カテゴリ

カテゴリ:バーボン

フォアローゼス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
FOUR ROSES
Kentucky Straight Bourbon Whisky
(Aged 6 years)
1970's
48ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:小瓶2本
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:甘く華やかな香り立ち。シロップ漬けのチェリー、カラメルソース、酵母、ほのかにハーブや植物系のニュアンスを伴うウッディーなアロマ。微かに鼈甲飴のような古酒系の香りも混じる。

味:コクのある口当たりから、メープルシロップ、トーストしたパン、ほのかにドライベリーの甘酸っぱさを伴うメローな甘さ。ボディはしっかりして厚みがあり、度数以上の飲みごたえがある。
余韻にかけて心地よいスパイスとウッディネス、微かに古酒っぽさ。華やかな樽香が喉から鼻腔に届く。

現行品のとってつけたような樽香やボディの薄さはなく、深みとコクのある味わい。ロックでも氷に負けない線の太い香味が楽しめる。

先日、萌木の村の舩木村長から「幸せのおすそ分け」を頂いたフォアローゼスの1970年代流通品。
当時のフォアローゼスは6年表記がネック部分にあった筈ですが、ミニボトルなのでネックラベルが省略されている模様。京橋時代のキリンシーグラムが輸入していることから、同社設立の1972年から、移転するまでの1977年の間に流通したものと考えられます。

このミニボトル、酒屋の倉庫から10ケース、120本出土したとのこと。倉庫保管だけあって状態は非常に良く、開封時から当時のバーボンらしいコクのある甘い香味を存分に楽しむことが出来ました。
また、ほのかに植物っぽいフレーバーが香味に混じっており、これが華やかな樽香と合わさることでさながら薔薇の花のようにも思えてきます。
やはりオールドのバーボンは、現行品とはひと味もふた味も違いますね。

(フォアローゼズの"ダブル"、再留用の蒸留器。連続式蒸留器であるビアスチルで初留が行われた後、このスチルでもう一度蒸留を行う。形状は各蒸留所毎に様々で、スコッチモルト同様に違いを調べるのも面白い。 Photo by T.Ishihara)

フォアローゼスのオールドボトルは自分が飲み始めた頃に何度か酒屋で見かけましたが、手を出さぬまま今日に至っており、これでまたひとつ経験を積むことが出来ました。 
今回に限らず、ブログを通じて様々な繋がりが出来、こうしてテイスティングの機会を頂いているわけですが、それは自分の活動と能力に関心を持ってくださってるという事でもあり、ただただブロガー冥利に尽きる話です。

このフォアローゼスのコメントをまとめている中でも、舩木さんをはじめウイスキー仲間から新たなサンプルを複数頂いております。
実は週明けに風邪をこじらせて鼻があまり効いてないので、さすがにこの状態で新規テイスティングは困難であり、体調を整えたらトライします。
頂いたサンプルは時間がかかっても全て記録し、感想をお返ししますので、皆様今後ともよろしくお願いします。

ジャックダニエルズ シルバーセレクト シングルバレル 50%

カテゴリ:
IMG_2533
JACK DANIEL'S
SILVER SELECT
Single Barrel
Tennessee Whisky
50% 700ml

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★★(5→6)

香り:キャラメルナッツ、ヌガーを思わせる甘みの濃い香り立ち。チェリーのシロップ漬け。チャーオーク由来の焦げたニュアンス、植物感、ミントの爽やかさ、少し溶剤っぽさも開いてくる。加水すると溶剤系のアロマが少し前に出てくるように感じる。

味:メローでスパイシーな口当たり、やや強めの樽感。アーモンド、ピーナッツのようなナッツ系のフレーバー。余韻はスパイシーでウッディー、ドライでビターだが甘いオーク香が鼻に抜けてくる。加水で甘みが開くが、やや溶剤系のニュアンスも。

ストレート以外の飲み方は、ロックで氷に負けない持続するコクと、口の中で冷えた状態から開くメローな味わいの変化が心地よく。ハイボールではスタンダードのジャックダニエルとは一味違う、リッチでバランスの良い甘み、ふわりと香る樽香が炭酸の刺激の中に楽しめる。
ただ、ハイボールの場合、炭酸が強めのタイプでないと、樽の濃さに負けてしまう一面も。
IMG_2579

今年150周年を迎えた、ジャックダニエルの免税向けボトルで並行品。シルバーセレクト・シングルバレル。
限定品のシングルバレル・バレルプルーフを除けば、ジャックの通常販売品中では一番高度数のリリースで、ラインナップでも上位グレードに入る1本です。

加水調整済みとはいえシングルバレルであるため、ロット差も少なからずあり、比較的新しいボトルだと香味が開くまで数ヶ月を要するケースもあります。 
しかし開いてしまえば、メローな甘みに焦げ感、ナッツ系のフレーバーに、"らしい"クセを伴う、なんともジャックダニエル好きのためにあるようなボトル。濃厚な味わいは、濃い味好きのバーボンファンにも一定も評価を得られそうです。

こういうこってりとしたバーボンは、食後にくつろぎながらゆったりと飲みたいものですが、そんな時間にはシガーも合わせたい。
最近吸ってないな~なんて思っていたら、南の島からバナナ、じゃなくてハバナの差し入れが大量に(笑)
いやーグットタイミングです。パルタガスのリミターダとか間違いないでしょ!
今週末は主催イベントもありますし、終わった後で疲れた体に染み込ませるように、じっくりと楽しみたいと思います。
IMG_2556

そう言えば、ジャックダニエルはテネシーウイスキーであり、バーボンではないという話は、皆様一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。
ただ、これはいくつか勘違いが含まれる話で、テネシーウイスキーはアメリカの酒税法上はアメリカンウイスキーであり、バーボンウイスキーに分類されます。
そしてその上で、2013年に制定されたテネシー州法上で、テネシーウイスキーと定義されています。

つまりはバーボンでもあり、テネシーウイスキーでもあるというところ。
作り方の定義はほぼ同じで、違いはサトウカエデの炭を使ったろ過装置をボトリング前に通す、チャコールメローイング製法を行ったかどうか。。。ですが、バーボンでも同様のタイミングでチャコールフィルターが行われているところはあり、「サトウカエデの炭」である事が明確な違いと言えそうです。

ジョージ T スタッグ Jr 64.85% 2016年 バッファロートレース

カテゴリ:
IMG_2361
GEORGE T STAGG JR
Kentucky Straight Bourbon Whisky
2016's
750ml 64.85% 129.7Proof

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅(T君@TMC)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:リッチでパワフルな香り立ち。メープルシロップやチョコレートを思わせる甘いアロマ。徐々にスパイシーで微かな溶剤の刺激。徐々にトーストしたパン、色の濃い蜂蜜、乾燥した牧草を思わせるウッディネス。

味:スパイシーでリッチな口当たり。コクのある甘味はメープルシロップ、ほのかにドライアプリコット、チェリーの甘酸っぱさのアクセント。 ハイプルーフバーボンらしく高度数の刺激、余韻はウッディーでビター、カラメルソースを伴い長く続く。

現行のライトなタイプではなく、樽感、酒質共にリッチなバーボン。少量加水するとさらに華やかで甘い樽香も引き出せる。 加水で伸びる印象から、ロックで飲んでも真価を発揮しそう。 

ジョージTスタッグは、バッファロートレース蒸留所がリリースするプレミアムブランド。15年程度の熟成、バレルプルーフで加水無し、当然ノンチル。年間数百本程度しか出荷されず、人気の高いブランドの一つです。
そのブランドから、熟成年数は約8年と半分程度ながら、同様のレシピや製法で作られた廉価版、ジュニアがリリースされており、今回は2016年ロットをテイスティングします。

同銘柄の最大の特徴は、なんといってもそのハイプルーフ度合い。バーボンはレギュレーションで上限62.5%での樽詰めが定められている中で、2002年からリリースが始まったジョージTスタッグは、時に70%を越える度数まで"熟成中に度数が上がってしまった"稀有な原酒で構成されており、このジュニアも約2%度数が上がっています。
これは同蒸留所がある地域の特徴と、イーグルネストと呼ばれる貯蔵庫最上段の場所に影響があるとされていますが、スコッチ中心の自分は「ホントかよ」と思ってしまう、これもある種の個性といえます。

また、もう一つの謎が「アメリカンホワイトオークではなく、フレンチオークで熟成した原酒」であるという事が日本のブログやショップを中心に描かれているのですが、これもホンマかいなと。
バッファロートレースのWEBサイト、ジュニアの紹介ページにはそうした記述はなく、ジョージTスタッグの公開レシピにもNEW WHITE OAK としか書かれてないんですよね。
ただ、バッファロートレースがフレンチオークなどの異なる種類の樽で原酒を熟成させる実験を開始したのは1987年からという実績もあり、ジョージTスタッグのリリースが始まった2002年での15年熟成は一応辻褄は合います。
レギュレーションとの兼ね合いもある話ですので、もう少し調べてみたいと思います。

ご参考:ジョージTスタッグ2016のレシピ

さて、素性考察が長くなってしまいましたが、このボトルは最近バーボンを意識して飲むようになってから、何気に気になっていた銘柄の一つ。特段飲ませろとか言ってないんですが訪れる機会、持つべきものはウイスキー仲間ですね。
質の良い樽での熟成を思わせる、嫌味の少ないメープルシロップを思わせる甘さにスパイシーな刺激。そこに60%を超えるバレルプルーフらしく荒さを残すウッディネスやハーブのニュアンス。「この親にしてこの子あり」とも言える出来栄えで、しっかり楽しませてもらいました。 

なお、話は全然違いますが、このジュニアのスペルが、JRと大文字2つの並びに違和感と懐かしさを覚えてしまうワタシ。
かれこれ20年近く前、ナイナイのオファーシリーズで「ジャニーズJR」と書かれた岡村の誤字ネタを思い出したのは。。。自分だけでしょうか(笑)。

フォアローゼス シングルバレル プライベートセレクション 10年 OESO 56.5%

カテゴリ:
フォアローゼス プライベートセレクション
FOUR ROSES 
SINGLE BARREL 
Private Selection 
Specially Selected By LIQUOR BARN 
Recipe Selected OESO 20% Rye mashbill / Rich Fruitiness 
Aged 10 years 8 months 
Bottled 2015 Jury 
56.5% 750ml 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:スパイシーで華やかな香り立ちから艶のある甘いウッディネス。ほのかに焦げ感、濃く入れた紅茶、シロップ漬けのチェリーやベリー。陶酔感あり。加水すると華やかさが増すが、少し溶剤系のニュアンスも。

味:コクのあるリッチな口当たり、スパイシーで甘酸っぱいオークフレーバーはアプリコット、ドライオレンジにハーブのニュアンス。ウッディーなチャーオークフレーバーと爽やかさが鼻に抜ける。
余韻はウッディーでビター、スパイシー。少量加水するとバランスが良くなる。


フォアローゼス蒸留所の限定品であり、一部現地酒販でカスクチョイスされたものが限定的に販売されているプライベートセレクション。今回のボトルは現地のリカーショップ、LIQUOR BARNがフォアローゼスから買い付けてリリースしているボトルになります。
先日、ウイスキー仲間のIさんから頂いた(強奪した)同ボトルのレシピOBSK・2014年ロットが予想以上の美味しさで、次回アメリカに行かれるときは蒸留所で大人買いしてきて欲しい旨を伝えたところ、蒸留所限定品2本、LIQUOR BARN詰め3本、計5本のプライベートセレクションを調達して頂きました。

ラベルは通常のフォアローゼスシングルバレルと異なり、金地に真紅の薔薇の花。薔薇の色は同じはずですが、プライベートセレクションのほうが映えるように見えます。
同銘柄はシングルカスクでのリリースで、熟成年数や度数がボトル毎に異なるのはもちろん、ライ麦比率など製造行程の違いから10種類のレシピで分けられており、それぞれ異なる味わいが楽しめるのも特徴。そして何より、近年バーボンウイスキーのライトフレーバー化が著しく、樽の質も芳しく無い中で、一定以上の品質を保っている"旨いバーボン"であるのが最大の特徴と言えます。
IMG_2350

市販されている現行品のフォアローゼス シングルバレルも悪くは無いのですが、飲み比べるとその差は歴然。例えるならプライベートセレクションが画家本人が書いた絵画であるのに対し、市販品はそれを愛好家が模写したものという印象。   
先述の現地調達品5本を現行品と共に飲み比べましたが、それぞれのレシピの違いを楽しめつつ、完成度はどれも頭1つから2つ抜けている。
価格も60~70ドル程度で、現地では普通に売っているのですから、日本に入ってくるバーボンの質と現地の物量の差に、ちょっと嫉妬してしまいます。

今回テイスティングしたプライベートセレクションのレシピ、OESOの特徴は、Frutiy(Red Berries) Medium Body。見るからに美味そうな赤みがかった色合い。香味にそれぞれ甘酸っぱさがあり、良質なオーク由来と思しきコクのある甘みと、酒質由来と思しきスパイシーな口当たりで完成度の高いバーボンに仕上がっています。
ちなみに現地での一番人気はOBSF(Mint Fruity Spicy, Full Body)、これは今回の買い付けでは入手できなかったとのことで、いつか飲んでみたいものです。

IMG_1983
オマケ:先日自宅で開催したバーボン会での1シーン。フォアローゼス プライベートセレクション 飲み比べ。
右奥は参考品として日本流通のシングルバレル、流通時期違いで2種類。
どれが一番高評価かは意外と分かれて面白かったですが、どのボトルもローゼスらしい華やかさが素晴らしい。
日本では中々出来ない試みが実現できたのも、ひとえにIさんのおかげ。感謝!

メーカーズマーク カスクストレングス 56.1% 2016年ロット

カテゴリ:

MAKER'S MARK
CASK STRENGTH
2016's
750ml 56.1%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:コクのある甘い香り。バニラ、カラメルソースにほうじ茶を思わせる樽材由来の甘みとタンニン、焦がした木材、乾いた植物のアクセント。

味:スパイシーな口当たりから、メープルシロップ、ブルーベリージャム、を思わせるメローで濃厚な甘み。ボディはやや軽めだが、バランスは悪くない。フィニッシュはウッディーでほのかに乾いた植物のえぐみ、このスパイシーさが最後まで続く。 


メーカーズマークから一般市場向けにリリースされているハイプルーフシリーズが、このカスクストレングスです。
シングルカスクではなく、複数樽バッティングによるスモールバッチリリースのようですが、加水調整しないため本数や仕様はバッチによって異なっており、特に度数は54%から58%の間で、ロット毎によって差があります。

バーボンでは62.5%をエントリープルーフ(樽詰め度数)の上限として定めていますが、メーカーズマークでは熟成後に加水する事なくまろやかな味わいに仕上げるため、バーボン法での上限値ではなく55%に設定しているようです。
ただ熟成の過程で度数が上がることも多く、今回のボトルは1.1%も上がっていますし、他にも似たようなボトルは少なくありません。
スコットランドでは熟成の最中、度数は基本的に下がっていくものがほとんどである中で、この違いは面白いです。

このメーカーズマーク・カスクストレングスは最近気になっていたバーボンの一つ。最近といっても国内に並行品が入ってくるようになったのは1年ほど前でしたし、何よりアメリカでのリリースは2014年ごろだったはずなので、若干今更感はありますが、バーボンはハイプルーフ派の自分としては、色の濃いメーカーズマークは気になる存在でした。 

元々メーカーズマークは比較的ライトな酒質で、最近のリリースは特に樽感含めてライトですが、このカスクストレングスは樽の強い味わいに甘みと苦みのバランスが良く、余韻にかけて広がるスパイシーな刺激が心地よい王道系の味わい。普段の酒質からもっと腰砕けになるかと思ったら、中々飲みごたえのある1本に仕上がっています。
並行品は現在1万円前後くらいで市場に出回っているものの、今後は6000円から7000円くらいのロットが入ってきているという話でもあります。
濃厚民族のバーボンラヴァーには嬉しい知らせですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×