カテゴリ

カテゴリ:バーボン

ベイカーズ 7年 107proof ケンタッキーストレートバーボン

カテゴリ:
BAKER'S
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Aged 7 years
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★☆(6)

香り:焦げた木材のアロマ、甘く香ばしさのあるアーモンドナッツやキャラメル、トースト、微かにハーブの香気、酵母香。パワフルな香り立ち。

味:メープルシロップやチョコレートクッキーを思わせる甘み、コクがあってパワフルな口当たり。焦げた木材、ウッディなえぐみも奥に感じられる。
余韻にかけてドライでほろ苦く、スパイシーな刺激。シュガートーストのような甘みが口の中に揺蕩う。

ストレートではマイナス面も多少あるが、少量加水でえぐみや刺激が軽減されるだけでなく甘みも広がり、バランスがかなり良くなる。ロック、ハイボールは可もなく不可もなし、嫌なところは見当たらない。
葉巻との相性良く、普段使いからBARシーンまで幅広くこなすオールマイティな1本。


ジムビームがリリースするプレミアムバーボン4銘柄の一つ。熟成庫において上段、高い位置に配置された樽で熟7年以上熟成された原酒を使い、最終的に53.5%に加水調整してリリースした、パンチがありつつバランスが良いとされる1本です。
同社のブランドの中では、度数が60%以上と高いブッカーズやノブクリークについつい目が行きがちですが(実際、なんとなく飲んでしまうのはブッカーズ(笑))、このベイカーズも中々レベルの高い、ポジティブな要素が感じられます。

近年バーボン業界では長期熟成原酒や良質な樽材の枯渇、香味のライト化が進み、樽由来の艶のある甘み、ボディに乏しいブランドが増えいます。
特にハイプルーフバーボンは甘みが増すよりもウッディでドライなニュアンスのほうが強く出るものが多く、特に甘酸っぱい果実味を伴うタイプは絶滅危惧種。。。結果1990年代ごろまでに流通したハイプルーフタイプのリユース価格が高騰する一因にもなっています。

そんな中で、先日BAR飲みの際にシガーのアテとして久々にベイカーズを飲んでみたところ、確かに以前に比べて薄くはなっているのですが、加水調整が良い方向に作用しているのか、ハイプルーフらしくパワフルな飲み口の中にチャーオークの甘み、柔らかいコクが感じられ、それは少量加水によってさらに開く。
スタンダードバーボンから一歩抜け出る要素が備わっていて、フルボディなボリバー・ベリコソにもしっかりマッチしてくれました。


話は少し変わりますが、山方面でのアウトドア、BBQや釣り等でウイスキーを飲むならバーボンというある種のこだわりがあり、先週末、家族でキャンプに行った際はスキットルにベイカーズを詰めて持参。こういうスタンダードな銘柄の方がその場で調味料変わりに使えたり、気兼ねなくあおって飲めるので丁度良いんです。
子供が寝静まった後、焚き火を囲んで虫の声と沢の音を聞きながら一杯やるのは格別ですね。

メーカーズマーク プライベートセレクト 萌木の村 ポールラッシュ生誕120周年記念 55.5%

カテゴリ:
IMG_4971
MAKER'S MARK
PRIVATE SELECT
Paul Rusch's 120th Birthday
Barrel Finished With Oak Staves
750ml 55.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラスの後バカラロックグラス
場所:自宅
時期:開封直後~
評価:★★★★★★(6ー7)(!)

香り:バニラやバタークッキーを思わせる甘い香り立ち、ブルーベリー、植物や穀物の軽やかさ、ウッディーでスパイシーなアロマが続く。

味:濃厚でコクがあり、度数を感じさせないまろやかな口当たり。メープルシロップ、チェリーのシロップ漬け、オレンジママレード。序盤は甘酸っぱさの有る甘みから中間から後半はバランスの良いウッディネス、ほろ苦さが微かな焦げ感を伴って長く残る。

樽感が強く濃厚な味わいだが、余韻にかけて収束し、軽やかであまりしつこさがない飲み心地がメーカーズマークらしさとして感じられる。ストレート、ロック共に良好。テイスティンググラスよりはロックグラスやショットグラスで楽しむほうが香りのネガが少ない。夏のバーベキュー、野外で飲みたい1本。 シガーとの相性もいい。

IMG_4970

この7月、オーナーの元に届いたばかりの萌木の村オリジナルボトリング、メーカーズマーク・プライベートセレクトです。
ボトリング本数は237本。戦後、萌木の村がある清里の地の発展に大きく貢献した、ケンタッキー州出身の牧師、ポール・ラッシュ氏の生誕120年を記念したボトルでもあります。
同氏の生誕記念としては、今年の4月に先立ってシングルモルト白州もボトリングされており、生まれた地と、復興に尽力した地で育まれたそれぞれのウイスキーとのコラボは、同氏の生誕を祝うに相応しいチョイスと言えます。


メーカーズマーク・プライベートセレクトは、一度払い出したメーカーズマークのカスクストレングスを、フレンチオークを主体とした5種類10枚の木材(インナーステイブ)と共に再び樽詰めし、数ヶ月間後熟したものです。
この方法は既に市販されているメーカーズマーク46でもお馴染みであるだけでなく、蒸留所や現地ショップではオリジナルボトルも展開されていて、どの樽材を組み合わせるかで味に変化を与える狙いがあります。

今回のボトルのインナーステイブの比率は裏ラベルの通り、甘みの強いP2とCuに、スパイシーな香味の46が10枚中8枚となっており、濃厚で甘みが強く、苦味のニュアンスが少ない味わいが付与されているようです。

バーボンウイスキーは樽に新樽縛りがあり、連続式蒸留も行われる関係から、ともすれば香味が単調などという声も少なからずあるところ。近年では香味のライト化も著しく、長期熟成原酒も枯渇気味と聞きます。
そんな中で現地ウイスキー業界としては、原料比率や酵母を変えたり、メーカーズマークのインナーステイブだけでなくフィニッシュに異なる樽を使用したり、あるいは最初の熟成からアメリカンオークでなくフレンチオークの新樽を使うなど、多様性を生み出す様々な試みが行われ、これまでの常識が変わりつつあると感じます。

このメーカーズマークは、通常の熟成とは異なるニュアンスはありますが、それ以上に狙ってこの味わいを作り出したというところに、ポールラッシュ氏の「最善を尽くせ、そして一流であれ」とする開拓者精神が体言されているように感じます。 
本ボトルは萌木の村ホテルバー・パーチだけでなく、一部繋がりのあるBAR等にも展開されている模様。是非バーボンの新しい可能性に触れてみてください。


以下、余談。
今回のボトルのオーナーであり、萌木の村の代表である舩木上次氏が、Forbes Japan誌による"日本を元気にする88人"に選ばれました。
舩木氏は、ウイスキーに限っても清里ウイスキーフェスの開催で中心的な役割を果たすだけでなく、清里フィールドバレエ・オリジナルボトルでご存知な方も多いはず。
ご本人は「自分は88人目ですから」と謙遜されていましたが、選定の有無に関わらずその実績は疑いようもないところ。
自分も舩木氏のようにウイスキー業界を元気に出来るような、そんな活動をしていきたいものです。

ジャックダニエル シングルバレル バレルプルーフ 65.85%

カテゴリ:

JACK DANIEL'S
SINGLE BARREL
BARREL PROOF
Bottling date 2017.1.31
Lot No, 23 Barrel No,17-0600
750ml 65.85% 

グラス:SK2
場所:自宅(サンプル@T.Ishihara)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6) (!)

香り:ハイトーンでメロー、刺激の強い香り立ち。キャラメリゼやチョコチップクッキーを思わせる甘くほろ苦いリッチなアロマ。ハーブや幾つかのスパイス、焦げた木材のえぐみも感じる。

味:ハイプルーフらしく強いアタック。ねっとりとした甘みとスパイシーな口当たり。オーク由来のバニラ、メープルシロップ、微かに青みを残す植物感、シロップ漬けのチェリー を思わせる甘酸っぱさもある。
余韻はハイトーンでスパイシー。ヒリヒリとした刺激の裏に、染み込むようなタンニン、えぐみ、ドライで長く続く。

リッチでパワフル、樽香も豊か。加水するとメープルシロップの甘さ、焦げたウッディネス、メローな味わいがさらに際立つ。また、ロックでも味わいは長く持続する。
外連味のない、ジャックダニエルらしさをダイレクトに味わえる佳酒。


日本未入荷、ジャックダニエル・シングルバレルのバレルプルーフ、カスクストレングスです。
バーボンでは加水されているモノよりハイプルーフのほうが香味が豊か。同じ度数で飲むにしても、飲む直前に加水したほうが多彩な味わいが感じられるとされています。

それは勿論、テネシーウイスキーであっても同様です。
これまで、ジャックダニエルから47%加水のシングルバレルはリリースされていましたが、単一樽と言ってもやはり加水では。。。そんな中、度数60%を大きく越えるバレルプルーフがリリースされたのは2015年8月のこと。コアな愛好者からすれば、念願の1本だったことと思います。
かく言う自分も日本への並行品入荷を密かに楽しみにしていたところ、ウイスキー仲間のT.Ishiharaさんがお土産にと、現地で買い付けたボトルをおすそ分けしてくださいました。
(ジャックダニエルの仕込み水、鉄分を全く含まないというケーヴスプリングの湧き水"ライムグリーンウォーター"の清らかな流れ。 Photo by T.Ishihara)

ジャックダニエルのキャラクターは、ベリーなどの甘酸っぱさよりもチョコレートやバニラなど樽由来の甘みがしっかりついているという印象があります。
これは様々に工夫されている樽もさることながら、同蒸留所オリジナル、サトウカエデの炭を用いてスピリッツを濾過する、チャコールメローイング製法によるところもあると思われます。
こうしたフレーバーには、上述の甘みに直結するポジティブな要素に加え、焦げたような苦味、植物っぽさ、えぐみなど、ありすぎるとマイナスになるものも含まれており、加水調整無しのシングルバレルというだからこそ、それらがダイレクトに飛び込んできます。

外連味のない香味、とはまさにこういうことを指すのでしょう。良いも悪いも含め、ありのまま。しかし全体的にアンバランスというわけではなく、それらを含めて楽しめる味わいに仕上がっています。
通常品と飲み比べると、原酒単体が持つジャックダニエルらしさがどこに活かされてるのか、その指標となるボトルでもあります。
飲める機会があれば・・・あるいは現地に行く機会があれば、オススメしたい1本です。

ハーシュ セレクション 25年 スモールバッチリザーブ 43%

カテゴリ:
IMG_4250
HIRSCH SELECTION
Small Batch Reserve
25 years old
Kentucky Straight Bourbon Whisky
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:艶のある濃厚で甘い香り立ち。トースト、メープルシロップ、林檎のカラメル煮、ドライベリーを思わせる酸味や、チャーオークの苦味を伴うウッディネス。充実したアロマ。 

味:とろりとした口当たり。メープルシロップの濃い甘みと焦げたオークの苦味、シロップ漬けチェリー、ダークフルーツジャム、まるで長熟コニャックのような甘みと濃厚さだが、鼻腔に抜けるパン酵母を思わせるアロマがバーボンであることを主張する。
余韻はビターで程よくドライ。柔らかいウッディネスとオークの甘いバニラ香が染み込むように残る。

25年というバーボンの熟成期間では一つの到達点とも言える、長熟のバーボンウイスキー。濃厚な飲み口で、多少ベタつきのある甘さも感じるが、加水調整によるまろやかなタンニンが心地よい。
ロックも悪くないが、このバーボンはストレートか少量加水でメローな味わいを楽しみたい。勿論葉巻との相性もGOOD。

1990年代から2000年代初頭にかけてリリースのあったプレイスインポート社のハーシュ・セレクション。
同社は蒸留所を所有せず、原酒の買い付けでリリースを行なっていたメーカーの一つ。そしてハーシュと言えば、ウイスキー愛好家の間ではペンシルベニア州の閉鎖蒸留所、幻のミクターズ蒸留所の原酒で作られているとして有名ですが、同銘柄でミクターズの原酒とされているのは16年で、その後リリースされた20年はアメリカンウイスキーで出所不明、今回の25年はウィレットだと言われています。

他方、このウィレット蒸留所も1980年代に蒸留を休止しており、その後は別途買い付けた原酒とストックを消費してのリリースを展開。今回のハーシュに使われた原酒も、そうした中で樽売りされたものでしょう。
ウィレットで蒸留が再開されたのは2012年のこと。近年は休止前のストックが枯渇してしまったのか、再開後の原酒?と思われる短熟のバーボンがリリースされています。(あるいはこれも買い付けか?)
いずれのせよ、このハーシュ25年も16年同様に今は亡き時代の忘形見ということに・・・。

テイスティングの通り、オールドバーボンの艶のある甘み、濃厚なフレーバーが実に旨い。先日紹介したエヴァンウィリアムズ23年の、ハイプルーフで背中を叩いて元気付けられるような味わいとは異なる、まったりとした飲み口だからこその酔い心地に包まれる1杯です。

以下、雑談。
昨晩はバーボンの日でした。というかバーボン以外は考えられませんでした。
日本時間5月29日早朝に届いたビッグニュース、佐藤琢磨選手による日本人初のインディ500優勝。
F1時代から応援していただけでなく、2012年インディ500、ファイナルラップでのクラッシュがあったので、尚更嬉しかったのは自分だけではないと思います。

それこそ、仕事を休んででもニュースと動画を梯子したかったのですが、それは叶わず。。。帰宅後はバーボンと、チェイサーには勿論ミルクを片手にPC前に噛り付きました。(この組み合わせ、カクテルにもあるだけに中々旨いです。)



まさに偉業、佐藤琢磨選手おめでとうございます!
それにしても、日本語実況の混乱とその後のグダグダっぷりが微笑ましいというか、いや気持ちはわかる(笑)。
月曜日、仕事始めで暗い気持ちを吹き飛ばしてくれる素晴らしいニュースでした!!

エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留 53.5%

カテゴリ:
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whiskey 
Years 23 old
Distilled 1972
750ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅@KuMC
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:リッチでふくよか、艶やかに甘い豊かな香り。少し焦げたキャラメル、フローラルな華やかさ、チェリーのシロップ漬け、微かに柘榴のニュアンスも。非常に充実している。

味:リッチな甘みのある濃厚でパワフルな味わい。キャラメルとドライベリー、林檎のカラメル煮、濃く入れた紅茶。舌あたりにベタつく感じと、やや焦げたような樽感があるがしつこく残らず余韻に消えていく。

華やかかつ濃厚でパワフル、長熟ハイプルーフバーボンの魅力が詰まった1杯。少量加水すると、ベリーや花を思わせるさらに華やかな香味が開く。


個人的に、美味いバーボンは?と聞かれたら、まず出てくるのがエヴァンウィリアムズ23年です。
時代的には焼失前の旧ヘブンヒル蒸留所での製造にあたり、スコッチモルトに対抗したのか1980年代から1990年代あたりまではこうして単一蒸留年度の表記のある珍しいリリース形態。自分は全ての年度を体験できているわけではありませんが、それぞれに異なる魅力があると聞いています。

勿論、これ以外に美味いバーボンはいっぱいあります。
現行品で衝撃を受けたフォアローゼスPBは記憶に新しく、今回のボトルを含む90年代に流通した各種長熟、ヴァンウィンクルとか外さないですね。
それ以前のオールドバーボンではヘブンヒル系列、ジムビーム系列、ターキーなどなどもうだいたい美味い。特有の赤い果実風味、うっとりするような艶やかな甘みがあって・・・と話が逸れましたが、その中でもエヴァンウィリアムズ23年はまず名前が出てくる濃さ、パワーがあります。
家に1本は開けておきたいと思っているのですが、最近その手のバーボン相場は青天井。なんとも世知辛い世の中です。

エヴァンウィリアムズ23年は、今回テイスティングしたトールボトルから、2000年前後に、上記写真のややずんぐりとした形状に変化。この時代のボトルは単一蒸留年度縛りが無くなったためか、同じベクトルでありつつも、香味のバランスが良くなった印象。例えばこの1972年蒸留のエヴァンは、樽由来のニュアンスが強く、リッチな味わいながら口当たりでベタつく感じがあります。
どちらを好むかは人それぞれだと思いますが、間違いなくバーボン好きには堪らない旨さがあるということに違いはありません。

なお、2000年前後に切り替わったラベルの上にシルクプリントでEvan Williamsの記載がありますが、近年流通ではこれが無くなり紙ラベルのみとなります。このロットであれば、今でも酒屋やBARなどで見かける事があります。
トールボトル、シルクプリント、近年流通の3種飲み比べとかやってみたいなーと思いつつ、一体幾らになるのか地味に怖い(笑)。
何れにせよ、長期熟成バーボンの魅力を感じる、古き良き時代の素晴らしい一杯でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×