、ラベル下部や裏面ラベルに書かれたロットナンバーで判断します。つまり、「DSP KY 414」がブラウンフォーマン時代。「354」と書かれている場合は、アーリータイムズ時代となる整理です。

アーリータイムズの買収時期と、稼動後に原酒が仕上がるまでの期間等を考えると、原酒の切り替わりは1990年ごろだったと推測されます。
そのため該当するナンバーそのものが書かれていない日本正規品でも、特級時代で末期を除けば、蒸留はまずブラウンフォーマン時代だったと考えられます。
一方、1990年ごろに流通した現地向けのボンデッドを見ると、Distiller 354、Bottler 414という表記もあり、ボトリング設備は引き続き旧蒸留所のものが使われている形式だったようです。

IMG_8813
(バーボンには葉巻と肉料理!この日はバーボンに合わせて料理を注文したのではなく、料理に合わせてマスターがバーボンを開栓。程よく焼きあがった牛ヒレ肉に、オールドフォレスターをハーフロックの要領で1:1の濃いソーダ割り。この「ちょいソー」スタイルが抜群に合う)

オールドフォレスターはライ比率が18%と、ハイライ傾向のマッシュビルに加え、また発酵の時間も長いことから、クリアで華やか、フルーティーな酒質をハウススタイルとPRしています。
では上記414時代と354時代、マッシュビルが同じとしてどちらがそれを好ましい傾向に仕上げているかというと、自分は414時代を推します。
酒質だけでなく樽の違いも考えられるため、蒸留所の違いがもたらす要素が必ずしもとは言い難いですが、コクがあってメローかつ華やかな414時代と異なり、354時代のものは溶剤っぽい要素が強く、スパイシーでドライ。。。

該当する刺激はライらしさと言われればそうなのですが、比率の高さが良い方向に作用していないように思うのです。
オールドフォレスターは昨年から銘柄の名を冠する新しい蒸留所での生産を開始していますが、その原酒がリリースされるのは来年以降。果たしてどのような仕上がりになるのでしょうか。

(トリビア:オールドフォレスターは禁酒法時代でも薬品として販売を継続していたウイスキーの一つ。当時は上記のような許可証が、銘柄毎に発行されていたという。)

以下雑談。 
自分が酒屋めぐりをし始めたのが2009年頃。特級時代のシングルモルトは中々出土せず、むしろ1990年代~2000年ごろのオフィシャル・ボトラーズから選んでいくという感じでしたが、バーボンだけは色々と出土していた時代でした。
良く残ってたなという出会いの記憶と、悔やまれる多くの思い出がある中で、自分の実家近くの酒屋に少なくとも6本あったのが、このオールドフォレスターのボンデッド。ええ、勿論スルーしてしまいましたよ。
これは比較的軽症なほうですが、何で買わなかったかなぁ、という気持ちにさせてくれた今回のテイスティングでした。

メーカーズマーク プライベートセレクト 55.45% ビル・サミュエルJrセレクト

カテゴリ:
MAKER'S MARK
PRIVATE SELECT
Exclusive oak stave selection by BILL SAMUELS Jr
750ml 55.45%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR Kitchen
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:メローでキャラメルソースやカカオチョコレートを思わせる濃厚なアロマ。焦げ感と軽いえぐみを伴うスパイス、微かにチェリーやオレンジピールチョコのアクセント。

味:力強く濃厚、香り同様にキャラメルソース、バニラ、ローストアーモンド。やや粘性が感じられ、ねっとりとしたチャーオークフレーバーが舌に絡まり、スパイシーでじわじわとドライ、焦げたような軽い苦味を伴うフィニッシュへと繋がっていく。

柔らかい飲み口をベースに、どっしりと濃厚なウッディネスが覆い被さるように香味とも感じられる。力技とも取れるような濃い味な構成だが、えぐみなどはそこまで強くないので少量加水するとマイルドな飲み口が引き立つ。機会があればロックも試したい。


昨年ごろから日本市場でもリリースが見られる、メーカーズマークの限定品、プライベートセレクト。今回のボトルは蒸留所で販売されていた1本で、レシピ選定は7代目マスターディスティラーにして、このプライベートセレクト産みの親の一人と言える、ビル・サミュエル・ジュニア氏です。

1975年に同氏が責任者を引き継ぐ際、先代に当たる父親からはただ一言、メーカーズマークのウイスキーを台無しにしないでくれと言われていたそうです。
そのため、過去のスタイルを守ったリリースを続けていたそうですが、引退を意識する年齢になって見た夢(自分が死んだ時、墓に書かれるエピソードは「メーカーズマークの味わいを変えなかった男」となっていたらしい)がきっかけで、自分のメーカーズマークの形を残すべきだと決意。
6年程度熟成した原酒を、樽の中に10枚の樽材"インナーステイブ"と共に入れて数ヶ月後熟することで、新しい風味や奥行きを与える製法を確立するに至ります。

こうして2010年にリリースされたのが、遠赤外線で焼いたフレンチオークをインナーステイブに用いた、メーカーズマーク46です。
ビル・サミュエルJr氏はその翌年、2011年に現役を退きますが、8代目のマスターディスティラーがこのアイディア、あるいは開発過程で得られた知見を基に、材質やその焼き具合、形状等を自由に組み合わせて香味を作る、プライベートセレクトをリリース。
単一的な味わいをになりがちなバーボンウイスキーにあって、カスク毎のオリジナリティを容易に生み出せるというメリットをもたらし、日本でも多くの酒販店等が独自の組み合わせとなるプライベートセレクトをリリースしています。


(メーカーズマークのインナーステイブ。フィニッシュ用の樽の中に、串刺しした木片を設置する。写真はメーカーズマークの公式twitterより引用。)

さて、今回のボトルに使われたインナーステイブは、メーカーズマーク46用のフレンチオークのみ。つまりメーカーズマーク46と同じというか、カスクストレングスバージョンと言えるものですが、これは前述のエピソードの通り、産みの親であるビル・サミュエルJr氏だからこそ作るに相応しい組み合わせと言えます。

インナーステイブを用いたことで得られるフレーバーは、メローでトースティなウッディさと、スパイシーなニュアンス。特ににメーカーズマーク46仕様のものは下記の通りスパイシーな香味を強くする傾向があるようで、後熟による樽材のエキスが溶け込み、濃厚な味わいに仕上がっていると感じます。


現在まで続く、スタンダード品のメーカーズマークブランドを確立したのは、6代目のマスターディスティラー、ビル・サミュエルSr氏でした。
そのキャラクターが、柔らかくメローな味わいであったことから考えると、7代目が作り出した味わいは、伝統的な柔らかさがありつつもスパイシーで、文字通り新しいメーカーズマークの形。

それが、8代目のマスターディスティラーの手によって誕生したプレイベートセレクトで、一族3代に渡る取り組みがまとめて形になった。
なるほどなかなかどうしてロマンなエピソードが詰まった、蒸留所限定品に相応しい1本だと思います。

アンダーソンクラブ 15年 ヘブンヒル 1990年代流通 43%

カテゴリ:
ANDERSON CLUB
(HEAVEN HILL)
Aged 15 years
1990's
750ml 43%

グラス:ヴィノテクスピリッツ
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:艶のある甘く奥深い香り立ち、ナッツを塗したチョコレート、微かにチェリーやベリー香、香ばしさのある穀物感。思わず惹きつけられる香り立ちではあるが長続きせず、ややドライで奥からは溶剤的なニュアンスも立ってくる。

味:ドライな口当たり。チョコウェハース、微かなシロップ漬けチェリー、乾いた植物感を思わせるチャーオークフレーバー。中間以降はウッディネスが支配的。ボディは加水が効いてそこまで厚くはないが、鼻抜けはしっかりと熟成由来の甘みが漂う。

美味いオールドバーボンの片鱗を味わえるボトル。あくまで片鱗であり、それ以外は樽のドライな要素が強く、もう一つボディが欲しいとも感じる。個人的にはヘブンヒルのセカンドラベルという印象。香り高いがドライでビターな味わいは、アレンジするならミントジュレップがオススメ。


閉鎖や買収、業界再編の多いバーボンウイスキーにとって、いくつかの蒸留所表記は特別な意味を持つことがあります。例えばStitzel Weller表記は、オールドフィッツジェラルドやバンウィンクルなどの名作を生んだ蒸留所として知られ、旧ウィレット蒸留所にあたるKBD社なども同様。こうした銘柄は、オークション等でも高値で取引されています。

その流れで、1997年に火災消失した旧ヘブンヒルを示すBARDSTOWN KENTUCKY 表記のボトルも、ボチボチ懐かしくなってきた頃合いではないでしょうか。ヘブンヒルは他社銘柄への原酒供給が多い蒸留所でしたので、バーボン飲んでりゃヘブンヒルに当たるといえるくらい珍しいものではありません。
他方先日、1989年、1990年蒸留の旧ヘブンヒル時代の原酒を使った、ヘブンヒル27年がリリース。販売価格499ドルで即完売し、オークションでは2000ドルを超えているとか。。。

近年ハイプルーフかつ長熟バーボンの需要が高まっている背景も大きいとは思いますが、ちょっと前まで1万しなかったヘブンヒル15年が気がつけば良いお値段だったりで、じわじわこのブランドも消失プレミアがつきつつあるなと思うのです。

(ボトルにプリントされた蒸留所の俯瞰図。ちょっとウェアハウスの配置が近すぎるような気もするが、デフォルメされているのだろうか。)

さて、この銘柄ですがバックストーリーは不明であります。(笑)
一応調べるだけは調べました。ただ、明らかになるのはブランドストーリーではなく、このバーボンは古く1970年代流通品には6年熟成品があったこと。1980年代のバーボンブームを受けてか、妙に日本に流通していたことくらいで、「アンダーソンクラブ」が何の名称なのか(米軍将校級のサロン向けという話は裏が取れず)、マッシュビルはどういう組み合わせだったのかなど、重要なところが全くわからないのです。

なので、自分はこの銘柄を"ヘブンヒルのセカンドラベル"として割り切って考えることにしています。
ふくよかで芳醇な長熟由来の樽香はポジティブな要素で、旧ヘブンヒルと言われると納得できる乾いたような植物感がらしさを感じさせる反面。オールドバーボンにあってほしい艶を帯びた果実や甘みの持続力が香味とも短く、こちらが堪能する前に消えていってしまう。価格もヘブンヒルブランドの中では安価な部類であり、これらの特徴がセカンドラベルとして位置付けるとしっくりくるのです。
とにかく旧ヘブンヒルの長熟を飲みたいという場合は、1番入手しやすいところかもしれません。 

I.W.ハーパー ゴールドメダル 特級表記 1970年代前半流通 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
Kentucky Straight Bourabon Whisky
1960-1970's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後〜1週間程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:しつこさのないメローで艶のある甘さ。シロップ漬けチェリー、カステラ、奥にはコーンフレークを思わせる軽い香ばしさ。角の取れたチャーオークのウッディネスで、麩菓子、キャラメリゼを思わせるほろ苦さも感じられる。

味:マイルドで引っかかりのない口当たり。薄めたメープルシロップ、チェリー、ドライオレンジのほのかな酸味を伴うコクのある味わい。
余韻はドライ、穀物感は多少あるがオーキーな甘みでしっかりとまとまっている。

バーボン特有のメローな香味にフルーティーな酸味のアクセント。樽が支配的なコテコテした香味というわけではなく、どちらかと言えば品の良い樽感と言える。味の濃さに反してコクがあって、物足りなさは感じない。例えるならダシをちゃんと引いた椀のよう。ライトなバーボンとはこうあるべきと言える、その理想形。


IWハーパーのスタンダード銘柄である、ゴールドメダル。バーンハイム蒸留所のバーボン、IWハーパーが誕生したのは1877年。名付けのエピソードはwebを参照頂くとして。。。(こちらのページが判りやすくまとめられています。ホント、BIBの表記とTAXは謎です。→ウイスキーの庭様)

ブランドヒストリーとしては、1885年の万国博覧会で金賞を受賞した事を皮切りに、1900年代にかけてあわせて5つのメダルを国際博覧会で受賞したことが語られていますが、当時のIWハーパーはライウイスキーで別物と言える仕様。コーン主体のマッシュビルで知られるIWハーパーがリリースされたのは、禁酒法と第二次世界大戦後の1950年代に入ってからとなります。

また、IWハーパー・ゴールドメダルは、40〜43%という加水仕様もあり、オールドは温度環境の変化に伴う濁りが出てしまっているものが少なくありません。
そのため、中々ベストなモノを飲める機会が少なかったりするのですが、今回はラベルの見た目に反し奇跡的に状態の良いゴールドメダルに当たり、その美味さを堪能させて頂きました。



何が良いって、長熟バーボンに見られるリッチなチャーオーク感とは違う、軽やかで品の良い甘みが香味の主体でありながら、しっかりとコクがあること。
ストレートで引っかかりのない口当たりは勿論、ロックにしても香味がしゃばしゃばにならない。ライトタイプのバーボンの理想形ってこういうのだよなと、感じさせてくれるような構成なのです。

飲み方はハイボールにしても勿論美味しいのですが、流石にそこまで水が入ると、その後の時代と比較して大きな違いが現れにくいこともあり、どっちかと言えばストレートかロックでじっくり楽しみたいという印象でもあります。

(IWハーパー、1990年代ジャーディン時代(左)と、1970年代サントリー時代(右)。ジャーディン時代の味も悪くないが、比較するとドライでコクが軽くなりつつある。ここまでくるとハイボール要員。)

余談ですが、IWハーパーと合わせてよく語られるのが、マッシュビルのコーン比率。連邦アルコール法で定めるコーンウイスキーの基準(81%以上)の範囲まで使われているという話ですが。。。
どうやら現在の本国流通のIWハーパーは、コーンが73%、ライ18%、モルト9%で、そこまで使われていないようです。(15年は86%なので、コーンウイスキー基準の範囲内。)

だから何が、という違いを感じ取れるほどの経験はないのですが、特にバーボンは日本で語られる情報と現地の情報が違っていたり、一部抜けている事が結構あるので、こうして記事をまとめるたび、新たなトリビアに遭遇できるのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×