カテゴリ

カテゴリ:バランタイン

バランタイン 17年 1970年代流通 角瓶 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
17 Years old
1970's Square bottle
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプル Bar 1 two 3
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)(!)

香り:どっしりと土っぽいピート香と、パッションフルーツや林檎が熟したようなトロピカル要素を含むフルーティーなアロマ。スワリングしていると軽く瓜のような青い甘みも感じられるが、合わせてスモーキーでオールドモルトのニュアンスが前面に出ている。

味:スムーズだがモルティーでナッツと麦芽、林檎の蜜、ほのかにオールドシェリーのニュアンスも伴いつつ、じわじわとピートフレーバーが存在感を増す。
余韻はビターでドライ、やや軽めであるがスモーキーさが長く続く。

60年代を思わせるトロピカルな要素、熟した果実が発散させるような妖艶さが香りに感じられ、ゾクゾクする。味わいもモルティでスモーキー。古典的な麦感由来の要素を多分に感じさせる点が好印象。一方余韻にかけてのドライさが強くこれが徐々に蓄積してくる。


これほどのフルーティーさを持つバランタイン17年には出会ったことがありません。衝撃的なロットを体験させてもらいました。 
味か香りかで言えば、香りだけで御飯三杯系。熟成した60年代モルトのトロピカル香に、オールドアイラのピーティーな要素が加わったとんでもないブレンデッド。他方、余韻の香味がドライで強く残らないあたりに、長熟原酒が使われながらもブレンドらしい特徴として感じられます。

バランタイン17年はデキャンタなどの特別仕様を除き、通常はグリーントールのボトルです。それが1970年代の青赤紋章時代の一時期、ボトルが足りなくなったのか12年仕様の角瓶でリリースされたロットがありました。
今回のボトルはそのうちの一つ。ラベルはFINEST BLENDED表記と、VERY OLD表記の2種類があり、日本国内市場でも並行品、正規品含めてポツポツ見かけます。
この角瓶、過去に飲んだものはグリーントール17年のフルーティー系統という印象だったのですが。。。先日、FBのウイスキー関連グループに、新安城のbar 1 two 3のバーマンMさんが17年角瓶が凄いトロピカルだという投稿をされていたのです。

これまでの経験から、正直トロピカルって言ってもフルーティーなだけちゃいます?と半信半疑だったところ、「飲んでみます?○○さんにサンプル渡しておきましたから」と、疑問があるなら飲んでみろとばかりに男気溢れるサンプルが、共通の知人ヅテで手元に届いたワケです。
結果は上記の通りで、自分の見識の浅さを認めるしかありません。何せ本当に1960年代の一部モルトに感じられる正真正銘のトロピカル香が備わっていたのですから。

なぜバランタインにこんな香りがあるのか。そもそもオールドブレンデッドでこれという前例が思いつかないので、既に謎は深くあります。
このバランタインの流通時期は1970年代中頃で、それも数年程度だと思うのですが、仮に1977年あたりのロットとして該当する原酒は若くても1959、1960年。ビンテージ的にはロングモーンなどで類似のトロピカル感がありましたが、当時の主要原酒たる7柱でこの手のフルーティーさを出す蒸留所がパッと思いつきません。
あるとすればグレンバーギー。。。ミルトンダフ。。。本当に、一体何が使われたのか。オールドのロット差の幅は魅力であり、可能性であり、そして怖さを実感した貴重な経験でした。

補足:BAR 1two 3さんは、BAR NAVIのページを見る限りあまりオールド系のお店という感じではないのですが、実はマスターは沼にどっぷりで、日々ボトルを探されたり、先日はオールドのイベントを開催されたりと、ラインナップは随分替わっているようです。
本来は疑問を感じたならばこちらから伺わなければならないところ。また一つ愛知に宿題が出来てしまいました。

バランタイン 17年 1960年代流通 43% 赤白紋章

カテゴリ:
BALLANTINE'S
Liqueur blended scotch whisky
17 years old 
1960's
760ml 43%

グラス:グレンケアン
場所:個人所有スペース
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:存在感のあるスモーキーさと燻した麦芽や土っぽいピートフレーバー。古びた家具を思わせる古酒感、色の濃い蜂蜜。奥には干し藁、バニラウェハース、モルティーだが軽い穀物感も混じる。

味:モルティーでコクがあってピーティー。中間にはべっこう飴やほのかにサトウキビを思わせる甘み、カラメル的なニュアンス、アーモンドナッツとピーティーなほろ苦さ。
余韻は少し埃っぽさを感じるが、スモーキーで染み込むように長く続く。

しっかりとピーティーで、作られた時代を感じるオールドスコッチ。このボトルはこのボトルで美味しいのだけど何かが物足りない。単に開ききってないというより、例えばもう少しシェリー系のニュアンスが強ければ・・・。


1937年に誕生したバランタイン社を代表する銘柄であり、日本ではThe Scotchの通り名を持つ17年。昨年の2017年は誕生80年の節目を迎えたことを記念し、当時のラベルデザインを模したバランタイントリビュートが発売されていたことから、この「赤白紋章ラベル」を新旧どちらかでも知っている方は多いのではないかと思います。

今回テイスティングしたボトルは、その1960年代流通。この時期のボトルは、Ballantine'sの下に書かれたIn use for over表記でおおよそ流通時期の判別がつくことで知られていますが、今回のロットはコルクキャップではなくスクリューキャップなので、60年代でも後期のモデル。
すなわち、伝統の赤白紋章ラベル時代の17年としては最後の流通時期に当たります。

バランタインの赤白紋章時代は味が良く、流通時期もわかりやすいことからオークションでも高い人気がある銘柄です。
特に30年はこれぞブレンデッドスコッチと言える、熟成したモルトとピートフレーバーのハーモニーが絶品ですし、逆にファイネストであっても若いなりに良さがあり。そしてその中間である17年もまたバランスが良く、しっかりとスモーキーで素晴らしいブレンデッド。。。であるわけですが、今回テイスティングしたボトルは特段状態が悪いわけではないものの、美味しいのだけれど樽由来の厚みが足りないのか、以前飲んだボトルに比べて少し物足りない印象も受けました。
当時は結構ロット差も大きかったと聞きます。リスキーな話ですが、これもオールドボトルと言えるのかもしれません。


さて、バランタイン17年といえば有名なエピソードが「魔法の七柱」です。
バランタイン17年を作るにあたって、レシピに用いられたという7種類の主要モルト原酒の総称ですが、これはバランタイン社を傘下とする企業の推移等によって時代毎に変わっており、常に当時と同じ銘柄が維持されてきたわけではありません。ただあまりにも有名すぎて一人歩きしている感があり、今尚当該レシピで紹介されていることも・・・。

一方、あまり知られていない話がそもそもこの「魔法の7柱」は、バランタイン17年が誕生した1937年の時点で崩壊していた可能性があるということ。
7柱である「アードベッグ」「プルトニー」「グレンカダム」「バルブレア」「グレンバーギー」「スキャパ」「ミルトンダフ」各蒸留所の操業期間を見てみると、例えばプルトニーは1930年から1951年まで閉鎖されていたという記録が残っています。
また、グレンバーギーは1925年にオーナー企業が清算手続きに入っていただけでなく、少なくとも1927年から1935年の間閉鎖されていたため、1937年にブレンドが完成した当時は原酒を使えても、すぐにこれらの原酒が調達できなくなる恐れがありました。

こうした背景を踏まえ、さらにオーナー企業等の関係を見ていくと、魔法の7柱が同一企業の傘下で安定するのは1960年代のハイラムウォーカー社時代。今回テイスティングしている17年がリリースされた頃のロットが該当します。
勿論、稼働時に作られたストックから20年、30年熟成の原酒がブレンドされていればレシピは維持できますが、そこまでしていたかは疑問。むしろ、7柱の話が積極的にPRに用いられて定着したのは、実はこの時代からだったのではないかとも考えられるのです。

バランタイン マスターズ 40% リニューアルラベル

カテゴリ:
BALLANTINE'S
MASTER'S
BLENDED SCTOCH WHISKY
"A remarkable, fresh take on our classic blend"
700ml 40%

グラス:エリート
時期:不明
場所:ACE
暫定評価:★★★★(4-5)

香り:軽い香り立ちから乾いた穀物っぽい香ばしさ、淡い樽由来の甘いアロマ。ドライであまり香りが立たない。

味:まろやかで加水で整えられたシェリー系の甘味を伴う口当たりだが、合わせて若い原酒の刺激、ボディは軽く、干草やえぐみを伴うウッディネス。
余韻は樽香主体でほろ苦くドライ。

ハイランドモルトを主体に感じるが、全体的にドライで軽い。少量加水すると香りが開くが、ボディはさらに軽くなってしまう。ベースとなるモルトが軽いので、ブレンドされるグレーンが若いとコクを補えないのが苦しい一方、ハイボール用と割り切るなら道はある。


バランタインにおける3代目マスターブレンダー:ジャック・ガウディ氏が、プライベートで楽しむために作っていたというレシピをコンセプトに、5代目となる現マスターブレンダー:サンディ・ヒスロップ氏が作り上げたブレンデッドウイスキーが"マスターズ"です。
2014年に日本限定でリリースされた本品ですが、昨年大幅にラベルチェンジし、当時はよりは香味も淡いシェリー感を伴う、ライトで落ち着いた構成へとシフトしています。

そのコンセプトは、熟成したグレンバーギーとミルトンダフをベースとし、若いグレーンを合わせるというノンエイジ仕様。この背景には、モルト原酒に比べ、グレーン原酒の熟成変化(成長幅)は小さいから、短熟でも問題ないという考え方があるようです。
リリースされた当時は「なんてもったいことを。。。」と考えたりもしました。
まあハイボールで飲む分には結構美味しく飲めたのですが、ストレートは少々粗が目立ってしまう印象です。


さて、今日はこのマスターズのコンセプトについて、史実プラスだいぶ私見混じりの(こじつけ気味な)考察でまとめていきます。
ジャック氏がマスターブレンダーを務めていた1959年から1994年、あるいはそれ以前から1970年代くらいまでの間は、良質なグレーン原酒の確保が各メーカーの課題としてあり、大規模グレーン蒸留所を傘下に持つグループが形成され、BIG5に代表されるブレンド銘柄が量産されていきました。
当時の市場では年数表記のあるブレンドが珍しく、デラックス表記や、あっても5年程度の一桁表記が一般的。リリースされた中には若いグレーン感を感じるものも見られ、複数種類のモルト原酒に若いグレーンを用いることが、普及価格帯におけるスタンダードな作り方だった可能性が高いと考えられます。

そんな中で同氏は、マスターブレンダー就任後の1960年代にバランタイン12年を誕生させているのですが。。。ほぼ同時期ないしそれよりも前に、ノンエイジ仕様のゴールドシールもリリースしています。このゴールドシールは短命で、70年代には一旦姿を消しているのですが、味は確かなボトルでした。
ひょっとすると、ジャック氏がプライベート版として作ったのは、このゴールドシールか、あるいは12年をベースとしていたブレンドなのではないかとも感じています。

(ジャック氏が関わったと考えられるバランタイン・ゴールドシールと12年の60年代流通ボトル。スモーキーなゴールドシールに対し、12年は熟成したハイランドモルトを主軸に感じるまろやかな構成。現代のマスターズはどちらかといえば後者のタイプだが・・・。)

当時のモルト原酒は、香味もコクも現代のそれより強く、今回のコンセプトでも充分モルティで美味しいブレンドになったと思う一方、酒質の弱くなった現代のそれでこのブレンドを作ると・・・まあテイスティングの通りストレートで楽しむには少々残念な構成になってしまうのは仕方ないんですよね。
日本市場ではハイボールがブームなので、ちょっとリッチなハイボール向けと割り切っての投入は戦略としてありそうです。

ちなみに、今回マスターズを作り上げた5代目のマスターブレンダー;サンディ氏は、4代目のロバート氏と共にジャック氏の下でブレンダーの訓練を積み重ね、マスターブレンダーに選ばれたという経緯があります。
ジャック氏がプライベート用のブレンドを作った経緯は定かではりませんが、それが当時あるいは先代から受け継がれた技だとすれば、それを再現したコンセプトはバランタインの伝統の継承。
飲んだ感想より、歴史考察であーだこーだ楽しませて貰いましたが、それもまた100年以上積み重ねてきたメーカーとしての歴史があればこそですね。

バランタイン ピュリティ 20年 ピュアモルト 43%

カテゴリ:

BALLANTINE'S
PURITY
Pure Malt Scotch Whisky
Aged 20 years
1990-2000's
500ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ややドライなナッティさと、熟したアプリコット、煮た林檎を思わせる甘く華やかな熟成香、角の取れたエステリーさ。奥にはおしろいを思わせる麦芽香、ほのかにベリーのニュアンスも混じる芯の強い多彩なアロマ。

味:おしろいっぽさのある麦芽風味や洋菓子の甘み、熟した洋梨、林檎の蜜、オーキーな華やかさも開いてくる。
余韻はドライでほろ苦いウッディーさと淡く存在感のあるピートフレーバー。華やかなモルトの香味が戻りとして感じられる。

熟成したハイランドモルトのフルーティーで華やかな香味がメイン。モルトウイスキーであるため、近い熟成年数かつ同時期流通のバランタインより香味が強く、飲み応えは充分。それでいて厚みのある麦感が繋ぎとなって、バランスがある程度整っているのもポイント。加水すると果実味が弱まるがピート香が強く感じられ、ハイボールにしても悪くない。   

IMG_6445

この2日間、バランタイン・シングルモルトシリーズの2銘柄を記事にしてきましたので、今日は1990年代に免税向けにリリースされたピュアモルトウイスキー20年をピックアップ。
詳細なリリース時期は、1997年の発売からアライド社がペルノリカール社に買収される2005年までとのこと。時間をかけて滴り落ちる熟成の一雫をイメージしたボトルデザインそのままに、熟成感のしっかりあるウイスキーです。

その香味は麦芽風味を底支えにしてエステリーでフルーティー、華やかな香味が主体的。近いタイプとしては当時の30年が上げられますが、総合的なバランスは30年としても、香味の強さはこちらの方に軍配が上がります。
また、ピート香が魅力でもあった1970年代以前のバランタインと比べると、ベクトルの違いを感じる構成ではありますが、まったくそれが無いわけではなく。香味の多彩さに一役買うと共に、現行品と違った個性を伴っています。

バランタインのブレンドは、カラメルに頼らず原酒の味わいそのままのナチュラルな傾向があり、今回のリリースもプレーンオークでじっくり熟成されたモルティーな香味が楽しめることはポイントと言えます。
それこそグレンバーギーやミルトンダフのみならず、アライド社時代のバランタインの構成原酒として知られていた、アードベッグ、ラフロイグ、グレンカダム、バルブレアなどと各要素を重ねてみるのも面白いなと。
先に書いたようにピュアモルトであるためか、グレーン入りの通常ラインナップに比べて香味が強く、いくつかの香味がはっきりとしてる分イメージもし易いです。

香味以外では、モノが少ないオールドバランタインと比べ、物量が安定しているここと、コストパフォーマンスが良好なのも嬉しい要素。
最近少しずつ値上がりしてきていますが、現時点の相場は700ml換算7000円〜9000円。それでも1970年代蒸留の原酒がふんだんに使われた大手メーカーのピュアモルトなんて、今この価格じゃ買えませんし、同時期のラインナップと比較しても納得感ある味わいと言えます。
特級表記や紋章色違いなどに注目しがちですが、こういう90年代流通の中長熟ウイスキーは侮れないモノが結構あるので、このボトル以外に探してみるのも面白いと思います。

バランタイン 30年 43% 2018年現行品

カテゴリ:
BALLANTINE'S
Aged 30 years
Blended Scotch Whisky
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR Black Heart
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:軽やかで穏やかな香り立ち。エステリーで線の細い華やかさ、薄めた蜂蜜、乾いたオークのバニラとウッディネス、微かにドライアップルなど、黄色いドライフルーツのアクセント。 

味:スムーズだがドライな口当たり。熟成したハイランドモルトを思わせる、オーキーでナッティさ、徐々に蜂蜜の甘みが膨らむように広がる。奥にはおしろいのような麦芽風味、ボディは軽いがまとまりは良い。
余韻は華やかでドライ、引っかかりは少なく何層ものフレーバーが解けるように優しく消えていく。   

香味共あまり強く主張しないため、ともすれば軽い味わいとも感じるが、逆に繊細で何かが突出していないバランスの良さとも言える。熟成したハイランドモルトをイメージさせるエステリーな味わいで、グレーンも自然な感じで混ざり合っている。少量加水すると、飲み口に柔らかいコクとほのかなピートを感じる。

IMG_6294

半世紀以上リリースが続いている、バランタインの最高峰たる30年熟成のブレンデッドウイスキー。今回のテイスティングアイテムは、2018年時点のラインナップで現行品となるボトルです。そういえば最近飲んでなかったなと、久しぶりに注文してみました。

バランタインのテイスティングでは、魔法の7柱として聞かれる蒸留所が引き合いに出されますが、現行品の構成原酒はスキャパ、ミルトンダフ、グレントファース、グレンバーギーを中核としており、この30年は特に熟成したそれらの華やかな香味が主体。個人的には、ミルトンダフやグレンバーギーを連想する要素がいくつか感じられました。
もちろん、バランタインはこれらの原酒だけで構成されているわけではなく、何十種類もが組み合わされてるわけですが、この4蒸留所以外ではロングモーンやグレンリベットなどの内陸の熟成したモルトを連想するニュアンスもあります。

また、オールドボトルのバランタイン30年では、特に1980年代以前で存在感を放ったピートフレーバーが希薄となり、現行品では隠し味レベル。少なくとも、アイラモルトのニュアンスは特に感じられません。
樽感はプレーンタイプで、何度も使ったリフィルシェリーバットなどで熟成されていると考えられます。
軽やかで引っかかりの少ない、整えられた硝子細工のように綺麗な味わいですね。

他方、テイスティングでも触れたように香味のバランスは良いものの、小さくまとまっているというか、軽いというか、ブレンドの方向性故にこれと言う感動は得づらい構成でもあります。
ただまあこのウイスキーが主役ではない、その場の引き立て役と考えるなら、これはこれでアリかなと。 
自分のようなコアな愛好家はウイスキーと常に向かい合って 、時に対話をするようにテイスティングするわけですが、そうではなくその場の空気、相手との会話、あるいは自分が他の物を楽しんでいる時。その空間の潤滑油となってくれるパートナーとしてこのボトルがあったら、なかなかいい仕事をしてくれるように思うのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×