カテゴリ

カテゴリ:バーボン

エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留 53.5%

カテゴリ:
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whiskey 
Years 23 old
Distilled 1972
750ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅@KuMC
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:リッチでふくよか、艶やかに甘い豊かな香り。少し焦げたキャラメル、フローラルな華やかさ、チェリーのシロップ漬け、微かに柘榴のニュアンスも。非常に充実している。

味:リッチな甘みのある濃厚でパワフルな味わい。キャラメルとドライベリー、林檎のカラメル煮、濃く入れた紅茶。舌あたりにベタつく感じと、やや焦げたような樽感があるがしつこく残らず余韻に消えていく。

華やかかつ濃厚でパワフル、長熟ハイプルーフバーボンの魅力が詰まった1杯。少量加水すると、ベリーや花を思わせるさらに華やかな香味が開く。


個人的に、美味いバーボンは?と聞かれたら、まず出てくるのがエヴァンウィリアムズ23年です。
時代的には焼失前の旧ヘブンヒル蒸留所での製造にあたり、スコッチモルトに対抗したのか1980年代から1990年代あたりまではこうして単一蒸留年度の表記のある珍しいリリース形態。自分は全ての年度を体験できているわけではありませんが、それぞれに異なる魅力があると聞いています。

勿論、これ以外に美味いバーボンはいっぱいあります。
現行品で衝撃を受けたフォアローゼスPBは記憶に新しく、今回のボトルを含む90年代に流通した各種長熟、ヴァンウィンクルとか外さないですね。
それ以前のオールドバーボンではヘブンヒル系列、ジムビーム系列、ターキーなどなどもうだいたい美味い。特有の赤い果実風味、うっとりするような艶やかな甘みがあって・・・と話が逸れましたが、その中でもエヴァンウィリアムズ23年はまず名前が出てくる濃さ、パワーがあります。
家に1本は開けておきたいと思っているのですが、最近その手のバーボン相場は青天井。なんとも世知辛い世の中です。

エヴァンウィリアムズ23年は、今回テイスティングしたトールボトルから、2000年前後に、上記写真のややずんぐりとした形状に変化。この時代のボトルは単一蒸留年度縛りが無くなったためか、同じベクトルでありつつも、香味のバランスが良くなった印象。例えばこの1972年蒸留のエヴァンは、樽由来のニュアンスが強く、リッチな味わいながら口当たりでベタつく感じがあります。
どちらを好むかは人それぞれだと思いますが、間違いなくバーボン好きには堪らない旨さがあるということに違いはありません。

なお、2000年前後に切り替わったラベルの上にシルクプリントでEvan Williamsの記載がありますが、近年流通ではこれが無くなり紙ラベルのみとなります。このロットであれば、今でも酒屋やBARなどで見かける事があります。
トールボトル、シルクプリント、近年流通の3種飲み比べとかやってみたいなーと思いつつ、一体幾らになるのか地味に怖い(笑)。
何れにせよ、長期熟成バーボンの魅力を感じる、古き良き時代の素晴らしい一杯でした。

I.W.ハーパー 12年 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
Aged 12 years 
Kentucky Straight Bourbon Whisky
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封1年程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:華やかで甘い香り立ち。ケーキシロップのかかったホットケーキ、ビスケット、樽と穀物由来の甘いアロマに微かにドライオレンジ、若干の酵母っぽいニュアンスもある。

味:マイルドでコクのある口当たり。メープルシロップやカステラを思わせるメローな甘み、軽やかな穀物風味。中間は軽くスパイシーで、すぐに焦げた木材のような苦味が広がっていく。
余韻はウッディでビター、ジンジンと染み込むような刺激を伴い長く続く。

熟成期間ゆえか原料由来の軽さゆえか苦味が目立つが、甘くコクのある口当たりと余韻にかけてのその苦味が、バーボンにおける12年という熟成期間を感じさせる。
ロックやハイボールではさらに飲み口が軽くなり、抵抗なく飲めてしまう。香味のバランスを考えるとオススメはロックで。

メーカーPRでは世界で初めて12年表記のスタンダードとして販売されたという、IWハーパー12年。名前の由来などは公式サイトかグーグル先生を参照のこと。独特のデザインのデキャンタに高級感が漂う1本です。

発売時期は1961年、確かに当時のラインナップを見渡すと、5年、6年などが一般的で、12年ないしそれ以上のバーボンが数多く出てくるのは1980年代あたりからのように感じます。(これには諸々の事情があるのですが。。。詳細は海老沢氏のコメントから推察ください。)
そのため、「世界初の長期熟成バーボン」などと謳うPRもあったりするようですが、1930年代の禁酒法明けには貯蔵され続けていた原酒がリリースされていたり、当時はスコッチウイスキーでもノンエイジのデラックス表記が主流の時代。一般的なバーボンもまた年数表記の流れはまちまちで、長期熟成バーボンが無かったわけではないようです。

バーボンウイスキーはご存知の通り、ただでさえエキスの出やすいチャー済みの新樽に、寒暖差の激しい環境で熟成されることが多いため、スコッチウイスキーよりも早く熟成が進むとされています。
当時J&Bなどのライトなウイスキーが好まれた時代にあって、今より風味が強く、樽感も濃かったオールドバーボンで長期熟成を出そうというのは、事情はさておき中々チャレンジングな事だったように感じます。

ただ、IWハーパーはその点、材料比率でコーンを86%前後と、バーボンの定義では"51%以上"であるところ、コーンウイスキーの定義に該当する"80%以上"まで使用することで、軽やかで甘みのある酒質を作り上げており、抵抗なく飲み進める事が出来たのが他社よりも早く長期熟成バーボンの市場を獲得出来た要素の一つではないかと推察します。

発売当初の12年は飲んだ事がありませんが、1970年代から1980年代に流通したIWハーパー12年は飲んだ事があり。最近のボトルの方が苦味は目立ちますが、そのスムーズでマイルド、しっかりとメローな方向性は今も昔も変わらない。
むしろ、近年のバーボンのライト化が著しい中で、下手にウッディなえぐみや酵母っぽいニュアンスの強いモノを飲むなら、この辺でマッタリ飲むのも良さそうです。


5月6日追記:バーボンにおけるコーンの比率に関して、連邦アルコール法を確認、記事中に誤りがありましたので訂正いたしました。
コメント頂きましたかもさん、ありがとうございました!

誤:コーンの比率が51%以上、80%未満。
正:コーンの比率が51%以上。(上限は特にない。)
※コーン比率が80%以上ウイスキーを分類するのは、どのタイプの樽を使うかどうかで分類されている模様。IWハーパーに使われているのはチャー済みの新樽なので、バーボンとなる。

フォアローゼス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
FOUR ROSES
Kentucky Straight Bourbon Whisky
(Aged 6 years)
1970's
48ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:小瓶2本
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:甘く華やかな香り立ち。シロップ漬けのチェリー、カラメルソース、酵母、ほのかにハーブや植物系のニュアンスを伴うウッディーなアロマ。微かに鼈甲飴のような古酒系の香りも混じる。

味:コクのある口当たりから、メープルシロップ、トーストしたパン、ほのかにドライベリーの甘酸っぱさを伴うメローな甘さ。ボディはしっかりして厚みがあり、度数以上の飲みごたえがある。
余韻にかけて心地よいスパイスとウッディネス、微かに古酒っぽさ。華やかな樽香が喉から鼻腔に届く。

現行品のとってつけたような樽香やボディの薄さはなく、深みとコクのある味わい。ロックでも氷に負けない線の太い香味が楽しめる。

先日、萌木の村の舩木村長から「幸せのおすそ分け」を頂いたフォアローゼスの1970年代流通品。
当時のフォアローゼスは6年表記がネック部分にあった筈ですが、ミニボトルなのでネックラベルが省略されている模様。京橋時代のキリンシーグラムが輸入していることから、同社設立の1972年から、移転するまでの1977年の間に流通したものと考えられます。

このミニボトル、酒屋の倉庫から10ケース、120本出土したとのこと。倉庫保管だけあって状態は非常に良く、開封時から当時のバーボンらしいコクのある甘い香味を存分に楽しむことが出来ました。
また、ほのかに植物っぽいフレーバーが香味に混じっており、これが華やかな樽香と合わさることでさながら薔薇の花のようにも思えてきます。
やはりオールドのバーボンは、現行品とはひと味もふた味も違いますね。

(フォアローゼズの"ダブル"、再留用の蒸留器。連続式蒸留器であるビアスチルで初留が行われた後、このスチルでもう一度蒸留を行う。形状は各蒸留所毎に様々で、スコッチモルト同様に違いを調べるのも面白い。 Photo by T.Ishihara)

フォアローゼスのオールドボトルは自分が飲み始めた頃に何度か酒屋で見かけましたが、手を出さぬまま今日に至っており、これでまたひとつ経験を積むことが出来ました。 
今回に限らず、ブログを通じて様々な繋がりが出来、こうしてテイスティングの機会を頂いているわけですが、それは自分の活動と能力に関心を持ってくださってるという事でもあり、ただただブロガー冥利に尽きる話です。

このフォアローゼスのコメントをまとめている中でも、舩木さんをはじめウイスキー仲間から新たなサンプルを複数頂いております。
実は週明けに風邪をこじらせて鼻があまり効いてないので、さすがにこの状態で新規テイスティングは困難であり、体調を整えたらトライします。
頂いたサンプルは時間がかかっても全て記録し、感想をお返ししますので、皆様今後ともよろしくお願いします。

ジャックダニエルズ シルバーセレクト シングルバレル 50%

カテゴリ:
IMG_2533
JACK DANIEL'S
SILVER SELECT
Single Barrel
Tennessee Whisky
50% 700ml

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★★(5→6)

香り:キャラメルナッツ、ヌガーを思わせる甘みの濃い香り立ち。チェリーのシロップ漬け。チャーオーク由来の焦げたニュアンス、植物感、ミントの爽やかさ、少し溶剤っぽさも開いてくる。加水すると溶剤系のアロマが少し前に出てくるように感じる。

味:メローでスパイシーな口当たり、やや強めの樽感。アーモンド、ピーナッツのようなナッツ系のフレーバー。余韻はスパイシーでウッディー、ドライでビターだが甘いオーク香が鼻に抜けてくる。加水で甘みが開くが、やや溶剤系のニュアンスも。

ストレート以外の飲み方は、ロックで氷に負けない持続するコクと、口の中で冷えた状態から開くメローな味わいの変化が心地よく。ハイボールではスタンダードのジャックダニエルとは一味違う、リッチでバランスの良い甘み、ふわりと香る樽香が炭酸の刺激の中に楽しめる。
ただ、ハイボールの場合、炭酸が強めのタイプでないと、樽の濃さに負けてしまう一面も。
IMG_2579

今年150周年を迎えた、ジャックダニエルの免税向けボトルで並行品。シルバーセレクト・シングルバレル。
限定品のシングルバレル・バレルプルーフを除けば、ジャックの通常販売品中では一番高度数のリリースで、ラインナップでも上位グレードに入る1本です。

加水調整済みとはいえシングルバレルであるため、ロット差も少なからずあり、比較的新しいボトルだと香味が開くまで数ヶ月を要するケースもあります。 
しかし開いてしまえば、メローな甘みに焦げ感、ナッツ系のフレーバーに、"らしい"クセを伴う、なんともジャックダニエル好きのためにあるようなボトル。濃厚な味わいは、濃い味好きのバーボンファンにも一定も評価を得られそうです。

こういうこってりとしたバーボンは、食後にくつろぎながらゆったりと飲みたいものですが、そんな時間にはシガーも合わせたい。
最近吸ってないな~なんて思っていたら、南の島からバナナ、じゃなくてハバナの差し入れが大量に(笑)
いやーグットタイミングです。パルタガスのリミターダとか間違いないでしょ!
今週末は主催イベントもありますし、終わった後で疲れた体に染み込ませるように、じっくりと楽しみたいと思います。
IMG_2556

そう言えば、ジャックダニエルはテネシーウイスキーであり、バーボンではないという話は、皆様一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。
ただ、これはいくつか勘違いが含まれる話で、テネシーウイスキーはアメリカの酒税法上はアメリカンウイスキーであり、バーボンウイスキーに分類されます。
そしてその上で、2013年に制定されたテネシー州法上で、テネシーウイスキーと定義されています。

つまりはバーボンでもあり、テネシーウイスキーでもあるというところ。
作り方の定義はほぼ同じで、違いはサトウカエデの炭を使ったろ過装置をボトリング前に通す、チャコールメローイング製法を行ったかどうか。。。ですが、バーボンでも同様のタイミングでチャコールフィルターが行われているところはあり、「サトウカエデの炭」である事が明確な違いと言えそうです。

ジョージ T スタッグ Jr 64.85% 2016年 バッファロートレース

カテゴリ:
IMG_2361
GEORGE T STAGG JR
Kentucky Straight Bourbon Whisky
2016's
750ml 64.85% 129.7Proof

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅(T君@TMC)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:リッチでパワフルな香り立ち。メープルシロップやチョコレートを思わせる甘いアロマ。徐々にスパイシーで微かな溶剤の刺激。徐々にトーストしたパン、色の濃い蜂蜜、乾燥した牧草を思わせるウッディネス。

味:スパイシーでリッチな口当たり。コクのある甘味はメープルシロップ、ほのかにドライアプリコット、チェリーの甘酸っぱさのアクセント。 ハイプルーフバーボンらしく高度数の刺激、余韻はウッディーでビター、カラメルソースを伴い長く続く。

現行のライトなタイプではなく、樽感、酒質共にリッチなバーボン。少量加水するとさらに華やかで甘い樽香も引き出せる。 加水で伸びる印象から、ロックで飲んでも真価を発揮しそう。 

ジョージTスタッグは、バッファロートレース蒸留所がリリースするプレミアムブランド。15年程度の熟成、バレルプルーフで加水無し、当然ノンチル。年間数百本程度しか出荷されず、人気の高いブランドの一つです。
そのブランドから、熟成年数は約8年と半分程度ながら、同様のレシピや製法で作られた廉価版、ジュニアがリリースされており、今回は2016年ロットをテイスティングします。

同銘柄の最大の特徴は、なんといってもそのハイプルーフ度合い。バーボンはレギュレーションで上限62.5%での樽詰めが定められている中で、2002年からリリースが始まったジョージTスタッグは、時に70%を越える度数まで"熟成中に度数が上がってしまった"稀有な原酒で構成されており、このジュニアも約2%度数が上がっています。
これは同蒸留所がある地域の特徴と、イーグルネストと呼ばれる貯蔵庫最上段の場所に影響があるとされていますが、スコッチ中心の自分は「ホントかよ」と思ってしまう、これもある種の個性といえます。

また、もう一つの謎が「アメリカンホワイトオークではなく、フレンチオークで熟成した原酒」であるという事が日本のブログやショップを中心に描かれているのですが、これもホンマかいなと。
バッファロートレースのWEBサイト、ジュニアの紹介ページにはそうした記述はなく、ジョージTスタッグの公開レシピにもNEW WHITE OAK としか書かれてないんですよね。
ただ、バッファロートレースがフレンチオークなどの異なる種類の樽で原酒を熟成させる実験を開始したのは1987年からという実績もあり、ジョージTスタッグのリリースが始まった2002年での15年熟成は一応辻褄は合います。
レギュレーションとの兼ね合いもある話ですので、もう少し調べてみたいと思います。

ご参考:ジョージTスタッグ2016のレシピ

さて、素性考察が長くなってしまいましたが、このボトルは最近バーボンを意識して飲むようになってから、何気に気になっていた銘柄の一つ。特段飲ませろとか言ってないんですが訪れる機会、持つべきものはウイスキー仲間ですね。
質の良い樽での熟成を思わせる、嫌味の少ないメープルシロップを思わせる甘さにスパイシーな刺激。そこに60%を超えるバレルプルーフらしく荒さを残すウッディネスやハーブのニュアンス。「この親にしてこの子あり」とも言える出来栄えで、しっかり楽しませてもらいました。 

なお、話は全然違いますが、このジュニアのスペルが、JRと大文字2つの並びに違和感と懐かしさを覚えてしまうワタシ。
かれこれ20年近く前、ナイナイのオファーシリーズで「ジャニーズJR」と書かれた岡村の誤字ネタを思い出したのは。。。自分だけでしょうか(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×