カテゴリ

カテゴリ:アバフェルディ

アバフェルディ 25年 1993-2018 GMコニッサーズチョイス 58.8%

カテゴリ:
ABERFELDY
GORDON & MACPAHIL
CONNOISSEURS CHOICE
Aged 25 years
Distilled 1993
Bottled 2018
Cask type 1st fill Sherry Punchon
700ml 58.8%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR GOSSE
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:注ぎたてはハーブっぽいニュアンスを伴う、ハイトーンなウッディネス。カラメルソースやカカオチョコレート。時間経過でレーズン、ベリー感も開いて濃厚なシェリー香が充実してくる。

味:香り同様にリッチなシェリー感。カラメルソースやベリージャムを思わせる粘性のある甘み。奥には微かな硫黄、かりんとうっぽさ。余韻はドライでスパイシー、古酒感を伴う懐かしい味わい。

カラメルっぽさ、蜜っぽい甘みでGMらしさのある香味と、それ以上にベリー系の香味を伴う古き良き時代を連想させるオールドタイプのシェリー感。微かにサルファリーなニュアンスもあるが、むしろそれがベリー系の香味を底上げしている。近年少なくなったグッドシェリーカスク。


ちょいと仕事が立て込んで、いつもよ早く出社してるのに帰宅は終電という生活が続いたので、更新作業まで手が回っていませんでした。
こういう時は休日に書きなぐって残るは微修正くらいにしておくのですが、休日も家庭行事と休日出勤で潰れるってね(汗)。

しかしそうは言っても放置すれば気持ちはどんどん冷めていく。こういう時はハイプルーフなウイスキーを煽って、気合を入れて書くしかありません。
さて今回は先日大幅リニューアルしたGMのコニッサーズチョイスブランドから、注目の1本にして、自分のお気に入り。既に一部ドリンカーの間では話題になっているので今更感はありますが、涼しくなってきた今こそ飲みたい、アバフェルディのシェリーカスクです。

このボトルの最大の特徴は、近年の濃厚シェリーといえばシーズニングスパニッシュオークがトレンドとして定着しつつある中で、アメリカンオークで商品用のシェリー(おそらくクリーム)が長期間入ってたと思しきカスクが、パンチョンを作る際のベースに使われたと考えられる香味にあります。


アバフェルディのスタンダードラインナップは、12年から28年まで麦芽風味や蜂蜜を思わせる甘みをベースにした、リフィル系のアメリカンホワイトオークカスクを中心に構成されているため、濃厚なシェリーカスクはあまりなじみが無いかもしれません。

しかし、過去にはオフィシャルのカスクストレングスで近い香味のものを、ほぼ同じビンテージから複数リリースしており(写真上一例)、個人的にアバフェルディはリアルシェリー系列の1st fillでも良い原酒を持っているのでは・・・と感じていたところ。その香味の共通項から、ひょっとして今回のリリースはGM所有ではなく、オフィシャルから買い付けた樽なのでは?とも感じたほどです。

まあこの際樽の出元はどこでも良いのですが。先にも触れたように、近年主流のスパニッシュオークのオロロソシーズニングは、樽材の特性からウッディなニュアンスが強く出すぎるため、どうしても甘みが重く、ベリー系のニュアンスを伴うフルーティーさは出づらくなります。また、スパニッシュオークだと、香木のようなアロマが強く混じるのも特徴的。
それが悪いと言うワケではないのですが、今回はそうしたタイプとは異なる樽感がアバフェルディらしいコクのある酒質が合わさって、粘性のある甘みを後押ししている印象。これはナイスリリースですね。

先日リンクウッド1973の記事で触れた、2010年ごろまで主流だったシェリーカスクリリースのひとつが、まさにこの系統なのです。
現在は急速的に市場から失われており、それをブランドリニューアル後の初期リリース枠にピックアップしてきた。この他、ハイランドパークやプルトニーなど、同じくコニッサーズチョイスからリリースされたボトルもそれぞれキャラクターを感じやすく、完成度の高いリリースは流石の一言。
原酒の選定でこうもレベルが上がるのか。このクオリティが維持されることを期待して、新生コニッサーズチョイスの今後の展開もたのしみにしています。

アバフェルディ 21年 40% オフィシャル

カテゴリ:
アバフェルディ21年
ABERFELDY
Aged 21 years
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかで甘い香り立ち。バニラ、おしろいのような麦芽香。あわせてアプリコットやオレンジのドライフルーツを思わせるアロマに、ほのかに乾いたウッディネス。

味:スムーズでまろやかな口当たり。香り同様に麦芽風味が充実しており、バニラ、蜂蜜、序盤から柔らかい甘さが広がる。続いてオレンジママレード、クラッカー、微かに干し草のニュアンス。ウッディなタンニンが心地よく甘みを引き締める。

端的に表現するなら「麦芽と蜂蜜」。ハイランドらしさに加え、アバフェルディのハウススタイルを体現している1本。ストレート、加水、ロック・・・ただしハイボールは麦感が好みを分ける印象。


現行品1万円以下のシングルモルト、南ハイランド部門代表。 味にうるさいコアなウイスキー愛好家の中で、安定して高い評価を受けているのが、このアバフェルディ21年です。
2014年ごろにラベルチェンジが行われましたが、以前より良くなったという声多数。ゆるく家飲みしてもよし、ハウススタイルを学ぶもよし、使い勝手の良い1本だと思います。 
(※コメント頂き確認したところ、6/12時点で10000円以下で販売している酒販店がWEB上に確認できませんでした。記載を訂正致します。)

評価される背景には、麦系の柔らかい味わいの旨さもさる事ながら、先述の通り同蒸留所の特徴、ハウススタイルとも言える香味がわかりやすいという点があるように感じます。
加えて愛好家間で旨いと話題になった同銘柄のハイエンド、28年と比較すると、同一ベクトルの香味が21年にも備わっており、光るものを感じます。
度数は40%と低め。おそらくこれは麦系のニュアンスや柔らかさを出すため、同リリースなりのこだわりなのではないでしょうか。
46%以上の使用を飲みたい気持ちもありますが、決してそこまで薄い酒質ではないので現状で充分満足感もあります。

また、免税店向けや蒸留所限定のリリースではカスクストレングスも出ており、これがまた近年レベルが高いと話題になっています。
40%加水のもののような柔らかさはない反面、厚みのある酒質が樽感を受け止め、20年前後で素晴らしい熟成感に。
バーボン樽熟成のものは安定してハズレなし。それ以上にシェリーカスクのリリースが、樽感の素晴らしさも相まって突き抜けた1本となっているケースも見られます。
当然、ベースは同じアバフェルディなのですから、それらの評価基準としてもオフィシャルリリースは1飲の価値ありです。

しかしアバフェルディにしろ、クライゲラヒにしろ、オルトモアにしろ、近年バカルディ社からリリースされる「ラストグレートモルト」シリーズの完成度は眼を見張るものがあります。
日本への正規品は基本スタンダードのみですが、先日紹介したマクダフ30年やアバフェルディ28年のように、海外リリースされていた各銘柄の長期熟成品が、並行品や海外通販で日本にも入ってきています。今後そうしたリリースに出会えるのが楽しみです。

アバフェルディ 28年 40% オフィシャルボトル

カテゴリ:
IMG_2090
ABERFELDY 
Highland Single Malt 
Aged 28 Years 
700ml 40% 

グラス:サントリーティスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(GOSSE)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:リッチで甘く華やかな香り立ち。はちみつ、バニラ、リンゴのコンポート、合わせて麦芽、干し藁の嫌味のない香ばしさ、植物感。軽やかにドライでバランスの良さを感じる。

味:まろやかで甘い口当たり。しっかりとした麦芽風味、おしろい、ワクシー、オーキーなニュアンスは蜂蜜、洋梨、かすかに白桃のニュアンス。リッチで麦芽風味に濃縮感がある。
余韻は軽やかなウッディネスを伴ってドライ。微かな土っぽさを伴うほろ苦い麦芽風味と干し藁、淡い蜂蜜の甘みがあっさりと消えていく。


仲間内でちょっとした話題になっているボトル、アバフェルディの免税向け(?)リリース28年。
アバフェルディは、ウイスキードリンカーからすればオフィシャルリリースにハズレ無しと言えるほど信頼性が高い蒸留所。特にシングルカスクはバーボン、シェリー問わず良いモノが多い印象で、近年リリースで突き抜けた1本が存在するだけでなく、通常品でも21年が抜群の安定感です。

この28年は某酒屋さんが告知したところ、ものすごい勢いで購入希望者が殺到。もちろんこの酒屋さんが信頼できるというのもありますが、それは前段階としてアバフェルディへの評価があってのことと思います。


同蒸留所のキャラクタはー、ハイランドの基本的なスタイルとも言える麦芽や蜂蜜の甘みに、樽に応じたフルーツ感、程よくドライでバランスの良い酒質というのが自分の印象。
今回のボトルは、そんなキャラクターを濃縮したような味わいで、度数は通常品と同じ40%でありながら、口に含むとどっしりとした麦芽風味、バニラ、林檎などの濃いフレーバーが広がり、バランスも良好です。
樽の構成は複数使われているのでしょうが、リフィルホグス系が主体の通常ラインナップの延長線上という感じで、尖ったところはなく、しっかり磨き上げられている印象を受けます。

可能であれば40%ではなく46%、48%の仕様を飲んでみたいボトルでもありますが、これは40%加水だからこそ得られるバランスであり、飲み進めることで差が出てきそうです。
突き抜けて陶酔する味わいではありませんでしたが、この完成度は加点せざるを得ませんね。

IMG_1458
ちなみに、先にも述べましたが同蒸留所のラインナップには同系統のフレーバーを備えた21年があり、これもまた旨いのです。
もちろん21年とは完成度に差がある印象で、例えるなら28年が高級フレンチレストラン、21年は評判の下町のレストランという感じですが、どちらも美味い料理は出てくるイメージ。
今回テイスティングした28年は、ボトルそのものの良さだけでなく、オフィシャルラインナップ全体に通じる良さの評価軸となるようなグットリリースでした。

アバフェルディ 25年 2003年リリース 40%

カテゴリ:
IMG_0821
ABERFELDY 
Aged 25 Years 
Release 2003's 
40% 700ml 

グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅(持ち寄り会@Hさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかく華やかな香り立ち。バニラを思わせる麦芽香主体の中に、蜂蜜レモン、乾いた牧草など甘みと若干の植物感が混じる。樽系のフレーバーはあまり強くなく、時間経過でより麦芽系の香りが強くなる。

味:香り同様柔らかい口当たりで、おしろいやお粥を思わせるリッチな麦芽風味。薄めた蜂蜜、ほのかにドライオレンジを思わせる柑橘系のニュアンス。微かに土っぽいほろ苦さが一口毎に口の奥に蓄積していくよう。
余韻は華やかで序盤に感じられた麦芽の芯の部分の甘い風味と、乾いた木材を思わせるほのかなウッディネスが染み込むように残る。


背景は不明ですが、アバフェルディが2003年にリリースしたリミテッドエディションの25年。
アバフェルディというと、シングルカスクリリースにバーボン系でもシェリー系でもメチャ旨なモノがあって、そんな蒸留所のリミテッドエディションともなれば、期待せざるを得ないボトルです。
先日大量にオークション出品されていたそうですが、蒸留時期的には1970年代確定も、40%加水がマイナス要素だったのか、落札価格は近年にしては控えめだったとか。

持ち主のHさんいわく、口明けは期待していたほどではなく、どう消費していくか・・・とのコメント。
飲んでみると、柔らかい香り立ちと滑らかな口当たりに、リッチな麦芽風味とバニラの甘み。樽要素ではなく酒質の中でもプレーンな部分主体で、しみじみ旨い構成となっています。
それこそ、先に紹介したシングルカスク系の樽感の強いリリースではなく、オフィシャル通常リリースの系統から、樽感ではなく酒質のベースの部分を延ばしてきたような感じで、「いいねえ、こういうので良いんだよ」と、楽しむことが出来ました。

おそらく開封からの時間経過で良い部分が開いてきたのでしょう。こういう酒質のモルトを飲むと、樽次第で化けるのも頷けると感じます。

アバフェルディ17年 (1978-1995) ケイデンヘッド・オーセンティックコレクション

カテゴリ:
最近注目されていると感じるスペイサイドモルト。
オフィシャル通常ラインナップが評価されているだけでなく、蒸留所限定ボトルには素晴らしいシェリーカスクも。
今回はちょい古のボトラーズですが、当時のケイデンらしく、いじっていない樽感プレーンで酒質そのものな風味を楽しめます。

ABERFELDY
Authentic Collection
Aged 17 Years
Distilled 1978
Bottled 1995
750ml 60%

評価:★★★★★★(6)

香り:スーッとするメンソール系の香り、上白糖、乾いた木材、徐々にライチや麦芽を思わせる品のいい甘さも出てくる。芯が強く多少の時間ではヘタれない、少量加水で麦芽系の香りが立って来る。

味:トーンの高い甘さ、そこから麦芽風味強く、ナッツ、水飴、レモンピール。素朴だが適度な厚みと枯れていない若い魅力がある。
後半、徐々にスパイシーで麦芽風味と粘土のような土っぽさ。フィニッシュは高い甘さ、パイナップルやキウイのドライフルーツを思わせる華やかな余韻。

所謂レアモルト味というかグリーンケイデン味。酒を樽でいじっていない感が伝わってくるのはリフィルシェリーカスクでの仕上げでしょうか。
高い度数と合わさって味わいのトーンも高く、両者にはこういうタイプが非常に多いと感じます。


1978ビンテージはアバフェルディにとって特に何かあった年でもなく、グリーンケイデンのボトルマジかっこいい!は散々書いてるので、今さら冗長に書くネタもありませんが、一つ書くならば、レアモルト味、ケイデン味と書きつつも、このボトルに限らず1970年代後半はこういう樽感、酒質が多いように感じます。
先日サンプルを頂いたスペイバーン21年1977や同1978カスクストレングスもこんな感じでしたし、一昨日久々に飲んだタリスカー25年(2004年りリース)の樽感とも共通項がありました。オフィシャル以外のボトラーズでもこうしたキャラクターが見られます。

1970年代後半はシェリー樽の枯渇が本格化し始める時期。以下推論ですが、ファーストフィルが手に入りにくかった蒸留所やボトラーズでは、1960年代に蒸留して1970年代に15年くらいで払い出した樽(シェリーカスク)の再利用が中心となっていたのではないか。
1980年代から本格的に増えてくるバーボン樽への、まさに繋ぎの世代の特徴と言えるかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×