カテゴリ

カテゴリ:バランタイン

バランタイン 12年 1960年代流通 特級表記

カテゴリ:
IMG_2353
BALLANTINE'S 
Aged 12 Years 
Very Old Scotch Whisky
1960's 
760ml 43% 

グラス:木村硝子
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:カステラやスポンジケーキを思わせる甘いアロマ、乾いた穀物のほろ苦く香ばしいニュアンス、土っぽいピートフレーバーが開いてくる。奥にはエステリーなリンゴなどを思わせる熟成香。アルコールの立ち具合、ヒネの少なさ、非常に状態が良い。

味:スパイシーな麦芽風味、香ばしさとほろ苦さに加え、蜂蜜を思わせる甘みも感じる。香り同様徐々にエステリーで、中間からは土っぽさと染み込むピート。余韻はスモーキーで麦芽、干し藁を思わせる乾いたほろ苦さが長く残る。

多くのウイスキードリンカーを虜にする、バランタインの赤青紋章時代。個人的にはバランタイン沼の入門ボトル。ストレート以外の飲み方は、ロックはあまりプラスに感じる要素はないものの、少量加水、ハイボールは良い仕事をしてくれる。


あれ、似たようなボトルを前にもこのブログで見たぞ、という読者の方、いつも閲覧頂きありがとうございます。
先日バランタイン12年の1970年代流通を掲載しましたが、この2本は時期によっては表ラベルの1箇所を除いてデザインが同じなので、パッと見同じモノに見えるのです。

その違いは、これもこのブログを閲覧頂いている方々には冗長な話ですが、バランタイン表記を何年使っているかを書いた IN USE FOR OVER XXX YEARS ESTABLISHED 1827 のXXXに135が入るか、145が入るかという違い。1970年代でも後期ではBallantine'sの下にあるTWELVE YEARS OLDの表記が微妙に下にずれたりして判別しやすくなりますが、オークションでこの箇所が欠けていたり見えなかったりすると、「どっちだ・・・」と中々悩ましいことになります。
その他、写真のようにボトル背面にBallantine'sの加工がされているので、これがあれば1960年代流通は確定なのですが、なかなかここまで見せてくれないんですよねぇ(笑)
IMG_2355

見分け方はこのくらいにして(というかもうお腹いっぱい)、香味の比較に移りましょう。
1970年代と比較すると、今回は年次が近いロットであるためか60年代のほうが香味に厚みがあり、特にピートはどっしりとしていますが、70年代も同様の構成で、よりハイランド的なモルティーさにバニラっぽい甘みを感じます。
原酒の蒸留時期は流通時期から逆算すると1940年代から50年代。第2次世界大戦中は石炭の価格高騰からピートを使用する蒸留所が増えたというだけでなく、そうでなくても古くはスペイサイドもハイランドもピーティーな原酒が多かったわけですから、今回のボトルのどっしりと存在感のあるピートフレーバーは、そうした時代背景によるものかと、当時のスコッチモルトのスタイルを感じることが出来ます。

17年以上のバランタイン1960年代流通は中々手も出しづらいですが、12年はそこそこ物量も多くまだ手に入りやすいボトル。興味がある方は是非今のうちに。

バランタイン 15年 1990年代流通 43% ブラインド

カテゴリ:

BALLANTINE'S 
Very Old Scotch Whisky 
Aged 15 Years 
1990's 
43% 750ml 

グラス:木村硝子テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅(サンプル@Jさん)
時期:不明

【ブラインド回答】
地域(種別):ブレンデッド
銘柄:バランタイン
流通時期:1990年代
年数:15-20年
度数:43%暫定評価:★★★★★(5-6)

香り: 香り立ちはクリーンで淡くスモーキー。乾いた牧草、若干若さとえぐみが混じるが、スワリングでバニラ、リンゴ、エステリーな熟成香。甘く華やかなアロマが開いてくる。

味: 乾いた麦芽風味とグレーン由来のバニラ、シロップの甘み。口当たりでツンとした刺激も感じる。中間はやや単調だがじわじわとピートが染み込む。余韻はほろ苦くスモーキー。 突き抜けた感じはないがバランスよくよくまとまっている。

総括:熟成したハイランドモルトのフルーティーさ、エステリーさからオールドのバランタイン系の香味を感じた。このバランタインのフルーティーさは20年クラスから出ることが多く、一方で若さやグレーンの味わいも相応にあり、そうした原酒も使われているモデルと推察。
経年の変化具合や原酒構成から、90年代流通あたりのミドルグレードかなと予想。


ウイスキー仲間のJさんからの出題。いつものようにノーヒント、オールジャンルでのブラインドです。
「ま、わからないと思いますけど(ドヤ顔)」なんて言われて出題を受けましたが、多分これだろうなというボトル指定での回答。期待に添えない形で申し訳なかったなと思っております(ドヤ顔)。

バランタインは特級時代は積極的に攻めているものの、90年代以降はあまり飲んでおらず、今回のバランタイン15年も初体験でした。
そのため、もっとグレーン感強くペラペラの味わいなんだろうなと勝手に推測していたのですが、現行品にあるようなえぐみは少なく、熟成したモルティーさも感じられ、余韻にかけて染み込むようなピートフレーバーも自分好み。また、ハイボールにするとさらに引っかかりがなくスイスイ飲めて、それでいてちゃんとウイスキーの味を楽しめる。100mlほどもらったサンプルをしっかり堪能させて貰いました。

仮に自分がBARをやるとしてハイボールをお任せで出すならば、オールド好きにはジョニーやピンチなどのこってりとしたボトルからチョイスしますが、まだそこまで踏み込んでいない愛好者には、15年が良いチョイスになりそうです。
位置づけ的には現行品12年の強化版で、先に書いたように嫌味が少なく飲みやすい。オークションでは特級時代に比べて価格もお求めやすいところですし、扱いやすいボトルだなと感じます。



なお、Jさんからは今年の3月にもブラインド出題を受けていて、そのボトルが写真右側の同時期流通のバランタイン21年でした。
21年はより華やかさ、エステリーな香味を感じ、長期熟成ブレンデッドの良いところを堪能できますが、逆に飲んでいて物足りなさがあった記憶もあります。ストレートで飲むなら21年ですが、ハイボールなどにするなら15年かなと。
ちなみに、この時のブラインドでは、ブレンデッドであることの予想はできていましたが、流通時期や熟成年数など結構外してしまい悔しい思いをしました。今回はその辺もしっかり修正し、この1年間の成長を実感できたのも収穫です。

バランタイン 30年 1980年代後期流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_1918
BALLANTINE'S
Aged 30 Years
Very Old Scotch Whisky
1980's
43% 750ml

グラス:サントリーテイスティング
量:15ml程度
場所:BAR飲み(BAR GOSSE)
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:焦がした麦芽やカラメルソースのような、甘くビターでスモーキーな香り立ち。徐々にエステリー、りんごのコンポートや熟した洋梨、ほのかにママレード。多層的で華やか、アルコールも立っており状態は良い。

味:リッチなモルティーさと熟成感を感じるまろやかな口当たり。ボディーはミディアム程度からやや軽め。ほろ苦い麦芽風味、リンゴのカラメル煮、アーモンドナッツ。甘さと華やかな熟成香が鼻に抜けつつ、内陸系のピートがじわりと舌に染み込む。
余韻は程よくウッディーでドライ、存在感のあるスモーキーフレーバーと砂糖漬けのオレンジピール。


そう言えば掲載していなかった、バランタイン30年の特級時代末期リリース。
ラベル表記等から、おそらく1987年、1988年頃のボトルではないかと推測される1本。ちょっと前まで家飲みしていたボトルで、まあ当時7万円とかしたボトルが良い時代を満喫させてもらいました。

1980年代後期、この頃のバランタインはスタンダードはもとより、17年でもかなり力を落としていますが(モノによってはちょっとした事故も・・・)、30年は別格です。
多層的でふくよか、未熟感もグレーンの薄っぺらさもない、熟成したハイランドの華やかなモルティーさは当時のミルトンダフ由来でしょうか。
蒸留時期は若くても1950年台後半、その他にもバルブレアやグレンバーギーなどの内陸系が中心と思われる構成で、じわりと染み込んでくるピートフレーバーが、これだよ、これぞスコッチだよという気持ちにさせてくれます。

IMG_1919
現行品の30年も同様に華やかでフルーティーなんですが、ボディーの薄さは如何ともしがたく。まあそれこそ疲れて帰ってきて、家でガブガブ飲むには最高なんでしょうけど、そんな気楽に飲める値段じゃないっていう。

見分け方は今更書かずともとは思いますが、バランタインはロゴの色やネックのデザインなど統一的な見分け方はあるものの、ファイネスト、12年、17年、30年でそれぞれ独自の遍歴があるのが特徴です。
30年については1980年前後で一時グリーンボトルの時代があり、それを挟むようにブラウントールボトルが採用されています。
60年代、70年代はブラウンボトルで、赤白紋章、及び青赤紋章。1980年前後のグリーンボトル時代はロゴの色が青黄色なので、この時点でもう迷うことはありません。

先に投稿しているように、バランタイン30年は1960年代、70年代、80年代と、どれもブレンデッドとして素晴らしい出来栄えで、まさにThe Scotchの名に相応しいブレンデッドウイスキーです。
スコッチウイスキーに興味がある方は、バランタイン系列の長期熟成は是非試して欲しいですね。

バランタイン 17年 1980年流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_1538
BALLANTINE'S
Very Old Scotch Whisky
17 Years Old
1980's (1980年神戸税関通関)
43% 760ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:麦芽の殻のようなほろ苦くスモーキーな香り立ち、スワリングするとリンゴのコンポートーや洋梨を思わせる甘いアロマも感じられる。モルティーだが時間と共にグレーンの穀物感、少しべったりとした要素も。
多少オフフレーバーもあるが、アルコールも立っており、状態としては十分。

味:香り以上にリッチな口当たり。乾燥した麦芽、蜂蜜やリンゴなど、ハイランド系の甘い熟成感のあるモルティーさから、舌の上に強く張り付く存在感のあるピートフレーバーと鼻に抜けるスモーキーさ。
余韻はピーティーでほろ苦くビター。しっかりと長く続く。


12年やノンエイジのデラックス表記が主体だった当時のスコッチラインナップの中で、熟成の長い部類に入る17年モノ。
モルト、グレーン共にしっかりしたコクのある味わいに加え、少なくとも現在のバランタインのようにとってつけたようなスモーキーさではなく、ジワリと染みこんで来るような味わいが、いかにもオールドの良さとして感じられます。

この多層的なモルティーさと存在感のあるスモーキーな味わいが、オールドのバランタインの魅力であり、原酒をイメージするには充分すぎる個性。
できれば1970年代以前の赤青紋章、赤白紋章時代を試したいところですが、1980年前後の流通となる今回のボトルもギリギリ当時の片鱗を楽しむことが出来ます。
っていうか状態さえ良ければこの時代でも充分で、日本向け正規なら760ml規格のものを狙っていきたいです。

今回のボトルの流通時期は1980年。あるいは国内流通までの時間差も考えると1979年頃の瓶詰めとも考えられます。
わかる人ならパッと見ただけで、流通年を特定できるのがこの時期のバランタインですが、今回のボトルの流通経路は少々特殊です。 
通常、1975年以降にメーカーが正規品で輸入したものは、ボトル単体ではなくケースなどの大きな単位で通関手続きが行われるため、納税済みであることを示す従価・特級表記がメーカーによってシールで貼られます。
ところが、このボトルは特級表記等に加え、通関印が押されているのです。

IMG_1540 IMG_1541
(右が1970年代後期から1980年代初頭、左が1980年代後期流通。ラベルデザインはほぼ同じだが、ネック部分の違いで見分ける。裏ラベルの違いで見ても良い。)

昭和55年9月28日神戸税関通関。通関印は個人で指定の量を超えた持込を行う際など、税関手続きと納税を行ったことを証明するために押されることが多く、メーカー取り扱いのボトルに1本1本押されることは稀です。
改めてボトルを見ると、肩ラベル下に貼られた特級シールには東京税関通関を示すコードも書かれており、これだけ見ると東京税関で通常の手続きを行ったことになりますが、通関印では神戸税関を通関していることに・・・。
となると、このボトルは東京と神戸、2つの税関で処理を受けたことになります。当時は価格と原酒比率の2重課税が問題になっていましたが、これでは2重課税どころか3重課税です(笑)。

この時代には当然生きていない(どころか生まれてすらいない)ので、当時の関税手続きは良くわかりませんが、可能性としては「東京税関で何らかの理由で処理が出来ず、荷揚げを神戸で行った結果、登録のない税関であったため1本1本印鑑を押しての処理となった。販売する際は規定の表記シールが明治屋側に1つしかなかったので、従来のものを貼った」というあたりが濃厚でしょうか。
クソマニアックな話で大変恐縮ですが、オールドボトルオタクはこういうところにキュンキュンしてしまうのです。

ちなみに、この左側の1980年代後期流通のボトルにも大きな謎があるのですが、それはまた後日記事にするとします。

バランタイン ファイネスト 1960年代後期流通 43% 特級表記

カテゴリ:

BALLANTINE’S
FINEST BLENDED WHISKY
(No Aged)
1960-1970’s Japan Tax
86proof 1quart

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間強
評価:★★★★★★(6) (!)

香り:ブラウンシュガーや淡いカラメルを思わせる色の付いた甘い香り立ち。ヒネ系のフレーバーから徐々にこなれたピート、ハーブ、甘酸っぱいドライフルーツを思わせるアロマもある。

味:サルタナレーズンやオレンジピールを思わせる果実味に乾いた麦芽、モルティーな風味から熟したメロンのようなとろりとした甘み、厚みのある味わい。
余韻にかけては鼻抜けにスモーキーさを感じつつ、軽いスパイスにみたらし、燻した藁とオールドピートの香ばしくほろ苦いフレーバーが、じわじわと染み込み長く続く。


今回のボトルは、1960年代後期から1970年代初頭に流通していたと推測される1本。ラベル等はアメリカ向けなのにJapan Taxに特級表記付き、日本市場で販売された特殊な素性の個体でもあります。
今や低価格帯ウイスキーの代表格となってしまった感のあるファイネストですが、昔はジョニ赤などと同様に厚みのある味わいと強い個性を持っていました。
特に1960年代以前のクオリティは特筆モノ。フラグシップとなるバランタイン30年や17年の同時期流通品がそれぞれ素晴らしいブレンデッドであるのは当然ですが、当時のファイネストにはファイネストにしかない良さがあったと感じています。

その特徴は何と言っても存在感のあるスモーキーさに加え、サルタナレーズンやオレンジピールなどを思わせる甘酸っぱさを伴うモルティーさ。
バランタインはファイネストと12年で原酒構成が異なり、12年が上位グレードとして当時重宝されたハイランドモルトの比率を上げたのに対し、ファイネストは様々な原酒をアードベッグの比率を高めてまとめたという話を聞いたことがあります。
確かにこのボトル、良い意味での複雑さに加え、余韻にかけて存在感のあるピーティーさが魅力的なんです。

ハイボールとの相性も良く、青赤ラベルのバランタインファイネストは普段飲みで3~4本開けていると思います。
今回のボトルはウイスキー仲間からトレードで譲ってもらった際、ラベル状態的にどうかなーと思いましたが、多少ヒネているもの1週間程度で開いてきて、想定しているフレーバーの範囲に入ってきてくれました。
グラスの中の変化を見る限り、今後はさらに開いて、抜群の状態になっていくことでしょう。

IMG_1293

バランタインの年代ごとの見分け方で有名な話に、1960年代以前は赤白紋章、1970年代(1978年まで)は青赤紋章。それ以降は青黄紋章という色の推移がありますが、これは全てのグレードで統一して管理されていたのではなく、各グレード毎に若干の誤差があって変更されていたようです。
例えば先日紹介したバランタイン12年には赤白紋章がなく、1960年代流通から青赤紋章のようです。バランタイン17年や30年等の流通本数が限られていたものは比較的上記の整理で行われたようですが、ファイネストのように最も生産量が多かったボトルは、ラベル以外にボトルの色、キャップ形状等が1960年代後期から1970年代初頭にかけて頻繁に変更されていたようです。
 
今回のボトル形状(クリアボトルにプラキャップ)がファイネストの青赤紋章の中で一番古く、このほか赤青紋章&JAPAN TAX付き(1960年代後半から1974年までの流通)の範囲に、クリアボトルにメタルスクリューキャップ、ブラウンボトルにメタルスクリューキャップという、合計3種類の流通があります。
考えられる時系列は記載の順で、1978年以降は上の写真左側に写る青黄紋章に変わる、そんな流れかなと思います。

味の違いはというと、テイスティングに書いたモルティーさ、スモーキーさは近年に近づくほど薄くなって中庸な構成へと変化していくように感じます。
以下のボトルは1974〜1978年流通のファイネストですが、類似の傾向は残っているものの、大量生産というか、万人向けを目指したような印象も。
興味がある方は、是非今回紹介したファイネストを飲んでみてほしいです。流通量はそう多くないですが、赤白紋章時代よりは入手しやすく状態も安定しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×