カテゴリ

カテゴリ:アバフェルディ

アバフェルディ17年 (1978-1995) ケイデンヘッド・オーセンティックコレクション

カテゴリ:
最近注目されていると感じるスペイサイドモルト。
オフィシャル通常ラインナップが評価されているだけでなく、蒸留所限定ボトルには素晴らしいシェリーカスクも。
今回はちょい古のボトラーズですが、当時のケイデンらしく、いじっていない樽感プレーンで酒質そのものな風味を楽しめます。

ABERFELDY
Authentic Collection
Aged 17 Years
Distilled 1978
Bottled 1995
750ml 60%

評価:★★★★★★(6)

香り:スーッとするメンソール系の香り、上白糖、乾いた木材、徐々にライチや麦芽を思わせる品のいい甘さも出てくる。芯が強く多少の時間ではヘタれない、少量加水で麦芽系の香りが立って来る。

味:トーンの高い甘さ、そこから麦芽風味強く、ナッツ、水飴、レモンピール。素朴だが適度な厚みと枯れていない若い魅力がある。
後半、徐々にスパイシーで麦芽風味と粘土のような土っぽさ。フィニッシュは高い甘さ、パイナップルやキウイのドライフルーツを思わせる華やかな余韻。

所謂レアモルト味というかグリーンケイデン味。酒を樽でいじっていない感が伝わってくるのはリフィルシェリーカスクでの仕上げでしょうか。
高い度数と合わさって味わいのトーンも高く、両者にはこういうタイプが非常に多いと感じます。


1978ビンテージはアバフェルディにとって特に何かあった年でもなく、グリーンケイデンのボトルマジかっこいい!は散々書いてるので、今さら冗長に書くネタもありませんが、一つ書くならば、レアモルト味、ケイデン味と書きつつも、このボトルに限らず1970年代後半はこういう樽感、酒質が多いように感じます。
先日サンプルを頂いたスペイバーン21年1977や同1978カスクストレングスもこんな感じでしたし、一昨日久々に飲んだタリスカー25年(2004年りリース)の樽感とも共通項がありました。オフィシャル以外のボトラーズでもこうしたキャラクターが見られます。

1970年代後半はシェリー樽の枯渇が本格化し始める時期。以下推論ですが、ファーストフィルが手に入りにくかった蒸留所やボトラーズでは、1960年代に蒸留して1970年代に15年くらいで払い出した樽(シェリーカスク)の再利用が中心となっていたのではないか。
1980年代から本格的に増えてくるバーボン樽への、まさに繋ぎの世代の特徴と言えるかもしれません。

備忘録:アバフェルディ1994-2014 蒸留所限定品

カテゴリ:
富山の酒屋(イケメン)からサンプルとして貰った1本。
今年の1月、FBに投稿したものをテイスティング部分以外リメイクして再投稿です。


アバフェルディ
1994-2014、56.9%
CASK No,6978 (蒸留所限定)



評価:★★★★★★★(7)

"香りはベリージャムのような甘さと酸味があり、
味は適度なウッディネスとリンゴのカラメル煮のような、深みのある甘さ。
余韻に嫌みは無く、濃いシェリー感が長く続く。"


現行品1990年代蒸留のシェリー樽熟成としては突出した完成度、
60年代70年代のシェリー感を連想させる出来栄えです。
その辺のウッディーで果実味もへったくれもない、某蒸留所が霞みます。
こう言うのがガンガン、カスクでも加水でも出てくれたら…。

アバフェルディは通常品こそあまり印象にありませんが、
限定品やカスクモノは光り輝くボトルが結構あります。
シェリー樽受難の時代においてこのレベルの原酒を持っているというのは、
今後に期待が持てる1本でした。

そういえば結婚祝いに仲間から貰ったボトルで、同スペックの蒸留所限定品がありました。
今から開けるのが楽しみです!

このページのトップヘ

見出し画像
×