カテゴリ

カテゴリ:クライヌリッシュ

クライヌリッシュ 17年 イスカンダール “サガ25周年記念ボトリング”

カテゴリ:
CLYNELISH 
The 25th Anniversary of SAGA 
"Iskandar" 
Aged 17 years 
Distilled 1996 
Bottled 2014
Cask type Bourbon Hogshead 
700ml 51.3% 
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:華やかな麦芽香と蜂蜜、青林檎やドライパイナップルのフルーティーなアロマ。香り立ちは強く厚みがある。加水すると麦芽とワクシーさが際立つ。

味:滑らかな口当たりからリッチなフルーティーさ。林檎のコンポートー、熟した洋梨、微かなハーブ、麦芽、ナッツ、ワクシー。徐々にホワイトペッパーが舌の上をピリピリと刺激する。
余韻はまったりとした蜜っぽさとほのかなオークフレーバー。淡くドライで長く続く。
バランスの良い仕上がりで加水も悪くない、少し水っぽくなるが伸びて後半にかけて開く華やかさ。


SaGa25周年シリーズ2本目、アンリミテッドサガに登場するイスカンダールをイメージしたという1本。
3部作のうち中期をイメージした位置づけにあり、熟成年数も17年とミドルエイジです。
なぜかボトリングが2014年なのですが、それはこのイスカンダールが他2本とは異なるボトラーが出元となっており、出荷と手続きに時間差が生じたため。ゲーム内でのイスカンダールは別次元の人間という設定があるようですが、ボトラーが違うという公にされない事情はその設定にマッチしているように思います。

さて、ボロが出ないうちに早々にカミングアウトすると、アンリミテッドサガが発売された2002年ごろから自分はオンラインゲームにシフトしており、PS系のゲームは精々パワプロとかウイイレとかそっち系、最後はアーケードのほうに走ったので、アンリミテッドサガ、未プレイです(汗)。
ジェラールはまだ「懐かしいなあ(縛りプレイで速攻最終皇帝にしたくて即退場頂いたっけなあ)」と思うのですが、イスカンダールはまったく思い入れがありません。
そんなわけでさくっと中身のレビューに移らさせていただきます。

先のブナハーブン25年のレビューの中でも触れたように、今回リリースされた3本はどれも一定以上のレベルにある仕上がりですが、特にクライヌリッシュの出来は頭一つ抜け出ていて、このボトラーらしいリッチなフルーティーさとクライヌリッシュらしい厚みのあるボディが、良い具合にまとまっています。
最近クライヌリッシュというとドライで酸味が強かったり、ただ樽感がギスギスしているだけのものが多く、今回のような柔らかい麦芽風味やワクシーな感じが出ているものは少なくなってきた印象があります。これは良い樽詰めましたね。
25周年記念シリーズの中ではボトリング本数が300本強ともっとも多く、幸いにして手に入れることが出来た人やお店も多かったのではないかと思います。
見かけたら是非試してみてください。
クライヌリッシュ_イスカンダール

クライヌリッシュ28年 (1982-2011) オールドモルトカスク

カテゴリ:
一部関東地域の方にしか通じない話ですが、昨日の夜の突然の大雨、すごかったですね。
ちょうど駅に着いたときにパラパラと振り出していて、あぁこれは困ったなぁ、通り雨だろうしどこかで1杯やって通り過ぎるのを待つか・・・なんて考えたりしたのですが。
その後、まさにバケツをひっくり返したような大雨が降るとは。
飲んで遅くなってもいい大義名分を逃し、帰ってしまったことを若干後悔しました(笑)
でもおかげで部屋の空気がひんやりして気持ち良いです。

そういう環境ならウイスキーが旨い。
流石に熱帯夜に常温でフルボディなウイスキー飲むのはキツイですが、文字通り恵みの雨で1杯をじっくり楽しめました。

CLYNELISH
OLD MALT CASK
Aged 28 years
Distilled 1982 Dec
Bottled 2011 Aug
700ml 50%

評価:★★★★★★★(7)

香り:フレッシュでフルーティーな麦芽香。バニラの甘さ、蜂蜜レモン、オーク、そして程よいスパイシーさが鼻腔をキックする。樽香と麦感が良い具合に融合している。

味:香り同様の構成だが、ホットケーキを思わせる麦感をベースに、蜂蜜レモン、ドライパイナップル、オイリーでコクがあり、フルボディなモルトでスパイシー。
フィニッシュはオーキーでドライ。オレンジピールと蜂蜜、長く続く。

少量加水すると麦感が更に開いてくる。レモンピールを思わせる爽やかさを伴う麦芽風味に、余韻のスパイシーさは心地よく響く。ハイボールでは特筆する要素は無く、ストレートまたは少量加水でどうぞ。


ニャンです。・・・間違えた、ネコです。
クライヌリッシュ=子猫、山猫。 ブローラ=親猫、グリフォン。というのが仲間内での呼び方。
クライヌリッシュは新蒸留所と旧蒸留所があって、旧がブローラなワケですが、このブローラはかつてはクライヌリッシュと呼ばれていました。なので、当時のボトルは「親猫が子猫だったころのもの。」なんて言って区別したりしています。まぁ滅多に出会えませんが。

今回は子猫のほう、今では貴重になってしまった1980年代蒸留のクライヌリッシュ。ボトラーズのクライヌリッシュで久々にいいなと思った1本でした。1982はクライヌリッシュの当たり年でもあるらしいのですが、個人的には酒質に劇的な変化があるわけでもなく、樽次第な印象が強いです。

クライヌリッシュのキャラクターは70年代でも90年代でも、本質的なところは同じ方向を向いています。
簡単に文字に書き起こすと、オイリーで、ボディーがあって、麦芽系のフレーバーが豊富で、モノによっては柑橘っぽさが感じられる。良いじゃないですか、普通に美味しそうです。
流石に年代によってフレーバーの厚み等は違いが感じられますが、ハウススタイルを守り続けるそのスタイルにも好感が持てます。また様々なモルトの共通する香味を備えていて、ウイスキー飲みなら一度は飲んでおきたい銘柄でもあります。
(一説によると、このハウススタイルの一つであるオイリーさは、蒸留器のネック部分を洗わない事から生まれているとかいないとか。)

ただ、あるじゃないですか。人間関係でも。
この人は凄く良い人で仕事もそつなくこなすし趣味も合う。でも、私生活でまで交流しようとは思わない。
良いか悪いか、好きか嫌いかは別。そんなグレーな気持ちに折り合いを付けて大人になっていく。
ウイスキーブログで人生論とか何を語ってるんだコイツはって、いやつまり、自分あんまりクライヌリッシュに惹かれないってことなんです。

旨いボトルがあることもわかっていて、蒸留所のハウススタイルも安定している。大ハズシは未だ当たったことは無い。
オフィシャルボトルの値付けはさておき、先日発売されたセレクトリザーブも中々良い出来です。
そして今回の1982、発売当初から「当たり年」などと煽られていただけのことはあって(当たり年だったかはともかく)、しっかりしたボディーにフルーツ感、後を引くスパイシーさ、普通に旨いシングルモルトです。
あー悔しいけど旨い、けど何か悔しいな。グレーな気持ちに折り合いを付けて、今夜もまた大人の階段を上るわけです。

クライヌリッシュ セレクトリザーブ 1stリリース 54.9%

カテゴリ:
根強いファンの多い、クライヌリッシュからリミテッドリリースとしてセレクトリザーブがリリースされました。
複数樽バッティングのナチュラルカスクストレングスで、同蒸留所としては初のスペシャルリリース。
あれ、出てなかったのかと思って記憶をほじくり返してみても、確かに出ていない・・・。
1stリリースの今回は、限定2964本のみのボトリングだそうです。
 
CLYNELISH
SELECT RESERVE
Special Releases 2014
700ml  54.9%

IMG_1684

暫定評価:★★★★★★★(7)
 
"フレッシュで酸味のある麦芽香、おしろい、微かな柑橘系のアロマを伴う品の良い香り立ち。
口当たりはオイリーでワクシー、その中にリンゴや熟し切ってない洋梨に共通する酸味とフレッシュな果実香。
フィニッシュはスパイシーで厚みがある。ドライな余韻。
加水すると乾いた木のアロマと、すりおろしたリンゴのような甘さを引き出せる。"
 

あぁクライヌリッシュ、お前はどうしてクライヌリッシュなの?
と言いたいくらい、スペシャルリリースでも全くぶれないクライヌリッシュ味。
確かに上品というか、完成度の高さはありますが、至って普通にクライヌリッシュです。
(むしろこれがリミテッドリリースのあり方として正しいのかもしれません。)
 
原酒構成はリフィルバーボン樽にヨーロピアンオークのリフィルシェリー樽、さらにはアメリカンオークとヨーロピアンオークのリフィル樽(恐らくウイスキー熟成後の樽)を使った、複数樽バッティングのナチュラルカスクストレングス。
熟成年数が記載されてないので、人によって様々な印象を持つかもしれませんが、中身は最低15年以上の原酒が使われているとのこと。値段からも察するに相当古酒も入ってるんじゃないでしょうか。
個人的な感覚では、味のワクシーさから1980年代あたりの原酒の傾向を感じますので、30年クラス主体かなと思います。
 
ちなみにこのスペシャルリリースはシリーズ化が決定しており、今回は1stリリース、来年は2ndリリースが出るそうです。
気になるお値段は、日本流通正規価格で1stが90000円、2ndが160000円になります(笑)。
Whisky exchangeでは1stが415ポンドですか、まぁちょっと安いかな。
それにしても強気というか、なんかもうすごいことになってますね。
 

スリーリバース クライヌリッシュ1997-2014(17年)

カテゴリ:


流通は2015年1~2月ごろからと比較的新しいボトル。
最近ニューリリースにはあまり手を出していないのですが、
ウイスキー仲間のホームパーティーで飲ませてもらいました。
(T姉さん、ありがとうございます。)

3RIVERS
CLYNELISH
1997 Apr - 2014 Oct
17 years old  54.4%



評価:★★★★★★(6)

"つんとした乳酸香、青みがかった洋ナシ、レモンピール、かすかにニューポッティーさも感じるアロマ。
口当たりはワクシーでオイリー、サトウキビ、麦芽香。植物質な甘さからスモーキーなフィニッシュ。"


典型的近年系クライヌリッシュ、と言えばもうそれで片付いてしまうほど典型的なキャラクター。
最近ワクシーなフレーバーが強かったり弱かったりするボトルがある印象ですが、
このボトルはかなりしっかりワクシーなフレーバーを感じます。
好みな方は飲んで損なしなんじゃないでしょうか。



ちなみに裏ラベルに書かれているテイスティングコメント。
「フラワーパフューム」
パフューム香をどう捕らえるかなんでしょうけど、昔自分もクライヌリッシュのワクシーさを、
石鹸ではない、おしろいやベビーパウダー的なパフューム香と考えていたことがありました。

ただ世間一般の飲み手に認知されてるウイスキーでのパフュームって、
ボウモアとかグレンギリーとか、グレンタレットとかのアレなんですよね。いわゆる石鹸やラベンダー系の。
このテイスティングの後、パフュームって?という話題になったのですが、
K兄貴がボウモアのパフューム時代を出してきてくれて、久々に飲んでみました。

・・・

頭のてっぺんから体じゅうがぞわっと、むずむずして身の毛もよだつ感覚に襲われました。
えぇ、まるっきりベツモノです。
思わず「ホワァ!ほあああ!」って叫んでしまうくらいw

このボトルに"パフューム"はありません(笑)。
ということで、今夜はこの辺で。

このページのトップヘ

見出し画像
×