カテゴリ

カテゴリ:ジョニーウォーカー

ジョニーウォーカー スイング 1980年代後半流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
SWING
Blended Scotch Whisky
1985-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
開封後:1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしや梅を思わせる酸味を伴う麦芽香、乾燥したトウモロコシ、淡いひねとスモーキーフレーバー。醤油せんべいのような香ばしさもある。

味:ややパンチのある口当たり。乾いた麦芽とコク、べっこう飴、合わせてピーティーなほろ苦さ、スモーキーフレーバーが広がる。
余韻はスモーキーでビター。ローストした麦芽、アーモンド。ピリッとしたスパイシーな刺激を伴い長く続く。

ハイランドタイプのモルティーさをベースに、アイラ系、特にカリラを思わせるキャラクターを感じる。樽構成がプレーン寄りでストレートでは多少パンチのある味わいだが、ロックやハイボールとの相性が良く、様々な飲み方で楽しめる。
 

ジョニーウォーカースイングにおけるターニングポイントと言える、外観、香味共に大きな変更があった時代のボトル。
少なくとも自分が飲んだことのある1950年代以降から30年間、スイングはマイルドでメローな味わいが主たる構成で、古酒系の甘さが強く、特に1970年代のそれは甘すぎると言う評価もあるほどです。

(参考)ジョニーウォーカースイング:

それが1980年代後半、今回のボトルデザインへの変更と共に、樽感がプレーン寄りに変わり、味わいも甘口から辛口へ、マイルドだった飲み口は熟成感こそあれどパンチのあるモルティーさへと180度方向転換。
古酒系の甘みが軽減されたことや、構成原酒にも変化があったのか、旧ボトルに比べてアイラ系のスモーキーフレーバーが際立っています。

デザイン、味わい共に現行品のベクトルに通じる大きな変更だったわけですが、このラベルチェンジが行われたのはジョニーウォーカーブランドを所有していたDCL社がギネス社傘下となった1986年〜1987年ごろ(UD社時代)のこと。経緯としては、ギネス社側の意向でのブランド整理があったと見るのが自然な流れと感じます。
また、1980年代のスコッチ業界冬の時代で、蒸留所の再編からスイングに使われていたメロータイプの原酒の割り当てが変更されてもおかしくないでしょうし、合わせて1974年に改修工事を終えたカリラ蒸留所の原酒が12年の熟成を越え、スイングのようなデラックスクラスに使われ始める時期だったことも背景に考えられます。

ちなみに、別記事にも書いたように自分にとってウイスキーにハマるキッカケとなったのが、ジョニーウォーカー・スイングの1970年代流通だったわけですが。
今の好みと味覚で楽しむなら、この時代のボトルの方が甘みがくどくなく、ピートのバランスもいいと感じます。(あとはボトルデザインも高級感がありますね。)
ジョニーウォーカーは、各グレードで日本市場への流通量も多く、今尚安定して入手できるブランドだけに、どの時代のそれが好みに合うか、飲み比べてみるのも面白いと思います。

ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年 48% 台湾限定品

カテゴリ:
IMG_5293
JOHNNIE WALKER
GREEN LABEL
Blended Malt Scotch Whisky
Aged 15 years
TAIWAN LIMITED EDITION 
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ほのかに青みを帯びたアロマ。スワリングすると干し草、ナッツ、オークの華やかさとバニラや洋梨の甘み、微かなスモーキーさ。時間経過で華やかでドライなオーク香が強くなってくる。

味:しっかりとしたモルティーな甘みと、ややドライなオークフレーバー。香り同様の構成で、干し草、ナッツ、洋梨、薄めた蜂蜜。余韻にかけて微かに酸味のある樽香、ピートが染み込むように残る。ピリピリとした刺激が心地よい。

華やかなオークの香味が主体的で、モルティーな香味、ピートフレーバーも備わって多彩。度数に対してややボディは軽いものの、少量加水程度であれば香りに麦芽香が開き、味わいもまろやかで蜂蜜系の甘みが広がる。
ハイボールは爽やかゴクゴク系。ロック、水割り、どのような飲み方にも対応するが、全般的にボディが軽いハイランドモルトのそれを飲んでいるようで、少々物足りなさも。
IMG_5298

2012年に一時終売、2016年に流通が再開されたジョニーウォーカー・グリーンラベル。
どんな事情なのか、同ボトルは台湾では2012年以降も販売が続いていただけでなく、ラベルチェンジ後は今回の台湾限定品もリリースされていました。
このボトルについては通常品の度数増しなんて話もあって、それを真に受けていたところもあったのですが、飲んでびっくり、レシピからして違うように感じます。

テイスティングの通り、華やかな樽感が強く、よりハイランド・スペイサイド的な系統を強く感じる仕上がり。公式に挙げられているキーモルトの中で言えば、リンクウッド、クラガンモアでしょうか。特にリンクウッドっぽさは、トップノートで感じやすい気がします。
そのためか、通常のジョニーウォーカーに見られる、使い古したサードフィルあたりの樽由来か特定原酒由来か、えぐみや苦味のような香味が控えめで、上質な印象を受けるのです。

ハイボールにするなら樽香以外の要素とバランスが取れる通常品のほうが個人的に好みでしたが、そこも好みの問題というレベル。少なくとも台湾限定品のほうがストレートで飲んでいて、楽しくあるボトルです。
隣の芝生は青い。。。のかもしれませんが、近年の台湾市場の拡充ぶりは、ちょっとした嫉妬を覚えてしまいます。
どこか日本にも並行品で入れてくれませんかねぇ(チラッ。


このボトル、ウイスキー仲間から昨年お土産としていただいていたのですが、どうせなら本人含めメンバーが揃う集まりとかで開封しようと、その時は酒棚の中へ・・・そこから1年、中々タイミングが合わず、流石に飲まないと申し訳ないなと開封してみました。
価格的に通常のジョニーウォーカー・グリーンラベルと変わらないそうで、それでいて中身はさらに万人ウケするであろう華やかで飲みやすい味わい。これなら台湾旅行のお土産にしても喜ばれそうです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル ジョニ黒 12年 1980年代後期 香港向け

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
BLACK LABEL
Aged 12 years
1980's (1987-1990)
1000ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーで香ばしいローストした麦芽香、カステラの茶色い部分、醤油飴のような甘みを感じる古酒っぽさ。ほのかにヨードを思わせるニュアンスに、時間経過でカラメルソースの甘みが開いてくる。

味:甘くほろ苦い、ピーティーでスパイシーな口当たり。オールブラン、キャラメリゼ、じわじわとオレンジママレード。香り同様に醤油飴のような古酒感を伴う。
余韻はスモーキーでビター、序盤の甘みを引き締め、染み込むように長く続くが、ある辺りからスッと軽くなる。

まろやかでスモーキー、しっかりと味が乗っていて、適度な奥行きもあるブレンド。スコッチウイスキーらしさの一つとも言える構成で、ストレートで十分楽しめるだけでなく、ハイボールでも力を発揮する。
以前、ほぼ同時期流通のノンエイジ仕様のジョニ黒を紹介しましたが、今回は香港向けの1本。日本でも同じ12年表記のボトルが、1980年代後期に流通しており、リユース市場で見かけることの多いボトルです。

ジョニ黒12年のオールドボトルは、数あるオールドブレンデッドの中で、最も手軽に安定して、オールドスコッチらしい美味しさを楽しめるボトルの筆頭候補。
1960年代流通のハイランドモルトこってりな味わいも、1970年代のモートラックが効いたスモーキーで甘みの濃い構成も捨てがたいですが、入手難易度や状態などを考えると、この1980年代後期流通がベスト。正直、これまでこのボトルを何本空けたかわかりません(笑)。

当時、ビック5などに代表される有名どころブレンデッドメーカーのスタンダード品は、1980年前半頃まではある程度のクオリティを維持していましたが、1980年代後半にはガクッと熟成感や厚みを失っています。
その要因となるのはモルトの質、ブレンドの方向性でしょうか。この時期はキーモルトの良し悪しでブレンドの仕上がりが2極化していた時代でもあり、例えばアメリカ市場にに向けてライト志向に切り替わったホワイトホースを見てみると、スタンダードはお察しながら、ラガヴーリンメインとされたデラックス12年は良い出来でしたし、上位グレードのローガンも悪くありません。
ジョニーウォーカーでも、ジョニ赤はだいぶライトな味わいになっていましたが、ジョニ黒はタリスカーを連想させるスパイシーでスモーキーなフレーバー、モートラック由来のコクのある酒質。使われた原酒の質が明確に感じられました。

これを世界的に展開していたというのですから、とんでもないことだと思う一方で、流通先で味に違いはないかというのは気になるところ。アジア向けは怪しいとか、アメリカ向けはライトとか、今尚色々噂はあるわけですが、当時もそうした話があったのか、ジョニーウォーカーでは一時期「世界共通品質」を掲げる文言をラベルに記載していたほどでした。
今回はその怪しいとされる流通先の一つ、香港向け。今回が初めての開封ではないですが、香港向けも国内向けも、この時代明確な違いは無いと感じます。
保存状態による違いも、アジア向けは外しやすいというわけでもなく、個人的には沖縄向けより良い印象。安心してポチれますね(笑)

ジョニーウォーカー スイング 1970-80年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_1938
JOHNNIE WALKER
SWING
Blended Scotch Whisky
(No Aged)
1970-1980's
43% 750ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:カルメ焼きのような甘い香り、みたらし、麦芽に干し藁を思わせる苦味、微かにハッカのような爽やかなアロマ。スワリングすると甘いアロマの裏側にりんごのカラメル煮やスモーキーなニュアンス。時間経過でおしろいのような麦芽香、スモーキーさが強くなってくる。

味:とろりとした口当たり、安い蜂蜜やシロップを思わせる強い甘さ、麦芽風味、ピリッとした少量のスパイス。後半にかけてはじわじわとカカオを思わせる苦味が出てきて甘みを苦味が押し戻していく。
余韻はビターで焦がしたキャラメル、内陸系のほのかなピートフレーバー。口の中に張り付くように長く残る。


自分のターニングポイントとなった、ジョニーウォーカースイングのオールドボトル。
今回開封したボトルは、免税向けと思しき1970年代後半から1980年代前半あたりにかけて流通した1本です。
ウイスキー飲み始めの頃、自分をウイスキー沼に引きずり込んだのが国内正規品の760ml表記、1970年代流通。今回開封したものとは微妙に違いますが、「なんじゃこりゃ?」と感動した、"古酒系の甘み"はこのボトルでも強すぎるほどに感じられます。

キーモルトは当時の所有蒸留所で考えるとモートラック、カーデューでしょうか。現行品に比べると味に奥行きがあり、いろいろと濃いです。
ただこの年代の特徴としてピーティーな原酒があまり使われていないのか、60年代から70年代初頭にかけて流通したコルクキャップに比べ、随分甘みが強調されるような構成になっています。
80年代後半、UD社へと取り扱いが変わったと合わせてボトルデザインが変更された後は、原酒構成が変わったのか、それとも単にブレンデッドスコッチ全体の流れか、カラメル系の甘みが薄くなり、辛味、そしてピートを感じるようになったと・・・この辺は1990年代のスイングを記事にした際にも書いてますね。

かつての自分には衝撃的な古酒系の甘みですが、今こうしてオールドブレンデッドを定期的飲んでみると、逆にアンバランスに感じてしまい、ストレートでは中々杯が進みません。
甘みに対し、もう少しピートも強ければ良いのですが、甘み→麦芽→苦味と来た後、残る苦味が序盤の甘みを越えず、大味に感じてしまうのです。
当時はこれを船の上で飲んだようですが、寒い地域ならともかく、暑い赤道付近の航路では・・・ストレートで飲むのは流石につらいかなあ(笑)
IMG_1950

そんなスイング70-80年代のオススメの飲み方はハイボール。甘さが整えられて全体のバランスが良くなり、原酒も当時のラインナップでジョニ黒より上位(価格では)だったこともあってか、若いトゲトゲしさも感じず、スムーズでグイグイ飲めてしまいます。
昨晩は映画を見ながら気がつけば2杯、しまった、翌日は朝から野球だってのに(汗)

スイングのオールドボトルに出会ってから今年で7年。
これより好みのボトルはいくつもあり、先述のようにストレートではそこまでツボにきてるボトルでもないのですが、こうしてたまに飲んでしまうのは自分にとっての特別な1本ということなんですね。

ジョニーウォーカー 15年 グリーンラベル 2016年リリース 43% 国内正規品

カテゴリ:

JOHNNIE WALKER
GREEN LABEL
Blended Malt Scotch Whisky
Aged 15 Years
2016's
43% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2-3週間程度
評価:★★★★★(5)  

香り:酸味のある麦芽香、ケーキシロップの甘み、干し草を思わせるほろ苦い乾いた植物感の混じる香り立ち。ほのかにスモーキーで焦げたようなアロマもあり、徐々に強く感じられる。少量加水すると麦芽香とスモーキーさが引き立つ。

味:リッチなモルティーさ、薄めたメープルシロップに梅っぽい酸味、徐々に土っぽいピートフレーバーと乾いた植物感、徐々にスパイシーな刺激が感じられる。
余韻は粉っぽい舌触りの樽感とスパイスの刺激、ほのかなピートフレーバーを感じるほろ苦くあっさりとした余韻。少量加水すると植物っぽいニュアンスは減るが、余韻にかけてドライでウッディーなニュアンスが強くなる。


2012年頃に一度終売になったものの、2016年8月末に再販となったジョニーウォーカーグリーンラベル。終売と言っても期間が短かったことや、台湾市場では販売が続いていて、並行品が流通したりと、あまり新しい感じがしませんでした。
そんな中、いつもお世話になってる日本橋のYさんから「新しいロットのサンプル飲んだけど、結構旨いぞ」と聞いており、TWD用に国内正規品を1本注文しておくかとなったわけです。

構成原酒でキーとなっているのはタリスカー、リンクウッド、クラガンモア、カリラの4種類。もちろん他にも色々使われているのでしょう。
ストレートで飲んでみると、さすがモルト100%、主張がはっきりしており、なかなかリッチな飲み口です。
比率的にはスペイサイドやハイランドモルトをベースに、ピート系の原酒であるタリスカー、カリラを隠し味に使うような構成で、飲み口はモルティーな甘みと酸味、クラガンモアあたり由来か植物系のニュアンスを強く感じ、余韻にかけてピリピリとしたスパイスはタリスカーか、ピートもじわっと広がってきます。
通常ブレンデッドモルトは繋ぎであるグレーンが使われないため、やや荒さがあったり、統一感に欠ける場合もありますが、そこは天下のジョニーウォーカー、うまーくまとめて変化がわかりやすく仕上げてあると感じます。

他方、現行品のジョニーウォーカーには赤から青まで共通してある種の”えぐみ”があるように感じられるのですが、今回テイスティングしたモルト100%のグリーンにも同様のフレーバーがあり、使われている樽(おそらく2~3回使った後のプレーンなカスク)由来のフレーバーなのかなと予想しています。

 

箱の裏側には使われている原酒の位置付けが記載されており、テイスティング入門者はこれを頼りながら飲んでも良いかもしれません。
飲み方としては、少々残念なのが、ストレートと少量加水以外が難しいところでしょうか。
メーカー側はロック、ハイボールを推してますが、ハイボールは悪くないもののこれじゃなくても。。。という印象は拭えず、ロックも最初は良いですが、寿命が短くすぐに水っぽくなってしまいます。

それこそ同じジョニーウォーカーならゴールドや、スモーキーさの強いダブルブラックのほうが飲み方に幅があると感じるかも。先にも書きましたが、このボトルはストレートで飲みつつジョニーウォーカーの構成原酒について調べながら、あれやこれやと思いを馳せる、そんな楽しみ方が良いのかもしれません。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×