カテゴリ

カテゴリ:アメリカンウイスキー(バーボンなど)

オールドエズラ 15年 2010年代流通 終売間際 50.5%

カテゴリ:
IMG_20190712_110113
OLD EZRA 
RARE OLD Sippin' Whisky 
15 YEARS OLD 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey 
2000-2010's 
750ml 50.5% 

グラス:シュピゲラウ テイスティンググラス
場所:BAR Harry's 高岡
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:チャーオークの濃厚なアロマ。ややドライで溶剤系の刺激、干し草、チョコウェハース、焦げたトースト、アーモンド。ドライクランベリーやチェリーを思わせる長熟バーボンらしい赤い果実香も伴う。

味:メローで甘酸っぱい、パワフルな口当たりだがすぐにウッディでビターな苦味、タンニンが支配的になる。樽感強く濃厚だが、甘味を持続させるコクが足りない。
余韻はビターでウッディ、軽いえぐみを伴ってドライ、スパイシーなフィニッシュが長く続く。

微かに赤みがかった濃い色合い。香りは長期熟成バーボンらしい濃厚さと果実味、素晴らしい部分が多いが、味は樽のドライさやエグミなどの要素が混じってしまっている。ただ充分美味しいバーボンであることは間違いない。加水すると多少マイルドにはなるが、ボディが軽くなりすぎてしまう。

IMG_20190713_142729

2010年前後で終売になったと思われる、オールドエズラ(エズラブルックス)の最長熟成品。ですが、終売後10年近く経ってなお在庫があるのか、近年も流通が。。。ってこの書き出しは先日も使ったのですが、今回のテイスティングアイテムはまさにその現在も流通している並行品(在庫)なので、これ以外の書き出しはないというか、決して手抜きではないのであります。

さて、オールドエズラの発売時期に加え、1990年以前に関する情報は、以下の時代のレビュー記事とコメントを参考にしていただければ、現在一般に知り得る事が出来る情報はほぼ網羅できると言えます。スコッチに比べ、バーボンの情報はインポーターのやる気か、あるいはアメリカ側の雑さからか、明らかに間違っている情報がそのまま広まっていたりするので、実際にモノを見てきた愛好家による記事の補足は本当にありがたいですね。

IMG_6252
(1980年代流通、ラベルデザイン的には2世代前に当たるオールドエズラ。中身はメドレー蒸留所の原酒と考えられ、なによりオールドバーボンらしい艶やかな甘味とコクが香味に感じられるのが最大の特徴と言える。流通時期考察等を含むレビューはこちら。)

今回のボトルは、前回さわる程度だった1990年代後半以降。ヘブンヒル蒸留所の原酒を用いていた終売間際の頃と思われるもの。
オールドエズラは1991年に一度生産を休止したものの、その後すぐに再版。ところが2000年代後半に再びメーカー生産中止となって終売。。。2008年にはリーマンショックがあり、不況の影響から販売計画を見直したか、あるいは旧ヘブンヒル蒸留所の火災が絡んでいるのでしょうか。
ヘブンヒル蒸留所は1996年に大火災が発生、44棟のウェアハウスのうち7棟90000万樽と、蒸溜設備が焼失するという大きな被害があったことは有名な話です。その後、ヘブンヒル関連の既存のリリースは一部縮小しながら残ったストックと、別蒸留所に委託して凌ぎ、ルイビルのバーンハイム蒸留所を1999年に買収して蒸留所名としては復活を遂げました。

旧蒸留所で作られていた限りある原酒とニーズの変化もあり、2000~2010年頃にかけて多くの長期熟成銘柄が姿を消すのと合わせ、このオールドエズラ15年もまた同様に終売となった・・・という情報があれば、2010年頃、日本からの要望を受けて原酒ストックを調整し数量限定で再び生産されるようになったという話もあります。
これもすぐに終売になったようで、そもそも本当に作られていたのか、在庫を並行輸入しただけだったのかは謎です。

まあ、ヘブンヒルの火災時期である1996年から、15年熟成を名乗れるのは2011年ないし2012年が最短の払いだしですから、ここがオールドエズラ15年のラストイヤーなのかもしれません。

I.W.ハーパー 101Proof 1980年代流通 特級表記 50.5%

カテゴリ:
IMG_20190605_220325
I.W.HARPER 
101 PROOF 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's 
750ml 50.5% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:干し草のようなウッディネスを伴うメローなアロマ。スパイシーでライ麦パンを思わせる酸と穀物感、チェリーシロップのような甘味とメープルシロップ。リッチで力強い香り立ち。

味:香り同様にリッチでパワフル。粘性のある甘味を伴うスパイシーな口当たり。キャラメルっぽさや熟したバナナ。合わせて若干の植物っぽさの軽いニュアンスも一瞬顔を出す。余韻はウッディでビター、ひりつくようなアタックの強さの中に、序盤のチャーオーク由来の色濃い甘味が長く続く。

ストレートでは香味ともリッチで力強いが、多少まとまりに欠ける部分があり、それが逆に全体としての力強さを強調している印象。加水するとふわりと甘い香りが広がり、口当たりもマイルドに。通常品よりも上質な味わいに変化するが、このブーストアップは長くは続くない。

IMG_20190605_214043

日本市場向けに販売されたという、IWハーパーのハイプルーフ版。8~10年程度の熟成を感じさせる原酒がメインで、所謂ボンデッド仕様。樽感はリッチで、度数の高さが各フレーバーのアタックの強さ、スパイシーさを後押ししています。
加水では柔らかくマイルドだったハーパーが、実は猫を被っていただけだったことを思い知らされる。パンチのあるハーパーということで、結構人気のあるブランドだったようですね。

リリースは1980年代後半からで、まさに今回のボトルから。当時日本がバブル景気の真っ只中かつ、バーボンブームもあった時代ですから、日本向け限定品がリリースされるのも自然な流れのように思います。
一方で、1990年代に入ると、今回の金色のハーパー伝統のラベルから、濃い銀色のメタリックカラーにチェンジ。流通期間はこちらの方が長かったのか、ハーパー101proofというと、イメージはこのボトルという方が多いのではないでしょうか。

Screenshot_20190705_192451

変更の経緯は、推察ですがスタンダード品であるゴールドメダルと見た目で区別がつきにくかったためではないかなと。実際、トップ画像に90年代流通のゴールドメダルが写り込んでいますが、メダル部分が101Proof表記になってるだけで、あとはほぼ同じ。
一般の、それもお酒に興味関心がない方が見たら、全く同じものに見えてもおかしくありません。

なお1980年代は、先日投稿したハーパー・プレジデントもリリースされており、同じく日本市場向けとされるボトルです。
こちらは15年以上熟成させた長期熟成原酒がメインと考えられる構成で、加水ですがしっかりとした熟成感とマイルドでメローな味わいが売り。
金が動くところにヒト・モノが集まるのは摂理とはいえ、本国の皆様はこんな良いもの飲まないでなに飲んでたのっていうと、ライト路線が主流で、濃い味はあまりウケていなかったそうで・・・。(なんて贅沢なw)


以下、余談。
ヘブンヒル系列の話ではありませんが、先日ジムビーム蒸留所の貯蔵庫で火災が発生。2棟40000~45000樽が焼失(一部は河川に流入し、川の色が変わってしまったと)するニュースがありました。

火災のあった貯蔵庫は、若い原酒を貯蔵していたものだったこと。また、同社が貯蔵する樽数は約330万樽であり、今回の焼失は1%強にしか過ぎないため、影響は軽微。
むしろ、燃え残った原酒が、瓦礫の中から河川に流れ込み続けないように、しばらく燃やし続けるなんていうアナウンスに、蒸留所としての規模の差を見せつけられる形にもなりました。4万って数字のインパクトに加え、燃えなかった樽の回収しなくていいの!?とか思っちゃいますよね。

IMG_20190705_185808
800

アメリカの蒸留所では、落雷による火災がこれまでもあり、有名なのが1996年旧ヘブンヒルの火災焼失。またジムビームでの2003年にあった火災は、火炎旋風まで発生するインパクトのあるものでした。
なおこの時の動画が、2015年ごろに何故かTwitter等で拡散したため、今回のジムビームの一見を「また?」と感じる人もいるかもしれません。
いずれにせよ、影響は軽微で何よりでした。

画像引用:https://www.apnews.com/a5f382c5eff7430eb3f6fdc7b47bce6a

エズラブルックス(オールドエズラ)15年 1980年代流通 特級表記 50.5%

カテゴリ:
IMG_6252
EZRA BROOKS (OLD EZRA) 
RARE OLD Sippin' Whisky 
Aged 15 years 
1980's 
750ml 50.5% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR BRACK HEART
時期:不明
評価:★★★★★★★(7ー8)

香り:しっかりとメローで濃厚、艶のある甘み。キャラメルソースのかかったバニラや赤いドライフルーツ、微かに溶剤系の刺激も伴う。

味:ねっとりと濃厚、フルボディな口当たり。メープルシロップ、カステラの茶色い部分、しっとりとした甘みに微かにソーピーな要素もある。余韻にかけてウッディでドライ、チャーオーク由来だが角のとれたメローな甘みと共に、焦げ感、タンニンがビターなフィニッシュとなって長く続く。

オーソドックス、メローでウッディな新樽の熟成香だが、溶剤系の刺激やえぐみは少なく、むしろゾクゾクするような艶のある甘みが備わっているのが最大の特徴。
こういうバーボンを1日の終わりに飲めたら、どんなに幸せだろうかと思う。

IMG_6253

現行品はすでに終売となっていますが、どこかに鉱脈があるのか、在庫がたまに流通しているエズラブルックスの上位グレード、オールドエズラ。その15年熟成品は1980年代、日本市場に向けにリリースされたという情報がありますが、海外を調べてみるとエズラブルックス表記でUKやヨーロッパ流通の1970年代流通品や、果ては1960年代というものまであります。

1960年代は少々眉唾ですが、08バーコード表記のないボトルの存在を確認するに、1980年ジャストか1970年代後半にリリースがあったというのは間違いなさそうです。
一方1980年代後半、日本市場はバーボンブームがあり、各社が長期熟成のプレミアムクラスをリリースしている状況も考慮すると、エズラブルックスではなくオールドエズラとして日本に輸入・販売されたのが1980年代、特に1980年代後半だったのではないかと推察します。(下写真参照)


エズラブルックスについて調べると、1957年にホフマン蒸留所からリリースされ、その後1978年にメドレー社がブランドを取得。1988年にはメドレー社解散並びに蒸留所閉鎖に伴ってグレンモア社へ移り、1991年にはグレンモア社がUD傘下に、そして1993年に現在のLuxco社の関連へとブランド販売権が移っていることが、情報の粒度に多少の違いはあれど多くのサイトでまとめられています。

ここに上述の15年のリリース時期等を重ねて考察すると、メドレー社の時代にエズラブルックス表記の15年がリリースされ、1988年に表ラベルの表記をオールドエズラに。また1991年に同銘柄は一時的に販売を休止しているのですが、これはメドレーの遺産を使ってリリースしていたものを、UD傘下、すなわち旧ヘブンヒル産の原酒で製造するためラインを切り替えたことで生じたタイムロスとすれば、時期的に矛盾はなく、違和感のない話だと感じました。

IMG_20190320_223522_1
(特級時代末期、1988年ないし1989年流通のオールドエズラ。時期的にエズラシリーズの版権をメドレー社から取得したグレンモア社が製造したと思われるもの。表ラベルのオールドエズラにRマークが見られないのも、この時代の特徴である。濃厚で実に旨いバーボンだが、メドレー時代のものより少々ドライ。)

前置きが長くなりましたが、今回のボトルは以上の整理から1980年代前半にメドレー社が製造していた時期のもの。
蒸留時期は1970年代前半ないし1960年代後半。この時代だとホフマン蒸留所の原酒はまだ残ってそうですが、ホフマン蒸留所そのものはヴェリーオールドセントニック社が取得したとの情報もあるため、移ったのは版権だけで中身は初期からメドレー蒸留所の原酒だったとも考えられます。

オールドのターキー等のようにフルーティーさとか華やかさとが突出した構成ではありませんが、何より素晴らしいのが甘味の艶やかさ。良質なオーク樽を使った長期熟成バーボンならではの、濃厚でウッディでメローなオーソドックスに旨いバーボンという構成。
こういう香味は一言で「エロい」。なにか違うところを刺激されるのか、ノージングでゾクゾクしてくるのがたまらないのです。

I.W.ハーパー プレジデント リザーブ 43%

カテゴリ:
IMG_20190605_215740
I.W.HARPER 
PRESIDENT RESERVE 
Kentucky Straight Bourbon 
1989-1990's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後数日
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:注ぎたては少し刺激があるが、すぐにリッチで柔らかいチャーオーク香。キャラメルやカステラ、オランジェット、メローな要素が主体だが、ほのかにビターな木材の焦げと香ばしい穀物のフレーバーもアクセントに感じられる。

味:メローでまろやか、脹らみのあるリッチなチャーオークフレーバー。メープルシロップのたっぷりかかった少し焦げたパンケーキ、チェリーのシロップやフレーバーティー、微かに干し草。
余韻は引き続きマイルドだがビターなウッディネスが徐々に主張する一方で、樽と穀物由来の甘やかな香りが鼻腔に抜けていく。

リッチでマイルド、余韻にかけてのウッディさが長期熟成を感じさせるが、全体的に引っ掛かりがなく、加水バーボンとして完成度が高い。ロックよりはストレートで。シガーと合わせるならソフトで柔らかいタイプが良さそう。となると、歴史上のエピソードも踏まえてH.upmannだろうか。

IMG_20190605_215932

1789年、アメリカ合衆国初代大統領にジョージ・ワシントンが就任し、アメリカという国が立ち上がったその年。牧師エライジャ・クレイグが、初めてバーボンウイスキーを作ったとされており、バーボンの歴史はアメリカの歴史と等しく年月を重ねてきました。

そしてアメリカとバーボン、双方が200周年にあたる1989年。ハーパーブランドから節目の記念にリリースを開始したという特別なバーボンが、このプレジデントリザーブです。
熟成年数表記はありませんが、香味から推察するに15年以上熟成した長期熟成原酒をふんだんに使ったような濃厚さ。そしてコーン比率が高いハーパーらしい、柔らかくスムーズで引っ掛かりのない少ない味わい。ふくよかに広がるバーボン特有の色濃い甘味を最後に引き締めるビターなウッディネス。。。面白味はないですが、完成度が高く純粋に美味しいバーボンです。

面白味が無いというと語弊があるかもしれませんが、例えるなら、エヴァンウィリアムズ23年など、ハイプルーフでリリースされていた長熟バーボンがスポーツカーで、このハーパー・プレジデントリザーブはラグジュアリーな高級車。仕様次第では使えたであろう本来のエンジンパワー等を乗り心地の良さに回し、スピードや運転の楽しさよりも常用域での快適さを追及したもの。
位置付けとしてはマッカランがロールスロイスなら、このプレジデントリザーブはキャデラックってところだなと感じました。
まあ、乗ったこと無いんですけどw

ちなみにこのリリースはバイセンテナリーブランドの1ロット限りかと思いきや、1990年代にかけて継続リリースされ、通常ラインナップのハイエンド扱いだった模様。また、肝心のアメリカ向けに流通していたのか怪しく、当時バーボンブームだった日本市場を中心にアジア圏で流通していた可能性が高いです。
なんせ日本以外にほとんど情報がないんですよね。。。

3da35d37

現在、IWハーパーの上位グレードには15年があり、これも現行品のなかでは充分旨い、頑張ってるリリースであることは間違いありません。
一方でこのプレジデントリザーブはその上位互換とも言える、さらにリッチな仕上り。上記の経緯もあってか日本市場にはかなりモノがあることと、ノンエイジ&加水仕様も手伝って同じくらいの値段で取引されているので、ハーパー15年好きならこのバーボンはオススメです。

エライジャクレイグ 12年 1990年代流通 47%

カテゴリ:
IMG_20190503_140904
ELIJAH CRAIG 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKY 
Years 12 Old 
1992's 
750ml 47% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数ヵ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:やや溶剤のような刺激がトップノートにあるが、スワリングするとキャラメルポップコーンやキャラメルソースのような香ばしい甘さが開く。ドライオレンジ、干し藁、微かに焦げた樽材由来か焼けたゴムのようなニュアンスも。

味:マイルドだが、酸のあるパンを思わせる穀物系の芳ばしさにメープルシロップの甘み。続いてチャーオーク由来のウッディでビターなニュアンスが支配的になってくる。余韻はビターでドライ、軽い刺激を残して長く続く。

ほどよい熟成感が好ましい。苦味の強さは余韻にかけて多少あるが、ボディもロックで楽しめる程度には備わっている。
刺激が気になる場合、チューリップグラスよりはロックグラスにストレートで楽しむと良い。

IMG_20190503_141037

1986年に発売された、エライジャクレイグ12年。その初期ラベルが今回のテイスティングアイテムで、詳細な流通時期は1992年(瓶底記載)です。
以前紹介したバレルプルーフ同様に蒸留所はヘブンヒル、原酒の仕込みは単純計算1979年から1980年、火災焼失前のもの。しっかりとメローな甘味のなかに、少し乾いた藁や植物のようなニュアンスが混じるのが、個人的にはヘブルヒルっぽいなと感じる個性です。

ラベルの12年表記は1990年代から2010年代にかけて3パターンあり、2018年頃にリリースされた現行品からは12年表記がなく、NAS規格になっています。
ネットショップなどではエライジャクレイグ12年として販売しているお店もあるようですが、すらっとしたボトルに変わった現行品は8年から12年熟成の原酒を使っているとのこと。近年、バーボン製造の現場では10年以上熟成の原酒の確保が厳しい状況にあり、その業界動向を感じさせるリリースとなっています。

IMG_20190501_235728

新しいボトルのエライジャクレイグは、樽由来の甘味が薄くなった一方でえぐみ、セメダイン系の刺激が強くなり、変なライト化が進んでしまったように感じられます。
ヘブンヒルのなかで原酒の融通が変わったのでしょうか。例えば上記の蒸留所限定で販売されているエライジャクレイグのバレルプルーフ現行品であっても、12年熟成表記をまだ保っていますが、強い樽感に対してボディが妙に軽いためややアンバランスな仕上がり。

一方で、この旧ボトルはしっかりとメローでありながらバランスが良く、安くて美味しいバーボンの代表ともえいる銘柄でした。
味についてはもう少し果実系の香味が強くなればなお良いのですが、この価格帯でスタンダードモデルですから、文句はありません。そういうのは上位グレード、それこそバレルプルーフ仕様に任せないとバランスがとれませんからね。

田舎の古い酒屋などを巡ると、まだモノを見かけるこのリリース。当時価格でかつ経年による濁りがなければ、メンチターキー8年と並んで買いの1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×