カテゴリ

カテゴリ:山崎

サントリー 山崎10年 40%  2010年代流通

カテゴリ:
YAMAZAKI
Suntory Single Malt Whisky
Aged 10 Years
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅@マッスルKさん
時期:不明
評価:★★★★★(5-6)

香り:やや青みがかった香り立ち。乾いた木材、麦芽、ほのかにドライナッツ、時間経過でバニラの甘みが開いてくる。

味:少し粘性のある飲み口からドライ、スパイシーで青みがかったウッディネス。度数以上に強さのある口当たりで、じわじわと開く蜂蜜の甘み、乾いた植物感、青りんご。
余韻は淡くエステリーで華やかだが若干の刺々しい刺激も伴う。

ストレートでは樽香と酒質のバランスが取れているとは言い難く、加水で整えられている以上に荒さが目立つ。もう少し熟成が必要だが、ロックやハイボールなら充分楽しめる。

先日ウイスキー仲間宅で開かれた持ち寄り会で、ちょっと懐かしいボトルに出会いテイスティングさせてもらいました。
山崎10年は白州10年同様に2013年頃まで発売されていた、12年の廉価版。2012年に発売されたノンエイジに普及品のバトンを渡す形で終売となりました。
今回のボトルの流通時期は、表記がピュアモルトではなくシングルモルトであることから終売間際と考えます。

一般的な構成としてシングルモルトの山崎はシェリー、ホワイトオーク、ミズナラなど様々な樽で熟成させた原酒を使って作られる中、10年はそうした原酒の中でも特にホワイトオーク樽を軸としています。
ただ、ホワイトオークとして真っ先に連想するであろうバーボン樽のようにエステリーでフルーティーな構成ではなく、やや青みがかった木のアロマ、植物っぽいニュアンスから、パンチョンのように大ぶりな樽か、あるいはリフィル樽の比率が多い印象を受けます。
後に発売されるワイン樽などを使って甘口に仕上げた山崎ノンエイジと比較すると、ずいぶん違う系統だと言えます。

この手の構成のウイスキーは、ストレートで飲むとまだ若い印象も同時に受けるものの、ハーフロックやハイボールなど、手を加えた飲み方にするなら話は別。樽材由来の木の香味が心地よく、爽やかに飲み進められ、むしろ12年より使いやすいとさえ感じる場面もあります。
山崎10年が発売されていた当時はウイスキー冬の時代。ハイボールブームを仕込んでいたサントリーとしては、12年とは違うステージで勝負できるレシピを考えていたのかなと思うのです。


以下雑談。ちなみになぜこれが懐かしいボトルなのかというと、自分の大学院時代、教授へのギフトに山崎が送られてくる事が度々あり、夜の研究室で研究のことや他の教授の悪口とか、他愛もない話をしながら飲んでいたことから。
自分が就職して間も無く恩師は退官、あの研究室で飲み交わすことはもうなくなってしまっただけに、自分の中で山崎10年は青春時代を思い出す、ちょっと懐かしいウイスキーなのです。

サントリー 山崎 ミズナラ サロンドシマジ向け 2016年リリース

カテゴリ:
IMG_2791
SUNTORY WHISKY
YAMAZAKI DISTILLERY
MIZUNARA
For Salon de Shimaji
2016's
700ml 48%

グラス:ショットグラス アンティーク
量:30ml
場所:サロン ド シマジ 伊勢丹新宿店
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(8)

甘くコクのある華やかな香り立ち。熟成感を感じるレーズンやアプリコット、干し柿などの甘みと酸味。まろやかな口当たりからボディは適度な厚みがあり、徐々にドライで高貴な香木系のウッディネスが余韻にかけて広がる。加水するとより華やかでバニラやメレンゲクッキーを思わせる甘み、シルキーな口当たりに変化する。

近年のリリースでは軽さが目立つ山崎ミズナラ原酒にあって、バランスの良さに加え、コクと深みがある良い部分だけ集めたような1本。2016年にリリースされたジャパニーズシングルモルトの中で、最も印象に残ったボトル。

IMG_2789

昨年12月、伊勢丹のサロンドシマジに入荷した、山崎ミズナラの同店向けリリース。現チーフブレンダーである福輿氏が、山崎蒸留所のミズナラ原酒のみを使用して作った60本限定のシングルモルトです。
華やかでコクのある口当たり、果実味と高貴なウッディネス。原酒の蒸留年は1990年代との話を聞きましたが、明らかにそれ以上、30年クラスの熟成感が感じられるのがポイント。サンプリングの段階から島地勝彦氏も関わっているそうです。

サロンドシマジでは、通常ウイスキーをストレートでは提供しておらず、1;1の加水がメイン。ですが、このボトルに限ってはまずストレートで利いて、徐々に加水していくのがオススメ。加水用の水は同店スタンダードのスペイサイドウォーターではなく、様々な水を試した結果、ベストマッチだったという龍泉洞のナチュラルミネラルウォーターが用意されています。
ストレートで1ショットが終わったら、次は1:1の比率でシェイク。熟成期間の眠りを覚ますという1杯は、島地氏のこだわりを体現したものと言えます。


(12月中旬に伺ったところ、すでに6本が空に。「このクオリティで1ショット5000円は安いぞ」との言葉を裏付けるように、何杯もの注文が入っていた。)

なお、誤解を恐れず言えば、サロンドシマジのウイスキーサーブはショットグラスであることと、シガールームでもあるため、ウイスキーそのものの香り立ちにはやや難がある環境と言えます。
ただし、紫煙と混じり合ったウイスキーの香気は時に素晴らしく。今回の山崎ミズナラは、お香を思わせる和のニュアンスと、繊細かつ幾重にも重なる香味が交じり合うことで、まるで煙管を燻らす着物姿の女性のよう。
同店でのウイスキーの役割は、まさにシガーとのマリアージュなのです。

それでも、もし機会があれば、この山崎はそれ単体でテイスティンググラスを使って飲んでみたい。ウイスキードリンカー魂を擽られる、完成度の高い1杯でもありました。
原酒枯渇の時代にあって、これほどのボトルを個人が詰めてしまう。冷静に考えるととんでもないことですね。

サントリー 山崎 12年 ピュアモルト表記 1990年代流通

カテゴリ:
YAMAZAKI
Pure Malt Whisky
Suntory Whisky
Aged 12 Years
1989-1990's
43% 750ml

グラス:木村硝子
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1〜2ヶ月
評価:★★★★★★(6)

香り:干し草を思わせる植物感を伴うウッディネス、少しヒネているが徐々にアプリコットやピーチの甘酸っぱさ。みたらし、微かに土っぽいピート香も感じる。

味:スムーズで軽い刺激を伴う口当たり、メープルシロップ、リンゴのコンポート。じわじわとウッディーなタンニンが染み込む。余韻はドライ、キャラメリゼ、ほろ苦く染み込むように残る。

山崎名義のモルトウイスキーが発売されたのが1984年のこと。あ、俺の生まれ年じゃんってそれはどうでもいい話。
そのままリリースが続いた後、酒税法が改正された1989年4月から1990年頃に流通していたのが、今回テイスティングする山崎ピュアモルト12年(向かい獅子ロゴ、ウイスキー表記)です。

山崎や白州などのモルトウイスキーは、今でこそシングルモルト表記ですが、初期からはピュアモルト表記でリリースされており、某グルメ漫画で痛烈に皮肉られたりした過去があります。
果たしてなぜピュアモルト表記だったのか、レシピはどうだったのかは確認しようがありません 。ただし山崎がリリースされ始めた同時期は、スコットランドでも表記が乱立していた時期であり、シングルモルトウイスキーでピュアモルト表記は数多くあった事は、補足しておきます。
(その後スコットランドでは2000年頃のカーデュー事件をキッカケに規制が強化されましたが、日本では特段規制がなく、表記を見直す必要もなかったというのは自然な話です。)

IMG_2474

さて、せっかく旧ボトルがあるのですから、現行品の山崎12年と飲み比べてみます。
現行品の容量が少ないぞって、それは今このために1本買うのも懐に厳しいので、ここはミニボトルで許してください。
右が旧山崎、左が現行山崎で、見た目は旧ボトルのほうがほんの少し濃い感じです。    

飲み比べると現行品は香味共に軽くなっているものの、オーキーで華やかな熟成香が洗練された印象を受けます。嫌味なところは少なく、これは万人ウケする味わい、何も考えずに家でダラダラ飲みたいです。対して旧ボトルのほうがフレーバーのコシが強くウッディですが、その幾つかは野暮ったい印象もあります。当時と今では20年以上の開きがありますから、山崎で使える原酒の種類、量、年数の幅、樽の構成に違いがあるのでしょう。例えば今の山崎はパンチョンの比率が多いですし、ミズナラ原酒の傾向の違いも感じ取れます。

自分のようなヘビードリンカーはこれくらいでもアリだなと感じますが、より日本人向けのウイスキーを目指した結果なのかもしれません。飲み比べることで、旧ボトルには旧ボトルの、現行品には現行品の良さを感じる事が出来ました。
オススメの飲み方は現行品同様にストレート、加水、ロック、なんでもござれ。特にロックは旧ボトルのほうが濃さがあるので飲みごたえが長く持続します。ただ、ハイボールは現行品も旧ボトルも、白州のほうが向いてますね。

サントリーウイスキー 山崎 蔵出し原酒 シェリー樽貯蔵 54%

カテゴリ:
YAMAZAKI
SUNTORY PURE MALT WHISKY 
(No Aged)
Cask type Sherry
Select by Saji Keizo 
2000's
500ml 54%

グラス:グレンケアン
量:30ml以上
場所:個人宅 @K兄さん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:甘くふくよかでリッチなシェリー香。スパニッシュオーク由来の香木、ダークフルーツの甘酸っぱさ、ハーブっぽい爽やかなアロマもある。最初は少しドライだが時間と共に黒蜜のようなコクと淡い酸味のある香りに。

味:とろりとしたコクと甘みの強いシェリー感。レーズンチョコ、シロップを入れたコーヒー、徐々にほろ苦さと微かな酸味、鼻に抜ける香木を思わせるウッディネス。濃厚だがバランスが良く、香りで感じた印象のまま楽しめる。
余韻は黒砂糖を思わせる甘み、クランベリーと葡萄の皮、穏やかなタンニンが長く続く。


サントリーが1990年代後期~2000年代初頭頃にギフト向けとしてリリースしていたシェリーカスクの山崎。
このノンエイジのボトル以外に、56%や58%の度数違い、12年や15年仕様もリリースされています。
濃厚でリッチ、ともすればウッディーで渋みも強いシェリー系の多い山崎ですが、このボトルは濃厚でありながら甘みと苦みのバランスが取れており、スパニッシュオークの香木感にダークフルーツの果実感と、シェリー樽熟成の山崎の良いところをしっかりと味わうことができます。

熟成年数を10~15年程度と考えると、蒸留時期は1980年代後半~1990年代初頭くらいでしょうか。
スパニッシュオーク主体のシェリー樽であることに加え、気温の高い日本での熟成であるため原酒への影響が早く、酒質にフレッシュさが残りつつ濃厚な味わいが日本のウイスキーらしさとして感じられます。
少々不遇だったのが当時はスコッチモルトで1960年代蒸留がバリバリリリースされていた時代ですから、シェリーのクオリティ的には普通というか、愛好家がこのボトルを積極的にチョイスする理由がなかったこと。しかし今飲んでみると、この山崎が目立って劣っているとも思えません。
流石に当時の突き抜けた一部のリリースと比較すると落ちる部分はありますが、原酒の自由度も高かったのか、先述したバランスのよさに加え香味に厚みもあり、素直にうまいと言えるボトルです。

ただ、近年のジャパニーズウイスキーブームでは、このボトルも例に漏れずオークション等でだいぶ高騰していました。 
最近は多少落ち着いてきましたが、まだ少し高いなと感じます。しかしブームとはいえ内容的には今までが不遇だったとも言える話。
シェリー系ウイスキーの人気の高さにあやかって、様々なリリースが行われている昨今ですが、こういうボトルは評価されて然るべきだなと、飲んで納得の1本です。

それにしても、こんなボトルがギフトで届いたら小躍りしちゃうなあ。。。

サントリー 山崎 ピュアモルト 60周年記念 ゴールドボトル

カテゴリ:
YAMAZAKI
Suntory
Pure Malt Whisky
1983's 60th Anniversary
43% 760ml

グラス:グレンケアン
量:ハーフショット
場所:自宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オーク系の華やかさと落ち着きのある香り立ち。蜂蜜、干し柿、乾いた牧草、古い畳のような古民家を思わせるニュアンスもある。

味:ねっとりとしたコクのある口当たり。みたらしを思わせる古酒感、ビスケット、ほのかにオレンジママレード、そして畳というか和的な要素を感じる。後半にかけてしっとりとしたウッディネスが存在感を出してくる。
余韻はバニラや乾いた麦芽の甘みとほろ苦さ、染み込むように続く。


先日主催した持ち寄り会にて。ウイスキー仲間のNさん持ち込みボトル。
山崎がシングルモルト(ピュアモルト)としてリリースされたのは1984年ですが、その1年前の1983年、サントリーのウイスキー製造60周年を記念してボトリングされたものが今回のゴールドボトル。酒販関係者等を中心に配布された非売品とのことです。貴重なボトルをありがとうございます。

同様に80周年ボトルも存在しており、それは洗練された素晴らしいシングルモルトだったのですが、こちらは初体験。
サントリーの傾向から、おそらくはミズナラ系だろうなと思っていましたが、やはり予想通りちょっと野暮ったい昔のサントリーのミズナラフレーバーがしっかりあり、ねっとりとしたコクと合わせて飲み応えのある味わいに仕上がっています。30年前のボトリングということもあって、古酒感も少々感じられますね。

使える原酒の幅も広かったのか、熟成感しかり、味わいのリッチさは現在の山崎12年より当時の山崎のほうがワンランク上であると思います。ただ、今の山崎はホワイトオークやパンチョン系の、爽やかな香味が主体となる原酒の比率が増えているようで、クセの少なさとバランスの良さから現行品のほうが飲みやすさを感じるかもしれません。

それにしても一面金ピカとか、余市にもこういうボトルありましたけど、非常にバブリーで見た目のセンスが(以下略。

このページのトップヘ

見出し画像
×