カテゴリ

カテゴリ:ラフロイグ

ラフロイグ 20年 エリクサーディスティラー 53.8% MOS

カテゴリ:
LAPHROAIG
Single Malts of Scotland
Director's Special
Age 20 years
Cask type Oloroso Sherry Butt
700ml 53.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:個人宅持ち寄り会@NTさん
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ダークフルーツケーキ、黒砂糖を思わせる濃い甘みとほのかな香ばしさ、スパイシーで強いアタック。合わせていぶりがっこのような酸味、レザー、微かに焦げたようなニュアンス。スモーキーさがヨードを伴って感じられる。

味:口当たりは強いピートを伴うリッチなシェリー感。とろみがあり、燻した魚介、キャラメリゼ、ドライプルーン、徐々にウッディーなタンニンを感じる濃厚な味わい。
余韻は熟したパイナップルを思わせるトロピカルなフルーティーさが、キャラメルと土っぽいピートを伴って長く続く。

良質なアイラシェリー。樽そのものの良さに加えて、ラフロイグらしいピーティーさとフルーティーさが合わさったしたナイスリリース。度数もあってかややアタックが強い印象を受けるものの、むしろ10年以上瓶熟させることでさらに良くなりそうなイメージもある。


コアなウイスキードリンカーにはお馴染み、MOSことモルトオブスコットランドのハイエンドラインナップとなるディレクターズ・スペシャルからリリースされたラフロイグ20年。MOSをリリースするスペシャリティドリンク社は、今年に入ってエリクサー・ディスティラーと名前を変えたため、このラフロイグは通称エリクサーラフとも呼ばれています。

。。。まあ、この辺は今更前置きの必要もないですね。
このラフロイグは昨年末頃から美味いと愛好者間で話題になっていたボトル。
ラフロイグは80年代のみならず90年代蒸留もレベルが高いですね。モノとしては日本にも入ってきたようですが、例によって即完売しており、現在はプレミア価格のものが市場に残るのみです。5万前後のボトルが飛ぶように売れるこの状況・・・数年前じゃ考えられません。

一方、それだけ評価の高いボトルだけに、どんなもんかときたいしてましたが飲んで納得。樽は近年にしては良質なシェリー樽で、ベリー炸裂というタイプではありませんが硫黄系のニュアンスがないのは勿論、古酒っぽさの混じるコクと深みのある甘み。酒質面では強いピートと、余韻にかけてのトロピカルなフルーティーさが"らしさ"として感じられる、レベルの高い1本だと思います。

このエリクサー・ラフと近いスペックであることなどから、引き合いに出されるであろうリリースが200周年記念のラガヴーリン25年です。
シングルモルトとシングルカスクで、使われている熟成年数も表記以上に差があると思われるため、単純に比較することは出来ませんが、ラガヴーリンには長期熟成とバッティングによる複雑さ、奥行きがもたらす香味の妖艶さ。ラフロイグは上述のようにはっきりとした樽と酒質それぞれの個性、好ましい要素。
ラガヴーリンは開封後即ピークという感じですが、ラフロイグはまだ先がありそうなイメージで、将来的な可能性を秘めた前評判通りの1本でした。

プライムモルト セレクションNo,1 ラフロイグ 12年 1980年代流通 45.7%

カテゴリ:
PRIME MALT
SELECTION No,1
LAPHROAIG
Unblended 12 Years old
1980's
750ml 91.4proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:灰や土っぽさが主体的なピーティーな香り立ち、ほのかなヒネ香。スワリングしているとマスカットや林檎を思わせる爽やかな果実香からトロピカルなフレーバーが奥から開き、うっとりするような陶酔感が感じられる。

味:オイリーな口当たりで存在感のあるピート、乾いた麦芽とやや干し草的な植物感。鼻腔に抜けるスモーキーさとヨード香。
そして熟したグレープフルーツ、フィリピンマンゴー、トロピカルフレーバーが土っぽさのあるピートと混じり合って余韻に広がる。

古き良き時代のラフロイグの魅力が充実したボトル。若い熟成年数だからこそ、経年と加水で落ち着いてなお存在感のあるトロピカル系の果実感と灰っぽさの混じるピート、そして厚みのあるオイリーな飲み口。是非ストレートで。


1980年代にアメリカ向けで流通した、プライムモルトシリーズ3種のテイスティング。トリを飾るのは、やはりこのラフロイグ表記の12年を置いてないでしょう。
これまでも紹介してきましたが、プライムモルトのセレクションNo,1シリーズは、ファイネストアイラシングル表記の12年、15年。今回のラフロイグ表記の12年がグリーントールとクリアボトルで2種類確認されています。

ファイネストアイラシングル表記の2本は、パフューミーなボウモアっぽいモルトやノンピートのブナハーブンと、少し変化球的なラインナップだったわけですが、ここにきてこの年代のアイラに求めるものはこれだよと。
今回のボトルにはファンがラフロイグに求める姿とはこういうことと感じる香味がしっかり備わっていて、思わず口角が上がってしまいました。

トロピカルフレーバーと言えば近年のラフロイグやボウモアでも語られることがありますが、自分が経験する限り、1960年代から70年代前半のそれとはピートの性質やフルーティさの傾向が異なる。
口当たりでなく、余韻にかけて広がるのも近年のモルトと異なるポイントだと感じています。

ラフロイグ 10年 アンブレンデッド表記 1980's 45% アメリカ向け

カテゴリ:
IMG_5906
LAPHROAIG
10 Years old
Umblended Islay Malt Scotch Whisky
1980's
750ml 25.4fl oz 90US.Proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7ー8)

香り:スモーキーで燻した麦芽香、干し草、魚介系の出汁っぽさ。薄めたキャラメルを思わせるほろ苦くも甘い香りに、ほのかにオレンジピールの要素も感じられる。
  
味:滑らかでややオイリー、コクのある口当たりからヨード、柑橘系のドライフルーツ、粘性のある土っぽいピートフレーバーが広がる。
余韻はピーティーでスモーキー、舌の上を包み込むようなニュアンスの柑橘、グレープフルーツ、ナッツの香味がピートと共に長く続く。

オフィシャルらしいバランスの良い飲み口に加え、厚みもしっかり感じられる完成度の高いボトル。43%仕様よりオイリーさが強い印象。現行品より強いラフロイグの個性が堪能できる1本。

IMG_5907

アンブレンデッド表記に時代を感じる、ラフロイグのオフィシャル旧ボトル。流通時期から推察するに、蒸留されたのはスコッチウイスキー業界初の女性マネージャーであるベッシー・ウィリアムソンの時代。

流通地域の関係か45%と度数が高めの仕様であり、イタリア向け43%仕様のほうは以前も何度か飲んだことがありましたが、今回のボトルとは樽構成が違うのか、単に保存状態の違いなのか。2%の度数違いとは思えないテクスチャーや香味の違いを感じます。

記憶が確かなら、43%のほうが華やかで土っぽさ、フルーティーさがメインにあり、今回の45%のほうはオイリーでコクがあるといった具合。ただ当時のラフロイグは向けや年代で多くのリリースがあり、度数では一概に測れない話でもあるわけですが、少なくとも今回のボトルがNGという話ではなく、総じてレベルは非常に高い。当時はこれらがスタンダードレベルだったという点に、ただ驚愕するばかりです。

ここ1週間強をかけて紹介してきた、BAR IANのウイスキーラバーズ名古屋2018向けボトル。イベントはいよいよ今週末開催。自分が紹介する予定のボトルは、そこまでに全部掲載していく予定です。
当日のIANブースのメインは、何と言ってもこのラフロイグ10年を筆頭に、上記写真のプライムモルトシリーズ。
一部ラフロイグではないと思われるものも混じっていましたが、それをあれこれ考えるのも面白い。また、複数のオールドラフロイグを世代毎にテイスティングできることは、現代では得難い経験だと思います。

ラフロイグ カーディス 2017 クオーターカスク 57.2%

カテゴリ:
LAPHROAIG
CAIRDEAS 2017
Cask strength quarter cask
For the Friends of Laphroaig
700ml 57.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ナッティーでスモーキー、軽く香ばしさのあるピート香とシトラスを思わせる爽やかさ、ツンとしたアルコール感、ほのかに焦げたウッディネス。スワリングしているとゴムや樹脂のようなアロマも感じる。

味:スパイシーでスモーキー、ちくちくと荒さの残る口当たり。シトラス、グレープフルーツピール、香り同様に爽やかな柑橘感、徐々にウッディで荒さのあるピートフレーバーが主張。
余韻はピーティーでスパイシー、微かにに青みを帯びたドライなオーク香。ハイプルーフらしくヒリヒリとしたフィニッシュ。

クオーターカスク由来か、爽やかな樽香に加えて荒さのあるウッディネスとパンチのある香味が主体。若く強引さはあるがそれなりに仕上がっているラフロイグ。熟成感は飲んだ印象で10年程度。加水するとゴムのような香りが強くなり、味は薄く水っぽい、アンバランスさが目立つ。



ラフロイグが2008年から毎年リリースしているリミテッドエディション。友情の証、カーディス。バーボンバレルの王道的な構成から、フィニッシュ、加水、毎年様々なスタイルでリリースされているカーディスですが、今年はクォーターカスクのカスクストレングスでリリースされています。

クォーターカスクといえば、ラフロイグのオフィシャルリリースで長らく10年と2枚看板だったエントリーグレードです。
使われているのは約130リットル容量のアメリカンホワイトオーク樽。シェリーバットの1/4サイズであることからクォーターと名づけられていますが、ベースとなるのはシェリー樽ではなくバーボン樽の組みなおしで、樽とウイスキーの接触面積が増えることでオークの強い影響を引き出し、熟成のスピードを上げることを狙いの一つとしています。
まあ熟成のスピードが上がるといっても、クォーターカスクに限らずスモールサイズでの樽熟成は、全ての熟成の要素が加速するわけではなく、特にアルコール感や味わいのとげとげしさは時間を掛けないことにはどうにもなりません。そのため、樽感が強くなりつつも、早熟ゆえに酒質に荒さが残りやすく、ラフロイグ・クォーターカスクに限らず今回のカーディスもまた同様の傾向が見られます。

今回の1本はベースの樽がリフィルだったのか、あるいは短期間の熟成ゆえか、あまりバーボンオークバリバリという樽感には仕上がっていないように感じます。
柑橘のニュアンスは程よく爽やかに、そこにピリピリと荒さのある樽感。またポジティブではありませんが、ゴムっぽい樹脂感のあるウッディネスが特徴的で、なんとも仕上がりの荒さを感じる要素。ならばと、かといって加水してそれらを押さえようとすると、ある一点を越えてしまうと樽感と酒質が一気に乖離してしまうあたり、通常のクォーターカスクが48%でボトリングされていた理由がわかるようにも思います。
「これが若さか・・・。」

最近、オフィシャルスタンダードのクォーターカスクは国内終売となったようで、いよいよ店頭から姿を見かけなくなってきました。そのタイミングでのカーディス・クォーターカスクのリリースは、ファンにとっては思うところありつつも堪らないリリースだったのではないでしょうか。
個人的には、へたにワインカスクなどでフィニッシュされるよりもスタンダードの特別版的なリリースのほうが限定リリースとして受け入れやすく、しっかり楽しませてもらいました。

ラフロイグ 30年 リミテッドエディション 2016 53.5%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 30 years
Limited Edition 2016's
Distilled 1985
Cask type ex-bourbon barrels
700ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:焦げたピートのスモーキーさ、淀みのない香り立ちで勢いがある。ヨードや塩素、バニラ、時間経過で柑橘、ドライパイナップル、ややエステリーでハーブのアクセント。乾いたウッディネスのスパイシーさも感じられる。

味:香り同様に勢いがあり、フレッシュでフルーティ。グレープフルーツ、オレンジママレード、淡いトロピカル要素。奥からピートのほろ苦くスモーキーな味わいがしっかり。ナッツと乾いた麦芽、スパイスの刺激。
余韻はスモーキーでフルーティー。ハイトーンでオークの華やかさとウッディなドライさが長く残る。

長熟ラフロイグらしいフルーティーでピーティーなキャラクターがしっかりとある魅力的な1本。枯れた感じの少ないフレッシュさ、度数相応のアタックが開封直後は硬さにも繋がっている印象。
少量加水すると華やかさは増すが、思ったよりボディが伸びずピートもぼやけてしまう。時間をかけてじっくりと楽しみたい。

順番が逆になりましたが、昨年2016年にリリースされたラフロイグのリミテッドエディションです。
リフィルのバーボンバレルで30年熟成させた複数樽をバッティングした、シングルモルトのカスクストレングス。長期熟成オフィシャルのカスクストレングスで、この度数というのも近年珍しい仕様ですが、それ以上にバーボンバレルのみで30年熟成はボトラーズでもすっかり見なくなりました。

バーボン樽熟成とあって近年仕様のラフロイグを象徴するような、あるいは目指す姿の一つを見るような1本。
シェリー樽のニュアンスがない分、逆に樽感にキレがあり、全体を通しての華やかさやフレッシュさが強調されている一方、それが飲み口の硬さにも繋がっているようにも感じます。
例えばここで25年などに使われているリフィルシェリー樽やホグスヘッドなどが使われて入れば、もっとマイルドでコクのある味わいになったかもしれません。ただ、それは時としていい意味でも悪い意味でもオフィシャルバッティング的な味わいとなり、主張のはっきりとしたキャラクターになるかは別だと感じます。

言わば塩で味付けた料理(特にスープ類)に醤油を入れるようなモノですね。
このリミテッドリリースがそうした複数種類の樽を使ってこなかったのは、単に原酒の選定上そうなっただけとは思えず、作り手側に何か狙いがあったのかと感じてしまいます。
前年の32年がこの逆、複数タイプの樽を使って総合的に旨くレベルの高いボトルを出してきているだけになおのこと。

ちなみに今年リリースされた2017とはキャラクターは同系統ですが、樽使いの傾向の違いもあって、30、27、25で好みが分かれるなという印象です。
自分の好みとしては、樽感がストレートに感じられる30年はもう少し時間を置きたい。27年はバランスが良いものの、度数の低さ故勢いにはかけるのであまり時間はかけないほうがいい。とすると面白みは乏しくとも、毎年度リリースされている25年の安定感は流石だなぁとか感じています。

このページのトップヘ

見出し画像
×