カテゴリ

カテゴリ:リンクウッド

リンクウッド 37年 1978-2016 スペシャルリリース 50.3%

カテゴリ:
LINKWOOD
Limited Release
Aged 37 years
Distilled 1978
Bottled 2016
Cask type Refill American Oak Hogsheads & Refill European Oak Butts
700ml 50.3%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後1年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:やや青みがかったドライな香り立ち。ツンとした刺激に乾いたオーク、品のいい果実香はファイバーパイナップル、青林檎、アロエを思わせるニュアンスを感じる。

味:プレーンで癖のないニュートラルな味わい。徐々にオーキーなトロピカルフレーバー。パイナップル、林檎のコンポート、奥には微かなピートフレーバーも感じられる。ボディはミディアム程度、余韻はしつこくない程度にドライでオーキー、華やかで長く続く。

花と動物のリンクウッドの延長にあると言えるボトル。淡麗系の酒質にほのかなピート。リフィルオーク樽を用いたことによるバランスよく、当該シリーズらしい整った熟成感がある一方で、青みがかったウッディさもある。


日本では2017年版のスペシャルリリースとして発売された、オフィシャルにおいて最長熟成となるリンクウッド。1978年という蒸留時期もあり、淡麗傾向で癖の少ない酒質となっています。
また、ボトルに書かれたポットスチルが、花と動物シリーズにおける同蒸留所の白鳥をイメージするようなデザインとなっており、上述の中身と合わせて関連性を感じる仕上がりでもあります。(価格は随分と差がありますが。。。汗)

当時のリンクウッドは新しい蒸留設備が1971年に稼働し、新旧合わせて生産量が大幅に増加していた時代。かつてはスモーキーで芳醇だった酒質は、生産方針の変更か、酒質の幅を増やすためか、この時期からオールドスタイルのものと、ライトスタイルのものが混じるようになるのは、これまでも度々触れてきているところです。
この背景には、新旧設備での作り分けのみならず、ライトなウイスキーを求める時代の需要、樽や麦芽品種の変化など、多方面からの影響があったのだと思いますが、その点で言えばこのスペシャルリリースのリンクウッドは近年寄りの仕上がりと言えます。

なお、リンクウッドは99%がブレンド向けに使われてきたという蒸留所。ジョニーウォーカーなどのDCL系列のブレンデッド他、直系としては先日記事にしたアボットチョイスやチェッカーズがあります。
この2銘柄については1980年代後半にかけて香味から徐々にクラシックなスモーキーさが失われて行くわけですが、この背景にリンクウッドのスタイルの変化があるのではないかと推察しています。


以下、雑談。
今回のリンクウッドしかり、これまで紹介してきたスペシャルリリースしかり、整っていてバランスも良いんだけど、高い評価に至らないボトルについて、どう位置付けているのかという質問を頂きましたので補足をさせて頂きたいと思います。

これは個人的に漫画のようなものだと思っていて、漫画は絵の良さと、ストーリーの良さが大きく分けてあるとすると、どっちを評価するかという話なんですよね。
勿論両方いいものの方が満足感は高まるのですが、例えば極めて両極端な事例は除いて、ストーリーはそこそこだけど絵やコマ割りは綺麗な漫画は無難に楽しめて、万人ウケもするけどしかし熱狂的にハマるかというとそうではない。これをウイスキーに置き換えると。。。バランスは良いけど突き抜けなくて★6、という評価をする事が多いと思います。

自分はどっちかというとストーリー重視で、絵はそこそこ、ストーリーそこそこでも評価が変わらなかったりしますが、数値化されない部分は本文の表現で補足したいですし、それ以上に個人個々の感覚、評価軸があって然るべきと思います。
こんなところで説明になっていれば幸いです。


リンクウッド 37年 1939-1976 GM コニッサーズチョイス 43%

カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Aged 37 years
Distilled 1939
Bottled 1976-1977
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@BLACK HEART
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:柔らかく芳しい麦芽香と存在感のあるスモーキーさ。グレープフルーツなどの柑橘のジャム、蜂蜜、ほのかにレーズン、土の香り、奥行きのあるアロマ。

味:まろやかな麦芽風味に柔らかいピートスモークがしっかりと広がる。香り同様の果実味はオレンジやグレープフルーツ、ほのかにカラメルソース、オールドシェリーのコク。一体感のある味わい。
余韻はほろ苦くスモーキー、嫌味のない麦感とフルーツが染み込むように長く続く。

香味に共通する奥行きのある麦感と存在感のあるピート。経年の影響があってなお輝く、加水ではあるが元の原酒のスケールの大きさを感じさせるウイスキー。素晴らしい!


世界大戦の期間を挟んで熟成されているというだけで、そのビンテージに理解が追いつかない、今となっては反則的なスペックのリンクウッド。
注文した際の「だいぶ抜けてるかもしれないよ」というマスターの言葉とは裏腹に、それを差し引いてなお味わい深く、しっかりとした個性が感じられる素晴らしいボトルでした。

その香味は、抜けているというか、穏やかになったという感じ。開封後時間が経過している加水仕様のボトルなら、もっとくすんだような味になるのですが、このボトルは麦感、果実味、ピート香に存在感があり、口開けだったら一体どれ程の厚みと強さがあったのだろうかと、その強さとスケールにただただ驚かされます。
麦の品種、フロアモルティング、蒸留プロセス、何が由来しているのか興味が尽きません。

リンクウッドと言えば、近年は新旧2つの設備からノンピートタイプとピーテッドタイプの2タイプ(2つのニューポットは時に混ぜられるそうで、実際はさらに多様なタイプがある)の原酒が生産されていますが、1971年の蒸留設備新設以前はピーティーな原酒を中心に生産が行われていたようです。
ただリンクウッドにおける自分の経験値は1950年代の蒸留まで、流石に1930年代の原酒は未体験ゾーン。このボトルだけで全てを語ることはできないと思いますが、それらオールドリンクウッドのピーティーな原酒と同じベクトルにあるという印象を持ちました。


なお、この日はストラスアイラ、タリスカー、リンクウッド、3種類のGMコニッサーズチョイスをテイスティング。タリスカーが少し抜け気味でしたが、それでもどれも加水とは思えないコシのある味わい、個性の強さが共通する要素にあり、まさに至福のひとときでした。

余談ですが、このコニッサーズチョイスの裏ラベルを見ると、伝説のウイスキーコレクターとして知られるエドワード・ジャッコーネ氏の名義が。彼は自身の卓越した目利きで多くの原酒を選び、ボトリングも行なっていたわけですが、このコニッサーズチョイスにも関わっていたんですね。
当時と今では状況が違うとは言え、これは確かに誰もが美味いと納得するボトルだと思います。

ダンカンテイラー リンクウッド 24年 1990-2014 信濃屋&BAR マッシュタン 48%

カテゴリ:
IMG_5084
DUNCAN TAYLOR
LINKWOOD
Distilled 1990
Bottled 2014
Aged 24 years
Cask type Hogshead #8328
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅&自宅
時期:開封直後&開封後2年程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:キャラメルナッツ、アップルパイ、蜂蜜、程よい焦げ感のあるトーストを思わせるウッディネスとスモーキーさの漂う甘くほろ苦い香り立ち。注ぎたてはツンとした刺激もあるが時間経過で和らぎ、甘みが強く感じられるようになってくる。

味:リンゴのカラメル煮、アプリコットジャム、微かに干し草。あわせて鼻腔に届くスモーキーフレーバー。ボディの厚みはミディアム程度、味はしっかりとしている。
余韻はドライでオーキー、ナッツ、フルーツ缶のシロップのような甘み、内陸系のピートが長く続く。

オールドスタイルで美味しいリンクウッド。度数よりも少し強いアタックを香味とも感じる。酒質由来のニュアンスと樽感のバランス、そしてスモーキーさの漂う味わいが自分好み。
時間経過での変化が早い印象。加水すると乾いたようなウッディネス、水っぽさが出てバランスは多少崩れるものの、余韻のフルーティーさが際立つ。


約2年の時間を経た再会。2015年には目黒の名店、BARマッシュタン東京の11周年を祝うプライベートリリースとして。そして先日、2017年には信濃屋においてプライベートボトル10周年の年に。一つの樽から時期を分けてリリースされたのが、今回のボトルです。

画像引用:信濃屋WEB通販サイト ラフロイグ1997&リンクウッド1990

そうした経緯から、マッシュタン東京の記念ボトルとして一部愛好家間に流通し、開封されていたものと、直近発売されて開封したもの。期せずして異なる時間軸にあったボトルをほぼ同時に飲む事が出来たわけですが、同じ系統の味わいがあるのは同じ樽で同じ時期にボトリングされているので当然としても、その香味の変化が速いという印象があります。

変化がある期間はボトルによってまちまちですが、あまりにも時間がかかるものもあれば、即変化していくものもあります。(時間がかかるのは本当に辛抱強く付き合わねばならず・・・(汗)
このリンクウッドはグラスの中でも樽香が落ち着くのが早く、奥にある甘みがどんどん開いてきます。
開封済み時間経過ボトルは置かれた環境もあるため一概に言えないものの、樽感は結構緩くなっていて、合わせて林檎を思わせるフルーティーさも少しぼやける一方、これらに一体感が出たような華やかさがあります。

この手の熟成感のあるスペイサイドモルトは近年少なくなってきており、かつ個人的にリンクウッドでスモーキーなタイプが好みなのでグッときましたね。同じ1990でもタイプの違うやつがいたりで、ここはリンクウッドの罠。
開けたてすぐから飲み頃で、その変化も楽しめる、ナイスリリース。すでにショップは完売状態なのであとはBAR等で飲むしかありませんが、見かけたらお試しください。

リンクウッド 24年 1991-2016 チーフタンズ 50%

カテゴリ:
LINKWOOD
Chieftain's 
Aged 24 years
Distilled 1991 Sept
Bottled 2016 June
Cask type Hogshead #10367
700ml 50%

グラス:木村硝子
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ツンとエッジの立った、スパイシーでドライな香り立ち。淡くイチジクのような酸味を伴う。時間経過で青みがかった植物系のフレーバー。

味:ドライでオーキー、ウッディで香り同様にエッジの立った口当たり。じわじわと青みがかった植物感、アロエのシロップ漬け、ほのかに林檎を思わせるフルーティーさも開いてくる。
余韻はオーキーで青みがかった甘み、グリーンアップルキャンディ。

近年系、花と動物タイプのリンクウッド。樽はおそらくリフィルシェリーホグスヘッドだろうか。バーボンオークのバニラ風味というより、酸味のある青っぽい香味はその系統の樽に感じられることが多い。ストレートか少量加水で。


リンクウッドの酒質はピーティーで複雑さのある古典的なタイプと、華やかで柔らかいタイプの2系統があり、近年多くリリースされているのは後者のほう。今回のボトルも後者の方ですね。
個人的に後者のリンクウッドは、特別好みでもなく嫌いでもない、という認識から積極的にボトル買いすることもないのですが、前者か後者かは飲んで見ないとわからない。
困ったことに昔と今で線引きされているわけではなく、今尚どちらのタイプもされているのです。(1984のムーンインポートや、以下の1999マネドラなどが該当。)

そのため良さそうだなと感じたものはBAR飲みし、様子を見ていきます。
今回は自分の好みなリンクウッドではなく、華やかなでピートが主張しない花と動物系統のリンクウッド。まさに春の水辺に浮かぶ白鳥のようなウイスキーで、決して悪くはないんですが、これじゃないんだよなー。
(リンクウッド12年 1999年蒸留 マネージャーズドラム。ピーティーで厚みのある麦芽風味、近年蒸留でありながら古典的なリンクウッドの味わい。)

過去の記事でも書きましたが、リンクウッドのキャラクターの違いは、1970年代あたりから出始めます。
ちょうどこの時期、リンクウッドは新しい蒸留設備一式を建築しており、これが1971年にリンクウッドBとして稼働。
古い設備はリンクウッドAとして、1年の中で限定的に稼働。1985年から1999年まで一時的に休止していましたが、それ以外の時代はどちらの設備ででもウイスキーづくりが行われています。

酒質の違い、ピートレベルの違いはここから来ているのではないかと考えています。
海外情報ではリンクウッドではピーテッドモルトとアンピーテッドモルトを使い分け、あるいは組み合わせた蒸留が行われているとのこと。リンクウッドAではピーテッドモルト、リンクウッドBではアンピーテッドモルトを使い、状況に応じてそれらは単独で樽詰めされたり、混ぜ合わせて様々なバリエーションを作り出し、樽詰めされているのではと推察しています。

あくまで推察でしかありませんが、そう考えるとこの2つの設備を使う蒸留方法は、いちいち麦芽から変えなくても良いので非常に効率的な作り方でもあります。
ただ、先も書いたように自分の好みなスタイルが詰められているか、飲んでみるまでわからないのは困った要素です。

リンクウッド 26年 1981-2008 レッドワインフィニッシュ 55.5%

カテゴリ:
IMG_3067
LINKWOOD
Aged 26 Years
Distilled 1981
Bottled 2008
Cask type Refill American Oak
(Matured in Red Wine Casks for 14 Years)
500ml 55.5%

グラス:木村硝子テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★(5)
※加水での評価は★(6)

香り:強いアルコール感とこってりとした甘いアロマ、少しハーブを思わせるニュアンス。煮込んだイチジク、ブラウンシュガー、奥から硫黄香が出て来て時間経過で支配的に。

味:リッチでパワフルなアタック。ダークフルーツのシロップから、かりんとうを思わせる香ばしさとサルファリーなニュアンス。少しギスギスとした樽感が舌を刺激する。
余韻はウッディでハイトーン、ヒリヒリとしたフィニッシュ。

加水するとコニャックを思わせる華やかなアロマ、味わいもバランスよくクリーミーさも感じられる。これは加水で飲むべきウイスキー。

リンクウッドが限定品としてリリースしたフィニッシュシリーズ3種類のうちの1つ。
12年熟成の原酒をラム、ポートワイン、赤ワインの熟成に使われた樽にそれぞれ移し替え、ベースの原種よりも長い14年間追加熟成したものです。
フィニッシュというより、ディアジオ系列で多くリリースされているダブルカスクマチュアードですね。中々意欲作なボトルだと思います。

外観は、アイスワインを思わせるスラリとしたボトルデザインが特徴的。遠目に見るとウイスキーという感じがしない。。。というか、いいバランスでフレームに入りきらないカメラ泣かせなヤツ。
その中身は、1980年代のリンクウッドらしい、穏やかで中性的な原酒をベースに、ねっとりとした口当たりでかなり赤ワイン樽の個性が強く出ている構成。硫黄燻蒸された樽だったのか、サルファリーな要素も感じられます。
2〜3年のフィニッシュとは異なり、10年以上熟成されているためかワイン樽の香味が浮ついた"あとのせ感"はあまり感じません。

ストレートではパワフルで樽感主体なボトルですが、加水すると華やかなオークフレーバー、酒質由来のクリーミーな要素が開き、ポジティブな変化が見られました。
これは少量というより、1:3くらいで加水して飲むと真価を発揮するようです。
とすると500mlで売られているのも、加水を前提としているのかなーと考えてしまいますが、たまたまかなぁ(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×