カテゴリ

カテゴリ:バーボン

オールドフィッツジェラルド 1970年代流通 アメリカ独立200周年記念 43%

カテゴリ:
OLD FITZGERALD
American Sons of St.Patrick Bottle
1776-1976 Bicentennial 
1976's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@個人所有ボトル
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:柔らかく甘い艶のあるアロマ。メープルや蜂蜜のかかったホットケーキ、ドライクランベリーを思わせる甘酸っぱさのアクセント、ほのかに焦げたウッディネス。

味:スムーズでコクのある口当たり。バニラやキャラメリゼの甘くほろ苦い広がりに、じわじわと植物感、ライトな穀物風味、軽やかなスパイス。
余韻はスパイシーでウッディ、焦げたカラメルソースと干しぶどう、ゆるく染み込むように長く続く。

柔らかい香り立ちから艶とコクのあるアロマで、オールドバーボンの魅力が備わっている。一方、味は度数や経年、そして元々の製法もあって少々緩く、テイスティンググラスに注いでストレートをまったりと楽しみたい。


スティッツエル・ウェラー蒸留所(フィッツジェラルド蒸留所)が、1976年にアメリカ合衆国独立200周年を記念してリリースした記念ボトル。
白地のセラミックボトルには、同国の歴史における重要人物や出来事が描かれており、見応えのあるデザインとなっています。
(そこにセントパトリックがかかってくる背景はイマイチよくわからないのですが・・・アイルランドをルーツにしているからでしょうか。何方かご存知でしたら教えて下さい。)

オールドフィッツジェラルドは、原料としてライ麦の代わりに小麦を使う、柔らかい飲み口が魅力とされていた銘柄です。
しかしそのブランドを生産してきたウェラー蒸留所は1992年に閉鎖。同銘柄の生産拠点はヘブンヒル蒸留所に移ったものの、1999年に火災とヘブンヒル(ディアジオ)によるバーンハイム蒸留所買収を経て生産をさらにシフト。その後、ブランドそのものは2014年に生産を終了しています。

元々、バーンハイム蒸留所で生産されていた期間も、ウェラー蒸留所時代のボトルは人気が高かったところ。ブランド全体が終売となったことで時代に限らず価格は高騰気味にあり、Very Very Old表記のボトルなんてもうちょっと貴金属か何かですか?という状態になっています。
確かにVVOは美味しいバーボンなので高騰もわからなくないですが、当時はスタンダードとして相応な評価だったバーンハイム時代の旧現行品まで良い値段になっているのは、ちょっと加熱気味だなぁと感じるところです。

他方、この失われた味わい、一度でいいから飲んでみたいという方には、今回のテイスティングボトルである独立200周年記念ボトルがオススメです。
中身は1960年代後期の蒸留ながら、デキャンタボトルで度数も通常品より低い86プルーフなのも手伝って、同時期のスタンダードに比べればそこまで高騰していません。
勿論ギャンブル要素はあるものの、今まで何度か飲んでいますがどはずれはないですね。総じて味に緩さはあるものの、香りは柔らかく、そしてオールドバーボンらしい艶やかな甘みが現行品にはない魅力として感じられます。

ワイルドターキー 8年 1970年代流通 50.5%

カテゴリ:
WILD TURKEY
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON
8 Years old
1970's
1Quart 101proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:艶のある甘みとベリーやチェリーの果実香。メープルシロップ、カカオを思わせる焦げたオーク材。華やかでウッディなアロマが、穏やかでありつつも、じわじわとスパイシーな刺激と共に香り立つ。

味:コクのあるまろやかな口当たり、小麦を思わせるような柔らかさと落ち着いた甘み。甘酸っぱくクランベリーや焦がしたバニラ、徐々にキャラメリゼのほろ苦くビターな味わいへと繋がっていく。
余韻はドライでウッディで力強い。スパイシーな刺激と焦げ感を伴いつつ、華やかで艶のあるオーク香が長く続く。

ワイルドターキーの魅力が十二分に詰まった実にウマい1本。この時期のバーボンに多く見られるコクと甘酸っぱい赤い果実のニュアンスを伴いつつ、ヘビーチャーを施す処理故か焦げたウッディネスもらしさとして感じられる。余韻にかけて力強さが増していく構成で、ストレート、少量加水、ロック、どの飲み方でもOK。


個人的に"メンチ切りターキー"と呼んでいる、ターキーの顔が正対した、若干エイリアンっぽくてキモいデザインの8年ハイプルーフ。
この系統のラベルは、かなり古い時代から2000年頃まで続くため、一見すると見分けがつきづらいですが、日本市場には1970年代以降のボトルの流通が多く、ネック部分に使われたシール素材やコルクキャップ部分の違いを認識すれば、比較的容易に見分けられます。
また、1970年代から1980年代のロットにおける新旧の区別は、裏ラベルのバーコード有無で線引きすることも可能です。(アメリカは1980年代初頭からバーコードが酒類に採用されているため、08バーコードがあるほうが後期ロットということに。)

ワイルドターキーは、1980年代流通のゴールドラベルで七面鳥が空を飛ぶ、12年熟成の通称"フライングターキー"が高い評価を受けていますが、この"メンチ切り"ターキーも負けず劣らず素晴らしいバーボンだと感じています。
昔はもっと荒々しかったのかもしれませんが、経年で落ち着いた飲み口に広がる華やかでコクのある甘み、果実を思わせる甘酸っぱさ、余韻にかけて強まる香味の刺激。1990年代の8年熟成も決して悪くないのですが、完成度が頭ひとつ違います。

そしてそれは現行の8年を何十年熟成、瓶熟させようと、ベースが違いすぎて辿り着かない領域でもあることは言うまでもなく・・・このレベルのバーボンを量産していたのですから、古のアメリカはなんと言う技術を持っていたのでしょうか。
昔安かった時期にいっぱい買っておけばよかったとか、後悔しているボトルです。

近年、モルトウイスキーの長期熟成原酒が枯渇する中、グレーンウイスキーの長期熟成原酒がリリースされるシーンが度々見られるようになってきました。
もちろんそれはそれで美味しいものもあるわけですが、であればこそバーボンにあまり興味がないというスコッチタイプ派のウイスキードリンカーにも、この辺りのボトルは是非飲んでもらいたいですね。
ひょっとしたら、新しい発見(沼)があるかもしれません。

ベイカーズ 7年 107proof ケンタッキーストレートバーボン

カテゴリ:
BAKER'S
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Aged 7 years
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★☆(6)

香り:焦げた木材のアロマ、甘く香ばしさのあるアーモンドナッツやキャラメル、トースト、微かにハーブの香気、酵母香。パワフルな香り立ち。

味:メープルシロップやチョコレートクッキーを思わせる甘み、コクがあってパワフルな口当たり。焦げた木材、ウッディなえぐみも奥に感じられる。
余韻にかけてドライでほろ苦く、スパイシーな刺激。シュガートーストのような甘みが口の中に揺蕩う。

ストレートではマイナス面も多少あるが、少量加水でえぐみや刺激が軽減されるだけでなく甘みも広がり、バランスがかなり良くなる。ロック、ハイボールは可もなく不可もなし、嫌なところは見当たらない。
葉巻との相性良く、普段使いからBARシーンまで幅広くこなすオールマイティな1本。


ジムビームがリリースするプレミアムバーボン4銘柄の一つ。熟成庫において上段、高い位置に配置された樽で熟7年以上熟成された原酒を使い、最終的に53.5%に加水調整してリリースした、パンチがありつつバランスが良いとされる1本です。
同社のブランドの中では、度数が60%以上と高いブッカーズやノブクリークについつい目が行きがちですが(実際、なんとなく飲んでしまうのはブッカーズ(笑))、このベイカーズも中々レベルの高い、ポジティブな要素が感じられます。

近年バーボン業界では長期熟成原酒や良質な樽材の枯渇、香味のライト化が進み、樽由来の艶のある甘み、ボディに乏しいブランドが増えいます。
特にハイプルーフバーボンは甘みが増すよりもウッディでドライなニュアンスのほうが強く出るものが多く、特に甘酸っぱい果実味を伴うタイプは絶滅危惧種。。。結果1990年代ごろまでに流通したハイプルーフタイプのリユース価格が高騰する一因にもなっています。

そんな中で、先日BAR飲みの際にシガーのアテとして久々にベイカーズを飲んでみたところ、確かに以前に比べて薄くはなっているのですが、加水調整が良い方向に作用しているのか、ハイプルーフらしくパワフルな飲み口の中にチャーオークの甘み、柔らかいコクが感じられ、それは少量加水によってさらに開く。
スタンダードバーボンから一歩抜け出る要素が備わっていて、フルボディなボリバー・ベリコソにもしっかりマッチしてくれました。


話は少し変わりますが、山方面でのアウトドア、BBQや釣り等でウイスキーを飲むならバーボンというある種のこだわりがあり、先週末、家族でキャンプに行った際はスキットルにベイカーズを詰めて持参。こういうスタンダードな銘柄の方がその場で調味料変わりに使えたり、気兼ねなくあおって飲めるので丁度良いんです。
子供が寝静まった後、焚き火を囲んで虫の声と沢の音を聞きながら一杯やるのは格別ですね。

メーカーズマーク プライベートセレクト 萌木の村 ポールラッシュ生誕120周年記念 55.5%

カテゴリ:
IMG_4971
MAKER'S MARK
PRIVATE SELECT
Paul Rusch's 120th Birthday
Barrel Finished With Oak Staves
750ml 55.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラスの後バカラロックグラス
場所:自宅
時期:開封直後~
評価:★★★★★★(6ー7)(!)

香り:バニラやバタークッキーを思わせる甘い香り立ち、ブルーベリー、植物や穀物の軽やかさ、ウッディーでスパイシーなアロマが続く。

味:濃厚でコクがあり、度数を感じさせないまろやかな口当たり。メープルシロップ、チェリーのシロップ漬け、オレンジママレード。序盤は甘酸っぱさの有る甘みから中間から後半はバランスの良いウッディネス、ほろ苦さが微かな焦げ感を伴って長く残る。

樽感が強く濃厚な味わいだが、余韻にかけて収束し、軽やかであまりしつこさがない飲み心地がメーカーズマークらしさとして感じられる。ストレート、ロック共に良好。テイスティンググラスよりはロックグラスやショットグラスで楽しむほうが香りのネガが少ない。夏のバーベキュー、野外で飲みたい1本。 シガーとの相性もいい。

IMG_4970

この7月、オーナーの元に届いたばかりの萌木の村オリジナルボトリング、メーカーズマーク・プライベートセレクトです。
ボトリング本数は237本。戦後、萌木の村がある清里の地の発展に大きく貢献した、ケンタッキー州出身の牧師、ポール・ラッシュ氏の生誕120年を記念したボトルでもあります。
同氏の生誕記念としては、今年の4月に先立ってシングルモルト白州もボトリングされており、生まれた地と、復興に尽力した地で育まれたそれぞれのウイスキーとのコラボは、同氏の生誕を祝うに相応しいチョイスと言えます。


メーカーズマーク・プライベートセレクトは、一度払い出したメーカーズマークのカスクストレングスを、フレンチオークを主体とした5種類10枚の木材(インナーステイブ)と共に再び樽詰めし、数ヶ月間後熟したものです。
この方法は既に市販されているメーカーズマーク46でもお馴染みであるだけでなく、蒸留所や現地ショップではオリジナルボトルも展開されていて、どの樽材を組み合わせるかで味に変化を与える狙いがあります。

今回のボトルのインナーステイブの比率は裏ラベルの通り、甘みの強いP2とCuに、スパイシーな香味の46が10枚中8枚となっており、濃厚で甘みが強く、苦味のニュアンスが少ない味わいが付与されているようです。

バーボンウイスキーは樽に新樽縛りがあり、連続式蒸留も行われる関係から、ともすれば香味が単調などという声も少なからずあるところ。近年では香味のライト化も著しく、長期熟成原酒も枯渇気味と聞きます。
そんな中で現地ウイスキー業界としては、原料比率や酵母を変えたり、メーカーズマークのインナーステイブだけでなくフィニッシュに異なる樽を使用したり、あるいは最初の熟成からアメリカンオークでなくフレンチオークの新樽を使うなど、多様性を生み出す様々な試みが行われ、これまでの常識が変わりつつあると感じます。

このメーカーズマークは、通常の熟成とは異なるニュアンスはありますが、それ以上に狙ってこの味わいを作り出したというところに、ポールラッシュ氏の「最善を尽くせ、そして一流であれ」とする開拓者精神が体言されているように感じます。 
本ボトルは萌木の村ホテルバー・パーチだけでなく、一部繋がりのあるBAR等にも展開されている模様。是非バーボンの新しい可能性に触れてみてください。


以下、余談。
今回のボトルのオーナーであり、萌木の村の代表である舩木上次氏が、Forbes Japan誌による"日本を元気にする88人"に選ばれました。
舩木氏は、ウイスキーに限っても清里ウイスキーフェスの開催で中心的な役割を果たすだけでなく、清里フィールドバレエ・オリジナルボトルでご存知な方も多いはず。
ご本人は「自分は88人目ですから」と謙遜されていましたが、選定の有無に関わらずその実績は疑いようもないところ。
自分も舩木氏のようにウイスキー業界を元気に出来るような、そんな活動をしていきたいものです。

ジャックダニエル シングルバレル バレルプルーフ 65.85%

カテゴリ:

JACK DANIEL'S
SINGLE BARREL
BARREL PROOF
Bottling date 2017.1.31
Lot No, 23 Barrel No,17-0600
750ml 65.85% 

グラス:SK2
場所:自宅(サンプル@T.Ishihara)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6) (!)

香り:ハイトーンでメロー、刺激の強い香り立ち。キャラメリゼやチョコチップクッキーを思わせる甘くほろ苦いリッチなアロマ。ハーブや幾つかのスパイス、焦げた木材のえぐみも感じる。

味:ハイプルーフらしく強いアタック。ねっとりとした甘みとスパイシーな口当たり。オーク由来のバニラ、メープルシロップ、微かに青みを残す植物感、シロップ漬けのチェリー を思わせる甘酸っぱさもある。
余韻はハイトーンでスパイシー。ヒリヒリとした刺激の裏に、染み込むようなタンニン、えぐみ、ドライで長く続く。

リッチでパワフル、樽香も豊か。加水するとメープルシロップの甘さ、焦げたウッディネス、メローな味わいがさらに際立つ。また、ロックでも味わいは長く持続する。
外連味のない、ジャックダニエルらしさをダイレクトに味わえる佳酒。


日本未入荷、ジャックダニエル・シングルバレルのバレルプルーフ、カスクストレングスです。
バーボンでは加水されているモノよりハイプルーフのほうが香味が豊か。同じ度数で飲むにしても、飲む直前に加水したほうが多彩な味わいが感じられるとされています。

それは勿論、テネシーウイスキーであっても同様です。
これまで、ジャックダニエルから47%加水のシングルバレルはリリースされていましたが、単一樽と言ってもやはり加水では。。。そんな中、度数60%を大きく越えるバレルプルーフがリリースされたのは2015年8月のこと。コアな愛好者からすれば、念願の1本だったことと思います。
かく言う自分も日本への並行品入荷を密かに楽しみにしていたところ、ウイスキー仲間のT.Ishiharaさんがお土産にと、現地で買い付けたボトルをおすそ分けしてくださいました。
(ジャックダニエルの仕込み水、鉄分を全く含まないというケーヴスプリングの湧き水"ライムグリーンウォーター"の清らかな流れ。 Photo by T.Ishihara)

ジャックダニエルのキャラクターは、ベリーなどの甘酸っぱさよりもチョコレートやバニラなど樽由来の甘みがしっかりついているという印象があります。
これは様々に工夫されている樽もさることながら、同蒸留所オリジナル、サトウカエデの炭を用いてスピリッツを濾過する、チャコールメローイング製法によるところもあると思われます。
こうしたフレーバーには、上述の甘みに直結するポジティブな要素に加え、焦げたような苦味、植物っぽさ、えぐみなど、ありすぎるとマイナスになるものも含まれており、加水調整無しのシングルバレルというだからこそ、それらがダイレクトに飛び込んできます。

外連味のない香味、とはまさにこういうことを指すのでしょう。良いも悪いも含め、ありのまま。しかし全体的にアンバランスというわけではなく、それらを含めて楽しめる味わいに仕上がっています。
通常品と飲み比べると、原酒単体が持つジャックダニエルらしさがどこに活かされてるのか、その指標となるボトルでもあります。
飲める機会があれば・・・あるいは現地に行く機会があれば、オススメしたい1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×