カテゴリ

カテゴリ:ラフロイグ

ラフロイグ 16年 43% 200周年記念 免税向けオフィシャル

カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 16 Years
200th Anniversary 
Travel Retail of Laphroaig
350ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ナッティで華やか、ヨードを伴うバニラの甘さ。ドライパイナップル、オークのニュアンス。微かに絵の具っぽい癖も感じられる。

味:フルーティーでヨードを伴うオイリーな口当たり。ナッティーな香ばしさを感じるピート、グレープフルーツ、オークフレーバー。若干粘土質な土っぽさも余韻にかけて開いてくる。余韻はドライでスパイシー、ピートスモークがしっかりと残り鼻腔に抜けていく。

フルーティーでスモーキー、安定感のあるオフィシャルラフロイグそのものという味わい。樽はバーボン主体と思われるが、若干感じられる癖に新樽のような別な樽も混じっていそう。加水するとフルーティーさがボケてしまうようで、ストレートで楽しみたい。


ラフロイグ蒸留所が2015年の創業200周年を記念し、そして時期的にはオフィシャル18年ものを終売にしてリリースした免税向け16年。
200周年記念としては、1年を通じて15年、21年、32年、あとは毎年恒例のカーディスがリリースされ、そのどれもが一定レベル以上の出来。まさに記念となる年に相応しい、気合の入ったラインナップでした。
16年については発売前にこのブログでもネタにしていましたが、その後テイスティングを掲載しないまま現在に。先日改めて飲む機会がありましたので、やっと掲載です(汗)。

DSC09999
(ラフロイグ蒸留所外観。島内で採掘されるピート、フロアモルティング、波しぶきのかかる熟成庫・・・様々な要素が個性的かつ魅力的なラフロイグのフレーバーを作り出す。Photo by K67)

200周年の全リリースを振り返ると、32年は60年代から70年代のラフロイグにあるトロピカルで土っぽいフレーバー主体。現在のラフロイグの構成とは異なる妖艶さがあり、以前リリースされたスコシアロイヤルのラフロイグを彷彿。
15年、21年は現行品の進化系というか、今出来る原酒と樽を厳選するとこうなるんだろうなという、華やかでフルーティーでスモーキーな構成。個人的には15年の飲んだ後に広がる、原料由来と思しきフルーティーさがツボでした。

そしてこの16年もまた15年、21年の系統で、個人的にはやや21年寄りのフレーバー構成だと感じています。
何れにせよよく出来ているオフィシャルボトルなのですが、似た系統のリリースが続いてしまったこと。国内への並行品が15年の正規品に比べて割高だった事などから、多分200周年リリースの中で一番話題にならなかった、少々不遇なボトルでもあるという印象です。

ただこうして久々に飲んでみると、わかりやすい美味しさとらしさのあるラフロイグであることは間違いなく。
この系統のラフロイグは今後もリリースされると思いますが、この時代にウイスキーを嗜む愛好家はそのマイルストーンとしても、ぜひ飲んでおきたい1本、そしてシリーズであると思います。

ラフロイグ 25年 カスクストレングス 2015's 46.8%

カテゴリ:
IMG_2609
LAPHROAIG
Aged 25 Years
2015 Cask Strength Edition
Cask type Aloroso Sherry & American Oak
700ml 46.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml+α
場所:持ち寄り会@蕎麦屋
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっかりとヨードを含むスモーキーなピートフレーバーと、微かにチーズのような酸味。スワリングするとレモンやオレンジの砂糖漬けを思わせる甘さと皮のほろ苦さ、柑橘系の爽やかさを伴う熟成香。奥には木材の焦げたようなニュアンスも感じられる。加水するとバニラや乾いたオークフレーバー、塩素っぽさもある。

味:とろりとコクのある口当たり、ヨードを伴うピートフレーバーと共に、蜂蜜レモン、グレープフルーツ、土っぽさ、じわじわとナッティーで香ばしいピートスモークが鼻腔に届く。ボディは厚く、フレーバーは濃縮されて実に複雑。
余韻はスモーキーで序盤に感じられたヨード香がそのまま残り、ほろ苦くピーティー。
加水するとピートフレーバーは柑橘系のフルーティーさが強く感じられる。また、ドライでウッディーなニュアンスも余韻にかけてはっきりと感じられ、全体的にフレーバーが伸びてくる。

ストレート、加水共に良く出来ており愛好家卒倒の1杯だが、実はお湯割が旨いという一面も。熟成でカドが取れているためアルコールの揮発は柔らかく、口に含むとピートスモークとヨードがふわりと開いてなんとも言えない酔い心地に。。。

都内某所、蕎麦屋での日本酒会で出会った1本。ラフロイグが最近ほぼ毎年リリースしている、カスクストレングスの長期熟成版。現地を中心にリリースされているボトルですが、毎年平行品が少量日本市場にも流通しています。 
この25年、2014年リリースも美味しいは美味しいのですが、全体的に輪郭がはっきりしないというか、それほど高まらないボトルだったのに対し、今回の2015年は樽感とピート、そして熟成感を感じるフレーバーの凝縮感が素晴らしい。近年ボトルらしく若干の荒さも感じられますが、それでも前年と比べワンランク上の仕上がりとなっています。

原酒のベースは1980年代後半から1990年ごろの蒸留。フルーティさがはっきり出ていた時期の原酒に、樽の出方はリフィルオーク系で、原酒そのものの香味を後押ししており、バランスは良好です。
よくよく考えてみれば、2015年はラフロイグ蒸留所200周年の年だったわけで、気合が入っていないワケがないですよね。
バイセンテナリーリリースは15年、21年、32年と、どれも愛好家を唸らせてきましたが、この25年もまったく見劣りしない。むしろ、60~70年代蒸留寄りのフルーティーで長熟らしく落ち着いた32年の系統ではなく、15年や21年のベクトルで、完成度の高い香味が感じられるように思います。
言わば、もう一つの200周年記念ボトルの形・・・と言って良いかもしれません。いやぁ~これはグットリリースです。

他方、そんな秀逸なボトルを、ロックでも加水でもなく、よもやお湯割りで呑もうなんて・・・と初めて聞いたときは驚きました。
しかしボトル持ち主であるS兄さんオススメとあれば、試さないワケにはいきません。
旨い、確かに旨い。そしてこの背徳感。体中にヨードを含むスモーキーフレーバーと、バニラや柑橘系の甘みが染み渡っていくようです。
暖かいラフロイグがこうも旨いとは。。。っていうかこんなこと私の頭じゃ思いつきませんし、思いついてもまず実行しません(笑) 

素晴らしいラフロイグとの出会いに感謝すると共に、新しい飲み方も、まだ寒さの続く今こそ別なラフロイグでも試してみたいです。

ラフロイグ 15年 1980年代流通 アンブレンデッド表記 43%

カテゴリ:
LAPHROIG
Unblended Islay Malt Scotch Whisky
Aged 15 Years
1980's "BIG RED"
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(KuMC@Nさん)
時期:開封直後
評価:★★★★★★★★(8)

香り:スモーキーでヨードと植物、黒土の混じった腐葉土を思わせるピート香。微かにキャラメリゼしたナッツの香ばしさが混じり、奥から厚みのあるフルーティーさ、りんごのカラメル煮、トロピカルフレーバーが開いてくる。多層的で充実したアロマ。

味:オイリーでとろりとコクのある口当たりから淡くキャラメルや熟したリンゴの甘み、フルーツパパイヤ。存在感のあるピートフレーバー、ヨード、香ばしい麦芽風味もある。コク強く旨味が濃い。
余韻はじわりと染み込むピートのほろ苦さ、鼻腔に届くお香のように雅なスモーキーフレーバー。非常に長い余韻。


久々に飲ませていただきました、ラフロイグ15年の旧ボトル、通称"ビックレッド"。アンブレンデッド表記に時代を感じます。
蒸留時期は1960年代後期から1970年代。フロアモルティングの恩恵か、それとも麦芽由来なのか。この当時のラフロイグはボウモアとは違う系統のトロピカルフレーバーを下支えに備え、ボディに厚みがあってヨードやスモーキーフレーバーが渾然となって広がる、素晴らしいモルトウイスキーに仕上がっています。

瓶熟でフレーバーの一体感が増しているのもポイントですね。
今回のボトルは口開けでのテイスティングでしたので、フルーティーさはまだ開ききっていませんでしたが、その分ヨードや土っぽいニュアンスを強く感じました。状態も良く、今後時間経過での変化も期待できそうです。

愛好家の評価も高いボトル。もちろん現行品のラフロイグも良い部分はいっぱいあって、現在オススメできる蒸留所の一つではあります。 
今は無いボトルを飲む意味があるのかと、否定的な感情を持たれる方もいるかもしれませんが、蒸留所の核となるフレーバー、現行品の根底にはこうしたボトルの存在があり、それを知ることでさらに良い部分を見つけることが出来る、温故知新の好循環に入ることが出来るのです。
オールド至上主義になれとは言いませんが、経験できる機会があれば、是非飲んでおくべきボトルの一つでは無いかと思います。

さて、以下は雑談&ローカルネタ。
ラフロイグは、昨年200周年として15年、21年、32年など、愛好家を唸らせるリリースがあっただけでなく。通常の10年もボディは軽くなりましたが、十分楽しめる美味しさを持っています。
そのラフロイグのここ数年間のリリースで、最も高い評価を受けたボトルと言えるのが、1991ビンテージの23年です。(先日リリースされた30年はまだ飲んでいないので除外。)
自分としてもこのクオリティは文句無いとしていたのですが、今回の15年をテイスティングした際、23年が持ち込まれており、飲み比べをさせてもらいました。

実はこの時、どちらが良い出来かという話題にもなっていて・・・。
方や加水のオールド、方やリリースされてそう時間の経っていない現行のカスクストレングス。
一応両方飲んだ記憶があるなかで、いやいや23年良いじゃないですかと支持していた自分でしたが、飲み比べるとカスクストレングス故の荒さが目立ってしまい、加水の良さとこれだけのフレーバーを出る当時の酒質の強さを実感する結果に。
正座するくらいいは意識を正して、再度15年をテイスティングさせてもらいました。
貴重な経験をありがとうございました!

(なお、23年はこの後天ぷら屋でめちゃくちゃハイボールした。)

ラフロイグ ロア 48% 国内正規品 オフィシャルボトル

カテゴリ:
IMG_1588
LAPHROAIG 
LORE 
The Richest of The Rich 
(No Aged)
700ml 48% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな香り立ち。スモーキーでナッツのようなピーティーさとヨード、グレープフルーツピールのほろ苦さに、若干のえぐみ、樽の濃さからインクやゴムっぽいニュアンスも漂う。加水すると柑橘系のアロマが強く感じられる。 

味:粘性のある口当たり、ナッツ、バニラの甘みと根菜系の苦味と植物感。鼻抜けはスモーキーで強いヨード。余韻にかけてはウッディーでドライ、そして舌の奥に感じるピリピリとしたスパイス。
加水すると香り同様に柑橘系のフレーバー、スモーキーさが開き、粘性が強く感じられる。 


  自らの技術と経験を次の世代に伝える。「伝承」(LORE)という名前をつけられたラフロイグのニューリリース。
元々今年の3~4月頃に本国では発売されていて、現地を旅行された方や海外ショップからの個人輸入で既に国内にも入っていたボトル。当然、一部BAR等で飲むことが出来ていました。
少々今更感はありますが、このたび正規品が3000本限定で国内流通することとなりましたので、早速飲んでみることにしました。

IMG_1590

中身の構成はヨーロピアンオークの新樽で熟成の後、ファーストフィルのバーボン樽に移し変えて追加熟成を行った、ダブルマチュアードの原酒がメインなシングルモルト。
それぞれの熟成期間は3年以上は取られているものと思いますが、フィニッシュタイプの原酒よりも樽感のなじみは良いものの、多少のちぐはぐさが残っている事に加え、新樽を使っているためか、木材由来のヌメり、えぐみ的なモノも感じられます。

これのどの辺が「伝承」やねん、という疑問がないわけではないのですが、現在のラフロイグはカーディスなどの限定的なリリースにおいて、同蒸留所における王道であるバーボン樽熟成に加えて、ワイン樽やシェリー樽との組み合わせなど様々な樽の使い分けにも挑戦してきました。
そこで培ってきた新時代のノウハウを詰め込むという意味ならば、なるほどなと納得できます。

香味ともに樽の影響は相当出ており、口に含むとぬるりとしたオイリーな粘性や、ウッディーなえぐみ、余韻のドライさなど、香味の随所にそうした要素が感じられます。
しかしそれ以上にラフロイグらしさであるナッティーなピート、ヨードなども感じやすく、酒質の強さも備えています。
近年のライフロイグというとフルーティーなタイプのモルトが多いですが、このボトルは最初はそこまでフルーティーではないものの、じわじわとグレープフルーツ系のフルーティーさが感じられるようになり、加水するともう1歩前に近づいてきてくれるので、今後の変化ではちぐはぐさが馴染んで、よりフルーティーに変化してくれるかもしれません。

ラフロイグ カーディス 2016 マディラカスクフィニッシュ 51.6%

カテゴリ:

LAPHROAIG 
CAIRDEAS 
Madeira Cask 
For The Friends of Laphroaig 
2016's 
51.6% 700ml 

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅&BAR飲み
時期:開封後1週間以内
評価: ★★★★★ (5-6)

香り:スモーキーでパワフルでスパイシー、甘くナッティーな香り立ち、磯っぽいヨードのニュアンス、乾燥した植物に微かに薬っぽさとベリー系の甘さ。荒いエッジのトゲトゲしさも感じる。

味:粘性のある口当たり。ナッティで香ばしい麦芽とピートフレーバー。やや樹脂ぽさのある癖とベタつきのある甘み、ほのかな酸味、海藻っぽさ。
余韻はピーティーでスモーキー。若干の植物系のえぐみ、ウッディーな苦味。鼻抜けにヨードと強いスモーキーさ、ドライなフィニッシュ。

2016年リリースのカーディス。
バーボン樽で熟成させた後、マディラカスクで再熟成させた1本。メーカー的には古き伝統と新しさの融合といったところでしょうか。
個人的には昨年のカーディスが正統派路線のラフロイグだったのに対し、今年のカーディスはいじり系の変化球。一言で、若い原酒の荒さを、マデラカスクで強引に押さえつけたような味わいという印象です。

このボトルはBAR飲みする前、自宅の持ち寄り会で口開けをテイスティングしていました。
その際はワイン樽の影響かプラスチックというか樹脂っぽいニュアンスが口の中に残って、なんだか厳しいなと、最後はハイボールにした経緯があります。
再確認目的で1週間程度経過した後テイスティングしてみると、そうしたフレーバーは馴染みつつあるものの、ベースの荒さはどうしようもないという感じでした。
200周年でスペシャルな原酒を使いすぎちゃったかな?

素材は悪くないのだから余計なことしなけりゃ良いのに、なんていうのは結果論でしょうか。まあ毎年違いをつける上では、こういうスタイルのモルトも出ますよね。
ひょっとしたら開封後時間経過でさらに良くなるのかもしれませんが、お祭りを楽しむラフロイグだなと、自分の中では一区切りすることにしました。

このページのトップヘ

見出し画像
×