カテゴリ

カテゴリ:アメリカンウイスキー(バーボンなど)

エライジャクレイグ 12年 1990年代流通 47%

カテゴリ:
IMG_20190503_140904
ELIJAH CRAIG 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKY 
Years 12 Old 
1992's 
750ml 47% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数ヵ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:やや溶剤のような刺激がトップノートにあるが、スワリングするとキャラメルポップコーンやキャラメルソースのような香ばしい甘さが開く。ドライオレンジ、干し藁、微かに焦げた樽材由来か焼けたゴムのようなニュアンスも。

味:マイルドだが、酸のあるパンを思わせる穀物系の芳ばしさにメープルシロップの甘み。続いてチャーオーク由来のウッディでビターなニュアンスが支配的になってくる。余韻はビターでドライ、軽い刺激を残して長く続く。

ほどよい熟成感が好ましい。苦味の強さは余韻にかけて多少あるが、ボディもロックで楽しめる程度には備わっている。
刺激が気になる場合、チューリップグラスよりはロックグラスにストレートで楽しむと良い。

IMG_20190503_141037

1986年に発売された、エライジャクレイグ12年。その初期ラベルが今回のテイスティングアイテムで、詳細な流通時期は1992年(瓶底記載)です。
以前紹介したバレルプルーフ同様に蒸留所はヘブンヒル、原酒の仕込みは単純計算1979年から1980年、火災焼失前のもの。しっかりとメローな甘味のなかに、少し乾いた藁や植物のようなニュアンスが混じるのが、個人的にはヘブルヒルっぽいなと感じる個性です。

ラベルの12年表記は1990年代から2010年代にかけて3パターンあり、2018年頃にリリースされた現行品からは12年表記がなく、NAS規格になっています。
ネットショップなどではエライジャクレイグ12年として販売しているお店もあるようですが、すらっとしたボトルに変わった現行品は8年から12年熟成の原酒を使っているとのこと。近年、バーボン製造の現場では10年以上熟成の原酒の確保が厳しい状況にあり、その業界動向を感じさせるリリースとなっています。

IMG_20190501_235728

新しいボトルのエライジャクレイグは、樽由来の甘味が薄くなった一方でえぐみ、セメダイン系の刺激が強くなり、変なライト化が進んでしまったように感じられます。
ヘブンヒルのなかで原酒の融通が変わったのでしょうか。例えば上記の蒸留所限定で販売されているエライジャクレイグのバレルプルーフ現行品であっても、12年熟成表記をまだ保っていますが、強い樽感に対してボディが妙に軽いためややアンバランスな仕上がり。

一方で、この旧ボトルはしっかりとメローでありながらバランスが良く、安くて美味しいバーボンの代表ともえいる銘柄でした。
味についてはもう少し果実系の香味が強くなればなお良いのですが、この価格帯でスタンダードモデルですから、文句はありません。そういうのは上位グレード、それこそバレルプルーフ仕様に任せないとバランスがとれませんからね。

田舎の古い酒屋などを巡ると、まだモノを見かけるこのリリース。当時価格でかつ経年による濁りがなければ、メンチターキー8年と並んで買いの1本です。

ノブクリーク 9年 シングルバレルリザーブ 蒸留所限定

カテゴリ:
IMG_20190426_230147
KNOB CREEK 
SINGLE BARREL RESERVE 
SMALL BATCH 
Aged 9 years 
Bottled 2019 
For Distillery Exclusive 
750ml 120proof 

グラス:
場所:BAR Fingale
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:メローでスパイシー、チャーオークの焦げ感と薄めたメープルシロップ、シロップ漬けのチェリーと微かにハーブのアクセント。奥には乾燥トウモロコシ、ライ麦パンのような酸も感じる。
味:メローでパワフルな口当たり。スパイシーでウッディ、少し焦げたワッフルの苦み甘みとドライフルーツの酸味。バニラ系のアロマが存在感を増して鼻孔に抜ける。
余韻はスパイシービター、軽く樽材由来のえぐみも伴う。

ハイプルーフな構成故のパワフルな味わいで、樽感が嫌味にならない程度に適度に効いている。ロックにすると纏まりが良く、メローでありながらオレンジママレードやライムのような柑橘感など、チャーオーク由来の香味が温度を上げながら口内に広がる。

IMG_20190426_232917

ジムビーム蒸留所の見学で購入することが出来る、ノブクリークの限定ボトル。BARフィンガルのバックバーを眺め、見知らぬラベルのノブクリークが視界に入って注文しました。
所謂バリンチ的なボトルなのですが、自分で手詰めするのでもなく、売ってるボトルをレジに持っていく訳でもなく、生産ラインを流れる中で必要な本数分を確保し、キャップの蝋封だけするという、微妙に合理的なシステムで販売されているそうです。

よって、ボトルの中身は樽の個体差を除けば通常のノブクリーク9年シングルバレルとそう変わらないため、逆に価格面も抑えられて蒸留所限定品としてはお買い得。ノブクリークコースを見学して、買わない見学者は居ないというくらいなのだとか。そんなわけでマッシュビルや銘柄の詳しい紹介は過去記事に任せ、今回は先に進むことにします。

IMG_20190307_212349
(ノブクリーク・シングルバレルの通常リリース。現在のバーボン市場のなかではかなりコスパに優れた優良リリースと言える。レビュー記事はこちら

IMG_20190426_230238
(蝋に浸けたキャップヘッドのうえに指を押し付け、指紋を残すのが限定品のスタイル。お手軽だが特別感はある(笑)。この指紋はフィンガルのマスター、谷嶋さんのもの。)

今回のカスクはメローかつスパイシーな、所謂チャーオークのフレーバーは相応に備わっているのですが、どろっどろにリッチなオークフレーバーというわけではなく、同時に穀物感とライ麦パンを思わせる酸が感じられ、これがロックにするとオレンジやライム等の柑橘のニュアンスへと変化するのが特徴であるように感じます。

ノブクリークは元々その系統の仕上がりですが、今回のボトルはその傾向が強いですね。ハイプルーフならではのバランスと言いますか。バレルプルーフに近く、熟成年数が長いものは樽感が強い一方酒質も強いため、個性が互いに主張しあうわけですが、それを加水やロックにしたときにどう変化していくかは、製造方法からどうしても類似の系統になりやすいバーボンにあって、銘柄毎の変化を見るポイントだと思います。


以下、余談。
BARフィンガルの谷嶋さんが代表を務める、酒育の会が発行するフリーペーパー「リカル」。上の写真にも写っている5月号は、丁度バーボンを含むアメリカンウイスキー特集です。
アメリカンウイスキーは近年多くのクラフトメーカーが立ち上がっているだけでなく、製造方法を定めた連邦アルコール法の抜け道で新しいフレーバーを探る動きも活発。アメリカンウイスキーの基礎からその業界動向の一端が紹介されています。
今回は狙ったわけでもなくバーボンを注文していましたが、ロックでじっくり楽しみながら、カウンターで良い勉強をすることができました。

エライジャクレイグ 12年 バレルプルーフ 68%

カテゴリ:
IMG_20190309_001724
ELIJAH CRAIG 
Barrel Proof 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Aged 12 years
2017-2018's
750ml 68%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:奥行きのあるリッチなチャーオーク香。キャラメルポップコーン、オランジェットやチェリー、少し干し草や穀物っぽさも伴う。溶剤を思わせる刺激が、濃厚でスパイシーな樽香の奥で酒精の強さを主張する。

味:しっかりとメローかつ、ウッディーでパンチの強いパワフルな味わい。ハイプルーフ由来の刺激と合わせて、オレンジやベリーのドライフルーツ、ブラウンシュガーやカラメルソースの甘みと苦味が、タンニンを伴って広がってくる。
余韻は強くスパイシー、樹液のようなウッディな甘みも感じつつ長く続く。

赤みがかった濃い美しい色合い。単に荒々しいだけでなく、樽由来のメローな甘みと熟成感で、旨いバーボンとはこういうものと言える形のひとつ。まさにバーボンという印象。嫌みが少ないながら濃厚な構成であるため、加水で柔らかく芳醇な香りが、ロックでは温度差をもって口内で開く馥郁とした味わいがそれぞれ楽しめる。

IMG_20190309_001755

ヘブンヒル蒸留所で生産されている、エライジャクレイグブランドのスモールバッチリリース。2017年から蒸留所や一部現地ショップで販売されている限定品で、現地ウイスキー雑誌Whisky Advocateが主催したコンペでは、2017年のベストウイスキーにも輝いています。

リリースの位置付けとしては、スタンダード品のスモールバッチ&バレルプルーフ仕様ですが、そのスペックはほとんどのボトルが65%を越えており、熟成を通じて度数が上がったタイプの原酒を厳選して構成されている、特別仕様であることも伺えます。(近年流通品は、一部65%未満のリリースもあり。)

一方で、今回のボトルは12年熟成ですが、現行品はノンエイジに切り替わっている模様。補足すると、スタンダード品のエライジャクレイグは長く12年熟成品として販売されていたものの、現行品へのラベル・ボトルチェンジに伴ってノンエイジ仕様に切り替わっており、このバレルプルーフも同様の変化があったようです。
直近のバレルプルーフはロットナンバーが表ラベルに記載される一方で、熟成年数もノンエイジに。ボトル形状も現在のエライジャクレイグのすらりとしたタイプに変更されています。

IMG_20190211_105339
(スタンダード品の12年とバレルプルーフ。写真の12年は1990年代流通で、2016~2017年頃に12年表記が背面ラベルに移り、その後ボトルチェンジと共にノンエイジ仕様へと切り替わっている。アメリカンウイスキーにおいて10年オーバーの原酒の確保は、どのラインナップも難しくなって来ている模様。)

レビューのとおり、その香味は60%を越えるバレルプルーフらしくパワフルで、しっかりと樽の効いたメローかつスパイシー、ちょっと穀物っぽさも伴うリッチな味わいが特徴。
同じ濃厚さの中でもジャックダニエルのようにバニラ系の甘味が強かったり、ターキーなどのように果実系の要素が強いというタイプでもない。ハウススタイルを維持しながらコシが強い、スタンダードバーボンの強化版という印象を受けました。

だからこそストレートのみならず、ロックや加水で飲んでもその美味しさが持続し、それぞれ異なる魅力を楽しませてくれるのかもしれません。
スタンダードバーボンの構成が少々厳しい状況にある昨今ですが、良いものはやはり良い。疲れた体に活力を、元気を与えてくれるような旨いバーボンです。

image

ノブクリーク シングルバレル 60% ジムビーム クラフトバーボン

カテゴリ:
IMG_20190307_212349
KOB CREEK 
SINGLE BARREL RESERVE 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Aged 9 years 
750ml 60% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR 
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディでスパイシーなアロマ。チャーオーク、バニラ、少し焦げたチョコレートクッキーのような甘み。微かにダークフルーツを思わせるアクセントも。力強い香り立ち。

味:メローでメープルシロップやワッフルを思わせる甘味、ほのかにドライクランベリーやチェリーの酸味も伴う口当たり。度数故の強いアタックが余韻にかけて存在感を増し、樽材由来のえぐみを少々感じつつ、ウッディでひりつくようなフィニッシュが仄かな焦げ感と共に長く続く。

ネガティブ要素の少ない熟成感で、パワフルなバーボンだ。少量加水すると少し果実味は減るが、樽と原料由来のバニラの要素がわかりやすい。またキャラメルポップコーンのような甘みと軽い香ばしさも感じられる。
5000円以内でオススメ出来るバーボンの一つ。


ジムビーム蒸留所がリリースするプレミアムブランド。クラフトバーボンの中で、最長熟成品が9年熟成のノブクリークです。
以前はスモールバッチシリーズとして、ブッカーズらと共に少量生産、マスターディスティラーこだわりの逸品を売りにしていましたが、いつの間にかブランド戦略を変更したようです。(知らなかった・・・w)

現在、ノブクリークは限定品を除くとスタンダード、ライベース、そしてシングルバレルの3種があり、全て19世紀の旧連邦アルコール法のボトルド・イン・ボンド(通称・ボンデッド)の区分に基づき50%以上の度数でボトリングされています。
このボンデッドは、現在は廃案になった区分で特段遵守する義務はないのですが、現在のストレートバーボンよりも厳しい基準であることから、一部の銘柄で高品質なバーボンの証明のような位置付けで掲げられています。ノブクリークにはボンデッド表記はありませんが、これこそバーボン本来の姿であるとして、禁酒法前後のバーボンに見られた平べったい形のボトルデザインが採用されています。


さて、今回のノブクリーク・シングルバレルは読んで字の如く単一樽からボトリングされたもの。つまり、60%以下に度数が下がってしまった原酒は弾かれるため、50%加水のオフィシャル通常品より選定条件が一段階厳しいということになります。ノブクリークはバレルエントリーが62.5%。マッシュビルもシングルバレルはスタンダード品と同じ、コーン75%、ライ13%、モルト12%とのことで、純粋に熟成の違いが原酒の選定を左右している模様。)

度数が高い分ボディも厚く樽香もリッチで、通常品で多少感じられるえぐみのような要素は隠れており、しっかりとパンチがある中に、メローで熟成由来のドライフルーツを思わせる甘酸っぱい香味も纏った味わいが感じられる。シングルバレルのほうはイベントでの試飲程度しかしてきませんでしたが、ちゃんとテイスティングしてこれは充分に美味しいバーボンだと感じました。
近年、この5000円以内の価格帯でオススメ出来るバーボンが少なくなって来てきており、今回のテイスティングで、50%未満の加水区分ならターキー13年、ハイプルーフゾーンではこのノブクリーク・シングルバレルが筆頭だなと、個人的な評価を更新した次第。今度家飲み用に1本買ってみたいと思います。

ワイルドターキー トラディション 1990年代流通 50.5%

カテゴリ:
IMG_20190216_104227
WILD TURKEY 
TRADITION 
Kentucky Straight Bourbon 
1990's (1994's)
750ml 50.5% 

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封当日
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライな香り立ち。干し草、ドライオレンジピール、微かなえぐみを伴うウッディネス。クッキーやキャラメルポップコーンのようなメローで軽い香ばしさに通じるアロマも感じられる。

味:パワフルな口当たり。乾燥した穀物やバニラウェハース、口内で転がすと微かにオレンジママレードやメープルシロップのアクセント。カカオのような苦味と焦げ感の伴うウッディさがあり、ドライでスパイシーなフィニッシュへと繋がる。

ドライでスパイシーなキャラクターが印象的なバーボン。時期が時期なのでえぐみのような要素は少なく、メローで適度なコクも備わっているが、濃厚な味わいという程ではない。加水するとマイルドだが穀物っぽさが強く、

IMG_20190215_234112

1990年代、輸出向けにリリースされていた銘柄のひとつ。(2009年に14年がリリースされていますが、これは時期も構成も別物。)
同時期では、先日記事にもしたワイルドターキー・ケンタッキーレジェンドが同じく輸出向けにラインナップされていましたが、香味が似通うことの多いバーボンにありながら、ドライでスパイシーな本銘柄と、リッチでメローなケンタッキーレジェンドとで明確な違いが感じられます。

IMG_20190215_223527
(同時期流通のワイルドターキー・ケンタッキーレジェンド。メローなオークフレーバー、ほのかにベリーなどドライフルーツを思わせる酸味も混じるリッチな味わい。)

その背景には、熟成年数の違いがあるのではという印象。ちょっとライっぽい気もするので、通常のライ13%のマッシュビルとの違いもあるのかもしれませんが、同じ流通時期の8年50.5%と比較してもドライな構成であり、例えばケンタッキーレジェンドを10年程度の熟成とすると、今回のトラディションは6~8年、レアブリードの加水調整品的な位置付けと考えれば、しっくり来る気がします。

比較的種類のあるオールドターキーの中では、メローで濃厚、甘酸っぱい果実感に、熟成感も強いハイプルーフなものが高い評価を受けている現在の市場にあって、このトラディションはその逆をいくスタイル。当然、市場価格はそこまで高くなっておらず、5000円を下回ってリサイクルショップ等で販売されていることも珍しくありません。
確かにトレンドとは違っているのですが、ネガティブな要素が強い訳ではなく、特に現行品との比較ではそう悪くないとも感じられます。そういう系統のバーボンとして考えるなら、案外お買い得な1本かもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×