カテゴリ

カテゴリ:ラフロイグ

ラフロイグ 10年 アンブレンデッド表記 1980's 45% アメリカ向け

カテゴリ:
IMG_5906
LAPHROAIG
10 Years old
Umblended Islay Malt Scotch Whisky
1980's
750ml 25.4fl oz 90US.Proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7ー8)

香り:スモーキーで燻した麦芽香、干し草、魚介系の出汁っぽさ。薄めたキャラメルを思わせるほろ苦くも甘い香りに、ほのかにオレンジピールの要素も感じられる。
  
味:滑らかでややオイリー、コクのある口当たりからヨード、柑橘系のドライフルーツ、粘性のある土っぽいピートフレーバーが広がる。
余韻はピーティーでスモーキー、舌の上を包み込むようなニュアンスの柑橘、グレープフルーツ、ナッツの香味がピートと共に長く続く。

オフィシャルらしいバランスの良い飲み口に加え、厚みもしっかり感じられる完成度の高いボトル。43%仕様よりオイリーさが強い印象。現行品より強いラフロイグの個性が堪能できる1本。

IMG_5907

アンブレンデッド表記に時代を感じる、ラフロイグのオフィシャル旧ボトル。流通時期から推察するに、蒸留されたのはスコッチウイスキー業界初の女性マネージャーであるベッシー・ウィリアムソンの時代。

流通地域の関係か45%と度数が高めの仕様であり、イタリア向け43%仕様のほうは以前も何度か飲んだことがありましたが、今回のボトルとは樽構成が違うのか、単に保存状態の違いなのか。2%の度数違いとは思えないテクスチャーや香味の違いを感じます。

記憶が確かなら、43%のほうが華やかで土っぽさ、フルーティーさがメインにあり、今回の45%のほうはオイリーでコクがあるといった具合。ただ当時のラフロイグは向けや年代で多くのリリースがあり、度数では一概に測れない話でもあるわけですが、少なくとも今回のボトルがNGという話ではなく、総じてレベルは非常に高い。当時はこれらがスタンダードレベルだったという点に、ただ驚愕するばかりです。

ここ1週間強をかけて紹介してきた、BAR IANのウイスキーラバーズ名古屋2018向けボトル。イベントはいよいよ今週末開催。自分が紹介する予定のボトルは、そこまでに全部掲載していく予定です。
当日のIANブースのメインは、何と言ってもこのラフロイグ10年を筆頭に、上記写真のプライムモルトシリーズ。
一部ラフロイグではないと思われるものも混じっていましたが、それをあれこれ考えるのも面白い。また、複数のオールドラフロイグを世代毎にテイスティングできることは、現代では得難い経験だと思います。

ラフロイグ カーディス 2017 クオーターカスク 57.2%

カテゴリ:
LAPHROAIG
CAIRDEAS 2017
Cask strength quarter cask
For the Friends of Laphroaig
700ml 57.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ナッティーでスモーキー、軽く香ばしさのあるピート香とシトラスを思わせる爽やかさ、ツンとしたアルコール感、ほのかに焦げたウッディネス。スワリングしているとゴムや樹脂のようなアロマも感じる。

味:スパイシーでスモーキー、ちくちくと荒さの残る口当たり。シトラス、グレープフルーツピール、香り同様に爽やかな柑橘感、徐々にウッディで荒さのあるピートフレーバーが主張。
余韻はピーティーでスパイシー、微かにに青みを帯びたドライなオーク香。ハイプルーフらしくヒリヒリとしたフィニッシュ。

クオーターカスク由来か、爽やかな樽香に加えて荒さのあるウッディネスとパンチのある香味が主体。若く強引さはあるがそれなりに仕上がっているラフロイグ。熟成感は飲んだ印象で10年程度。加水するとゴムのような香りが強くなり、味は薄く水っぽい、アンバランスさが目立つ。



ラフロイグが2008年から毎年リリースしているリミテッドエディション。友情の証、カーディス。バーボンバレルの王道的な構成から、フィニッシュ、加水、毎年様々なスタイルでリリースされているカーディスですが、今年はクォーターカスクのカスクストレングスでリリースされています。

クォーターカスクといえば、ラフロイグのオフィシャルリリースで長らく10年と2枚看板だったエントリーグレードです。
使われているのは約130リットル容量のアメリカンホワイトオーク樽。シェリーバットの1/4サイズであることからクォーターと名づけられていますが、ベースとなるのはシェリー樽ではなくバーボン樽の組みなおしで、樽とウイスキーの接触面積が増えることでオークの強い影響を引き出し、熟成のスピードを上げることを狙いの一つとしています。
まあ熟成のスピードが上がるといっても、クォーターカスクに限らずスモールサイズでの樽熟成は、全ての熟成の要素が加速するわけではなく、特にアルコール感や味わいのとげとげしさは時間を掛けないことにはどうにもなりません。そのため、樽感が強くなりつつも、早熟ゆえに酒質に荒さが残りやすく、ラフロイグ・クォーターカスクに限らず今回のカーディスもまた同様の傾向が見られます。

今回の1本はベースの樽がリフィルだったのか、あるいは短期間の熟成ゆえか、あまりバーボンオークバリバリという樽感には仕上がっていないように感じます。
柑橘のニュアンスは程よく爽やかに、そこにピリピリと荒さのある樽感。またポジティブではありませんが、ゴムっぽい樹脂感のあるウッディネスが特徴的で、なんとも仕上がりの荒さを感じる要素。ならばと、かといって加水してそれらを押さえようとすると、ある一点を越えてしまうと樽感と酒質が一気に乖離してしまうあたり、通常のクォーターカスクが48%でボトリングされていた理由がわかるようにも思います。
「これが若さか・・・。」

最近、オフィシャルスタンダードのクォーターカスクは国内終売となったようで、いよいよ店頭から姿を見かけなくなってきました。そのタイミングでのカーディス・クォーターカスクのリリースは、ファンにとっては思うところありつつも堪らないリリースだったのではないでしょうか。
個人的には、へたにワインカスクなどでフィニッシュされるよりもスタンダードの特別版的なリリースのほうが限定リリースとして受け入れやすく、しっかり楽しませてもらいました。

ラフロイグ 30年 リミテッドエディション 2016 53.5%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 30 years
Limited Edition 2016's
Distilled 1985
Cask type ex-bourbon barrels
700ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:焦げたピートのスモーキーさ、淀みのない香り立ちで勢いがある。ヨードや塩素、バニラ、時間経過で柑橘、ドライパイナップル、ややエステリーでハーブのアクセント。乾いたウッディネスのスパイシーさも感じられる。

味:香り同様に勢いがあり、フレッシュでフルーティ。グレープフルーツ、オレンジママレード、淡いトロピカル要素。奥からピートのほろ苦くスモーキーな味わいがしっかり。ナッツと乾いた麦芽、スパイスの刺激。
余韻はスモーキーでフルーティー。ハイトーンでオークの華やかさとウッディなドライさが長く残る。

長熟ラフロイグらしいフルーティーでピーティーなキャラクターがしっかりとある魅力的な1本。枯れた感じの少ないフレッシュさ、度数相応のアタックが開封直後は硬さにも繋がっている印象。
少量加水すると華やかさは増すが、思ったよりボディが伸びずピートもぼやけてしまう。時間をかけてじっくりと楽しみたい。

順番が逆になりましたが、昨年2016年にリリースされたラフロイグのリミテッドエディションです。
リフィルのバーボンバレルで30年熟成させた複数樽をバッティングした、シングルモルトのカスクストレングス。長期熟成オフィシャルのカスクストレングスで、この度数というのも近年珍しい仕様ですが、それ以上にバーボンバレルのみで30年熟成はボトラーズでもすっかり見なくなりました。

バーボン樽熟成とあって近年仕様のラフロイグを象徴するような、あるいは目指す姿の一つを見るような1本。
シェリー樽のニュアンスがない分、逆に樽感にキレがあり、全体を通しての華やかさやフレッシュさが強調されている一方、それが飲み口の硬さにも繋がっているようにも感じます。
例えばここで25年などに使われているリフィルシェリー樽やホグスヘッドなどが使われて入れば、もっとマイルドでコクのある味わいになったかもしれません。ただ、それは時としていい意味でも悪い意味でもオフィシャルバッティング的な味わいとなり、主張のはっきりとしたキャラクターになるかは別だと感じます。

言わば塩で味付けた料理(特にスープ類)に醤油を入れるようなモノですね。
このリミテッドリリースがそうした複数種類の樽を使ってこなかったのは、単に原酒の選定上そうなっただけとは思えず、作り手側に何か狙いがあったのかと感じてしまいます。
前年の32年がこの逆、複数タイプの樽を使って総合的に旨くレベルの高いボトルを出してきているだけになおのこと。

ちなみに今年リリースされた2017とはキャラクターは同系統ですが、樽使いの傾向の違いもあって、30、27、25で好みが分かれるなという印象です。
自分の好みとしては、樽感がストレートに感じられる30年はもう少し時間を置きたい。27年はバランスが良いものの、度数の低さ故勢いにはかけるのであまり時間はかけないほうがいい。とすると面白みは乏しくとも、毎年度リリースされている25年の安定感は流石だなぁとか感じています。

ラフロイグ 27年 リミテッドエディション 2017 41.7%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Limited Edition 
Aged 27 years
Distilled 1988 & 1989
Bottled 2017
700ml 41.7%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラクッキーの甘みと林檎のような華やかなオーク香、パイプを思わせるスモーキーなアロマ。ほのかな塩気、ヨード、柑橘を思わせるニュアンスもある。
注ぎたてはいくつかの要素が主張し合っているが、徐々にまとまってフルーティーに。

味:ゆるく柔らかいがピリッとした刺激のある口当たり。土っぽいピート、グレープフルーツ、ナッツの香ばしさ。すぐに華やかでトロピカル要素を含む果実香が口内から鼻腔に広がる。過熟気味な樽感に通じる、湿ったウッディネスのアクセントも微かにある。
余韻はグレープフルーツのワタ、微かな柑橘、スモーキーで染み込むようなほろ苦さ、しっかりとヨードが残る。

華やかでフルーティー。度数落ちで突き抜ける香味はないが、それが逆にいいバランスに繋がっている、口開けからピークなモルト。一口目のアイラ的な要素とフルーツの共演は素晴らしい一方、二口目は少しぼやけるので時間を置くかチェイサーを挟んだほうがいい。加水はNG。ソーダ水をチェイサー代わりにしても面白い。
ラフロイグの今年のリミテッドエディションの一つ。
ラフロイグは長期熟成の原酒不足も噂されて、200周年記念の一連のリリース後はしばらくおとなしいかな、なんて思っていたら、後に続く30年、27年という長期熟成リミテッドエディション。勿論単発でやれない程原酒はヤバくないのでしょうけど、25年をリリースした上でのリミテッドですから、ファン心理というか抑えるところはしっかり抑えてくるなーという印象です。      

(近年のラフロイグリミテッドエディション。どれもフルーティーでスモーキー、蒸留所の個性を備えて完成度高し。後は飲み手の好み次第という構成だが、個人的には陶酔感は32年、バランスは25年、フルーティーさは30年と27年。飲み比べると30年はウッディネスとアタックが強く、開封後少し時間が必要な気がする。)

今回の27年は1988年と1989年蒸留の原酒をリフィルホグスヘッドで熟成した後、ファーストフィルバーボンバレルとリフィルクオーターカスクで追加熟成。熟成はラフロイグが最近PRしている最も古いウェアハウスNo,1で行われ、それぞれの樽をバッティング、カスクストレングスでリリース。 
これまでの他のリミテッドと比較すると随分度数が落ちていますが、それ故スモーキーさや樽香が穏やかに感じられ、口開けから美味いウイスキーとなっています。

華やかな香味はホグスヘッドやバーボンバレル由来。柑橘のニュアンス、ウッディネスと共に少し枯れた香味というかほのかに混じる過熟気味の樽感が 、クオーターカスクでの後熟由来か。樽を使い分けているためか、注ぎたては香りが馴染みきってないような、異なる個性の主張もあります。
しかしこういう構成で度数落ちは、樽が強くドライで個性に乏しいウイスキーも少なくありません。確かにこのラフロイグもボディに緩さがあり、突き抜けていくような勢いはありませんが、それがネガティヴなところに繋がらない。
酒質が持つパワー、あるいは作り手の樽使いやバッティングの妙か、この仕様でバランスが取れてくるのは流石だなと感じます。

ラフロイグ 10年 カスクストレングス バッチ2 58.3%

カテゴリ:
LAPHROAIG
CASK STRENGTH
10 years old
Batch No,002
700ml 58.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(持ち寄り会)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:パワフルな香り立ち。エッジの立ったアルコール感、甘いバニラのアロマが混じったヨード、燻したようなスモーキーさ、ナッツ、微かに焦げた木材を思わせるニュアンス。

味:強い口当たりでスモーキーさ、コクのある甘み。バニラ、ナッツ、微かに柑橘、ヒリヒリとしたアルコール感。余韻はドライで焦げたようなピートフレーバー、レモンピールやグレープフルーツ、柑橘のフレッシュな味わいを伴うスモーキーなフィニッシュ。

力強いスモーキーさとアタックを兼ね備えた1本。ラフロイグの個性とも言える要素がはっきりと感じられ、特にこのバッチはバニラ系の甘みが強く出ている印象。ストレート、ロック、ハイボールと何でも使えるが、せっかくのカスクストレングス、ストレートや少量加水で楽しみたい。


加水の穏やかな味わいでは物足りなくなってしまった、そんな愛好者が行き着く先と言える、オフィシャルリリース、ラフロイグのカスクストレングス。何故か日本では終売になってしまったのですが、イギリスなど一部市場では毎年1バッチのリリースが続いているようで、それを嬉しく思うと共に、日本への正規輸入が無いことにいささか複雑な気持ちにもなります。

ラフロイグの個性といえば、甘いヨード香を伴うピートは言わずもがな、ナッツを思わせるフレーバーが自分の中で他のアイラモルトと違う要素として認識しています。基本的にはバーボン樽熟成なので、バニラを思わせる甘み、柑橘のニュアンスは付きやすいところ。
それは他のアイラの蒸留所であっても同じなのですが、この酒質由来と思しき要素は「ラフロイグらしい」と思わせる香味に繋がっていると言え、今回のカスクストレングスもまたはっきりとそのキャラクターが感じられます。

DSC08729
(ラフロイグ蒸留所のピートモス。ここで掘りだされたピートがフロアモルティングに使われる。アイラのピートは海草を多く含むという印象だが、見た目は植物系の含有量が多い。 Photo by K67)

ラフロイグらしさと言えば、近年リリースの増えてきた内陸系モルトのピーテッドタイプ 、例えばマネージャー繋がりでもあるエドラダワーのバレッヒェンなどに、似たニュアンスが感じられるモノもあり、それが何に由来なのか気になるところです。
同じピートや麦芽で仕込んでいるということなんでしょうか。

さて話を戻して輸入の話。カスクストレングスは、当時サントリーが繋がりのあったペルノリカール関連で正規輸入があったと推測されるものですが、2011年にラフロイグはペルノリカールからビーム社へ。。。サントリーとの関係は途切れてしまいます。
しかしその後2012年にサントリーがまさかのビーム社買収。一度関係は遠のいたものの、現在は親会社になったわけですから、よくわからない加水のNAとか入れてないで、こういうラインナップを国内展開してくれてもいいと思うんですけどね。

このページのトップヘ

見出し画像
×