カテゴリ

カテゴリ:マッカラン

マッカラン 8年 ファインオーク 40% とマッカラン1878の話

カテゴリ:
IMG_5546
MACALLAN
Fine Oak
8 Years old
Carefully matured in a unique combination of Bourbon & Sherry oak Casks
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:スパイシーでやや青さの残るオーク香。メレンゲクッキーのような甘み、柑橘や白粉系の麦芽香。時間経過でほのかにシェリー香も感じられる。

味:スムーズな口当たりからピリッとした刺激、薄めた蜂蜜、りんごジャムを塗ったパン、ほのかに青っぽさが鼻腔に抜ける。
余韻は乾いたウッディネスを感じつつ、スパイスの刺激とほろ苦いフィニッシュ。

とても40%加水とは思えないピリッとした刺激のある味わいが、いかにも現行マッカランらしい。樽感はバーボン樽主体、ほのかにシェリー樽。嫌味の少ない樽感に素直なモルティーさが、オールドになって化けるボトルとして期待できる。現状は1杯目のモルトとしてストレートで。ハイボールも中々。


ウイスキー仲間のHPさんから、意外と旨いから飲んでみ?と言われてお借りしている2010年ごろ流通の短熟マッカラン。
HPさんはコッテコテのどシェリー系は苦手で、このような華やかな樽感、バランス系のモルトを好む傾向があり、確かにこれは案外。。。というか、今はまだ刺々しさはあるのですが、全体を通しては将来性の高いボトルだと感じられました。

マッカランはご存知の通りロールスロイスなんて売り文句があって、滑らかで上質なウイスキーであるかの如く宣伝されていますが、実際はフルボディでパンチの強い酒質であることは、このブログでも度々触れてきたところです。
10〜20年くらいのバーボン樽熟成のシングルカスクなんて、舌の上でバッチバチですから。
他方、それがシェリー樽を受け止め、長期熟成に耐え、加水されて初めてバランスが取れる訳で、今回のボトルもまた40%まで加水されているとは思えないニュアンスや、飲みごたえも残っていました。

現状はストレート以外にブレンドのベースとしてグレーンを加えても過度に軽くならず、他のモルトともよく馴染みそうな素直さが魅力。20年くらい瓶熟させると、今オールドボトルとして評価されてる80-90年代流通の一部のハイランドモルトに近い素朴なキャラクターが得られるのではないかとも感じます。
考えてみると、40%加水のスペイサイドでこういうキャラクターは、現行品には中々ないですね。


以下は雑談。マッカランと言えば、数ヶ月前にスイスのホテルBARで1ショット100万円というマッカラン1878がオーダーされ、それがフェイクなのではないかと話題になったのは記憶に新しいと思います。
Swiss hotel's £7,000-a-dram Macallan turns out to be fake

このマッカラン、オックスフォード大学のラボでの検査の結果、やはり真っ赤なフェイク。
ラベルが作られたのは25年ほど前。中身は1970〜1972年に蒸留されたモルト60%、グレーン40%程度のブレンデッドウイスキーだったのだそうです。
まあそりゃそうですよ、多くの愛好家が疑問視したように、ラベルが綺麗すぎますし、何より100年以上経過していてここまでコルクが原型を留めているのはおかしいですから。せいぜい20〜30年くらい前だろうと感じていた、まさにその通りの結果でした。

確かフェイクだったらオーダーしたお客に返金するという話だったと記憶していますが、ホテル側はたまったものじゃないですね。
せめてラベルは本物だったらオブジェくらいにはなったかもしれませんが、どちらもフェイクとあっては救いようがない。。。

現在、中国市場においてオールドマッカランの人気がとてつもないことになっているそうで、今後さらにフェイクが量産されていくことは間違いありません。
中国国内にとどまるぶんには我々に被害はないですが、それが放出され始めたらどうなるか。
一部銘柄に関して、オールドボトルは自分で育てる時代が来ているのかもしれません。

マッカラン 14年 2002-2017 モルトマン シークレットスペイサイド 55.9%

カテゴリ:
SECRET SPEYSIDE
(MACALLAN)
The malt man
Aged 14 years
Distilled 2002
Bottled 2017
Cask type 1st fill Sherry
700ml 55.9%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み(BAR Gosse)
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでウッディ、ゴム感も伴う濃厚なアロマ。焦げた木材を思わせるアクセント、黒蜜、時間経過でプルーンなどダークフルーツを思わせる甘さも開いてくる。

味:濃厚な甘みと強いウッディネス、樽感には香り同様に焦げたようなニュアンスもある。プルーン、カラメルソース、微かにハーブ、ピリピリとした刺激もある。
余韻はドライでビター、少しざらつく舌当たり、序盤の濃厚さが急速におとなしくなり、若干の香木感を伴い長く続く。

見た目同様こってりと濃厚、硫黄感は感じないがシェリーに加えて樹液が混じったようなウッディネス、若干焦げ感も感じられ、意図的に濃さを出そうと作られた樽であるように感じられる。故に酒質由来の香味は皆無で、多様性に乏しくただただ圧殺。しかし思いの外余韻に強い渋みや甘みが残らないのも特徴。少量加水またはストレートで。


先日"マッカランと思われるもの"としてリリースされ、その凶悪なほど濃い色合いや近年の相場からすればそこまで高額でもない価格設定も影響して、あっという間に市場から消えていったモルトマンのシークレットスペイサイド。
確かにこのスペック、見た目でマッカランらしいと言われれば、とりあえず買ってみるかってなりますわな。これが淡い色合いのバーボン系だったら、初動はまた違っていたのでしょう。

その中身については、最近よく見られるようになって来た(そして今後増えていくであろう)、スパニッシュオークでのシーズニングカスクを用いた樹液バリバリのどっかんシェリー系。
ただ、テイスティングでも触れたように、スパニッシュオーク樽の特徴というか、メリットの一つと言える香木系のニュアンスは控えめで、代わりに焦げたようなニュアンスが多少感じられるので、エキスを強く出すように設計してある樽なのではないかと推察します。

蒸留所、つまりマッカランであるかどうかは、正直シェリーが濃すぎてわからんというのが本音のところですが、シェリー感を差し引いて残る香味からすると、まあそうなんかな〜と思える要素はあります。
14年くらいのマッカランだと、50%オーバーのシングルカスクならもっと強いアタック、ひりつくような刺激があってもいいのですが、樽からでたエキスでそのあたりが程よく中和され、その分多層感に乏しい濃厚樽味系に仕上がったという感じでしょうか。
真偽のほどはさておき、シェリー樽熟成のシングルモルトとして考えれば、確かに近年の相場と中身でお買い得な1本だったとは思います。

BARでの使い勝手も良いでしょうし、濃厚民族の皆様は歓迎するであろうその中身。所謂シガーとの相性が良いと言われるタイプでもありますね。機会があればボリバーやパルタガスあたりと合わせてみたいです。

マッカラン 18年 1978年蒸留 43% オフィシャル

カテゴリ:
The MACCALLAN
Single Highland Malt
Years 18 old
Distilled in 1978
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:黒砂糖、レーズン、湿ったようなウッディネスとやや古酒感。落ち着いた華やかさのあるシェリー香が広がり、奥から香木系のニュアンスも感じられる。

味:スムーズでまろやか、柔らかいコク。果実味のある黒砂糖系のシェリー感は、レーズン、ダークチェリー、チョコレートケーキ。後半はやや単調でボディは緩め、穏やかなウッディネス。
余韻はドライで染み込むように長い。鼻抜けに華やかなシェリー香が広がり、充実している。

スムーズでバランス良く、引っかかりなく飲める、1本を通して負担なく楽しめる。突き抜けた香味ではないが、万人ウケとはこういうことかもしれない。
加水はポジティブな変化は見られず、ストレートで楽しみたい。

すっかり飲む機会がなくなってきた、マッカランのオールドボトル。現行品から1世代前の18年ですら、とんでもない価格ですから、今後ますます飲めなくなっていくんだろうなぁ・・・と、先日開封した旧10年を飲みながら考えていたところ、思いがけず飲める機会が巡ってきたのが友人主催のテイスティング会です。

まず誤解の無いように前置きしておくと、このマッカランは美味しいマッカランです。
後の1979年から4年間のみリリースされるグランレゼルバ18年発売の前年にあたり、同18年よりは穏やかですが、現行品と比べたらその差は歴然。久しぶりに飲んだそれはやはり旨いなと、マッカランの良さを再確認する味わいであると共に、経験値の違いからか以前飲んだ時とは違った印象を与えてくれました。

オールドマッカランと言えばスムーズでろやかで、程よいコクと奥深いシェリー樽由来の香味が特徴的。特に1960年代以前のそれは、果実味や土っぽさ、麦由来の香味と合わせて独特と言っても良いフレーバーを兼ね備えています。
一方、1970年代後半は樽構成が徐々に変わり、酒質の勢いが無くなったというか、加水で整えた部分が強く感じられるようになり、良く言えばスムーズで飲みやすいと言える一方、厳しい表現を使えば薄くなったとも。
今回のボトルも、全体的にリッチで嫌味の少ないシェリー感が充実していますが、余韻にかけてはだいぶ穏やかです。

マッカランではゴールデンプロミス種への切り替えが1968年から順次行われたとの話。1970年代後半となれば確実に切り替わっているはずです。
麦の品種として、ゴールデンプロミスの評価は飲み手側で賛否分かれます。製法との兼ね合いもあるため一概に麦の影響100%とは言えないものの、1970年代は多くのモルトウイスキーから香味から複雑さが失われていった時代です。
マッカランにとってゴールデンプロミスが特別視されるのは、単なるPR戦略か、あるいは雑味の少ない酒質の方が熟成後に加水するにあたってシェリー感は残るので、スムーズでメローなウイスキーが造りやすかったためと推察しています。

63aaff6c7a10a31f4892a4160b8f7b1f
画像引用、参照 https://scotchwhisky.com/magazine/latest-news/15511/10-000-glass-of-macallan-is-a-fake/

さて、マッカラン繋がりで最近の話題を1つ。先日、とあるホテルのBARで、1杯100万円オーバー、1878年蒸留のマッカランが開封されたという話がニュースになりました。
マッカランのオールドボトルといえば、フェイクの温床、怪しいボトルが多いことで知られています。特にマッカランは一時期オフィシャルが買い戻しを行っていたという話もあり、きっとフェイクなんじゃないかとか話題になるんだろうと思っていたら、案の定フェイク疑惑が記事にもなっていたわけです。

記事中に写真がありますが、このボトルのコルク、素人目に見ても怪しいです。現在コルクを含めた検証が行われているそうで、あくまで見た印象としてですが、流石にこのコルクは綺麗すぎる・・・。仮にリコルクのような対応がされていたとしても、まるでシェリー酒か何かに浸しておいたモノを刺したように感じます。 


ウイスキーのコルクは、ボトル縦置きであってもじわじわとアルコールで溶けていきます。
60度を越えるようなボトルであれば、20年も置けばコルクは痩せほそってスカスカ。40%クラスであっても、上の写真のように少なからず侵食されます。
仮にフェイクだとした場合、例えば、以前ロイヤルマリッジでコメント頂いた話ですが、そこまで古くないマッカランを詰めているとか、そういう可能性もありそうです。
何れにせよ、検査の結果が気になりますね。

※ご参考
このマッカランのフェイク問題については、自分のウイスキー仲間も記事を書いていますので、もしよければ一読ください。

マッカランのフェイク問題 -Whiskylink

【世界ウイスキー時評】フェイクウイスキー狂想曲 -Tasters.jp


マッカラン 10年 2000年代初頭流通 40%

カテゴリ:
IMG_4973
MACALLAN
10 years old 
Sherry oak casks from Jeres
2000's
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:黒砂糖やレーズンの甘いアロマ、おが屑、ほのかに香木っぽさ、アーモンドのほろ苦さを伴うウッディネス。スワリングするとツンとしたアルコール感を伴う。

味:甘くスムーズな口当たり、香り同様黒砂糖、プルーンの甘味から徐々にドライで口内の水分が奪われていく。
中間はやや荒さがあり、余韻はキャラメルやシロップを入れた紅茶のよう、ややべったりとしており、甘くビターでタンニンが染み込む。

バランスの良いシェリー感でスイスイと飲めてしまう。多少若さとして感じられる荒い部分もあるが、加水でうまくバランスがとれている。評価はギリ★6。ストレートで。


2000年代前半、ラベルデザイン等で細かく見るなら2005年前後で流通していたオフィシャルスタンダード。ゆるく家飲みしたくなり、久々に開封しました。いやーなんとも懐かしい味わい、同時期の12年と比べると荒さは多少ありますが、バランスの良いシェリー感を楽しめる1杯に仕上がっています。

当時はこのボトルで味が落ちたなんていわれていた訳ですが、懐古厨といわれようが良い時代だったなと。なんせ、これで3000円しなかった訳ですから素晴らしいコスパ、当時のデイリーウイスキーは化け物かって感じです。
あとマッカランの旧ボトルはラベルデザインも雰囲気あるんですよね、古き良き時代のデザインを踏襲しつつ、新しさもある。今の角張ったボトルより良いと思うのはきっと自分だけではないはず・・・。
と、なんだか随分美辞麗句が並んでしまいましたが、そうした想いは自分だけではないのかオークションでの価格はうなぎ登り、もうあの価格を見たら中々旧ボトルのマッカランは開けられません(笑)。

外観の話はこれくらいにして中身の話に移ります。振り返ると、この当時のオフィシャルマッカランのシェリー感は、同時期流通の他のスタンダードと比較して独特なニュアンスがありました。
今ではウイスキー業界で一般的になりつつある、スパニッシュオークのそれ。
例えばシェリー系リリースの筆頭たるグレンファークラスと比較しても、だいぶ違うシェリー感の方向性に、マッカランが進めてきたシェリー樽開発のノウハウを見るように思います。

マッカラン ロイヤルマリッジ 1946&1961 43%

カテゴリ:
IMG_3734
MACALLAN
Royal Marriage Malt Whisky
Distilled 1948 & 1961
Bottled 1981
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅(KuMC)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:引っ掛かりがなく、高貴であり、ふくよかな香り立ち。レーズン、キャラメルバニラアイス、微かにアーモンド。

味:スムーズでまろやかな口当たり。ベリーやレーズン、カラメルソース、古典的な麦芽風味の香ばしさ、じわじわとタンニン、土っぽいピートフレーバー。余韻は甘酸っぱく、ベリーシロップを伴う長い余韻。

現行のボトルでは決して出ない、酒質由来の麦感、ほのかなピートフレーバーがリッチでありながらまろやかなオールドシェリー感と合わさって、負担のない飲み口、包み込むような旨さに仕上がっている。
このボトルを家飲み出来たらどんなに幸せだろうか・・・。


1981年、チャールズ皇太子とダイアナ王妃の結婚を祝い、双方の生まれ年の原酒をバッティングしてリリースされたボトルのうちの一つ。マッカラン以外ではグレングラントやストラスアイラなどのリリースがあり、総じて高い評価を受けています。 
ただ、高い評価を受ける反面、わかりやすく高騰するボトルであることから、オールドマッカランの中でも、特にフェイクが多いボトルの一つでもあるます。
以前、ウイスキーワールド誌でフェイク特集が組まれた際は、疑惑のボトルの一つとしてテイスティングアイテムだったこともありました。

すでに高騰している中でそういうリスクがあるとわかっていると、オークションは特にとんでもない博打というか、本当に手を出しづらい・・・一部のバーマンが海外のショップまでオールドボトルを買い付けに行く理由がよくわかります。
一方、今回のボトルのテイストは明らかにオールドマッカランのそれであり、間違いなく本物。このまろやかな口当たり、包み込むような柔らかい甘さ、シェリーの奥にあるほろ苦いピート、ウッディネスをじっくりと楽しませて頂きました。

さて、イギリス、あるいはスコットランドでは何かの節目にウイスキーが関わるシーンが珍しくありません。
子供が産まれた時にはその年(可能であればその日付)に蒸留されたニューポットを樽買いし、我が子の成人を祝って一緒に飲む。結婚となれば夫婦の生まれ年の原酒をバッティング、マリッジしてボトリングする。
ウイスキーは人間と同じと例えられる事が多くありますが、人生と同じだけの時間が詰まった原酒に、自身や愛する人の人生を重ね合せる。"時を飲む"とはまさにこれ以上にない例えであり、本当に素晴らしい文化です。

このマッカランに書かれた"Long life and happiness (末長く幸せに)"の願いは、結果的に叶うことはなかったわけですが・・・。この瞬間の幸せは、ウイスキーを通じて語り継がれていくのだと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×