カテゴリ

カテゴリ:ハイランドパーク

ハイランドパーク 12年 バイキングオナー 40% ブラインドテイスティング

カテゴリ:
HIGHLAND PARK
12 YEARS OLD
VIKING HONOUR
700ml 40%

【ブラインド解答】
地域:アイランズ
蒸留所:ハイランドパーク
年数:12~15年程度
度数:43%程度
樽:アメリカンホワイトオーク、リフィルシェリーオーク主体。
仕様:加水、複数樽バッティング、近年流通品。

グラス:木村硝子テイスティング
時期:不明
場所:ブラインドサンプル@ぎんが
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:サルファリーさを含む淡いシェリー香。微かにピートと干草、オレンジピールのほろ苦さ。奥には蜂蜜の甘みを伴うエステリーさとオーキーなウッディネスがあり、スワリングすると一時的に開いてくる。

味:ややえぐみのある口当たり、中間に塩水を思わせる潮気、蜂蜜の甘み、やや緩いボディ。フィニッシュは林檎のコンポートを思わせるオーキーで華やかなフレーバーが、土っぽさと植物感のあるピート、スモーキーさのアクセントとなって感じられる。

おそらく現行品のオフィシャルボトル。ミドルエイジ・・・までいかない、比較的若い原酒を加水で整えている印象はあるが、大手の作りらしく上手くまとまっている。乾いた植物感を伴うピートフレーバーと樽由来のニュアンスが程よく混ざり合い、特に余韻のオークフレーバーとスモーキーさが可能性を感じる。


昨日に続きハイランドパークのブラインド記事。昨年大幅リニューアルしたハイランドパーク・オフィシャルラインナップの12年モノ、バイキング・オナー。

その新しいデザインは、近年のハイランドパークの販売戦略であるヴァイキング文化をベースに、世界遺産「ウルネスの木造教会にある壁面装飾」をモチーフとして、従前ののっぺりとしたボトルから大きく異なる。バックバーにあって明らかに目を引くデザインとなっています。


(ウルネスの木造教会の壁面装飾。ヴァイキングが信仰したというドラゴンが、蔦の浮き彫りの中に隠されているという。また教会はヴァイキング船の建造技術が応用され、釘を使わず建てられている。引用元:

今回のリニューアルでは、変わったのは上記パッケージだけで、価格、中身は変わっていないと公式には発信されています。
確かに価格は据え置きなのですが、味について発売当時に比較テイスティングした限りでは、新しいボトルのほうがシェリー感が控えめで、その分ピートが際立っていた印象がありました。

今回は期せずしてそれをブラインドテイスティングで確かめた形。解答がボトル指定出来ている以上、特徴は掴みやすかったと言えますね。
ピートフレーバーがはっきりしているだけでなく、余韻にかけて感じられるアメリカンホワイトオーク由来と思しきオーキーなフルーティーさ。これは先日記事にした、17年ザ・ライトに備わっていたものほど強くはないものの同一の香味です。

一方、ハイランドパークの王道とも言えるシェリー樽熟成の原酒由来と思われる微かな硫黄臭は、オークフルーツ路線でいくなら不要とも・・・。
シェリー系原酒で厚みとバランスをとるのはいいと思うんですが、やはり中途半端にシェリー路線を走るくらいなら、オークフルーツ路線が良い。その傾向がスタンダードボトルから出ているのは、個人的にはポジティブであり、将来的に期待が出来るリニューアルであったとも感じるのです。


さて、今回のブラインドサンプルは、以前ちょっと特殊なブラインドを出題頂いた、ぎんがさんから。
先日、持ち寄り会に呼ばれていたのですが、家庭都合で参加できず。。。すると事前にいくつかのサンプルが送られてきました。ありがたいことに、明らかに煽ってきているブラインドサンプルとともにです。
ここまでやられたらリアルタイムで解答してやるよと、持ち寄り会の時間帯に解答をツイッターで送信。「鋭敏」を期待されていたようですが、期待通りの結果を提供出来て満足であります。

ハイランドパーク 26年 1972-1998 シグナトリー10周年記念 55.7% ブラインド

カテゴリ:
image
HIGHLAND PARK
SIGNATORY VINTAGE
10th Aniversary
Aged 26 years
Distilled 1972
Bottled 1998
Cask No,1632
700ml 55.7%

【ブラインドテイスティング解答】
地域:スペイサイド
蒸留所:ロングモーン
年数:30年程度(1970年代蒸留)
樽:バーボンホグスヘッド
度数:53~55%程度
仕様:ボトラーズ、シングルカスク、ダンカンテイラーorエージェンシー系

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:ブラインド出題@BAR 京都Ram & Whisky
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ハイトーンでドライ、じわじわとエステリーさとややウッディなアロマを感じるが、すぐにおしろい、かりんのシロップ漬け、ハチミツ、蒸した栗、微かにフローラルなニュアンス。ハーブを思わせる甘く華やかな香りが開く。

味:甘酸っぱくオーキーでスパイシーな刺激を伴う口当たり。ドライアップル、アプリコット、バニラ、粉っぽさを感じる。
余韻はスパイシーでウッディ、微かなピート。やや粉っぽさを伴うヒリヒリとしたハイトーンなフィニッシュ。

華やかなホグスヘッド系のオーク香がメイン。ほのかにパフュ系の香りが混じるようでもあるのが気になるが、その点を除くとかつての長期熟成スペイサイド(ロングモーンやグレングラント系)の個性が感じられる。60年代ほど厚みがあるわけではなく、ベースはドライ寄りなので、1970年代のはじめから中頃のあたりか。少量加水しても崩れず、しかし大きくは変わらない。

IMG_8563

やらかしたブラインドの例です(笑)。 解答時に書いたほぼそのままで、掲載しております。

テイスティングで地域や蒸留所を特定する材料はいくつかあるのですが、そのうちハイランドパークの特徴の一つとも言える、植物感を伴う内陸系のピーティーさを拾い損ねた例・・・と申しますか。
熟成で得られたフルーティーさと、涼しい地域で熟成されたであろう樽感で、スコットランド最北部でなければ、山間のスペイサイド。こういう予想にたどり着いてしまうことが、自分の場合度々あります。
また、言い訳するとネガティブな要素ではありませんが、香りに微かにパフュームライクな要素を拾ったのも、ひょっとしてロングモーンあたりのボトリング後経年変化かも・・・とイメージした要因でもありました。 

まあグダグダ言ってますが、このブラインドは"ヘザーピート"を拾えなかった自分の完敗。ちょっと上達したかなと思うとこの落差です。
ボトラーズメーカーもダンカンテイラーでも、ましてエージェンシーでもなく。考えるに樽感に焦点が合いすぎた結果のミスリードでしょうか。
ただいずれにせよ、今改めて振り返っても、フルーティーさと程よい熟成感に、ボディもそれなりに残った適齢期の美味しいモルトであることに、間違いありません。


今回のブラインドは、京都のBAR ラム&ウイスキーのオーナー・定元さんから頂きました。 

BAR RUM & WHISKY KYOTO

今年の7月、京都ウイビアメッセの会場でお会いし、その後で寄らせて頂いた際のこと。
その際、「ウイスキー高騰から、ラムやワインなど異なる酒類にも選択肢を広げて、ウイスキー好きに紹介したい」と自分のプランを話していたところ。その後、ご自身がこれはと思うラムのサンプルをわざわざ送ってくださったのです。 
なんていうか、ブロガー冥利に尽きる話で、思わずこみ上げてくるものがありました。 

頂いたサンプルは8種類、その中に1本だけウイスキーのブラインドが含まれており、それが今回の1本でした。
ラムもウイスキーも、いただいたサンプルは全てブラインドで率直なコメントを共有させていただいたわけですが、やってはいけないウイスキーでやらかしてしまう私(汗)。

ラムのほうも追って記事にさせていただきますが、やはりブラインドで飲むと、当てても外しても得られる経験値が違いますね。
ラムの持つキャラクター、樽感、熟成変化などへの理解が、ぐっと深まったように思います。
大変貴重な機会を頂き、ありがとうございました!

ハイランドパーク 17年 ザ・ライト 52.9% 2018年リリース

カテゴリ:
IMG_8573
HIGHLAND PARK
THE LIGHT
17 Years old
Single malt scotch whisky
700ml 52.9%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:BAR Gosse
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ドライな香り立ち。はじめはあまり香りが立たない。干し草や削った針葉樹、トーストしたパン、じわじわとドライオレンジっぽい甘みや淡いスモーキーさを伴う。

味:軽くドライな口当たりから乾いた麦芽風味、蜂蜜と洋梨のペースト、微かに古樽のしっとりしたウッディネス。後半から余韻にかけてほのかにスモーキーで、合わせてオーキーなフルーティーさが充実。熟したパイナップルと干し草、近年寄りのトロピカルフレーバーを伴ってリッチなフィニッシュが長く続く。

香り立ちが度数に対して広がりを感じないものの、味わいの熟成感、そして余韻にかけて充実するフルーティーさに見るべきところがある1本。 ボディは穏やかで、高い度数を感じさせないオフィシャルらしいまとまりの良さがある。


日本では先月8月20日にリリースされた、ハイランドパーク17年 The Light。(テイスティングは現地流通品。発売は5月、28000本の限定品)
前作の17年 The Darkがヨーロピアンオークシェリー樽での熟成だったのに対し、今回はリフィルアメリカンオーク樽を使った原酒での構成。香味から察するにこれはバーボンホグスヘッドと、複数回使用したオールドシェリー樽のプレーンカスクでしょうか。そこに微かに新緑の色合いを帯びたボトルカラーと合わせて、オークニー島の春から夏の季節をイメージしたリリースとのことです。

この手のアメリカンオーク樽を使ったリリースと言えば、直近では神話シリーズのアイスエディション17年があります。
前回は冬をイメージする"アイス"に使って、今回は"春から夏"とか、180度の方針転換はさておき。。。
そのキャラクターは、エステリーな熟成香にピーティーさがしっかりと感じられたアイスエディションに対し、The Lightはピートフレーバーよりも、余韻にかけての華やかさとトロピカル系のフルーティーさが魅力と言える構成に仕上がっています。

(2017年にリリースされた、ハイランドパーク17年 The Dark。オークニー島の秋から冬にかけてを表現したリリース。

こうしたリリースを飲むたびに思うのが(何度か書いてますが)、近年のハイランドパークは下手にファーストフィルなどの濃厚シェリー系にこだわる必要はないんじゃないかということ。
前作The Darkはそれなりにまとまったシェリー感がありましたが、あれは価格もそれなりですから当然と言える話。
それ以外のハイランドパークのシェリーカスクはエグかったり、硫黄が強かったり、なんだか中途半端だったり・・・少なくとも近年のリリースが流通時期で1990年代から2000年代あたりまでのキャラクターを維持できていないことは明白です。

その点、The Lightはノージングではまだ開ききってないのか「あれ?」と思いましたが、飲んでみると良いですね。
先に触れたアイスエディションしかり、同じく最近リリースされた、GMコニッサーズチョイスのハイランドパークもフルーティーで良い出来でした。半端なシーズニングシェリー樽を限定品に使うなら、それはオフィシャルスタンダードに回しちゃって、バーボン系やプレーンオーク系でリリースした方が安定するんじゃないかなぁと。
そんな簡単な話じゃないんでしょうけどね。

ハイランドパーク 24年 1967-1991 オフィシャル 43%

カテゴリ:
HIGHLAND PARK
SINGLE MALT SCOTCH WHISKY ORKNEY ISLANDS
Aged 24 years
Distilled 1967
Bottled 1991
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:持ち寄り会 KuMC@NS氏
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:カラメルソースの甘み、畑の野焼き後のようなスモーキーで土っぽいピーティーさ。徐々に妖艶さを伴うシェリーの甘みが、デラウェア、オレンジチョコを思わせるアロマを感じさせる。

味:マイルドな口当たり。香り同様に薄めたカラメルソースやココアクッキーを思わせる樽感と燻した麦芽風味。ボディは穏やかでミディアム、やや平坦。余韻にかけてママレードジャムのような粘性のある甘み、合わせてしっかりと染み込むようにピーティーさ、スモーキーな鼻抜けがほろ苦く長く続く。

加水による影響かボディが去勢されてる印象はあり、ここに状態の良し悪しが加わるオールドは賛否が別れそう。だがそれでも蒸留所のキャラクターに加え、時代の良さを感じることが出来る麦芽風味とピーティーな香味は健在。
このボトルは若干コルキーな要素が感じられたが、時間経過で気にならなく、むしろ香りは妖艶さを伴い本領発揮してくる。


日本には当時松下が輸入していたオフィシャルビンテージシリーズ。確か1967年蒸留は、バッティング加水の1991と1999が2種類リリースされているだけでなく、シングルカスクでは高い評価を受けるボトルが多くあります。
例えば日本向けの37年Cask No,10197とか、濃厚なシェリーとピートの素晴らしい味わいでした。

このボトルもオフィシャル的な整った味わいの中に、ヘザー系のピートを思わせる蒸留所としてのキャラクターがしっかり備わっていて、決してレベルは低くありません。
ただ、ビンテージを含めたスペックからの期待値が非常に高い分、もう少しシェリー感が強かったらとか、あるいはもう少しボディがあったらとか、たらればで無い物ねだりをされてしまう不遇なリリースではないかと感じます。

かくいう自分も本音を言えば、樽感はともかくボディの厚み、香味の勢いが46%仕様だったらまた違ってたかなとか思ってしまったのも事実。。。いやなんとも贅沢な話です(汗)。

(ハイランドパークのフロアモルティング風景とオークニー島のピートホグ。ヘザーや植物由来の積層からなるピートが、ハイランドパークのピーティーさを構成している。)

このボトルは、ウイスキー仲間の集まりとして定期的に開催されている、国立(最近は恋ヶ窪)モルトクラブにて頂きました。
NSさん、いつも貴重なボトルのテイスティングの機会を頂き、ありがとうございます!

ハイランドパーク 17年 ザ・ダーク 52.9% ファーストリリース

カテゴリ:
HIGHLAND PARK
THE DARK
17 years old
First Release 2017
1 of 28000 bottles
700ml 52.9%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み@GOSSE
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:黒砂糖やかりんとうを思わせる甘いシェリー香、ほのかにハッカ、干し草、アーモンド。時間経過で蜜っぽく豊かな香り立ち。

味:コクと甘みのある口当たり。ダークフルーツケーキやかりんとう、干し草、乾いたウッディネス、微かな硫黄もあるが嫌味ではなく、あまり気にならない。
余韻はドライ、じわじわとピーティーで土っぽさを伴う。

ダークというほどの色合いではないが、シェリー感が程よく感じられると共に、ボディにコクがあり、干し草のを思わせるヘザー感、ピートフレーバーに蒸留所のらしさもあるバランスの良いモルト。 



 ハイランドパーク ザ・ダーク17年は、オークニー諸島の四季を表現したリリースの第一弾。現地でのリリースは昨年末ですが、先週3月12日から日本でもリリースされたところ。
近年のハイランドパークブランドは、ヴァルハラ、ヴァイキング、ヴァルキリーと、北欧神話とリンクするPR戦略をとってきましたが、今回はこれまでとは異なる、島の"風土"へとステージを移してきたようです。

気温が低く日照時間の短い、オークニー諸島の秋から冬にかけてを、ボトルの色合いとシェリー樽による原酒構成で表現。
ただ、ボトルに描かれた模様は北欧神話のドラゴンをモチーフとしており、ハイランドパーク=ヴァイキング文化は引き続き継続中。ドラゴンの中、上下二つの輪は夏至と冬至の太陽をイメージしているそうですが、ここまでくると「なるほど、わからん」という世界。カッコいいんですが、カメラ泣かせなボトルでもあります(笑)。

(ハイランドパークではウイスキー製造に用いられる麦芽のうち、全体の約2割、ピーテッドモルトを蒸留所内でモルティングしている。キルニングには地元産のピートも使われており、シーズン中のパゴダ屋根からはピートを炊く煙も見られる。Photo by K67)

先に一部書いたように、ザ・ダークはシーズニングのファーストフィル・シェリーホグスヘッド(ヨーロピアンオーク)で、17年以上の熟成を経た原酒で構成されています。
おそらく250リットルサイズの小さいサイズのシェリー樽、しかもカスクストレングスというスペックにしては、酒質由来の香味も残してバランス寄りな仕上がりが特徴的。
それこそもっと色濃く、ウッディに仕上がっていてもおかしくないワケです。

その樽構成、実はリフィルも含めたバッティングかとも思ったのですが、海外サイトにも該当する記述はなく。シーズニングの期間が短く、シェリー感が弱い樽に加え、年間平均気温8度というオークニーの環境がなせる技か。少なくとも、日本のそれとは異なる仕上がりです。
価格はいつも通り強気ですが、こういう熟成感のボトルは中々沁みます。

このページのトップヘ

見出し画像
×