カテゴリ

カテゴリ:グレンファークラス

グレンファークラス30年 1987-2017 サイレンスバー30周年記念 44.5%

カテゴリ:
IMG_6179
GLENFARCLAS
THE FAMILY CASKS
Aged 30 years
Distilled 1987
Bottled 2017 
For Silence Bar & Shinanoya
To Commemorate the 30th Anniversary of Silence Bar
Cask type Refill Sherry Hogshead #3813
700ml 44.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6→7)

香り:最初はややビター、カカオチョコやウッディなえぐみが前に出ているシェリー感だが、徐々に樽由来のオーキーな華やかさ、ビスケット、甘栗、レーズンとドライアプリコットなどの黄色系のドライフルーツの甘みが開き、香りが充実してくる。

味:とろりとした甘み、キャラメルやレーズン、少しニッキのようなスパイス。乾いたウッディネスとあわせ、じわじわとオーキーな華やかさ、ドライアップルやアプリコットのフルーティーさがシェリー樽由来の甘みとともに広がり、鼻腔に抜ける。
余韻は少し粉っぽい樽感、オーキーで淡いタンニン、レーズン、ほろ苦く長く続く。

時間と共に樽系のニュアンスが開いてくるだけでなく、少量加水すると多少分離感のあったシェリーの甘みとオーキーな華やかさの一体感が増し、近年系トロピカルフレーバーを思わせるフルーティーでウッディな余韻へ繋がる。時間をかけ、グラスの中での変化を楽しんだ後は是非少量加水をしてほしい。詰め手が何を見出したのかが伝わってくるようである。

IMG_6178

香川県丸亀市、瀬戸内海のに面する漁港のほど近く、ここに日本の中でも有数のウイスキーBARとして名を馳せる、サイレンスバーがあります。佇まいに加え膨大なウイスキーのストック量は、さながら漫画のBARレモンハートを思わせるような雰囲気があり、モデルになったBARの一つではないかいう話もあるほどです。

そのサイレンスバーが1987年の創業から昨年で30年を迎え、信濃屋経由でボトリングした記念ボトルが今回のグレンファークラスです。
近年のグレンファークラスと言えば、国内に多く流通したボトルではメインモルト&キャンベルタウンロッホの1989、信濃屋プライベートボトル10周年記念の1991と、高い評価を得たボトルが複数あり。あのサイレンスバーの記念としてリリースされるのだから、間違いなく良いものを詰めて来るはずだと、期待していた飲み手も少なくなかったと思います。

さて、その中身は予想に反して?きれいな近年系シェリー。
正直、最近流行りの一撃必殺濃厚スパニッシュオーク系だろうと思っていたので、一口目は「なんだかはっきりしないシェリー感だな」とさえ感じたところ。
ただ、後半にはシェリー感と共に熟成を感じさせるオーキーなフルーティーさが広がり、グレンファークラスでいうプレーンカスクに通じる要素がある。
それが少し浮ついたというか、シェリーとの分離感があるようにも感じられるのですが、ホグスヘッドにするにあたって鏡板を新しくしたとかで、シェリー以外の要素が強めに出たからかもしれません。おそらく元々の樽は70年代くらいの アメリカンホワイトオークと思われます。

先述の1989や1991はスパニッシュオークでの熟成と思われる香味。材質から異なるため、フレーバーの傾向も当然変わります。
こうした長熟スパニッシュオークシェリー樽の、甘みと香木っぽさがある味わいはそれはそれで良いんですが、最初からどかーんと来てしみじみ楽しむという感じではないんですよね。
今回のファークラスは時間経過でグラスの中で開き、馴染む味わいがポイント。余韻にかけてじっくり楽しんでいける方向性は、オーセンティックな雰囲気を感じさせると言うか、なんて言うかシブいですね。
将来性も十二分に感じさせるボトルだと思います。

グレンファークラス 20年 1978-1998 カスクストレングス 58.1% ドイツ向け

カテゴリ:
GLENFARCLAS
CASK STRENGTH
Distilled 1978
Bottled 1998
For Karstadt Müllerstraße 20 Jahre
Bottle No,60/96
700ml 58.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ハイトーンで強いアタック、黒砂糖やチョコブラウニーを思わせる甘い香り、ほのかに古酒感も伴う。スワリングでドライプルーン、アーモンドを思わせるニュアンスも。

味:しっかりとパワーのある口当たりで、香り同様に刺激も強い。ほのかの青みがかった甘みのある樽感、薄めた黒蜜やドライプルーン。
余韻はハイトーンでドライ、ヒリヒリとするアルコール感。淡いウッディネスを伴うビターなフィニッシュ。

強いアタックで奥行きを感じ取りにくいが、加水すると蜜っぽい甘味が開き、ふくよかな香味に変化する。適量の加水がオススメ。


ドイツのデパート、カールシュタット(Karstadt)が、その地域での開業20周年を記念して発売したと思われる、プライベートボトルのグレンファークラス・カスクストレングス。
なんでそんなボトルが極東の島国にあるのか、酒の縁を感じるところですが、これも該当するウイスキーを長きにわたって収集してきたBARだからこその出会いと言えるのかもしれません。

ドイツ向けのファークラスは過去良いリリースがいくつもあり、このボトルも来るか!?と身構えましたが、今回のリリースは荒削りというか、割と近年寄りのスタイル。
淡くオールド系の香味が漂うものの、例えば樽がリフィルホグスなのかシェリー感が全体的に少し薄めで、そこにハイプルーフなファークラスらしいハイトーンでアタックに強い酒質を感じます。

この手のウイスキーは少量加水すると真価を発揮することが多く、今回ボトルもその部類。加水していくことで好ましい変化が感じられ、バランスが取れてきました。
こういう酒質だからこそ、30年以上の熟成にも耐えうるし、濃厚なシェリー感と43〜46%の加水の中でバランスが取れて来るんですね。
近年、短期間での仕上げを目指してか、クラフトを中心に柔らかくてスムーズな、綺麗なニューポットを作るスタイルが増えてきた気がしますが、こういうモルトを飲むと熟成期間と酒質と樽とのバランスを考えさせられます。


BAR IAN WLN2018先行試飲会、いよいよ本命プライムモルト3連発と見せかけて、更新し損ねていたファークラスです。
飲むタイミングが難しいですが、どちらかと言えば締めの方ですかね。
ただ当日は更新の順番で飲んでいたわけではないですが、まさに締めの方で飲んだところ、度数とアタックも合わせて結構舌にきました(笑)。

グレンファークラス105 8年表記 1980年代流通 60%

カテゴリ:
GLENFARCLAS
105 Proof
8 years old
1980-1990's
700ml 60%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:黒蜜を思わせるコクのある甘い香り立ち、古酒感、淡いサルファリーさ。スワリングするとアルコールのアタック、レーズンチョコレートのような甘みにコーティングされた酸味も感じられる。

味:かりんとうや黒砂糖を思わせる甘み、香ばしさを感じる。ヒネ系の古酒感、オレンジピールチョコ、ウッディでハイトーンなフレーバーの広がり。
余韻はドライでサルファリー、ヒリヒリとした度数由来の刺激とカラメルソースの甘みが残る。

シェリー感に対して度数が強く、それが樽感からくる奥行きを相殺しているような飲み心地だが、古酒らしく角の取れたアルコール感が、これはこれとしてバランスが取れているとも言える。加水はシェリー樽由来の甘みが引き立つ一方、サルファリーさも前に出てくるため一長一短な変化がある。


日本市場では珍しい、スクリューキャップ仕様のグレンファークラス105、8年表記時代のボトルです。
裏ラベルにはイギリスのバーコードがプリントされていることと、キャップにはイタリアTAXが貼られているため、流通時期は両仕様が共通する1980年代後半から1990年代初頭と考えられます。

この時代の105は日本にも輸入されていて、オフィシャルでありながら60%というハイプルーフが当時の愛好家からも注目されていたようです。シェリー系の対抗馬となるマッカランも10年カスクストレングス(こちらは55〜58%)がありましたし、この飲み比べが普通に提案されていた時代が羨ましい。。。
同時期に日本で流通していた105は、真っ黒なシール材が被せられたコルクキャップ仕様。その後1990年代に金色のシール材へと変化、歴史を感じさせる8年表記もなくなり、最終的にはトールボトルから現在のデザインのボトルへと変わっていきます。

この遍歴において、中身のシェリー感の変化についてはもうお察しのことと思いますのであえて触れません。
では今回のスクリューキャップ仕様のこれはどうかというと、ベースはオールド系の黒砂糖っぽい甘さのあるシェリー感で悪くない一方。105ってこんなサルファリーなニュアンスあったかな?、という意外なフレーバー。
元々この時期あたりから、短期熟成のファークラスは往年のそれと比較すると力を落としつつあるのですが、サルファリーな要素は樽からくるもの。ニュアンスの異なる感じはブレンドや、流通先の違いによるものかもしれません。

熟成感としてはオールド感を差し引いて長期熟成が使われてる感じでもなく、平均10〜12年くらいかなという印象。
荒さを適度に残しつつ、不必要な部分はシェリーが包み込む、若さゆえの勢いを楽しめる1本。個人的には硫黄が無ければもっと。。。という感じですが、開封後数年は持つボトルなので、長く変化を見守っていくのも良いと思います。

グレンファークラス 15年 46% オフィシャル

カテゴリ:
GLENFARCLAS 
Aged 15 years 
Highland Single Malt Whisky 
700ml 46% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:BAR飲み(サウスパーク@中野)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:グリーンレーズンやバニラを思わせる甘いアロマ。シーズニングシェリー。徐々に乾いた木材、軽いピートスモーク。

味:まろやかな口当たりから、プルーン、ビスケット、バタークリームサンドのような甘み。微かに干し草、割り箸のようなウッディネス、軽いスパイスも感じる。
余韻はシーズニングシェリーの甘みと並行するようにほろ苦さ、染み込むように続く。

色は薄いが、そこから想像する以上にシェリー感がある。えぐみや渋み、硫黄などのマイナス要素も目立ってなく、バランスよくまとまっている。また内陸系のピート香も感じられ、らしさのある味わいも楽しめる。


先日中野のモルトバー、サウスパークさんで飲んでいた時のこと。マスターに「近年のオフィシャルでこれと思ったシェリー系ウイスキー」あるいは「ウイスキー入門者に進めるシェリー系ってなんでしょう」という質問をぶつけてみました。
自分も日々情報収集はするようにしていますが、やはり現場の第一線でコミュニケーションをとっている方々の意見に勝るものはありません。そのため、大概のBARでは「最近いいと思った近年流通のボトル」を聞くようにしています。

そうして出てきたのが、このグレンファークラス15年。15年は、グレンファークラスラインナップで40年以外で46%仕様というちょっと特別感のあるリリースです。
同店はファークラスの品揃えが豊富で、バックバーの一角をファークラス一族が占拠している中であえて15年。
自分は近年のファークラス・オフィシャルリリース通常ラインナップにはあまりいい印象を持っておらず、最近では25年に逆の意味で唸らされたばかり。
しかしこの15年は、飲んでなるほど、近年のファークラスに感じられる嫌な部分が少なく、シェリー系ウイスキーに求める甘みなどのニュアンスがわかりやすいのです。

もちろん突き抜けて高まる味かと言われると、そういう構成ではありませんが、こういうボトルは安心感がありますね。
家に置いて時々確認したい、そんなスタンダードボトルです。

グレンファークラス 35年 1971-2006 ウイスキーフェア 51.4%

カテゴリ:
SPEYSIDE SINGLE MALT
(GRENFARCLAS)
THE WHISKY FAIR
Aged 35 Years
Distilled 1971
Bottled 2006
Cask type Oloroso Sherry Butt
700ml 51.4%

グラス:木村硝子
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:香り立ちはスパイシーで淡いスモーキーさ、ナツメグを思わせるアロマ。湿ったウッディネス、枝付きレーズンやチョコレートを思わせる甘さが徐々に発散してくる。

味:口当たりはとろりとリッチ。黒砂糖の甘みからレーズンとドライベリー、チョコレートケーキ。酸味を内包した甘みが豊かに広がる。中間はコクがあり、微かにシナモンを思わせるスパイシーさ。
余韻はドライでウッディー、ほのかにバニラやオーキーなフルーティーさを伴う長い余韻。


いわゆるオールドシェリーに分類される長期熟成シェリー樽に、ドイツ系ボトラーズらしいフルーティーなエッセンスが加わっている1本。
ドイツ系のボトラーズがなぜフルーティー系統が多いのかとか、シェリーバットで35年熟成で534本はちょっと多いのでは・・・とか思ったりもしますが、バットで700本ボトリングする某蒸留所とかに比べれば熟成の神秘で説明がつくレベルであり、話を先に進めます。

今回は口開け直後であるためか香り立ちに少々難がありましたが、元々黒糖系の甘みが主体であるところに、時間経過でドライフルーツの酸味もが広がってきて、これはなかなかイケてるグレンファークラスです。
テイスティング中の変化と同様に、開封後の時間経過で果実味がさらに開いてくれば。。。★7はわりと辛口めな評価でありますが、★8まで伸びていく変化も期待できます。

ここ最近、上等なグレンファークラスのリリースが集中してあったわけですが、10〜20年前後で仕上げたスパニッシュオーク系のボトルも決して悪くはないものの、当時の突き抜けたボトルを飲むと、役者というか時代の違いをどうしても感じてしまいます。
だからと言って今評価されている新規リリースを軽視するわけではなく、これはこれ、それはそれでそれぞれ良い。バーボン樽熟成とシェリー樽熟成は直接比較しないように、シェリー樽熟成の中でも整理をする時代が来ているのかもしれません。

ちなみにこうしたウイスキーのベースとなっていると考えられる、数十年単位でシェリーの熟成に使われた樽は、某商社と取引されている方の話を聞く限り、実は数こそ少ないものの一定数市場に出回っており、しかも価格は数ヶ月~数年間のシーズニングシェリー樽よりも安価なのだそうです。
オフィシャルメーカー側としては安定して数を確保できるシーズニングシェリー樽を重視し、計算しづらい古樽は敬遠している・・・のでしょうか。あるいはそうした樽が、オフィシャルのファークラスであればファミリーカスクになり、ボトラーズなどからリリースされる飛びぬけた1本に繋がっていくのかもしれません。
とすると、案外今後もそれなりなリリースは続いていくのかと楽観的なことを考えてしまったり。ただ可能であれば、近年系シェリーではなく、こうした古き良き時代のシェリーカスクも再現してほしいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×