カテゴリ

カテゴリ:響

サントリー 響 ディープハーモニー 43% 2013年リリース

カテゴリ:
SUNTORY WHISKY 
HIBIKI
DEEP HARMONY
2013's
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
場所:Y's Land IAN
時期:不明
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:ウッディでリッチなアロマ。木苺、ベリーシロップ、甘栗やマロングラッセ、香木香。樽由来の様々な香りを束ねるしっとりとした甘みとほのかな渋み。

味:スムーズでふくよかな口当たり。ベリーシロップを思わせるややべたつくような甘み、メレンゲクッキー、複数の香木香が鼻腔に届くシルキーなウッディネス。フィニッシュはドライで苦味は少ないが、徐々に水分が奪われていく感覚がある。

響らしい華やかで多層的なウッディネスが感じられる中に、ワイン樽とシェリー樽由来のシロップやジャム的なベリー感、ほのかなタンニンも含めて深くリッチな香味がバランスよく合わさっている。サントリーの高いブレンド技術を感じさせる仕上がり。少量加水するとさらに香味が広がるが、加水しすぎやロックは腰砕け気味になりやすい印象も。


次の一杯は何を飲もうかと逡巡していたところ、バックバーの奥に姿が見えたディープハーモニー。今となっては懐かしいボトル、久々にテイスティングしてみました。

ディープハーモニーは、ウイスキーの消費量がハイボールブームで回復しつつある中で、次なる一手としてBARなどの飲食店における響ブランドのプレゼンス向上を目的に開発された商品。「より深く、濃厚な響」をコンセプトに、響17年の構成をベースとしつつ、シャトーラグランジュの赤ワイン樽で熟成させた白州1996、スパニッシュオークシェリー樽熟成の知多グレーン1988などを効かせ、さらにリッチな香味に仕上げたブレンデッドウイスキーです。

発表された当時は「ハイハイ最近流行りのワイン樽ね」、なんて甘くみていたのですが、飲んでみると結構美味しくて業務用酒販店を巡ってお買い上げ。4000本の限定品でしたが、当時は本格的なジャパニーズウイスキーブーム前で、多少出遅れても買えたんですよね。そしてそれを実家に帰った時のギフトに使ってしまったのですから、これが時代か(笑)。
改めて飲んでみると、コンセプトとなる濃厚さの中にも響のキャラクターを感じさせる香味とその熟成感。なんであの時もう2〜3本買っておかなかったかなぁという後悔の念が、響17年休売の報せもあって一層強くあります。

ちなみに、ワイン樽の響といえば9月に発売される予定の響ブレンダーズチョイスも、ワイン樽熟成の原酒が用いられているとされています。
流石にこのディープハーモニーのような濃厚さはないと思いますが、これまでのサントリーのワイン樽を用いたリリースにあるような、フルーティーさを備えるリリースを期待したいです。

サントリー 響 21年 2017-2018年流通品 43%

カテゴリ:
HIBIKI
SUNTORY WHISKY
21 years old
2017-2018's
700ml 43%

グラス:サントリー響テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★★(6-7)

味:ドライで乾いたオーク香、徐々に香木、ドライフルーツはオレンジやアプリコット、林檎のカラメル煮を思わせる複雑さが開いてくる。多数の原酒の仕事を感じる。

味:香り同様ドライでオーキーな口当たり。バタークッキーや黄色いドライフルーツ、干し柿、淡い香木香。最初はほろ苦く軽めの口当たりだが徐々に粘性のある甘み。
余韻はドライでほのかに焦げ感を感じるウッディネス、高い華やかさで長く続く。

オーク香主体でシェリー感は薄いが、多彩な樽感、ウッディさが織りなす香味は渋すぎず軽すぎず、ブレンダーの技を感じる。少量加水すると華やかさが増し、ブレンデッドとして高い完成度。姿は変わったがこれはこれ。


お久しぶりです、響さん。山崎、白州に次いでこれまた最近飲んでなかったので、久々にテイスティング。ひょっとすると今後さらに出会えなくなってしまうかもしれないので、飲めるうちに飲んでおきます。

サントリーのブレンデッド、それも上位グレードにおける樽構成をざっくり分析すると、厚みと華やかさを出す鍵となるのがシェリー樽とミズナラ樽。そこにホワイトオークの原酒でモルティーさのバランスを取るという印象があります。
近年はシェリー樽の代わりにワイン樽や、華やかさもホワイトオークで代替。グレーンも作り分けて総合力で新しい形を作るような動きが見られますが、ブーム前の21年は逆にシェリーやミズナラのニュアンスが強く、17年の方がストレートで飲む分には全体のバランスが取れていると感じたほど。しかし多彩な香味が数滴の加水で解き放たれる様など、21年もまた、まさにブレンダーの技を感じさせる仕上がりでありました。

では直近ロットはどうかというと、シェリー系の香味が減った分、ボディが軽くなったようにも感じますが、その分構成がバランス寄りになっています。レーズンを思わせる香味はオーク香由来の林檎、アプリコット系に。違う形の多層感はありますが、ミズナラ香もほどよく効いて、それはさながら、かつての17年がそのまま21年になったような印象。
日本らしさがあるブレンデッドとして高いレベルにあることは変わりなく、これはこれなんじゃないか?と思える味わいです。


ちなみに、一昨年の年末に限定リリースされた響の最高峰となる35年は、とてつもない香木香、濃縮されたミズナラとシェリーの古樽のような甘さと苦味のミルフィーユのようなウッディな香味。ほんの数滴舌の上に乗せて解き放たれる香気を楽しむような。流石にあれはやり過ぎと感じつつも、サントリーのブレンデッドで何が鍵になっているのかを学ぶ上でいい経験になりました。

サントリー 響 17年 2017-2018年流通 43%

カテゴリ:
HIBIKI
SUNTORY WHISKY
17 years old
2017-2018's
700ml 43%

グラス:サントリー響テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:直近開封
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライな香り立ち。乾いたオーク、バニラ、干し草のようなニュアンスに加え、ドライアプリコット、干し柿、淡い香木感。微かに青みがかった要素もある多彩なアロマ。

味:まろやかだがややドライな口当たり。蜂蜜や杏のジャムを思わせる粘性のある甘み、乾いた木材、微かに青みがかったオーク、焼き芋の皮。
余韻は焦げたようなウッディさ、ほろ苦くドライなフィニッシュ。

バランスの良いブレンデッド。アメリカンホワイトオーク主体と思わせる構成に、奥から開いてくる淡い香木感が"らしさ"に繋がっている。
ややドライな口当たりだが、少量加水するとまろやかさに加え、香味の一体感が増す。


日本が世界に誇るブレンデッドウイスキーブランド響。多彩で複雑な香味、しっかりとしたボディ、滑らかで長い余韻。1989年の誕生から改良を重ね確立した、ブレンデッドスコッチのそれと異なるキャラクター。
香味の上で日本らしさ、サントリーらしさを備えたブレンデッドウイスキーの到達点と言える構成なのですが、ここ最近はちょっと様子が違うようです。

聞けば、一時期に比べて味が変わっているという話。まあこのウイスキーブームで原酒不足に拍車がかかり、出荷規制がかかっているくらいですから、構成原酒の傾向も変えざるを得ないわなぁと。
それを確認すべく、白州や山崎18年の最近のロットをテイスティングしたついでに、響の最近のロットも飲んできました。

まず、純粋に現在の響17年単体としての味わいですが、依然として安定した美味しさがあるのは事実。多少樽感が乱暴というか、テイスティングでも触れたようにアメリカンホワイトオーク由来の香味が強く、フレーバー同士の繋がりがギスギスしているようにも感じますが、少量加水での変化し、幾多の原酒が織りなす香味の多彩さは健在です。
ただ、かつての響17年に比べると、原酒の割合に変化が生じていることも間違いなく。熟成した原酒によるクリーミーな口当たり、シェリー樽由来と思しき甘みや、ミズナラの香木系の厚みがそれぞれ軽くなっているように感じました。
確かに以前と違うと言うのも頷けます。

最近のロットでの山崎、白州、そして響の近い熟成年数のテイスティングをそれぞれ行ってみて思うことは、山崎は樽で、白州は熟成した原酒の総量で、どちらかと言えば山崎が特に苦労している印象を受けます。
そうなると、同一の原酒が使われている訳ではないとは言え、シングルモルトの構成原酒が変更(あるいは仕上がりの変化)を余儀なくされている以上、ブレンデッドである響も同様の影響を受けても不自然ではありません。

しかしながら、原酒が苦しいとされる今、これだけのウイスキーを安定して量産するサントリーのブレンド技術は流石というほかはなく、精一杯の仕事はされているのだと理解しています。
9月には新しい響であるブレンダーズチョイスがリリースされる予定ですが、その技と経験を活かして安定した品質のブレンデッドを作って欲しいと思います。

サントリー 響 17年 50.5% ノンチルフィルタード

カテゴリ:
IMG_3035
SUNTORY WHISKY
HIBIKI 50.5
NON CHILLFILTERED
Aged 17 Years
700ml 50.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかな熟成香、林檎のカラメル煮、ややアルコール感を伴うアタック。加水すると天津甘栗の香ばしい甘み、エステリーなニュアンス、ほのかにタバコ葉を思わせるウッディなアロマが開いてくる。複雑で多彩な香りだが少し野暮ったさもある。

味:とろりとコクのある口当たり、カラメルソース、アプリコットジャム、干し柿を思わせる甘み、ジンジンと舌を刺激するウッディネス。徐々に甘栗を思わせる香ばしい穀物風味。ミズナラを思わせるオーキーな熟成香が鼻腔に届く。
余韻はスパイシーで微かなピートを伴い長く続く。

ストレートはコシの強い香味が魅力的だが、ぜひ少量加水を試してほしい。より多彩な香味を引き出すことが出来る。
グラスは大振りのワイングラスを使っても面白い。

サントリーが2004年から2009年までの短期間、ノーマルの17年と並行する形で発売していたノンチル、ハイプルーフ仕様の響。2009年12月まで有効のマイレージ倶楽部シールが貼られているので、おそらく終売間際のボトルと思われます。
新年早々友人とのトレードで入手したボトルですが、トレードしたその場で「新年あけまして〜」のノリで開封しました(笑)

ウイスキー不況の時代、その打開を目指した動きをそのまま表すかのようなリリースで、販売価格は43%加水の17年(通常品)とほぼ同額。現在のラインナップからは考えられない設定でしたが、当時はそこまで話題にならず。
時期的にハイボールブームが起こり出したあたりで、角の原酒が足りない、山崎の原酒が足りないとなり、ふと気がつけば市場から消えていました。

香味の系統はノーマルの17年と同じですが、さすがに度数の高さに比例して香味が濃く、重層的という表現はまさにしっくりくる反面、野暮ったさすら感じるところもあります。(ノーマル17年の方が華やかで、洗練されている印象も。)
当時からノンチル仕様で香味を多く残していることがPRされると共に、飲み方はハーフロックや、トワイスアップなどの加水系が推奨されていますが、響の良さはそのバランスはもとより加水で開く香味にあります。
この17年50.5も少量加水することでブレンドの妙、香味の多彩さを楽しむことが出来る、まさに銘酒です。


余談ですが、自分が社会人になった2008年4月、初任給で初めて買ったウイスキーがこの響17年50.5%でした。
学生時代5000円以上のウイスキーは中々手を出せなかったので、よし買ってやるぞと。ノーマルの響17年と50.5ノンチル、どちらを買うか悩んでこの50.5を買ったわけですが、パワフルなその香味に「ノーマルにしておけばよかったかな」なんて感じてしまったのも、今にしてみれば懐かしい話です。

サントリーウイスキー 響 1990年代流通 43% 第2期ボトル

カテゴリ:
IMG_2983
SUNTORY WHISKY
HIBIKI
(No Aged)
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:最初はみたらしや干し柿を思わせる濃い甘さのあるアロマだが、徐々にオーキーで華やかな熟成香が開いてくる。林檎のカラメル煮、熟した洋梨。加水すると奥にあった華やかな要素が前に出て軽やかに香る。

味:とろりとリッチな口当たり、鼈甲飴を舐めているような甘みから、ウッディーで心地よいほろ苦さ。中間は少し軽いが余韻は軽くスパイシー、干し柿、ドライフルーツを思わせる粘性のある甘みが口の中に張り付くように残る。加水すると香り同様華やかさはあるが、やや水っぽさが出てしまう。

経年由来か若干のヒネがあり、また原酒構成も少々乱暴な印象を受けるが、現行品の響17年に共通するブレンデッドらしい多彩な香味が感じられる。香りは加水、ロック共に良い変化があった半面、味はやや水っぽくなってしまった。レーズンなどとあわせると甘みが補われて良いマリアージュとなる。
IMG_2988

ファーストリリースの響(1989年4月)から約1年後、1990年に入ってから市場流通した響です。
この時期のボトルの特徴については、金色のヘッド、ネック部分に金のワンポイント、そして大きく書かれた響の文字と、一目見ていただければ判ると思います。
ではファーストリリースとの違いはというと、それは1箇所、ラベルの"SUNTORY WHISKY"の上にあるロゴマークが、1989年まで使われていた"向獅子"から"響"に変わっているところにあります。
これは1990年に"人と自然と響き合う"が企業方針として採用されたことを受けて変更されたもので、ここだけ見ればある程度時期の特定が出来てしまうのが、サントリー製品の見分け方のポイントとなります。

その中身ですが、リッチで美味しいブレンデッドウイスキーであるものの、初期ロットの響に比べてミズナラ系の香味や濃い熟成香が薄くなり、ややバランス型に移っているように感じます。
また、テイスティングにも記載したように、加水で中間が弱く水っぽくなってしまうのが惜しいですね。これはノンエイジ時代の響に共通する特徴で、最初は現行品以上にぶわっと口の中にモルティーなフレーバーや熟成香が広がるのですが、それが長続きせずにボディや余韻が先細りしてしまうのです。 

ロックやハイボールなどの変化も同様。現行品が良く考えられて作られているなと感じるのはこの部分で、おそらく当時は熟成年数の長いモルトは使えたものの、グレーンや原酒の種類、あるいはブレンドの技術という点では、まだまだ手探り状態だったのではないかと。
あくまで主観ですが、響のラベルはNA時代から現行品まで5パターンくらいリリースされている中で、17年表記となる2000年頃にかけて完成度が高まっていく印象です。 

image
(響の初期ラベル。ロゴマークは向獅子が採用されている。)

なお、先にも少し触れましたが、響のノンエイジ時代はギフトとして相当数が出回り、多くの酒販、個人宅などで保管されていたモノが多数中古市場に出回っています。
そのため、数年前までは非常に安価で手に入れることが出来、普段使いや会社の飲み会への持ち込みなど、随分使わせてもらいました。
一方で、そうした保管状況の違いから横置きコルク臭や温度変化などから来るヒネ香など、ボトル毎の状態にかなり差もある印象。今回のボトルはヒネはそれほどでもないものの、少しコルク臭が感じられました。 

今なお、古い酒屋で当時のボトルを見つけたと、発見報告を見ることも少なくないわけですが、1990年代のボトルはだいぶ"やられている"ものもあるので、保管状態はよくチェックされた上での購入をオススメします。

このページのトップヘ

見出し画像
×