カテゴリ

カテゴリ:オススメウイスキー価格別

5000円以内でオススメウイスキー 「アラン12年カスクストレングス」

カテゴリ:

先日、グレンリベット・ナデューラの熟成樽切り替えのニュースを記事にしました。
バーボン樽からシェリー樽に変わりますよ、という話です。

バーボン樽熟成のウイスキーには、オーク香に分類されるフルーティーさや、バニラ・蜂蜜のような甘さが出る傾向にあり、ちょっと前までそうした特徴があるボトルといえば、
「グレンモーレンジ アスター」「グレンリベット ナデューラ」
この2本がオフィシャルとしても、コスパという点でも高い評価を得ていました。

ただ、時代は変わりゆくもので、気がつけば2銘柄とも終売、表舞台を去ってしまいました。
加水ではいくつかあるのですが、ハイプルーフというと限られてきます。
ボトラーズからは頻繁にこの手のタイプのリリースはありますが、基本1万前後で中々手を出しにくい。
何かお手頃で良いバーボン樽熟成のウイスキーはないものかと酒屋を見渡していて・・・ありました。
コイツの存在をすっかり忘れていました。
前置きが長くなりましたが、今回は5000円以内で買える"バーボン樽熟成のウイスキー"として、オススメの1本です。


アラン12年 カスクストレングス
ARRAN CASK STRENGTH
Aged 12 years
Batch No,4
53.2% 700ml
価格:4980円

アラン蒸留所は素直な麦芽系の酒質であり、後は樽さえよければ良いウイスキーが出来る、下地の整った蒸留所の一つ。
麦芽に拘っているだけでなく、蒸留設備も小規模で、良い意味で小回りの利く開発が出来ているのでしょう。
ここ数年はオレンジアランを筆頭に、良質なオーク香主体のウイスキーをリリースしています。

この12年カスクストレングスも、ドライなオーク香、蜂蜜や麦芽の強い香りに微かなハーブのアクセント。
口当たりは粘性があるがフィニッシュはドライで強めのウッディネスと蜜のような甘さ。ハニージンジャー、ドライパイナップが中間で感じられ、加水すると麦芽の香りが引き立ち、フィニッシュも伸びる。
味を比較すれば、8000~10000円クラスのボトラーズに匹敵する完成度であるように感じます。

少し薄めでハイボールにすると、爽やかな木香が心地よい1杯としてこれからのシーズンにマッチした1杯に。
少量リリースで多くは市場に出回らないため、専門店が近くに無い方はネットでの購入が中心になると思いますが、ポスト・ナデューラとしてオススメの1本です。

取り扱いショップ一例。
アラン12年カスクストレングス(リカーズハセガワ)
http://www.liquors-hasegawa.com/SHOP/13410.html

※ショップによっては5000円を越えてるところもあります。

3000円以内でオススメウイスキー「フィンラガン&アイリーク」

カテゴリ:
設定した価格の中でコスパの高いウイスキーを紹介するこのコーナー。
今回は3000円以内。ブレンデット主体となる価格帯ですが、シングルモルトもいくつか選ぶことが出来ます。
その中から、今回オススメするのはフィンラガン、そしてアイリークの2本です。

IMG_1753
写真左:アイリーク 40% 700ml
写真右:フィンラガン オールドリザーブ 40% 700ml
 
安くて美味しいアイラモルトは?という質問をすると、帰ってくる答えの中に含まれている筆頭候補なボトル。
蒸留所から独立業者が原酒を買い付けボトリングしているモノ、蒸留所は一応不明ということになっています。
この2種類にはいくつかのタイプがありますが、3000円以内で購入出来るのは40%の加水仕様。
もう1000円くらい出せばどちらもハイプルーフ仕様が買えるんですが、まぁ予算の範囲ということで。
どちらもそれぞれ特徴が出ていて、ストレートでもハイボールでも楽しむ事が出来ます。
 
 
まずフィンラガン。コイツの中身はカリラです。
個人的にはコレ、良く出来ていると思います。
透明感のある爽やかな香味、うっすらとしたコク、フィニッシュで感じるピート香。
オフィシャルに比べて少々パンチが弱い気もしますが、バランス良くまさにカリラだねという味。
ワインで言うセカンドラベル的な位置づけで楽しむと良いかもしれません。
 
続いてはアイリーク。イーラッハと読む方も居ます。
これは・・・ラガヴーリン説が根強いですが、確定はしていません。
ラフロイグ説もありますが、フレーバー的にラフとはベクトルが違う気がします。
40%と加水版は若さが目立つ味で、添加したような樽香とトゲトゲしたピートで荒さのある仕上がり。
フィンラガンがおとなしすぎてダメだ、もっとパワフルなアイラが飲みたいという人なら、こういうのもアリかなーって思います。
 
この2本、取り扱い店舗は少ないですが、ネットで買って送料込みでも3000円に収まるくらい。
都内ではリカーズハセガワで販売しています。
気温の上がるこれからのシーズンは、ハイボールなどで活躍してくれるボトル。
手軽にアイラを楽しみたい方にはオススメの2本です。
 

5000円以内でオススメウイスキー 「竹鶴17年」

カテゴリ:

個人的に予算5000円以内は、シングルモルトウイスキーを楽しむためのボーダーラインです。
2015年4月現在、だいたいの蒸留所のオフィシャルスタンダードはこの予算内で手に入るため、3000円に比べて選択肢がぐっと広がります。
まったく、新渡戸稲造しかり、与謝野晶子はよほどウイスキー好きと見える・・・。

しかしそれだけ多数候補がある中でも、総合的には竹鶴17年一択になってしまいます。
芸が無いのでヒントを求めて酒屋のサイトを見て回りましたが、無いモノは無い。
いや「ピーティーな味で」とか、「シェリー樽熟成系で」とか条件をつければ他に出てくるモノもありますが、
予算5000円以内という条件のみなら、このウイスキーは外せません。



竹鶴17年のテイスティングは以前記事にしていますので、他の飲み方を紹介すると、
ハイボールもさることながら、意外とロックが旨いんです。
ねっとりとした甘みにピートが立ってくる、冷えたウイスキーが口の中で暖められた時にふわりと樽香が鼻に抜ける。
製氷機の氷ではなく、是非ロックアイスで試してみてほしいです。


さて、竹鶴17年と言えばマッサンによるブームに加え、WWAのワールドベストブレンデットモルト受賞や、
中国人観光客のお土産として爆買いの対象にもなっており、国内市場は品薄状態です。
なのでアマゾンの某ショップやらでは7000~8000近くまで値上がりしているケースもあり、オイオイ5000円じゃ買いたくても買えないよと、原酒も足りないんじゃなかったか? そういう意見もあると思います。

酒販関係者から聞いた話でもありますが、そもそも竹鶴が品薄である理由はニッカの生産(ボトリング)能力にあります。
ニッカはウイスキーのボトリングを柏ウイスキー工場で行っていますが、生産ラインの規模的に全国の需要に対応仕切れていないのが現状で、現在休日返上でフル稼働させているものの、限定品など優先すべきボトリングもあったことで竹鶴のボトリングが追いついていないということなんです。
調べてみると、確かにそういう記事もありました。昨年の記事ですが、原酒は在庫で足りているとも。


ご存知のとおり、ニッカからはブラックニッカにハイニッカ、そしてスーパーニッカと限定品の製造、出荷があったばかりです。
また、最近いくつかラインナップを終売(休売)させているのも、原酒的な問題だけでなく、生産能力を売れ筋商品や限定商品に振り分けるためで、少なくとも竹鶴シリーズに関しては今後流通しないということはなく、むしろいくつかのリソースが戻るため多少改善される可能性もあります。
(ニッカ側がボトリング設備の拡張を予定していないため、抜本的な改善とはならなさそうですが。)

ちなみに竹鶴シリーズが良く入荷している酒屋の筆頭に、ビックカメラの酒販があります。
やはり大手は強いですね。ウチの近くも先日入荷しているのを発見しました。もちろん定価です。

3000円以内のオススメウイスキー「バランタイン12年」

カテゴリ:

3000円以内は、シングルモルトを選ぶには中々厳しい予算範囲です。 
確かに一部は何とかなりますが、この価格帯では個性を楽しむと言うよりも、 
ウイスキーとしての完成度が高いものを探るほうが無難です。 

ちょっと前までスコッチタイプのウイスキーでは、
竹鶴12年がこの価格帯の絶対王者として君臨していた感がありますが、 
ノンエイジ化したことで、1強とは言いがたい状況になりました。 

最近の同タイプでオススメは、バランタイン12年です。 

昨年、某空港のラウンジにあって待ち時間中に飲みました。
「お、これは中々面白いぞ」と、ビックリしたのを覚えています。

飲み口は軽い感じですが、スッと入ってフワッと香る華やかさ。アイラモルトよりもハイランド系が主体に感じる構成で、おそらくこれはミルトンダフやグレンバーギー、そしてスキャパあたりでしょうか。

この価格で、構成モルト原酒の良いキャラクターが感じられるのはポイントです。
飲み方はハイボールも良し。多少感じられるグレーン由来と思しきえぐみが冷えると緩和され、さらに飲みやすく。

現行品の同価格帯スコッチの中では頭ひとつ抜けた出来だと思います。


バランタイン12年(2015年3月現在):税込2000円前後。
(最近はグラス付きも出ています。お得感ありますね!)
http://item.rakuten.co.jp/ledled/3-ballantines12-b-gs/

カテゴリ:

カテゴリー
【オススメウイスキー価格別 】について

テイスティングカテゴリーの説明のとおり、このブログのテイスティングでは、
販売価格、購入価格は評価基準としないことにしています。

しかし私も無尽蔵に予算があるわけではなく、
この価格でこの味は・・・と考えることは、すいません、日常茶飯事です。
っていうか家飲みのボトルは価格とのバランスで選んでるものが多いです。

予算があって、その中で購入するものを検討するのがフツーですよね。


そこでこのカテゴリーでは、自分が過去飲んだ中で、
「この値段でこれは良いんじゃないか」というのを、
何が良いのかも紹介しつつ、掲載していきます。

価格帯は、これまでの経験から独断で、
3000円以内、5000円以内、10000円未満、10000円以上とします。

また、
・価格はネット流通価格(税込み)で、オークション相場は含まず。
・モノは記事掲載時点で店頭やWEB等で購入できるもの。
この2点を最低限のルールとします。

必然的にオールドブレンドや大多数のボトラーズはなくなりますから、
現行ボトルの中で、光るものを紹介するというコーナーになりそうですね。


長くなりましたが、早速紹介1本目に続きます。

このページのトップヘ

見出し画像
×