カテゴリ

カテゴリ:アメリカンウイスキー(バーボンなど)

I.W.ハーパー ゴールドメダル 特級表記 1970年代前半流通 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
Kentucky Straight Bourabon Whisky
1960-1970's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後〜1週間程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:しつこさのないメローで艶のある甘さ。シロップ漬けチェリー、カステラ、奥にはコーンフレークを思わせる軽い香ばしさ。角の取れたチャーオークのウッディネスで、麩菓子、キャラメリゼを思わせるほろ苦さも感じられる。

味:マイルドで引っかかりのない口当たり。薄めたメープルシロップ、チェリー、ドライオレンジのほのかな酸味を伴うコクのある味わい。
余韻はドライ、穀物感は多少あるがオーキーな甘みでしっかりとまとまっている。

バーボン特有のメローな香味にフルーティーな酸味のアクセント。樽が支配的なコテコテした香味というわけではなく、どちらかと言えば品の良い樽感と言える。味の濃さに反してコクがあって、物足りなさは感じない。例えるならダシをちゃんと引いた椀のよう。ライトなバーボンとはこうあるべきと言える、その理想形。


IWハーパーのスタンダード銘柄である、ゴールドメダル。バーンハイム蒸留所のバーボン、IWハーパーが誕生したのは1877年。名付けのエピソードはwebを参照頂くとして。。。(こちらのページが判りやすくまとめられています。ホント、BIBの表記とTAXは謎です。→ウイスキーの庭様)

ブランドヒストリーとしては、1885年の万国博覧会で金賞を受賞した事を皮切りに、1900年代にかけてあわせて5つのメダルを国際博覧会で受賞したことが語られていますが、当時のIWハーパーはライウイスキーで別物と言える仕様。コーン主体のマッシュビルで知られるIWハーパーがリリースされたのは、禁酒法と第二次世界大戦後の1950年代に入ってからとなります。

また、IWハーパー・ゴールドメダルは、40〜43%という加水仕様もあり、オールドは温度環境の変化に伴う濁りが出てしまっているものが少なくありません。
そのため、中々ベストなモノを飲める機会が少なかったりするのですが、今回はラベルの見た目に反し奇跡的に状態の良いゴールドメダルに当たり、その美味さを堪能させて頂きました。



何が良いって、長熟バーボンに見られるリッチなチャーオーク感とは違う、軽やかで品の良い甘みが香味の主体でありながら、しっかりとコクがあること。
ストレートで引っかかりのない口当たりは勿論、ロックにしても香味がしゃばしゃばにならない。ライトタイプのバーボンの理想形ってこういうのだよなと、感じさせてくれるような構成なのです。

飲み方はハイボールにしても勿論美味しいのですが、流石にそこまで水が入ると、その後の時代と比較して大きな違いが現れにくいこともあり、どっちかと言えばストレートかロックでじっくり楽しみたいという印象でもあります。

(IWハーパー、1990年代ジャーディン時代(左)と、1970年代サントリー時代(右)。ジャーディン時代の味も悪くないが、比較するとドライでコクが軽くなりつつある。ここまでくるとハイボール要員。)

余談ですが、IWハーパーと合わせてよく語られるのが、マッシュビルのコーン比率。連邦アルコール法で定めるコーンウイスキーの基準(81%以上)の範囲まで使われているという話ですが。。。
どうやら現在の本国流通のIWハーパーは、コーンが73%、ライ18%、モルト9%で、そこまで使われていないようです。(15年は86%なので、コーンウイスキー基準の範囲内。)

だから何が、という違いを感じ取れるほどの経験はないのですが、特にバーボンは日本で語られる情報と現地の情報が違っていたり、一部抜けている事が結構あるので、こうして記事をまとめるたび、新たなトリビアに遭遇できるのです。

エヴァンウィリアムズ 23年 53.5% 近年流通品

カテゴリ:
IMG_9010
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whisky
23 Years old
750ml 53.5%

グラス:グレンケアンテイスティング
場所:BAR Eclipse 
時期:不明
評価:★★★★★★(6-7)

香り:メローだが溶剤感を伴うドライなアロマ。焦げ感のあるウッディさ、オレンジをコーティングしたキャラメリゼ、バニラ、チェリーを思わせる甘みのアクセント。奥にはエステリーさとりんごのような果実味もある。

味:リッチで粘性のある口当たり。チャーオーク由来の濃い甘みと焦げたウッディネスは、キャラメル、甘栗、微かにチェリー、パワフルで余韻にかけて強い主張。ビターでえぐみも軽く伴う。
余韻はドライ、タンニンとほのかな焦げ感に加えて、ふくよかな樽香が長く滞留する。

強い樽感がねっとりと舌に乗るような印象だが、度数の高さで樽香がギリギリ浮つかない。加水すると意外に香りが立たず、ドライな印象が強い。口当たりはマイルド、チェリーや加熱したリンゴのような甘みが特徴的。ロックでじっくり飲みたい。
最近姿を見なくなってきた、エヴァンウィリアムズの近年流通ラベル。2018年現在、一応このデザインが在庫として流通する現行品扱いになりますが。。。というか、現在も生産されているかはちょっと謎だったりします。(少なくともバカルディの日・米どちらのサイトにも記載はなく、蒸留所でのみ販売されている模様。)

そもそも、エヴァンウィリアムズ23年に用いられていた原酒の生産元、旧ヘブンヒルは1996年に火災消失しており、作れたとしてもここ数年前後までと言えます。加えて、移転後に作られた原酒は12年ですら原酒不足で特定地域向けになってしまっている状況を考えると、今後の復活も困難と考えて間違いないでしょう。
バーボン最高峰とも言えるエヴァンウィリアムズ23年、リリース開始から約30年の歴史に幕が降りようとしているのです。

(2000年代流通のエヴァンウィリアムズ23年。この写真では見づらいが、ラベルの上部にEvan Williamsの文字が直接プリントされている。)


(先日記事にした1990年代流通の2本。この後、上の写真のボトルのように、トールボトルがダンピー形状に切り替わる。)

今回テイスティングしたエヴァンウィリアムズも、上に写真を掲載したこれまでの23年同様に、非常に濃厚な口当たりと樽感は健在。そして50%を越える度数で、余韻にかけても香味がヘタらずパンチもあるフルボディな味わいです。
一方で、長い熟成年数ゆえ飲み口はマイルドと、相反する要素を内包しているのが、この手のウイスキーの魅力とも。一言で、美味しいバーボンと言える味わいですね。

ただ、近年のエヴァンウィリアムズ23年は、旧世代に比べて溶剤感が目立つというかドライさが強いというか、香味の"艶"は控えめで、果実味もベリー系の要素は微かにある程度。チャーオークのメローな香味が中心となっています。
この辺はまさに現行のバーボン全般に見られる要素であり、このまま販売が継続しても良い方向に転がったかは微妙であり。。。
それこそ、人気ピークですっぱり終わった連載のような、それはそれで良かったとも思えるのです。

IWハーパー 15年 43% 2017年並行品

カテゴリ:
I.W.HARPER
Kentucky Straight Bourbon Whisky
Aged 15 years
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会&BAR飲み等
時期:開封直後〜半年程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:ややドライだが熟成感のあるメローなチャーオーク香。チョコレートクッキー、メープルシロップのかかったホットケーキ、ほのかにオレンジママレードのアクセント。

味:コクのある柔らかい口当たり。メープルシロップやキャラメルクッキー、干草に通じるウッディネス。余韻はドライ気味でひりつく刺激はあるが、チャーオークのカステラを思わせる甘味が滞留するように長く続く。

加水で整ったマイルドな飲み口。熟成感はあるが樽由来のえぐみや、過度なウッディさもないバランスのとれたバーボン。果実系の甘酸っぱさというよりは、焼き菓子系の香味構成。やればできる子バーンハイム。疲れた時にゆったりと飲みたい。


2015年ごろにリリースされた、IWハーパー最上位グレードの15年熟成品。近年、スコッチに限らずバーボンであってもライト化、ノンエイジ化が進む中で、敢えて熟成年数を上げたリリースに興味が湧き、日本に早く入ってこないかなーと(あるいは友人に現地で買ってきてもらうかと)思っていたところ。昨年あたりから田地商店さんを筆頭に、並行品が市場に展開されはじめていました。

価格は店によってばらつきがあるものの11〜15k。現地が100ドル弱なんで、特にふっかけてる印象もないですが、現在12年が5000円程度であることを考えると、熟成年数3年差で2〜3倍って「どういうことなの・・・」と感じてしまうのはきっと自分だけではないはず。
しかし飲んでみるとなかなかどうして、強気もある程度は納得のクオリティ。12年よりも一段上の上質さに、ヘブンヒル・バーンハイムの本気見るようなリリースなのです。

IWハーパーの特徴はコーン比率の高いマッシュビルにあるとされ、この15年も例外なくコーン86%、ライ麦6%、大麦8%という構成。12年にも共通する飲み口の柔らかさが、熟成によってさらに磨かれ、程よいコクも感じられます。
そして一番は熟成の質と全体のバランスですね。近年の10年熟成クラスのバーボンに度々見られる、樽材のえぐみ的なものがほぼなく、チャーオーク由来のメローな香味が、加水によって実にバランスよく整っているのがポイントです。

ウイスキーに求める香味のタイプは人によって様々と思いますが、IWハーパーに求める味わいに限定するなら、コレが一つの指針だと思います。
面白みがない?派手さがない?いやいや、オフィシャルとしては、こういうのもいいモンです。

さて、以下IWハーパーとは全く無関係な雑談。
最近ボジョレーワインよりも酒好きの間で定着しはじめた感のある、"キリン一番搾り・とれたてホップ"。かくいう自分も楽しみにしている1人で、今年のが出回りはじめたので早速飲んでみました。
2018は軽くてスッキリな感じですね。
香りはホップの華やかさがふわりと感じますが、味はライトで苦味もそこまでじゃない。単品だとちょっと物足りないか・・・。
鍋料理や和食系に合わせるなら良さそうですが、案外こってりやB級系は苦手としそうなビールだなと感じました。

エヴァンウィリアムズ 23年 1997年ごろ流通品 53.5%

カテゴリ:
IMG_8863
EVAN WILLIAMS 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Years 23 old
Released in 1997
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1年程度
評価:★★★★★★★★(8)

香り:キャラメリゼ、ベリーや柘榴、オレンジの甘酸っぱさ、艶のある香り立ち。ややドライな刺激もあるが、ハイプルーフ由来の強さが香りをより一層発散させている。

味:香り同様に甘酸っぱく、パワフルで香味にしっかりと芯のある口当たり。濃く入れた紅茶、メープルシロップ、ドライクランベリー、オレンジチョコレート。鼻腔にもしっかりと抜けていく。余韻はウッディーで微かにこげたようなニュアンスと共に、タンニンが染み込むように感じられるが、熟成感に対しては強くなくバランス良くまとまっている。

赤みがかった濃い色合いが美味しさを予感させる。陶酔感を伴う甘酸っぱい香りは、加水すると一気に開く。特にオレンジ系のニュアンスが後押しされる印象で、ロックにしても充分に長く楽しめるコシの強さがある。グラスは口がすぼまっているタイプより、多少開放的なほうがポジティブな要素を拾いやすい。

IMG_8867

銘酒と言われるバーボンは数多くありますが、閉鎖とか終売とか、禁酒法時代とか。。。そういう付加価値を除いてダイレクトに味だけで勝負した時。間違いなく高い評価を受けるのが、80〜90年代流通のエヴァンウィリアムズ23年であることに、異論の余地はないと感じます。

同銘柄は、1989年から1995年ごろまで、1966〜1972年蒸留の原酒をそれぞれ年毎に用いて、マッカランを思わせる熟成年数と蒸留年を表記した単一蒸留年リリースを行っていました。
ところが1973年以降の表記はリリースされておらず、流通時期としては1996年ないし1997年ごろのボトルから、熟成年表記のみに切り替わったようです。(時同じく、ボトルのデザインもやや角ばったものから、若干丸みを帯びたデザインへと変更されています。)



今回のボトルは、瓶底の加工から切り替わった直後のボトルであると推察。そうでなくとも、1990年代後半の流通品であることは間違いありません。
この仕様の変化が何を意味するかは定かではないのですが、スコッチタイプのブレンドとは異なり、バーボンでは熟成年数表記以上の原酒がふんだんに使われるような印象はなく。おそらく使われても年跨ぎか、せいぜいプラス1〜2年といったところと思われます。

パッケージチェンジであって構成原酒の条件に大きな変化があったとは考えらず、何れにせよ高いクオリティを維持しています。
長期熟成バーボンに見られる芳醇で艶のある甘みと、オールドシェリー樽にも共通するベリー系の赤い果実の甘酸っぱさを伴う豊かな樽香。熟成感に対して余韻のえぐみがあまり出ておらず、タンニンが甘みを引き締めていく。ああ、これは美味い。66年表記のボトルにも感じられるベリー感をそのまま継続し、こちらは濃縮したようなオレンジ系のニュアンスも混じる。
72年表記にも負けず劣らずで、同時開封ではないので一概に比較はできないものの、先日ウイスキー仲間との持ち寄り会で比較テイスティングした結果、むしろこちらの方がという声もあったくらいなのです。

※ご参考
エヴァンウィリアムズ23年 1966年蒸留
エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留

それにしても、近年のバーボンは10年を超えない熟成でも、樽材由来と思しきえぐみが強く出ているものが少なくありません。
なぜこのエヴァンウィリアムズしかり、昔のバーボンの多くは、長期熟成であってもえぐみの少ない豊かな味わいに仕上げることが出来たのか。
製法や原料の違いもあるとは思いますが、それ以上に現行品の多くに感じられる、樽材の中に残るようなえぐみ的な香味の量等から察するに、樽材の仕上げに野外に干しておく期間が昔の方が長かったのではないかと予想しているのですが。。。その真相はオールドシェリー樽の真実同様に、予測はできても確定までたどり着けない謎の一つです。


アーリータイムズ 1970年代流通 イエローラベル 40% 特級時代

カテゴリ:
EARY TIMES
Kentucky Straigt Bourbon Whisky
"YELLOW LABEL"
4 Years Old
1970〜1980's
700ml 40%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR AIKA
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6ー

香り立ちに微かにツンとしたアタックを感じるが、チャーオーク由来のメープルシロップやドライオレンジを思わせる程よくメローなアロマ。柔らかいコクと、とうもろこし茶のような香ばしくも甘い口当たりから、ウッディなタンニンもほのかに感じられる。
多少若さに通じる荒さはあるものの、バランス良く、万人向けのお手本のようなバーボン。


懐かしの通称"イエローラベル"。アーリータイムズと言えば、現在は角瓶でやや背の低いデザインが特徴であるところ。1980年代以前はトールボトル、古いものはこうしてイエローベースに赤茶色を下地で銘柄名と、派手なデザインが採用されています。

1980年代以前のアーリータイムズの見分け方は、ボトル形状と度数にあります。
トールボトルのネック部分に丸みのあるものと、ストレートタイプのものがあり、後者は1980年代、前者は1970年代とざっくり区別可能。また、度数は1980年代に入るとイエローラベルは40%固定になるのに対し、1970年代は地域によって40〜43%仕様のものが混在していたようです。
これは、アーリータイムズ(ブラウンフォーマン)が、普及価格帯商品としてライト志向に合わせた低度数化を進めたためで、日本向けはサントリー経由(1978年以前)が41%仕様となっているものの、その後は40%仕様に切り替わっています。

前置きが長くなりましたが、今回のボトルはこれら条件から、1970年代後期から1980年代前半の流通と見ることが出来ます。
時代毎の香味の考察ができるほどアーリータイムズは飲んでいないので、この時代はこうと言い難いのですが、いくつか飲んだ中では、ややドライでボディが軽く感じられた90年代以降より、ピリッとしたアタックに柔らかいコクのある甘さの1970〜80年代の方が好みですね。


なお、特級時代末期になると、赤茶色の下地がなくなった現行品に近いイエローラベルや、薄茶色がかったクリーム色のラベルなどラベルデザインの変化に加え、角瓶形状のボトルも登場。時系列はトールボトル→角瓶とは思いますが、この辺の流通時期に大きな差は無く、複数種類のアーリータイムズがほぼ同時に日本市場に流通していたことが伺えます。
(中には37%仕様なんてボトルもあったようです。これ、連邦アルコール法上はバーボンにならないのでは。。。)


余談ですが、アーリータイムズと言えばミントジュレップです。(1987年にブラウンフォーマン社がケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクに採用。)
今回のボトルを注文した福島県郡山駅前のBARアイカさんは、こだわりのフレッシュフルーツカクテルが有名なお店。ですが、ウイスキーも充実していて、バックバー及びディスプレイケースにはオーナーの趣味でずらりと並ぶ新旧様々なボトルの数々。

バーボンベースでオススメというミントジュレップを頼むと、この時は特級時代のイエローストーンがベース。
記事的には画竜点睛を欠くものの、そんなのどうでもいいくらい激ウマ。え、ホントにバーボンとシロップとミントですか!?という爽やかで微かな酸味を伴うコクのある味わい。
特級時代のバーボンとか贅沢なチョイスについては、「いっぱい仕入れたのがあるけど、誰も飲まないから(笑)」って、これが地域差か。。。
食事も美味しく、レストランとしても使えるBARで、是非ともうちの近所に欲しいお店でした。

Fruit Restaurant Bar Aika
営業時間 PM5:00~PM12:00 (定休日:無休)
http://fruit-aika.p2.weblife.me/ 


IMG_8656

このページのトップヘ

見出し画像
×