カテゴリ

カテゴリ:マッカラン

マッカラン 12年 シェリーオーク 40%

カテゴリ:
MACALLAN
Highland Single Malt
Sherry Oak
Aged 12 years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み@(Y's Land IAN)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5)

香り:黒砂糖や紹興酒を思わせる甘みと酸味を伴う香り立ち。ドライプルーン、鉛筆の削りカスのようなウッディネス。ややのっぺりとした感じもある。

味:とろりとしてスパイシーな口当たり、黒砂糖やプルーンの甘みから、ほのかにオロロソっぽい酸味、ウッディネスは徐々に生木っぽさを伴う。後半は単調。余韻はべったりとウッディ、シーズニングオーク、キャラメルの甘みを伴い長く続く。

シェリー樽由来の甘さはあるが、のっぺりとしていて香味共に後半単調で開かない。酒質だけでなく樽の厳しさを感じる1杯だが、これを大量生産しているシステムはある意味で凄い。ロックで飲む分にはそれなりに味はキープ出来る。


だいたいの人が一度は飲んだことがあり、今の時代のスタンダードの一つであるマッカラン12年シェリーオーク。
実は世界中で販売されている訳ではなく、シェリーオークはアジア圏を中心としたリリースで、免税向けには様々な樽を使ったノンエイジ商品に、欧州、アメリカなどではファインオークが中心という話。
少し古いデータですが、同社では年間26億円(2013年時点)を樽関連に投資しており、スコットランドに入るシェリー樽の約8割を確保するという、様々な努力の上で、なんとか成り立っているウイスキーです。

ただそのイメージは、好きな方を悪くいう訳ではないですが、BARでロックを飲むとなんとなく雰囲気の出る(ように感じる)ウイスキーで、合わせてハロッズ読本に書かれた「ロールスロイス」という表現が、お約束のように使われる。
一般的な知名度の一方、ウイスキー愛好家からは「今のマッカランは。。。」と軽くディスられ、そして率先して飲まれる機会は減っていく。
マッカランのスタンダードに対するイメージを書き出すとこんな感じですが、今回は先日発売したダブルカスク12年と比較するため、久々にスタンダード品もテイスティングしてみました。

単品で飲んだ印象は上述の通り。しかし飲み比べてみると、ダブルカスク側にあるアメリカンホワイトオーク由来のの癖やシェリーオーク側のスパニッシュオークらしい甘み、ウッディネスがわかりやすく、これは相互リンクしているウイスキーだと実感。どちらもシェリー樽原酒100%で構成比率の違うウイスキーであるため、逆に違いがわかりやすいのだと思います。
もう一つのマッカラン、ファインオークだと樽構成が違いすぎて、飲み比べても「まあバーボン樽入ってるから違って当然だよね」となってしまうのです。

ちなみにロールスロイスという表現は、その当時のマッカランの品質、こだわり、高級品としてのステイタス等の数々から例えられたものと言われているものの、実際当時の状況等からどうだったかというと、一つの本に書かれたに過ぎない言葉が、日本で独り歩きしている感はあります。
ロールスロイス社は1970年代に経営破綻、買収など紆余曲折ありましたが今尚高級ブランドとして存続しており、ゴースト、ファントム等に代表される、基本特性プラス超豪華な内装、設備を売りにしたクラクラしてしまうほどの高級車を少数生産で展開しています。(モーターショーくらいでしか見たことないですけどw)

マッカランも現行品の最上位グレードまで行けば、味の良し悪しはともかくロールスロイスとも言えるこだわりを見ることは出来ますが、勿論数は作れない。そう、ロールスロイスなんてそんなにバンバン走ってないんです。
この表現に拘るなら、現行品12年はさながらロールスロイスから技術提供を受けたメーカーが作った軽自動車、という印象。
結果、色々比較するとそんなに悪くないと思いつつ、ついついもっと頑張れよと思ってしまうのです。


マッカラン ダブルカスク 12年 40%

カテゴリ:
IMG_3475
MACALLAN
DOUBLE CASK
Highland Single Malt
Aged 12 Years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:乾いた草を思わせるウッディネス、ほのかに漂う七味のようなスパイスのアロマ。カカオチョコ、微かにオレンジピール、時間経過でスパニッシュオークらしい生っぽいニュアンスを伴う樽香。

味:やや粘性のある口当たり。オレンジチョコの甘みとほうじ茶のような苦味、スパイシーなエッジの効いたウッディネスを伴う。中間はオールブラン、シーズニングオーク、コクのある舌触り。フィニッシュはビターで軽くスパイシー。口の中に張り付くように長く続く。

アメリカンホワイトオークのシーズニングらしいキャラクター、乾いたウッディネスや植物っぽい癖を要所に感じる。時間経過でドライプルーン系統の甘みも開きそう。度数以上の飲みごたえがあり、バランスも悪くないが、売り文句「ロールスロイス・マッカラン」に求めるフレーバーかと言うと。。。シェリー樽100%でリリースしたことはともかく、大量生産の難しさを如実に感じる味わいでもある。
IMG_3476

昨日3月7日から国内正規品が発売された、マッカランの新しいスタンダードラインナップ。12年のレンジとしては、シェリーオーク、ファインオークに継ぐ第3のマッカランです。
IANで飲んでいたところ、サントリーの営業さんがちょうどこのボトルを持ってこられ、折角なのでとテイスティングしてみました。

シェリーオークはシェリー樽100%、ファインオークはアメリカンオークとスパニッシュオークのシェリー樽にバーボン樽の3種類が使われ、それぞれ異なる個性で市場に展開されてきました。
今回のダブルカスクの住み分けとしては、文字の上ではファインオークからバーボン樽を除き、アメリカンオークとスパニッシュオークのシェリー樽で作られたシェリー100%のブランドという事になります。

ではシェリーオークとは何が違うのかと言うと、これはアメリカンオークのシェリー樽の比率にあると考えられます。
マッカランは、基本的には自社でボデガに発注したスパニッシュオークのシェリー樽(シーズニング期間2年間)で熟成させているという話は有名です。
シェリーオークはこのスパニッシュオーク主体、ダブルカスクはアメリカンオークの比率が高いという印象。また使われたアメリカンオークのシーズニング期間は、体感で1年未満、あるいは半年程度とそれほど長くはなさそうです。
飲み比べても色、香り、味、その違いは明確に感じられ、希望小売価格はシェリーオークと同価格の7000円(4月1日からシェリーオークが1000円値上げし同価格に)。どうにかしてシェリー系のリリースを維持していこうとする、マッカランの戦略も垣間見ることが出来ました。

IMG_3480
(写真左、ダブルカスク12年。写真右、シェリーオーク12年。ダブルカスクの方が複雑だが、色同様、シェリーオークの方が甘みの濃い樽感が感じられる。)

物足りなさは感じるものの、とりあえず現状の出来栄えは可なく不可もなし。
香味のイメージとしては口開け直後であるためか比較的スパイシーでウッディな苦味も強く、過去発売されたマッカランの限定品、エディションNo,1を飲みやすくしたような印象も受けました。
そう言う意味で、このマッカランは「らしさ」のあるオフィシャルなのかもしれません。


さて、ここまで書いて読み直すと、アメリカンオークを使っていることがマイナスであるような印象を受けるかも。。。と感じたので、誤解のないようにシェリー樽について補足すると、本来シェリー酒の熟成工程で使われる樽は、アメリカンオークで作られています。例外的に一部スパニッシュもあったようですが、主たるものではありません。

ここから先は諸説ありますが、ウイスキー製造の歴史の中で、需要が増えたシェリー樽に対応すべく、シェリー酒を染み込ませて樽を売り出すための「シーズニング」がボデガのビジネスとなり、アメリカンオークに比べて香味がつきやすいスパニッシュオークが1970年代後半、あるいは1980年ごろから主流となっていきました。
マッカランは1974年から自社で樽工場まで作り、スパニッシュオーク樽を量産しています。かつてマッカランの日本向け背面ラベルには2年間のシーズニングを説明する記述もあったほどです。

今回マッカランが使っているのはシーズニングで作ったアメリカンオークのシェリー樽で、シェリー酒製造工程本来のものとは異なるものと考えられます。
これを持ってシーズニングが悪い、スパニッシュが悪いと言う話をする訳ではありません。また、ダブルカスクを飲んで味が落ちたと感じたなら、それはアメリカンオークが味を落とした要因とするのも早計で、あくまでシーズニング樽の仕上がりの一例として捉えておくべきなのかなと思います。

マッカラン 18年 1989-2008 ウイスキーガロア(ダンカンテイラー) 40%

カテゴリ:
IMG_3276
MACALLAN
Whisky Galore 
(Aged 18 Years)
Distilled 1989
Bottled 2008
Number of Bottle 450
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅(サンプル@舩木村長)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:やや青みがかった植物感から柑橘系のニュアンス。最初はばらつきがあるが、徐々にオレンジピール、ビワ、麦芽香。時間とともに青林檎キャンディーのような甘み、華やかなオークフレーバーが開いてくる。

味:スムーズな口当たり、焦げたクッキーのビターな甘さから、舌の上で転がすとオレンジピールと麦芽風味、苦味が軽減されてバニラを思わせる甘みが開いてくる。
余韻は軽くスパイシーでウッディー。植物系の青いニュアンスが鼻に抜け、序盤から続くほろ苦さが喉奥から戻るように長く続く。

酒質と樽由来の香味が加水の割りに馴染んでいない印象があり、注ぎたてより少し時間を置いたほうが甘みや樽香が引き立つ。加水も同様に、少し時間を置いたほうが良い傾向の変化がある。
時間を置いた加水ではバランスが良くなり、樽香は華やかでオーキーなニュアンスが主体的に。じわじわと麦芽由来の香味の香ばしいフレーバーも。

IMG_3278

ウイスキーガロアはダンカンテイラーの姉妹ブランドです。
名前の由来はコンプトン・マッケンジー氏の小説、ウイスキーガロア!で、裏ラベルにはその概要が書かれています。
ただその中身は、ラベルを見ての通り1989年蒸留という記載以外関連する情報が無く、飲んでみた感じは15年ちょっとで2005年くらいかなーと思っていたところ。Whiskybase上のデータは2008年ボトリングの18年熟成となっていました。
樽の種類に関する情報はありませんが、なんとなく単一種類の樽っぽさではないので、リフィルシェリーを含む複数樽のバッティングかもしれません。

ダンカンテイラーと言えば、ご存知の通り「魔法の粉」とも例えられる擬似トロピカルフレーバーを得意とするボトラーズのひとつ。個人的に2000年代のそれは、他のボトラーズと樽の入手経路と、ホグスヘッド樽の比率が違っただけなのではないかというのが持論ではありますが、このマッカランのも流通時期的にそうしたフルーティーフレーバー炸裂かと思いきや、少々時間と手間が掛かる模様です。

このボトルはこれまでもサンプルを頂いている、萌木の村の舩木村長からのプレゼント。
ブログの写真用にとのご配慮で、中身2ショット分を小瓶で頂いた上に空きボトルまで。。。度重なるご好意、本当にありがとうございます。

自分としては、マッカランと言えばシェリーこってりのオフィシャル系統か、ボトラーズのバーボン樽やホグスヘッド樽の濃厚なフルーティーさを連想するところ。このマッカラン1989は、強いて言えばオフィシャルのファインオークシリーズのベクトルにある構成で、いつもと少し違うキャラクターが面白い1本でした。

萌木の村と言えば、今年も4月に清里ウイスキーフェスティバルが開催されます。
昨年は伺うことができなかったのですが、今年こそご挨拶がてら足を運びたいものです。


マッカラン 1824 オスクーロ 免税向け 46.5%

カテゴリ:
image
MACALLAN 1824
OSCURO
Highland Single Malt Whisky
(No Aged) 
Distilled 1987 & 1997
700ml 46.5%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライプルーンやチョコレート、チェリーのシロップ漬け、濃く甘いシーズニングシェリーのアロマ、若干のゴム香。スワリングでほのかにママレードのようなほろ苦さと、合わせて少し焦げたような木香もある。

味:とろりとした口当たり、多少ピリピリとした刺激と合わせて広がる、プルーンやカカオチョコレート、アーモンドを思わせるシェリー感。中間から余韻は序盤からの甘みを伴い、湿った木材を思わせるウッディネス、若干のえぐみ、カラメルソースの淡いほろ苦さが染み込むように広がる。

近年マッカランの系統でリッチな構成。加水はウッディな苦味が軽減されるが、ストレートでバランスが充分いいのでそこまでオススメしない。葉巻との相性もいい。


ゴールド、アンバー、ルビーとリリースされている、マッカラン1824シリーズの最高峰に位置づけられているのが、このオスクーロ。 1987年と1997年蒸留、10年差の原酒をブレンド、さらにシェリー樽で後熟したもので、オスクーロが意味するという「暗い、濃い」の通り、リッチなシェリー感が味わえる1本です。

シェリー感は近年マッカラン王道のシーズニングスパニッシュで、リッチでありながらそこまでベタつかず、硫黄感もなく、バランス良く仕上がっているのは2系統の原酒をバッティングしているためかもしれません。
現行マッカランの中では悪くないレベルですが、価格の話をすると、1824シリーズ最高峰に相応しく700ユーロ近い価格で欧州免税店で扱われていた記憶があります。(日本でも7万円を越える価格で、並行品リリースされていますね。)
ではそれほどの味わいがあるかというと・・・シェリー感の系統はちょっと前の18年や2014年ロットのルビー、その辺りを多少バランス良くしたかなという印象。蒸留所が置かれている現状も察してしまうボトルです。

DSC02097
(マッカラン蒸留所にある旧世代の廃棄樽で作られたモニュメント。このラベルの時代が懐かしい。Photo by K67)

まあ価格はともかくこのクオリティのボトルが量産されているわけですから、良質な樽の調達に苦労しつつも、原酒配分で努力した結果なのかもしれません。

余談ですが1987年はマッカラン18年の現行品で、現在のボトルへのデザインチェンジを行なった蒸留年の原酒。1997年は同18年でメインビンテージ表記最後の年となった原酒の蒸留年。偶然の一致だと思いますが、現行品の始まりと節目の原酒を内包したボトルであり、そう考えると中々感慨深い1杯でもありました。

マッカラン エディション No,2 2016's 48.2%

カテゴリ:
IMG_2848
The MACALLAN
Single Highland Malt
Edition No,2
C4 V372 T21 2016-02
48.2% 700ml

グラス:リーデルテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディーでビターだが、こってりとしたドライプルーンやオレンジママレードを思わせる甘い香り立ち。少し生木のような湿ったニュアンスと、ゴムっぽいアロマもある。

味:甘くリッチな口当たり、香り同様ドライプルーン、薄めた黒蜜、シーズニングシェリーの甘さの後で中間からスパイシーな刺激とウッディな樽感。
余韻はドライでタンニンが染み込む。湿った樽材の香りが鼻に抜け、ブラウンシュガーを思わせる甘みが長く残る。


マッカランが1年に1度リリースするようになった、リミテッドエディションの第2弾。
サントリーのプレスリリースでは、数種類のアメリカンホワイトーク、スパニッシュオークのシェリー樽を372樽バッティングしたとのこと。ラベルに書かれたコードが前回と同じ意味なら、C4は爆弾・・・ではなく、4種類の樽を使ったという意味で、ファーストフィルとセカンドフィル、あるいはサイズの違いあたりで4種類が使用されている事になります。

エディションNo,1が非常に厳しい出来だったことから、No,2もまったく期待していなかったものの、これが現行品の18年と同じくらいのシェリー感で、ウッディな中にシーズニングシェリーのこってりとした甘みが感じられる。中間から後半にかけて開く近年のマッカランらしいスパイシーな刺激とあわせ、それなりに飲めるクオリティに仕上がっているのです。
熟成年数は、前作は使用原酒が10~25年と公開されていたものの、今作は非公開のNAながら、味わいから平均15年くらいの熟成はされているように感じます。
国内市場価格から1本手軽に・・・とはいきませんが、BAR等で機会があれば飲んでみても良いかもしれません。


(マッカラン蒸留所にある麦畑。収穫を間近に控えた8月頃の景色。 Photo by T.Ishihara)

さて、マッカラン蒸留所といえば「シェリー樽」へのこだわり(拘っているというほどのクオリティが保たれているかはさておき)が広く知られているところですが、今回はもう一つ拘っているとされる、麦芽にフォーカスします。
グーグルマップで見ていただければわかるように、マッカラン蒸留所の周囲は牧場や農地(38ヘクタール=約94エーカー)が広がっており、そこでは同蒸留所に供給する麦芽が栽培されるなどしています。
こうした環境をワイン作りと照らし合わせる形で、マッカランの製造現場は「シャトー・モルト」との呼び名もあるそうです。

マッカランと言えば、かつて麦芽はゴールデンプロミス品種に拘って、蒸留所内の農地で独自栽培もしているという話がありました。
しかしそれは既に過去の話。ゴールデンプロミス自体がそもそも。。。という話もさておき、マッカランでの使用品種は更なる近代品種であるミンストレル種にシフトしています。
また、この農地1エーカーあたりの収穫量から作ることが出来るマッカランは、約1800本分である事が公式サイトで語られているものの、単純計算94エーカーでは約17万本分という事になり、同蒸留所の1年間の出荷分で考えるとまったく足りません。
加えて、マッカランにはモルティング設備がありませんので、収穫した麦芽は一度外注業者となるモルティング設備のある場所に移され、外部から買い付けた大麦と共にマッカランへ戻されるというワケです。

もちろんこれを持ってマッカランのウイスキー造りを否定するものでは無く、大量生産すれば、樽も麦も確保がむずかしくなる。「シャトー・モルト」の理想と現実という話です。
エディションNo,1の時と同様、外箱の蓋の裏にはNo,3のリリース予告があり、来年もリミテッドリリースは続くようです。
エディションNo,1から比べて味は良くなったと感じるNo,2。次はどんなキャラクター(現実か、はたまた希望か)を見せてくれるのでしょうか。

このページのトップヘ

見出し画像
×